楽天モバイルに乗り換え

LINEモバイルから楽天モバイルに乗り換え手順やポイント解説

LINEモバイルから楽天モバイルに乗り換えるときの手順やポイント解説。

プラン料金3ヶ月無料キャンペーン実施中

プラン料金1年間無料キャンペーンは2021年4月7日で終了しました。

2021年4月8日からは、プラン料金3ヶ月無料キャンペーンが実施されています。最大2万5000ポイント還元は引き続き実施中です。

今の楽天モバイルを契約するメリット

  • プラン料金が3ヶ月間無料
  • 月1GB以下なら月額料金が0円
  • 契約時の事務手数料が無料
  • 解約手数料やMNP転出手数料が無料
  • 最大2万5000ポイント還元

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

LINEモバイルから楽天モバイルへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  • LINEモバイルから楽天モバイルに乗り換えたい
  • LINEモバイルモバイルで購入した機種(スマホ)はそのまま使いたい

というときは、楽天モバイルでSIMカードのみを契約すればOKです。

楽天モバイルオンラインショップでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

楽天モバイルではスマホを購入しなくてもOKです。SIMカードのみを契約しましょう。

SIMのみ契約+LINEモバイルのスマホを使い続ける

  • LINEモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneが楽天モバイルで使えるか確認
  • 楽天モバイルを契約する前に、LINEモバイルのスマホのSIMロックを解除する(iPhoneのみSIMロックあり)
  • LINEモバイルでMNP予約番号を発行する
  • MNPで楽天モバイルのSIMのみを申し込む
  • SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  • SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMのみ契約+SIMフリースマホを使う

  • 楽天モバイルで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  • LINEモバイルでMNP予約番号を発行する
  • MNPで楽天モバイルのSIMのみを申し込む
  • SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  • SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

楽天モバイルのスマホを契約

  • LINEモバイルでMNP予約番号を発行する
  • 楽天モバイルのスマホを申し込む
  • スマホが手元に届き次第。MNP開通手続きを行う
  • スマホの初期設定・セットアップを完了させる
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

LINEモバイルから楽天モバイルに乗り換えるときの流れ(SIMのみ契約)

  • LINEモバイルから楽天モバイルに乗り換える
  • SIMのみ契約する
  • LINEモバイルで購入したスマホを楽天モバイルでも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

必要なものを用意する・事前準備をする

LINEモバイルから楽天モバイルにスムーズに乗り換えるために、必要なものの用意、事前準備をしておきましょう。

必要なもの

  • 本人確認書類
  • 契約者名義のクレジットカード
  • フリーメールアドレス
  • 楽天モバイルで動作確認されているスマートフォン

事前準備

  • スマホを変えるならLINEのトーク履歴などのデータのバックアップ
  • 今使っているスマホのSIMロック解除
  • iPhoneなら、古いiPhoneと新しいiPhoneでiOSバージョンを同じにする
  • LINEアプリでID検索機能を使うなら、LINEで年齢認証をしておく

SIMのみ契約するときは、スマホのデータが消えることはないです。ご安心ください。

データのバックアップなどが必要になるのはスマホを変えるときだけです。

【手順①】使いたいスマホが楽天モバイルで動作確認されているかを確認

楽天モバイルに乗り換えで、

  • SIMのみ契約したい
  • LINEモバイルで買ったAndroidスマホやiPhoneをまだ使いたい
  • SIMフリー版iPhoneやAndroidスマホを新しくかって使いたい

というときは、そのスマホが動作確認されているかを、楽天モバイルのご利用製品の対応状況確認を見て確認ください。

なお、楽天モバイルが販売しているスマホや、楽天回線対応製品以外のスマホを楽天モバイルで使うときは、完全に自己責任になります。

【手順②】iPhoneはSIMロック解除必須、Androidは不要

LINEモバイルで購入したスマホを楽天モバイルでも使う場合は、SIMロック解除が必須です。

LINEモバイルで販売されているiPhoneは、購入した時期によってSIMロックの有無が異なります。

2020年4月6日以降に購入した場合はSIMロックがかかっていませんが、それよりも前に購入した場合はSIMロック解除が必要です。

AndroidスマホはSIMロックがかかっていないSIMフリーの状態で販売されています。

【手順③】LINEモバイルでMNP予約番号を取得する

LINEモバイルから楽天モバイルに乗り換えるときは、LINEモバイル側でMNP予約番号の発行が必要になります。

マイページから申し込み後、当日から3日程度で発行されます。日数に幅があるので、申し込むときは気をつけてください。狙った日に申し込めない可能性があります。

LINEモバイルでMNP予約番号の発行方法は、LINEモバイルのマイページから行えます。電話や店舗などではMNP予約番号の発行はしていません。

MNP予約番号の有効期限は7日以上残っていないとダメ

楽天モバイルをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が7日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を発行したらすぐに楽天モバイルに申し込むようにしましょう。

