楽天モバイルに乗り換え

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換え手順やポイント解説

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるときの手順やポイント解説。

他社から乗り換え+SIMのみ契約で合計最大2万1000ポイント還元!もちろんプラン料金3ヶ月間無料!

楽天モバイルでSIMカードまたはeSIMを契約すると、楽天ポイントが合計最大2万1000ポイント還元されます。ポイント還元キャンペーンを最大3つ併用することで合計最大2万1000ポイント還元になります。

物理SIMカードを契約するかeSIMを契約するか、新規契約かMNP転入かでポイントが異なります。分かりやすく表にしました。

申し込むもの貰えるポイント
物理SIM+新規契約5000ポイント還元
物理SIM+MNP転入2万ポイント還元
(5000+15000)
eSIM+eKYC利用+新規契約6000ポイント還元
(5000+1000)
eSIM+eKYC利用+MNP転入2万1000ポイント還元
(5000+15000+1000)

eSIM対応製品を用意して、eSIMを新規契約またはMNP転入で、eKYC(AIかんたん本人確認)を利用して契約すると、楽天ポイント1000ポイント貰えます。

「eSIMとかeKYCって何?なんのことだか全く分からない」という人は、物理SIMカードで申し込みをオススメします。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します


UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!

ワイモバイルから楽天モバイルへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  • ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えたい
  • ワイモバイルで購入した機種(スマホ)はそのまま使いたい

というときは、楽天モバイルでSIMカードのみを契約すればOKです。

楽天モバイルオンラインショップでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

楽天モバイルではスマホを購入しなくてもOKです。SIMカードのみを契約しましょう。

ただし、楽天モバイルで使えるのは動作確認されているものに限ります。

楽天モバイルでSIMのみ契約+ワイモバイルのスマホを使い続ける

  1. ワイモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneが楽天モバイルで使えるかをご利用製品の対応状況確認を見て確認
  2. 楽天モバイルを契約する前に、ワイモバイルでスマホのSIMロック解除手続きをする
  3. ワイモバイルでMNP予約番号を発行する
  4. MNPで楽天モバイルのSIMのみを申し込む
  5. SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  6. SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  7. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  8. Rakuten Linkのインストールと初期設定をする
  9. Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイントもらえる系キャンペーンはこれが必須)

楽天モバイルSIMのみ契約+SIMフリースマホを買ってきて使う

  1. 楽天モバイルで動作確認されているSIMフリースマホ楽天回線対応製品を用意する
  2. ワイモバイルでMNP予約番号を発行する
  3. MNPで楽天モバイルのSIMのみを申し込む
  4. SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  5. SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  6. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  7. Rakuten Linkのインストールと初期設定をする
  8. Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイントもらえる系キャンペーンはこれが必須)

eSIMのみ契約+eSIM対応スマホを使う

  1. eSIMに対応しているスマートフォンを用意する
  2. キャリア版スマホを使う場合は、楽天モバイルを契約する前にSIMロック解除手続きをする
  3. ワイモバイルでMNP予約番号を発行する
  4. MNPで楽天モバイルのeSIMのみを申し込む
  5. eSIMのインストール、MNP開通手続きを行う
  6. APN設定をする
  7. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  8. Rakuten Linkのインストールと初期設定をする
  9. Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイントもらえる系キャンペーンはこれが必須)

楽天モバイルでSIM+スマホのセットを契約

  1. 必要なデータのバックアップを行う
  2. ワイモバイルでMNP予約番号を発行する
  3. 楽天モバイルで販売されているiPhoneやAndroidスマホを申し込む
  4. スマホが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  5. スマホの初期設定・セットアップを完了させる
  6. 新スマホにデータを移行する
  7. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  8. Rakuten Linkのインストールと初期設定をする
  9. Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイントもらえる系キャンペーンはこれが必須)

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるときの流れ(SIMカード/eSIM共通)

  • ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える
  • SIMのみ契約する
  • ワイモバイルで購入したスマホを楽天モバイルでも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

必要なものを用意する・事前準備をする

ワイモバイルから楽天モバイルにスムーズに乗り換えるために、必要なものの用意、事前準備をしておきましょう。

必要なもの

  • 本人確認書類
  • 契約者名義のクレジットカード
  • フリーメールアドレス
  • 楽天モバイルで動作確認されているスマートフォン

事前準備

  • スマホを変えるならLINEのトーク履歴などのデータのバックアップ
  • 今使っているスマホのSIMロック解除
  • キャリアメールアドレスで利用しているWebサービスでフリーメールアドレスへの変更
  • iPhoneなら、古いiPhoneと新しいiPhoneでiOSバージョンを同じにする
  • LINEアプリでID検索機能を使うなら、LINEで年齢認証をしておく

楽天モバイルに乗り換え+SIMのみ契約+今のスマホを使うときは、データ移行などは一切不要

  • ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • ワイモバイルで購入したスマホを楽天モバイルでも使い続ける

