解説

UQモバイルのネットワーク(APN)設定のやり方・方法

iPhoneやAndroidスマホにUQ mobileのSIMを挿した後に必要になる、ネットワーク(APN)設定のやり方・方法についてまとめました。

SIMカード/eSIMのみを契約すると、au PAY残高最大1万5000円相当還元!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万5000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します


楽天モバイルでお得なキャンペーン実施中!

  • 使った分だけ支払うお得なワンプラン
  • 10月31日までプラン料金1GBまで実質無料で使える
  • 初めての申し込み&スマホ購入で楽天ポイントが最大2万4000ポイント貰える
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話し放題
  • 楽天市場での買い物が常時ポイントアップ(ダイヤモンド会員なら最大16倍)

毎月大量にデータ通信するならデータ使い放題の楽天モバイルがオススメ!引っ越しや新居で光回線の開通までの固定回線代わり、旅行時・帰省時の固定回線代わりなどでもオススメですよ!

ネットワーク(APN)設定って?

ネットワーク(APN)設定とは、大雑把に言うとスマートフォンがUQモバイルの回線に接続するときに必要になるIDとパスワードのようなもののことです。

APN設定よりも前の「どのSIMカードを選べばいいのか」という問題については、UQモバイルのSIMカードの選び方や対応機種まとめをご覧ください。

APN設定方法はUQモバイルが手順付きで公開中

UQモバイルで動作確認されているスマホは、動作確認情報の「APN手順書」をクリックすると、そのスマホでのAPN設定の手順が記載されたPDFファイルが開きます。画像つきで解説しているので初心者でも安心です。

こちらはOPPO A73の動作確認情報です。「APN手順書」の「こちら」を選択すると、OPPO A73でのAPN設定の手順を解説したPDFファイルが開きます。

キャリアから販売されているAndroidスマホはAPN設定が必要

キャリアから販売されているAndroidスマホはたいていAPN設定が必要です。

Android端末の場合のネットワーク(APN)設定について、手持ちのXperia Z3(SOL26)を用いて説明していきます。

DSC01744

まずはスマートフォン本体にSIMカードを挿入します。SIMカードを挿入する際は本体の電源がオフになっていることを確認しましょう。

スマートフォンによっては電池パックの裏にSIMカードの挿入口があります。ぶっちゃけスマートフォンによってSIMカードを挿入する場所はまちまちです。

SIMカードを挿入したら電源をオンにしてネットワーク(APN)設定を行っていきます。

UQmobile-setting1..メニュー→「設定」→「その他の設定」→「モバイルネットワーク」の順番にタップします。

UQmobile-setting2.「高度な設定」→「CPA設定」の順番にタップします。Xperia Z3だとネットワーク(APN)設定は「CPA設定」という項目になっていますが、他のスマートフォンだと「APN」になっているようです。

なお、「APN」と「CPA設定」の両方の項目がある場合は「APN」をタップして設定してください。

Screenshot_2015-07-09-10-59-49

Xperia Z3(SOL26)のCPA設定の画面はこのようになっています。

代表的な設定項目名設定値
APN名、アクセスポイント名uqmobile.jp
APN、APN設定uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名uq@uqmobile.jp
Password、パスワードuq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプCHAP
APNプロトコルIPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプdefault, mms, supl, hipri, dun

機種によって設定する項目の名称が異なります。設定項目がない場合は設定する必要はありません。設定変更が出来ない場合はそのままの設定で利用してください。入力が終了したら保存をタップ。

Screenshot_2015-07-09-11-00-15

[CPA接続]をタップして有効にします。これでUQ mobileへの接続が完了。電波アイコンのところを見ると「△▽」と表示されているので、ちゃんと接続されていることが分かります。

SIMフリーのAndroidスマホは、あらかじめAPNがプリインストールされている

SIMフリースマートフォンは、本体側にあらかじめ主要MVNOのAPNがプリインストールされているので、APNを選択するだけでデータ通信や音声通話ができるようになります。

日本で発売されていて、au回線に対応しているAndroidのSIMフリースマートフォンであれば、UQモバイルのAPN設定がもう存在するはずです。

スマホの中には設定すら不要で、SIMを挿すと勝手にUQモバイルのAPNが選択されていることもあります。

iPhoneでは、「APN設定プロファイル」が用意されています

iPhoneでは、APN名やユーザー名、パスワードなどの情報を1つにまとめた「APN設定プロファイル」というものをUQモバイル側が用意しています。

iPhoneに関しては、こまごましたものを入力する必要はありません。

APN設定プロファイルをiPhoneにインストールすることでAPN設定が全て完了し、iPhoneでUQモバイルの回線を使って音声通話やデータ通信ができるようになります。

APN設定プロファイルのインストールの流れ(iPhone編)

「UQモバイル iPhone APN」などと検索して、iOS製品の設定方法|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobileのページにアクセスしましょう。

プロファイルはiPhone 5/5s/5c用と、iPhone 6以降用の2つが用意されています。今回はiPhone 8 PlusにAPN設定プロファイルをインストールしてみます。

