楽天モバイルでiPhone 12を使う方法や乗り換え手順を解説

楽天モバイルでiPhone 12を使う方法や乗り換え手順を解説。

目次

SIMフリー版/キャリア版iPhone 12を楽天モバイルで使うときの基礎知識

iPhone 12は「楽天回線対応製品」なので絶対に使える

2021年4月27日に、iPhone 12は楽天回線対応製品になりました。

iPhone 12をiOS14.4以降へのアップデート、キャリア設定アップデートを実施することにより、楽天回線のすべての機能を利用できるようになります。

楽天回線対応製品は、楽天モバイルのすべての機能が利用できるスマホのことです。

楽天モバイルは2020年4月8日にサービスの提供を開始していますが、開始当時はiPhoneなのにまともに使えませんでした。

今はSIMカード/eSIMをiPhoneに入れるだけで使えるようになっています。メチャクチャ簡単です。

iOSバージョンのアップデート手順

<iOSソフトウェア・アップデート方法>
1. ホーム画面の「設定」を選択する
2. 「一般」を選択する
3. 「ソフトウェア・アップデート」を選択する
4. 「ダウンロードとインストール」を選択する
5. 利用条件をご確認いただき、「同意する」を選択する
6. ダウンロードが開始されるのでしばらくお待ち下さい
7. 「今すぐインストール」を選択する
※アップデートが開始されます

ポップアップメッセージから更新を行う場合

新しいキャリア設定バージョンがある場合、キャリア設定のポップアップが表示されるので、【アップデート】をタップしてください。

※「今はしない」を選択した場合は、以下の手順にしたがってアップデートしてください。

手動で設定画面からキャリア設定アップデートの更新を行う場合

  1. ホーム画面の【設定】をタップ
  2. 【一般】をタップ
  3. 【情報】をタップ
  4. 【アップデート】をタップ

以上で完了となります。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのiPhone 12は販売終了

楽天モバイルでは2021年4月30日からiPhone 12の販売を開始していますが、2023年11月時点ではすでに販売終了しています。今後も在庫復活は無いでしょう。

SIMカードとeSIMで、4G/5Gデータ通信・音声通話・SMS送受信・テザリングが利用できます

対応SIMデータ通信音声通話
SMS送受信
テザリング
SIMフリー版
iPhone 12
nanoSIM対応
eSIM対応
4G対応
5G対応
対応
ドコモ版
iPhone 12
nanoSIM対応
eSIM対応
4G対応
5G対応
対応
au版
iPhone 12
nanoSIM対応
eSIM対応
4G対応
5G対応
対応
ソフトバンク版
iPhone 12
nanoSIM対応
eSIM対応
4G対応
5G対応
対応
UQモバイル版
iPhone 12
nanoSIM対応
eSIM対応
4G対応
5G対応
対応
ワイモバイル版
iPhone 12
nanoSIM対応
eSIM対応
4G対応
5G対応
対応

iPhone 12は楽天モバイルが動作を保証した楽天回線対応製品です。

iPhone 12に楽天モバイルのSIMカードやeSIMを入れると、楽天モバイル回線を使って、4Gデータ通信、5Gデータ通信、音声通話、SMS送受信、テザリングが利用できます。

iPhone 12は5Gに対応しています。楽天モバイルの5Gエリアに行けば5Gでデータ通信ができます。

iPhone 12はeSIMに対応しています。楽天モバイルでeSIMで契約してiPhone 12にeSIMをインストールして使えます。

iPhoneのSIMサイズは「nanoSIM」です

iPhoneのSIMサイズはnanoSIMです。iPhone 5シリーズ以降ずーっとnanoSIMです。

楽天モバイルのSIMカードが手元に届いたら「nanoSIM」サイズに切り取ってください。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

「Rakuten最強プラン」は楽天回線エリア・パートナー回線エリアでデータ無制限使い放題

楽天モバイルで2023年6月1日から提供されている現行料金プラン「Rakuten最強プラン」は、「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」どちらでもデータ無制限で使い放題です。楽天回線からパートナー回線に切り替わっても無制限です。

楽天回線エリア

楽天回線エリアは、楽天モバイルが自社で基地局を整備している通信エリアです。楽天モバイル開始当初から「データ無制限・使い放題」と言われていたのはこちらの楽天回線エリアになります。

