ドコモから楽天モバイルに乗り換え(MNP)手順、メリット・デメリット・注意点を徹底解説

ドコモから楽天モバイルに乗り換え(MNP)手順、メリット・デメリット・注意点、乗り換えのベストタイミングを徹底解説。

目次

ドコモから楽天モバイルに乗り換え手順を解説

【手順①】SIMを入れて使いたいスマホが「楽天回線対応製品」かどうか確認

楽天回線対応製品
  • 楽天モバイルではSIMカードのみ/eSIMのみ契約したい
  • ドコモで購入したスマホは楽天モバイルでもそのまま使いたい、もしくは乗り換えついでに自分で新しく用意したスマホを使っていきたい

というときは、自分の使いたいスマホが「楽天回線対応製品」であるか確認してください。また、対応しているSIMタイプも確認してください。

楽天回線対応製品とは、簡単に言うと楽天モバイルが動作を保証したスマホのことです。「楽天回線対応製品」であれば、楽天モバイルでも問題なく利用できます。

楽天回線対応製品ではないスマホを利用する場合は自己責任です。

iPhoneはiPhone 6s以降の機種が楽天回線対応製品になっています。SIMフリー版、SIMロックを解除してSIMフリー状態のドコモ版iPhoneであれば楽天モバイルでも絶対に利用できます。ご安心ください。

【手順②】ドコモスマホを使うなら、My docomo等でSIMロック解除手続きをする

ドコモから発売されたAndroidスマホやiPhoneは、発売時期によってSIMロックがかかっているかどうかが異なります。

詳細はSIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモをご覧ください。

2021年8月27日以降に新たにドコモから発売される機種

最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。ドコモ側でSIMロック解除手続きは不要です。

iPhoneでいうと、iPhone 13シリーズおよびiPhone SE(第3世代)以降の機種がSIMロックなしのSIMフリー状態です。

2021年8月26日までにドコモから発売された機種

購入時点でSIMロックがかかっています。楽天モバイルのSIMカードやeSIMを入れて利用する場合は、ドコモ側でSIMロック解除手続きが必要です。

SIMロック解除手続きは、My docomo、電話、ドコモショップで手続きが可能です。2023年10月1日からはすべての申込方法でSIMロック解除手数料が無料になっています。

ドコモでスマホを購入した時期や支払い方法によってはSIMロックが無い場合もありますが、ワイモバイル申し込み前に絶対に確認してください。

【手順③】MNPワンストップを利用するか、MNP予約番号を発行するか決める

楽天モバイル MNPワンストップ

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるときに、MNPワンストップを利用して申し込むか、従来通りにドコモでMNP予約番号を発行して申し込むかどうか決めてください。

MNPワンストップは、従来必要だったMNP予約番号の発行・取得手続きが不要になる制度です。面倒な手続きが不要になり、より簡単でより早く乗り換えが可能になりました。詳細は、MNP予約番号なしで乗り換えできる!MNPワンストップをご覧ください。

なお、ドコモ側での契約状況によっては、MNP予約番号の発行が必要だったり、そもそもMNPワンストップなんか使わずにMNP予約番号を発行して申し込んだほうがスムーズである可能性があります。

ドコモを1人で利用していて、ドコモ光セット割などの割引を一切利用していないなら、MNPワンストップを利用するとスムーズに乗り換えできるでしょう。

ドコモでMNP予約番号を発行する場合

ドコモでMNP予約番号を発行・取得する方法は大きく分けて、①携帯電話から151に電話、②固定電話から0120-800-000に電話、②My docomoで発行、の3つの方法があります。

申込方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話151に電話9時~21時
一般電話0120-800-000に電話9時~21時
My docomoトップ→契約内容・手続き
→ドコモオンライン手続き
24時間対応
MNP予約番号について
  • MNP予約番号の有効期限は発行日を含めて15日間
  • 楽天モバイルは有効期限が7日以上残っている状態で申し込みが必要
  • 「MNP予約番号の発行」=ドコモの解約ではない
  • MNP予約番号の有効期限が切れてもドコモとの契約は継続

【手順④】契約に必要なものを用意する

楽天モバイル 契約に必要なもの

などの契約に必要なものを事前に用意して下さい。

本人確認書類

楽天モバイルで利用できる本人確認書類は以下の通り。運転免許証やマイナンバーカードを持っている人であれば一切問題ありません。

なお、本人確認方法によっては利用できないものがあります。たとえばAIかんたん本人確認(eKYC)で利用できるのは運転免許証またはマイナンバーカードのみです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳(補助書類必要)
  • 健康保険証(補助書類必要)
  • 日本国パスポート(補助書類必要)
  • 住民基本台帳カード(補助書類必要)

