楽天モバイルに乗り換え

ドコモから楽天モバイルに乗り換え手順やポイント解説

ドコモから楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)に乗り換えるときの手順やポイント解説。

OPPO A73が1万5001円で販売中!条件達成で楽天ポイント最大1万5000ポイント還元により実質1円に!

楽天モバイルではOPPO A73を1万5001円で販売していますが、以下の2つのキャンペーンの適用条件を達成すると楽天ポイントが合計最大1万5000ポイント還元されます。

最大1万5000ポイント還元により、OPPO A73が実質1円で購入できます!もちろんプラン料金も3ヶ月間無料になります。

楽天ポイント最大1万5000ポイントを貰うためには、①楽天モバイルを初めて申し込むこと、②楽天モバイルをOPPO A73を使って開通させること、③OPPO A73+楽天モバイル回線+Rakuten Linkを利用して1回10秒以上の通話が必要になります。特に③を忘れる人が非常に多いので注意が必要です。

楽天ポイントは楽天モバイルの開通およびRakuten Linkの利用が確認された月の翌々月末日頃に付与されます。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します


UQモバイルでSIMのみ契約するとau PAY残高で最大1万円相当キャッシュバック!

ドコモから楽天モバイルへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  • ドコモから楽天モバイルに乗り換える
  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneはそのまま使いたい

というときは、楽天モバイルでSIMカードのみを「他社から乗り換え」で契約すればOKです。

楽天モバイルでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

SIMカードのみを「他社から乗り換え」で契約して、SIMロックを解除した手持ちのAndroidスマホやiPhoneに入れればOKです。

もちろんeSIM対応スマホを使っている人はeSIMで契約してもOKです。

「これは新規契約?他社から乗り換え(MNP転入)?」まとめ

「新規契約」と「他社から乗り換え(MNP転入)」の違いは、「今使っている携帯電話番号を引き継ぐかどうか」です。

新規契約で契約すると、楽天モバイルで携帯電話番号が発行されます。楽天モバイルではその電話番号を使って電話やSMS送受信を行います。

これは「他社から乗り換え」です

「楽天モバイルを契約したい。ドコモの携帯電話番号は楽天モバイルに乗り換えても使いたい!この番号をずっと使い続ける!」という人は、ドコモでMNP予約番号を発行して楽天モバイルを「他社から乗り換え」で契約してください。

ドコモで使っている携帯電話番号が楽天モバイルに引き継がれて、楽天モバイルでもドコモの携帯電話番号を使って音声通話やSMS送受信ができます。

「他社から乗り換え」で契約するときは、楽天モバイルを申し込む前に絶対にドコモを解約しないでください。MNP予約番号を発行した後にドコモを解約しないでください。

これは「新規契約」です

「楽天モバイルを契約したい。auの携帯電話番号は使えなくなってもいい」という人は、ドコモを解約して、楽天モバイルを「新規契約」で契約してください。

「楽天モバイルをサブ回線として新しく契約したい」という人は、楽天モバイルを「新規契約」で契約してください。

「ドコモのスマホが余ってるから楽天モバイルのSIMカードを入れて2台目として使いたい」という人は、楽天モバイルを「新規契約」で契約してください。

SIMカードのみ契約+ドコモのAndroidスマホ/iPhoneを使い続ける

  • ドコモから楽天モバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneは、楽天モバイルに乗り換えても使い続ける

ときの手順は以下の通り。

手順

  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneが楽天モバイルで使えるかをご利用製品の対応状況確認を見て確認
  • 楽天モバイルを契約する前に、ドコモでスマホのSIMロックを解除手続きをする
  • ドコモでMNP予約番号を発行する
  • クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスして、「新規/乗り換え(MNP) お申し込み」を押す
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」の「プランを選択する」を押す
  • SIMタイプは「nanoSIM」を選択して、「この内容で申し込む」を押す
    「製品選択へ進む」を押すとスマホが表示されるので注意
  • 画面の指示に従って進めていくと、途中で「電話番号の選択」画面になるので、ここで「他社から乗り換え(MNP)を選択する
  • あとは画面の指示に従って楽天モバイルの契約を完了させる
  • 数日で手元に楽天モバイルのSIMカードが届く
  • my 楽天モバイルでMNP転入/開通手続きを行う
  • ワイモバイルやUQモバイルなどでiPhoneを利用していた人は、APN構成プロファイルを削除する
    ここでAPN構成プロファイルを削除していないせいで楽天モバイルが繋がらない人が非常に多いです
  • スマホからドコモのSIMカードを抜いて、楽天モバイルのSIMカードを入れてスマホの電源をオン
  • AndroidスマホはSIMロック解除コードの入力、iPhoneはアクティベーションとキャリア設定アップデートを行う
  • スマホでAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、画面上のアンテナマークの隣に「4G」「5G」と表示されていることを確認して、楽天モバイルの利用開始
  • Rakuten Linkの初期設定やインストールをする
  • Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイント貰える系キャンペーンはこれが必須)

