povoに乗り換え

ドコモからpovoに乗り換え手順やポイントまとめ

ドコモからpovoに乗り換えるときの手順やポイントまとめ。

ドコモからpovoへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  • ドコモからpovoに乗り換える
  • ドコモで購入した機種(スマホ)はそのまま使いたい

というときは、ドコモでスマホのSIMロックを解除して、povoでSIMカードのみを契約すればOKです。

povoでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

povoではスマホを購入しなくてもOKです。SIMカードのみを契約しましょう。

「これは新規契約?他社から乗り換え(MNP転入)?」まとめ

「新規契約」と「他社から乗り換え(MNP転入)」の違いは、「今使っている携帯電話番号を引き継ぐかどうか」です。

新規契約で契約すると、povoで携帯電話番号が発行されます。povoではその電話番号を使って電話やSMS送受信を行います。

これは「他社から乗り換え」です

「povoを契約したい。ドコモの携帯電話番号はpovoに乗り換えても使いたい!この番号をずっと使い続ける!」という人は、ドコモでMNP予約番号を発行してpovoを「他社から乗り換え」で契約してください。

ドコモで使っている携帯電話番号がpovoに引き継がれて、povoでもドコモの携帯電話番号を使って音声通話やSMS送受信ができます。

「他社から乗り換え」で契約するときは、povoを申し込む前、MNP予約番号を発行した後にドコモを絶対に解約しないでください。

これは「新規契約」です

「povoを契約したい。ドコモの携帯電話番号は使えなくなってもいい」という人は、ドコモを解約して、povoを「新規契約」で契約してください。

「povoをサブ回線として新しく契約したい」という人は、povoを「新規契約」で契約してください。

SIMカードのみ契約+ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneを使い続ける

  • ドコモからpovoに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneは、povoに乗り換えても使い続ける

ときの手順は以下の通り。

手順

  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneがpovo2.0で使えるか確認
  • povoを契約する前に、ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneのSIMロックを解除する
  • ドコモでMNP予約番号を発行する
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレスなどの契約に必要なものを用意する
  • povo公式サイトにアクセスして、povo2.0アプリをダウンロードする
  • povo2.0アプリを起動して「povo2.0を申し込む」をタップする
  • 「アカウント登録」画面になるので、メールアドレスを入力する
  • メールで送られてくる認証コードを入力
  • SIMタイプでは【SIMカード】を選択して、契約タイプでは【他社からのお乗り換え】を選択
  • 申し込み内容や重要事項説明などの確認、クレジットカード情報の入力を行う
  • eKYC(電子本人確認)での本人確認を完了させる
  • 画面の指示に従って必要事項を入力して、povo2.0の契約を完了させる
  • 契約後、SIMカードが送られてくるので受け取る
  • SIMカードの有効化を実施する
    21時以降に有効化を行うと翌日9時以降に順次有効になるので注意
  • SIMの有効化が完了すると、メールとアプリに通知が来る
  • povoのSIMカードをスマホに入れる
  • スマホでAPN設定を行う(iPhoneはiOS 14.5以降ならAPN設定不要、Androidスマホは必要)
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  • ガイダンスを最後まで聞いて電話を切る
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリなどを開いてWebサイトが見れることを確認してpovoの利用開始

SIMカードのみ契約+SIMフリースマホを使う

  • ドコモ/ahamo、UQモバイル、ソフトバンク/ワイモバイルLINEMO、楽天モバイル、格安SIMからpovo2.0に乗り換え
  • SIMカードのみ契約する
  • povo2.0で動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを自分で新しく購入する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • povo2.0で動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  • 本人確認書類、メールアドレス、クレジットカードなどの必要なものを用意する
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する
  • povo公式サイトにアクセスして、povo2.0アプリをダウンロードする
  • povo2.0アプリを起動して「povo2.0を申し込む」をタップする
  • 「アカウント登録」画面になるので、メールアドレスを入力する
  • メールで送られてくる認証コードを入力
  • SIMタイプでは【SIMカード】を選択して、契約タイプでは【他社からのお乗り換え】を選択
  • 申し込み内容や重要事項説明などの確認、クレジットカード情報の入力を行う
  • eKYC(電子本人確認)での本人確認を完了させる
  • 画面の指示に従って必要事項を入力して、povo2.0の契約を完了させる
  • 契約後、SIMカードが送られてくるので受け取る
  • SIMカードの有効化を実施する
    21時以降に有効化を行うと翌日9時以降に順次有効になるので注意
  • SIMの有効化が完了すると、メールとアプリに通知が来る
  • povoのSIMカードをスマホに入れる
  • スマホでAPN設定を行う(iOS 14.5以降ならAPN設定不要、Androidスマホは必要)
    【iPhoneの場合】iPhoneにUQモバイルやワイモバイルなどの他社のAPN構成プロファイルが設定されている場合は削除する
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  • ガイダンスを最後まで聞いて電話を切る
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリなどを開いてWebサイトが見れることを確認してpovoの利用開始

povo公式サイトはこちらから!

povo

ボタンを押すとpovo公式サイトに移動します

eSIM契約+eSIM対応スマホを使う(iPhoneやGoogle Pixelなど)