当サイト記事の楽天モバイルで使える本人確認書類・確認方法を解説もご覧ください。

楽天会員ユーザーID/パスワード

楽天モバイルを申し込む際には、本人確認書類に記載されている情報と楽天会員情報が一致している必要があります。

楽天会員ではない場合は楽天会員登録してください。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

【手順⑤】楽天モバイルを申し込む

契約に必要なものを用意して、楽天モバイル公式サイトからSIMやスマホを申し込んでください。

ドコモで購入したスマホ、自分で用意したSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを利用したい人は「SIMカードのみ」「eSIMのみ」契約してください。

楽天モバイルに乗り換えるついでに新スマホを購入したい人は製品セットを購入してください。

MNPワンストップ方式を利用して申し込む場合は、他社から電話番号そのままで乗り換え(MNP) | 他社からの乗り換え(MNP)をご覧ください。

SIMの申込手順
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスする
  • 【新規/乗り換え(MNP)お申し込み】ボタンや【お申し込み】ボタンをタップ
  • 「Rakuten最強プラン」の【プランを選択する】をタップ
  • SIMタイプは【SIMカード」または【eSIM】を選択し、【この内容で申し込む】をタップ
  • 契約者情報を確認する(住所氏名が合っているか確認)
  • 本人確認方法を選択する。【本人確認書類をアップロード】または【AIかんたん本人確認(eKYC)】を選択する
  • 「電話番号の選択」では、【他社から乗り換え(MNP)】を選択し、電話番号、MNP予約番号などを入力し、【次へ進む】をタップ
  • お届けと支払い方法を選択する
  • 申込内容を確認、重要事項説明や利用規約を確認し、楽天モバイル申し込み完了
  • 【SIMカード】本人確認審査の完了後、最短2日でお届け
  • 【eSIM】本人確認審査の完了後、eSIMの開通手続きができるようになる
SIMカードまたはeSIMを選択肢、「この内容で申し込む」を選択

楽天モバイルでSIMのみ申し込むときは、「SIMカード」または「eSIM」の選択後「この内容で申し込む」をタップしてください。

「製品選択へ進む」をタップすると、楽天モバイルで販売されているスマホの選択画面に移動していまいます。

本人確認方法について

SIMカードの本人確認方法で「本人確認書類をアップロード」を選択した場合は、提出する本人確認書類を選択し、写真をアップロードして「次へ進む」をタップしてください。

eSIMを最短3分で開通させたい人は、本人確認方法で「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択してください。

「書類の撮影」を選択し、運転免許証またはマイナンバーカードのいずれかを選択して「次へ進む」をタップして、画面の指示に従って本人確認書類の表面・厚み・裏面等を撮影、顔写真を自撮りしてください。

契約方法は「他社から乗り換え(MNP)」を選択

楽天モバイルに乗り換える場合は、「電話番号の選択」画面では【他社から乗り換え(MNP)】を選択してください。

楽天モバイルの回線切り替え、初期設定手順を解説

【手順①】他社から乗り換え時は、my楽天モバイルから「MNP開通手続き」が必要

楽天モバイルを他社から乗り換えで契約している場合は、my楽天モバイルにログインして「MNP開通手続き」(回線切り替え手続き)が必要です。(新規契約時は不要)

MNP開通手順
  • 手持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンから my 楽天モバイルにログインする
  • 該当の申込番号をタップする
  • 「転入を開始する」をタップする
  • 注意事項を確認し、「MNP転入に関する注意事項を読み理解しました」にチェックを入れ、「MNP転入を開始する」をタップする
  • 申し込み履歴画面で「開通手続き中です」と表示されていることを確認する
  • 手続きの完了を確認する

MNP開通手続きはSIMカードや楽天モバイルで購入した製品が手元にある状態で行ってください。

楽天モバイル側でMNP開通手続きが完了した時点で、今契約している携帯電話会社・格安SIMとの契約が自動解約されてSIMが無効&圏外になり、楽天モバイルのSIMが開通します。

SIMカード契約時はWEB版のmy楽天モバイルからMNP開通手続き、eSIM契約時はスマホにアプリ版my楽天モバイルをインストールし、アプリのMNP開通手続きが推奨されています。

MNP開通手続きの受付時間

受付時間MNP完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

MNP開通手続きは、手続きをした時間帯によって完了時間が異なるので注意してください。21時直前に申し込むと、当日の開通手続きに間に合わず翌日開通となる場合があります。

MNP予約番号の有効期限終了日に近くなると自動的にMNP開通作業を行います。

【手順②】スマホの初期設定やSIMの設定を行う

楽天モバイルで購入したスマートフォンの初期設定、SIMカードやeSIMの初期設定、APN設定(インターネットに接続するために必要な端末の初期設定)を行ってください。

