UQモバイルに乗り換え

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換え手順やポイントまとめ

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるときの手順やポイントまとめ。

UQモバイル公式オンラインショップでSIMのみ契約でau PAY残高最大1万3000円相当キャッシュバック!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカードまたはeSIMをくりこしプラン+5GをプランS/M/Lで契約すると、au PAY残高最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンの詳細は【最新】UQモバイルキャッシュバックキャンペーンまとめを御覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)からUQモバイルへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  • 楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えたい
  • 楽天モバイルで購入した機種(スマホ)はそのまま使いたい

というときは、UQモバイルでSIMカードのみを契約すればOKです。

UQモバイルオンラインショップでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

UQモバイルではスマホを購入しなくてもOKです。SIMカードのみを契約しましょう。

「これは新規契約?他社から乗り換え(MNP転入)?」まとめ

「新規契約」と「他社から乗り換え(MNP転入)」の違いは、「今楽天モバイルで使っている携帯電話番号をUQモバイルでも引き継ぐかどうか」です。

新規契約で契約すると、UQモバイルで携帯電話番号が発行されます。UQモバイルではその電話番号を使って電話やSMS送受信を行います。

楽天モバイルでMNP予約番号を発行してUQモバイルを「他社から乗り換え」で契約すると、楽天モバイルで使っていた携帯電話番号をUQモバイルでも引き継ぎます。

これは「他社から乗り換え」です

「UQモバイルを契約したい。楽天モバイルの携帯電話番号はUQモバイルに乗り換えても使いたい!この番号をずっと使い続ける!」という人は、楽天モバイルでMNP予約番号を発行してUQモバイルを「他社から乗り換え」で契約してください。

楽天モバイルで使っている携帯電話番号がUQモバイルに引き継がれて、UQモバイルでも楽天モバイルの携帯電話番号を使って音声通話やSMS送受信ができます。

「他社から乗り換え」で契約するときは、UQモバイルを申し込む前、MNP予約番号を発行した後に楽天モバイルを絶対に解約しないでください。

これは「新規契約」です

「UQモバイルを契約したい。楽天モバイルの携帯電話番号は使えなくなってもいい」という人は、楽天モバイルを解約して、UQモバイルを「新規契約」で契約してください。

「UQモバイルをサブ回線として新しく契約したい」という人は、UQモバイルを「新規契約」で契約してください。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

UQモバイルに乗り換える前に楽天モバイルでやることまとめ

楽天モバイルから販売されているスマホはSIMフリーなので、SIMロック解除不要

楽天モバイルから販売されているAndroidスマホやiPhoneはSIMロックのないSIMフリー状態で販売されています。

楽天モバイルを契約する前にSIMロックを解除する必要はありません。

楽天モバイルでMNP予約番号を取得する

UQモバイルに乗り換えるときは、楽天モバイルでMNP予約番号の発行が必要になります。

楽天モバイルでMNP予約番号の発行方法はWebだけです。電話や店舗に行ってもMNP予約番号は発行できません。

楽天モバイル(ドコモ回線/au回線)の場合

メンバーズステーション」→「会員メニュー」→「登録情報・設定変更」→「MNP予約番号発行・確認」より手続きしてください。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMITの場合

「my 楽天モバイル」→「契約プラン」→「各種手続き」→「MNP番号発行」より手続きしてください。

MNP予約番号を取得しても、楽天モバイルは解約されません

楽天モバイルでMNP予約番号を取得した時点では楽天モバイルは解約されません。

楽天モバイルが解約されるのは、UQモバイル申し込み後、手元にUQモバイルのSIMやスマホが届いてから行う「回線切替手続き」のときです。

回線切替手続きでは、楽天モバイルからUQモバイルへ回線を切り替える手続きを行います。この回線切替手続きを行った日が楽天モバイルの解約日になります。

MNP予約番号の有効期限が切れても、楽天モバイルは解約されません

MNP予約番号の有効期限が切れたからといって、楽天モバイルが解約されるわけではないので安心してください。MNP予約番号の有効期限が切れても楽天モバイルの契約は継続しています。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

SIMカードのみ契約+楽天モバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneを使い続ける

SIMカードを申し込むときの手順

  • 楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • 楽天モバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneをUQモバイルでも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

手順

  • au IDをあらかじめ作成してもいいが、UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中でau IDの新規登録ができるので、そっちでやるのがオススメ
  • 楽天モバイルで購入したAndroidスマホがUQモバイルで使えるか動作確認端末一覧を見て確認
  • 楽天モバイルのAndroidスマホやiPhoneはSIMフリーなのでSIMロック解除不要
  • 楽天モバイルでMNP予約番号を発行する
    あらかじめ発行するよりも、UQモバイルを契約する当日に発行することをオススメ
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカードを【他社から乗りかえ(MNP)】で契約する
  • 途中で決める「暗証番号」と「注文履歴確認用パスワード」は、忘れないようにしっかりメモしておくこと
  • あとは画面の指示に従ってUQモバイルの契約を完了させる
  • 数日でUQモバイルのSIMカードが手元に届く
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を用意しておく
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する
  • SIMカードを台紙から取り外し、スマホにSIMカードを入れて電源を入れる
  • AndroidスマホやiPhoneでAPN設定をする
    APN設定直後は繋がりづらいことがあるので、機内モードオンオフやスマホ再起動を行う
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • UQ mobileポータルアプリをインストールしておく。初期設定の手順の中でau IDが新規登録可能なので絶対にやること
  • キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たすために、au PAYのインストールをしてau PAYが使える状態にしておく
  • 自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

step
1
au IDを先に作るか後に作るか決める

UQモバイルのSIMカードを申し込むときに、「au IDをお持ちでない方」、「au IDをお持ちの方」という選択肢が表示されますが、別にau IDを持っていなくてもUQモバイルは申し込めます。

UQモバイルが開通してからUQ mobileポータルアプリをスマホにインストールして、アプリの初期設定の手順の中でau IDの新規登録ができます。

特に理由が無いなら、UQ mobileポータルアプリ~でau IDを新規登録することをオススメします。

step
2
使いたいスマホがUQモバイルで動作確認されているか見る

楽天モバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneをUQモバイルでも使い続けるという人は、その使いたいスマホがUQモバイルで動作確認されているかを確認してください。