というときは、電話帳やらのデータ移行やバックアップなどは一切不要です。やらなくていいです。

そもそもSIMカードに写真や動画やアプリなどのデータは保存されていません。連絡先情報なんて今どきGoogleアカウントかiCloudで紐付けられているはずで、ガラケーみたいに連絡先をSIMカードにどうたらこうたらする必要は無いです。

アプリのアカウント引き継ぎどうたらこうたらは、それは機種変更とかスマホを新しく買うとかのスマホ自体を変えるときの話です。SIMカード入れ替えだけする場合は全く関係ありません。

電話番号は同じ、SIMカードが変わるだけでスマホはそのままなんですから、引き継ぎにひっかかるわけがないんですね。

私はワイモバイルやUQモバイルなど色々契約していて、スマホでSIMカードをよく入れ替えて使っていますが、スマホのデータが消えたことなんて一度もありません。

海外に行ったときに現地のプリペイドSIMカードを購入して、LINEのインストールされたメインスマホに挿して使いましたが、スマホのデータはそのまま、写真も動画もアプリもそのままで、LINEのトーク履歴もそのままでした。消えるわけがないんです。

【手順①】使いたいスマホが楽天モバイルで動作確認されているかを確認

自分の使っているワイモバイルのAndroidスマホやiPhoneが楽天モバイルでが動作確認されているかは、楽天モバイルのご利用製品の対応状況確認を見て確認ください。

ワイモバイルのスマホの動作確認情報を確認するときは、「お使いのスマートフォンはどちらで購入しましたか?」のときは、当然「ワイモバイル」を選択してください。

楽天回線対応製品以外のスマホを楽天モバイルで使うときは、完全に自己責任になります。

別途SIMフリースマホを用意するときも上記ページで確認してください。

eSIMを利用するにはeSIM対応製品が必要です

楽天モバイルのeSIMをスマホにインストールして利用する場合は、eSIM対応製品が必要です。

eSIMに対応している製品はかなり少ないので注意してください。iPhoneでいうとiPhone XS/XS Max/XR以降が対応しています。

詳細は以下のページをご覧ください。

【手順②】楽天モバイル契約前に、絶対にワイモバイルでスマホのSIMロック解除手続きをする

ワイモバイルで購入したAndoridスマホやiPhoneに楽天モバイルのSIMを挿すときは、楽天モバイルを契約する前にワイモバイル側でスマホのSIMロック解除手続きが絶対に必要です。

ワイモバイルで販売されているAndroidスマホやiPhoneはSIMロックがかかっています。

物理SIMカードを利用するときも、eSIMを利用するときもSIMロック解除が必須です。

SIMロック解除手続きの流れをもっと正しくいうと、

  1. my Y!mobileなどでスマホのSIMロックの解除手続きをする
  2. AndroidスマホはSIMロック解除コードが発行される
  3. スマホに楽天モバイルのSIMカードを挿す
  4. iPhoneならアクティベーション、AndroidスマホならSIMロック解除コード入力を行う
  5. SIMロック解除が正式に完了

という流れになります。

ワイモバイルでスマホのSIMロック解除手続きをした時点では、実はまだSIMロック解除は完了していません。

楽天モバイルの開通も完了している、APN設定をしているのに楽天モバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

ワイモバイルのスマホのSIMロック解除について

ワイモバイルのスマホのSIMロック解除手続きの詳細は、SIMロック解除のお手続きを御覧ください。

SIMロック解除の流れ

手続き方法

  • 確認したい携帯電話番号とパスワードでMy Y!mobileにログイン
  • 注意事項等を確認して、製造番号(IMEI番号)を入力して「次へ」をタップ
  • 製造番号(IMEI番号)と機種名に相違がなければ、「解除手続きする」をタップ
  • 解除コード発行画面が表示されると手続完了

Androdスマホの場合はSIMロック解除コードが発行されます。iPhoneは解除コードは発行されません。

SIMロック解除コードは、ワイモバイルのスマホに初めて楽天モバイルのSIMを挿したときに入力が必要です。

【手順③】ワイモバイルでMNP予約番号を取得する

楽天モバイルに乗り換えるときは、ワイモバイル側でMNP予約番号の発行が必要になります。

ワイモバイルでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からワイモバイルに電話、②My Y!mobileで発行、③ワイモバイルショップで発行の3つあります。

