楽天モバイルでAndroidスマホを使う

楽天モバイルで使えるAQUOSまとめ

楽天モバイルで使える、SIMフリー版/ドコモ版/au版/ソフトバンク版AQUOSまとめ。

楽天モバイル申込と同時にRakuten Hand 5GまたはRakuten WiFI Pocketを購入で一括1円!

Rakuten Hand 5G/Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン

楽天モバイルでは2023年4月14日から、楽天モバイルの契約と同時にRakuten Hand 5GまたはRakuten WiFi Pocket 2Cを同時購入すると、販売価格が一括1円になります。

また、楽天モバイルは2023年6月1日から「Rakuten最強プラン」を提供を開始します。Rakuten最強プランでは、パートナー回線エリア(au回線エリア)でもデータ無制限で利用できるようになります!


UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万2000円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY残高還元!eSIMで契約すると特典額が増額中!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

2023年4月時点で楽天モバイルでAQUOSは5機種販売中

AQUOS sense7(2022年11月4日発売)

楽天モバイルでは、AQUOS sense7を2022年11月4日より販売しています。販売開始当時の価格は4万990円です。

製品名AQUOS sense7
ライトカッパー / ブルー / ブラック
サイズ約152 x 約70 x 約8.0 (mm)
重量約158g
ディスプレイ
サイズ / 種類
約6.1インチ / IGZO OLED
ディスプレイ
解像度
FHD+ / 2,432 × 1,080
CPUSnapdragon® 695 5G
オクタコア 2.2GHz x 2 + 1.8GHz x 6
OSAndroid™ 12
内蔵メモリ(RAM)6GB (
ストレージ容量(ROM)128GB
メインカメラ(外側)約5,030万画素 (標準)
約800万画素 (広角)
フロントカメラ(内側)約800万画素
バッテリー容量4,570mAh
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵〇 / 〇 (IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔)〇 / 〇
Wi-Fi 規格IEEE802.11 a/b/g/n/ac
テザリング (Wi-Fi)10台
SIMタイプeSIM/nanoSIM

AQUOS sense7は、従来機種より約66%大型化した1/1.55インチのイメージセンサーによって、集光量が向上し、夜景や暗い場所を鮮やかに撮影することができる高性能のカメラを搭載しています。

カメラの全画素を使用する像面位相差オートフォーカスにより、被写体に素早く高精度にピントが合うため、撮影したい瞬間を逃すことなく撮影可能です。さらに、新画質エンジン「ProPix4」の採用により、人物を撮影する際には肌などに最適な画像処理を行い、被写体を美しく表現します。

省電力性能にも優れた「IGZO OLEDディスプレイ」と、4,570mAhの大容量バッテリーを組み合わせることによって、「AQUOS sense」シリーズの特長である、外出時も電池残量を気にせずに利用できる、長時間の電池持ちを実現しています。

電池の劣化を抑える「インテリジェントチャージ」機能の採用により、3年間充電を繰り返し使用しても、電池容量を90%以上に維持できる電池の長寿命化を実現しました。

ディスプレイには、優れた省電力性能に加えて、10億色の色表現と1,300nitのピーク輝度に対応した、約6.1インチの「IGZO OLEDディスプレイ」を搭載しており、写真や動画を色鮮やかかつ鮮明に映し出します。

このほか、防水(IPX5・IPX8)・防塵(IP6X)、コロナ禍に最適な指紋およびマスクの着用に対応した顔の生体認証、おサイフケータイやハイレゾオーディオ(注7)に加えて、nanoSIMとeSIMのデュアルSIMにも対応するなど、便利な機能を多数搭載しています。

AQUOS sense6s(2022年7月29日発売)

楽天モバイルでは、AQUOS sense6sを2022年7月29日より販売しています。販売開始当時の価格は3万9990円です。

製品名AQUOS sense6s
ブラック / ライトカッパー / シルバー
サイズ約152 x 約70 x 約7.9 (mm)
重量約156g
ディスプレイ
サイズ / 種類
約6.1インチ/IGZO OLED
ディスプレイ
解像度
FHD+ / 2,432 × 1,080
CPUSnapdragon 695 5G
オクタコア
2.2GHz x 2 + 1.8GHz x 6
OSAndroid™ 11
内蔵メモリ(ROM)4GB
ストレージ容量(RAM)64GB
メインカメラ(外側)約4,800万画素 (標準)
約800万画素 (広角)
約800万画素 (望遠)
フロントカメラ(内側)約800万画素
バッテリー容量4,570mAh
ワイヤレス充電-
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵〇 / 〇 (IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔)〇 / 〇
Wi-Fi 規格IEEE802.11 a/b/g/n/ac
テザリング (Wi-Fi)10台
SIMタイプeSIM/nanoSIM

AQUOS sense6sは、チップセットに「Snapdragon 695 5G mobile platform」を搭載することによって、「AQUOS sense6」と比較し、CPU性能が約12%、GPU性能が約35%向上しています。

これにより、より高い省電力性能や、さらに滑らかな3Dグラフィックスの描写を実現しました。

なお、「AQUOS sense6」と同様に、10億色を鮮やかに表現する「IGZO OLEDディスプレイ」や、4,570mAhの大容量のバッテリー、最大約4,800万画素の3眼カメラなどを搭載するほか、おサイフケータイなどの便利な機能を多数搭載しています。

