解説

UQモバイルでeSIM提供開始!SIMカードとeSIMの違いや他社との違いまとめ!

UQモバイルでeSIMの提供開始!SIMカードとeSIMの違いや他社との違いまとめ。

UQモバイルでは2021年9月2日からeSIMの提供開始!

UQモバイルでは、2021年9月2日からeSIMサービスの提供が開始されています。

eSIMのみ契約してiPhoneにインストールして利用する、iPhoneとeSIMをセットで契約して利用することができるようになっています。

eSIMとは?

eSIMとは、スマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMのことです。

UQモバイルが用意している、プロファイルと呼ばれる電話番号などの情報が記録されたデータをスマホにダウンロード・インストールして利用します。

SIMカード配送の待ち時間や、SIMカードを入れる作業などが不要で、速やかに利用できます。

時間のかかる本人確認もオンラインで完了しますし、オンラインで開通手続きが可能なので、全ての手続がスムーズにいけば、UQモバイルを申し込んだその日のうちにUQモバイルの回線が利用できるようになります。

SIMカードとeSIMの特徴と比較

SIMカードeSIM
開通までの時間SIMカードの受け取りまで
数日かかる
短い
オンラインで完結
申し込んだその日に開通
設定の手間・
難易度
手間が少ない
難易度低め
SIMカードを入れるだけで
使えるようになる機種もある
SIMカードと比べると
少し難易度高め

自分でやらないといけない操作が
SIMカードよりも多い
SIMカードの入れ替えSIMカードを
自由に入れ替えて使える
eSIMの
再発行が必要(Webだと無料)
紛失する可能性ありなし
対応しているスマホ多い
大抵のスマホで使える
eSIM対応スマホが必要
eSIM対応スマホは
製品数がかなり少ない
SIMロック解除必須必須

eSIMで利用できる機能

  • 4Gでのデータ通信
  • 5Gでのデータ通信(5G対応機種のみ)
  • 音声通話
  • SMS
  • テザリング
  • メール(○○○@uqmobile.jp)の利用
  • Eメール(Gmailなど)

SIMカードで利用できる機能はeSIMでも利用できます。eSIMにすると利用できなくなる機能は基本的にありません。

eSIMの使い方

eSIMの使い方としてよく挙げられるのは、「サブ回線として使う」「バックアップ用回線として使う」が挙げられます。

たとえば、

  • メイン回線で障害が起きているときに、メイン回線の電波が悪いときに、サブ回線のUQモバイルのeSIMに切り替えて使う
  • 毎月のデータ容量が足りなくなったときにeSIMに切り替えて使う

iPhoneは、どのSIMカードを使って電話を発信するか、データ通信をするか選べるようになっているので、片方を勝手に使うことは無いです。

eSIMが使えるスマホは?

2021年9月12日時点では、iPhone SE(第2世代)/iPhone 11/iPhone 12/iPhone 12 miniで動作確認が実施されています。

eSIMに対応しているのはiPhone XS/XS Max/XR以降のiPhoneです。

AndroidスマホではeSIMの動作確認が実施されていません。

SIMカードのメリット・デメリット

nanoSIMのメリット

  • 使いたいスマホの対応しているSIMサイズと一致していれば、いくらでもSIMカードを使いまわして利用できる
  • スマホが壊れても他のスマホにSIMカードを挿すと音声通話やデータ通信ができる
  • iPhoneであれば、SIMカードを挿すとAPN設定不要ですぐに使える機種もある

nanoSIMのデメリット

  • 他のスマホで使うときはSIMカードの差し替えが必要
  • 手元に届くまでに時間がかかる

そもそも普通の人はSIMカードを頻繁に差し替えるようなことは無いと思うので、これは別に大したデメリットではないです。

eSIMのメリット・デメリット

eSIMを選ぶメリット

  • オンラインで手続きがすべて完結する
  • うまくいけば、UQモバイルを申し込んだその日のうちに契約成立して、UQモバイルのeSIM使えるようになる
  • キャリアショップに行って順番を待つ、SIMカードの到着を待つといった時間的制約の軽減
  • SIMカードの交換、差し替え、SIMカードの種別変更といった物理的な手間の軽減
  • 国内では物理SIMカードを使い、海外旅行ではeSIMを使う、といった使い分けができる
  • 物理SIMカードとeSIMでデュアルSIM環境の構築ができる
  • SIMカードの紛失や破損の心配がない