楽天モバイル(楽天回線)の開通手順 | 初期設定も参考になります。

SIMのみ契約+手持ちのiPhoneを使う人の初期設定

SIMカード契約時は、WEB版my楽天モバイルからMNP開通手続きを実施し、その後iPhoneに楽天モバイルのSIMカードを入れてください。

eSIMのみ契約時は、iPhoneにmy楽天モバイルアプリをインストールし、同アプリからMNP開通手続き、eSIM開通手続きを実施し、iPhoneにモバイル通信プランをインストールしてください。

SIMカード/eSIMともに、iPhoneが楽天モバイルのSIMを認識すると、「キャリア設定アップデート」が表示されるので必ず「アップデート」をタップしてください。

iPhoneは楽天回線対応製品のため、APN設定は不要です。Wi-Fiをオフにして画面上部のアンテナマークの隣に「4G」または「5G」と表示されているか確認してください。また、SafariやGoogle ChromeなどのWebブラウザアプリが利用できるかをご確認ください。

楽天モバイルの前にUQモバイルやワイモバイルなどの格安SIM他社を利用していて、iPhone内に他社APN構成プロファイルが存在する場合は削除してください。

APN構成プロファイル削除方法
  • 「設定」→「一般」をタップする
  • 「プロファイル」または「VPNとデバイス管理」をタップする
  • 削除する「構成プロファイル」をタップする
  • 「プロファイルを削除」をタップする
  • パスコードを入力して「削除」をタップする
  • 他社APN構成プロファイルが削除されてことを確認する

【手順③】必要に応じて新スマホへのデータ移行を行う

楽天モバイルの契約と同時にAndroidスマホやiPhoneを購入(機種変更)した場合、必要に応じて旧スマホでデータのバックアップ、旧スマホから新スマホに写真・動画・アプリ・電話帳などのデータ移行も実施してください。

新スマホの初期設定時にもデータ移行は可能です。

SIMのみ契約時

SIMカードのみ/eSIMのみ契約して手持ちのスマホを利用する場合はデータ移行不要です。

SIMの入れ替えでスマホ内のデータは絶対に消えることはありません。そのままです。LINEアカウントの引き継ぎ作業も不要です。

AndroidスマホからAndroidスマホへのデータ移行

スマホメーカーが提供しているデータ移行アプリを利用する方法や、スマホ同士をUSB type-Cケーブルで接続して有線でデータ移行する方法があります。

たとえばSamsungだと「Smart switch」というアプリがあり、連絡先・アプリ・画像・動画・音楽などをデータ移行できます。

また、Googleドライブを利用して電話帳・写真・動画・アプリなどのデータを移行できます。

詳細はデータ移行・バックアップ | Android製品の設定手順 | お客様サポート | 楽天モバイルをご覧ください。

AndroidスマホからiPhoneにデータ移行

「iOSに移行」アプリを利用してください。詳細はAndroid から iPhone、iPad、iPod touch に移行する - Apple サポート (日本)をご覧ください。

iPhoneからiPhoneにデータ移行

iOSの「クイックスタート機能」を利用すると簡単に新しいiPhoneにデータ移行できます。

iTunesで事前にバックアップされたデータを復元し、アクティベーション(初期起動)をする方法もありますが、たいていの人はクイックスタート機能でいいでしょう。

【手順④】Rakuten Linkで10秒以上の通話を忘れずに

楽天モバイルで実施されているポイントが貰える系キャンペーンは、キャンペーン適用条件として、楽天モバイルの専用アプリ「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話をする必要があります。

楽天モバイルが無事に開通したら、

  • Rakuten Linkをスマホにダウンロード・インストールする
  • Rakuten Linkの初期設定を完了させて、Rakuten Linkが使えるようにする
  • Rakuten Linkで1回10秒以上の通話

を忘れずに実施してください。

楽天モバイルを申し込んだだけではキャンペーンは適用されません。見落とされがちなポイントですが、楽天モバイルはしっかりキャンペーン適用条件に記載しています。

キャンペーンによってポイント進呈の条件に、「Rakuten Linkによる10秒以上の通話」を条件としているものがございます。該当のキャンペーンにつきましては、「Rakuten Link」を用いた発信での通話が確認できた時点から起算して、翌々月にポイントを進呈させていただきます。