AQUOS sense6(2021年11月11日発売)

楽天モバイルでは、AQUOS sense6を2021年11月11日より販売しています。販売開始当時の価格は3万9800円です。

製品名AQUOS sense6
ブラック / ライトカッパー / シルバー
サイズ約152 x 約70 x 約7.9 (mm)
重量約156g
ディスプレイ サイズ / 種類約6.1インチ/IGZO OLED
ディスプレイ 解像度FHD+ / 2,432 × 1,080
連続待受時間(LTE)約930時間
連続通話時間(LTE)約50時間
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
オクタコア 2GHz + 1.7GHz
OSAndroid™ 11
内蔵メモリ(RAM/ROM)4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ(外側)約4,800万画素 (標準)
約800万画素 (広角)
約800万画素 (望遠)
フロントカメラ(内側)約800万画素
バッテリー容量4,570mAh
ワイヤレス充電-
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵〇 / 〇 (IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔)〇 / 〇
Wi-Fi 規格IEEE802.11 a/b/g/n/ac
テザリング (Wi-Fi)10台
SIMタイプeSIM/nanoSIM

AQUOS sense6は、約6.1インチのディスプレイに「AQUOS sense」シリーズで初めて、10億色を鮮やかに表現する「GZO OLEDディスプレイ」を採用し、4,570mAhの大容量のバッテリーを搭載しながらも、従来モデルより薄型・軽量化したスタイリッシュなデザインを実現しています。

また、「IGZO OLEDディスプレイ」は省電力性能にも優れており、大容量のバッテリーとの組み合わせによって、外出時も電池残量を気にせず利用できる長時間の電池持ちを可能にするほか、120Hzのタッチレスポンスによる、滑らかな操作が可能です。

なお、背面の最大約4,800万画素の標準、広角、望遠カメラからなる3眼カメラは、夜景や人物、料理など様々な被写体を自動で認識し、容易に綺麗な写真を撮影することができる「AIオート」や、背景をぼかして撮影できる「背景ぼかし」、撮影時に手ぶれしてしまった写真を後から補正できる「ブレクリーナー」など写真撮影に便利な機能を搭載しています。

このほか、指紋、顔による生体認証やおサイフケータイ、ハイレゾオーディオのほか、防水(IPX5 ・ IPX8) ・防塵(IP6X)性能も備えており、日常生活において便利な機能が充実しています。

なお、本製品はnanoSIMとeSIMに対応したデュアルSIM仕様のSIMロックフリー製品です。

AQUOS wish(2022年1月21日発売)

楽天モバイルでは、AQUOS wishを2022年1月21日より販売しています。販売開始当時の価格は2万9800円です。

製品名AQUOS wish
オリーブグリーン / アイボリー / チャコール
サイズ約147 x 約71 x 約8.9 (mm)
重量約162g
ディスプレイ
サイズ / 種類
約5.7インチ / TFT
ディスプレイ
解像度
HD+ / 1,520 × 720
CPUQualcomm® Snapdragon™ 480 5G
オクタコア 2GHz + 1.8GHz
OSAndroid™ 11
内蔵メモリ容量(RAM)4GB
ストレージ容量(ROM)64GB
メインカメラ(外側)約1,300万画素 (標準)
フロントカメラ(内側)約800万画素
バッテリー容量3,730mAh
ワイヤレス充電-
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵〇 (IPX5 / IPX7 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔)〇 / -
Wi-Fi 規格IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
テザリング (Wi-Fi)10台
SIMタイプeSIM/nanoSIM

AQUOS wishは、約5.7インチのディスプレイを搭載し、ボタンや指紋センサ―が側面にまとまったシンプルなデザインです。

持ち心地のよさを追求し、優しい手触りのマットな質感や、指がかりのよい側面形状を併せ持つほか、自然をモチーフにしたカラーバリエーションを展開しています。

防水(IPX5・IPX7)・防塵(IP6X)機能や耐衝撃機能、指紋認証による生体認証、おサイフケータイを搭載するとともに、決済アプリなどを瞬時に起動する「AQUOS」スマートフォン独自機能「Payトリガー」にも対応し、便利な機能を多数搭載しています。

なお、本製品はnanoSIMとeSIMに対応したデュアルSIM仕様のSIMロックフリー製品です。

AQUOS zero6(2021年10月14日発売)

楽天モバイルでは、AQUOS zero6を2022年1月21日より販売しています。販売開始当時の価格は6万9800円です。

製品名AQUOS zero6
ブラック / パープル / ホワイト
サイズ約158 x 約73 x 約7.9 (mm)
重量約146g
ディスプレイ
サイズ / 種類
約6.4インチ/OLED
ディスプレイ
解像度
FHD+ / 2,340 × 1,080
CPUQualcomm® Snapdragon™ 750G 5G
オクタコア 2.2GHz + 1.8GHz
OSAndroid™ 11
内蔵メモリ(RAM)8GB
ストレージ容量(ROM)128GB
メインカメラ(外側)約4,800万画素 (標準)
約800万画素 (広角)
約800万画素 (望遠)
フロントカメラ(内側)約1,260万画素
バッテリー容量4,010mAh
ワイヤレス充電-
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵〇 / 〇 (IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔)〇 / 〇
Wi-Fi 規格IEEE802.11 a/b/g/n/ac
テザリング (Wi-Fi)10台
SIMタイプeSIM/nanoSIM