楽天モバイルの5Gサービスは「楽天回線」のみ提供されています。

パートナー回線エリア

パートナー回線エリアは、auにお金を払って回線を借りてサービスを提供している通信エリアです。楽天モバイル開始当初から「Rakuten UN-LIMIT VII」までは「月5GB」制限が設けられていました。

パートナー回線は4Gのみ利用可能です。

Rakuten UN-LIMIT VIIRakuten最強プラン
データ容量楽天回線:制限なし
パートナー回線(国内):5GB/月
※容量超過後は最大1Mbps
パートナー回線(海外):2GB/月
※容量超過後は最大128kbps
楽天回線:制限なし
パートナー回線(国内):制限撤廃

パートナー回線(海外):2GB/月
※容量超過後は最大128kbps
楽天モバイル、日本全国の通信エリアで高速データ通信が無制限の新プラン「Rakuten最強プラン」を発表

キャリア版iPhone 12を楽天モバイルで利用するとき、SIMロック解除は必要?

SIMロック解除
ドコモ版
iPhone 12
絶対に必要
au版
iPhone 12
絶対に必要
ソフトバンク版
iPhone 12
絶対に必要
UQモバイル版
iPhone 12
絶対に必要
ワイモバイル版
iPhone 12
絶対に必要
楽天モバイル版
iPhone 12
SIMロックなし
SIMロック解除は不要

上記のiPhoneに楽天モバイルのSIMカードを入れて利用する/eSIMをインストールして利用する場合は、SIMロック解除が必要です。楽天モバイルを契約する前にiPhoneのSIMロックを絶対に解除してください。

SIMロックを解除していないキャリア版iPhoneに楽天モバイルのSIMカードを入れると、「SIMが無効です」と表示されます。

キャリア版iPhoneは、SIMロックを解除すればSIMフリー版と全く同じ状態になる。キャリアのために特別に製造されたiPhoneは存在しない

ドコモ/ahamo、au/UQモバイル、ソフトバンク/ワイモバイルから販売されているiPhoneは、SIMロックを解除すればSIMフリー版と全く同じ状態になります。

iPhone 12 Pro Maxを例に挙げて解説します。

日本国内で販売されているiPhone 12 Pro Maxは、SIMフリー版だろうが、ドコモ版/au版/ソフトバンク版/楽天モバイル版だろうが、モデル番号「A2641」という製品を販売しています。

たとえば、Apple StoreでSIMフリー版iPhone 12 Pro Maxを購入してもモデル番号はA2641ですし、ドコモオンラインショップ、ドコモショップ実店舗などでiPhone 12 Pro Maxを契約してもモデル番号はA2641です。

モデル番号が同じなので、キャリア版iPhone 12 Pro MaxはSIMロックを解除すれば、SIMフリー版iPhone 12 Pro Maxと全く同じ状態になります。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのキャンペーンまとめ

新規契約で2000ポイントプレゼント

【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】新規ご契約・プラン変更(移行)で2,000ポイントプレゼントキャンペーン

楽天モバイルを新規契約・ドコモ回線au回線の料金プランからプラン変更(移行)手続きすると、楽天ポイントが2000ポイントもらえます。

SIMのみを新規契約するなら楽天ポイント2000ポイント貰えます。

  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】新規ご契約・プラン変更(移行)で2,000ポイントプレゼントキャンペーン

他社から乗り換えで1万3000ポイントプレゼント

電話番号もそのまま他社から乗り換え&初めてお申し込みでポイントプレゼント!

楽天モバイルに初めて申し込み+他社から乗り換えで契約すると、楽天ポイント13,000ポイント還元される「他社から乗り換えでポイントプレゼントキャンペーン」が実施されています。

SIMのみを他社から乗り換えで契約するなら楽天ポイント13,000ポイント貰えます。

データ3GB(月額1,078円)×12ヶ月分がポイント還元で実質1年無料で利用できます。

  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】他社から乗り換えでポイントプレゼント

対象Androidスマホ契約で楽天ポイント最大1万3000ポイント還元

 スマホトク得乗り換え!Android製品が最大13,000ポイント還元

楽天モバイルに初めて申し込み+対象Androidスマホをセットで契約すると、楽天ポイントが最大1万3000ポイント還元されれるスマホトク得乗り換え!Android製品が最大13,000ポイント還元が実施されています。