なお、楽天回線対応製品ではないAndroidスマホを使うときは、完全に自己責任です。ドコモのAndroidスマホは楽天モバイルでは使えないことが非常に多いので注意してください。

楽天モバイルで販売されているAndroidスマホを購入して使うのが一番安心です。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

SIMカードのみ契約+自分で用意した新しいSIMフリースマホを使う

  • ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、格安SIMから楽天モバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • Amazonや家電量販店などで、自分で新しいSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを利用する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • 楽天モバイルで動作確認されているSIMフリースマホ楽天回線対応製品を用意する
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号の発行を発行する
  • クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスして、「新規/乗り換え(MNP) お申し込み」を押す
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」の「プランを選択する」を押す
  • SIMタイプは「nanoSIM」を選択して、「この内容で申し込む」を押す
    「製品選択へ進む」を押すとスマホが表示されるので注意
  • 本人確認方法は好きなものを選ぶ。SIMカードは
  • 「電話番号の選択」画面になるので、「他社から乗り換え(MNP)を選択する
  • あとは画面の指示に従って楽天モバイルの契約を完了させる
  • 数日で手元に楽天モバイルのSIMカードが届く
  • 新スマホの初期設定・セットアップ、新スマホへのデータ移行を行い、新スマホが使える状態にする
  • my 楽天モバイルでMNP転入/開通手続きを行う
  • スマホに楽天モバイルのSIMカードを入れて電源をオン
  • スマホでAPN設定をする
    スマホによっては設定不要で自動で繋がるものもある
  • Wi-Fiをオフにして、画面上のアンテナマークの隣に「4G」「5G」と表示されていることを確認して、楽天モバイルの利用開始
  • Rakuten Linkの初期設定やインストールをする
  • Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイント貰える系キャンペーンはこれが必須)

楽天回線対応製品であるAndroidスマホやiPhoneを利用する場合は、スマホにSIMカードを入れるだけで楽天モバイルが使えるようになります。

もちろんMNP転入/開通手続きは行ってください。

eSIMのみ契約+eSIM対応iPhoneを使う

  • ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、格安SIMから楽天モバイルに乗り換える
  • eSIMを契約する
  • eSIMに対応したiPhoneを用意する(SIMフリー版/SIMロック解除済みのキャリア版)

ときの手順は以下の通り。

手順

  • eSIMに対応しているiPhoneを用意する
  • iOSバージョンをその時点の最新バージョンにアップデートしておく
  • キャリアで購入したスマホは、楽天モバイルを契約する前にSIMロックを解除する
    iPhone 13シリーズからはキャリア版でもSIMロックフリーで販売されているので、SIMロック解除は不要
  • クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスして、「新規/乗り換え(MNP) お申し込み」を押す
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」の「プランを選択する」を押す
  • SIMタイプは「eSIM」を選択して、「この内容で申し込む」を押す
  • 「製品選択へ進む」を押すとスマホが表示されるので注意
  • 「契約者方法」の画面の本人確認方法は、「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択する
    これを選ぶと最短即日で楽天モバイルのeSIMが開通します
  • 「電話番号の選択」画面になるので、「他社から乗り換え(MNP)を選択する
  • あとは画面の指示に従って楽天モバイルの契約を完了させる
  • my楽天モバイルアプリをインストールして、Rakuten IDでログインする
  • ワイモバイルやUQモバイルなどでiPhoneを利用していた人は、APN構成プロファイルを削除する
    ここでAPN構成プロファイルを削除していないせいで楽天モバイルが繋がらない人が非常に多いです
  • my 楽天モバイルでMNP転入/開通手続きを行う
  • my 楽天モバイルアプリの「申し込み番号」をタップして「開通手続きをする」をタップ
  • モバイル通信プランのインストール画面になるので、画面の指示に従って進める
  • 「開通手続きが完了しました」メッセージが出ると、「キャリア設定アップデート」が表示されるので、必ず「アップデート」をタップする
  • Wi-Fiをオフにして、画面上のアンテナマークの隣に「4G」「5G」と表示されていることを確認して、楽天モバイルの利用開始
  • Rakuten Linkの初期設定やインストールをする
  • Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイント貰える系キャンペーンはこれが必須)

eSIMの契約方法に「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択することで、楽天モバイルのeSIMが最短即日で利用できるようになります。

iPhoneのiOSバージョンを最新バージョンにアップデートして、キャリア設定アップデートを実施することで、eSIM利用時でもAPN設定不要で楽天モバイルが使えるようになります。

eSIMのみ契約+eSIM対応Androidスマホを使う

  • ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、格安SIMから楽天モバイルに乗り換える
  • eSIMを契約する
  • eSIMに対応したAndroidスマホを用意する(SIMフリー版/SIMロック解除済みのキャリア版)

