楽天モバイルでiPhoneを使う

楽天モバイルでiPhone SE(第1世代)を使う方法や乗り換え手順を解説

楽天モバイルでiPhone SE(第1世代)を使う方法や乗り換え手順を解説。

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズが9月17日21時から予約受付開始!SIMフリー版と同じ価格で上乗せ無し!

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズを販売します!9月17日21時から予約受付を開始し、2021年9月24日午前8時より発売します。

楽天モバイルのiPhoneの販売価格はSIMフリー版と同じです。他社では数千円から数万円程度上乗せしていますが、楽天モバイルは上乗せしていません。また、楽天モバイルで販売しているiPhoneは全てSIMフリーです。

iPhone 13 mini 128GBモデルは、Apple StoreでSIMフリー版を買うよりも20円安く購入できます。

楽天モバイルのiPhone 13シリーズの販売価格の詳細や予約購入はこちらから。

iPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズが値下げ!

楽天モバイルでは2021年9月16日にiPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズの販売価格が値下げされました。

たとえば、iPhone SE(第2世代) 64GBモデルは1万370円、iPhone 12 64GBモデルは2万1376円値下げされています。

他社から乗り換え時は2万2000円割引が適用されプラン料金3ヶ月無料、楽天ポイント5000ポイント還元も適用されます。他社から乗り換えだと自分でSIMフリー版を買ってくるよりも楽天モバイルで買ったほうが安い、かなりお得な状態になっています。

楽天モバイルで販売されているiPhoneはSIMフリーですし、購入時であれば故障紛失保証 with AppleCare Services に加入できます。

参考までに容量が一番低いモデルの販売価格をまとめました。

モデル旧価格新価格2万2000円割引
適用時
iPhone SE
64GB
55,170円44,800円 22,800円
iPhone 12 mini
64GB
87,712円69,800円 47,800円
iPhone 12
64GB
101,176円79,800円 57,800円
iPhone 12 Pro
128GB
127,395円112,800円 90,800円
iPhone 12 Pro Max
128GB
141,700円122,800円 100,800円

楽天モバイルで販売されているiPhoneの販売価格の詳細や購入はこちらから。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します


UQモバイルでSIMのみ契約するとau PAY残高で最大1万円相当キャッシュバック!

楽天モバイルでSIMのみ契約して自分で用意したiPhone SE(第1世代)使う手順

2021年4月27日から、楽天モバイルでもiPhone SE(第1世代)が利用できるようになりました。

SIMのみ契約+iPhone SE(第1世代)を利用する際の手順(乗り換え編)

  • 今契約している携帯電話会社から楽天モバイルに乗り換える(例 : auから楽天モバイルに乗り換え)
  • SIMのみ契約する
  • SIMロックを解除したドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone SE(第1世代)を用意する
  • ドコモ版/au版/ソフトバンク版/ワイモバイル版/UQモバイル版などのiPhone SE(第1世代)は、楽天モバイル契約前にSIMロック解除必須

ときの手順は以下の通り。

iPhone SE(第1世代)を使うまでの手順

  1. SIMフリー版またはSIMロック解除済みのiPhone SE(第1世代)を用意する
  2. クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  3. MNP予約番号を取得する
  4. 楽天モバイルのSIMを申し込む
  5. 数日で手元に楽天モバイルのSIMが届く
  6. 今のスマホに刺さっている他社のSIMカードを抜く
  7. 楽天モバイルのSIMカードを入れる
  8. iPhoneのアクティベーションを行う
  9. 回線切替作業を行う
  10. 楽天モバイルの利用開始

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式サイト

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

SIMのみ契約+iPhone SE(第1世代)を利用する際の手順(新規契約編)

  • 楽天モバイルのSIMを新規契約する(新しい電話番号を取得する)
  • SIMのみ契約する
  • ドコモ版/au版/ソフトバンク版/SIMフリー版iPhone SE(第1世代)を自分で用意する
  • ドコモ版/au版/ソフトバンク版/ワイモバイル版/UQモバイル版などのiPhone SE(第1世代)は、楽天モバイル契約前にSIMロック解除必須

ときの手順は以下の通り。

iPhone SE(第1世代)を使うまでの手順

  1. SIMフリー版またはSIMロック解除済みのiPhone SE(第1世代)を用意する
  2. クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  3. 楽天モバイルのSIMを申し込む
  4. 数日で手元に楽天モバイルのSIMが届く
  5. 楽天モバイルのSIMカードを入れる
  6. iPhoneのアクティベーションを行う
  7. 楽天モバイルの利用開始

