解説

楽天モバイルの楽天回線エリアとパートナー回線エリアについて解説

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)楽天回線エリアとパートナー回線エリアについて解説。

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズが9月17日21時から予約受付開始!SIMフリー版と同じ価格で上乗せ無し!

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズを販売します!9月17日21時から予約受付を開始し、2021年9月24日午前8時より発売します。

楽天モバイルのiPhoneの販売価格はSIMフリー版と同じです。他社では数千円から数万円程度上乗せしていますが、楽天モバイルは上乗せしていません。また、楽天モバイルで販売しているiPhoneは全てSIMフリーです。

iPhone 13 mini 128GBモデルは、Apple StoreでSIMフリー版を買うよりも20円安く購入できます。

楽天モバイルのiPhone 13シリーズの販売価格の詳細や予約購入はこちらから。

iPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズが値下げ!

楽天モバイルでは2021年9月16日にiPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズの販売価格が値下げされました。

たとえば、iPhone SE(第2世代) 64GBモデルは1万370円、iPhone 12 64GBモデルは2万1376円値下げされています。

他社から乗り換え時は2万2000円割引が適用されプラン料金3ヶ月無料、楽天ポイント5000ポイント還元も適用されます。他社から乗り換えだと自分でSIMフリー版を買ってくるよりも楽天モバイルで買ったほうが安い、かなりお得な状態になっています。

楽天モバイルで販売されているiPhoneはSIMフリーですし、購入時であれば故障紛失保証 with AppleCare Services に加入できます。

参考までに容量が一番低いモデルの販売価格をまとめました。

モデル旧価格新価格2万2000円割引
適用時
iPhone SE
64GB
55,170円44,800円 22,800円
iPhone 12 mini
64GB
87,712円69,800円 47,800円
iPhone 12
64GB
101,176円79,800円 57,800円
iPhone 12 Pro
128GB
127,395円112,800円 90,800円
iPhone 12 Pro Max
128GB
141,700円122,800円 100,800円

楽天モバイルで販売されているiPhoneの販売価格の詳細や購入はこちらから。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します


UQモバイルでSIMのみ契約するとau PAY残高で最大1万円相当キャッシュバック!

楽天モバイルの通信エリアは「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」の2つがある

楽天モバイル(自社回線) Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)の通信エリアは、

  1. 楽天回線エリア
  2. パートナー回線エリア

の2つの通信エリアが存在します。

楽天回線エリアについて(自社回線)

  • 楽天モバイルが自社で基地局を整備している
  • 月間データ容量無制限で使い放題
  • 動画見放題
  • SNS使い放題
  • まだまだ通信できるエリアが限られる
  • LTE Band 3での通信となる
  • 使い放題だけど、1日10GB以上通信すると最大1Mbpsに規制される。翌日0時にリセット

パートナー回線エリアについて(au回線)

  • 楽天モバイルが基地局を設置していない地域では、パートナー回線で通信する
  • 正しくいうと、「パートナー回線エリアではau回線によるローミング通信」になる
  • パートナー回線はau回線を使っている
  • 月間データ容量は5GB
  • 動画見放題、SNS使い放題ではない
  • 5GB超過後の通信速度は最大1Mbpsで使い放題
  • LTE Band 18での通信となる

楽天モバイルは、自社でまだ基地局の整備が済んでいないエリアでは、au回線を借りてサービスを提供するようになっています。

ローミングとは

ローミング (roaming)とは、インターネット接続サービス(無線LANを含む)やスマートフォン・携帯電話などにおいて、通信事業者間の提携により、利用者が契約しているサービス事業者のサービスエリア外であっても、提携先の事業者のエリア内にあれば同様のサービスを利用できることをいいます。

つまりA社と契約している人が、A社の電波が届く場所を超えてしまったものの、A社とB社が提携していたために、B社の電波が届く場所で同じサービスを利用できる、というわけです。

移動しても途切れないローミング環境とは - エレコム

データ使い放題は楽天回線エリアでの話

勘違いする人も多いですが、楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)データ使い放題は楽天回線エリアでの話です。

貴方の住んでいる地域が楽天回線エリアではなくパートナー回線エリアの場合はデータ使い放題ではありません。

パートナー回線エリアの月間データ容量は5GBです。

楽天回線エリアはまだまだ整備が進んでいない

楽天回線エリアはまだまだ整備が進んでいません。

たとえば2020年4月6日現在の話ですが、東京都は立川市と八王子市は楽天回線エリアではありません。

立川市と八王子市に住んでいる楽天モバイル Rakuten UN-LIMITユーザーは、パートナー回線エリアでの通信となります。

楽天回線エリアになっていても、よく見てみると市内の一部地域だけだったということもあります

自分の住んでいるところが楽天回線エリアになっていても、サービスエリアでマップをよく見てみると、市内の一部地域だけ楽天回線エリアになっていることがあります。

同じ市内でも、あそこは楽天回線エリアだけどここはパートナー回線エリア、ということがあります。ご注意ください。

https://twitter.com/GP5Saber/status/1253475429836451841

https://twitter.com/Hp853Pi/status/1248606097713192972

楽天回線エリアとパートナー回線エリアの境界だと一時的に利用不能になる可能性も

楽天回線エリアとパートナー回線エリアの境界付近や、地下と屋外の間を移動するとき、大きな商業ビルと屋外を移動するときに通信・通話が切断されたり、一時的に利用不能になる可能性があります。

これは3キャリアと比べてまだまだ基地局の整備などが進んでいないからです。

楽天回線エリアであっても電波状況によってパートナー回線での通信になる可能性も

楽天回線エリアであっても、

  • 地下
  • 屋内
  • 大きな商業ビルの屋内
  • 製品の設定
  • 電波の状況など

によってパートナー回線エリアでの通信となる場合があります。

パートナー回線エリアでの通信になると、パートナー回線エリアのデータ容量としてカウントされるので注意してください。

利用する場所によっては、楽天回線とパートナー回線を行ったり着たりする人もいるようです。

https://twitter.com/FULLTIME118/status/1253093230154969088

 

 

【まとめ】マニア以外はまだまだ手を出すのは早い

  1. 楽天回線エリアはまだまだ整備中
  2. 楽天回線エリアじゃないとデータ使い放題にならない
  3. スマホオタクやマニアが副回線として使うのは良い
  4. スマホにあまり詳しくない人が楽天モバイルに乗り換えるとトラブルが起きる可能性が高い

-解説