「ご利用される製品(端末)から~」に記載されているURLにアクセス。

「このWebサイトは~」というポップアップが表示されるので「許可」をタップ。

プロファイルのインストール画面が表示されるので、「インストール」をタップ。

その後パスコードの入力を要求されるので、パスワードを入力。

承諾画面になるので「次へ」をタップ。

 

警告画面が出てなんか脅されているような文章が出ますが気にせずに「インストール」をタップ。

 

また「インストール」をタップ。

「完了」をタップするとAPN設定プロファイルのインストールが完了します。これでiPhone上での設定は終わりです。

APN設定後は再起動などを行いましょう

APN設定を間違わずにしっかり行っていても、APN設定直後はスマホが電波をうまく掴んでくれずに圏外のままになってしまうことがあります。

その場合は、

  • スマートフォンの再起動
  • モバイルデータのオンオフ
  • 機内モードオンオフ

などをしてみると、そのうち繋がるようになります。それでもつながらない場合はもう一度APN設定が間違っていないかチェックしたり、SIMカードに汚れがないかなどをチェックしましょう。

SIMカード/eSIMのみを契約すると、au PAY残高最大1万5000円相当還元!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万5000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

UQモバイルではiPhone SE(第3世代), iPhone 12販売中。最大2万2000円値引きで購入可能!

UQモバイルのiPhoneのポイント

  • iPhone 12とiPhone SE(第3世代)が最大2万2000円割引でお得に購入できる
  • SIMカードかeSIMとiPhoneののセット契約ができる
  • 故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入できる
  • iPhone 12のSIMロックは即解除可能、iPhone SE(第3世代)はSIMロックなしのSIMフリー

UQモバイルオンラインショップでは、iPhone SE(第3世代), iPhone 12を販売しています。

SIMカードとiPhoneのセット、eSIMとiPhoneのセットで契約できます。

UQモバイルの契約と同時にiPhoneを購入&増量オプションⅡに加入することで、UQ mobile オンラインショップ おトク割が適用されて最大2万2000円割引でお得に購入できます。

増量オプションⅡは1年間無料キャンペーンを実施しているので、割引額を増やすために毎月のコストが増えてしまうこともありません。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入できる

UQモバイルのiPhoneを契約するときに、故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入できます。

Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesの製品保証が提供されます。

また、更に紛失・盗難時に電話またはWEBで申し込むと新品同等品をお届けする補償もあわせて提供されます。

Apple Careに加入している場合は、画面修理3700円、背面ガラス修理3700円、その他修理1万2900円かかります。

ちなみに、Apple Careに加入していない状態でiPhone 12の画面修理をしようとすると、3万6680円かかります。よくiPhoneをぶっ壊す人は加入しておいたほうがいいでしょう。

紛失盗難補償お届けサービスは、利用中のiPhoneが紛失・盗難に遭われた場合、新品同等品を1万2900円で届けてくれるサービスです。万が一紛失したときも安心です。

iPhone 12はSIMロックあり(契約後即解除可能)、iPhone SE(第3世代)はSIMロックなし

iPhone 12はSIMロックありの状態で販売されています。iPhone SE(第3世代)は最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

SIMロック解除手続きの条件はいくつかありますが、UQモバイルの支払い方法がクレジットカードの場合は、購入したその日からSIMロック解除手続きが可能です。

UQモバイル申し込み時にSIMロック解除の申し込みも可能ですが、UQモバイル側でSIMロック解除対応後の発送となるため、商品のお届けに通常よりも時間がかかる場合があります。

SIMロック解除は後から自分でやればいいだけなので、申し込まなくてもいいです。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

UQモバイルでもeSIMが利用できます!申し込みから最短45分でUQモバイルが開通!

UQモバイルでは、2021年9月2日からeSIMサービスの提供を開始しています。

iPhoneは、iPhone XS, XS Max, XR以降の機種を使っている人であれば、UQモバイルでeSIMを他社から乗り換えで申し込めば最短45分でUQモバイルが開通します。

eSIMとは埋め込み型のSIMで、プロファイルと呼ばれるデータをダウンロードして利用します。オンラインで開通手続きが可能なため、SIMカード配送の待ち時間や、SIMカード挿入の作業なく、すぐに利用できるようになります。

なぜ最短45分で開通するの?

なぜ最短45分でUQモバイルが開通するのかというと、「デジタル本人確認(撮影による本人確認)」を導入しているからです。

本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)の表面・裏面・厚みを撮影、契約者本人の顔を撮影して、本人かどうかをAIが判定・オペレーターが目視確認することで、本人確認のスピードがかなり向上しています。

仕組みを知りたい人は、【 eKYC国内シェアNo.1 】本人確認なら LIQUID eKYC - 株式会社Liquid(リキッド)をご覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

  • この記事を書いた人

ユキナビ

ユキナビでは、UQモバイルに関するあらゆる情報を分かりやすく解説しています。特にキャンペーン記事は、2016年9月から最新情報を常に追い続けています。他の人には絶対に負けない自信があります。

-解説