  • ドコモ/ahamo、UQモバイル、ソフトバンク/ワイモバイルLINEMO、楽天モバイル、格安SIMからpovoに乗り換え
  • eSIMのみ契約する
  • eSIM対応iPhoneやGoogle Pixelなどを使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • eSIMを利用したいスマホがpovo2.0で動作確認されていることを確認
  • キャリア版スマホを使うなら、povoを契約する前にスマホのSIMロックを解除しておく
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する
  • povo公式サイトにアクセスして、povo2.0アプリをダウンロードする
  • povo2.0アプリを起動して「povo2.0を申し込む」をタップする
  • 「アカウント登録」画面になるので、メールアドレスを入力する
  • メールで送られてくる認証コードを入力
  • SIMタイプでは【eSIM】を選択して、契約タイプでは【他社からのお乗り換え】を選択
  • 申し込み内容や重要事項説明などの確認、クレジットカード情報の入力を行う
  • eKYC(電子本人確認)での本人確認を完了させる
  • 画面の指示に従って必要事項を入力して、povo2.0の契約を完了させる
  • eSIMの有効化を実施する
    21時以降に有効化を行うと翌日9時以降に順次有効になるので注意
  • eSIMをスマホにインストールする
  • スマホでAPN設定を行う(iOS 14.5以降ならAPN設定不要、Androidスマホは必要)
    【iPhoneの場合】iPhoneにUQモバイルやワイモバイルなどの他社のAPN構成プロファイルが設定されている場合は削除する
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  • ガイダンスを最後まで聞いて電話を切る
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリなどを開いてWebサイトが見れることを確認してpovoの利用開始

eSIMをインストールするときは、もう1台別の端末(スマホ/PC/タブレット)があると便利です。

別の端末でeSIMをダウンロードするためのQRコードを表示して、povo2.,0のeSIMをインストールするスマホでQRコードを読み取るのが一番ラクです。

スマホ1台だけでもeSIMのインストールは可能ですが、アクティベーションコード(文字列)をコピペする必要があります。Androidスマホは1回コピペすればOKですが、iPhoneは2回コピペしないといけません。

povo公式サイトはこちらから!

povo

ボタンを押すとpovo公式サイトに移動します

ドコモからpovoに乗り換えるときの流れ(SIMカード/eSIM共通)

  • ドコモからpovoに乗り換える
  • au ICカード(SIMカード)を契約する
  • ドコモで購入したスマホをpovoでも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

【手順①】今使っているドコモのスマホがpovoで動作確認されているかを確認

povoに乗り換えてもドコモで購入したスマホを使いたい場合は、povoでそのスマホが動作確認されているかを対応端末|新料金プラン「povo」誕生|auでチェックしましょう。

理論上は、LTE Band 1/18/26に対応しているスマホであればpovo(au回線)が利用できます。

ドコモから販売されているAndroidスマホは、LTE Band 18/26に対応していない可能性が高いです。GalaxyやXperiaは絶対にLTE Band 18/26に対応していません。

なお、もしも動作確認されていない端末をpovoのSIMを挿して使うときは、もちろん自己責任になります。

eSIMの場合

eSIMを利用する場合は、その使いたいスマホがeSIMに対応しているかを確認してください。

2021年6月30日時点で、povoが動作確認しているeSIM対応スマホは、Google Pixel 5とiPhone XS, XS Max, XR以降のiPhoneです。

【手順②】povo契約前にドコモのスマホのSIMロックを解除する

ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneをpovoで使う際は、povoを契約する前にスマホのSIMロック解除が絶対に必要です。

絶対にpovoを契約する前にスマホのSIMロックを解除してください。

SIMロック解除手続きの流れをもっと正しくいうと、

  1. my docomoなどでスマホのSIMロックの解除手続きをする
  2. AndroidスマホのみSIMロック解除コードが発行される
  3. スマホにpovoのSIMカードを挿す
  4. iPhoneならアクティベーション、AndroidスマホならSIMロック解除コードを入力する
  5. SIMロック解除完了

という流れになります。

ドコモで購入したスマホにpovoのSIMカードを挿すことにより、SIMロック解除が正式に完了します。

povoの開通も完了している、APN設定をしているのにpovo回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

SIMロック解除の窓口は2つ

ドコモのスマホのSIMロック解除は、My docomoかドコモショップ実店舗で受け付けています。

My docomoで自分でSIMロックを解除すれば無料です。ドコモショップ実店舗だと手数料3000円と待ち時間が発生します。

SIMロックを解除する前に、スマホのIMEI番号をメモしておきましょう。

SIMロック解除をするための条件

  1. ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと

  2. 以下のいずれかを満たす場合、即時にSIMロック解除の手続きが可能となります。

    1. 当該機種のご購入後100日経過した場合
    2. 当該回線において、過去SIMロック解除2を行っており、その受付から100日経過した場合
    3. 当該機種を一括払いでご購入された場合、または分割払いでご購入され、その分割支払金/分割払金のご精算をされた場合
    4. 当該回線(解約済み回線を含む)または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話料金のお支払い方法をクレジットカード1に設定いただいた場合