手順

  • eSIMに対応しているAndroidスマホを用意する
  • キャリアで購入したスマホは、楽天モバイルを契約する前にSIMロックを解除する
  • クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスして、「新規/乗り換え(MNP) お申し込み」を押す
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」の「プランを選択する」を押す
  • SIMタイプは「eSIM」を選択して、「この内容で申し込む」を押す
  • 「製品選択へ進む」を押すとスマホが表示されるので注意
  • 「契約者方法」画面の本人確認方法は、「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択する
    これを選ぶと最短即日で楽天モバイルのeSIMが開通します
  • 「電話番号の選択」画面になるので、「他社から乗り換え(MNP)を選択する
  • あとは画面の指示に従って楽天モバイルの契約を完了させる
  • my楽天モバイルアプリをインストールして、Rakuten IDでログインする
  • my 楽天モバイルでMNP転入/開通手続きを行う
  • my 楽天モバイルアプリの「申し込み番号」をタップして「開通手続きをする」をタップ
  • eSIMをインストールする
  • AndroidスマホでAPN設定する
  • Wi-Fiをオフにして、画面上のアンテナマークの隣に「4G」「5G」と表示されていることを確認して、楽天モバイルの利用開始
  • Rakuten Linkの初期設定やインストールをする
  • Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイント貰える系キャンペーンはこれが必須)

eSIMの契約方法に「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択することで、楽天モバイルのeSIMが最短即日で利用できるようになります。

eSIMをインストールするときには、

  • my楽天モバイルアプリから行う方法
  • 別の端末の画面にeSIMダウンロード用のQRコードを表示して、eSIMで利用するAndroidスマホで読み取る

2つのタイプがあります。どっちでやってもいいです。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

「手持ちのスマホが古い!気が変わったので乗り換えと同時に楽天モバイルのスマホを契約する!」ときの手順

楽天モバイルのAndroidスマホやiPhoneを「nanoSIM(SIMカード)」で契約する

  • 他社から楽天モバイルに乗り換える
  • 楽天モバイルで販売されているAndroidスマホやiPhoneを契約する
  • SIMカードで契約する

ときの手順は以下の通り。

楽天モバイル公式サイトのトップページにある「お申し込み」ボタンから申し込むことで、契約の最初で「nanoSIM(SIMカード)」が確実に選択できます。

手順

  • 楽天モバイルで販売しているAndroidスマホやiPhoneのスペック表を見て、契約したいスマホが「nanoSIM」に対応していることを確認
  • 今契約している携帯電話会社でMNP予約番号を発行する
  • クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスして、「新規/乗り換え(MNP) お申し込み」を押す
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」の「プランを選択する」を押す
  • SIMタイプは「nanoSIM」を選択して、「製品選択へ進む」を押す
  • 製品の選択画面になるので、「iPhone」か「スマートフォン/その他」を選択する
  • 自分の申し込みたいスマホの「製品を選ぶ」を選択する
  • 選んだスマホの本体カラーや容量を選ぶ画面になるので、選んだスマホが「SIMカード」に対応していることを確認する
  • SIMタイプの確認画面が出るので、契約したいスマホがSIMカードに対応していること、選択中のSIMタイプが「SIMカード」であることを確認する
  • 「選択中のSIMタイプのまま変更しない」を選択すると、SIMカードのまま申し込みが進む
  • 画面の指示に従って進めていくと、途中で「電話番号の選択」画面になるので、ここで「他社から乗り換え(MNP)を選択する
  • あとは画面の指示に従って楽天モバイルの契約を完了させる
  • 数日で楽天モバイルのスマホとSIMカードのセットが手元に届く
  • スマホにSIMカードを入れて電源をオンにして、スマホのセットアップを行う。新スマホが使える状態にする
  • my楽天モバイルにログインして、MNP転入手続きを完了させる
  • iPhoneは「キャリア設定アップデート」が表示された場合は、「アップデート」をタップする(出ないときもある)
  • Wi-Fiをオフにして、画面上のアンテナマークの隣に「4G」「5G」と表示されていることを確認して、楽天モバイルの利用開始
  • iOSバージョンが最新ではない場合は、最新バージョンにアップデートする
  • Rakuten Linkの初期設定やインストールをする
  • Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイント貰える系キャンペーンはこれが必須)