今使っている楽天モバイルのスマホがUQモバイルに乗り換えてもそのまま使えるか確認する方法

  1. 動作確認端末一覧にアクセスする
  2. 条件から絞り込むで「楽天モバイル」を選択する
  3. UQモバイルで動作確認されている楽天モバイルのスマホが表示される
  4. 自分の使いたいスマホの動作確認情報の右上に「○」に、対応エリアが「○」になっていれば、そのスマホはau回線に対応しているのでUQモバイルで問題なく使える
  5. 右上や対応エリアに△マークがついていたら、そのスマホはau回線に対応していないので、UQモバイルで使うのはオススメしない
  6. 「マルチSIM(nano)」と書かれている=そのスマホのSIMサイズは「nanoSIM」で、SIMカードをnanoSIMサイズに切り取って使う、の意味

動作確認端末一覧の条件から絞り込むで「楽天モバイル」を選択すると、楽天モバイルから販売されたAndroidスマホやiPhoneの動作確認情報のみ表示されます。

動作確認情報を見て、スマホ名の右側と対応エリアが○になっていたら、そのスマホはUQモバイルでも問題なく使えます。au回線に対応しています。

ちなみに、動作確認されている楽天モバイルのAndroidスマホやiPhoneは全部○=au回線対応です。ご安心ください。

スマホ名の右側と対応エリアが△になっていたら、そのスマホはau回線に対応していないので、UQモバイルで使うのはやめたほうがいいです。

step
3
動作確認情報では、使いたいスマホの「対応SIM」も見る

使いたいスマホがUQモバイルで動作確認されていることを確認したら、次は使いたいスマホの対応している「対応SIM」もチェックしておきましょう。

対応SIMのパターンとしては、

  1. マルチSIM(nano)のみ記載されている
  2. マルチSIM(nano)とeSIMの両方記載されている
  3. マルチSIM(micro)のみ記載されている

3パターンが存在します。

ほとんどの人は対応SIMには「マルチSIM(nano)」と記載されているはずです。

自分の使いたいスマホの対応SIMが「マルチSIM(nano)」だったら、UQモバイル公式オンラインショップでSIMカードを申し込み、手元にSIMカードが届いたら「nanoSIM」サイズに切り取って使用してください。

step
4
楽天モバイルでMNP予約番号を発行する

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるときは、楽天モバイルでMNP予約番号を発行する必要があります。

MNP予約番号を発行しただけで楽天モバイルが解約されることはありません。

step
5
SIMカードを「他社から乗りかえ」で申し込む

チェックリスト

  • UQモバイルで使いたいスマホが動作確認されていて、右上や対応エリアが○になっていた
  • 対応SIM(そのスマホのSIMサイズ)を確認した
  • UQモバイルでMNP予約番号を発行した
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃えた

クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意したら、UQモバイル公式オンラインショップからSIMカードを申し込んでください。

「au IDをお持ちでない方」を選んでも、SIMカードは問題なく契約できるのでご安心ください。UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中でau IDを新規登録できます。

UQモバイル公式オンラインショップで申し込む場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上必要となります。

申し込み及び本人確認終了後、本人確認書類に記載された住所宛に最短翌日でSIMカードが発送されます。

契約方法は「他社から乗りかえ」を選択

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるときは、契約方法は「他社から乗りかえ(MNP)」を選択してください。

4桁の「暗証番号」をメモする

申込画面で4桁の暗証番号を決める必要がありますが、これは各種手続き時、本人確認するときに必要な重要番号になるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中で、au IDを新規登録するときにも、途中でこの暗証番号の入力を求められます。

「ご注文内容確認用パスワード」が後で必要なのでメモしてください

申込画面で「ご注文内容確認用パスワード」を入力しますが、このパスワードはMNP転入時の回線切替手続きのときに入力を求められるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

SIMカードが手元に届いてからの手順

手順

  • 数日後にUQモバイルのSIMカードが手元に届く
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と、契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を用意しておく
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトで回線切替を行う
  • AndroidスマホやiPhoneの電源をオフにして、UQモバイルのSIMカードを入れる
  • 電源をオンにしてAndroidスマホはSIMロック解除コードの入力、iPhoneはアクティベーションをする
    (キャリア版スマホは、この作業が完了するとSIMロックが正式に解除される)
  • 一度スマホを再起動しておく
  • iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合はアンインストールする!
  • AndroidスマホやiPhoneでAPN設定をする
  • 発信用テスト番号(111)に電話して、アナウンスを最後まで聞いて電源を切る
  • UQモバイル回線で通信できることを確認して利用開始
  • UQ mobileポータルアプリをインストールしておく。初期設定の手順の中でau IDが新規登録可能なので絶対にやること
  • キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たすために、au PAYのインストールをしてau PAYが使える状態にしておく
  • 自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

この順番でやらないとダメ!とか、この順番でやらないと損害が発生する!とかいうのはありません。

ここに記載している手順を全部しっかり行えば、UQモバイルが開通します。

UQモバイルのSIMやスマホの詳細はこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

【事前準備】新iPhone移行時は、新iPhone側でソフトウェア・アップデートが必要なことがある

古いiPhoneから新しいiPhoneにデータ移行するとき、古いiPhoneと新しいiPhoneでiOSバージョンを同じにする必要があります。iOSバージョンを同じにすれば、途中でソフトウェア・アップデート画面が出ることはないので、データ移行がかなりスムーズに進みます。

たとえば古いiPhoneがiOS 15.1で、新しいiPhoneがiOS 15.0だったら、新しいiPhoneのiOSバージョンのアップデートが必要になります。

クイックスタート機能を利用して、新iPhoneのセットアップ時にソフトウェア・アップデートをしようとすると、「今すぐインストール」でぐるぐる表示のまま全く進まないことがあります。一生終わらないんじゃないかってレベルで進みません。

もしも新iPhoneのiOSバージョンが古い場合は、先に新iPhoneで「Appとデータを転送しない」を選んで、新しいiPhoneとしてセットアップを完了させててから、iOSバージョンのアップデートを実施してください。

iOSバージョンのアップデートが完了したら、新iPhoneのリセットを行ってください。iPhoneのリセットをすると各種データは消えますが、iOSバージョンはそのままです。古くなることはありません。