達成状況の確認方法は「キャンペーンの条件やポイント付与時期に関するご質問」をご確認ください。

キャンペーンにおけるRakuten Linkの利用について | お客様サポート | 楽天モバイル

ドコモと楽天モバイルの料金プラン比較

ドコモで5Gギガホプレミアや5Gギガライトを契約している人が楽天モバイルに乗り換えると、毎月の通信費が3000円~4000円近く安くなります。

キャリア料金プラン名料金
ドコモeximo【1GBまで】月額4,565円
【1~3GB】月額5,665円
【3GB~無制限】月額7,315円
ドコモirumo【0.5GB】月額550円
【3GB】月額2,167円
【6GB】月額2,827円
【9GB】月額3,377円
ドコモ5Gギガホプレミア【3GBまで】月額5,665円
【3GB~無制限】月額7,315円
ドコモ5Gギガライト【1GBまで】月額3,465円
【3GBまで】月額4,565円
【5GBまで】月額5,665円
【7GBまで】月額6,765円
楽天モバイルRakuten最強プラン【3GBまで】月額1,078円
【20GBまで】月額2,178円
【20GB超過後】月額3,278円

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイル Rakuten最強プランのメリット・特徴まとめ

  • 日本全国の通信エリアで、データ高速無制限で利用可能
  • 楽天モバイルの料金プランは1プラン。利用するデータ量によって料金が決まる
  • Rakuten Linkアプリを使って通話すれば国内通話無料に
  • 違約金(契約解除料)無料、MNP転出手数料無料、eSIMの再発行手数料無料
  • 新型iPhoneをキャリア最安値・楽天ポイント還元で安く契約できる
  • 楽天ポイントが貯まる・使える。料金支払いにも利用可能
  • 支払い方法が豊富
  • 実店舗があるため、店舗でのサポートを受けられる
  • 15分(標準)通話かけ放題、楽メールなどのオプションサービスあり

データ高速無制限で利用可能

データ通信が最強 日本全国の通信エリアどこでもデータ高速無制限

Rakuten最強プランは、業界最高水準人口カバー率99.9%で、楽天回線エリア・パートナー回線エリアどこでも高速データ通信が使い放題です。

従来のプランでは楽天回線エリアは使い放題、パートナー回線エリアは月5GBまででしたが、Rakuten最強プランではその制限が撤廃され、パートナー回線でもデータ無制限で使い放題になっています。「1日10GB以上データ通信すると最大3Mbpsに速度制限」も2022年10月に撤廃されたようで、真のデータ使い放題になっています。

WiMAXサービスやポケットWi-Fiを解約して楽天モバイル1本にまとて節約できている人もいます。

パートナー回線エリアはau回線を使用してサービスを提供しているため、うまくいけばau回線でデータ使い放題だということに注目して楽天モバイルを契約する人もいます。

※1 2023年6月時点。人口カバー率は、国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出
※2 公平なサービス提供のため、速度制限の場合あり。環境により速度低下する場合あり

毎月エリアが拡大中

楽天モバイルは快適な通信環境を提供するために毎月新たな楽天モバイル基地局を設置しています。楽天モバイルの5Gエリアも順次拡大しています。

2024年5月頃からプラチナバンド(700MHz帯)も開始予定です。電波状況がよりよくなることが期待できます。

【参考】楽天モバイルの通信速度

携帯回線 楽天モバイル(キャリア)の速度測定結果(実測値) より

時間帯Ping下り上り
49.76ms97.71Mbps31.56Mbps
52.59ms68.77Mbps25.77Mbps
夕方51.72ms71.16Mbps27.73Mbps
53.79ms79.81Mbps30.19Mbps
深夜53.05ms107.85Mbps30.34Mbps
2023年11月29日時点の速度

海外でも対象の国と地域で高速データ通信が毎月2GB利用できる

楽天モバイルの国際サービス (データ通信、国際通話、国際SMS)は料金プランに含まれているので、 追加申し込みは不要です。

楽天モバイルは海外指定70の国と地域でデータ通信が毎月2GBまで無料で利用できます。2GB超過後は最大128kbpsで使い放題になります。

高速データ容量20GB超過後は、高速データ容量を1GBあたり500円でチャージできます。

楽天モバイルの料金プランは1プラン。利用するデータ量によって料金が決まる

価格が最強 圧倒的な低価格

楽天モバイルの料金プランはすべての人に最適なワンプランです。楽天モバイルの月額料金は、毎月のデータ利用量で支払金額が決まります。

月のデータ利用量が3GBまでは月額1,078円、3GB超過後~20GBまでは月額2,178円、20GB超過後はどれだけ使っても月額3278円です。100GB使っても200GB使っても、300GB使っても月額3,278円で無制限に利用できます。

楽天モバイルのテザリングは、「1ヶ月で○GB以内しかテザリングできない」みたいな制約はなく、無制限で利用できます。(1日10GB以上通信した場合は速度制限される可能性あり)

