UQモバイルのSIMカードの種類・選び方・対応機種まとめ

投稿日:2018/11/13 更新日:

UQモバイルのSIMカードの種類・選び方や対応機種を解説。

UQモバイルのSIMカードの選び方

4種類のSIMカードが提供

UQモバイルでは、microSIM, nanoSIM, マルチSIM, nanoSIM(専用)という4種類のSIMカードが提供されています。

microSIM. nanoSIMはVoLTE非対応のスマートフォン向けに提供されています。マルチSIMはVoLTE対応スマートフォン向けに提供されています。マルチSIMは取り外し方によって「mini/micro/nano」の3種類から選択が可能です。

nanoSIM(専用)は、iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus専用に提供されています。

SIMカードの種類を間違えると交換手数料3000円が必要になります。間違えないようにしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクのVoLTE対応スマートフォンをUQモバイルで利用する場合にはSIMロック解除が必要

ドコモ・au・ソフトバンクのVoLTE対応スマートフォンをUQモバイルで利用する場合にはSIMロックの解除が必要になります。

SIMロックの解除が可能なのは、SIMロックの解除が義務化された2015年5月以降に発売されたAndroidスマートフォンやiPhoneになります。

2015年5月以前に発売されたものに関してはSIMロックの解除ができません。今使っているスマホがSIMロック解除ができるかどうかは、動作確認端末一覧でご確認ください。

SIMロックとは

SIMロックとは、特定のSIMカードがスマートフォンに差し込まれた場合にのみ動作するように設定されたスマートフォン上の制限のことです。

たとえば、ドコモから販売されたiPhoneは、ドコモのSIMカードが差し込まれた場合のみ音声通話やデータ通信ができるように設定されています。

ドコモから販売されたiiPhoneにauやソフトバンクのSIMカードを差し込んでも音声通話やデータ通信はできません。

SIMロック解除とは

あらかじめSIMロックが設定されたスマートフォンについて、スマートフォンの購入後にSIMロックの設定を無効化することをいいます。

ドコモから販売されたiPhoneのSIMロックを解除することによって、ドコモのSIMカードだけでなくauやソフトバンクのSIMカードを挿しても動作するようになります。

たとえばドコモのiPhone 6sを利用している人がSIMロックを解除すると、ドコモのSIMカードだけでなくauやソフトバンクのSIMカードを挿しても動作するようになります。

SIMロックの解除が可能なスマホは?

SIMロックの解除が可能なのは、SIMロックの解除が義務化された2015年5月以降にドコモ・au・ソフトバンクから発売されたAndroidスマートフォンやiPhoneになります。

2015年5月以前に発売されたものに関してはSIMロックの解除ができません。今使っているスマホがSIMロック解除ができるかどうかは、動作確認端末一覧でご確認ください。

【例外】2017年8月以降発売のauスマートフォンはSIMロック解除不要でUQモバイルのSIMが利用可能

なお例外として、2017年8月1日以降にauから発売されたAndroidスマートフォンやiPhoneは、SIMロックを解除することなくUQモバイルで利用可能です。

2017年8月1日以降に発売されたauのスマートフォンにはMVNO向けのSIMロックがかかっていないからです。「auスマートフォン」+「au回線を使用した格安SIM」はSIMロック解除不要で利用できます。

「auスマートフォン」+「ドコモ回線/ソフトバンク回線を使用した格安SIM」を使う場合には従来どおりSIMロックの解除が必要です。

詳細は【UQ mobile】2017年8月以降のauスマホはSIMロック解除不要で利用可!をご覧ください。

SIMロック解除はパソコン/店舗/電話で可能

SIMロックの解除は、パソコン/スマートフォン/Webからの手続き、実店舗での手続き、電話での手続きの3つの方法で解除できるようになっています。

My docomo, My au, My SoftBankから手続きすれば無料で解除できるので、実店舗や電話でSIMロックの手続きをするのは推奨しません。

どうしてもどうしてもやり方がわからないという人は実店舗に行ってSIMロックを解除してもらってください。

スマートフォンのスペック表のSIMサイズは搭載できるSIMのサイズのことです

スマートフォンのスペック表に書いているのは、そのスマートフォンが搭載できるSIMのサイズのことです。

たとえばMoto G⁵ˢ Plus SIMフリーフォン / モトローラにのスペックには「NanoSIM」と記載されていますが、これはnanoSIMサイズのSIMカードを搭載できるという意味です。