なんか細かいように見えますが、ドコモの支払い方法をクレジットカードにしていれば、SIMロック解除が即時可能です。

100日待ったりする必要はありません。

2020年8月19日以降にスマホを購入している場合は、条件を満たしていればSIMロック解除手続きが実施されている

新たに機種をご購入される際に以下の条件のいずれかを満たす場合は、SIMロック解除の手続きを実施した状態でお渡しさせていただくため、お客さまのお申出によるお手続きは不要です。

<ドコモの回線契約を伴うお客さまの場合>

  1. 当該機種を一括払いでご購入された場合
  2. 当該回線または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話のお支払い方法をクレジットカード1に設定いただいた場合

<ドコモの回線契約を伴わないお客さまの場合>

  1. 当該機種を一括払いでご購入された場合
  2. 「スマホおかえしプログラム」を適用し、当該機種の分割支払金のお支払い方法をクレジットカード1に設定いただいた場合

2020年8月19日以降にスマホを購入している場合は、条件を満たしている場合はすでにSIMロック解除の手続きが実施された状態でスマホが渡されるので、SIMロック解除手続きは不要です。

ドコモの支払い方法をクレジットカードにしていれば、すでにSIMロック解除手続きがされています。

スマホにワイモバイルのSIMカードを挿して、アクティベーションやSIMロック解除コードを入力すると、SIMロック解除が完了します。

My docomoでSIMロック解除するときの手順

  1. SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモの「お手続きサイトへ」を選択
  2. dアカウントにログインする
  3. セキュリティーコードがSMSで送られてくるのでセキュリティーコードを入力してログイン
  4. メモしたIMEI番号を入力する
  5. 注意事項に同意して
  6. 受付確認メールの送信先を選ぶ
  7. 手続き確認内容になるので、確認して「手続きを完了する」を押す
  8. SIMロック解除手続きが完了
  9. Androidスマホの場合はIMロック解除コードが表示されるので、SIMロック解除コードもメモしておく
  10. SIMロック解除コードはメールでも送られてくるので安心

SIMロック解除コードはメールでも送られてくるので安心

SIMロック解除コードは、ドコモのスマホからドコモのSIMを抜いてpovoのSIMを初めて挿したときに入力を求められます。

スマホ1台しか持っていないとSIMロック解除コードが見れないので詰みます。SIMロック解除コードはメモしときましょう。

iPhoneはSIMロック解除コードはありません。iPhoneからドコモのSIMを抜いてpovoのSIMを初めて挿したときにiPhoneのアクティベーションが必要です。

【手順③】ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモからpovoに乗り換えるときは、ドコモでMNP予約番号を発行する必要があります。

ドコモでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からドコモに電話、②My docomoで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My docomoでMNP予約番号を取得することです。

24時間対応ですし、人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。面倒な引き止めとかアンケートも無いです。

どうしてもやりかたが分からないという人はドコモに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNP予約番号の受付窓口

申込方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話151に電話9時~20時
一般電話0120-800-000に電話9時~20時
My docomoトップ→契約内容・手続き
→ドコモオンライン手続き
24時間対応

povoはMNP予約番号の有効期限が10日未満だと申し込めない

povoは、MNP予約番号の有効期限が10日未満の場合は申し込めないようになっています。

ドコモでMNP予約番号を発行したら、すぐにpovoに申し込むようにしてください。

MNP予約番号を取得してもドコモは解約されません

ドコモでMNP予約番号を取得した時点では、ドコモが解約されることはありません。

また、MNP予約番号の有効期限が切れても、ドコモとの契約は継続しています。

ドコモが解約されるのは、povo申し込み後、手元にpovoのSIMやスマホが届いてから行う「回線切替手続き」のときです。

回線切替手続きでは、ドコモからpovoへ回線を切り替える手続きを行います。この回線切替手続きを行った日がドコモの解約日になります。

たとえば10月5日にSIMが手元に届いて、10月6日に回線切替手続きをすると、10月6日付でドコモの契約が自動解約されます。

【手順④】povo2.0アプリをインストールして申し込む

契約に必要なものを用意してpovo2.0を申し込みましょう。

povo2.0からはアプリを使った申し込みになっています。povo2.0アプリをインストールしましょう。

MNP予約番号の有効期限は15日間ありますが、povoをWebで申し込む場合は、MNP予約番号の取得後2日以内に申し込んでください。

  • povo公式サイトにアクセスして、povo2.0アプリをダウンロードする
  • povo2.0アプリを起動して「povo2.0を申し込む」をタップする
  • 「アカウント登録」画面になるので、メールアドレスを入力する
  • メールで送られてくる認証コードを入力
  • SIMタイプでは【SIMカード】か【eSIM】を選択して、契約タイプでは【他社からのお乗り換え】を選択
  • 申し込み内容や重要事項説明などの確認、クレジットカード情報の入力を行う
  • eKYC(電子本人確認)での本人確認を完了させる
  • 画面の指示に従って必要事項を入力して、povo2.0の契約を完了させる

povoの申し込みに必要なもの

  • MNP予約番号
  • 連絡用のフリーメールアドレス
  • 運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類
  • 契約者本人名義のクレジットカード(VISA, MasterCard, JCB, American Express, Diners Club)
  • povo2.0で動作確認されているスマホ

