解説

楽天モバイルを複数回線契約時のポイントを解説

楽天モバイルを1人で複数回線、家族で複数回線契約するときのポイントを解説。

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズが9月17日21時から予約受付開始!SIMフリー版と同じ価格で上乗せ無し!

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズを販売します!9月17日21時から予約受付を開始し、2021年9月24日午前8時より発売します。

楽天モバイルのiPhoneの販売価格はSIMフリー版と同じです。他社では数千円から数万円程度上乗せしていますが、楽天モバイルは上乗せしていません。また、楽天モバイルで販売しているiPhoneは全てSIMフリーです。

iPhone 13 mini 128GBモデルは、Apple StoreでSIMフリー版を買うよりも20円安く購入できます。

楽天モバイルのiPhone 13シリーズの販売価格の詳細や予約購入はこちらから。

iPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズが値下げ!

楽天モバイルでは2021年9月16日にiPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズの販売価格が値下げされました。

たとえば、iPhone SE(第2世代) 64GBモデルは1万370円、iPhone 12 64GBモデルは2万1376円値下げされています。

他社から乗り換え時は2万2000円割引が適用されプラン料金3ヶ月無料、楽天ポイント5000ポイント還元も適用されます。他社から乗り換えだと自分でSIMフリー版を買ってくるよりも楽天モバイルで買ったほうが安い、かなりお得な状態になっています。

楽天モバイルで販売されているiPhoneはSIMフリーですし、購入時であれば故障紛失保証 with AppleCare Services に加入できます。

参考までに容量が一番低いモデルの販売価格をまとめました。

モデル旧価格新価格2万2000円割引
適用時
iPhone SE
64GB
55,170円44,800円 22,800円
iPhone 12 mini
64GB
87,712円69,800円 47,800円
iPhone 12
64GB
101,176円79,800円 57,800円
iPhone 12 Pro
128GB
127,395円112,800円 90,800円
iPhone 12 Pro Max
128GB
141,700円122,800円 100,800円

楽天モバイルで販売されているiPhoneの販売価格の詳細や購入はこちらから。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します


UQモバイルでSIMのみ契約するとau PAY残高で最大1万円相当キャッシュバック!

家族で楽天モバイルを複数回線契約するときのポイント

ポイント

  • 1人が家族分の回線契約するよりも、各個人が別々で1回線ずつ契約するのが良い
  • 契約者名義とクレジットカードの名義が違ってもOK、夫のカードを使って各個人が別々で契約してもOK
  • 後で支払い用クレジットカードの変更もできる

1人が家族分の回線契約するよりも、各個人が別々で1回線したほうがいい

楽天モバイルのキャンペーンが適用されるのは1人1回きりなので、1人で家族分の回線を契約するメリットはほぼありません。

家族がそれぞれ楽天会員になって楽天モバイルを申し込むのが一番お得です。

たとえば夫・妻・長男・長女・長男の4人家族がいたとして、夫が4人分まとめて契約するよりも、1人それぞれ1回線ずつ申し込んだほうがお得です。1人ずつプラン料金3ヶ月無料とポイント還元が適用されます。

このあとすぐ後述しますが、契約者名義とクレジットカード名義が異なっても申し込めます。

契約者名義とクレジットカード・金融機関口座の名義が違っても契約OK

楽天モバイルの契約者名義とクレジットカードや金融機関口座の名義が異なる場合でも、楽天モバイルは契約できます。

要は18歳以下であっても、契約者の名義は子供で、クレジットカードは親の名義のものを使って楽天モバイルを申し込めばいいんです。

  • 夫が自分の名義のクレジットカードを使って、楽天モバイルを1回線申し込む→キャンペーン対象
  • 妻が夫名義のクレジットカードを使って、楽天モバイルを1回線申し込む→キャンペーン対象
  • 16歳の子供が、夫と一緒に夫名義のクレジットカードを使って、楽天モバイルを1回線申し込む→キャンペーン対象

