解説

UQモバイルでもeSIM利用可能!開通手順や設定方法を解説

UQモバイルでもeSIM利用可能!開通手順や設定方法を解説。メリット・デメリット、必要なものについても解説。

SIMカード/eSIMのみを契約すると、au PAY残高最大1万3000円相当還元!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します


楽天モバイルでお得なキャンペーン実施中!

  • 使った分だけ支払うお得なワンプラン
  • 初めての申し込み&スマホ購入で楽天ポイントが最大2万4000ポイント貰える
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話し放題
  • 楽天市場での買い物が常時ポイントアップ(ダイヤモンド会員なら最大16倍)

毎月大量にデータ通信するならデータ使い放題の楽天モバイルがオススメ!引っ越しや新居で光回線の開通までの固定回線代わり、旅行時・帰省時の固定回線代わりなどでもオススメですよ!

UQモバイルのSIMカードとeSIMの違い・それぞれの基礎知識

SIMカードとは?

SIMカードとは、契約者情報を記録したICチップのついた小型のICカードです。あなたのiPhoneやAndroidスマホにも入っています。

SIMカードには、①標準SIM、②microSIM、③nanoSIMの3種類があります。スマホ(タブレット)ごとに対応サイズが決まっていて、違うサイズのSIMカードは使用できません。

UQモバイルのSIMカードは「マルチSIM」が提供されています。

マルチSIMは、①標準SIM、②microSIM、③nanoSIMの3つのサイズに自由に切り取って使えるSIMカードです。

多くのAndroidスマホやiPhoneは、「nanoSIM」を採用しています。nanoSIMはSIMカードのなかでは一番小さいので、切り取りに失敗することはありません。

eSIMとは?(2021年9月2日から提供開始)

eSIMとは、スマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMのことです。チップがスマートフォンの基板に搭載されています。

UQモバイルでは、2021年9月2日からeSIMサービスの提供が開始されています。

UQモバイルが用意している、プロファイルと呼ばれる電話番号などの情報が記録されたデータをスマホにダウンロード・インストールして利用します。

SIMカード配送の待ち時間や、SIMカードを入れる作業などが不要で、速やかに利用できます。

時間のかかる本人確認もオンラインで完了しますし、オンラインで開通手続きが可能なので、全ての手続がスムーズにいけば、UQモバイルを申し込んだその日のうちにUQモバイルの回線が利用できるようになります。

SIMカードとeSIMの特徴と比較

SIMカードeSIM
開通までの時間SIMカードの受け取りまで
数日かかる
短い
オンラインで完結
申し込んだその日に開通
設定の手間・
難易度
手間が少ない
難易度低め
SIMカードを入れるだけで
使えるようになる機種もある
SIMカードと比べると
少し難易度高め

自分でやらないといけない操作が
SIMカードよりも多い
SIMカードの入れ替えSIMカードを
自由に入れ替えて使える
eSIMの
再発行が必要(Webだと無料)
紛失する可能性ありなし
対応しているスマホ多い
大抵のスマホで使える
eSIM対応スマホが必要
eSIM対応スマホは
製品数がかなり少ない
SIMロック解除必須必須

eSIMで利用できる機能

  • 4Gでのデータ通信
  • 5Gでのデータ通信(5G対応機種のみ)
  • 音声通話
  • SMS送受信
  • テザリング
  • メール(○○○@uqmobile.jp)の利用
  • Eメール(Gmailなど)

SIMカードで利用できる機能はeSIMでも利用できます。eSIMにすると利用できなくなる機能は基本的にありません。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

UQモバイルを契約するとき、SIMカードとeSIMどっちがいい?