新規契約時は合計最大8,000ポイント、他社から乗り換え時は合計最大13,000ポイントもらえます。

以下のキャンペーンを併用すると「最大1万3000ポイント還元」になります。キャンペーンへのエントリーは不要で、適用条件を満たしていれば自動適用されます。

  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】新規ご契約・プラン変更(移行)で2,000ポイントプレゼントキャンペーン(2000ポイント)
  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】他社から乗り換えでポイントプレゼント(13,000ポイント)
  • 「Rakuten最強プラン」+対象のAndroid製品ご購入でポイント還元キャンペーン(6,000ポイント)

iPhone契約で楽天ポイント最大3万3000ポイント還元

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

楽天モバイルに初めて申し込みと同時にiPhoneを購入すると、楽天ポイントが最大3万3000ポイント還元されるiPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大33,000ポイント還元!が実施されています。

支払い方法によってお得になる金額が変わります。

 iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大33,000円相当おトク!

iPhoneの機種代金を一括払いまたは24回払いで購入&楽天モバイルを申し込むと20,000円値引き、他社から乗り換えで契約すると13,000ポイント貰えます。新規契約時は8,000ポイント貰えます。

iPhoneの機種代金を48回払い(買い替え超得プログラム)で購入&楽天モバイルを申し込むと20,000ポイント貰えて、他社から乗り換えで契約すると13,000ポイント貰えます。新規契約時は8,000ポイント貰えます。

  • Rakuten最強プランご契約とiPhone対象製品を一括払いもしくは24回払いのご購入で20,000円割引キャンペーン
  • Rakuten最強プランご契約とiPhone対象製品を買い替え超トクプログラム利用のご購入でポイントバックキャンペーン
  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】他社から乗り換えでポイントプレゼント
  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】新規ご契約・プラン変更(移行)で2,000ポイントプレゼントキャンペーン
  • iPhone 対象端末ポイントバックキャンペーン

Rakutenオリジナル製品 1円キャンペーン

Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン

楽天モバイルを初めて申し込みと同時に、楽天モバイルオリジナルのモバイルWi-Fiルーター「Rakuten WiFi Pocket 2C」を契約すると、プランセット値引き適用で一括1円になる、Rakutenオリジナル製品 1円キャンペーンが実施されています。

Rakuten WiFi Pocket 2Cは本体価格から7,979円割引されて一括1円になります。

キャンペーンへのエントリーは不要で、適用条件を満たしていれば自動適用されます。

楽天モバイルのSIMカードやeSIMを申し込むときの手順を詳しく解説

【手順①】楽天モバイルを契約する前に、キャリア版iPhoneのSIMロック解除手続きをしておく

  • ドコモ/ahamo
  • au/UQモバイル
  • ソフトバンク/ワイモバイル

で販売されているiPhoneを楽天モバイルに乗り換えても使う場合は、楽天モバイルを契約する前にSIMロック解除手続きをしておきましょう。

なお、各キャリアから販売されるiPhoneは、iPhone 13シリーズ以降はSIMロックのかかっていないSIMフリーの状態で販売されています。楽天モバイル契約前にSIMロック解除は不要です。

楽天モバイルでMNP開通手続きが完了しているのに、楽天モバイル回線が使えないというときは、大抵iPhoneのSIMロック解除をしていません。

SIMロックが解除されているか確認する方法

【手順②】MNP予約番号を取得する(乗り換え時のみ)

ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、格安SIMなどで、MNP予約番号を取得してください。MNP予約番号の有効期限は15日間です。

「MNPワンストップ対応事業者」から楽天モバイルに乗り換える場合は、MNP予約番号の発行は不要です。

格安SIMのなかにはMNP予約番号の発行に数日かかるようなところもあるので注意してください。

楽天モバイルを申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があります。

また、現在契約中の名義と楽天モバイルで契約する名義が同一である必要があります。名義が事な場合は現在の携帯電話会社で名義変更をした後に、MNP予約番号を取得してください。

Webで発行電話で発行
NTTドコモMy docomo携帯なら151
一般電話は0120-800-800
ahamoahamo発行不可
auMy au携帯電話/一般電話
0077-75470
UQモバイルmy UQ mobile携帯電話/一般電話
0120-929-818
povo1.0povo1.0発行不可
povo2.0povo2.0発行不可
ソフトバンクMy SoftBank携帯電話/一般電話
0800-100-5533
ワイモバイルMy Y!mobile携帯電話/一般電話
0570-039-151
LINEMOMy Menu発行不可