Twitterなどを見ていると、入院しているときに楽天モバイルのSIMを入れたスマホをテザリングして、固定回線代わりに使っている人も多かったです。

2月はほとんどデータ通信しなかったけど、3月は旅行に行って20GB近くデータ通信するなど、毎月のデータ利用量に波がある人も安心ですね。

Rakuten Linkアプリを使って通話すれば通話料無料に

通話が最強 アプリ利用で国内通話無料

楽天モバイルで提供されている専用アプリ「Rakuten Link」アプリを使って電話をかけると、今お使いの電話番号そのままで、他の携帯電話会社のケータイ、固定電話を含む国内通話が無料でかけられます。Rakuten Linkを使用しない場合の通話料は30秒ごとに22円かかります。

Rakuten Linkアプリを使っていない人に電話をかけても、無料で国内通話がかけ放題になります。また、海外の対象国と地域からであれば、日本国内へは無料で電話がかけられます。

Rakuten Link同士ならメッセージの送受信無料、楽天モバイルのドメイン(@rakuten.ne.jp)でメールサービスが無料で利用可能などのメリットもあります。

Rakuten Linkは、AndroidならAndroid 9以降を搭載した楽天モバイル対応製品、iPhoneはiOS 14.4以降を搭載した以下の機種で利用できます。

詳細はRakuten Link | オプションサービス | 楽天モバイルをご覧ください。

新型iPhoneをキャリア最安値・楽天ポイント還元で安く契約できる

楽天モバイルでは、「iPhone 15 Pro Max」「iPhone 15 Pro」「iPhone 15 Plus」「iPhone 15」を含む、最も進化した最新の「iPhone 15」ラインアップや、「iPhone SE(第3世代)」などを国内の携帯キャリアにおいて最安値※の本体価格で販売しています。

楽天モバイルでは、「iPhone 15 Pro Max」「iPhone 15 Pro」「iPhone 15 Plus」「iPhone 15」を含む、最も進化した最新の「iPhone 15」ラインアップや、「iPhone SE(第3世代)」などを国内の携帯キャリアにおいて最安値本体価格で販売しています。

最新のiPhoneを購入するなら楽天モバイルが一番お得です。また、iPhoneとSIMをセットで契約すると楽天ポイントが貰えるキャンペーンも常時実施されています。

Androidスマホも機種代金割引や楽天ポイント還元されるキャンペーンが実施されていますよ。

販売中iPhone販売中Android
iPhone 15
iPhone 15 Plus
iPhone 15 Pro
iPhone 15 Pro Max
AQUOS sense8
Xperia 5 V
AQUOS wish3
Xperia 10 V
OPPO Reno9 A
Galaxy S23
Galaxy A23 5G
AQUOS sense7
Galaxy Z Flip4
AQUOS sense 6s
OPPO Reno7 A
Redmi Note 11 Pro 5G
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
iPhone 13
iPhone SE(第3世代)
2023年11月29日時点

スマホをお得に購入できる「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」あり

楽天モバイル買い替え超トクプログラム(iPhone・Android)

楽天モバイルでは「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」が提供されています。(残価設定型)

  • 対象のAndroidスマホまたはiPhoneを楽天モバイル買い替え超トクプログラム(48回払い)で購入する
  • 25ヶ月目以降に楽天モバイルが回収すると残りの支払いが不要になる
  • お得に最新の製品に乗り換えできるサービス

48回払いになると毎月の負担を軽減できます。24回の支払い完了以降に楽天モバイルが製品を回収すると最大半額分の支払いが不要になります。

楽天ポイントがたまる・使える(楽天モバイルの支払い充当OK)

Rakuten最強プランの契約者は2023年12月1日からポイントが毎日全員5倍になります。

さらに、その他グループサービスを利用すると、楽天ポイントが最大16.5倍になります。(SPU全達成の場合。獲得ポイント上限あり)

楽天モバイルの支払い方法に楽天カードを設定しておけば、楽天モバイルの支払額100円につき1円相当の楽天ポイントがたまります。

たまった楽天ポイント、楽天モバイルのキャンペーンで貰ったポイントは楽天市場での買い物に使うのもいいですし、楽天モバイルの支払料金に充当も可能ですよ。

楽天モバイルは、楽天ポイントで月額料金・各種手数料と製品代金の一括払いができます。楽天モバイルでiPhoneを一括払いで購入するときに楽天ポイントを使って安くする、みたいなこともできますよ。