My Y!mobileからやると無料でできるのでオススメです。

My Y!mobileでMNP予約番号を発行する

受付時間9:00 ~ 20:00
対象契約 ※スマートフォン

発行手順

  1. MNP転出・解約をご検討中のお客さまへにアクセス
  2. 選択肢を適当に選択していくと、ページ下部に「MNP予約番号の発行方法」が表示される
  3. 「お手続きを始める」ボタンを押す
  4. My Y!mobileへのログイン、本人確認でパスワード入力、暗証番号入力が求められる
  5. 本人確認が完了
  6. 「MNP予約番号発行のお手続き」というページに移動する
  7. ページ下にある「次へ」ボタンを押す
  8. 注意事項・解約後のお知らせ・アンケートが表示されるので、画面の指示に従って進む
  9. 最後に「番号ポータビリティ(MNP)予約申込内容確認」というページに移動する
  10. ページ下にある「申込」ボタンを押す
  11. MNP予約番号の発行が完了。完了画面や送られてくるSMSで確認可能

このように、完了画面とSMSでMNP予約番号と有効期限が確認できます。

携帯電話や一般電話でMNP予約番号を発行する

ワイモバイルの携帯電話から151
他社の携帯電話
固定電話から
0570-039-151
受付時間9:00 ~ 20:00
対象契約スマートフォン
ケータイ(ガラケー)

どうしても分からない人は電話してもOKです。

MNP予約番号の有効期限は7日以上残っていないとダメ

楽天モバイルをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が7日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を発行したらすぐに楽天モバイルに申し込むようにしましょう。

MNP予約番号を発行しただけでワイモバイルが解約されることは無い

ワイモバイルでMNP予約番号を発行した=その時点でワイモバイルが解約されるということは絶対にありません。

ワイモバイルが解約されるのは、楽天モバイルに回線切替が完了したときです。

MNP有効期限が切れても、ワイモバイルとの契約は継続しています。

【手順④】必要なものを用意して楽天モバイルを申し込む。eSIM契約時は「AIかんたん本人確認」が便利

本人確認書類、クレジットカード、MNP予約番号、Gmail/Yahoo!メールなどのフリーメールアドレスなどの必要なものを用意して、楽天モバイルのSIMを申し込んでください。

楽天モバイルではプラン3ヶ月無料キャンペーン、楽天モバイルが貰えるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの詳細は【最新】楽天モバイルキャンペーンまとめをご覧ください。

SIMタイプはほとんどの人は「nanoSIM」です

SIMタイプはnanoSIMかeSIMの2つから選ぶ形になります。大抵の人はnanoSIMで申し込むことになるはずです。

eSIMは、どうしてもeSIMが使いたいとか、eSIMでやりたいことがある、という人が選ぶべきものです。初心者は絶対にnanoSIMを選んでください。

ちなみに、「製品選択へ進む」を押すとスマホを選ぶ画面になってしまいます。SIMのみ契約する人は「この内容で申し込む」を押すと、スマホを選ぶ画面をスキップして「契約者情報の確認」画面に移動します。

他社から楽天モバイルに乗り換えるときは「他社から乗り換え(MNP)」を選びましょう

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるときは、「他社から乗り換え(MNP)」を選びましょう。

本人確認方法は3つあります。eSIM契約時は「AIかんたん本人確認」が便利です

楽天モバイルの本人確認方法には、①書類画像をアップロードで確認、②AIかんたん本人確認(eKYC)、③受け取り時に自宅で確認、の3つの方法があります。

特に便利なのが②AIかんたん本人確認で、eSIM対応スマホでeSIMを申し込む場合は、最短即日で楽天モバイルのeSIMが開通できます。

物理SIMカードは届くまでに時間がかかるので、AIかんたん本人確認を選んでも即日SIMカードが出荷されることは無いと思います。

楽天モバイルの契約に必要なもの

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザーIDとパスワード
  • クレジットカードまたは銀行口座
  • MNP予約番号(他社から乗り換えの場合)
  • 楽天回線に対応したスマホ

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 健康保険証(補助書類必要)
  • 日本国パスポート(補助書類必要)
  • 住民基本台帳カード(補助書類必要)

運転免許証があるのが一番スムーズに契約できます。

なお、健康保険証、日本国パスポート、住民基本台帳カードを本人確認書類として利用する場合は、公共料金請求書・領収書などの補助書類が必要になります。

本人確認書類の詳細は以下をご覧ください。

楽天会員ユーザーID/パスワード

楽天モバイルを申し込む際には、本人確認書類に記載されている情報と楽天会員情報が一致している必要があります。

楽天会員ではない場合は楽天会員登録してください。

クレジットカード/銀行口座

楽天モバイルでは、クレジットカードと口座振替で料金支払いが可能です。

クレジットカードは契約者本人名義でないとダメです。

MNP予約番号

他社から楽天モバイルに乗り換えする場合は、MNPを利用することで現在使用している電話番号がそのまま使えます。

楽天回線に対応したスマホ

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITプランは、楽天回線対応製品以外の動作保証はしていません。