楽天モバイルのiPhoneをSIMカードとセットで契約する(新規/MNP編)

  • 楽天モバイルを新規契約または他社から乗り換え(MNP転入)で契約する
  • 楽天モバイルで販売されている、iPhone SE(第2世代)、iPhone 12シリーズ、iPhone 13シリーズで契約する
  • SIMカードとセットで契約する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行しておく(MNP転入時のみ)
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスして、「新規/乗り換え(MNP) お申し込み」を押す
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」の「プランを選択する」を押す
  • SIMタイプは「nanoSIM」を選択して、「製品選択へ進む」を押す
  • 「iPhone」を選択して、申し込みたいiPhoneの「製品を選ぶ」を押す
  • 本体カラーと容量、支払方法を選択して「カートに追加する」を選択する
  • 故障紛失保証 with AppleCare Servicesが選択された状態になっているので、いらない場合は「選択を解除する」を押す
  • 下の方にある「この内容で申し込む」ボタンを押す
  • 契約者情報画面になるので、ここで好きな本人確認方法を選択する
  • 「電話番号の選択」画面では、「他社から乗り換え」「選べる電話番号サービス」「新規電話番号を取得」のどれかを選択する
  • SIMタイプの確認画面では、SIMカードで申し込む場合は「選択中のSIMタイプのまま変更しない」ボタンを押す
  • あとは画面の指示に従って楽天モバイルの契約を完了させる
  • 数日で手元に楽天モバイルのiPhoneとSIMカードのセットが手元に届く
  • iPhoneにSIMカードを入れ、電源をオンにしてiPhoneの初期設定を行う
    クイックスタート機能などを利用して新iPhoneにデータを移行して、新iPhoneが使える状態にする
  • my楽天モバイルにログインして、転入開始手続きを完了させる
  • 「キャリア設定アップデート」が表示された場合は、「アップデート」をタップする(出ないときもある)
  • Wi-Fiをオフにして、画面上のアンテナマークの隣に「4G」「5G」と表示されていることを確認して、楽天モバイルの利用開始
  • iOSバージョンが最新ではない場合は、最新バージョンにアップデートする
  • Rakuten Linkの初期設定やインストールをする
  • Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイント貰える系キャンペーンはこれが必須)

本人確認方法は、①書類画像をアップロードで確認、②AIかんたん本人確認(eKYC)、③受け取り時に自宅で確認、の3つの方法がありますが、好きな方法を選んでください。

iPhoneとSIMカード/eSIMをセットで契約するときは、楽天モバイルからiPhoneが送られてこないと何もできないので、②を選んだとしても手続きがすごい早くなる、とかいうことは絶対無いです。

詳しい手順は楽天モバイルのページをご覧ください。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式サイト

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのiPhoneをeSIMとセットで契約する(新規/MNP編)

  • 楽天モバイルを新規契約または他社から乗り換え(MNP転入)で契約する
  • 楽天モバイルで販売されている、iPhone SE(第2世代)、iPhone 12シリーズ、iPhone 13シリーズで契約する
  • eSIMとセットで契約する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行しておく(MNP転入時のみ)
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスして、「新規/乗り換え(MNP) お申し込み」を押す
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」の「プランを選択する」を押す
  • SIMタイプは「eSIM」を選択して、「製品選択へ進む」を押す
  • 「iPhone」を選択して、申し込みたいiPhoneの「製品を選ぶ」を押す
  • 本体カラーと容量、支払方法を選択して「カートに追加する」を選択する
  • 故障紛失保証 with AppleCare Servicesが選択された状態になっているので、いらない場合は「選択を解除する」を押す
  • 下の方にある「この内容で申し込む」ボタンを押す
  • 契約者情報画面になるので、ここで好きな本人確認方法を選択する
  • 「電話番号の選択」画面では、「他社から乗り換え」「選べる電話番号サービス」「新規電話番号を取得」のどれかを選択する
  • あとは画面の指示に従って楽天モバイルの契約を完了させる
  • 数日で手元に楽天モバイルのiPhoneが手元に届く
  • iPhoneの電源をオンにしてiPhoneの初期設定を行う
    クイックスタート機能などを利用して新iPhoneにデータを移行して、新iPhoneが使える状態にする
  • my楽天モバイルアプリをインストールしてログインする
  • カメラを起動してスタートガイド裏面のQRコードを読み取る
  • my楽天モバイルアプリにログインして、転入開始手続きを完了させる(MNP転入時のみ)
  • my楽天モバイルアプリで開通手続きをして、モバイル通信プランを追加する(eSIMのインストール)
  • 「キャリア設定アップデート」が表示された場合は、「アップデート」をタップする(出ないときもある)
  • Wi-Fiをオフにして、画面上のアンテナマークの隣に「4G」「5G」と表示されていることを確認して、楽天モバイルの利用開始
  • iOSバージョンが最新ではない場合は、最新バージョンにアップデートする
  • Rakuten Linkの初期設定やインストールをする
  • Rakuten Linkで1回10秒以上の通話をする(楽天ポイント貰える系キャンペーンはこれが必須)