支払い方法が豊富

楽天モバイルでは、クレジットカード・デビットカード、口座振替、代金引換、楽天ポイント利用などの支払い方法が用意されています。

詳細は、楽天モバイルでのお支払い方法 | 支払い方法の確認・変更 | お客様サポート | 楽天モバイルをご覧ください。

月額利用料製品代金
クレジットカード
楽天銀行デビットカード
他社発行のデビットカード
口座振替×
代金引換×
楽天ポイント利用

楽天モバイル実店舗が近くにあれば、各種手続きが対面で可能

もしも現在住んでいる地域に楽天モバイルの実店舗があれば、楽天モバイルの各種手続きが対面でできます。

2022年3月8日時点で、全都道府県に出店している楽天モバイルショップの店舗数が合計1000店舗を突破しています。

楽天モバイル店舗では、

  • 回線契約や名義変更などの各種手続き
  • Rakutenオリジナル製品の故障受付
  • あんしん操作サポート
  • データ移行サポート

などを受けられます。検索してもどうしても解決できないときは、楽天モバイルショップに行くといいでしょう。

15分(標準)通話かけ放題、楽メールなどのオプションサービスあり

15分(標準)通話かけ放題は、OS標準アプリでの1回15分以内の国内通話がかけ放題、国内SMSの送受信が使い放題になるオプションサービスです。Rakuten Linkアプリによるネット回線での無料通話だけでなく、電話回線での通話もおトクに使いたい方におすすめです。15分以内なら何回かけても定額でかけ放題です。

楽メールは楽天モバイル公式メールサービスで、楽天モバイルのドメイン(@rakumail.jp)でメールアドレスを設定することで、メールサービスが利用できます。

NTTドコモ、au、SoftBankの携帯メールアドレスはもちろん、GmailやYahoo!メールなどのメールアドレスともメールの送受信が可能です。

設定する楽メールアドレス(●●●@rakumail.jp)を、ネットショッピングの会員登録時などの、各種メールアドレス設定に利用できます。

楽天モバイルのキャンペーンまとめ

新規契約で2000ポイントプレゼント

【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】新規ご契約・プラン変更(移行)で2,000ポイントプレゼントキャンペーン

楽天モバイルを新規契約・ドコモ回線au回線の料金プランからプラン変更(移行)手続きすると、楽天ポイントが2000ポイントもらえます。

SIMのみを新規契約するなら楽天ポイント2000ポイント貰えます。

  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】新規ご契約・プラン変更(移行)で2,000ポイントプレゼントキャンペーン

他社から乗り換えで1万3000ポイントプレゼント

電話番号もそのまま他社から乗り換え&初めてお申し込みでポイントプレゼント!

楽天モバイルに初めて申し込み+他社から乗り換えで契約すると、楽天ポイント13,000ポイント還元される「他社から乗り換えでポイントプレゼントキャンペーン」が実施されています。

SIMのみを他社から乗り換えで契約するなら楽天ポイント13,000ポイント貰えます。

データ3GB(月額1,078円)×12ヶ月分がポイント還元で実質1年無料で利用できます。

  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】他社から乗り換えでポイントプレゼント

対象Androidスマホ契約で楽天ポイント最大1万3000ポイント還元

 スマホトク得乗り換え!Android製品が最大13,000ポイント還元

楽天モバイルに初めて申し込み+対象Androidスマホをセットで契約すると、楽天ポイントが最大1万3000ポイント還元されれるスマホトク得乗り換え!Android製品が最大13,000ポイント還元が実施されています。

新規契約時は合計最大8,000ポイント、他社から乗り換え時は合計最大13,000ポイントもらえます。

以下のキャンペーンを併用すると「最大1万3000ポイント還元」になります。キャンペーンへのエントリーは不要で、適用条件を満たしていれば自動適用されます。

  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】新規ご契約・プラン変更(移行)で2,000ポイントプレゼントキャンペーン(2000ポイント)
  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】他社から乗り換えでポイントプレゼント(13,000ポイント)
  • 「Rakuten最強プラン」+対象のAndroid製品ご購入でポイント還元キャンペーン(6,000ポイント)

iPhone契約で楽天ポイント最大3万3000ポイント還元

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

楽天モバイルに初めて申し込みと同時にiPhoneを購入すると、楽天ポイントが最大3万3000ポイント還元されるiPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大33,000ポイント還元!が実施されています。

支払い方法によってお得になる金額が変わります。

 iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大33,000円相当おトク!

iPhoneの機種代金を一括払いまたは24回払いで購入&楽天モバイルを申し込むと20,000円値引き、他社から乗り換えで契約すると13,000ポイント貰えます。新規契約時は8,000ポイント貰えます。

iPhoneの機種代金を48回払い(買い替え超得プログラム)で購入&楽天モバイルを申し込むと20,000ポイント貰えて、他社から乗り換えで契約すると13,000ポイント貰えます。新規契約時は8,000ポイント貰えます。

  • Rakuten最強プランご契約とiPhone対象製品を一括払いもしくは24回払いのご購入で20,000円割引キャンペーン
  • Rakuten最強プランご契約とiPhone対象製品を買い替え超トクプログラム利用のご購入でポイントバックキャンペーン
  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】他社から乗り換えでポイントプレゼント
  • 【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】新規ご契約・プラン変更(移行)で2,000ポイントプレゼントキャンペーン
  • iPhone 対象端末ポイントバックキャンペーン