手持ちのスマホを使うときは十分注意してください。

nanoSIMとeSIMどっちがいいか悩むならnanoSIMをオススメします。eSIMは上級者向けです

nanoSIMとeSIMの特徴と比較

 nanoSIMeSIM
開通までの時間長い
SIM受け取りまで数日かかる
短い
オンラインで完結
最短5分程度で開通
設定の手間・
難易度
手間が少ない・難易度低め
楽天回線対応製品なら
SIMを挿すだけでOK
手間が多い・難易度高め
色々な設定や
手順が必要
SIMカードの差し替え必要不要
紛失する可能性ありなし
対応しているスマホ多い
大抵のスマホで使える
eSIM対応スマホが必要
eSIM対応スマホは
製品数が少ない
SIMロック解除必須必須

どっちがいい?と悩むなら「nanoSIM」をオススメします。初心者はnanoSIMを選ぶべきです。私ならnanoSIMを選びます。

nanoSIMは初心者・万人向け

  • nanoSIMとeSIMで迷ってしまう、違いが全く理解できない
  • 自分だけだとスマホの設定や無線LANルーターのセットアップができない
  • ホテルやカフェなどのWi-Fiに接続できない
  • eSIMをiPhoneにインストールして使いたいのでお手持ちのiPhone・iPadで楽天回線を使用するための初期設定方法の手順を見てみたが、なんかよく分からない
  • 分からないことを自分で調べて解決できない

という人は、nanoSIMで申し込んでください。絶対にeSIMで申し込むのはやめてください。トラブルの元です。

nanoSIMのほうが使えるスマホが多いですし、楽天回線対応製品ならSIMカードを挿すだけで複雑な設定不要で楽天モバイルに繋がります。初心者にはこれが一番安全で安心です。

スマホを何台も持っているガジェットオタクならまだしも、そもそも普通の人は一度スマホにSIMカードを挿した後に入れ替えることはほぼ無いでしょう。じゃあnanoSIMでいいでしょう。

nanoSIMからeSIMへの変更は無料なので、初心者はまずnanoSIMで契約して、知識がついてきたらeSIMに変更するべきです。

eSIMは上級者向け、「eSIMでやりたいことが明確にある」人向け

eSIMは上級者向けです。nanoSIMで契約するときよりも手順や設定が多いです。

eSIMの初期設定方法は楽天モバイルが公開していて、それを見てやれば誰でも出来ますし、一度自分でやってみて出来たらもうどこのeSIMを使っても大丈夫なんですが、見ても分からないという人はeSIMはやめておくべきです。

1人で何でもかんでも出来る人、eSIMでやりたいことある人、デュアルSIMにしたい人はeSIMを選ぶべきです。

eSIMでやりたいことって何?デュアルSIMって何?って人はeSIMは本当にやめておいたほうがいいですよ。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのSIMカードが手元に届いてからの流れ

【注意】他社APN構成プロファイルがインストールされている場合は削除してください

楽天モバイルを契約する前に、UQモバイル/ワイモバイル/IIJmio/LINEモバイル/mineoなどでiPhoneを利用していた人は、MNP開通手続きをする前にAPN構成プロファイルを削除してください。

【手順①】手元にSIMが届き次第MNP開通手続きを行う(開通手続きをする時間帯に注意)

SIMやスマホが手元に届いたら、スマートフォン、タブレット、パソコンから「my 楽天モバイル」にアクセスして、MNP開通手続きを行ってください。

MNP開通手続きは、手続きをした時間帯によって完了時間が異なります。

受付時間MNP完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

作用品の受け取り直後や21時直前に申し込むと、当日の開通手続きに間に合わず翌日開通となる場合があります。

MNP予約番号の有効期限終了日に近くなると自動的にMNP開通作業を行います。

MNP開通手続きの手順

  • my 楽天モバイルにアクセス
  • my 楽天モバイル内の右上メニューをタップして、「お申し込み履歴」を選択
  • 該当する申込番号を選択する
  • 「MNP転入する」ボタンを押す

MNP開通手続きが完了しないときは、 電波の良い窓際などに移動して待ってみましょう。それでも通信ができない場合は屋外で試してみましょう。

MNP開通手続きが完了するとワイモバイルが自動解約

このMNP開通手続きをすると、携帯電話回線がワイモバイルから楽天モバイルに切り替わります。

ワイモバイルから楽天モバイルに切り替わった時点で、ワイモバイルとの契約は自動解約されます。

【手順②】スマホに楽天モバイルのSIMを挿す(この時点でSIMロック解除が正式に完了)

スマホに刺さっているワイモバイルのSIMカードを取り出して、楽天モバイルのSIMカードと入れ替えてください。

SIMカードの入れ替え方がわからない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

SIMロック解除手続きをしたスマホに楽天モバイルのSIMカードを挿して、アクティベーションやSIMロック解除コードをするとSIMロック解除が正式に完了します。

iPhoneの場合

楽天モバイルのSIMを挿して初めて起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

また、iPhoneの起動後に「キャリア設定アップデート」のポップアップが表示されるので、必ず「アップデート」を選択してください。

「今はしない」をタップした場合、ホーム画面より「設定」→「一般」→「情報」の順に進むと、ポップアップが表示されるので「アップデート」をタップしてしばらく待ちましょう。