AQUOS zero6は、10億色を表現する約6.4インチの有機ELディスプレイと4,010mAhの大容量のバッテリーに加えて、イヤホンジャックやSDカードなどの様々な機能を搭載しながらも、持ち運びやすい世界最軽量の重量約146gのスマートフォンです。

リフレッシュレート最大240Hzの有機ELディスプレイと、高速処理が可能な「Snapdragon 750G 5G」を採用したCPU、駆動速度や書き込み速度に優れた大容量のメモリによって、快適な操作が可能となっています。

背面の標準、広角、望遠の3つのカメラを搭載した3眼カメラは、様々な場所や撮影シーンに対応するほか、暗所でのピント調整をサポートするレーザーAFを搭載し、薄暗いシーンでも被写体をとらえることができます。

指紋、顔による生体認証やおサイフケータイ、ハイレゾオーディオのほか、防水・防塵性能も備えており、日常生活において便利な機能が充実しています。

nanoSIMとeSIMに対応したデュアルSIM仕様のSIMロックフリー製品です。

楽天モバイルには「楽天回線」と「パートナー回線」があり、使いたいスマホがどちらも対応していることが望ましい

楽天モバイルには、①楽天回線と②パートナー回線の2つの回線があります。使いたいスマホがどちらも対応していることが望ましいです。つまりなにが言いたいのかというと、素直に楽天回線対応製品を使いましょうということです。

楽天回線は楽天モバイルが自社で基地局などを整備しています。

パートナー回線エリアは、楽天モバイルの基地局がまだ整備されていないエリアでも通信できるように、auから回線を借りてサービスを提供しています。

LTE Bandでいうと、

  • LTE Band 3(楽天の自社回線)
  • LTE Band 18(パートナー回線=auから回線を借りている)
  • LTE Band 26(パートナー回線=auから回線を借りている)

を使ってサービスを提供しています。

楽天モバイルで使いたいスマホが、LTE Band 3/18/26に対応していれば、理論上は楽天モバイル回線が利用できます。

LTE Band 3=楽天回線

使いたいスマホがLTE Band 3に対応していれば、楽天回線でデータ通信や音声通話が可能です。

スマホがLTE Band 3に対応していない場合は、楽天回線エリアで楽天回線でデータ通信や音声通話ができません。

理論上は、使いたいスマホがLTE Band 18/26に対応していれば、パートナー回線でデータ通信や音声通話ができます。

LTE Band 18/26=パートナー回線

LTE Band 18/26はほとんど同じものとして扱っていいです。(厳密に言うと違うけど、周波数帯はどちらも800MHz帯)

楽天モバイルで使いたいスマホがLTE Band 26に対応していれば、LTE Band 18に対応していなくても、問題なく楽天モバイルで使えます。

楽天モバイルで使いたいスマホがLTE Band 18に対応していれば、LTE Band 26に対応していなくても、問題なく楽天モバイルで使えます。

「回線が~」とか「理論上」とかどうでもいいから、このAQUOSは使えるのか使えないのか教えろ!な人はこちら

動作確認情報を見て、「楽天回線対応製品」なら絶対に使える

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイルを見て、自分の使いたいAQUOSが「この製品は楽天回線対応製品です。」と表示されていたら、楽天モバイルの全ての機能が利用できます。

なお、キャリアから販売されたAQUOSで楽天回線対応製品になっているものはありません。

SIMフリー版AQUOSは、楽天回線対応製品になっているものが非常に多いです。

SIMフリー版AQUOSは楽天モバイルだけでなく、ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線どれも使えますし、ほとんどの格安SIMで動作確認されているので、キャリア版AQUOSを持っている人はSIMフリー版AQUOSに買い替えるといいかもしれませんよ。

キャリア版AQUOSは「楽天回線対応製品」のものは1つも無い。利用は完全に自己責任

ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイルなどから販売されているキャリア版AQUOSは、「楽天回線対応製品」になっているものは1つもありません。

キャリア版AQUOSに楽天モバイルのSIMカードを入れて利用するときは、完全に自己責任となります。

「楽天回線対応製品」の調べ方

楽天回線対応製品 | 製品 | 楽天モバイルを見て、自分の使いたい機種が楽天回線対応製品かどうかを確認してください。

また、以下の手順でも楽天回線対応製品かどうかを確認できます。

  • ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイルにアクセス
  • 「Androidスマートフォン」を選択
  • 「AQUOS」を選択
  • お使いのAndroidスマートフォンはどちらで購入しましたか?では、当てはまるものを選択(NTTドコモ, au)
  • ご利用機種を選択してください。では、当てはまる機種を選択
  • その機種の動作確認情報・対応状況が確認できる

楽天回線対応製品じゃないスマホを自己責任で利用したい、どの機能に対応していればいい?