【手順③】楽天モバイルのSIMカードまたはeSIMを申し込む

本人確認書類、楽天会員ユーザーID/パスワード、クレジットカード、MNP予約番号などの必要なものを用意して楽天モバイルの音声通話SIMを申し込みましょう。

プラン画面になるので、Rakuten最強プランの【プランを選択する】を選択してください。

SIMタイプは「SIMカード」がオススメ。「eSIM」は上級者向けです

SIMタイプはSIMカードかeSIMどちらかを選択してください。

SIMカードのみ/eSIMのみを申し込むときは、内容に間違いが無いことを確認して、「申し込み内容」の【この内容で申し込む】を選択すると、スマホを選ぶ画面をスルーして契約者情報画面に移動できます。

本人確認方法を選択してください。

SIMカードを契約するときは、「書類画像をアップロードで確認」がおすすめです。SIMカード契約時でも「AIかんたん本人確認(eKYC)は利用できますが、利用したところでSIMカードが早く届くことは無いです。

eSIMを契約するときは、絶対に「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択してください。

「電話番号の選択」画面では、他社から楽天モバイルに乗り換えで契約するときは、【他社から乗り換え(MNP)】を選択してください。

選択すると画面下部に①電話番号、②MNP予約番号、③有効期限の入力欄が表示されるので、発行されたMNP予約番号の情報を入力してください。

あとは画面の指示に従って楽天モバイルの契約を完了させてください。

楽天モバイルのSIMカードが届いてから開通までの手順を詳しく解説

ここで紹介している手順は、あくまで私が「この順番で操作していくと楽天モバイルの開通がスムーズですよ」と思って紹介しているだけです。別に正解はないので好きな順番でやってください。

絶対にここで紹介している手順で操作をしないと失敗する!iPhoneが壊れる!楽天モバイルへの乗り換えに失敗する!ということは絶対に無いので、1つ1つの作業をしっかり確実にやっていってください。

【手順①】my楽天モバイルでMNP転入手続きを行う(受付時間に要注意!)

他社から乗り換えで楽天モバイルを契約した人は、MNP転入手続きが必要です。MNP転入手続きはmy 楽天モバイルからできます。新規契約した人はこの手続きは不要です。

MNP転入手続きの受付時間と、MNP完了時間の目安は以下の通り。

受付時間MNP完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

商品の受け取り直後や21時以降に申し込むと、当日の開通手続きに間に合わず翌日開通となる場合があります。

MNP予約番号の有効期限終了日近くになると、自動的にMNP開通作業を行います。

MNP開通手続きの手順

  1. 手持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンから「my 楽天モバイル」にアクセス
  2. my 楽天モバイル内 右上メニューをタップし、「お申し込み履歴」を選択
  3. 「申込番号」を選択
  4. 「転入を開始する」を選択

【手順②】他社APN構成プロファイルを削除する

楽天モバイルを契約する前に、UQモバイル/ワイモバイル/IIJmio/LINEモバイル/mineoなどでiPhoneを利用していた人は、お手持ちのiPhone・iPadで楽天回線を使用するためのAPN構成プロファイル削除方法を参考にして、APN構成プロファイルを削除してください。

楽天モバイルのSIMカードを入れたiPhoneは、iOSバージョンをiOS 14.4以降/キャリア設定アップデートを最新状態していれば、APN設定不要で自動で繋がります。

  • 「乗り換え前の格安SIMでは普通にiPhoneが使えていた!」
  • 楽天モバイルに乗り換えて、楽天モバイルのSIMカードを入れた途端にiPhoneが使えなくなった!」
  • 「MNP開通手続きも終わっている!楽天モバイルのSIMカードを入れたのにiPhoneが圏外になった」
  • 「楽天のSIMで電話できない!データ通信できない!電波を掴んでくれない!」

といったトラブルは、間違いなくiPhoneに他社APN構成プロファイルがインストールされているからです。削除してください。

【手順③】SIMカードをnanoSIMサイズに切り取り、iPhoneにSIMカードを入れる

SIM台紙からSIMカードをnanoSIMサイズに切り取って、iPhoneにSIMカードを入れて電源を入れてください。

なお、キャリアで購入したiPhoneに初めて楽天モバイルのSIMカードを入れると「アクティベーション(Apple IDとパスワードの入力)」を求められることがあります。アクティベーション画面が出たらApple IDとパスワードを入力してください。