Androidスマホの場合

Androidスマホに楽天モバイルのSIMを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

【手順③】APN設定を行う

回線をワイモバイルから楽天モバイルに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、スマホが楽天モバイルの回線に接続する際に必要になる設定のことです。家やカフェなどで無線LANに接続するときと同じ感じです。

iPhoneの場合

iPhoneはAPN設定不要で自動で楽天モバイルに繋がります。

ただし、UQモバイルやワイモバイルなどのAPN構成プロファイルがiPhoneにインストールされている場合はアンインストールしてください。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。

SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

APN名楽天(rakuten.jp)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコルIPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

【手順④】Rakuten Linkをインストールして利用する

楽天モバイルが用意したメッセージアプリの「Rakuten Link」の利用登録とSMS認証を完了させましょう。

Rakuten Linkは簡単に言うとLINEみたいなもので、Rakuten Link同士の通話なら世界中どこから通話・メッセージをしても無料で利用できます。

楽天モバイルで実施されているポイントが貰える系キャンペーンは、キャンペーン適用条件として、「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話をする必要があります。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのeSIMの開通手順や初期設定方法(基本的な流れはSIMカードと同じ)

簡単な流れ

  • 【注意】他社APN構成プロファイルがインストールされている場合は削除
  • my楽天モバイルアプリをインストールする
  • my楽天モバイルアプリからMNP転入手続きを行う(MNP転入時のみ)
  • my楽天モバイルアプリから開通手続きをする(eSIMをインストールする)
  • APN設定をする(楽天回線対応製品だと不要)
  • 楽天モバイルの利用開始
  • Rakuten Linkの利用登録とSMS認証(アクティベーション)を完了させる
  • 【Rakuten Linkを利用してキャンペーン適用条件を達成する

楽天モバイルがeSIMの初期設定の手順を公開しているので、こちらも参考してください。イメージしていきましょう。

【注意】他社APN構成プロファイルがインストールされている場合は削除

楽天モバイルを契約する前に、UQモバイル/ワイモバイル/IIJmio/LINEモバイル/mineoなどでiPhoneを利用していた人は、MNP開通手続きをする前にAPN構成プロファイルを削除してください。

【手順①】my楽天モバイルアプリをインストールする

  1. my 楽天モバイルアプリをインストール
  2. 位置情報提供協力のお願いの画面が表示されるので、どちらか選択してタップ
  3. アプリからの通知許可について、どちらか選択してタップ
  4. 位置情報の使用を許可する
  5. 「Rakuten IDでログイン」をタップして、申込時に利用した楽天IDとパスワードを入力してログイン

【手順②】my楽天モバイルアプリからMNP転入手続きを行う(MNP転入時のみ)

他社から乗り換えで楽天モバイルを契約した人はMNP転入手続きが必要です。MNP転入手続きはmy 楽天モバイルアプリからできます。

my楽天モバイルアプリじゃなくても、eSIMを利用するスマホ以外の端末(スマホ・タブレット・PC)からアクセスしてもOKです。

MNP受付時間

手元にSIMやスマホが届いたらすぐに手続きすれば当日の開通に間に合うはずです。

受付時間と完了時間の目安は以下の通り。

受付時間MNP完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

商品の受け取り直後や21時以降に申し込むと、当日の開通手続きに間に合わず翌日開通となる場合があります。

MNP予約番号の有効期限終了日近くになると、自動的にMNP開通作業を行います。

MNP開通手続きの手順

  1. 手持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンから「my 楽天モバイル」にアクセス
  2. my 楽天モバイル内 右上メニューをタップし、「お申し込み履歴」を選択
  3. 「申込番号」を選択
  4. 「転入を開始する」を選択

【手順③】my楽天モバイルアプリから開通手続きをする(eSIMをインストールする)

  1. my 楽天モバイルにログインする
  2. 申し込み番号の下の「>」を選択
  3. 「開通手続きを行う」を選択
  4. モバイル通信プランのインストール画面が表示されるので、「続ける」をタップ
  5. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  6. 開通手続きが完了すると「キャリア設定アップデート」が表示されるので必ず「アップデート」をタップしてください

 

【手順4】APN設定をする(楽天回線対応製品であれば基本的に不要)

Androidスマホ

楽天回線対応製品であれば、APN設定は不要で自動で設定されます。特に設定する必要はありません。

iPhone

iPhoneもAPN設定は不要で自動で設定されます。特に設定する必要はありません。

iPhoneに楽天モバイルのeSIMをインストールすると、「キャリア設定アップデート」のメッセージが出ることがあるので、出たら「アップデート」を選択してください。