MNP予約番号を発行しただけでLINEモバイルが解約されることは無い

LINEモバイルでMNP予約番号を発行した=その時点でLINEモバイルが解約されるということは絶対にありません。

LINEモバイルが解約されるのは、楽天モバイルに回線切替が完了したときです。

MNP有効期限が切れても、LINEモバイルとの契約は継続しています。

【手順④】必要なものを用意して楽天モバイルを申し込む

必要なものを用意して、楽天モバイルのSIMを申し込んでください。

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザーIDとパスワード
  • クレジットカードまたは銀行口座
  • MNP予約番号(他社から乗り換えの場合)
  • 楽天回線に対応したスマホ

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 健康保険証(補助書類必要)
  • 日本国パスポート(補助書類必要)
  • 住民基本台帳カード(補助書類必要)

運転免許証があるのが一番スムーズに契約できます。

なお、健康保険証、日本国パスポート、住民基本台帳カードを本人確認書類として利用する場合は、公共料金請求書・領収書などの補助書類が必要になります。

本人確認書類の詳細は以下をご覧ください。

楽天会員ユーザーID/パスワード

楽天モバイルを申し込む際には、本人確認書類に記載されている情報と楽天会員情報が一致している必要があります。

楽天会員ではない場合は楽天会員登録してください。

クレジットカード/銀行口座

楽天モバイルでは、クレジットカードと口座振替で料金支払いが可能です。

クレジットカードは契約者本人名義でないとダメです。

MNP予約番号

他社から楽天モバイルに乗り換えする場合は、MNPを利用することで現在使用している電話番号がそのまま使えます。

楽天回線に対応したスマホ

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITプランは、楽天回線対応製品以外の動作保証はしていません。

手持ちのスマホを使うときは十分注意してください。

【手順⑤】手元にSIMが届き次第MNP開通手続きを行う

SIMやスマホが手元に届いたら、スマートフォン、タブレット、パソコンから「my 楽天モバイル」にアクセスして、MNP開通手続きを行ってください。

MNP開通手続きは、手続きをした時間帯によって完了時間が異なります。

受付時間 MNP完了時間
9:00~21:00 当日中
21:01~翌8:59 翌9:00以降

作用品の受け取り直後や21時直前に申し込むと、当日の開通手続きに間に合わず翌日開通となる場合があります。

MNP予約番号の有効期限終了日に近くなると自動的にMNP開通作業を行います。

MNP開通手続きの手順

  • my 楽天モバイルにアクセス
  • my 楽天モバイル内の右上メニューをタップして、「お申し込み履歴」を選択
  • 該当する申込番号を選択する
  • 「MNP転入する」ボタンを押す

MNP開通手続きが完了しないときは、 電波の良い窓際などに移動して待ってみましょう。それでも通信ができない場合は屋外で試してみましょう。

MNP開通手続きが完了するとLINEモバイルが自動解約

このMNP開通手続きをすると、携帯電話回線がLINEモバイルから楽天モバイルに切り替わります。

LINEモバイルから楽天モバイルに切り替わった時点で、LINEモバイルとの契約は自動解約されます。

【手順⑥】スマホに楽天モバイルのSIMを挿す

スマホに刺さっているLINEモバイルのSIMカードを取り出して、楽天モバイルのSIMカードと入れ替えてください。

SIMカードの入れ替え方がわからない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

iPhoneの場合

楽天モバイルのSIMを挿して初めて起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

Androidスマホの場合

LINEモバイルで販売されているAndroidスマホはSIMフリーなので、アクティベーションやSIMロック解除コードの入力が求められることはありません。

【手順⑦】APN設定を行う

iPhoneやAndroidスマホで楽天モバイルの回線を使えるようにするためには、APN設定が必要になります。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。

SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

APN名 楽天(rakuten.jp)
APN rakuten.jp
MCC 440
MNC 11
APNタイプ default,supl
APNプロトコル IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル IPv4/IPv6
PDPタイプ IPv4/IPv6

iPhoneの場合

iPhoneはAPN設定は手動で行わないといけません。

もしもiPhoneにAPN構成プロファイルがインストールされている場合は、MNP開通手続きやAPN設定の前にプロファイルの削除を行って下さい。

【手順⑧】Rakuten Linkの利用登録とSMS認証(アクティベーション)を完了させる

楽天モバイルが用意したメッセージアプリの「Rakuten Link」の利用登録とSMS認証を完了させましょう。

Rakuten Linkは簡単に言うとLINEみたいなもので、Rakuten Link同士の通話なら世界中どこから通話・メッセージをしても無料で利用できます。

楽天モバイルで実施しているポイント還元系キャンペーンは、Rakuten Linkの利用が必須です。忘れないようにしましょう。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルではSIMのみ契約するときの注意点