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

povo公式サイトはこちらから!

povo

ボタンを押すとpovo公式サイトに移動します

povoのSIMカードが手元に届いてからの手順

手順

  • 契約後、SIMカードが送られてくるので受け取る
  • SIMカードの有効化(回線の切り替え)を行う
  • povoのSIMカードをiPhoneに挿す
  • 他社のAPN構成プロファイルを削除する(iPhoneのみ)
  • スマホでAPN設定をする
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  • ガイダンスを最後まで聞いて電話を切る
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリなどを開いてWebサイトが見れることを確認してpovoの利用開始

【手順①】手元にSIMカードが到着次第、SIMカードの有効化(回線の切り替え)を行う

契約後に手元にSIMカードが届いたら、SIMカードの有効化を実施してください。

なお、午後9時から翌日午前9時までの間にSIMカードの有効化を行った場合は、翌日朝9時以降~24時間以内に有効になります。

  • 「SIMカードを有効化する」をタップ
  • 「カメラでバーコードをスキャンする」をタップ
  • 「SIMカードを有効化する」をタップして、カメラを起動してスキャンする
  • SIMカードが有効になるまで5分~15分待つ
  • SIMカードが有効化されると、メールアドレスとアプリに通知が届く

【手順②】スマホにpovo2.0のSIMカードを入れる

SIMカードを台紙から取り外して、スマホにpovo2.0のSIMカードを入れてください。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

iPhoneの場合

povoのSIMを挿して起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

Androidスマホの場合

ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイル/UQモバイルなどのキャリアで購入したAndroidスマホにpovoのSIMカードを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、SIMロック解除手続き時に送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

スマホが1台しかない、パソコンもない人はメールが見れないので注意してください。メモしときましょう。

povo公式サイトはこちらから!

povo

ボタンを押すとpovo公式サイトに移動します

【手順③】他社APN構成プロファイルを削除する(iPhoneのみ)

iPhoneにUQモバイルやワイモバイルなどの他社のAPN構成プロファイルがインストールされている人は、以下の手順で他社のAPN構成プロファイルを削除してください。

本来povo2,0でiPhoneを使うときは、iOS 14.5以上であればAPN設定不要で自動で繋がりますが、他社のAPN構成プロファイルのせいでpovoが圏外になる可能性があります。

「◯◯からpovo2.0に乗り換えたんだけど圏外になる!電波が悪い!3Gになる!データ通信できない!」とかいう人は、APN構成プロファイルを削除していない確率がかなり高いです。

手順

  • 「設定」をタップ
  • 「一般」をタップ
  • 「プロファイルとデバイス管理」をタップ(プロファイルと表示される場合もあり)
  • 削除する他社のAPN構成プロファイルをタップ
  • 「プロファイルを削除」をタップ
  • 「パスコード」を入力
  • 「削除」をタップ
  • APN構成プロファイルが削除されたことを確認する
  • ※削除後、プロファイルが①つもない場合は「プロファイルとデバイス管理」は表示されない

【手順④】スマホでAPN設定を行う(iPhoneは不要)

povoのSIMカードをスマートフォンに挿したら、次はスマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

iPhoneの場合

iPhoneを使うときは、iOSバージョンがiOS 14.5以上の場合はAPN設定は不要です。

iOS 14.4以下の場合は最新バージョンにアップデートしてください。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、電波アイコンの横に「4G」や「5G」と表示されるか、Wi-Fiをオフにした状態でインターネット通信ができていればAPN設定は不要です。

4Gや5Gと表示されない、Wi-Fiをオフにしてもインターネット通信ができない場合は、APN設定が必要です。au以外のスマホは

  • [名前]povo 2.0
  • [APN]povo.jp
  • [ユーザー名](設定不要)
  • [パスワード](設定不要)
  • [認証タイプ](設定不要)
  • [APNプロトコル]IPv4 / IPv6
  • [APNタイプ]
  • こちらのAPN情報にてテザリングが利用できない場合は、APNタイプに「dun」と入力してください

【手順⑤】SIM開通手続きを行い、開通したことを確認して利用開始

回線切替やAPN設定が完了したら、次は「発信テスト」が必要です。povoは発信用テスト番号に電話をかけないといけません。

電話を切った後は、天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

  1. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  2. ガイダンスを最後まで聞いて電話を切る

※発信テストができるようになるまで数分かかる場合があります
※発信テストを実施していただかないと、正常にご利用できない場合があります
※発信テストが成功しない場合は回線切り替えが完了していません

 

povo公式サイトはこちらから!

povo

ボタンを押すとpovo公式サイトに移動します

povoのeSIMの開通手順を解説

eSIMの手順

  • 朝9時から夜9時までにeSIMの有効化(回線の切り替え)を行う
  • eSIMの有効化が完了すると、メールアドレスやアプリで通知が来る
  • eSIMをスマホにインストールする
  • スマホでAPN設定を行う
  • 他社APN構成プロファイルがある場合は削除する
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  • ガイダンスを最後まで聞いて電話を切る
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリなどを開いてWebサイトが見れることを確認してpovoの利用開始

