解説

iPhoneでmineoと楽天モバイルを併用する手順やポイント解説

iPhoneでmineoと楽天モバイルを併用するの手順(デュアルSIM環境の構築)やポイント解説。

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズが9月17日21時から予約受付開始!SIMフリー版と同じ価格で上乗せ無し!

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズを販売します!9月17日21時から予約受付を開始し、2021年9月24日午前8時より発売します。

楽天モバイルのiPhoneの販売価格はSIMフリー版と同じです。他社では数千円から数万円程度上乗せしていますが、楽天モバイルは上乗せしていません。また、楽天モバイルで販売しているiPhoneは全てSIMフリーです。

iPhone 13 mini 128GBモデルは、Apple StoreでSIMフリー版を買うよりも20円安く購入できます。

楽天モバイルのiPhone 13シリーズの販売価格の詳細や予約購入はこちらから。

iPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズが値下げ!

楽天モバイルでは2021年9月16日にiPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズの販売価格が値下げされました。

たとえば、iPhone SE(第2世代) 64GBモデルは1万370円、iPhone 12 64GBモデルは2万1376円値下げされています。

他社から乗り換え時は2万2000円割引が適用されプラン料金3ヶ月無料、楽天ポイント5000ポイント還元も適用されます。他社から乗り換えだと自分でSIMフリー版を買ってくるよりも楽天モバイルで買ったほうが安い、かなりお得な状態になっています。

楽天モバイルで販売されているiPhoneはSIMフリーですし、購入時であれば故障紛失保証 with AppleCare Services に加入できます。

参考までに容量が一番低いモデルの販売価格をまとめました。

モデル旧価格新価格2万2000円割引
適用時
iPhone SE
64GB
55,170円44,800円 22,800円
iPhone 12 mini
64GB
87,712円69,800円 47,800円
iPhone 12
64GB
101,176円79,800円 57,800円
iPhone 12 Pro
128GB
127,395円112,800円 90,800円
iPhone 12 Pro Max
128GB
141,700円122,800円 100,800円

楽天モバイルで販売されているiPhoneの販売価格の詳細や購入はこちらから。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します


UQモバイルでSIMのみ契約するとau PAY残高で最大1万円相当キャッシュバック!

mineoと楽天モバイルでデュアルSIMを構築するときの手順やポイント解説

1台のiPhoneで2枚のSIMを使えます

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR以降のiPhoneは、1台のiPhoneでnanoSIMカードとeSIMを使ったデュアルSIMに対応しています。

eSIMはスマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMです。eSIMならSIMカードが届くのをまったり、紛失や破損の心配もありません。

どのSIMカードで音声通話やデータ通信をするかは、iPhone側で自由に設定が可能です。

今回のパターンだと、mineoのSIMカードを使ってデータ通信、楽天モバイルのeSIMを使って音声通話することになります。

mineoではデータ通信し放題、楽天モバイルでは通話し放題になる

iPhoneでmineoのSIMカードと楽天モバイルのeSIMを併用することで、月額1265円でmineoではデータ通信し放題、楽天モバイルではRakuten Linkアプリを使うことにより通話し放題になります。

mineoはSIMカードをシングルタイプ1GB+パケット放題Plusを契約して月額1265円でデータ通信し放題になります。

楽天モバイルではeSIMで契約して、月1GB以内に抑えることで月額料金が無料になります。

デュアルSIMを構築するために必要なもの

  1. SIMフリー/SIMロックを解除済みのeSIMに対応したiPhone
  2. mineoのSIMカード(シングルタイプ1GB+パケット放題Plusを契約)
  3. 楽天モバイルのeSIM

SIMフリー/SIMロック解除済みのeSIMに対応しているiPhone

SIMフリー版またはSIMロック解除済みのeSIMに対応しているiPhoneを用意してください。

SIMカードを利用するときも、eSIMを利用するときも、SIMロック解除が必要です。

楽天モバイルで動作確認されていて、なおかつeSIMが使えるiPhoneは以下の通り。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