どっちがいいか分からない・悩むなら「SIMカード」をオススメ

  • SIMカードとeSIMどっちを契約すればいいか分からない
  • SIMカードとeSIMどっちがいいか悩む

ならSIMカードでの契約をオススメします。私はSIMカードとeSIMならSIMカードを選びます。

SIMカードのほうが使えるスマホが多いですし、スマホを何台も持っているガジェットオタクならまだしも、そもそも普通の人は一度スマホにSIMカードを挿した後に頻繁に入れ替えることはないです。

どっちか迷うならSIMカードで申し込んだほうがいいですよ。

eSIM対応スマホじゃないのにeSIMで申し込む人が非常に多くてトラブルになっています

これはワイモバイルに限ったことではないですが、自分の使っているAndroidスマホやiPhoneがeSIMに対応していないのにeSIMで契約してトラブルを起こし、「使えない!クソサービス!ありえない!」みたいに騒いでいる人が非常に多いです。

LINEMOやpovo2.0でも同様の問題が発生しています。100%契約者が悪いです。

自分の使っているAndroidスマホやiPhoneがeSIMに対応しているか分からないレベルの人がeSIMで申し込むと絶対にトラブルになるのでやめてください。

eSIMは上級者向けで、「eSIMを使ってやりたいことがある」人向けでもある

そもそもeSIMは「1人でなんでもできる上級者」「eSIMを契約してやりたいことが明確である人」向けのSIMです。

ただなんとなく「eSIMが便利そうだな」という気持ちで契約すると絶対に後悔するのでやめておいたほうがいいですよ。

eSIMはSIMカードを使うときよりも求められる操作が多いです。

eSIMはeSIM対応スマホを用意する必要があります。eSIM対応スマホは数が少ないです。eSIM機能を搭載していないスマホにeSIMをインストールすることはできません。

  • ワイモバイルのeSIMをサブ回線として利用する
  • ワイモバイルをメイン回線にする前にワイモバイルのeSIMを試しに新規契約してみて、通信や通話の品質を調べてみる

といった、明確にeSIMでやりたいことがある人はeSIMを選んでいいでしょう。

eSIMを使うときでもSIMロック解除は必須です

eSIMを使うときでもiPhoneやAndroidスマホのSIMロック解除は必須です。絶対にSIMロック解除を解除してください。

SIMロックを解除していないスマホにUQモバイルのSIMカードを挿したりeSIMをインストールしても、スマホはUQモバイルのSIM/eSIMを認識しません。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

eSIMのメリット・デメリットまとめ

eSIMを選ぶメリット

  • オンラインで手続きがすべて完結する
  • うまくいけば、UQモバイルを申し込んだその日のうちに契約成立して、最短45分でUQモバイルのeSIM使えるようになる
  • キャリアショップに行って順番を待つ、SIMカードの到着を待つといった時間的制約の軽減
  • SIMカードの交換、差し替え、SIMカードの種別変更といった物理的な手間の軽減
  • 国内では物理SIMカードを使い、海外旅行ではeSIMを使う、といった使い分けができる
  • 物理SIMカードとeSIMでデュアルSIM環境の構築ができる
  • SIMカードの紛失や破損の心配がない

eSIMの一番のメリットは、オンラインで手続きがすべて完了すること、待ち時間の短縮です。

eSIMの使い方

eSIMの使い方としてよく挙げられるのは、「サブ回線として使う」「バックアップ用回線として使う」が挙げられます。

たとえば、

  • メイン回線で障害が起きているときに、メイン回線の電波が悪いときに、サブ回線のUQモバイルのeSIMに切り替えて使う
  • 毎月のデータ容量が足りなくなったときにeSIMに切り替えて使う

iPhoneは、どのSIMカードを使って電話を発信するか、データ通信をするか選べるようになっているので、片方を勝手に使うことは無いです。

eSIMはなぜ最短45分で開通するの?