iPhoneとeSIMのセットで契約した場合は、my楽天モバイルアプリ経由での転入手続きとモバイル通信プランの追加(eSIMのインストール)が推奨されています。

楽天モバイルスタートガイドを見れば楽天モバイルで通信できるようになります。しっかり読んでください。

楽天モバイルでiPhone SE(第1世代)を使うときの基礎知識

楽天モバイルでのiPhone SE(第1世代)の動作確認状況まとめ

データ通信音声通話テザリングSMS送受信
SIMフリー版
iPhone SE(第1世代)
4Gのみ対応
5G非対応
対応対応対応
ドコモ版
iPhone SE(第1世代)
4Gのみ対応
5G非対応
対応対応対応
au版
iPhone SE(第1世代)
4Gのみ対応
5G非対応
対応対応対応
ソフトバンク版
iPhone SE(第1世代)
4Gのみ対応
5G非対応
対応対応対応

2021年4月27日時点では、SIMフリー版/ドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone SE(第1世代)で動作確認が実施されています。

iOS 14.4以降にアップデートすれば楽天モバイルに正式対応!

iPhone SE(第1世代)は、iOS14. 4以降にアップデートすれば、楽天回線に正式対応します。

楽天モバイル開始直後はiPhone SE(第1世代)は利用すらできませんでしたが、iOS 14.4以降にアップデートすれば使えるようになりますよ。

  • 4Gデータ通信
  • 音声通話
  • 楽天回線でSMS送受信
  • パートナー回線でSMS送受信
  • APN自動設定
  • ETWS
  • 110/119通話などでの高精度な位置情報測位

楽天回線とパートナー回線の自動切り替えに非対応

iPhone 12シリーズより前のiPhoneは、楽天回線とパートナー回線の自動切り替えに対応していません。

楽天回線とパートナー回線の自動切り替えに対応していない場合は、楽天回線で通信していると思ったらパートナー回線で通信していて、パートナー回線の月5GBを超過してしまう、といった事態が発生する可能性があるので注意してください。

楽天回線とパートナー回線の自動切り替えに対応していない場合は、機内モードオンオフ、本体の再起動や、楽天回線のみ繋がるエリアに移動する必要があるので、iPhone 12シリーズ以外は特に気にして使う必要があります。

iPhone SE(第1世代)は5G非対応

iPhone SE(第1世代)は5G非対応です。

料金プランやSIMカードが5Gに対応していたとしても、スマホが対応していない場合は5Gで通信することはできません。

iPhone SE(第1世代)はeSIM利用不可なので、eSIMで申し込まないでください

iPhone SE(第1世代)はeSIMに対応していないのでeSIMは利用できません。

楽天モバイルを申し込むときは、eSIMではなくSIMカードで申し込んでください。

SIMフリー版はそのまま楽天モバイルのSIMを利用できます

SIMフリー版iPhone SE(第1世代)はそのまま楽天モバイルのSIMを利用できます。SIMロックを解除する必要はありません。

キャリア版iPhone SE(第1世代)は、楽天モバイルを契約する前にSIMロック解除が絶対に必要

  • ドコモ版iPhone SE(第1世代)に、楽天モバイルのSIMを挿す
  • au版iPhone SE(第1世代)に、楽天モバイルのSIMを挿す
  • ソフトバンク版iPhone SE(第1世代)に、楽天モバイルのSIMを挿す
  • UQモバイル版iPhone SE(第1世代)に、楽天モバイルのSIMを挿す
  • ワイモバイル版iPhone SE(第1世代)に、楽天モバイルのSIMを挿す

この組み合わせの場合は、iPhone SE(第1世代)のSIMロック解除が必要です。楽天モバイルを契約する前にiPhoneのSIMロックを絶対に解除してください。

SIMロックを解除していないドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone SE(第1世代)に楽天モバイルのSIMを挿しても、iPhoneは楽天モバイルのSIMカードを認識しません。