上記のどれかのiPhoneを使っているなら、楽天モバイルのeSIMをiPhoneで利用できます。

動作確認されていないiPhone、eSIMが使えないiPhoneの場合は新しいiPhoneに買い替えてください。

発生する初期手数料

mineoで事務手数料3300円、SIM発行手数料440円=合計3740円かかります。

楽天モバイルは事務手数料無料です。

mineoのSIMカードと楽天モバイルのeSIMを契約するときのポイント

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

mineoではSIMカードのみ契約する(データ通信専用)

mineoは物理SIMカードで、「シングルタイプ」の1GBプランで、「パケット放題Plus」に加入して契約しましょう。

iPhoneで契約するならプラン(回線)はどれでもいいです。これで合計1265円になります。

  • 「SIMカードのみを購入する」を選ぶ
  • Dプラン(ドコモ回線)、Aプラン(au回線)、Sプラン(ソフトバンク回線)のどれかを選ぶ
  • 「5G通信オプションを申し込まない」を選択
  • 「シングルタイプ」を選択
  • Dプラン(ドコモ回線)とSプラン(ソフトバンク回線)を選んだときは、「SMS機能を選ぶ」という選択肢が出てくるが、「申し込まない」を選ぶ
  • コースは「1GB」を選択(月額880円)
  • データ使い放題サービスは「パケット放題Plus」を選択(月額385円)

これで月額1265円で最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になります。ただし、混雑回避のための速度制限(3日で10GB以上利用時)があるので注意してください。

mineoのパケット放題Plusとは

パケット放題 PlusはmineoスイッチONで最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になるサービスです。ネットやSNSはもちろん、動画の視聴もできます。

パケット放題 Plusに加入すると、データ容量を消費せずすべてのコンテンツを利用できる「mineoスイッチ」ONの通信速度を、通常最大200kbpsのところ最大1.5Mbpsに増速されます。

容量超過後だけでなく、好きなタイミングで容量消費無しの最大1.5Mbpsの通信に切り替えることが可能です。

対象サービスに制限なくどんなサービスにも対応しています。また、mineoを契約している人は誰でも利用できます。

月額料金は385円で、10GBコース以上は無料になります。

なお、3日間で10GB以上利用すると混雑回避のための速度制限にひっかかるので注意してください。

1.5Mbpsでできること

2021年3月よりmineoユーザー向けに「パケット放題」の最大速度を1.5Mbpsに増速する先行トライアルを実施した結果、96%のお客さまから十分な速度と回答いただきました。

また、利用シーン別の使用感では「SNSの利用」で97%、「YouTubeなどの動画視聴」で92%、「Zoomなどのビデオ会議」で82%のお客さまに「利用できた」と回答いただいており、今回の「パケット放題 Plus」の最大1.5Mbpsの速度であれば、おおむねすべてのサービスでご利用可能であると言えます。

mineoの申し込みはこちらから

mineo

ボタンを押すとmineo公式サイトに移動します

楽天モバイルではeSIMのみ契約する(通話・SMS送受信用)

楽天モバイルはeSIMで契約してください。楽天モバイルは音声通話・SMS送受信用です。

楽天モバイルでは新しい携帯電話番号を使いたい人は、新規契約でeSIMを契約してください。

現在使用している携帯電話番号を楽天モバイルでも使いたいなら、MNP転入で楽天モバイルのeSIMを契約してください。

  • 楽天モバイルはeSIMで申し込む。新規かMNP転入かはお好みで
  • 音声通話は楽天モバイルのeSIM+Rakuten Linkから電話を発信する
  • Rakuten Linkからの電話の発信は0円