楽天モバイルで販売されているAndroidスマホの初期設定方法は以下のページをご覧ください。

楽天モバイルで販売されているiPhoneをSIMカードとセットで契約したときの初期設定方法は以下のページをご覧ください。

楽天モバイルのAndroidスマホやiPhoneを「eSIM」で契約する

  • 他社から楽天モバイルに乗り換える
  • 楽天モバイルで販売されているAndroidスマホやiPhoneを契約する
  • eSIMで契約する

ときの手順は以下の通り。

楽天モバイル公式サイトのトップページにある「お申し込み」ボタンから申し込むことで、契約の最初で「eSIM)」が確実に選択できます。

楽天モバイルで販売しているRakuten ○○などの楽天モバイルオリジナルスマホはeSIMのみ対応しています。間違えてSIMカードで申し込まないようにしてください。

手順

  • 楽天モバイルで販売しているAndroidスマホやiPhoneのスペック表を見て、契約したいスマホが「eSIM」に対応していることを確認
  • クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行しておく(MNP転入時のみ)
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスして、「新規/乗り換え(MNP) お申し込み」ボタンを押す
    このボタンから申し込むことで、契約手順の最初で「eSIM」を確実に選ぶことができる
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」の「プランを選択する」を押す
  • SIMタイプは「eSIM」を選択して、「製品選択へ進む」を押す
  • 製品の選択画面になるので、「iPhone」か「スマートフォン/その他」を選択する
  • 自分の申し込みたいスマホの「製品を選ぶ」を選択する
  • 選んだスマホの本体カラーや容量を選ぶ画面になるので、選んだスマホが「SIMカード」に対応していることを確認する
  • SIMタイプの確認画面が出るので、契約したいスマホがeSIMに対応していること、選択中のSIMタイプが「eSIM」であることを確認する
  • 「選択中のSIMタイプのまま変更しない」を選択すると、eSIMのまま申し込みが進む
  • 契約者情報画面になるので、ここで好きな本人確認方法を選択する
  • 「電話番号の選択」画面では、「他社から乗り換え」「選べる電話番号サービス」「新規電話番号を取得」のどれかを選択する
  • あとは画面の指示に従って楽天モバイルの契約を完了させる
  • 数日で楽天モバイルのスマホが手元に届く
  • スマホにSIMカードを入れて電源をオンにして、スマホのセットアップを行う。新スマホが使える状態にする
  • my楽天モバイルにログインして、MNP転入手続きを完了させる
  • iPhoneは「キャリア設定アップデート」が表示された場合は、「アップデート」をタップする(出ないときもある)
  • Wi-Fiをオフにして、画面上のアンテナマークの隣に「4G」「5G」と表示されていることを確認して、楽天モバイルの利用開始
  • iOSバージョンが最新ではない場合は、最新バージョンにアップデートする
  • Rakuten Linkの初期設定やインストールをする
  • Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイント貰える系キャンペーンはこれが必須)

楽天モバイルで販売されているAndroidスマホをeSIMで契約したときの初期設定方法は以下のページをご覧ください。

楽天モバイルで販売されているiPhoneをeSIMで契約したときの初期設定方法は以下のページをご覧ください。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるときにやること・確認することまとめ

楽天モバイルで「MNP開通手続き」をするまではドコモが使える

ドコモが使えなくなるのは、楽天モバイルのSIMやスマホが手元に届いてから、my楽天モバイルでMNP開通手続きをしたときです。

MNP開通手続きをすると、ドコモから楽天モバイルに回線が切り替わり、ドコモの契約が自動で解約されます。

それまでは普通にドコモでデータ通信、音声通話、SMS送受信、テザリングができます。

「ネットでMNPで手続きすると使えなくなる期間がある」といつまでも記載しているページがありますが、使えなくなる期間は一切ありません。

今使っているドコモのスマホが楽天モバイルで動作確認されているか確認

自分の使っているドコモのAndroidスマホやiPhoneが楽天モバイルで動作確認されているかどうかは、楽天モバイルのご利用製品の対応状況確認を見て確認ください。

ドコモのスマホの動作確認情報を確認するときは、「お使いのスマートフォンはどちらで購入しましたか?」では、当然「NTTドコモ」を選択してください。

別途SIMフリースマホを用意するときも上記ページで確認してください。

なお、ドコモが販売しているAndroidスマホや、楽天回線対応製品以外のスマホを楽天モバイルで使うときは、完全に自己責任になります。

不安になったら楽天モバイルで販売しているスマホを購入するのが一番いいですよ。

eSIMを利用するにはeSIM対応製品が必要です

楽天モバイルのeSIMをスマホにインストールして利用する場合は、eSIM対応製品が必要です。

eSIMに対応している製品はかなり少ないので注意してください。iPhoneでいうとiPhone XS/XS Max/XR以降が対応しています。

詳細は以下のページをご覧ください。

楽天モバイルを契約する前に、絶対にドコモでスマホのSIMロックを解除手続きをする

ドコモから楽天モバイルに乗り換えてもドコモで購入したiPhoneやAndroidスマホを使うなら、楽天モバイルを契約する前にドコモでスマホのSIMロック解除手続きが必須です。