SIMロックを解除したドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone SE(第1世代)に楽天モバイルのSIMを挿すと、iPhoneは楽天モバイルのSIMカードを認識します。

持ち込みスマホあんしん保証に加入すれば、楽天モバイルでも手持ちのiPhoneの保証が受けられます

  • 今使っているiPhoneを楽天モバイルでも使いたい
  • 楽天モバイルで保証に加入したい

という場合は、持ち込みスマホあんしん保証に加入すればOKです。

持ち込みスマホあんしん保証は、楽天モバイルでSIMのみ申し込み時か、楽天モバイルの開通日から30日以内にmy 楽天モバイルから加入できます。

スマホの破損・全損・水没時に、新品同等の同一機種を交換品として届けてくれます。

たとえばiPhone 12 Pro 128GBが壊れてしまった場合保証サービスに加入していない場合は代金全額負担ですが、持ち込みスマホあんしん保証に加入すていれば、自己負担金は1万2100円で済み、11万5295円お得になります。

楽天モバイルで購入したiPhoneの保証については、「故障紛失保証 with AppleCare Services」を利用してください。iPhone購入時(新規・機種変更)のみ申込可能で、楽天モバイル以外で購入したiPhoneは対象外です。

持ち込みスマホあんしん保証のサービス料金一覧

機種名メーカー月額利用料自己負担金(免責金額)
iPhone 11Apple979円12,100円
iPhone 11 ProApple1,309円12,100円
iPhone 11 Pro MaxApple1,309円12,100円
iPhone 6sApple979円12,100円
iPhone 6s plusApple979円12,100円
iPhone 7Apple979円12,100円
iPhone 7 plusApple979円12,100円
iPhone 8Apple979円12,100円
iPhone 8 plusApple979円12,100円
iPhone SEApple715円12,100円
iPhone SE(第2世代)Apple715円12,100円
iPhone XApple1,309円12,100円
iPhone XRApple979円12,100円
iPhone XSApple1,309円12,100円
iPhone XS MaxApple1,309円12,100円
iPhone12Apple979円12,100円
iPhone12 miniApple979円12,100円
iPhone12 ProApple1,309円12,100円
iPhone12 Pro MaxApple1,309円12,100円

SIMのみ契約+今のiPhone使うときは、データ移行などは一切不要

  • 他社からから楽天モバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約して、今使っているiPhoneに楽天モバイルのSIMカードを挿す
  • 今使っているiPhoneを楽天モバイルでも使い続ける

というときは、電話帳やらのデータ移行やバックアップなどは一切不要です。やらなくていいです。

そもそもSIMカードに写真や動画やアプリなどのデータは保存されていません。そういうデータはiPhoneの本体に保存されています。また、iPhoneはSIMカードに連絡先を保存しません。

アプリのアカウント引き継ぎどうたらこうたらは、SIMカード入れ替えだけする場合は全く関係ありません。だってスマホは変わらないんですから。

私はワイモバイルやUQモバイルなど色々契約していて、スマホでSIMカードをよく入れ替えて使っていますが、スマホのデータが消えたことなんて一度もありません。

海外に行ったときに現地のプリペイドSIMカードを購入して、LINEのインストールされたメインスマホに挿して使いましたが、スマホのデータはそのまま、写真も動画もアプリもそのままで、LINEのトーク履歴もそのままでした。消えるわけがないんです。

iPhoneのSIMサイズは「nanoSIM」です

iPhoneのSIMサイズはnanoSIMです。iPhone 5シリーズ以降ずーっとnanoSIMです。

iPhone SE(第1世代)はeSIMに対応していません。nanoSIMで申し込んでください。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式サイト

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルを契約する前にiPhoneでやるべきことまとめ

チェックリスト

  • 楽天モバイルでiPhoneを買うなら、アプリの引き継ぎコードの発行、LINEのトーク履歴バックアップなどを行う
  • iPhoneのSIMロック解除手続きができているか、SIMフリーの状態かどうか
  • iOSバージョンを最新バージョンにアップデートする
  • キャリア設定アップデートを最新バージョンにする
  • APN構成プロファイルがインストールされている場合は、楽天モバイルのMNP開通手続きをする前にアンインストールすることを忘れないようにする

楽天モバイルでiPhoneを買うなら、各種データのバックアップなどを行う

楽天モバイルで販売されているiPhoneを買うなら、今のiPhoneでアプリの引き継ぎコードの発行、アプリのバックアップ、LINEのトーク履歴などのバックアップを行ってください。