Rakuten Link(iOS版)の挙動

Rakuten Linkアプリを利用して日本から日本の電話番号に電話をかけた場合は、通話料金は0円です。

Rakuten Linkアプリを利用してSMSを送信する場合は有料です。受信する場合は無料です。

SIMタイプは「eSIM」を選ぶ

eSIMを契約するときは、もちろんSIMタイプは「eSIM」を選んでください。

電話番号の選択をする

乗り換えで契約するときは「他社から乗り換え(MNP)」を選択してください。

新規契約する場合は、「新規電話番号を取得」を選択してください。

選択すると電話番号、MNP予約番号、有効期限の入力欄が出てきます。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

iPhone側で必要な操作

楽天モバイル契約前に、iOS 14.4以降にアップデートする/キャリア設定をアップデートする

iPhone 6s以降のiPhoneは、iOS 14.4以降にアップデート&キャリア設定アップデートをすることにより、楽天モバイルの楽天回線に正式対応します。

iOSバージョンを最新バージョンにアップデートしてください。

もしもキャリア設定アップデートのポップアップが標示されたとき、「今はしない」を選択した場合は、以下の手順でアップデートしてください。

キャリア設定アップデート手順

  • ポップアップメッセージから更新を行う場合

新しいキャリア設定バージョンがある場合、キャリア設定のポップアップが表示されるので、【アップデート】をタップしてください。

「今はしない」を選択した場合は、以下の<手動で設定画面から更新を行う場合>の手順にしたがって、アップデートをしてください。

  • 手動で設定画面から更新を行う場合
  1. ホーム画面の【設定】をタップ
  2. 【一般】をタップ
  3. 【情報】をタップ
  4. 【アップデート】をタップ
  5. 以上で完了

iPhone側の操作について

先に楽天モバイルのeSIMをiPhoneにインストールする

mineoのSIMカードをiPhoneに入れる前に、先に楽天モバイルのeSIMをiPhoneにインストールしてください。

iPhoneで楽天モバイルのeSIMを利用する場合は、iOSが最新バージョン、キャリア設定アップデートも最新バージョンであれば、APN設定不要で利用できます。

eSIMのインストール後にmineoのSIMカードをiPhoneに入れる

楽天モバイルのeSIMをインストールしたら、次はmineoのSIMカードをiPhoneに挿してください。

iPhone側でモバイルデータ通信はmineoに、音声回線は楽天モバイルに設定する

mineoのSIMカードをiPhoneに挿したら、次はiPhone側での設定になります。

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「モバイル通信」を選択
  3. 「モバイルデータ通信」をタップ
  4. モバイルデータ通信で使うSIMカードを、mineoのSIMカードを選択する
  5. mineoのAPN構成プロファイルをiPhoneにインストールする
  6. 「デフォルトの音声回線」を楽天モバイルのeSIMを選択しておく

「設定」をタップして「モバイル通信」をタップ。

「モバイルデータ通信」をタップ。

IIJmioのSIMカードを選択してください。

このとき、「モバイルデータ通信の切替を許可」はオンにしないでください。オンにすると勝手に楽天モバイルとIIJmioが切り替わってしまいます。

オンにしたら「<戻る」を選択して1つ前の画面に戻ったら「デフォルトの音声回線」を選択してください。

デフォルトの音声回線で、楽天モバイルのeSIMを選択してください。

Rakuten Linkをインストールして初期設定して利用開始

Rakuten Linkをインストールして、初期設定を完了させてください。

固定電話やRakuten Linkを利用していないスマホから、Rakuten Linkアプリ以外からの発信があった場合は、iOS標準の電話アプリで着信します。着信のあった相手に無料でかけ直す場合は、iOS標準の電話アプリではなく、「Rakuten Linkアプリ」を利用してください。

Rakuten Linkアプリ利用者同士の着信・発信通話は無料で利用できます。

Rakuten Linkからアプリから電話をかけるときは、通話料無料です。

Rakuten LinkアプリからSMS/メッセージを送信するときは有料です。受信は無料です。

-解説