新iPhoneと旧iPhoneのiOSバージョンを同じにしたら、クイックスタート機能を利用して新iPhoneのセットアップを行ってください。

【手順①】WEBサイトで回線切替を行う

今契約している携帯電話会社の回線からUQモバイルの回線に切り替えるために、WEBサイト上で回線切替を行う必要があります。

UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」が必要です。あらかじめ用意しておきましょう。

回線切り替えの流れ

  • 注文履歴表示ログイン分岐にアクセス
  • 上下で2つある選択肢のうち、下にある「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社から乗りかえ(MNP)~~~~と記載されているほうを選択
  • 「ご注文番号の入力へ進む」ボタンを押す
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を入力して、「ご注文履歴を表示する」を選択
  • ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」ボタンを押す
  • 回線切替完了
  • 回線がUQモバイルに切り替わり、今契約している携帯電話会社との契約は自動で解約される
  • 回線切替をした日がUQモバイルの開通日であり、今契約している携帯電話会社の解約日でもある

注文履歴表示ログイン分岐では、下の方の「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社から乗りかえ(MNP)~~~」のほうを選択すると、「ご注文番号の入力へ進む」ボタンが表示されるのでボタンを押してください。

「ご注文履歴」画面になるので、UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と、契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を入力して、「ご注文履歴を表示する」ボタンを選択してください。

あとは画面の指示に従って回線切替を行ってください。

【手順②】スマホにUQモバイルのSIMカードを入れて、アクティベーション/SIMロック解除コードを入力する

AndroidスマホやiPhoneの電源をオフにして、他社のSIMカードを抜いてUQモバイルのSIMカードを入れてください。

SIMカードを入れた後に電源をオンにすると、AndroidスマホならSIMロック解除コード、iPhoneならアクティベーション(Apple IDとパスワードの入力)を求められます。

ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイルなどで購入したAndroidスマホやiPhoneは、このSIMロック解除コードやアクティベーションを実施することで、SIMロック解除が正式に完了します。

SIMロック解除コードの入力、アクティベーションが完了したら、いったんスマホを再起動してください。

iPhoneは再起動をしないと通話が終了できなくなる可能性があるので、必ず再起動してください。

iPhoneの場合

アクティベーションロックは、「お前SIMカード入れ替えたな!ホンマに持ち主か確認するで!」という機能です。

iPhoneによってはSIM無しでアクティベーションができるものもあります。

Androidスマホの場合

キャリアで購入して、SIMロックを解除したAndroidスマホにUQモバイルのSIMカードを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、SIMロック解除手続き時にキャリアから送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

【手順③】AndroidスマホやiPhoneでAPN設定を行う

スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「UQモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワード」のようなものです。

UQモバイルに乗り換える前にワイモバイルなどでiPhoneを利用していて、iPhoneに他社のAPN構成プロファイルをインストールしている場合はアンインストールしてからUQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールしてください。

AndroidスマホのAPN設定について

AndroidスマホのAPN設定は、①SIMカードを入れるとAPN設定不要で繋がるもの、②APN設定をしないと繋がらないもの、の2パターンになります。

SIMフリーのAndroidスマホあれば、SIMカードを入れるだけでAPN設定は不要でUQモバイル回線が使えるようになるものがかなり多いです。

キャリアから販売されているAndroidスマホについては、ほぼ確実にAPN設定が必要になります。

そのAndroidスマホがAPN設定が必要かどうかは、UQモバイルで動作確認されているAndroidスマホであれば、UQモバイルの動作確認端末一覧ページから確認できます。

動作確認情報の「APN手順書」の項目を見て、PDFへのリンクがあればAPN設定が必要、「設定不要」と書かれていればAPN設定は不要です。

たとえば、これはドコモから販売されているXperia 1 IIIの動作確認情報です。APN手順書はこの赤枠部分です。ここのPDFを選択すると、

そのスマホの画面を使ったAPN設定の手順書が見られます。これを見れば誰でもできます。

iPhoneのAPN設定について

iPhoneでUQモバイル回線で音声通話、データ通信できるようにするためには、UQモバイルで用意されているAPN構成プロファイルのインストールが必要です。

APN構成プロファイルをインストールするときはWi-Fi環境が必要です。Wi-Fi環境がない人はコンビニかカフェとかに行ってください。

APN構成プロファイルは、iPhone 5/5c;/5s用のもの、iPhone 6以降用のもの、の2つが提供されています。

かんたんな流れ

  • UQモバイルのAPN構成プロファイルの配布ページにアクセス
  • APN構成プロファイルをインストールする
  • 機内モードオン・オフ、iPhoneの再起動、モバイルデータ通信のオン・オフなどをする
  • WiFiをオフにしてブラウザアプリで適当なページを開いてみたり、時報などにかけたりしてUQモバイル回線でデータ通信や音声通話が利用できることを確認する
  • おわり

iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされているなら削除

もしもUQモバイルの前に、

  • ワイモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル

などを利用していて、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしている場合は、APN構成プロファイルを削除してください。

SIMカードを入れる、回線切替をする、APN構成プロファイルを削除する、この3つの手順を行ってもiPhoneで通信できない場合は、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしてください。

iPhoenのAPN構成プロファイルの削除手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  4. 他社のAPN構成プロファイルをタップ
  5. 「プロファイルを削除」をタップ
  6. パスコードの入力を求められた場合は、画面に従って入力
  7. 「削除」を選択
  8. 削除完了

【手順④】発信用テスト番号(111)に電話して、アナウンスを最後まで聞く

スマホで発信テストをします。

111(通話料無料)に発信して、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえましたら正常終了です。最後まで聞いて電話を切ってください。

発信テストが成功しない場合は、回線切替が完了していません。WEBサイトで回線切替手続きを行ってください。

【手順⑤】UQモバイル回線で通信できることを確認して利用開始

  • 回線切替が完了している
  • iPhoneはAPN構成プロファイルをインストールしている
  • AndroidスマホはAPN設定が完了している
  • スマホのSIMロックを解除している

純場はどうでもいいので、上記の作業がしっかりできていれば、iPhoneがUQモバイル回線に繋がっているはずです。

Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリで適当なWebページが開けること、電話ができることを確認してください。

Androidスマホの場合

画面上部に「4G」や「5G]などと表示されていて、アンテナマークがついていればOKです。

機内モードをオン・オフしたり、Androidスマホの再起動をするとそのうち繋がります。

iPhoneの場合

iPhoneの画面の左上が「UQ mobile 4G」「UQ mobile 5G」「UQ mobile」などと表示されていて、アンテナマークがついていればOKです。