4Gデータ通信、通話、SMS(楽天回線/パートナー回線)に対応=「使える」と判断してもいいが、利用は完全に自己責任

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイルを見て、

  • ①4Gデータ通信
  • ②5Gデータ通信(5G対応スマホのみ項目あり)
  • ③通話
  • ④SMS(楽天回線)
  • ⑤SMS(パートナー回線)

の4つまたは5つに対応していれば、楽天モバイルは「まあ使える」と判断していいでしょうが、利用は完全に自己責任です。

APN設定は自分でやればいいだけですし、ETWSや110/119通話などでの高精度な位置情報測位は別にいらないと言えばいらないです。

APN自動設定、ETWS、110/119通話などでの高精度な位置情報即位に対応していないことが大きなデメリットに感じる人は、楽天回線対応製品を購入してください。

SMS(楽天回線)のみ対応=「使えない」のでやめたほうがいい

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイルを見て、SMS(楽天回線)のみ対応しているAndroidスマホは、楽天モバイルではまともに使えないのでやめたほうがいいです。

どうしても使いたいなら自己責任でどうぞ。私は知りません。

楽天モバイルで動作確認されているSIMフリー版AQUOS・キャリア版AQUOS

SIMフリー版AQUOS(楽天回線対応製品が非常に多い)

  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS R2 compact SH-M09
  • AQUOS R5G
  • AQUOS R6 SH-M22
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense3 lite SH-RM12
  • AQUOS sense3 plus SH-M11
  • AQUOS sense3 plus SH-RM11
  • AQUOS sense3 SH-M12
  • AQUOS sense4 SH-M15
  • AQUOS sense4 lite SH-RM15
  • AQUOS sense4 plus SH-M16
  • AQUOS sense5G SH-M17
  • AQUOS sense6 SH-RM19
  • AQUOS sense6 SH-M19
  • AQUOS sense6s SH-RM19s
  • AQUOS sense7 SH-M24
  • AQUOS wish SH-M20
  • AQUOS zero SH-M10
  • AQUOS zero2 SH-M13
  • AQUOS zero6 SH-RM18

上記のAQUOSであれば、楽天モバイルで楽天回線対応製品として認定されています。

トラブル無く利用するなら、SIMフリー版AQUOSを買ってきて使うのが一番いいですね。

楽天市場では定期的にスマホセールを実施していて安く購入できるタイミングが多く用意されています。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

ドコモ版AQUOS

ドコモから販売されているAQUOSは、「楽天回線対応製品」ではないので、利用は自己責任でお願いします。

データ通信、音声通話、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)に対応しているドコモ版AQUOS

以下の機種は、4Gデータ通信、5Gデータ通信(5G対応機種のみ項目あり)、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)に対応しています。

基本的な機能が対応しているので「使える判断」してもいいでしょう。

  • AQUOS R5G SH-51A
  • AQUOS R6 SH-51B
  • AQUOS R7 SH-52C
  • AQUOS sense3 SH-02M
  • AQUOS sense4 SH-41A
  • AQUOS sense5G SH-53A
  • AQUOS sense6 SH-54B
  • AQUOS zero2 SH-01M
  • AQUOS wish2

SMS(楽天回線)のみ対応しているドコモ版AQUOS

  • AQUOS EVER SH-02J
  • AQUOS R SH-03J
  • AQUOS R2 SH-03K
  • AQUOS R3 SH-04L
  • AQUOS sense SH-01K
  • AQUOS sense2 SH-01L
  • AQUOS ZETA SH-04H

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

au版AQUOS

au版AQUOSは「楽天回線対応製品」ではないので、利用は自己責任でお願いします。

データ通信、音声通話、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)に対応しているau版AQUOS

以下のau版AQUOSであれば、4Gデータ通信、5Gデータ通信(5G対応機種のみ項目あり)、音声通話、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)が可能です。

楽天モバイルで基本的な機能は利用できるので、使えると判断してもいいでしょう。

  • AQUOS zero2 SHV47
  • AQUOS zero5G basic DX SHG02
  • AQUOS zero6 SHG04
  • AQUOS R2 SHV42
  • AQUOS R3 SHV44
  • AQUOS R5G SHG01
  • AQUOS sense2 SHV43
  • AQUOS sense2 かんたん SHV43
  • AQUOS sense3 SHV45
  • AQUOS sense3 plus サウンド SHV46
  • AQUOS sense3 basic SHV48
  • AQUOS sense5G SHG03
  • AQUOS sense6 SHG05
  • AQUOS sense6s SHG07
  • AQUOS wish SHG06
  • AQUOS wish2 SHG08

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

ソフトバンク版AQUOS

ソフトバンク版AQUOSは「楽天回線対応製品」ではないので、利用は自己責任でお願いします。

データ通信、音声通話、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)に対応しているソフトバンク版AQUOS

以下のソフトバンク版AQUOSであれば、4Gデータ通信、5Gデータ通信(5G対応機種のみ項目あり)、音声通話、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)が可能です。