APNの手動設定は少し敷居が高かったので、自動でAPN設定してくれるのはありがたいですね。

キャリア設定のアップデートを通じて、通信事業者は携帯電話ネットワークや関連する設定をアップデートし、モバイルデータ通信ネットワークの接続状況やパフォーマンスの改善を図ったり、VoLTE や Wi-Fi 通話などの機能を新たにサポートしたりすることができます。

【手順5】楽天モバイルの利用開始

  1. MNP転入手続きを行う(楽天回線に切り替える)
  2. iPhoneに楽天モバイルのeSIMをインストールしている
  3. iPhoneのアクティベーションを行う
  4. iPhoneでAPN設定をする
  5. iPhoneのSIMロックが解除できている

順番は問わないので、以上の4つの作業が完璧にできていれば、楽天モバイルの回線に繋がっているはずです。

iPhoneだと、画面左上が「Rakuten」か「Rakuten 4G」「Rakuten 5G」になっていて、アンテナマークが立っていたら繋がっています。

Wi-Fiをオフにして適当なWebページを開いてみたり、時報に電話するなどしてみましょう。

【手順6】Rakuten Linkの利用登録とSMS認証(アクティベーション)を完了させる

楽天モバイルが用意したメッセージアプリの「Rakuten Link」の利用登録とSMS認証を完了させましょう。

Rakuten Linkは簡単に言うとLINEみたいなもので、Rakuten Link同士の通話なら世界中どこから通話・メッセージをしても無料で利用できます。

【手順7】Rakuten Linkを利用してキャンペーン適用条件を達成する

楽天モバイルで実施されている楽天ポイントが貰える系キャンペーンは、キャンペーン適用条件として「Rakuten Linkの利用」が設けられています。

Rakuten Linkをインストールしたら、10秒以上の通話とメッセージ送信をするようにしましょう、

Rakuten Linkご利用の達成条件について

本キャンペーンにおける「Rakuten Linkのご利用」とは、「Rakuten UN-LIMIT VI」お申し込みの翌月末日23:59までに以下の操作が完了していることが達成条件となります。

  • 「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

物理SIMカード/eSIMのみ契約でプラン料金3ヶ月間無料&楽天ポイント最大2万1000ポイント還元!

楽天モバイルのSIMカードまたはeSIMを契約すると、プラン料金3ヶ月間無料、楽天ポイント合計最大2万1000ポイント還元されるキャンペーンが実施されています。

物理SIMカードを契約するかeSIMを契約するか、新規契約かMNP転入かでポイントが異なります。分かりやすく表にしました。

申し込むもの貰えるポイント
物理SIMカードのみ
+新規契約
5000ポイント還元
物理SIMカードのみ
+MNP転入
2万ポイント還元
(5000+15000)
eSIMのみ+eKYC利用
+新規契約
合計6000ポイント還元
(5000+1000)
eSIMのみ+eKYC利用
+MNP転入
合計2万1000ポイント還元
(5000+15000+1000)

SIMカードで契約するときは最大2万ポイント還元、eSIMで契約するときは最大2万1000ポイント還元になります。

eSIMをWebまたは楽天モバイルアプリからeKYC(AIかんたん本人確認)を利用して申し込むと1000ポイント上乗せされます。物理SIMでは1000ポイント上乗せはありません。

eSIMとかeKYCとかの意味が分からないなら、物理SIMカード(nanoSIM)で申し込むことをオススメします。

キャンペーンの流れ

  • 楽天モバイルをのSIMやeSIMを申し込む
  • eSIMを契約するときは、本人確認方法で「AIかんたん本人確認」(eKYC)を利用する
  • キャンペーン対象製品を利用して、楽天モバイルを開通させる
  • Rakuten UN-LIMITを申し込みした回線でRakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話をする
  • Rakuten Linkの利用が確認された月の翌々月末日までにポイントが付与

プラン料金3ヶ月間無料は楽天モバイルを開通させるだけでOKですが、楽天ポイントが貰える系キャンペーンは、楽天モバイルの開通だけでなく、Rakuten Linkの利用が必須です。

楽天モバイルを契約して開通させるまでは誰でもできるんですが、Rakuten Linkの利用をしていないせいで楽天ポイントが貰えない人が非常に多いです。

Rakuten Linkを用いて電話を発信して、10秒以上の通話をしてください。

楽天モバイルのキャンペーンの最新情報は、【最新】楽天モバイルキャンペーンまとめをご覧ください。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルではSIMのみ契約するときの注意点

楽天回線対応製品以外は動作保証外

そもそもの話ですが、楽天モバイルは、楽天モバイルが楽天回線対応製品だと認定した製品以外はすべて動作保証対象外としています。

ワイモバイルで購入してきたスマホなんて完全に動作保証対象外なので、使えなかったとしても全く文句は言えない状況になります。自己責任です。

楽天回線対応製品のページに無いスマホはすべて動作保証対象外です。

ワイモバイルのAndroidスマホが楽天モバイルで使えるか確認する方法

ワイモバイルで販売されているAndroidスマホは、機種によっては楽天モバイルでも引き続き利用できる可能性があります。

楽天モバイルは、LTE Band 3(楽天回線)、LTE Band 18/26(パートナー回線)を使用してサービスを提供しています。LTE Band 18/26はどちらかに対応していれば、理論上は楽天モバイルが利用できます。