なぜ最短45分でUQモバイルが開通するのかというと、「デジタル本人確認(撮影による本人確認)」を導入しているからです。(LIQUID eKYC)

本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)の撮影、契約者本人の顔を撮影して、本人かどうかをAIが判定・オペレーターが目視確認することで、本人確認のスピードがかなり向上しています。

仕組みを知りたい人は、【 eKYC国内シェアNo.1 】本人確認なら LIQUID eKYC - 株式会社Liquid(リキッド)をご覧ください。

eSIMを選ぶデメリットや注意点

  • eSIMを利用するときでもSIMロック解除が必須
  • eSIMに対応しているスマホを用意する必要がある
  • eSIMに対応しているスマホはまだ少ない
  • eSIMがインストールされたスマホを紛失・破損してしまうと、また別のeSIM対応スマホを用意する必要がある
  • UQモバイルショップ店舗でeSIM再発行手続きしようとすると、手数料2200円かかる(my UQ mobileなら無料)
  • 慣れていないとeSIMのインストールに時間がかかる(eSIMの再発行や再インストールが必要)
  • eSIMから物理SIMカードに交換するとき、郵送などで手元に届くまでに時間がかかる

eSIMの一番のデメリットは、eSIMに対応しているスマホがまだ少ないことです。

SIMカードはいくらでも入れ替えて使えるが、eSIMはeSIM対応スマホを用意しないとダメ

たとえばですが、

  • iPhone 8を使っていたがiPhone 13に買い替えた
  • iPhone 13にUQモバイルのeSIMをインストールして利用している

場合、iPhone 13を破損させてしまった場合、新しくeSIM対応iPhoneを用意するまでUQモバイル回線でデータ通信や音声通話はできません。iPhone 8はeSIM非対応です。

UQモバイルでSIMカードを契約していれば、iPhone 13からSIMカードを抜いてiPhone 8に入れて使えばなんとかなります。

eSIMを利用するのであれば、eSIM対応スマホが壊れたときのことも考えましょう。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

UQモバイルのeSIMを新規契約・他社から乗り換えで契約するとき必要なもの

必要なもの

  • au ID
  • eSIMを利用するためには「くりこしプラン5G」での契約必須
  • MNP予約番号(乗り換え・MNPの場合)
  • 本人確認書類
  • eSIMに対応しているAndroidスマホやiPhone
  • Wi-Fi環境
  • eSIMを利用するスマホとは別の端末(アプリを使わない場合)

au ID

UQモバイル公式オンラインショップでeSIMを新規契約・他社から乗り換えで契約するときは、契約時点でau IDへのログインを求められます。

携帯電話番号を利用してau IDを作成する人は、新規登録 | au IDの「au/UQ mobile携帯電話をご契約していない方」の「スマートフォンで携帯電話番号を利用してau IDを登録」で作成できます。

au IDはPCはメールアドレスを利用して登録も可能です。

eSIMを利用するためには「くりこしプラン5G」での契約必須

UQモバイルのeSIMは、2021年9月2日から提供されている料金プラン「くりこしプラン5G」でのみ利用できます。

これからUQモバイルを新規契約または他社から乗り換えで契約する人は、絶対にくりこしプラン5Gで契約することになるのでご安心ください。

すでにUQモバイルを契約している人は、「くりこしプラン5G」へのプラン変更が必要です。

MNP予約番号(乗り換え・MNPの場合)

他社から乗り換え・MNPでUQモバイルのeSIMを申し込む場合、MNP予約番号が必要です。MNP予約番号の有効期限は発行日を含めて15日間です。

UQモバイル公式オンラインショップでeSIMを申し込むときは、MNP予約番号の取得日から5日以内に申し込んでください。

本人確認書類

UQモバイルでeSIMを契約するときに、本人確認書類として使用できるものは以下の通り。(2022年8月12日確認)

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書

eSIMに対応しているAndroidスマホやiPhone

動作確認端末(スマートフォン対応機種)一覧│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】にアクセスして、「eSIM」を選択すると、UQモバイルで動作確認されているeSIM対応スマホが表示されます。