物理SIMカードを利用するときも、eSIMを利用するときもSIMロック解除が必須です。

SIMロック解除手続きの流れをもっと正しくいうと、

  1. my docomoなどでスマホのSIMロックの解除手続きをする
  2. AndroidスマホのみSIMロック解除コードが発行される
  3. スマホに楽天モバイルのSIMカードを挿す
  4. iPhoneならアクティベーション、AndroidスマホならSIMロック解除コードを入力する
  5. SIMロック解除完了

という流れになります。

ドコモで購入したスマホに楽天モバイルのSIMカードを挿すことにより、SIMロック解除が正式に完了します。

楽天モバイルの開通も完了している、APN設定をしているのに楽天モバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

SIMロック解除方法は2つ

ドコモのスマホのSIMロック解除は、My docomoかドコモショップ実店舗で受け付けています。

My docomoで自分でSIMロックを解除すれば無料です。ドコモショップ実店舗だと手数料3300円と待ち時間が発生します。

SIMロックを解除する前に、スマホのIMEI番号をメモしておきましょう。

SIMロック解除をするための条件

  1. ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと

  2. 以下のいずれかを満たす場合、即時にSIMロック解除の手続きが可能となります。

    1. 当該機種のご購入後100日経過した場合
    2. 当該回線において、過去SIMロック解除2を行っており、その受付から100日経過した場合
    3. 当該機種を一括払いでご購入された場合、または分割払いでご購入され、その分割支払金/分割払金のご精算をされた場合
    4. 当該回線(解約済み回線を含む)または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話料金のお支払い方法をクレジットカード1に設定いただいた場合

なんか細かいように見えますが、ドコモの支払い方法をクレジットカードにしていれば、SIMロック解除が即時可能です。

100日待ったりする必要はありません。

2020年8月19日以降にスマホを購入している場合は、条件を満たしていればSIMロック解除手続きが実施されている

新たに機種をご購入される際に以下の条件のいずれかを満たす場合は、SIMロック解除の手続きを実施した状態でお渡しさせていただくため、お客さまのお申出によるお手続きは不要です。

<ドコモの回線契約を伴うお客さまの場合>

  1. 当該機種を一括払いでご購入された場合
  2. 当該回線または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話のお支払い方法をクレジットカード1に設定いただいた場合

<ドコモの回線契約を伴わないお客さまの場合>

  1. 当該機種を一括払いでご購入された場合
  2. 「スマホおかえしプログラム」を適用し、当該機種の分割支払金のお支払い方法をクレジットカード1に設定いただいた場合

2020年8月19日以降にスマホを購入している場合は、条件を満たしている場合はすでにSIMロック解除の手続きが実施された状態でスマホが渡されるので、SIMロック解除手続きは不要です。

ドコモの支払い方法をクレジットカードにしていれば、すでにSIMロック解除手続きがされています。

スマホにワイモバイルのSIMカードを挿して、アクティベーションやSIMロック解除コードを入力すると、SIMロック解除が完了します。

My docomoでSIMロック解除するときの手順

  1. IMEI番号をメモする
  2. SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモの「お手続きサイトへ」を選択
  3. dアカウントにログインする
  4. セキュリティーコードがSMSで送られてくるのでセキュリティーコードを入力してログイン
  5. メモしたIMEI番号を入力する
  6. 注意事項に同意する
  7. 受付確認メールの送信先を選ぶ
  8. 手続き確認内容になるので、確認して「手続きを完了する」を押す
  9. SIMロック解除手続きが完了
  10. Androidスマホの場合はSIMロック解除コードが表示されるので、SIMロック解除コードもメモする

SIMロック解除コードはメールでも送られてくるので安心

SIMロック解除コードは、ドコモのスマホからドコモのSIMを抜いて楽天モバイルのSIMを初めて挿したときに入力を求められます。

スマホ1台しか持っていないとSIMロック解除コードが見れないので詰みます。SIMロック解除コードはメモしときましょう。

iPhoneはSIMロック解除コードはありません。iPhoneからドコモのSIMを抜いて楽天モバイルのSIMを初めて挿したときにiPhoneのアクティベーションが必要です。

ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるときは、ドコモでMNP予約番号を発行する必要があります。

ドコモでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からドコモに電話、②My docomoで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My docomoでMNP予約番号を取得することです。

24時間対応ですし、人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。面倒な引き止めとかアンケートも無いです。

どうしてもやりかたが分からないという人はドコモに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNP予約番号の受付窓口

申込方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話151に電話9時~21時
一般電話0120-800-000に電話9時~21時
My docomoトップ→契約内容・手続き
→ドコモオンライン手続き
24時間対応

【ポイント】MNP予約番号は7日以上残っていないとダメ

楽天モバイルをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が7日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を発行したらすぐに楽天モバイルに申し込むようにしましょう。

有効期限が9日以内の場合は再度MNP予約番号を取り直してください。MNP予約番号は何回発行しても無料です。

【ポイント】MNP予約番号を発行しただけでドコモが解約されることは無い

ドコモでMNP予約番号を発行した=その時点でドコモが解約されるということは絶対にありません。

ドコモが解約されるのは、ドコモから楽天モバイルに回線切替が完了したときです。

他社APN構成プロファイルがインストールされている場合は削除

楽天モバイルを契約する前に、UQモバイル/ワイモバイル/IIJmio/LINEモバイル/mineoなどでiPhoneを利用していた人は、MNP開通手続きをする前にAPN構成プロファイルを削除してください。

本来楽天モバイルはiOS 14.4以降/キャリア設定アップデートが最新の状態であれば、楽天モバイルのSIMカードを入れれば自動で楽天モバイルに繋がります。

しかし、楽天モバイル以外の他社のAPN構成プロファイルがあると、そのせいで楽天モバイルが繋がりません。

楽天モバイルに限らず、○○から✕✕に乗り換えたらiPhoneが✕✕に繋がらなくなったい!って言う人は、かなりの確率で他社のAPN構成プロファイルがインストールされています。

スマホのソフトウェアアップデートを実施しておく

AndroidスマホやiPhoneで、ソフトウェアアップデートを実施して最新状態にしてください。

ソフトウェアアップデートを実施することにより、SIMカードを入れるだけで楽天モバイルが使えるようになる可能性、そのスマホが楽天モバイルの楽天回線対応製品になる可能性があります。

Androidスマホの場合

ソフトウェアアップデートを実施してください。

iPhoneの場合

iPhoneはiOS 14.4以降にアップデートすることで、楽天モバイルに正式対応します。また、同時にキャリア設定アップデートをして最新状態にしてください。

SIMカードが届いてからMNP開通手続きを行うときは、手続きの時間帯に注意

SIMやスマホが手元に届いたら、スマートフォン、タブレット、パソコンから「my 楽天モバイル」にアクセスして、MNP開通手続きを行ってください。

このMNP開通手続きをした時点で、今契約している携帯電話会社との契約は自動で解約されます。

たとえば、ドコモから楽天モバイルに乗り換える人がいたとして、3月2日に楽天モバイルのSIMカードが届いて、3月3日にMNP開通手続きをした場合は、3月3日付で今契約している携帯電話会社との契約が自動で解約されます。

MNP開通手続きの受付時間

受付時間MNP完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

MNP開通手続きは、手続きをした時間帯によって完了時間が異なるので注意してください。21時直前に申し込むと、当日の開通手続きに間に合わず翌日開通となる場合があります。

MNP予約番号の有効期限終了日に近くなると自動的にMNP開通作業を行います。

MNP開通手続きの手順

  • my 楽天モバイルにアクセス
  • my 楽天モバイル内の右上メニューをタップして、「お申し込み履歴」を選択
  • 該当する申込番号を選択する
  • 「MNP転入する」ボタンを押す

MNP開通手続きが完了しないときは、 電波の良い窓際などに移動して待ってみましょう。それでも通信ができない場合は屋外で試してみましょう。

Rakuten Linkで10秒以上の通話をする(最重要、楽天ポイント貰う系キャンペーンは通話必須)

楽天モバイルで実施されているポイントが貰える系キャンペーンは、キャンペーン適用条件として、「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話をする必要があります。

絶対にRakuten Linkを使って10秒以上の通話をしてください。

せっかく楽天モバイルに申し込んだのに、これをやっていないせいでキャンペーンの楽天ポイントが貰えない人が大勢います。

まあそういう人は書いてあっても読まないんですけど・・・・・。

iOS 15.0以降のiPhoneでRakuten Linkを使うなら、プレイベートリレー機能をオフに

(ご注意ください)iOS 15以降でプライベートリレーをご利用のお客様へ
2021年9月21日

平素は楽天モバイルをご利用いただき、誠にありがとうございます。

iPhone向けiOS 15以降で新たに搭載される「iCloud+」のプライバシー保護機能「プライベートリレー※1」をONにしてデータ通信を行なった場合、以下の事象が確認されております。
なお、プライベートリレーの設定をOFFにすることで、iOS 14以前と同様に問題なくご利用いただけます。