なお、iPhoneには「クイックスタート」というデータ移行機能が搭載されているので、そんなに必死こいてあれもこれもバックアップする必要はないです。

iPhoneのSIMロック解除手続きができているか

楽天モバイルでドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイル/ワイモバイルなどから販売されたiPhoneを利用する場合は、楽天モバイル前にSIMロック解除手続きが絶対に必要です。

SIMロック解除をしていないiPhoneに楽天モバイルのSIMカードを入れても、iPhoneはSIMカードを認識しません。

iOSバージョンを最新バージョンにする

iOS 14.4以降にアップデートすると、楽天回線対応製品として使えるようになります。

iOS 14.4より前のバージョンで使っている人は、iOS 14.4以降にアップデートしてください。

iOSのアップデート手順

  1. ホーム画面の【設定】をタップ
  2. 【一般】をタップ
  3. 【ソフトウェア・アップデート】をタップ
  4. 【ダウンロードとインストール】をタップ
  5. 利用条件を確認して【同意する】をタップ

以上で完了となります。

キャリア設定アップデートを最新バージョンにする

新しいキャリア設定バージョンがある場合、キャリア設定のポップアップが表示されるので、【アップデート】をタップしてください。

「今はしない」を選択した場合は、以下の<手動で設定画面から更新を行う場合>の手順にしたがって、アップデートをしてください。

手動で設定画面から更新を行う場合

  1. ホーム画面の【設定】をタップ
  2. 【一般】をタップ
  3. 【情報】をタップ
  4. 【アップデート】をタップ
  5. 以上で完了

楽天モバイルでiPhoneを使うときの注意事項

チェックリスト

  • デュアルSIMで使うときはちょっと複雑なので注意
  • 楽天回線とパートナー回線の自動切り替えはiPhone 12シリーズのみ対応
  • my 楽天モバイルにアクセス時にWi-Fi環境が必要です。無いならカフェとかコンビニに行ってください
  • iOS 14.5からは一部のiPhoneが高精度な位置情報測位に対応

デュアルSIMで使うときはちょっと複雑なので注意

楽天モバイルのSIMと他社格安SIMでデュアルSIMで使うときは注意が必要です。

楽天回線とパートナー回線の自動切り替えはiPhone 12シリーズのみ対応

iPhone 12シリーズは、楽天回線とパートナー回線の自動切り替えに対応します。iOS 14.4以降で対応します。

なお、iPhone 12シリーズより前のiPhoneは、楽天回線とパートナー回線の自動切り替えに対応していません。

楽天回線とパートナー回線の自動切り替えに対応していない場合は、楽天回線で通信していると思ったらパートナー回線で通信していて、パートナー回線の月5GBを超過してしまう、といった事態が発生する可能性があるので注意してください。

楽天回線とパートナー回線の自動切り替えに対応していない場合は、機内モードオンオフ、本体の再起動や、楽天回線のみ繋がるエリアに移動する必要があるので、iPhone 12シリーズ以外は特に気にして使う必要があります。

my 楽天モバイルにアクセス時にWi-Fi環境が必要です。無いならカフェとかコンビニに行ってください

初期設定やMNP開通手続きなどでmy 楽天モバイルにアクセスするときにはWi-Fi環境が必要です。

スマホしか持っていない、固定回線がない、WiMAX 2+やSoftBank Airなどが家にない人は、カフェとかコンビニに行ってなんとか乗り切ってください。

iOS 14.5からは一部のiPhoneが高精度な位置情報測位に対応

また、Apple Inc.よりiOS14.5が公開されました。
iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で位置情報測位の正確性が低下しますが、iOS14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。なお、iOS14.4または14.5を搭載した場合でも、iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max/iPhone 12/iPhone 12 miniを除くモデルでは、楽天回線とパートナー回線の自動切り替え機能がご利用いただけないことがございますが、機内モードのオン/オフ切り替えや製品の再起動により解決する場合がございます。
iOSのバージョンについては、【iOSのアップデート手順】にしたがって、アップデートをお願いいたします。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのSIMカードを申し込むときの手順

手順

  1. 【手順1】楽天モバイルで使いたいiPhoneが動作確認されているかを確認する
  2. 【手順2】楽天モバイルを契約する前に、キャリア版iPhoneのSIMロックを解除しておく
  3. 【手順3】現在契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を取得する
  4. 【手順4】楽天モバイルのSIMを申し込む。プラン料金3ヶ月間無料や楽天ポイント還元実施中!