【手順①】eSIMの有効化(回線の切り替え)を行う

  • eSIMを利用するスマホとWi-Fi環境を用意する
  • Wi-Fiに接続されている状態でpovo2.0アプリを起動してログイン
  • eSIMを発行するをタップ
  • 画面の下部の「次へ」をタップ
  • 「SIMの有効化を受け付けました」画面になれば成功
  • 画面下の「次へ」をタップ

午後9時〜翌午前9時の間にSIMの有効化を行った場合、SIMは翌9時以降、24時間以内に有効になります。

SIMの有効化が完了するとEメールとアプリに通知が来るので、povoアプリを閉じても問題ありません。

auからの変更および他社/UQ mobileから変更される場合、SIM有効化の際に回線の切り替えを行うため、現在お使いの通信サービスは利用できなくなります。

【手順③】スマホにeSIMをインストールする

eSIMをスマホにインストールする方法は、eSIMを利用する端末1台で実施する「コード入力方式」と、複数台端末を使って実施する「QRコード方式」の2つがあります。

どちらから好きな方法を使ってeSIMをスマホにインストールしてください。

コード入力方式(iPhone)

  1. povo2,0アプリで「eSIMの設定」をタップ
  2. SIM+DPアドレスの右に記載の英数字をコピー
  3. iPhoneの「設定」をタップ
  4. 「モバイル通信」をタップ
  5. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  6. 「詳細情報を手動で入力」をタップ
  7. 先程コピーしたSIM+DPアドレスを貼り付ける
  8. povo2.0アプリに戻る、アクティベーションコードの右に記載の英数字をコピー
  9. 先程コピーしたアクティベーションコードを貼り付ける
  10. 「次へ」をタップ(確認コードの入力は不要)
  11. アクティベーションが完了したら、「モバイル通信プラン」に追加される

iPhoneでコード入力方式を利用する場合は、コピペしたり画面をアプリを行ったり来たりしないといけないので、慣れていない人からすると難易度が高いです。

QRコード方式(iPhone)

  1. eSIMを利用するiPhoneとは別の端末(スマホ・PC・タブレット)を用意する
  2. 別の端末のpovo2.0アプリで「eSIMの設定」をタップする
    パソコンやスマホ・タブレットからpovoの公式サイトにアクセスして、povo2,0にログインしてもOK
  3. QRコードを表示させる
  4. povoのeSIMをインストールするiPhoneをWi-Fiに接続
  5. iPhoneの「設定」をタップ
  6. 「モバイル通信」をタップ
  7. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  8. QRコードスキャナーで表示しているQRコードを読み取る
  9. 回線が追加され、設定完了

コード入力方式(Androidスマホ)

  1. povo2,0アプリの「eSIMの設定」をタップ
  2. SIM-DP+アドレスの横に記載されている英数字をコピー
  3. Androidスマホの「設定」をタップ
  4. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  5. 「モバイルネットワーク」をタップ
  6. 「追加」をタップ
  7. 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」をタップ
  8. 利用規約を確認して「次へ」をタップ
  9. 「自分で入力」をタップ
  10. ネットワークプロバイダの追加画面で、先程コピーした英数字を貼り付けて「続行」をタップ
  11. 「有効化」をタップ
  12. アクティベーションが完了したら「モバイルネットワーク」に追加される

QRコード方式(Androidスマホ)

  1. eSIMを利用するAndroidスマホとは別の端末(スマホ・PC・タブレット)を用意する
  2. povo2,0アプリの「eSIMの設定」をタップ
    パソコンやスマホ・タブレットからpovoの公式サイトにアクセスして、povo2,0にログインしてもOK
  3. eSIMをインストールするAndroidスマホとは別の端末でQRコードを表示させる
  4. povoを利用するAndroidスマホをWi-Fiに接続
  5. Androidスマホの「設定」をタップ
  6. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  7. 「モバイルネットワーク」をタップ
  8. 「追加」をタップ
  9. 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」をタップ
  10. 利用規約を確認して「次へ」をタップ
  11. QRコードスキャナーで、表示しているQRコードを読み取る
  12. 「有効化」をタップ
  13. アクティベーションが完了したら「モバイルネットワーク」に追加される

【手順④】スマホでAPN設定を行う(iPhoneは不要)

povoのeSIMをスマートフォンにインストールしたら、次はスマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「povoの回線にログインするために必要なIDとパスワード」のようなものです。

APN設定についてはこちらをご覧ください。

iPhoneの場合はAPN設定は不要

iPhoneを使うときは、SIMカードを利用するときでもeSIMを利用するときでも、APN設定は不要で自動で繋がります。

Androidスマホの場合はAPN設定が必要

mineoで購入したAndroidスマホを、SIMフリースマートフォン使うときは、SIMカードを利用するときでもeSIMを利用するときでも、スマホ側でAPN設定が必要です。