楽天モバイルでSIMカードのみを申し込むと、「マルチサイズSIM」が届きます。マルチサイズSIMは自分で任意のSIMサイズに切り取るタイプのSIMカードです。

iPhoneのSIMサイズはnanoSIMです。nanoSIMは一番サイズが小さいので、切り取りで失敗することは絶対にありません。

【手順④】キャリア設定をアップデートする

iPhoneに楽天モバイルのSIMカードを入れて起動すると、「キャリア設定アップデート」のメッセージが出ることがあるので、出たら必ず「アップデート」をタップしてください。

「今はしない」をタップした場合、ホーム画面より「設定」→「一般」→「情報」の順に進むと、ポップアップが表示されるので「アップデート」をタップしてしばらくお待ちください。

キャリア設定のアップデートを通じて、通信事業者は携帯電話ネットワークや関連する設定をアップデートし、モバイルデータ通信ネットワークの接続状況やパフォーマンスの改善を図ったり、VoLTE や Wi-Fi 通話などの機能を新たにサポートしたりすることができます。

【手順⑤】楽天モバイルが開通したことを確認して利用開始

  • my楽天モバイルで、MNP転入手続きが完了している(楽天回線に切り替える)
  • iPhoneに楽天モバイルのSIMカードを入れている
  • iPhoneのアクティベーションを行う
  • iPhoneのSIMロックが解除できている
  • iPhoneのiOSバージョンを、iOS 14.4以降/キャリア設定アップデートを最新状態にしている
  • 他社APN構成プロファイルを削除している

順番は問わないので、以上の作業が完璧にできていれば、楽天モバイルの回線に繋がっているはずです。

iPhoneの画面左上が「Rakuten」か「Rakuten 4G」「Rakuten 5G」になっていて、アンテナマークが立っていたら楽天回線に繋がっています。

Wi-Fiをオフにして適当なWebページを開いてみたり、時報に電話するなどしてみましょう。

ちなみにiOS 14.4以降にアップデートしても、キャリア設定アップデートを最新のものにしていない場合は「Rakuten LTE」と表示されます。アップデートすると「Rakuten 4G」に変わりましたよ。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのeSIMのみを契約後から開通までの手順

【注意】他社APN構成プロファイルがインストールされている場合は削除

楽天モバイルを契約する前に、UQモバイル/ワイモバイル/IIJmio/LINEモバイル/mineoなどでiPhoneを利用していた人は、MNP開通手続きをする前にAPN構成プロファイルを削除してください。

【手順①】my楽天モバイルアプリをインストールする

eSIMの開通手続きではmy楽天モバイルアプリからの操作・設定が推奨されています。my楽天モバイルアプリをインストールしましょう。

  1. my 楽天モバイルアプリをインストール
  2. 位置情報提供協力のお願いの画面が表示されるので、どちらか選択してタップ
  3. アプリからの通知許可について、どちらか選択してタップ
  4. 位置情報の使用を許可する
  5. 「Rakuten IDでログイン」をタップして、申込時に利用した楽天IDとパスワードを入力してログイン

【手順②】my楽天モバイルアプリからMNP転入手続きを行う(受付時間に注意!)

他社から乗り換えで楽天モバイルを契約した人はMNP転入手続きが必要です。MNP転入手続きはmy 楽天モバイルアプリからできます。

MNP受付時間

受付時間MNP完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

商品の受け取り直後や21時以降に申し込むと、当日の開通手続きに間に合わず翌日開通となる場合があります。

MNP予約番号の有効期限終了日近くになると、自動的にMNP開通作業を行います。

MNP開通手続きの手順

  1. my 楽天モバイル内 右上メニューをタップし、「お申し込み履歴」を選択
  2. 「申込番号」を選択
  3. 「転入を開始する」を選択

【手順③】my楽天モバイルアプリから開通手続きをする(eSIMをインストール)

開通手続きの流れ
  1. my 楽天モバイルにログインする
  2. 申し込み番号の下の「>」を選択
  3. 「開通手続きを行う」を選択
  4. モバイル通信プランのインストール画面が表示されるので、「続ける」をタップ
  5. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  6. 開通手続きが完了すると「キャリア設定アップデート」が表示されるので必ず「アップデート」をタップしてください