ここにnanoSIMと書いてあるからUQモバイルではnanoSIMを申し込めばいい、という訳ではありません。

信用するべきなのはUQモバイルの動作確認端末一覧ページで、ここにはMoto G5s Plusは「マルチSIM」と記載されています。申し込むべきなのはマルチSIMです。

 

SIMカードの交換は可能です

現在UQモバイルで利用中のSIMカードは交換可能です。UQお客さまセンター(電話)かmy UQ mobileで申込が可能です。SIMカード再発行手数料として3000円かかります。翌月の請求時に合わせて支払う形になります。

microSIMやnanoSIMからマルチSIMに変更を希望する場合は、「VoLTE用マルチSIM ver4」を選んでください。

新しいSIMカードを受け取ったあとは、my UQ mobileで回線切替手続きが必要になります。ちなみに、SIMカードのみ契約しても後から「機種変更」としてスマホを買うこともできます。

UQ mobileの対応機種まとめ

UQ mobileの対応機種については、動作確認端末一覧|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobileをご覧ください。最新情報が掲載されています。

iPhone

  • SIMロック解除が義務化された2015年5月以降にドコモ・au・ソフトバンクから発売されたiPhone 6s以降の全てのiPhone
  • SIMフリー版iPhone 6s以降の全てのiPhone
  • au版/SIMフリー版 iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus

docomoスマートフォン

  • SIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売されたAndroidスマートフォン
  • SIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売されたiPhone 6s以降の全てのiPhone

SIMロックを解除することでUQ mobileのSIMが利用可能になります。

auスマートフォン

  • 2015年5月以前に発売されたauスマートフォン
  • SIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売されたAndroidスマートフォン
  • SIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売されたiPhone 6s以降の全てのiPhone

SoftBankスマートフォン

  • SIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売されたAndroidスマートフォン
  • SIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売されたiPhone 6s以降の全てのiPhone

SIMフリースマートフォン

  • au回線およびau VoLTEに対応したSIMフリースマートフォン

microSIM, nanoSIMカード

microSIM, nanoSIMカードは、主に2015年5月以前にauから発売されたAndroidスマートフォン向けのSIMになります。

たとえば、2014年10月23日に発売されたauのXperia Z3 SOL26は「nanoSIM」になります。

マルチSIM

マルチSIMは、2015年5月以降にドコモ・au・ソフトバンクから発売されたAndroidスマートフォン、SIMフリー版/キャリア版iPhone 6s以降の全てのiPhone、ASUS、ファーウェイ、モトローラなどのau VoLTEに対応したSIMフリースマートフォン向けのSIMになります。

ドコモ版、au版、ソフトバンク版、SIMフリー版のiPhone 6s以降の全てのiPhoneはマルチSIMです。

au版Galaxy S8 SCV36もマルチSIMです。

docomo版Xperia XZ2 SO-03KもマルチSIMです。

au VoLTEに対応下SIMフリースマートフォン「ZenFone 4(ZE554KL)」もマルチSIMになります。

nanoSIM(専用)

nanoSIM(専用)は、au版/SIMフリー版iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus専用に提供されているSIMカードになります。それ以外のiPhoneやAndroidスマートフォンで利用するのは適していません。

こちらはauから発売されたiPhone 6。nanoSIM(専用)になっていますね。

SIMカードのみ利用する場合はAPN設定が必要

インターネットを利用するにはAPN接待が必要になります。UQ mobileのネットワーク(APN)設定のやり方・方法をご覧ください。

まとめ

  • au版/SIMフリー版iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 PlusはnanoSIM(専用)を使う
  • 2015年5月以前に発売されたauのAndroidスマートフォンは「microSIM/nanoSIM」を使う
  • 2015年5月以降にドコモ・au・ソフトバンクから発売されたAndroidスマートフォンとiPhone 6s以降の全てのiPhoneは「マルチSIM」を使う

UQモバイルキャッシュバックキャンペーンは最大1万3000円キャッシュバック!

UQモバイルのキャンペーン専用ページを経由してSIMカード+スマホのセット、またはSIMカードのみをキャンペーン対象プランで契約し、キャッシュバックに関するメール(契約後4ヶ月目)が届くまでの継続利用した人を対象に、現金最大1万3000円がキャッシュバックされます。

キャンペーンの詳細についてはUQモバイルのキャッシュバックキャンペーンのまとめ記事をご覧ください

【2018年12月】UQモバイルキャッシュバックキャンペーンまとめ

→UQ mobileのキャンペーン専用ページはこちらから!

現金最大1万3000円キャッシュバック!
対象機種やSIMの詳細はこちら!
(UQ mobileのキャンペーン専用ページに移動)

 




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-MVNO, 解説
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.