【手順1】楽天モバイルで使いたいiPhoneが動作確認されているかを確認する

楽天モバイルで使いたいiPhoneが楽天モバイルで動作確認されているかを、ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイルを見てしっかり確認してください。

楽天モバイルではiPhone 6s以降のiPhoneが利用できます。楽天モバイルで使えるiPhoneは以下の通り。

  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

【手順2】楽天モバイルを契約する前に、キャリア版iPhoneのSIMロックを解除しておく

今使っているドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイル/ワイモバイルなどから販売されているiPhoneを楽天モバイルに乗り換えても使う場合は、楽天モバイルを契約する前にSIMロックを解除しておきましょう。

絶対に楽天モバイルを契約する前にSIMロック解除手続きをしてください。

SIMロック解除手続きの流れをもっと正しくいうと、

  1. My docomo/My au/My SoftBankなどで、iPhoneのSIMロックの解除手続きをする
  2. iPhoneに楽天モバイルのSIMカードを挿す
  3. iPhoneでアクティベーションを行う
  4. SIMロック解除完了

という流れになります。

楽天モバイルの開通も完了している、APN設定をしているのに楽天モバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

今後スマホを売るときにもSIMロックを解除しておけば、SIMロック未解除のものよりも少しは高く売れるでしょう。

SIMロック解除でかかる費用

 Web上で解除ショップで解除
ドコモ無料 (My docomo)3300円
au無料 (My au)3300円
ソフトバンク無料 (My SoftBank)3300円
UQモバイル無料(My UQ mobile)3300円
ワイモバイル無料(My Y!mobile)3300円

SIMロック解除にかかる費用は、Web上で行えばどのキャリアにおいても無料です。

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップでもSIMロック解除でも行うことは可能ですが、3000円の手数料がかかります。 Web上でのSIMロック解除をオススメします。

【手順3】現在契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を取得する

ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイル/UQモバイルなどで、MNP予約番号を取得してください。MNP予約番号の有効期限は15日間です。

楽天モバイルを申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があります。

また、現在契約中の名義と楽天モバイルで契約する名義が同一である必要があります。名義が事な場合は現在の携帯電話会社で名義変更をした後に、MNP予約番号を取得してください。

 Webで発行電話で発行
NTTドコモMy docomo携帯なら151
一般電話は0120-800-800
auMy au携帯電話/一般電話
0077-75470
SoftBankMy SoftBank携帯電話/一般電話
0800-100-5533
ワイモバイルMy Y!mobile携帯電話/一般電話
0570-039-151
UQモバイルmy UQ mobile携帯電話/一般電話
0120-929-818
楽天モバイルmy 楽天モバイル等なし

【手順4】楽天モバイルのSIMを申し込む。プラン料金3ヶ月間無料や楽天ポイント還元実施中!

本人確認書類、楽天会員ユーザーID/パスワード、クレジットカード、MNP予約番号などの必要なものを用意して楽天モバイルの音声通話SIMを申し込みましょう。

楽天モバイルでは、プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイントがもらえるキャンペーンを毎月実施しています。

契約月でもプラン料金が無料になるので、1日に契約しても15日に契約しても30日に契約しても無料です。

キャンペーン詳細は【最新】楽天モバイルキャンペーンまとめ。プラン料金3ヶ月無料、楽天ポイントが貰える!をご覧ください。

SIMタイプは「nanoSIM」を選択してください

iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE(第1世代), iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone Xに楽天モバイルのSIMカードを挿して利用する場合は「nanoSIM」で申し込んでください。

これらの機種はSIMカードのみ利用できます。eSIMをインストールして使うことはできません。

MNP転入なら「他社から乗り換え(MNP)」を選択してください

乗り換えで契約するときは「他社から乗り換え(MNP)」を選択してください。

選択すると電話番号、MNP予約番号、有効期限の入力欄が出てきます。

楽天モバイル契約で必要なもの

必要なもの

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザーID/パスワード
  • 契約者本人名義のクレジットカードや銀行口座
  • MNP予約番号

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。 申し込み時に使える本人確認書類については、本人確認書類 | お客様サポート | 楽天モバイルをご覧ください。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのSIMカードが手元に届いてからの手順

手順

  1. 【注意】他社APN構成プロファイルがインストールされている場合は削除してください
  2. 【手順1】my 楽天モバイルからMNP転入手続きを行う(MNP転入時のみ)
  3. 【手順2】iPhoneに楽天モバイルのSIMを挿す
  4. 【手順3】iOS 14.4以降のiPhoneならAPN設定不要
  5. 【手順4】楽天モバイルが開通したことを確認して利用開始
  6. 【手順5】Rakuten Linkの利用登録とSMS認証(アクティベーション)を完了させる
  7. 【手順6】Rakuten Linkを利用してキャンペーン適用条件を達成する