【手順⑤】APN構成プロファイルを削除する(iPhoneのみ)

他社のAPN構成プロファイルがiPhoneにインストールされている人は、以下の手順で他社のAPN構成プロファイルを削除してください。

本来povoでiPhoneを使うときはAPN設定不要で自動で繋がりますが、他社のAPN構成プロファイルのせいでpovoが圏外になる可能性があります。

手順

  • 「設定」をタップ
  • 「一般」をタップ
  • 「プロファイルとデバイス管理」をタップ(プロファイルと表示される場合もあり)
  • 削除する他社のAPN構成プロファイルをタップ
  • 「プロファイルを削除」をタップ
  • 「パスコード」を入力
  • 「削除」をタップ
  • APN構成プロファイルが削除されたことを確認する
  • ※削除後、プロファイルが①つもない場合は「プロファイルとデバイス管理」は表示されない

【手順⑥】SIM開通手続きを行い、開通したことを確認して利用開始

回線切替やAPN設定が完了したら、次は「SIM開通手続き」が必要です。povoは発信用テスト番号に電話をかけないといけません。

電話を切った後は、天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

  1. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  2. ガイダンスを最後まで聞いて電話を切る

※発信テストができるようになるまで数分かかる場合があります
※発信テストを実施していただかないと、正常にご利用できない場合があります
※発信テストが成功しない場合は回線切り替えが完了していません

 

povo公式サイトはこちらから!

povo

ボタンを押すとpovo公式サイトに移動します

ドコモで買ったスマホはpovo(au回線)で使える?

基本的にドコモのスマホや動作確認されていないスマホを使うのは自己責任です

ドコモで買ったAndroidスマホやiPhoneをpovoで使うときは、基本的に自己責任です。何があっても泣かない、自分で対処することになります。

まあau回線に対応しているなら大丈夫だとは思うんですが、人のせいにしないようにしましょう。

LTE Band 1/18/26に対応しているスマホを用意すれば、理論上はpovoが利用できる

  • LTE Band 1/18/26
  • LTE Band 1/18
  • LTE Band 1/26

のいずれかに対応しているスマホを用意すれば、理論上はpovoが利用できます。LTE Band 18/26はどちらか対応していればOKです。

LTE Band 18/26はauのプラチナバンドです。この2つの周波数帯に対応していないスマホをpovo(au回線)で使うのはかなり厳しいです。

プラチナバンドの特徴

電波が遠くまで届きやすい、建物が密集した場所、建物内や山間部などで電波が回り込んで拾いやすくなる、といった特徴があります。

Androidスマホはau回線に対応していない可能性が高いのでオススメしない

ドコモで販売されたAndroidスマホは、au回線に対応していない可能性が高いのでオススメしません。

詳しい人向けに言うと、ドコモで販売されているAndroidスマホは、auのプラチナバンドであるLTE Band 18/26に非対応のものがかなり多いです。

ドコモのSIMロック解除対応機種および対応周波数帯を見て、ドコモのAndroidスマホがLTE Band 18/26に対応しているかを確認してください。対応していたら○がついています。

XperiaやGalaxyは絶対に対応していません。

AQUOSであれば2019年位に発売されたモデルからドコモ回線だけでなく、au回線やソフトバンク回線にも対応してくるようになりました。

SIMロックを解除したiPhone 6s以降のiPhoneであれば使える

ドコモから販売されたiPhoneは、SIMロック解除に対応したiPhone 6s以降であれば、SIMロックを解除すればpovo回線が利用できるようになります。

ドコモ/au/ソフトバンクで販売されているiPhoneは、SIMロックを解除していないときは購入したキャリアでしか使えません。ドコモで購入したiPhoneならドコモ回線しか対応していません。

しかし、SIMロックを解除すると、ドコモ/au/ソフトバンク/楽天回線にフル対応します。iPhoneは無敵です。

au以外のiPhoneも使えますよ

iPhone 12を例に挙げて解説します。

日本国内で販売されているiPhone 12は、SIMフリー版だろうが、ドコモ版/au版/ソフトバンク版だろうが、モデル番号「A2402」というものを販売しています。

モデル番号が同じなので、キャリア版iPhoneはSIMロックを解除すれば、SIMフリー版と全く同じ状態になります。

  • ドコモ版だけが利用できる機能はない
  • SIMフリー版だけが利用できる機能はない
  • キャリアが勝手にSIMロックを設定して販売しているだけ

povoが動作確認しているiPhone

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

povo公式サイトはこちらから!

povo

ボタンを押すとpovo公式サイトに移動します

povoでSIMフリースマホは使える?