なお、APN構成プロファイルをインストールした直後はなかなか4G表示にならないときがあります。

機内モードをオン・オフしたり、iPhoneの再起動をしたりするとそのうち繋がります。

【手順⑥】UQ mobileポータルアプリをインストールする

UQ mobileポータルアプリをインストールしてください。アプリの初期設定の手順の中で、au IDの新規登録が可能です。ここでau IDを作成しておきましょう。

au IDを新規作成するときに、契約時に決めた4桁の暗証番号の入力が求められます。

UQ mobileポータルアプリをインストールすると、データ残量の確認、高速モード/節約モードの切り替え/データチャージや、my UQ mobileにかんたんにログインができます。便利なのでインストールしておきましょう。

【手順⑦】au PAYアプリをインストールして使える状態にしておく

au PAY残高還元キャンペーンは、au PAYアプリをインストールして使える状態にしておく必要があります。

au PAYアプリをインストールして、au IDでログインしてau PAYアプリの登録を完了させてください。現金を使ってチャージする必要はありません。

【手順⑧】自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

1人で複数回線契約している人、家族で複数回線契約している人がUQモバイルの自宅セット割のでんきコース/インターネットコースを利用する場合は、UQ家族割グループに加入する必要があります。

現在提供されているくりこしプラン+5Gは、UQ家族割グループを組んでもUQ家族割は適用されません。

UQ mobileお客さまセンター(電話)でのお申し込み
以下の内容をお電話で確認いたします。

【同一性・同一住所の場合】

親回線の契約者の本人確認情報
追加される子回線の契約者氏名、電話番号および住所

【苗字または住所に相違がある場合】

お電話ではお申込みいただけません。お手数ですが、UQスポット/UQ mobile取扱店頭でお申し込みください。
親回線の契約者の本人確認書類、子回線の契約者の本人確認書類、ご家族であることを証明する書類が必要です。

UQモバイルのSIMやスマホの詳細はこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

SIMカードのみ契約+自分で購入したSIMフリー版Androidスマホ/iPhoneを使う

SIMカードを申し込むときの手順や確認するポイント

  • 楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • Amazonや家電量販店などで新しいSIMフリー版Androidスマホ/iPhoneを購入して使う

ときの手順は以下の通り。

  • ドコモ/ahamo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • Amazonなどの通販や家電量販店で買ってきたSIMフリー版AndroidスマホやSIMフリー版iPhoneなどを使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • au IDをあらかじめ作成してもいいが、UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中でau IDの新規登録ができるので、そっちでやるのがオススメ
  • UQモバイルで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する
    UQモバイル公式オンラインショップで申し込むときは、取得してから5日以内に申し込むこと
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンラインショップにアクセスして、【SIMカード】の申し込みボタンを選択する
  • 契約方法は、「他社から乗りかえ(MNP)」を選択する
  • 「お手続きを選択してください。」画面では【機種のみ購入する】を選択する
  • 途中で決める「暗証番号」と「注文履歴確認用パスワード」は、忘れないようにしっかりメモしておくこと
  • あとは画面の指示に従ってUQモバイルの契約を完了させる
  • 数日でUQモバイルのSIMカードが手元に届く
  • 新スマホにSIMカードを入れて、新スマホのセットアップやデータ移行を行い、新スマホが使える状態にする
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を用意しておく
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する
  • AndroidスマホやiPhoneでAPN設定をする
    APN設定直後は繋がりづらいことがあるので、機内モードオンオフやスマホ再起動を行う
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • UQ mobileポータルアプリをインストールしておく。初期設定の手順の中でau IDが新規登録可能なので絶対にやること
  • キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たすために、au PAYのインストールをしてau PAYが使える状態にしておく
  • 自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

step
1
au IDを持っていない人は取得する

UQモバイルを申し込むときはau IDが必要になります。au IDを持っていない人は新規登録 | au IDで取得してください。

UQモバイル公式オンラインショップで実施しているSIMのみ契約でau PAY最大1万円相当キャッシュバックキャンペーンは、キャッシュバックを受け取るためにau PAYの登録が必要なんですが、そのau PAYを登録するときにau IDが必要になります。

どうせau IDを取得することになるので、申し込む前にあらかじめ取得しておきましょう。

au IDを持っていない人は、スマートフォンで携帯番号を利用してau IDを登録する方法と、PCでメールアドレスを利用してau IDを登録する方法のどちらで取得してください。

携帯電話番号を利用すると、将来携帯電話番号を変更するときとかに面倒なので、メールアドレスを利用してau IDを登録することをオススメします。

step
2
使いたいスマホがUQモバイルで動作確認されているか見る

自分で買ってきたSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneに、UQモバイルのSIMカードを入れて使いたいときは、その使いたいスマホが動作確認されているかをチェックしてください。

iPhoneなら絶対に使えるので大丈夫です。SIMフリー版Androidスマホは、日本で発売されているものなら大抵使えるはずです。

SIMフリースマホがUQモバイルに乗り換えてもそのまま使えるか確認する方法

  1. 動作確認端末一覧にアクセスする
  2. 「5G対応料金プラン」を選択していることを確認して、条件から絞り込むで「SIMフリー」を選択する
  3. UQモバイルで動作確認されているSIMフリースマホが表示される
  4. 自分の使いたいスマホの動作確認情報の右上に「○」に、対応エリアが「○」になっていれば、そのスマホはau回線に対応しているのでUQモバイルで問題なく使える
  5. 右上や対応エリアに△マークがついていたら、そのスマホはau回線に対応していないので、UQモバイルで使うのはオススメしない
  6. 「マルチSIM(nano)」と書かれている=そのスマホのSIMサイズは「nanoSIM」で、SIMカードをnanoSIMサイズに切り取って使う、の意味

動作確認端末一覧の条件から絞り込むで「SIMフリー」を選択すると、SIMフリー版AndroidスマホやiPhoneのみ表示されます。

右上と対応エリアが○になっていれば、そのスマホはau回線に対応しているのでUQモバイルでも問題なく使えます。だいたいのSIMフリースマホは○になっているはずです。

右上と対応エリアが△の場合は、そのスマホはau回線に対応していないので、UQモバイルで使うのはオススメしません。

step
3
動作確認情報では、使いたいスマホの「対応SIM」も見る

使いたいスマホがUQモバイルで動作確認されていることを確認したら、次は使いたいスマホの対応している「対応SIM」もチェックしておきましょう。

対応SIMのパターンとしては、

  1. マルチSIM(nano)のみ記載されている
  2. マルチSIM(nano)とeSIMの両方記載されている
  3. マルチSIM(micro)のみ記載されている