SIMロックを解除したiPhoneに初めて楽天モバイルのSIMを挿すと、アクティベーションが求められることがあります。Apple IDとパスワードを入力しましょう。

SIMを挿す、アクティベーションする、回線切替をする、APN設定をする、の順番は自由です。別に正解はないので好きな順番でやってください。

この順番でやらないとダメ!とか、この順番でやらないと損害が発生する!とかいうのはありません。

【注意】他社APN構成プロファイルがインストールされている場合は削除してください

楽天モバイルを契約する前に、UQモバイル/ワイモバイル/IIJmio/LINEモバイル/mineoなどでiPhoneを利用していた人は、MNP開通手続きをする前にAPN構成プロファイルを削除してください。

【手順1】my 楽天モバイルからMNP転入手続きを行う(MNP転入時のみ)

他社から乗り換えで楽天モバイルを契約した人はMNP転入手続きが必要です。MNP転入手続きはmy 楽天モバイルからできます。

my 楽天モバイルアプリからMNP転入手続きをしてもいいですし、パソコン・スマホ・タブレットでmy楽天モバイルを開いてMNP転入手続きをやってもいいです。

新規契約した人はこの手続きは不要です。

MNP受付時間

手元にSIMやスマホが届いたらすぐに手続きすれば当日の開通に間に合うはずです。

受付時間と完了時間の目安は以下の通り。

受付時間MNP完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

商品の受け取り直後や21時以降に申し込むと、当日の開通手続きに間に合わず翌日開通となる場合があります。

MNP予約番号の有効期限終了日近くになると、自動的にMNP開通作業を行います。

MNP開通手続きの手順

  1. 手持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンから「my 楽天モバイル」にアクセス
  2. my 楽天モバイル内 右上メニューをタップし、「お申し込み履歴」を選択
  3. 「申込番号」を選択
  4. 「転入を開始する」を選択

【手順2】iPhoneに楽天モバイルのSIMを挿す

SIMカードが手元に届いたら、以下の手順に沿ってSIMの設定を行ってください。

SIMカードを挿すとアクティベーションが求められることがあります。求められたらApple IDとパスワードを入力してください。

他社で購入したiPhoneの場合は、楽天モバイルのSIMカードを挿してアクティベーションを完了させた時点で、SIMロック解除が正式に完了します。

手順

  • SIMカード台紙からSIMカードをnanoSIMサイズで切り取る
  • 他社のSIMカードを抜く
  • 楽天モバイルのSIMカードを挿す
  • iPhoneを起動してアクティベーションを行う(無い時もある)
  • iPhoneのSIMロック解除が正式に完了

①台紙からSIMカードを切り取る

楽天モバイルを申し込むときは「nanoSIM」で申し込みますが、実際に手元に届くのは「マルチサイズSIM」です。

マルチサイズSIMは自分で任意のSIMサイズに切り取るタイプです。

iPhoneのSIMサイズはnanoSIMです。nanoSIMは一番サイズが小さいので、切り取りで失敗することは絶対にありません。

マルチサイズSIMの台紙からSIMカードをnanoSIMサイズに切り取ってください。

②他社のSIMカードを抜いて楽天モバイルのSIMを挿す

まずはiPhoneの電源を切ります。

iPhone 11シリーズまでのiPhoneは本体右側に、iPhone 12シリーズは本体左側にSIMスロットがあります。

このSIMスロットには小さい穴があります。

小さい穴にSIMピンを奥まで挿すと、SIMカードスロットを取り出すことができます。 もともと入っていたSIMカードをSIMカードスロットから取り外して、楽天モバイルのSIMカードをSIMカードスロットに装着します。

SIMカードには切り欠きがあるので一方向にしか収まりません。この向きで収まります。 SIMカードスロットにSIMカードを装着し終わったら、さきほどSIMカードスロットを取り外したときと同じ向きでiPhoneにSIMカードスロットを挿します。

これで終わりです。

③iPhoneのアクティベーションを行う

iPhoneのSIMカードを入れ替えると、iPhoneを探すを有効にしていたらアクティベーションを求められることがあります。無いときもあります。

アクティベーションロックは、「お前SIMカード入れ替えたな!ホンマに持ち主か確認するで!」という機能です。Apple IDとパスワードの入力が必要です。

もしもこの記事をSIMカードを入れ替え前に見ていて、「あ~なんかこれウザそうだな」と思ったら、SIMカードを入れ替え前にiPhoneを探すを無効にしましょう。

[wc_row] [wc_column size="one-half" position="first"]