楽天モバイルで基本的な機能は利用できるので、使えると判断してもいいでしょう。

  • AQUOS R2 706SH
  • AQUOS R2 compact 803SH
  • AQUOS R3 808SH
  • AQUOS R5G 908SH
  • AQUOS R6 A101SH
  • AQUOS R7 A202SH
  • AQUOS sense3 plus 901SH
  • AQUOS sense5G A004SH
  • AQUOS zero2 906SH
  • AQUOS zero5G basic A002SH
  • AQUOS zero6 A102SH
  • AQUOS wish 103SH

ワイモバイル版AQUOS

ワイモバイル版AQUOSは「楽天回線対応製品」ではないので、利用は自己責任でお願いします。

データ通信、音声通話、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)に対応しているソフトバンク版AQUOS

以下のワイモバイル版AQUOSであれば、4Gデータ通信、5Gデータ通信(5G対応機種のみ項目あり)、音声通話、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)が可能です。

楽天モバイルで基本的な機能は利用できるので、使えると判断してもいいでしょう。

  • AQUOS wish A104SH
  • AQUOS wish2 A204SH
  • AQUOS sense4 basic A003SH

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

【上級者向け解説】スマホがLTE Band 3のみ対応、LTE Band 18/26非対応の場合の意外なメリットは、楽天回線に固定されること

これは上級者向けの解説です。

書いていることの意味が分からない人は上級者ではないので読み飛ばしてください。そして決して真似しないでください。

  • 自宅、通勤時に通る道、よく行く場所などの自分の行動範囲も楽天回線エリアになっている
  • 楽天モバイルで使いたいスマホはLTE Band 3(=楽天回線)には対応している
  • 楽天モバイルで使いたいスマホはLTE Band 18/26(=パートナー回線)には対応していない

ときの意外なメリットとしては、楽天モバイルのSIMカードを入れたスマホでデータ通信しているときに、楽天回線に固定される、楽天回線からパートナー回線に勝手に切り替わらない、という点が挙げられます。

楽天回線エリアにいるのになぜかパートナー回線エリアで通信してしまっていて、パートナー回線エリアの月間データ容量5GBを超えていた、なんてことを回避することができます。

楽天回線のみ対応しているスマホを使っている人が、楽天回線エリアからパートナー回線エリアに行くと、楽天モバイルが圏外になります。

これは言うまでもないことですが、自己責任で利用してください。

メイン回線を楽天モバイルに乗り換えて、いざ使おうとしたら楽天モバイルが圏外だった、なんてことが起きても私は知りません。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのSIMカード/eSIMを申し込むときの手順

手順

  1. 楽天モバイルのSIMカードを入れて使いたいGalaxyが、楽天モバイルで動作確認されていることを確認
  2. キャリア版AQUOSのSIMロック解除手続きをしておく
  3. 今契約している携帯電話会社や格安SIMで、MNP予約番号を取得する
  4. 本人確認書類などを用意して、楽天モバイルのSIMを申し込む

【手順①】楽天モバイルで使いたいAQUOSが動作確認されているか見る

楽天モバイルのSIMカードを入れて使いたいAQUOSが、楽天モバイルで動作確認されているかを確認してください。

SIMフリー版AQUOSは楽天回線対応製品になっているものが多いので、楽天モバイルでも引き続き使える可能性が高いです。

キャリアから販売されたAQUOSは楽天回線対応製品になっているものは無いので、利用は完全に自己責任となります。

4Gデータ通信、音声通話、SMS(楽天回線)、SMS(パートナー回線)に対応したキャリア版AQUOSであれば、楽天モバイルが利用できる可能性があります。

【手順②】楽天モバイルを契約する前にAQUOSのSIMロックを解除しておく

楽天モバイルでドコモ/au/UQモバイル/ソフトバンク/ワイモバイルなどで購入したAQUOSを使う場合は、楽天モバイルを契約する前に絶対にSIMロック解除手続きをしてください。

SIMロックを解除していないAQUOSに楽天モバイルのSIMカードを入れても、AQUOSは楽天モバイルのSIMカードを認識しません。

2021年10月1日以降にキャリアから新たに販売されるAQUOSは、最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

SIMロック解除手続きについて

ドコモ/ソフトバンク/ワイモバイルのAQUOSは、SIMロック解除手続き完了後にSIMロック解除コードが発行されるのでメモしてください。

au/UQモバイルのAQUOSは、SIMロック解除手続き完了してもSIMロック解除コードは発行されません。その代わりに、楽天モバイルのSIMカードを入れた後にスマホ本体側で「利用設定」が必要です。利用設定完了後、スマホ本体側のSIMロック解除手続きが完了します。

SIMロック解除でかかる費用

Web上で解除ショップで解除
ドコモ無料 (My docomo)3300円
au無料 (My au)3300円
ソフトバンク無料 (My SoftBank)3300円

SIMロック解除にかかる費用は、Web上で行えばどのキャリアにおいても無料です。

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップでもSIMロック解除でも行うことは可能ですが、3300円の手数料がかかります。 Web上でのSIMロック解除をオススメします。

【手順③】MNP予約番号を取得する

ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、/ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、その他格安SIMでMNP予約番号を取得してください。MNP予約番号の有効期限は15日間です。