  • iPhone XS, iPhone XS Max以降のiPhone
  • 一部のAQUOSスマホ
  • Google Pixelシリーズ

などで動作確認されています。

Wi-Fi環境

eSIMの初期設定(eSIMプロファイルのインストール)には、あらかじめWi-Fiネットワークに接続する必要があります。

Wi-Fi環境がない場合は、近くのau Style/auショップ/UQモバイルショップ実店舗で手続きしてください。

eSIMを利用するスマホとは別の端末(アプリを使わない場合)

eSIMプロファイルをインストールする方法として、

  • ①My UQ mobileアプリ/UQ mobileポータルアプリを使う
  • ②QRコードを読み取る
  • ③自動プロファイルダウンロード(UQモバイルで購入したiPhoneのみ利用可能)

の3つの方法がありますが、②でインストールする場合は、eSIMを利用するスマホとは別の端末(スマホ/PC/タブレット)が必要になります。

別の端末でQRコードを表示して、eSIMを利用したいスマホでQRコードを読み取ります。

どう考えてもアプリを使ったほうが便利なのでアプリを使いましょう。アプリを使えばeSIMを利用したいスマホ1台だけでインストールが完了します。

UQモバイルの契約時、SIMカードからeSIM、eSIM再発行、eSIMからSIMカード変更時に発生する手数料について

  • 契約事務手数料 : 3300円
  • eSIMを別のスマホで利用する場合 : 2200円(my UQ mobileから手続きすれば無料)
  • 物理SIMからeSIMに変更する場合 : 2200円(my UQ mobileから手続きすれば無料)
  • eSIMから物理SIMに変更する場合 : 2200円(UQモバイルショップ実店舗でのみ受付)

eSIMを新規契約または他社から乗り換えで契約するときは、契約事務手数料3300円かかります。

eSIMが関係する手続きでは、「eSIM再発行手数料」がかかります。

eSIM再発行手数料

スマホAにインストールして利用しているeSIMを、スマホBにインストールする場合は、eSIMの再発行が必要になります。

my UQ mobileでの手続きの場合、再発行に伴う事務手数料はかかりません。

UQモバイルショップ実店舗での手続きの場合、eSIM再発行手数料2200円がかかります。

  • ※eSIMプロファイルを誤って削除したお客さまは、my UQ mobileでのお手続きができません。UQスポット/au Style/auショップへご相談ください。
  • ※新規ご契約のお客さまは、開通から2日後にmy UQ mobileでのお手続きが可能です。
  • ※ご契約者またはご利用者が未成年の場合、未成年WEBフィルターに加入しているお客さまのみmy UQ mobileでのお手続きが可能です。
  • ※ご利用料金のお支払方法が口座振替もしくはクレジットカード払いのお客さまのみmy UQ mobileでのお手続きが可能です。
    振込用紙による窓口支払いのお客さまはお支払方法を変更後、翌日以降にお手続きを行ってください。

新規契約/乗り換え・MNPで契約時のeSIMの開通方法(eSIMプロファイルインストール方法)を解説

eSIMの開通方法は3種類あり。eSIMのみ契約時はアプリから開通が便利

UQモバイルのeSIM開通方法(eSIMプロファイルインストール方法)は、

  • ①My UQ mobileアプリ/UQ mobileポータルアプリを使う(eSIMのみ契約時)
  • ②画面や印字されているQRコードを読み取る(eSIMのみ契約時、UQモバイルでAndroidスマホ契約時)
  • ③自動プロファイルダウンロード(UQモバイルでiPhone契約時)

の3つがあります。

①My UQ mobileアプリ/UQ mobileポータルアプリを使う

My UQ mobileアプリ/UQ mobileポータルアプリからeSIMプロファイルのインストールが可能です。eSIM契約時のみ利用できます。

アプリから開通するとeSIMを利用したいスマホ1台だけで手続きが完結するのでオススメです。

②画面や紙に印字されているQRコードを読み取る

QRコードを読み取りでeSIMプロファイルのインストールが可能です。

eSIMのみ契約している場合、別の端末(PC/スマホ/タブレット)でQRコードを表示して、eSIMを利用したいスマホでQRコードを読み取ります。こちらの方法は不便なのであまり推奨しません。アプリからのeSIMプロファイルインストールがどうしても上手くいかない人向けです。