3パターンが存在します。

ほとんどの人は対応SIMには「マルチSIM(nano)」と記載されているはずです。

2017年以降に発売されたAndroidスマホの対応しているSIMサイズはほぼ全て「nanoSIM」です。iPhoneはiPhone 5/5c/5sからずっとSIMサイズは「nanoSIM」です。

自分の使いたいスマホの対応SIMが「マルチSIM(nano)」だったら、UQモバイル公式オンラインショップでSIMカードを申し込み、手元にSIMカードが届いたら「nanoSIM」サイズに切り取って使用してください。

step
4
今契約している携帯電話会社・格安SIMで、MNP予約番号を発行する

ドコモ/ahamo、povo2.0、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換えるときは、MNP予約番号が必要になります。

各社でMNP予約番号を発行してください。格安SIMのなかには発行に数日かかるようなところもあるので注意してください。

step
5
SIMカードを「他社から乗りかえ」で申し込む

チェックリスト

  • UQモバイルで使いたいスマホが動作確認されていて、右上や対応エリアが○になっていた
  • 対応SIM(そのスマホのSIMサイズ)を確認した
  • 今契約している携帯電話会社・格安SIMで、でMNP予約番号を発行した
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃えた

クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意したら、UQモバイル公式オンラインショップからSIMカードかeSIMを申し込んでください。

UQモバイル公式オンラインショップで申し込む場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上必要となります。

申し込み及び本人確認終了後、本人確認書類に記載された住所宛に最短翌日でSIMやスマホが発送されます。

eSIMはスマホからアクセスして申し込んでください。PCからでは申し込めません。

た、eSIMに対応しているスマホであることを絶対に確認してください。eSIMに対応していないスマホにeSIMをインストールすることはできません。

契約方法は「他社から乗りかえ」を選択

ドコモ/ahamo、povo2.0、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換えるときは、契約方法は「他社から乗りかえ(MNP)」を選択してください。

4桁の「暗証番号」をメモする

申込画面で4桁の暗証番号を決める必要がありますが、これは各種手続き時、本人確認するときに必要な重要番号になるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中で、au IDを新規登録するときにも、途中でこの暗証番号の入力を求められます。

「ご注文内容確認用パスワード」が後で必要なのでメモしてください

申込画面で「ご注文内容確認用パスワード」を入力しますが、このパスワードはMNP転入時の回線切替手続きのときに入力を求められるので、しっかりメモをしておきましょう。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

SIMカードが手元に届いてからの手順

手順

  • 数日後にUQモバイルのSIMカードが手元に届く
  • 新スマホにSIMカードを入れて、新スマホのセットアップ、旧スマホから新スマホへのデータ移行を行う
    先にこれをやって、回線切替後にAPN設定をすれば、すぐに新スマホでUQモバイル回線が使えるようになる
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と、契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を用意しておく
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  • AndroidスマホやiPhoneでAPN設定をする
    APN設定直後は繋がりづらいことがあるので、機内モードオンオフやスマホ再起動を行う
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • UQ mobileポータルアプリをインストールしておく。初期設定の手順の中でau IDが新規登録可能なので絶対にやること
  • キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たすために、au PAYのインストールをしてau PAYが使える状態にしておく
  • 自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

UQモバイルのSIMやスマホの詳細はこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

【手順①】新スマホにSIMカードを入れて、新スマホのセットアップ・データ移行を行う

  1. 新スマホにUQモバイルのSIMカードを入れる
  2. 新スマホのセットアップ、今使っているスマホから新スマホへのデータ移行をする
  3. 各種アプリやLINEのトーク履歴などの引き継ぎを行う

①回線切替→②新スマホにUQモバイルのSIMカードを入れる→③新スマホのセットアップの場合は、新スマホのセットアップが終わり、APN設定をするまでは、UQモバイル回線が使えない可能性があります。

①新スマホにUQモバイルのSIMカードを入れる→②新スマホのセットアップ→③回線切替の場合は、回線切替完了後に新スマホでAPN設定をすれば、データ通信や音声通話がすぐにできるようになります。

そんな電話なんてかかってこないし、かかってくる予定もないという人は、先に回線切替してから新スマホのセットアップでいいでしょう。

【手順②】WEBサイトで回線切替を行う

今契約している携帯電話会社の回線からUQモバイルの回線に切り替えるために、WEBサイト上で回線切替を行う必要があります。

UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」が必要です。あらかじめ用意しておきましょう。

UQモバイルで回線切替が完了すると、旧スマホ/今契約している携帯電話会社が圏外になり、新スマホ/UQモバイル回線が開通します。

【例】ドコモからUQモバイルに乗り換える場合の切り替えの流れ

 回線切替前回線切替後
ドコモ回線使える圏外になる(自動解約)
UQモバイル回線この時点では圏外使える
スマホ旧スマホで
電話やネットができる
新スマホで
話やネットができる

回線切り替えの流れ

  • 注文履歴表示ログイン分岐にアクセス
  • 上下で2つある選択肢のうち、下にある「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社から乗りかえ(MNP)~~~~と記載されているほうを選択
  • 「ご注文番号の入力へ進む」ボタンを押す
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を入力して、「ご注文履歴を表示する」を選択
  • ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」ボタンを押す
  • 回線切替完了。UQモバイルからメールが送られてくる
  • 回線がUQモバイルに切り替わり、今契約している携帯電話会社との契約は自動で解約される
  • 回線切替をした日がUQモバイルの開通日であり、今契約している携帯電話会社の解約日でもある

注文履歴表示ログイン分岐では、下の方の「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社から乗りかえ(MNP)~~~」のほうを選択すると、「ご注文番号の入力へ進む」ボタンが表示されるのでボタンを押してください。

「ご注文履歴」画面になるので、UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と、契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を入力して、「ご注文履歴を表示する」ボタンを選択してください。

あとは画面の指示に従って回線切替を行ってください。

【手順③】AndroidスマホやiPhoneでAPN設定を行う

スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「UQモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワード」のようなものです。