Rakutenオリジナル製品 1円キャンペーン

Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン

楽天モバイルを初めて申し込みと同時に、楽天モバイルオリジナルのモバイルWi-Fiルーター「Rakuten WiFi Pocket 2C」を契約すると、プランセット値引き適用で一括1円になる、Rakutenオリジナル製品 1円キャンペーンが実施されています。

Rakuten WiFi Pocket 2Cは本体価格から7,979円割引されて一括1円になります。

キャンペーンへのエントリーは不要で、適用条件を満たしていれば自動適用されます。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるデメリットや注意点

  • パートナー回線でも使い放題になったので、「月5GB制限」は無い
  • ドコモよりも通信可能エリアは狭くなる
  • Rakuten Linkを使わずに通話した場合、30秒ごとに22円かかる&通話無料対象外の通話あり
  • ドコモのキャリアメールアドレスが無料で使えなくなる
  • AppleCare+ for iPhoneが自動解約になる
  • ドコモのファミリー割引やドコモ光セット割が利用できなくなる

パートナー回線でも使い放題になったので、「月5GB制限」は無い

2023年6月1日より提供開始されている「Rakuten最強プラン」は、パートナー回線でも日本全国の通信エリア内で、データ無制限で利用できるようになっています。

新プラン開始に伴い、パートナー回線(国内)のデータチャージやデータ残容量通知、データ高速モードの提供は終了しています。

Rakuten UN-LIMIT VIIRakuten最強プラン
データ容量楽天回線:制限なし
パートナー回線(国内):5GB/月
※容量超過後は最大1Mbps
パートナー回線(海外):2GB/月
※容量超過後は最大128kbps
楽天回線:制限なし
パートナー回線(国内):制限撤廃

 パートナー回線(海外):2GB/月
※容量超過後は最大128kbps

楽天モバイルのエリアはまだまだ整備中

楽天モバイルが自社で基地局を整備している「楽天回線エリア」はまだまだ整備中で、地下やビルの奥まった場所だと圏外になる可能性があります。その対策としてパートナー回線エリアがありますが、パートナー回線エリアも万能ではありません。

場所によってはドコモ本家よりも通信速度が遅い、通信が不安定になる、繋がりにくい・圏外になる可能性もあります。自分の活動エリアが楽天モバイルのサービスエリア内か、楽天回線エリアか、パートナー回線エリアかどうか確認しておきましょう。

なお、楽天モバイルは広いエリアカバーが可能な「プラチナバンド(700MHz帯)」が割当されましたが、プラチナバンドサービス開始日は2026年3月頃を予定しています。準備が整ったら前倒しでサービスを開始するようです。

Rakuten Linkを使わずに通話すると通話料発生&無料対象外の通話あり

Rakuten Linkアプリを使った通話は無料になりますが、うっかりRakuten Linkアプリを使わずに電話を発信した場合、通話料が30秒ごとに22円かかります。

また、Rakuten Linkアプリを使って電話を発信しても(0180)(0570)などから始まる他社接続サービス、一部特番(188)への通話については、無料通話の対象外となります。詳細は対象外番号一覧をご確認ください。

OS標準アプリで、1回15分以内の国内通話がかけ放題になる「15分(標準)通話かけ放題」オプションがありますが、こちらもRakuten Linkアプリ同様、対象外番号があります。

ドコモのキャリアメールアドレスが無料で使えなくなる(継続するなら有料)

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、ドコモのキャリアメールアドレス(@docomo.ne.jp)が使えなくなります。

キャリアメールアドレスを使ってWebサービスを登録している人は、楽天モバイルに乗り換える前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスに全部変えるようにしましょう。

Apple IDにドコモのキャリアメールアドレスを使っている場合も変更しておきましょう。

ドコモのファミリー割引やドコモ光セット割が利用できなくなる

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、ドコモ光などの光回線とのセット割引、各種家族割引サービスが利用できなくなることがあります。

ドコモを家族で複数回線契約していると毎月◯円割引される系の割引は、ドコモ契約回線数が減少すると割引額が減額されたり、契約回線数が減少することで割引の条件を満たさなくなる可能性もあります。

ドコモを1人で使っている人が楽天モバイルに乗り換えるなら何も問題ないです。

ドコモの月々サポートは「home5G」のみが適用対象で、home5GをMNP転出なんてできないので気にしなくていいです。

なお、楽天モバイルには固定回線とのセット割引、家族割引サービスは提供されていません。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるベストタイミングはいつ?