SIMフリー版iPhone

povoでは以下のSIMフリー版iPhoneが利用できます。

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

SIMフリー版Androidスマホ

音声通話・データ通信といった基本動作は問題なく利用できるようですが、povoで提供されている全ての機能を利用することはできないようです。

また、メーカーによっては動作確認端末が充実しているところ、異常に数が少ないところがあるので注意してください。

動作確認状況は、対応端末|新料金プラン「povo」誕生|auをご覧ください。

povo公式サイトはこちらから!

povo

ボタンを押すとpovo公式サイトに移動します

povo 2.0のメリット

  • 基本料0円で自分でデータトッピングして使う。5つの容量とデータ使い放題24時間あり
  • データ容量が0GBでも最大128kbpsで使える
  • 事務手数料無料、縛りなし、契約解除料もない
  • DAZNとsmash.の使い放題になるパックがある
  • 5分以内通話かけ放題、通話かけ放題オプションあり
  • auかんたん決済が利用できる(開始時期未定、提供予定)
  • eSIMが利用できる
  • 13歳以上の人が利用できるようになった

事務手数料無料、縛りなし、契約解除料もない

povo 2.0は事務手数料無料、2年縛りなし、契約解除料はありません。

基本料0円で自分でデータトッピングして使う。5つの容量とデータ使い放題24時間あり

povoの基本料は0円で、自分でデータトッピングや通話トッピングを追加して使う形になります。マックのハンバーガーセットで飲み物の種類とサイズ、ポテトとか選びますよね。それと同じです。

なお、180日以上有料トッピングの購入などがない場合は、利用停止・契約解除となることがあります。また、別途所定の手数料等の費用がかかる場合があります。

データトッピングは5つ

データトッピング料金
1GB390円(7日間)
3GB990円(30日間)
20GB2700円(30日間)
60GB6490円(90日間)
150GB1万2980円(180日間)

1GB/3GB/20GB/60GB/150GBの5つのデータトッピングが用意されています。

1GBが最安ですが、有効期限が7日間しかないので注意が必要です。

毎月だいたい20GBくらい使うなら、20GB/2700円でトッピングするよりも、60GB/6490円を買ったほうが遥かに安く済みますね。

データ使い放題24時間もあり

povo 2,0でもデータ使い放題24時間があります。24時間330円でデータ使い放題になります。

povo 1.0では220円だったので値上げしてしまいました。

データ容量が0GBでも最大128kbpsで使える

povoはデータトッピングを購入していない状態でも最大128kbpsで通信できます。ただし、128kbpsじゃ何もできません。

DAZNとsmash.の使い放題になるパックがある

DAZN使い放題パック(760円/7日間)、smash使い放題パック(220円/24時間)が用意されています。

5分以内通話かけ放題、通話かけ放題オプションあり

povo 2.0でも5分以内通話かけ放題(月額550円)、通話かけ放題(月額1650円)が用意されています。

auかんたん決済が利用できる(開始時期未定、提供予定)

povo 2.0ではauかんたん決済が利用可能ですが、開始時期や提供時期は一切未定です。

eSIMが利用できる

povo 2.0でもeSIMが利用できます。

13歳以上の人が契約できるようになった

povo 2.0では13歳以上に人が契約できるようになりました。ただし、支払い方法はクレジットカードのみです。

ドコモからpovoに乗り換えの注意点やデメリット

デメリット

  • トッピングの購入を180日間しないと通信が停止
  • povoはau回線を使用
  • ドコモのAndroidスマホはau回線との相性が悪い
  • 無制限プランではない
  • ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる
  • 回線セット割や家族割などが利用できなくなる
  • ドコモからpovoに乗り換えるときに費用が発生する
  • povo2.0はLINEの年齢認証ができない

トッピングの購入を180日間しないと通信が停止

povo2.0は、最後の有料トッピングの有効期限の翌日から180日間、有料トッピングの購入がないと通信が停止します。

期間内の従量通話料とSMS送信料の合計額が660円(税込)を超えている場合を除きます。

データ使い放題24時間を2ヶ月に1回購入するなどして延命するようにしましょう。

povoはau回線を使用

povoはau回線を使用してサービスを提供しています。そのため、ドコモ回線とは微妙にサービスエリアが異なります。

ドコモ回線では問題なく繋がったけど、au回線だと電波が悪いとか圏外になるといった問題が発生する可能性があります。ビルの奥まったところとかだと異常に悪かったりとか、そういうことが起こるかもしれません。

都会に済んでいる人、まあそこそこの普通の地方都市に済んでいる人なら全く問題ないですが、ド田舎、山の中、川の中に行ったりするような人はちょっと心配です。

無制限プランはない

povoは使い放題プラン・無制限プランではないので、無制限プランや大容量プランを利用している人がpovoに乗り換えるとあっというまに購入したデータトッピングの容量を超過する可能性があります。