【手順④】APN設定は不要!eSIMインストールが完了すると自動で繋がります!

iPhoneに楽天モバイルのeSIMをインストールすると、「キャリア設定アップデート」のメッセージが出ることがあるので、出たら「アップデート」を選択してください。

APNの手動設定は少し敷居が高かったので、自動でAPN設定してくれるのはありがたいですね。

キャリア設定のアップデートを通じて、通信事業者は携帯電話ネットワークや関連する設定をアップデートし、モバイルデータ通信ネットワークの接続状況やパフォーマンスの改善を図ったり、VoLTE や Wi-Fi 通話などの機能を新たにサポートしたりすることができます。

【手順⑤】楽天モバイルの利用開始

  1. MNP転入手続きを行う(楽天回線に切り替える)
  2. iPhoneに楽天モバイルのeSIMをインストールしている
  3. iPhoneのアクティベーションを行う
  4. iPhoneのSIMロックが解除できている

順番は問わないので、以上の4つの作業が完璧にできていれば、楽天モバイルの回線に繋がっているはずです。

iPhoneの画面左上が「Rakuten」か「Rakuten 4G」「Rakuten 5G」になっていて、アンテナマークが立っていたら繋がっています。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルでiPhone 12を使うときの注意点やよくあるトラブル解説

  • iOS版Rakuten Linkアプリを使った電話の発信は無料。SMS送信時は、相手もRakuten Linkアプリを使っていないと無料にならない
  • iOS 15.0以降のiPhoneでRakuten Linkを使うなら、プレイベートリレー機能をオフに

iOS版Rakuten Linkアプリを使った電話の発信は無料。SMS送信時は、相手もRakuten Linkアプリを使っていないと無料にならない

iOS版Rakuten Linkアプリを利用するときには注意点がいくつかあります。

電話の受発信

Rakuten Linkアプリを利用していない相手(固定電話、OS標準の電話アプリ)からの電話を着信する場合は、iOS標準の電話アプリに着信するようになっています。

着信のあった相手に無料でかけ直す場合は、iOS標準の電話アプリではなく、Rakuten Linkアプリを利用してください。

Rakuten Linkアプリ利用者同士の着信・発信通話は、無料で利用できます。

とにかく、自分から電話をかけるときはRakuten Linkアプリを使えばいい、と認識しておけばOKです。

SMSの送受信

Rakuten Linkアプリを利用していない相手(OS標準のメッセージアプリなどを使用している場合)とSMSの送受信をする場合は、iOS標準のメッセージアプリでのみSMS送受信が可能です。

相手がAndroidスマホのメッセージアプリを使用してSMSを送信してきたとき、iOSのメッセージアプリから送信してきたときは、iOS標準のメッセージアプリでSMS送受信することになります。

Rakuten Linkアプリ利用者同士のメッセージ送受信は、無料で利用できます。

自分がRakuten Linkアプリを使っていても、相手が使っていない場合はSMS送信は有料です。Rakuten Linkアプリ利用者同士はいくらでも送信しても無料です。

iOS 15.0以降のiPhoneでRakuten Linkアプリを使うなら、プレイベートリレー機能をオフに

(ご注意ください)iOS 15以降でプライベートリレーをご利用のお客様へ
2021年9月21日

平素は楽天モバイルをご利用いただき、誠にありがとうございます。

iPhone向けiOS 15以降で新たに搭載される「iCloud+」のプライバシー保護機能「プライベートリレー※1」をONにしてデータ通信を行なった場合、以下の事象が確認されております。
なお、プライベートリレーの設定をOFFにすることで、iOS 14以前と同様に問題なくご利用いただけます。

■影響(2021年9月21日時点)

通常、課金対象ではない以下サービスのデータ利用量が、課金対象としてカウントされます。
・Rakuten Linkアプリ同士のメッセージ送受信、電話の発着信
・my 楽天モバイルのご利用

■プライベートリレーの設定方法
iOS 15のリリース以降に、本ページにてご案内いたします。

※1 Apple社が iCloud+サブスクリプションの一部として提供している、新しいインターネットプライバシーサービスです。最初の設定はOFFになっております。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次