UQモバイルで購入したAndroidスマホの場合は、QRコードが印字されている納付書が同梱されています。そちらのQRコードを読み取ってeSIMプロファイルのインストールを行ってください。

③自動プロファイルダウンロード

自動プロファイルダウンロードは、UQモバイルで購入したiPhoneでのみ利用できます。

UQモバイルでiPhoneを新規契約または回線切り替え済みの場合は、iPhoneの初期設定手順の中で、自動でeSIMプロファイルのダウンロードが行われます。

【手順①】WEBサイトで回線切替を行う(乗り換え・MNP時のみ)

今契約している携帯電話会社からUQモバイルの回線に切り替えるために、WEBサイト上で回線切替を行う必要があります。

UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」が必要です。あらかじめ用意しておきましょう。

  • 注文履歴表示ログイン分岐にアクセス
  • 上下で2つある選択肢のうち、下にある「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社から乗りかえ(MNP)~~~~と記載されているほうを選択
  • 「ご注文番号の入力へ進む」ボタンを押す
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を入力して、「ご注文履歴を表示する」を選択
  • ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」ボタンを押す
  • 回線切替完了
  • 回線がUQモバイルに切り替わり、今契約している携帯電話会社との契約は自動で解約される
  • 回線切替をした日がUQモバイルの開通日であり、今契約している携帯電話会社の解約日でもある

注文履歴表示ログイン分岐では、下の方の「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社から乗りかえ(MNP)~~~」のほうを選択すると、「ご注文番号の入力へ進む」ボタンが表示されるのでボタンを押してください。

「ご注文履歴」画面になるので、UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と、契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を入力して、「ご注文履歴を表示する」ボタンを選択してください。

あとは画面の指示に従って回線切替を行ってください。

【手順②】アプリを使ってSIMプロファイルをスマホにインストールする

eSIMプロファイルのダウンロード方法は、①My UQ mobileアプリ/UQ mobileポータルアプリを使う、QRコードを読み取る、の2つの方法がありますが、私はUQ mobileポータルアプリの利用をオススメします。

UQ mobileポータルアプリを使ったほうが簡単で、eSIMをインストールして使うスマホ1台あれば完結するからです。

QRコードを読み取る方は、eSIMをインストールするスマホ以外の端末(PC、タブレット、スマホ)が必要になります。

eSIMの開通手順は、eSIM開通手続き│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】をご覧ください。

eSIMプロファイルのダウンロードの手順(iPhone編)

  1. UQ mobileポータルアプリをインストールする
  2. au IDでログインして、UQ mobileポータルアプリの初期設定を完了させる
  3. 画面下部にある「サポート」の【eSIMの設定】をタップ
  4. 「eSIMプロファイルをダウンロード」をタップ
  5. 「モバイル通信プランのインストール」の画面になるので「続ける」をタップ
  6. 「モバイル通信プランを追加」の画面になるので「モバイル通信プランを追加」をタップ
  7. ダウンロード中の画面が表示される
  8. 「デフォルト設定が変更されました」の表示を確認後、「OK」をタップ
  9. eSIMプロファイルのダウンロードの完了

eSIMプロファイルのダウンロードの手順(Androidスマホ編)

  1. UQ mobileポータルアプリをインストールする
  2. au IDでログインして、UQ mobileポータルアプリの初期設定を完了させる
  3. 画面下部にある「サポート」の【eSIMの設定】をタップ
  4. 「eSIMプロファイルをダウンロード」をタップ
  5. 「まもなくSIMがダウンロードされます」メッセージが表示されたら「OK」をタップ
  6. ダウンロード中の画面が表示される
  7. eSIMプロファイルのダウンロード完了