povo2,0では330円で24時間データ使い放題になる「データ使い放題24時間」というオプションが提供されているので、そちらを利用したほうがいいでしょう。

povo2.0はデータ容量が0GBの場合の通信速度は最大128kbps

povo2.0は、データ容量が0GBの場合の通信速度は最大128kbpsになります。

LINEMOは、ミニプランのデータ料超過後の通信速度は300kps、スマホプランは1Mbpsなので、低速でゆるゆると使うのはかなり厳しいでしょう。

ドコモのAndroidスマホはau回線との相性が悪い

ドコモから販売されているAndroidスマホは、au回線との相性が悪いです。

ドコモから販売されているAndroidスマホは、当然ドコモ回線には対応していますが、ソフトバンク回線やau回線には対応していない確率が高いです。

これはソフトバンクやauから販売されているAndroidスマホも同じで、自分のキャリア以外の回線は対応しないようになっています。

ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる

ドコモからpovoに乗り換えると、ドコモで提供されているキャリアメールアドレスが利用できなくなります。

povoではキャリメールアドレスの提供はありません。

回線セット割や家族割などが利用できなくなる

ドコモからpovoに乗り換えると、ドコモ光とのセット割引や各種家族割引サービスが利用できなくなります。

dアカウントやdポイントはpovoに乗り換えても使える

dアカウントやdポイントはドコモからpovoに乗り換えても利用できます。

不安な人は解約する前にdポイントを全部使っておけば安心です。

dアカウントについて

そのままご利用になれます。
ドコモのメールアドレスをIDに設定しているお客様はIDの変更をおすすめします。

dポイントについて

dポイントおよび、dポイント(期間・用途限定)については、ドコモ回線解約前にその回線に対するdアカウントを発行していれば、引き続きご利用になれます(dアカウントにて本サイトにログインされますと、履歴確認なども引き続きご利用になれます)。
また、ドコモ回線解約前に利用者情報登録していたdポイントカードも引き続きご利用になれます。

ただし、ドコモ回線解約前にdアカウントを発行していない場合、ポイントは失効し、利用者情報登録していたdポイントカードもご利用になれなくなりますので、必ず解約前にはdアカウントを発行されますよう、お願いいたします。

また、ポイント共有グループをご利用になっている場合、dアカウントをお持ちであれば、解約後もポイント共有グループとして引き続きご利用になれます。ただし解約される回線が代表回線であった場合、解約前に代表変更のお手続きが必要となります。

さらに、dポイントを送る機能により、他のdポイントクラブ会員に送ることもできます。詳しくは、dポイントを送る機能とはでご確認ください。

ドコモからpovoに乗り換えるときに費用が発生する

ドコモ側で発生する料金

発生する費用

  • 契約解除料
  • 解約当月の月額料金
  • MNP転出手数料は無し
  • ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払い
  • SIMロック解除手数料(店舗だけ、Webなら無料)

契約解除料

ドコモからpovoに乗り換えるときに、契約更新月以外に乗り換える場合は、最大1万450円の契約解除料が発生します。

契約した時期や契約するプランによって契約解除料が1100円~1万450円と金額が異なります。

解約当月の月額料金

ドコモからpovoに乗り換えた当月の月額料金も請求されます。

料金プランの月額料金、インターネット接続サービス料、オプションサービスの月利用料金、通話料・データ通信量、ユニバーサルサービス料、コンテンツの購入代金などが請求されます。

MNP転出手数料は無し

ドコモ側で発生するMNP転出手数料は2021年4月1日から無料になりました。

ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払い

ドコモからpovoに乗り換えても、ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払いは続きます。

たとえば、ドコモで24回払いでiPhone 12を契約していて、18回目まで支払っているときにpovoに乗り換えた場合は、残り6回の支払いがpovoに乗り換えても継続します。

代金の残りの支払いがチャラになることは絶対にありません。

SIMロック解除手数料

WebでSIMロックを解除すれば無料なんですが、ドコモショップ実店舗でやると3000円かかります。

どうしてもどうしてもやり方が分からないときはドコモショップ実店舗に行きましょう。

povoで発生する費用

契約事務手数料は無し

povoでは契約事務手数料、契約解除料は有りません。

povoでもキャリアメールアドレスの提供は無い

povoでもキャリアメールアドレスの提供はありません。

そもそもキャリアメールアドレス使ってますか?何人使ってますか?最近キャリアメールアドレスを使ってメールのやり取りしましたか?

留守番電話サービス、着信転送サービスが無い

povoでは留守番電話サービスや着信転送サービスはありません。使っていない人からしたら何も関係ないです。

LINEの年齢認証ができない

povo2.0はLINEの年齢認証が不可能です。

povo公式サイトはこちらから!

povo

ボタンを押すとpovo公式サイトに移動します

SIMのみ契約時の端末補償は、月700円で年間10万まで保証する「モバイル保険」がオススメ

モバイル保険とは、モバイル端末が壊れたときの修理費用を10万円まで保障する保険です。スマホ、タブレット、ノートパソコン、ゲーム機までWi-Fiに繋がる機器全般が対象です。

モバイル保険のポイント

  • 月額保険料700円
  • 年間10万円まで補償(主端末が10万円、副端末が2台あわせて最大3万円まで、合計で10万円まで)
  • 自己負担金なし
  • 1契約で3端末まで補償可能

通信キャリアに制限はないので、他社に乗り換えてもそのまま継続して利用できます。サブブランドや格安SIMを渡り鳥のように利用している人にオススメです。

スマホを買い替えた場合や保証対象とする機器を追加・変更したい場合は、マイページからいつでも簡単に手続きできます。

壊れたスマホの写真を撮って修理に出して、修理報告書・領収書またはレシートの写真を撮影して、マイページから保険金申請を行うと、最短5営業日で保険金が振り込まれます。

   

-povoに乗り換え