AndroidスマホのAPN設定について

SIMフリー版Androidスマホのなかには、①UQモバイルのSIMカードを入れるだけで自動でAPN設定してくれるもの、②格安SIMのAPN設定がいくつかインストールされていて、自分でAPNを選ぶと設定完了するもの、の2パターンあります。どれになるかはスマホ次第です。

SIMフリーのAndroidスマホあれば、SIMカードを入れるだけでUQモバイル回線が使えるようになるものがかなり多いです。 

そのAndroidスマホがAPN設定が必要かどうかは、UQモバイルで動作確認されているAndroidスマホであれば、UQモバイルの動作確認端末一覧ページから確認できます。

動作確認情報の「APN手順書」の項目を見て、PDFへのリンクがあればAPN設定が必要、「設定不要」と書かれていればAPN設定は不要です。

たとえば、これはドコモから販売されているXperia 1 IIIの動作確認情報です。APN手順書はこの赤枠部分です。ここのPDFを選択すると、

そのスマホの画面を使ったAPN設定の手順書が見られます。これを見れば誰でもできます。

iPhoneのAPN設定について

iPhoneでUQモバイル回線で音声通話、データ通信できるようにするためには、UQモバイルで用意されているAPN構成プロファイルのインストールが必要です。

APN構成プロファイルをインストールするときはWi-Fi環境が必要です。Wi-Fi環境がない人はコンビニかカフェとかに行ってください。

APN構成プロファイルは、iPhone 5/5c;/5s用のもの、iPhone 6以降用のもの、の2つが提供されています。

かんたんな流れ

  • UQモバイルのAPN構成プロファイルの配布ページにアクセス
  • APN構成プロファイルをインストールする
  • 機内モードオン・オフ、iPhoneの再起動、モバイルデータ通信のオン・オフなどをする
  • WiFiをオフにしてブラウザアプリで適当なページを開いてみたり、時報などにかけたりしてUQモバイル回線でデータ通信や音声通話が利用できることを確認する
  • おわり

iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされているなら削除

もしもUQモバイルの前に、

  • ワイモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル

などを利用していて、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしている場合は、APN構成プロファイルを削除してください。

SIMカードを入れる、回線切替をする、APN構成プロファイルを削除する、この3つの手順を行ってもiPhoneで通信できない場合は、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしてください。

iPhoenのAPN構成プロファイルの削除手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  4. 他社のAPN構成プロファイルをタップ
  5. 「プロファイルを削除」をタップ
  6. パスコードの入力を求められた場合は、画面に従って入力
  7. 「削除」を選択
  8. 削除完了

【手順④】発信用テスト番号(111)に電話して、アナウンスを最後まで聞く

スマホで発信テストをします。

111(通話料無料)に発信して、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえましたら正常終了です。最後まで聞いて電話を切ってください。

発信テストが成功しない場合は、回線切替が完了していません。WEBサイトで回線切替手続きを行ってください。

【手順⑤】UQモバイル回線で通信できることを確認して利用開始

  • 回線切替が完了している
  • iPhoneはAPN構成プロファイルをインストールしている
  • AndroidスマホはAPN設定が完了している

純場はどうでもいいので、上記の作業がしっかりできていれば、iPhoneがUQモバイル回線に繋がっているはずです。

Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリで適当なWebページが開けること、電話ができることを確認してください。

Androidスマホの場合

画面上部に「4G」や「5G]などと表示されていて、アンテナマークがついていればOKです。

機内モードをオン・オフしたり、Androidスマホの再起動をするとそのうち繋がります。

iPhoneの場合

iPhoneの画面の左上が「UQ mobile 4G」「UQ mobile 5G」「UQ mobile」などと表示されていて、アンテナマークがついていればOKです。

なお、APN構成プロファイルをインストールした直後はなかなか4G表示にならないときがあります。

機内モードをオン・オフしたり、iPhoneの再起動をしたりするとそのうち繋がります。

【手順⑥】UQ mobileポータルアプリをインストールする

UQ mobileポータルアプリをインストールしてください。アプリの初期設定の手順の中で、au IDの新規登録が可能です。ここでau IDを作成しておきましょう。

au IDを新規作成するときに、契約時に決めた4桁の暗証番号の入力が求められます。

UQ mobileポータルアプリをインストールすると、データ残量の確認、高速モード/節約モードの切り替え/データチャージや、my UQ mobileにかんたんにログインができます。便利なのでインストールしておきましょう。

【手順⑦】au PAYアプリをインストールして使える状態にしておく

au PAY残高還元キャンペーンは、au PAYアプリをインストールして使える状態にしておく必要があります。

au PAYアプリをインストールして、au IDでログインしてau PAYアプリの登録を完了させてください。現金を使ってチャージする必要はありません。

【手順⑧】自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

1人で複数回線契約している人、家族で複数回線契約している人がUQモバイルの自宅セット割のでんきコース/インターネットコースを利用する場合は、UQ家族割グループに加入する必要があります。

現在提供されているくりこしプラン+5Gは、UQ家族割グループを組んでもUQ家族割は適用されません。

UQ mobileお客さまセンター(電話)でのお申し込み
以下の内容をお電話で確認いたします。

【同一性・同一住所の場合】

親回線の契約者の本人確認情報
追加される子回線の契約者氏名、電話番号および住所

【苗字または住所に相違がある場合】

お電話ではお申込みいただけません。お手数ですが、UQスポット/UQ mobile取扱店頭でお申し込みください。
親回線の契約者の本人確認書類、子回線の契約者の本人確認書類、ご家族であることを証明する書類が必要です。

UQモバイルのSIMやスマホの詳細はこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

eSIMのみ契約+eSIM対応iPhoneを使う

eSIMを申し込むときの手順や確認するポイント

  • 楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える
  • eSIMのみ契約する
  • eSIMに対応しているiPhoneを使う

ときの手順は以下の通り。

  • ドコモ/ahamo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換える
  • eSIMのみ契約する
  • SIMロックを解除したeSIM対応iPhone、SIMフリー版のeSIM対応iPhoneを利用する
    iPhone 13シリーズ以降はキャリア版でもSIMフリーの状態で販売しているのでSIMロック解除は不要

ときの手順は以下の通り。

iPhoneのeSIM機能は、iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR以降のiPhoneで利用できます。UQモバイルで動作確認されていないiPhoneでも問題なく利用できます。