楽天回線対応製品以外は動作保証外

そもそもの話ですが、楽天モバイルは、楽天モバイルが楽天回線対応製品だと認定した製品以外はすべて動作保証対象外としています。

LINEモバイルで購入してきたスマホなんて完全に動作保証対象外なので、使えなかったとしても全く文句は言えない状況になります。自己責任です。

楽天回線対応製品のページに無いスマホはすべて動作保証対象外です。

LINEモバイルのAndroidスマホはSIMフリー

LINEモバイルで販売されているAndroid スマホは、最初からSIMロックがかかっていない「SIMフリー」の状態で販売されています。

楽天モバイルの動作確認情報を確認するとき、「お使いのスマートフォンはどちらで購入しましたか?」で選択するのは「その他(SIMフリースマホ)」になります。

iPhoneの利用は自己責任。iPhone XS以降が利用可能

楽天モバイルでiPhoneを利用するのは完全に自己責任です。iPhone XS/XS Max/XR以降の機種が利用できます。

iPhoneは、データ通信、通話、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)が利用可能です。

ドコモ/au/ソフトバンクで販売されているiPhoneは、SIMロックを解除していないときは購入したキャリアでしか使えません。ドコモで購入したiPhoneならドコモ回線しか対応していません。

しかし、SIMロックを解除すると、ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルで使っている周波数帯にフル対応します。iPhoneは無敵です。

接続回線の自動切替が非対応だと要注意

自分の使いたいスマホの動作確認情報を見て、「接続回線の自動切替(楽天回線⇔パートナー回線)」が✕マークになっている場合は注意が必要です。

接続回線の自動切替が非対応だと、楽天回線エリアにいるのにパートナー回線で通信してしまい、パートナー回線の月5GBを消費してしまう可能性があります。

楽天回線対応製品か、楽天モバイルのスマホを買うのがトラブルが無くて一番良い

結局のところは、自分でスマホを用意して楽天モバイルを使うときは、楽天回線対応製品か、楽天モバイルで販売されているスマホを購入するのが一番望ましいです。

楽天回線対応製品は、楽天回線での接続性検証の確認が取れているため、楽天モバイルで提供されているすべての機能が利用できます。

もちろん先述した接続回線の自動切替機能も利用できるので、うっかりパートナー回線で通信してしまった、なんてこともありません。

詳細は楽天回線対応製品をご覧ください。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

LINEモバイルから楽天モバイルに乗り換え時の注意点

違約金が発生する可能性があります

LINEモバイルを契約した時期にもよりますが、LINEモバイルから楽天モバイルに乗り換えるときに1000円~9800円の違約金が発生する可能性があります。

■ベーシックプランをご利用の場合

最低利用期間:なし

SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。

解約事務手数料:1,000円

※LINEフリー、コミュニケーションフリー、MUSIC+プランからベーシックプランに変更したお客様も対象です。

 

■LINEフリー、コミュニケーションフリー、MUSIC+プランをご利用の場合

⋅音声通話SIM

-2019/4/30までにお申し込みのお客様

最低利用期間:課金開始日から起算し、課金開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

例)2019/1/1が課金開始日だった場合、2020/1/31までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかります。

2020/2/1以降ですと解約手数料はかかりません。

 

-2019/5/1以降に申し込み~2019/9/30までに課金開始日を迎えたお客様

最低利用期間:課金開始日から起算し、課金開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

例)2019/6/1が課金開始日だった場合、2020/5/31までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかります。

2020/6/1以降ですと解約手数料はかかりません。

 

-2019/10/1以降に課金開始日を迎えたお客様

最低利用期間:課金開始日から起算し、課金開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:1,000円

例)2019/10/1が課金開始日だった場合、2020/9/30までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかります。

2020/10/1以降ですと解約手数料はかかりません。

 

⋅データSIM⋅データSIM(SMS付き)

最低利用期間⋅解約手数料は発生しません。

月の途中で解約しても日割り計算はされません

LINEモバイルを月の途中で解約する場合、利用料金は日割りになりません。MNP転出時もこれは同じです。

月の途中で解約手続きを行っても、解約日は末日付けとなります。

解約後SIMカードの返却が必要です

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えた後(解約後)は、SIMカードを送料自己負担でLINEモバイルに返却する必要があります。

-楽天モバイルに乗り換え

© 2021 楽天モバイルinfo