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイルでも動作確認されているかを確認してください。

ワイモバイルのSIMロック解除が可能な機種の周波数帯一覧を見て、楽天モバイルでも使いたいワイモバイルのAndroidスマホがLTE Band 3/18/26に対応しているかどうか確認してください。

対応していたら○、対応していなかったら空欄になっています。

なお、ワイモバイルで販売されているAndroidスマホは、LTE Band 3(楽天回線)は対応していますが、LTE Band 18/26(パートナー回線)に対応していないものが多いです。

何のことか分からなかったら、大人しく楽天モバイルで販売されているスマホを買ったほうがいいです。

iPhone 6s以降/iOS 14.4以降のiPhoneは楽天回線対応製品になりました。楽天モバイルに正式対応しています!

2021年4月27日から、iPhone 6s以降/iOS 14.4以降のiPhoneが楽天回線対応製品になっています。

もう自己責任で利用しなくていいんです!楽天モバイルで提供されている全ての機能が利用できます!完璧な動作を保証しています!

ワイモバイルで販売されているiPhone 6s, iPhone SE(第1世代)、iPhone 7、iPhone SE(第2世代)、iPhone 11, iPhone 12、iPhone 12 miniは、SIMロックを解除すると楽天モバイルが使えるようになります。

eSIMとSIMカードが利用できるiPhone

iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR, iPhone 11, iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max, iPhone SE(第2世代), iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max

SIMカードのみ利用できるiPhone

iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE(第1世代), iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X

楽天回線対応製品か、楽天モバイルのスマホを買うのがトラブルが無くて一番良い

結局のところは、自分でスマホを用意して楽天モバイルを使うときは、楽天回線対応製品か、楽天モバイルで販売されているスマホを購入するのが一番望ましいです。

楽天回線対応製品は、楽天回線での接続性検証の確認が取れているため、楽天モバイルで提供されているすべての機能が利用できます。

詳細は楽天回線対応製品をご覧ください。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルに乗り換えるメリット

  • 毎月使ったデータ分だけ支払う最適なワンプラン
  • 楽天回線エリアならデータ使い放題
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話がかけ放題に
  • 各種手数料が0円
  • eSIMが使える

毎月使ったデータ分だけ支払う最適なワンプラン

データ利用量1回線目2~5回線目
0GB~1GB0円1078円
1GB超過後~3GB1078円1078円
3GB超過後~20GB2178円2178円
20GB超過後~無制限
楽天回線エリア外は最大
1Mbpsで使い放題
3278円3278円

楽天モバイルは、毎月使ったデータ分だけ支払う最適なワンプランになっています。

あまり使わない人も、たくさん使う人も、月によって変わる人もお得に利用できます。

楽天回線エリアならデータ使い放題

楽天モバイルは、楽天が自社で基地局を整備している「楽天回線エリア」と、auから回線を借りてサービスを提供している「パートナー回線エリア」がありますが、楽天回線エリアだと高速でデータ無制限で通信できます。(ただし1日あたり10GB制限あり)

病院のある場所が楽天回線エリアになっていて、病院に入院しているときに固定回線代わりに使えて助かった、という人もいます。

Rakuten Linkアプリ利用で国内通話がかけ放題に

楽天モバイルは、Rakuten Linkを利用した通話やSMSが0円になります。

普通の純正電話アプリを使って電話したり、SMSアプリを使ってSMSを送ると0円にならないので注意してください。Rakuten Linkを意識して利用するようにしましょう。

Rakuten Link同士の場合

  • 国内/海外通話:無料
  • 国内/海外SMS:無料

※国内通話無料はRakuten Linkアプリ利用時。一部対象外番号あり。

相手がRakuten Link以外の場合

Rakuten Link以外との通話の詳細を見る

Rakuten Link以外とのSMSの詳細を見る

各種手数料が0円

楽天モバイルは、申込時の契約事務手数料0円、縛りなしで契約解除料0円、MNP転出手数料0円になっています。

SIMカード再発行手数料、eSIM再設定手数料、SIM交換手数料が0円なので、何回でもeSIMを再発行してもいいですし、SIMサイズの変更してもいいです。やり放題ですね。

eSIMが使える

楽天モバイルではeSIMを提供しています。

eSIMとは

eSIMは、通信サービスの利用に必要な加入者識別情報(プロファイル)を、スマホなどに遠隔で書き込むことができる、スマホ本体組み込み式のSIMです。

ユーザーはeSIMに対応したスマホとプロファイルをダウンロードするだけで、手軽に通信サービスを利用できます。

eSIMを選ぶメリット

  • 店舗に出向き順番を待つ、SIMカードの到着を待つといった時間的成約の軽減
  • SIMカードの差し替え、SIMカードの種別変更といった物理的な手間の軽減
  • 物理SIMカードとeSIMでデュアルSIM環境の構築ができる
  • SIMカードの紛失や破損の心配がない