手順

  • au IDをあらかじめ作成してもいいが、UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中でau IDの新規登録ができるので、そっちでやるのがオススメ
  • eSIMに対応しているiPhoneを用意する
    キャリア版iPhoneを利用するなら、あらかじめSIMロック解除をしておく
  • 今の携帯電話会社でMNP予約番号を発行しておく
    格安SIMのなかには発行に数日かかるようなところもあるので注意
    UQモバイル公式オンラインショップで申し込むときは、取得してから5日以内に申し込むこと
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンラインショップで、eSIMを【他社から乗りかえ(MNP)】で契約する
  • 途中で決める「暗証番号」と「注文履歴確認用パスワード」は、忘れないようにしっかりメモしておくこと
  • あとは画面の指示に従ってUQモバイルの契約を完了させる
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を用意しておく
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  • eSIM開通手続き・eSIMプロファイルのダウンロードをする
  • SIMカードとeSIMのデュアルSIMで使う場合は、「この回線をオンにする」をオンにする
  • iOSバージョンが最新であることを確認する
  • iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は削除する
  • iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールする(不要かも)
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了(発信テストをしないと開通しない模様)
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • UQ mobileポータルアプリをインストールしておく。初期設定の手順の中でau IDが新規登録可能なので絶対にやること
  • キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たすために、au PAYのインストールをしてau PAYが使える状態にしておく
  • 自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

step
1
au IDを持っていない人は取得する

UQモバイルを申し込むときはau IDが必要になります。au IDを持っていない人は新規登録 | au IDで取得してください。

UQモバイル公式オンラインショップで実施しているSIMのみ契約でau PAY最大1万円相当キャッシュバックキャンペーンは、キャッシュバックを受け取るためにau PAYの登録が必要なんですが、そのau PAYを登録するときにau IDが必要になります。

どうせau IDを取得することになるので、申し込む前にあらかじめ取得しておきましょう。

au IDを持っていない人は、スマートフォンで携帯番号を利用してau IDを登録する方法と、PCでメールアドレスを利用してau IDを登録する方法のどちらで取得してください。

携帯電話番号を利用すると、将来携帯電話番号を変更するときとかに面倒なので、メールアドレスを利用してau IDを登録することをオススメします。

step
2
eSIMを入れて使いたいスマホがUQモバイルで動作確認されているか見る

UQモバイルのeSIMをインストールして使いたいAndroidスマホやiPhoneがUQモバイルで動作確認されているかをチェックしてください。

チェックしてくださいとは言いましたが、eSIMに対応しているiPhone XS/XS Max/XR以降のiPhoneは、SIMフリー版でもキャリア版でも絶対に使えるのでご安心ください。

eSIMに対応しているか確認する方法

  1. 動作確認端末一覧にアクセスする
  2. 「5G対応料金プラン」を選択していることを確認して、条件から絞り込むでは購入したキャリアを選択する
  3. 「eSIM」を選択すると、eSIM対応スマホのみ表示される
  4. 自分の使いたいスマホの動作確認情報の右上に「○」に、対応エリアが「○」になっていれば、そのスマホはau回線に対応しているのでUQモバイルで問題なく使える
  5. 右上や対応エリアに△マークがついていたら、そのスマホはau回線に対応していないので、UQモバイルで使うのはオススメしない

step
3
動作確認情報では、使いたいスマホの「対応SIM」も見る

eSIMに対応しているiPhone XS/XS Max/XR以降のiPhoneは、SIMフリー版でもキャリア版でも絶対に使えますが、一応「対応SIM」を見て「eSIM」に対応していることを確認してください。

step
4
キャリア版iPhoneを使う場合は、iPhoneのSIMロックを解除する

キャリア版iPhoneをUQモバイルでも使い続ける場合は、iPhoneのSIMロックを解除してください。

SIMカードを利用するときもeSIMを利用するときも、SIMロック解除は絶対に必要です。

iPhone 13シリーズからはSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されているので、SIMロック解除は不要です。

楽天モバイルは最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されているので、SIMロック解除は不要です。

step
5
今契約している携帯電話会社・格安SIMで、MNP予約番号を発行する

ドコモ/ahamo、povo2.0、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換えるときは、MNP予約番号が必要になります。

各社でMNP予約番号を発行してください。格安SIMのなかには発行に数日かかるようなところもあるので注意してください。

step
6
eSIMを「他社から乗りかえ」で申し込む

チェックリスト

  • UQモバイルで使いたいスマホが動作確認されていて、右上や対応エリアが○になっていた
  • eSIMに対応していることを確認した
  • 今契約している携帯電話会社・格安SIMで、でMNP予約番号を発行した
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃えた

クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意したら、UQモバイル公式オンラインショップからeSIMを申し込んでください。

UQモバイル公式オンラインショップで申し込む場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上必要となります。

eSIMはスマホからアクセスして申し込んでください。PCからでは申し込めません。

た、eSIMに対応しているスマホであることを絶対に確認してください。eSIMに対応していないスマホにeSIMをインストールすることはできません。

契約方法は「他社から乗りかえ」を選択

ドコモ/ahamo、povo2.0、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換えるときは、契約方法は「他社から乗りかえ(MNP)」を選択してください。

4桁の「暗証番号」をメモする

申込画面で4桁の暗証番号を決める必要がありますが、これは各種手続き時、本人確認するときに必要な重要番号になるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中で、au IDを新規登録するときにも、途中でこの暗証番号の入力を求められます。

「ご注文内容確認用パスワード」が後で必要なのでメモしてください

申込画面で「ご注文内容確認用パスワード」を入力しますが、このパスワードはMNP転入時の回線切替手続きのときに入力を求められるので、しっかりメモをしておきましょう。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

eSIMの開通手順

手順

  1. 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  2. eSIM開通手続き・eSIMプロファイルのダウンロードをする
  3. iOSバージョンが最新であることを確認する(iPhoneのみ)
  4. iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は削除する(iPhoneのみ)
  5. スマホでAPN設定をする
    iPhoneはAPN構成プロファイルをインストールする
  6. 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了(発信テストをしないと開通しない模様)
  7. Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始