月末日までに乗り換えが完了するように、楽天モバイルを他社から乗り換えで申し込むことをオススメします。

ドコモを解約する月・ドコモから他社へ乗り換える月のドコモ利用料金は、日割り計算されず1月分満額で請求されます。

楽天モバイルの利用料金は、利用したデータ量によって決まります。月3GB以下なら月1078円です(通話料等別)

楽天モバイル側で行う「MNP開通手続き」が翌月になってしまうと、翌月分のドコモの利用料金の支払いが必要になるので注意してください。

たとえば、

  • ドコモから楽天モバイルに乗り換える
  • 1月29日に楽天モバイルのSIMカードを「他社から乗り換え」で申し込んだ
  • 2月1日にSIMカードが届いた
  • 2月1日に楽天モバイルでMNP開通手続きをした

場合は、2月1日付けでドコモが自動解約されて楽天モバイルが開通します。1月分だけでなく、2月分のドコモの月額料金の支払いが必要です。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えで発生する費用・手数料

ドコモ側で発生する費用・手数料

ドコモは契約解除料やMNP転出手数料が撤廃されているため、最も安く済む人はドコモの利用料金の支払いくらいです。

ドコモの契約解除料(違約金・解約金)は2021年10月1日で廃止されました。「更新月」という考えはもうありません。いつ乗り換えても契約解除料は発生しません。

ドコモのMNP転出手数料は2021年4月1日で廃止されました。いつ乗り換えてもMNP転出手数料は発生しません。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるときに、ドコモ側で契約解除料とMNP転出手数料が発生することはありません。

ドコモ基本使用料、データ定額サービスの定額料、オプション料は、日割り計算されずに1ヶ月分の料金が満額請求されます。

楽天モバイル側で発生する費用・手数料

  • 【楽天モバイル】契約事務手数料無料
  • 【楽天モバイル】利用料金は日割り計算なし、利用したデータ量分請求

楽天モバイルは契約事務手数料無料です。

楽天モバイルには「契約した月の利用料金は日割り計算」されることは絶対にありません。

利用したデータ量分しっかり請求されます。契約した月に2GB使った場合は1078円請求されます。100GB使った場合は3278円請求されます。

ドコモで分割払いで購入したスマホの支払いが終わっていない場合支払いは継続

  • ドコモで分割払いでスマホを購入している
  • 分割払いの支払いが完了していない(機種代金が残っている)

場合でも、ドコモから楽天モバイルに乗り換えできますが、割支払金残額/分割払金残額がある場合は引き続き支払いが必要です。

なお、分割支払金残額/分割払金残額の全額を一括で支払い、ドコモの分割払い契約(個別信用購入あっせん契約/割賦販売契約)を終了させることも可能です。月々サポートはもう存在しません。

ドコモから楽天モバイルに乗り換え時によくある質問

楽天モバイルは最短何日で開通する?

SIMカード/スマホセットを契約

SIMカードやスマホセットを契約する場合は毎月25日くらいまでに申し込むといいでしょう。

どうせドコモの利用料金は日割り計算されないので、早ければ早いほど良いです。20日前後でもいいくらいです。

SIMカードは最短2日で届きますが、本人確認書類の提出時にミスがあると審査が止まってしまい、SIMカードやスマホセットが発送されるまで時間が余計にかかってしまいます。

eSIMを契約

eSIMを申し込む場合は月末日の3日前~5日前くらいまでに申し込むといいでしょう。

eSIMは最短5分で開通しますが、書類に不備や問題があると手続きがストップします。

俺は僕は私は、絶対にミスせずに月末ギリギリに楽天モバイルに乗り換え+eSIMを契約する自信があるぞという人は、月末ギリギリを狙ってみましょう。

ドコモで購入したスマホは楽天モバイルでも使える?

ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneは、「楽天回線対応製品」であれば楽天モバイルでも問題なく使えます。

なお、ドコモのAndroidスマホで「楽天回線対応製品」に認定されている製品はほぼありません。

iPhoneであれば、iPhone 6s以降の機種が全て「楽天回線対応製品」になります。

ドコモで購入したiPhone 12シリーズまで/iPhone SE(第2世代)までの機種はSIMロック解除手続きを実施してSIMフリー状態にしてください。

ドコモから販売されているiPhone 13シリーズ以降/iPhone SE(第3世代)以降の機種は、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売されているため、SIMロック解除手続き不要・何もしなくても楽天モバイル回線が利用できます。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるとdポイントはどうなる?

ドコモから楽天モバイルに乗り換える場合、ドコモ回線解約前にその回線に対するdアカウントを発行していれば、引き続き利用できます。

楽天モバイルに乗り換え後もドコモのキャリアメールアドレスを使い続けたいんだけど?

どうしてもドコモのキャリアメールアドレスから変更したくない人は、ドコモから楽天モバイルに乗り換えてから31日以内に、ドコモメール持ち運び | サービス・機能 | NTTドコモを申し込んでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次