楽天モバイルを申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があります。

また、現在契約中の名義と楽天モバイルで契約する名義が同一である必要があります。名義が事な場合は現在の携帯電話会社で名義変更をした後に、MNP予約番号を取得してください。

今契約している
携帯電話会社/格安SIM
MNP予約番号の
発行方法の解説ページ
ドコモドコモ公式
ahamoahamo公式
auau公式
UQモバイルUQモバイル公式
povo1.0povo1.0公式
povo2.0povo2.0公式
ソフトバンクソフトバンク公式
ワイモバイルワイモバイル公式
LINEMOLINEMO公式
格安SIM各公式サイトを参照

【手順④】楽天モバイルのSIMカードを申し込む

本人確認書類、楽天会員ユーザーID/パスワード、クレジットカード、MNP予約番号などの必要なものを用意して楽天モバイルの音声通話SIMを申し込みましょう。

手順

  • クレジットカード、本人確認書類、楽天会員ID/パスワードなどの契約に必要なものを揃える
  • 楽天モバイル公式サイトにアクセスして、「新規/乗り換え(MNP) お申し込み」を押す
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」の「プランを選択する」を押す
  • SIMカードのみ申し込むときは、SIMタイプは「SIMカード」または「eSIM」を選択して、「この内容で申し込む」を選択する。これでスマホを選ぶ画面をスルーできる
  • 楽天会員ログイン画面になるのでログインする
  • 契約者情報確認画面になるので、表示された氏名・生年月日・住所が本人確認書類の情報と一致していることを確認する
  • 本人確認方法は、①書類画像をアップロードで確認、②AIかんたん本人確認(eKYC)、③受け取り時に自宅で確認、のどれかを選択する
  • 「電話番号の選択」では、当てはまるものを選択する。「他社から乗り換え(MNP)」なら、電話番号、MNP予約番号、MNP予約番号有効期限を入力する
  • 受け取り方法と支払い方法を選択する
  • SIMのみ契約時は、「プランのみが選択されています」と表示されるので、「この内容で申し込む」を選択すること。「製品ページへ進む」を選択すると、スマホ選択画面に移動してしまいます
  • 重要事項説明・利用規約が表示されるので、「同意して申し込む」を選択
  • 楽天モバイルの申込み完了

AQUOSに楽天モバイルのSIMカードを入れて利用するときは、もちろん「SIMカード」で申し込んでください。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのSIMカードが手元に届いてから開通までの手順

楽天モバイルのSIMカードのみ契約して、手元にSIMカードが届いてから楽天モバイル開通までの手順は以下の通り。

流れ

  • 【手順①】SIMカードが届き次第、my楽天モバイルでMNP開通手続きを行う(手続きの時間帯に注意)
  • 【手順②】マルチSIMを使いたいスマホの対応しているSIMサイズに切り取り、スマホに楽天モバイルのSIMカードを入れる
  • 【手順③】SIMロック解除コードの入力画面が表示されたら、画面の指示に従って入力する
  • 【手順④】AQUOSでAPN設定を行う
  • 【手順⑤】Wi-Fiをオフにして、楽天モバイルが開通していることを確認して利用開始
  • 【手順⑥】Rakuten Linkをインストールして、Rakuten Linkで10秒以上の通話をする(最重要、楽天ポイント貰う系キャンペーンは通話必須)

【手順①】my楽天モバイルから、MNP転入手続きを行う(MNP転入時のみ)

他社から乗り換えで楽天モバイルを契約した人はMNP転入手続きが必要です。MNP転入手続きはmy 楽天モバイルからできます。

新規契約した人はこの手続きは不要です。

MNP受付時間

手元にSIMやスマホが届いたらすぐに手続きすれば当日の開通に間に合うはずです。

受付時間と完了時間の目安は以下の通り。

受付時間MNP完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

商品の受け取り直後や21時以降に申し込むと、当日の開通手続きに間に合わず翌日開通となる場合があります。

MNP予約番号の有効期限終了日近くになると、自動的にMNP開通作業を行います。

MNP開通手続きの手順

  1. 手持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンから「my 楽天モバイル」にアクセス
  2. my 楽天モバイル内 右上メニューをタップし、「お申し込み履歴」を選択
  3. 「申込番号」を選択
  4. 「転入を開始する」を選択

【手順②】AQUOSに楽天モバイルのSIMカードを入れる

楽天モバイルのSIMは「マルチSIM」で、お持ちのスマホの対応サイズに合わせて、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類のサイズに切り離して使うことができる全サイズ対応のSIMカードです。

大抵の人は「nanoSIM」に切り取るはずです。使っているスマホのSIMサイズが分からないなら、切り取る前にスマホに入っているSIMカードを取り出して、そのSIMカードと同じ大きさに切り取ってください。

①台紙からSIMカードを切り取る

マルチサイズSIMの台紙からSIMカードをnanoSIMサイズに切り取ってください。

②他社のSIMカードを抜いて楽天モバイルのSIMを挿す

AQUOS刺さっている他社のSIMカードを抜いて、楽天モバイルのSIMを刺してください。

【手順③】AQUOSを起動してSIMロック解除コードを入力する・利用設定をする

SIMカードを入れた後に
Androidスマホ側で
必要な作業・操作
ドコモSIMロック
解除コードの入力
au利用設定
UQモバイル利用設定
ソフトバンクSIMロック
解除コードの入力
ワイモバイルSIMロック
解除コードの入力