●契約者名義とクレジットカードや金融機関口座の名義が異なっている場合
→ご契約者様の年齢により、ご利用いただける内容が異なります。

<ご契約者様が18歳以上の場合>
ご契約者様名義と異なっていても、お申し込みいただけます。

<ご契約者様が18歳未満の場合> 
お子さま(ご契約者様)、または保護者の名義、どちらの名義でもお申し込みいただけます。

【ご注意】
・クレジットカードや金融機関口座の名義人と同席のうえ、名義人による操作のもとお支払い方法の設定を行ってください。なお、法人カードでもご利用いただけます。

・楽天モバイルショップ(店頭)で新規ご契約の際は、ご契約者様名義と異なるクレジットカードや金融機関口座をお使いになる場合、クレジットカードや金融機関口座の名義人と同伴でご来店ください。

後で支払い用クレジットカードの変更・講座の変更もできる

楽天モバイルを契約したときには夫のクレジットカードで契約したけど、やっぱり自分のクレジットカードで支払いたいといったこともあるかと思います。

ご安心ください。支払い用クレジットカードはmy 楽天モバイルで変更できます。大丈夫ですよ。

口座振替の場合も、後から支払いに使う口座を変更できます。

1つのクレジットカードと口座で契約できる回線数

・1つの楽天IDで、5回線まで契約可能です。
・同一のクレジットカードで登録可能な楽天IDは5つまでです(回線契約は最大25回線です)。
・同一口座で登録できる楽天IDは2つまでです(回線契約は最大10回線です)。

Rakuten UN-LIMIT VIの複数回線契約時について

1GBまでプラン料金が0円は1回線目のみ

プラン料金が1GBまで0円となるのは1回線目のみです。

データ利用量1回線目2~5回線目
0GB~1GB

無料(0円)

1,078円
1GB超過後~3GB1,078円1,078円
3GB超過後~20GB2,178円2,178円
20GB超過後~無制限
楽天回線エリア外は最大
1Mbpsで使い放題
3,278円3,278円

データ高速モードがオフでもデータ利用量はカウント。回線エリアがどれであっても全てカウント

データ高速モードをオフにしてデータ通信していても、データ利用量はカウントされます。

データ利用量は楽天回線エリア、パートナー回線エリア(国内)、パートナー回線エリア(海外)の全てのエリアでカウントされます。

楽天回線で通信している人がパートナー回線に切り替えて通信してもカウントされるので意味がないということですね。

以下のような低速通信でご利用の場合でも、高速通信と同様「データ利用量」としてカウントされます。
  1. 1 パートナー回線エリア(国内)で高速データ容量5GBを消費し、最大1Mbpsでご利用いただいている場合
  2. 2 パートナー回線エリア(海外)で高速データ容量2GBを消費し、最大128kbpsでご利用いただいている場合
  3. 3 パートナー回線エリア(国内・海外)の「データ高速モード」をOFFにし、低速モードでご利用いただいている場合

複数回線契約時があるときの1回線目の基準

利用中の楽天モバイル回線のうち、課金開始日(サービスが利用開始になる日)が最も古い回線が1回線目となります。

利用月の月初にどの回線が1回線目に該当するかを判断します。

月中に回線数を変更した場合、翌月の1日に改めてどの回線が1回線目に該当するかを判断します。

その際、複数の回線契約のうち「1回線目」を解約した場合は、翌月の1日より、その時点で課金開始日(サービスが利用開始になる日)が最も過去の回線を「1回線目」に変更されます。

  1. 楽天モバイルを2回線契約している
    • 1回線目を2020年4月に契約
    • 2回線目を2020年9月に契約
  2. 1回線目を2021年2月に解約した。2回線目は残しておく
  3. 2021年3月1日に残った2回線目が1回線目として判断される
  4. 1回線目が1GBまで無料になる

-解説