eSIMの一番のメリットは待ち時間の短縮です。

ワイモバイルの物理SIMカードは申し込んでから手元に届いて開通させるまでに数日間かかりますが、eSIMだと最短1時間ほどで開通します。

eSIMを選ぶデメリット

  • eSIMに対応しているスマホを用意する必要がある
  • SIMカードを差し替えて利用するのが難しい
  • eSIMから物理SIMカードに交換するとき、郵送などで手元に届くまでに時間がかかる

eSIMのデメリットを挙げるとすれば、SIMカードを差し替えて利用するのが難しい点です。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルに乗り換えるときの注意点やデメリット

  • ワイモバイルで違約金などが発生する
  • 家族割引サービスや固定回線割引が解除される
  • データ使い放題は楽天回線エリアのみ
  • 楽天回線エリアになっていても快適に通信できるとは限らない
  • LINEの年齢認証やID検索ができなくなる

ワイモバイルで違約金などが発生する

  1. 違約金・解約手数料(ワイモバイルで発生)
  2. 乗り換えた当月のワイモバイルの月額料金(ワイモバイルで発生)
  3. MNP転出手数料(ワイモバイルで発生、2021年3月17日からは0円)
  4. 端末代金の支払いの残り・残債(ワイモバイルで発生)

なお、楽天モバイルは新規契約事務手数料は無料です。

違約金/解約手数料(ワイモバイルで発生)

シンプルS/M/L、スマホベーシックプランを契約しているなら、違約金/解約手数料は発生しません。

スマホプランを契約している場合は、違約金\解約手数料として1万450円発生します。

乗り換えた当月のワイモバイルの月額料金

ワイモバイルは解約した月や乗り換えた月の月額料金は、1日に解約しても15日に解約しても30日に解約しても、日割り計算されることなく満額請求されます。

MNP転出手数料

2021年3月17日から、ワイモバイル転出時に発生していたMNP転出手数料が0円になりました。

端末代金の支払いの残り・残債(ワイモバイルで発生)

ワイモバイルでスマホを分割払いで購入していて、まだ支払いが残っている場合は、楽天モバイルに乗り換えても端末代金の支払いは継続します。

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えたからといって、端末代金の支払いの残りがチャラになるようなことは絶対にありません。

ワイモバイルで24回払いでスマホを契約して、20回目の支払いのときに楽天モバイルに乗り換えた場合は、楽天モバイル乗り換え後も残り4回分の支払いが発生します。

端末代金の支払いの残りは、解約手続きの際に分割払いを継続するか一括払いへ変更するかを選べます。

家族割引サービスや固定回線割引が解除される

ワイモバイルでは家族割引サービスや固定回線割引が提供されていますが、楽天モバイルに乗り換えるとそれが解除される可能性があります。

また、この割引を組んでいる場合は事前に解除するとか、家族割の親回線の設定し直しなどの手間も発生する可能性があります。

1人でワイモバイルを利用していて、家族割引サービスや固定回線割引を利用していない人には何も関係ないです。

データ使い放題は楽天回線エリアのみ

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)プランで、データ使い放題になるのは楽天回線エリアのみです。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMITの通信エリアは、楽天回線エリアとパートナー回線エリアの2つのエリアがあります。

あなたの住んでいる地域や活動エリアが楽天回線エリアではない場合は、パートナー回線エリアでの通信となります。

パートナー回線エリアは月間データ容量は5GBまでとなります。ご注意ください。

楽天回線エリアはまだまだ狭いです。ドコモ/au/ソフトバンクの通信エリアと比べるとかなり悪いです。

契約前にどちらのエリアで通信することになるかチェックしてください

楽天モバイル Rakuten UN-LIMITプランを契約する前に、自分は楽天回線エリアとパートナー回線エリア、どちらのエリアで通信することになるかをしっかりチェックしてください。

あなたの住んでいる場所は楽天回線エリアですか?パートナー回線エリアですか?しっかりチェックしてください。

楽天回線エリアになっていても快適に通信できるとは限らない

更に厄介なのは、楽天回線エリアになっていても楽天回線で通信できるかは分からないということです。

確かに楽天回線エリア内なんだけど楽天回線に繋がらなくて、パートナー回線で通信することになる可能性があります。

これはまだまだ楽天の基地局の整備が間に合っていないからです。そういったリスクを考えて契約しないといけません。

LINEの年齢確認・ID検索ができない

楽天モバイルでは、LINEの年齢認証やID検索ができません。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

-楽天モバイルに乗り換え