ドコモ/ソフトバンク/ワイモバイルのAQUOS

ドコモ/ソフトバンク/ワイモバイルのAQUOSに楽天モバイルのSIMカードをスマホに初めて入れると、「SIMロック解除コード」の入力画面が表示されます。SIMロック解除コードを入力するとスマホ本体側のSIMロック解除が完了します。

SIMロック解除コードは、SIMロック解除手続きの完了画面か、SIMロック解除手続き完了後にキャリアから送られてくるメールで確認できます。

スマホを1台しか持っていない、パソコンを持っていない人はSIMロック解除コードをメモしておきましょう。

au/UQモバイルのAQUOS

au/UQモバイルのAQUOSは、SIMロック解除手続き完了後、楽天モバイルのSIMカードを入れた後に、スマホ本体側で「利用設定」が必要です。

利用設定完了後、スマホ本体側のSIMロック解除が完了します。

SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au、またはSIMロック解除のお手続き│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】のページ内にある「利用設定」を参考に、スマホ側で設定・操作してください。

【手順④】APN設定を行う

楽天回線対応製品のAQUOSに楽天モバイルのSIMカードを入れて利用する場合、自動でAPN設定が完了します。APN設定は不要です。

楽天回線対応製品ではないキャリア版AQUOSスマホは、APN設定が必要です。APN設定をするとアンテナピクトが立ち、データ通信、音声通話、テザリングができるようになります。

PN名楽天(rakuten.jp)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコルIPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

【手順⑤】開通したことを確認して楽天モバイルの利用開始

  1. my楽天モバイルで、MNP転入手続きを行う(楽天回線に切り替える)
  2. AQUOSに楽天モバイルのSIMカードを入れる
  3. AQUOSでAPN設定をする
  4. AQUOSのSIMロック解除手続きが完了している
  5. auやUQモバイルで購入したAQUOSの場合、利用設定が完了していること

順番は問わないので、以上の4つの作業が完璧にできていれば、楽天モバイルの回線に繋がっているはずです。

Wi-Fiをオフにしてブラウザで適当なWebページが表示されることを確認したり、時報に電話するなどしてみましょう。

【手順⑥】Rakuten Linkアプリの初期設定して、1回10秒以上の通話をする

楽天モバイルで実施されている楽天ポイントが貰える系キャンペーンは、楽天モバイルの契約だけでは適用条件を満たしていません。

Rakuten Linkアプリのインストールと、楽天モバイル回線とRakuten Linkを使って1回10秒以上の通話をしてください!

自分が悪いくせに、「楽天ポイント目当てで楽天モバイルを契約したのに、楽天ポイントが貰えないなんて詐欺だ!」という人が非常に多いです。

Rakuten Linkアプリとは、無料通話、無料SMS、グループチャットに、ニュースの閲覧やお支払い機能が加わった、楽天モバイルオリジナルの次世代メッセージサービスアプリです。要はLINEのパクリアプリです。

また、Rakuten UN-LIMITの国内通話かけ放題の利用にはRakuten Linkが必要です。必ず設定を行うようにしてください。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

eSIM開通手順を詳しく解説(eKYCを利用した申し込み)

  • 楽天モバイルでeSIMのみ契約した
  • 本人確認方法で「AIかんたん本人確認(eKYC)」を利用して申し込んだ
  • eSIM対応Androidスマホ/iPhoneに、eSIMをインストールして利用する

ときの、eSIMの開通手順は以下の通り。

Androidスマホの場合は、楽天モバイルでも販売されているスマホであれば、各種製品の初期設定 | Android製品の設定手順が参考になります。

AIかんたん本人確認(eKYC)を利用して申し込んだ場合は、スタートガイドは郵送されないし、スタートガイドのQRコード読み取りも不要です。

流れ

  • 【手順①】「 [楽天モバイル] eSIMプロファイル ダウンロードのお願い」というタイトルのメールが届くと、開通手続きができるようになる。
  • 【手順②】Androidスマホに、my楽天モバイルアプリをインストールして、楽天IDパスワードを使ってログイン
  • 【手順③】9時から21時までの間にmy楽天モバイルアプリからMNP開通手続きを行う(手続きの時間帯に注意)
  • 【手順④】AndroidスマホeにeSIMをインストールする(楽天回線の開通手続きを完了させる)
  • 【手順⑤】Wi-Fiをオフにして、楽天モバイルが開通していることを確認して利用開始
  • 【手順⑥】Rakuten Linkをインストールして、Rakuten Linkで10秒以上の通話をする(最重要、楽天ポイント貰う系キャンペーンは通話必須)

【手順①】my楽天モバイルアプリをインストールして、アプリからMNP転入手続きを行う(新規契約時は不要)

my楽天モバイルアプリをスマホにインストールしてください。

「 [楽天モバイル] eSIMプロファイル ダウンロードのお願い」というタイトルのメールが届くと、eSIMの開通手続きができるようになります。

また、他社から乗り換えで楽天モバイルを契約した人はMNP転入手続きが必要です。my楽天モバイルアプリをインストールして、アプリからMNP転入手続きを行ってください。