■影響(2021年9月21日時点)

通常、課金対象ではない以下サービスのデータ利用量が、課金対象としてカウントされます。
・Rakuten Linkアプリ同士のメッセージ送受信、電話の発着信
・my 楽天モバイルのご利用

■プライベートリレーの設定方法
iOS 15のリリース以降に、本ページにてご案内いたします。

※1 Apple社が iCloud+サブスクリプションの一部として提供している、新しいインターネットプライバシーサービスです。最初の設定はOFFになっております。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルではSIMのみ契約するときの注意点

楽天回線対応製品以外は動作保証外

そもそもの話ですが、楽天モバイルは、楽天モバイルが楽天回線対応製品だと認定した製品以外はすべて動作保証対象外としています。

ドコモで購入してきたスマホなんて完全に動作保証対象外なので、使えなかったとしても全く文句は言えない状況になります。自己責任です。

楽天回線対応製品のページに無いスマホはすべて動作保証対象外です。

iPhone 6s以降/iOS 14.4以降のiPhoneは楽天回線対応製品になりました。楽天モバイルに正式対応しています!

2021年4月27日から、iPhone 6s以降/iOS 14.4以降のiPhoneが楽天回線対応製品になっています。楽天モバイルのeSIMやSIMカードが利用できます。

もう自己責任で利用しなくていいんです!楽天モバイルで提供されている全ての機能が利用できます!完璧な動作を保証しています!

ドコモから販売されているiPhoneは、iPhone 6s以降のすべてのiPhoneが利用できます。

iPhoneを使うなら最新バージョンへのアップデートを

楽天モバイルでiPhoneを使うなら、楽天モバイルを契約する前にiOS 14.4以降の最新バージョンへアップデートしておきましょう。

また、キャリア設定アップデートも行いましょう。

eSIMとSIMカードが利用できるiPhone

iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR, iPhone 11, iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max, iPhone SE(第2世代), iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max

SIMカードのみ利用できるiPhone

iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE(第1世代), iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルに乗り換えるメリット

  • 毎月使ったデータ分だけ支払う最適なワンプラン
  • 楽天回線エリアならデータ使い放題
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話がかけ放題に
  • 各種手数料が0円
  • eSIMが使える

毎月使ったデータ分だけ支払う最適なワンプラン。最安0円で維持可能!

データ利用量1回線目2~5回線目
0GB~1GB0円1078円
1GB超過後~3GB1078円1078円
3GB超過後~20GB2178円2178円
20GB超過後~無制限
楽天回線エリア外は最大
1Mbpsで使い放題
3278円3278円

楽天モバイルは、毎月使ったデータ分だけ支払う最適なワンプランになっています。

あまり使わない人も、たくさん使う人も、月によって変わる人もお得に利用できます。

楽天回線エリアならデータ使い放題

楽天モバイルは、楽天が自社で基地局を整備している「楽天回線エリア」と、auから回線を借りてサービスを提供している「パートナー回線エリア」がありますが、楽天回線エリアだと高速でデータ無制限で通信できます。(ただし1日あたり10GB制限あり)

病院のある場所が楽天回線エリアになっていて、病院に入院しているときに固定回線代わりに使えて助かった、という人もいます。

Rakuten Linkアプリ利用で国内通話がかけ放題に

楽天モバイルは、Rakuten Linkを利用した通話やSMSが0円になります。

普通の純正電話アプリを使って電話したり、SMSアプリを使ってSMSを送ると0円にならないので注意してください。Rakuten Linkを意識して利用するようにしましょう。

Rakuten Link同士の場合

  • 国内/海外通話:無料
  • 国内/海外SMS:無料

※国内通話無料はRakuten Linkアプリ利用時。一部対象外番号あり。

相手がRakuten Link以外の場合

Rakuten Link以外との通話の詳細を見る

Rakuten Link以外とのSMSの詳細を見る

各種手数料が0円

楽天モバイルは、申込時の契約事務手数料0円、縛りなしで契約解除料0円、MNP転出手数料0円になっています。

SIMカード再発行手数料、eSIM再設定手数料、SIM交換手数料が0円なので、何回でもeSIMを再発行してもいいですし、SIMサイズの変更してもいいです。やり放題ですね。