【手順③】スマホでAPN設定を行う

スマホにUQモバイルのSIMカードを入れたら、次はスマホ本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「UQモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワード」のようなものです。




iPhoneのAPN設定

iPhoneは、iOSバージョンを最新状態にアップデートすると、APN設定不要で利用できる可能性が非常に高いです。

iPhoneにUQモバイルのSIMカードを入れた後に、iPhoneの画面上部が「UQ mobile」「UQ mobile 4G」「UQ mobile 5G」となっていれば、APN設定は不要です。

iOSバージョンを最新状態にしてもAPNが設定されない場合は、UQモバイルの提供しているAPN構成プロファイルをインストールしてください。

UQモバイルに乗り換える前にワイモバイルなどでiPhoneを利用していて、iPhoneに他社のAPN構成プロファイルをインストールしている場合はアンインストールしてからUQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールしてください。

AndroidスマホのAPN設定

Androidスマホは、APN設定が必要なものと不要なものがあります。

動作確認情報のプロファイル設定を見て、「PDF]と記載があれば自分でAPN設定が必要です。APN設定手順はPDFで丁寧に解説されているので、そちらをご覧ください。

「設定不要」であればAPN設定は不要です。SIMカードを入れるだけでUQモバイルが利用できます。


【手順④】発信用テスト番号(111)に電話して、アナウンスを最後まで聞く

スマホで発信テストをします。

111(通話料無料)に発信して、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえましたら正常終了です。最後まで聞いて電話を切ってください。

発信テストが成功しない場合は、WEBサイトで回線切替が完了していない、APN設定が正しく完了していない可能性があります。確認してください。

【手順⑤】UQモバイル回線で通信できることを確認して利用開始

  • スマホで発信テストが完了している
  • UQモバイルで回線切替が完了している
  • iPhoneにUQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールしている
  • AndroidスマホはAPN設定が完了している
  • スマホのSIMロックを解除している

純場はどうでもいいので、上記の作業がしっかりできていれば、iPhoneがUQモバイル回線に繋がっているはずです。

Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリで適当なWebページが開けること、電話ができることを確認してください。

Androidスマホの場合

画面上部に「4G」や「5G]などと表示されていて、アンテナマークがついていればOKです。

機内モードをオン・オフしたり、Androidスマホの再起動をするとそのうち繋がります。

iPhoneの場合

iPhoneの画面の左上が「UQ mobile 4G」「UQ mobile 5G」「UQ mobile」などと表示されていて、アンテナマークがついていればOKです。

なお、APN構成プロファイルをインストールした直後はなかなか4G表示にならないときがあります。

機内モードをオン・オフしたり、iPhoneの再起動をしたりするとそのうち繋がります。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

UQモバイルユーザーがSIMカードからeSIMへ変更する手順(eSIMの再発行手続きも同じ手順)

  • すでにUQモバイルを契約している
  • SIMカードからeSIMに変更したい
  • スマホAで使っているeSIMを、スマホBに移して使いたい

というときの手順は以下の通り。

eSIMへの変更手順

  • my UQ mobileにログインする
  • 再発行したい電話番号を選択して、eSIMの再発行手続きをする
  • 受付完了画面を閉じる前に、必ず「申し込み番号」をメモしておく
  • 新しくeSIMの利用するスマホにUQ mobileポータルアプリをインストール後、現在利用中のau IDとパスワードを入力してログインする
  • 現在利用中のスマホの電話番号または連絡先メールアドレスに「認証用URL」が送信されるので2段階認証を実施しておく
  • 回線切り替えて続きを行う
  • UQ mobileポータルアプリを使ってeSIMプロファイルのダウンロードを完了させる
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了(発信テストをしないと開通しない模様)

 

  • この記事を書いた人

ユキナビ

ユキナビでは、UQモバイルに関するあらゆる情報を分かりやすく解説しています。特にキャンペーン記事は、2016年9月から最新情報を常に追い続けています。他の人には絶対に負けない自信があります。

-解説