MNP転入手続きはアプリから行ってもいいですし、WEB版my 楽天モバイルから行ってもいいです。

MNP受付時間

my楽天モバイルのMNP開通手続きの受付時間と完了時間の目安は以下の通り。

受付時間MNP完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

MNP予約番号の有効期限終了日近くになると、自動的にMNP開通作業を行います。

MNP開通手続きの手順

  1. 手持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンから「my 楽天モバイル」にアクセス
  2. my 楽天モバイル内 右上メニューをタップし、「お申し込み履歴」を選択
  3. 「申込番号」を選択
  4. 「転入を開始する」を選択

【手順②】AndroidスマホにeSIMをインストールする(楽天回線の開通手続きを完了させる)

my楽天モバイルでMNP転入手続きが完了したら、AndroidスマホにeSIMをインストールしてください。(=楽天回線の開通手続きを完了させる)

my楽天モバイルアプリをタップしてアプリを起動し、「申込番号」部分をタップして、「開通手続き」ボタンをタップしてください。

eSIM対応スマホであれば、my楽天モバイルアプリでeSIMをインストールするときは、「開通手続き」ボタンが表示されます。

申込番号の右側の表示が「準備中」でも開通手続きができます。うまく開通できない場合は、時間を置くか、スマホを再起動してから再度手続きしてください。

eSIM対応のAndroidスマホは、初期状態だとeSIM機能がオフになっていることがあります。

eSIM対応のAndroidスマホでも、eSIM機能がオフになっていると、「開通手続きをする」ボタンではなく「eSIM開通用のQRコードを表示する」ボタンが表示されてしまいます。私がこれに引っかかったので確認してください。

「開通手続きへ進む」ボタンをタップすると、スマホによっては「Wi-FiでのSIMのダウンロード」というポップアップが表示されるので「OK」をタップしてください。

画面が切り替わるのでそのまま待っていると、「開通手続きが完了しました」と画面上部に表示されます。

しばらく待って、VoLTEアイコンとアンテナマークが表示されたら、楽天モバイルのeSIMのインストール完了です。楽天回線対応製品ならAPN設定不要です。

【手順③】楽天モバイルの利用開始

  1. my楽天モバイルでMNP転入手続きを行っている(楽天回線に切り替える)
  2. Androidスマホに楽天モバイルのeSIMをインストールしている
  3. 楽天回線対応製品ではないAndroidスマホを使っている場合は、APN設定が完了している
  4. AndroidスマホのSIMロックが解除できている

順番は問わないので、以上の4つの作業が完璧にできていれば、楽天モバイルの回線に繋がっているはずです。

Wi-Fiをオフにして適当なWebページを開いてみたり、時報に電話するなどしてみましょう。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

【手順④】Rakuten Linkアプリの初期設定して、1回10秒以上の通話をする

楽天モバイルで実施されている楽天ポイントが貰える系キャンペーンは、楽天モバイルの契約だけでは適用条件を満たしていません。

Rakuten Linkアプリのインストールと、楽天モバイル回線とRakuten Linkを使って1回10秒以上の通話をしてください!

自分が悪いくせに、「楽天ポイント目当てで楽天モバイルを契約したのに、楽天ポイントが貰えないなんて詐欺だ!」という人が非常に多いです。

Rakuten Linkアプリとは、無料通話、無料SMS、グループチャットに、ニュースの閲覧やお支払い機能が加わった、楽天モバイルオリジナルの次世代メッセージサービスアプリです。要はLINEのパクリアプリです。

また、Rakuten UN-LIMITの国内通話かけ放題の利用にはRakuten Linkが必要です。必ず設定を行うようにしてください。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

 

SIMのみ契約時の端末補償は、月700円で年間10万まで保証する「モバイル保険」がオススメ

モバイル保険とは、モバイル端末が壊れたときの修理費用を10万円まで保障する保険です。スマホ、タブレット、ノートパソコン、ゲーム機までWi-Fiに繋がる機器全般が対象です。

モバイル保険のポイント

  • 月額保険料700円
  • 年間10万円まで補償(主端末が10万円、副端末が2台あわせて最大3万円まで、合計で10万円まで)
  • 自己負担金なし
  • 1契約で3端末まで補償可能

通信キャリアに制限はないので、他社に乗り換えてもそのまま継続して利用できます。サブブランドや格安SIMを渡り鳥のように利用している人にオススメです。

スマホを買い替えた場合や保証対象とする機器を追加・変更したい場合は、マイページからいつでも簡単に手続きできます。

壊れたスマホの写真を撮って修理に出して、修理報告書・領収書またはレシートの写真を撮影して、マイページから保険金申請を行うと、最短5営業日で保険金が振り込まれます。

   

  • この記事を書いた人

楽天モバイルinfo編集部

楽天モバイルinfoでは、楽天モバイルへの乗り換え、楽天モバイルでiPhoneやAndroidスマホを使う方法、キャンペーン情報についてわかりやすく解説しています。

-楽天モバイルでAndroidスマホを使う
-