eSIMが使える

楽天モバイルではeSIMを提供しています。

eSIMとは

eSIMは、通信サービスの利用に必要な加入者識別情報(プロファイル)を、スマホなどに遠隔で書き込むことができる、スマホ本体組み込み式のSIMです。

ユーザーはeSIMに対応したスマホとプロファイルをダウンロードするだけで、手軽に通信サービスを利用できます。

eSIMを選ぶメリット

  • 店舗に出向き順番を待つ、SIMカードの到着を待つといった時間的成約の軽減
  • SIMカードの差し替え、SIMカードの種別変更といった物理的な手間の軽減
  • 物理SIMカードとeSIMでデュアルSIM環境の構築ができる
  • SIMカードの紛失や破損の心配がない

eSIMの一番のメリットは待ち時間の短縮です。

ワイモバイルの物理SIMカードは申し込んでから手元に届いて開通させるまでに数日間かかりますが、eSIMだと最短1時間ほどで開通します。

eSIMを選ぶデメリット

  • eSIMに対応しているスマホを用意する必要がある
  • SIMカードを差し替えて利用するのが難しい
  • eSIMから物理SIMカードに交換するとき、郵送などで手元に届くまでに時間がかかる

eSIMのデメリットを挙げるとすれば、SIMカードを差し替えて利用するのが難しい点です。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えの注意点やデメリット

楽天モバイルに乗り換えるためにドコモでやったらダメなこと

ドコモの契約は楽天モバイル開通後に自動で解約されます。開通するまではドコモが使えます。

「ネットでMNPで手続きすると使えなくなる期間がある」などという古い情報をいつまでたっても掲載しているサイトがありますが、今は使えなくなる期間はありません。

  • ドコモショップに行ってドコモを解約する
  • ドコモを解約してから楽天モバイルを申し込む
  • ドコモでMNP予約番号を発行した後に楽天モバイルを申し込む

といた行為は絶対にしないでください。

ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、ドコモで提供されているキャリアメールアドレスが利用できなくなります。

楽天モバイルのメールアドレスサービスは2021年夏頃開始予定です。

LINEのID検索や年齢認証ができなくなる

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、LINEのID検索や年齢認証ができなくなります。

ドコモから楽天モバイルにSIMのみ乗り換えるときは、ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneでLINEの年齢認証をしておけば、楽天モバイルに乗り換えた後もLINEでID検索ができるようになります。

LINEの年齢認証はスマホ単位なので、SIMだけ乗り換えるときは影響ありません。

楽天モバイルでスマホを契約するときは、残念ながらLINEのID検索や年齢認証はできません。

回線セット割や家族割などが利用できなくなる

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、ドコモ光とのセット割引や各種家族割引サービスが利用できなくなります。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるときに発生する費用

  • 【ドコモで発生】MNP転出手数料 : 2021年4月1日からは0円
  • 【ドコモで発生】解約金/契約解除料
  • 【ドコモで発生】端末代金の支払いの残り
  • 【ドコモで発生】解約月の月額料金
  • 楽天モバイルは各種手数料無料

【ドコモで発生】MNP転出手数料 : 2021年4月1日からは0円

従来ではドコモでMNP転出手数料3300円が発生していましたが、2021年4月1日からはMNP転出手数料が0円になりました。

【ドコモで発生】解約金/契約解除料

ドコモから楽天モバイルに乗り換えた月が3ヶ月間設けられている「更新期間」以外の場合、解約金が発生します。

2019年10月以前に契約した場合は、契約解除料は1万450円かかります。2019年10月以降に契約した人、2019年10月以降に提供開始したプランを契約している人は契約解除料は1100円になります。

【ドコモで発生】端末代金の支払いの残り

ドコモから楽天モバイルに乗り換えても、端末代金の支払いの残りの支払いは必要です。

たとえばドコモでiPhoneを24回払いで購入して、20回目の支払いでドコモから楽天モバイルに乗り換えたときは、残り4回の支払いが必要です。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えたからといって、端末代金の支払いがチャラになることは絶対にありません。

引き続き分割払いで支払いを続けるか、解約とともに一括で返済するか、どちらかの方法で残金の支払いを行います。

【ドコモで発生】契約月の月額料金(日割りにならないもの多数)

ドコモから楽天モバイルに乗り換えた月のドコモの月額料金の支払いが発生します。日割りになるものとならないものがあります。

日割り計算されないのは、料金プランの月額料金、オプションサービスの月額料金、ユニバーサルサービス料、コンテンツの購入代金などです。

日割り計算されるのは、インターネット接続サービス料(spモードなど)、通話料・データ通信料です。

楽天モバイルに乗り換えたのに最後のドコモの料金がなんか高い!ってときは、だいたいこれが原因です。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えたからといって、ドコモの料金がチャラになることは絶対にありません。

楽天モバイルは各種手数料無料

楽天モバイルは、契約事務手数料は無料です。MNP転出手数料や契約解除料も無料です。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

-楽天モバイルに乗り換え