[/wc_column] [wc_column size="one-half" position="last"] [/wc_column] [/wc_row]

「アクティベーションが必要です」というメッセージが出るので「了解」を押すと、こんにちは画面になるので上にスワイプ。 「アップデートが完了しました」の画面になるので「続ける」をタップ。 「iPhoneのアクティベートには数分かかることがあります。」と表示されるので画面が変わるまで待つ。 「アクティベーションロック」の画面になるので、Apple IDとパスワードを入力してログイン。

ログイン後ホーム画面になったらアクティベーション終了です。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

【手順3】iOS 14.4以降のiPhoneならAPN設定不要

iPhoneのiOSバージョンを14.4以降にアップデートすると、楽天モバイルのSIMカードを挿すと自動でAPN設定がされるようになります。つまりこの項目は不要になります。

APNの手動設定は少し敷居が高かったので、自動でAPN設定してくれるのはありがたいですね。

なお、SIMカードを挿してiPhoneを起動したとき、「キャリア設定アップデート」のメッセージが出ることがあるので、メッセージが出たら「アップデート」を選択してください。

このキャリア設定アップデートをしないと楽天モバイルが正常に繋がりません。

キャリア設定のアップデートを通じて、通信事業者は携帯電話ネットワークや関連する設定をアップデートし、モバイルデータ通信ネットワークの接続状況やパフォーマンスの改善を図ったり、VoLTE や Wi-Fi 通話などの機能を新たにサポートしたりすることができます。

【手順4】楽天モバイルが開通したことを確認して利用開始

  1. MNP転入手続きを行う(楽天回線に切り替える)
  2. iPhoneに楽天モバイルのSIMを挿す
  3. iPhoneのアクティベーションを行う
  4. iPhoneのSIMロックが解除できている

順番は問わないので、以上の4つの作業が完璧にできていれば、楽天モバイルの回線に繋がっているはずです。

iPhoneの画面左上が「Rakuten」か「Rakuten 4G」になっていて、アンテナマークが立っていたら繋がっています。

Wi-Fiをオフにして適当なWebページを開いてみたり、時報に電話するなどしてみましょう。

ちなみにiOS 14.4以降にアップデートしても、キャリア設定アップデートを最新のものにしていない場合は「Rakuten LTE」と表示されます。アップデートすると「Rakuten 4G」に変わりましたよ。

【手順5】Rakuten Linkの利用登録とSMS認証(アクティベーション)を完了させる

楽天モバイルが用意したメッセージアプリの「Rakuten Link」の利用登録とSMS認証を完了させましょう。

Rakuten Linkは簡単に言うとLINEみたいなもので、Rakuten Link同士の通話なら世界中どこから通話・メッセージをしても無料で利用できます。

【手順6】Rakuten Linkを利用してキャンペーン適用条件を達成する

楽天モバイルで実施されている楽天ポイントが貰える系キャンペーンは、キャンペーン適用条件として「Rakuten Linkの利用」が設けられています。

Rakuten Linkをインストールしたら、10秒以上の通話をするようにしましょう、

Rakuten Linkご利用の達成条件について

本キャンペーンにおける「Rakuten Linkのご利用」とは、「Rakuten UN-LIMIT VI」お申し込みの翌月末日23:59までに以下の操作が完了していることが達成条件となります。

  • 「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

【注意】iOS 15.0以降のiPhoneでRakuten Linkを使うなら、プレイベートリレー機能をオフに

(ご注意ください)iOS 15以降でプライベートリレーをご利用のお客様へ
2021年9月21日 

平素は楽天モバイルをご利用いただき、誠にありがとうございます。


iPhone向けiOS 15以降で新たに搭載される「iCloud+」のプライバシー保護機能「プライベートリレー※1」をONにしてデータ通信を行なった場合、以下の事象が確認されております。
なお、プライベートリレーの設定をOFFにすることで、iOS 14以前と同様に問題なくご利用いただけます。

■影響(2021年9月21日時点)


通常、課金対象ではない以下サービスのデータ利用量が、課金対象としてカウントされます。
・Rakuten Linkアプリ同士のメッセージ送受信、電話の発着信
・my 楽天モバイルのご利用


■プライベートリレーの設定方法
iOS 15のリリース以降に、本ページにてご案内いたします。


※1 Apple社が iCloud+サブスクリプションの一部として提供している、新しいインターネットプライバシーサービスです。最初の設定はOFFになっております。 

-楽天モバイルでiPhoneを使う