eSIMの一番のメリットは、オンラインで手続きがすべて完了すること、待ち時間の短縮です。

eSIMを選ぶデメリットや注意点

  • eSIMを利用するときでもSIMロック解除が必須
  • eSIMに対応しているスマホを用意する必要がある
  • eSIMに対応しているスマホはまだ少ない
  • eSIMがインストールされたスマホを無くすと、また別のeSIM対応スマホを用意する必要がある
  • 慣れていないとeSIMのインストールに時間がかかる(eSIMの再発行や再インストールが必要)
  • eSIMから物理SIMカードに交換するとき、郵送などで手元に届くまでに時間がかかる

eSIMのデメリットを挙げるとすれば、SIMカードを差し替えて利用するのが難しい点です。

eSIMを使うときでもSIMロック解除は必須です

eSIMを使うときでもiPhoneやAndroidスマホのSIMロック解除は必須です。絶対にSIMロック解除を解除してください。

SIMロックを解除していないスマホにUQモバイルのSIMカードを挿したりeSIMをインストールしても、スマホはUQモバイルのSIM/eSIMを認識しません。

ワイモバイルとUQモバイルのeSIMサービスの比較

UQモバイルと比較されるであろうワイモバイルのeSIMサービスとの比較をしてみます。

ワイモバイルUQモバイル
契約窓口店頭
(eSIMのDL作業は原則で自分で対応)
オンラインショップ
店頭
(eSIMのDL作業はスタッフが対応)
オンラインショップ
eSIMプロファイルの
ダウンロード方法
QRコード読み取りQRコード読み取り
アプリ経由ダウンロード
再発行手数料店頭3300円
My Y!mobile : 無料
店頭2200円
my UQ ; 無料
eSIMにすると
利用できなくなるサービス
(iPhoneの場合)
みまもりマップ
災害用伝言板
災害用音声お届けサービス
なし

ワイモバイルの場合

eSIMのダウンロード作業は、店頭でもオンラインショップでも原則で自分で行うことになります。

eSIMをダウンロードするときは、原則的にeSIMで使いたいスマホとは別の端末(PC/タブレット・スマホ)を用意して、その端末でeSIMのQRコードを表示して、eSIMをインストールして使うスマホでQRコードを読み取ります。

UQモバイルの場合

eSIMのダウンロード作業は、店頭だとスタッフが行ってくれます。オンラインショップだと当然自分で行うことになります。

自分でeSIMをインストール出来る人はオンラインショップで、どうしても出来ない、不安な人は店頭に行ってやってもらいましょう。

UQモバイルでeSIMをスマホにダウンロードするときは、QRコードの読み取りに加えて、アプリ経由(UQ mobileポータルアプリ)のダウンロードが利用できます。

アプリ経由だとeSIMをインストールして使うスマホ1台だけがあればいいので、他に端末を用意しなくて済みます。ワイモバイルよりも手軽にeSIMを利用できるでしょう。

ワイモバイルではアプリ経由でeSIMをダウンロードする機能は提供されていません。(2021年9月12日時点)

再発行手数料はどちらもWebなら無料

eSIMの再発行手数料は、ワイモバイルもUQモバイルもWebで行えば無料です。店頭だとUQモバイルのほうが安いです。

eSIMを選ぶ人はITリテラシーが高いと思うので、ほとんどの人はWebで再発行手続きを行うと思いますが、どうしても分からないときには店頭に行きましょう。

UQモバイル公式オンラインショップでSIMカードまたはeSIMを契約するとau PAY残高で最大1万3000円相当キャッシュバック!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMをくりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万円相当キャッシュバックされるキャンペーンが実施されています。

さらに、契約時に増量オプションⅡに加入すると、貰えるau PAY残高が3000円相当増額して、au PAY残高合計最大1万3000円相当キャッシュバックになります。

増額オプションⅡはUQモバイル申込時に契約するとⅠ年間無料キャンペーンが適用されるので、誰でも3000円相当増額になりますよ。

auやpovoからUQモバイルに乗り換えは適用対象外です。

手順

  • au IDを持っていない場合は、UQモバイル申込時に取得しておく
  • 今契約している携帯電話会社でMNP予約番号を発行する(他社から乗り換え時のみ)
  • フリーメールアドレス、本人確認書類、クレジットカード、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • UQモバイル公式オンラインショップにアクセスする
  • SIMカード(マルチSIM)、またはeSIMをくりこしプラン+5G(S/M/L)で契約する
  • UQモバイルを開通させる
  • au PAYアプリをインストールする
  • au PAYアプリ上でau IDでログインして、au PAYが使える状態にまで設定しておく
  • 回線切り替え完了の翌月下旬以降にau PAY残高にキャッシュバックされる

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

-解説