SIMロックを解除したiPhoneに初めてUQモバイルのSIMを挿すと、アクティベーションが求められます。

Apple IDとパスワードを入力しましょう。 回線切替をする、APN設定をする、の順番は自由です。別に正解はないので好きな順番でやってください。

この順番でやらないとダメ!とか、この順番でやらないと損害が発生する!とかいうのはありません。

UQモバイルのSIMやスマホの詳細はこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

【手順①】WEBサイトで回線切替を行う

今契約している携帯電話会社からUQモバイルの回線に切り替えるために、WEBサイト上で回線切替を行う必要があります。

  • 注文履歴表示ログイン分岐にアクセス
  • 上下で2つある選択肢のうち、下にある「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社から乗りかえ(MNP)~~~~と記載されているほうを選択
  • 「ご注文番号の入力へ進む」ボタンを押す
  • ご注文番号と商品購入時に設定したパスワードを入力して、「ご注文履歴を表示する」を選択
  • ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」ボタンを押す
  • 回線切替完了

【手順②】eSIMプロファイルのダウンロードをする

eSIMプロファイルのダウンロード方法は、UQ mobileポータルアプリを使う、QRコードを読み取る、の2つの方法がありますが、私はUQ mobileポータルアプリの利用をオススメします。

UQ mobileポータルアプリを使ったほうが簡単で、eSIMをインストールして使うスマホ1台あれば完結するからです。

QRコードを読み取る方は、eSIMをインストールするスマホ以外の端末(PC、タブレット、スマホ)が必要になります。

eSIMプロファイルのダウンロードの手順(iPhone編)

  1. UQ mobileポータルアプリをインストールして、au IDでログインする
  2. サポートの「eSIMの設定」をタップ
  3. 「eSIMプロファイルダウンロード」をタップ
  4. 「モバイル通信プランのインストール」の画面になるので「続ける」をタップ
  5. 「モバイル通信プランを追加」の画面になるので「モバイル通信プランを追加」をタップ
  6. ダウンロード中の画面が表示される
  7. 「デフォルト設定が変更されました」の表示を確認後、「OK」をタップ
  8. eSIMプロファイルのダウンロードの完了

eSIMプロファイルのダウンロードの手順(Androidスマホ編)

  1. UQ mobileポータルアプリをインストールして、au IDでログインする
  2. サポートの「eSIMの設定」をタップ
  3. 「eSIMプロファイルダウンロード」をタップ
  4. 「まもなくSIMがダウンロードされます」みたいなメッセージが表示されたら「OK」をタップ
  5. ダウンロード中の画面が表示される
  6. eSIMプロファイルのダウンロード完了

【手順③】iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされているなら削除

もしもUQモバイルの前に、

  • ワイモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル

などを利用していて、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしている場合は、APN構成プロファイルを削除してください。

SIMカードを入れる、回線切替をする、APN構成プロファイルを削除する、この3つの手順を行ってもiPhoneで通信できない場合は、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしてください。

APN構成プロファイルの削除手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  4. 他社のAPN構成プロファイルをタップ
  5. 「プロファイルを削除」をタップ
  6. パスコードの入力を求められた場合は、画面に従って入力
  7. 「削除」を選択
  8. 削除完了

【手順④】スマホでAPN設定をする

スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「UQモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワード」のようなものです。

AndroidスマホのAPN設定について

AndroidスマホのAPN設定は、①SIMカードを入れるとAPN設定不要で繋がるもの、②APN設定をしないと繋がらないもの、の2パターンになります。

SIMフリーのAndroidスマホあれば、SIMカードを入れるだけでAPN設定は不要でUQモバイル回線が使えるようになるものがかなり多いです。

キャリアから販売されているAndroidスマホについては、ほぼ確実にAPN設定が必要になります。

そのAndroidスマホがAPN設定が必要かどうかは、UQモバイルで動作確認されているAndroidスマホであれば、UQモバイルの動作確認端末一覧ページから確認できます。

動作確認情報の「APN手順書」の項目を見て、PDFへのリンクがあればAPN設定が必要、「設定不要」と書かれていればAPN設定は不要です。

たとえば、これはドコモから販売されているXperia 1 IIIの動作確認情報です。APN手順書はこの赤枠部分です。ここのPDFを選択すると、

そのスマホの画面を使ったAPN設定の手順書が見られます。これを見れば誰でもできます。

iPhoneのAPN設定について

iPhoneでUQモバイル回線で音声通話、データ通信できるようにするためには、UQモバイルで用意されているAPN構成プロファイルのインストールが必要です。

APN構成プロファイルをインストールするときはWi-Fi環境が必要です。Wi-Fi環境がない人はコンビニかカフェとかに行ってください。

APN構成プロファイルは、iPhone 5/5c;/5s用のもの、iPhone 6以降用のもの、の2つが提供されています。

かんたんな流れ

  • UQモバイルのAPN構成プロファイルの配布ページにアクセス
  • APN構成プロファイルをインストールする
  • 機内モードオン・オフ、iPhoneの再起動、モバイルデータ通信のオン・オフなどをする
  • WiFiをオフにしてブラウザアプリで適当なページを開いてみたり、時報などにかけたりしてUQモバイル回線でデータ通信や音声通話が利用できることを確認する
  • おわり

【手順⑤】発信用テスト番号(111)に電話して、アナウンスを最後まで聞く

iPhoneで発信テストをします。

111(通話料無料)に発信して、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえましたら正常終了です。

発信テストが成功しない場合は、回線切替が完了していません。WEBサイトで回線切替手続きを行ってください。

【手順⑥】UQモバイル回線で通信できることを確認して利用開始

  • 回線切替が完了している
  • APN構成プロファイルをインストールしている
  • iPhoneのSIMロックを解除している

純場はどうでもいいので、上記の作業がしっかりできていれば、iPhoneがUQモバイル回線に繋がっているはずです。

iPhoneの画面の左上が「UQ mobile 4G」「UQ mobile 5G」「UQ mobile」などと表示されていて、アンテナマークがついていればOKです。

Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリで適当なWebページが開けること、電話ができることを確認してください。

なお、APN構成プロファイルをインストールした直後はなかなか4G表示にならないときがあります。

機内モードをオン・オフしたり、iPhoneの再起動をしたりするとそのうち繋がります。

【手順⑦】自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

1人で複数回線契約している人、家族で複数回線契約している人がUQモバイルの自宅セット割のでんきコース/インターネットコースを利用する場合は、UQ家族割グループに加入する必要があります。

現在提供されているくりこしプラン+5Gは、UQ家族割グループを組んでもUQ家族割は適用されません。

UQ mobileお客さまセンター(電話)でのお申し込み
以下の内容をお電話で確認いたします。

【同一性・同一住所の場合】

親回線の契約者の本人確認情報
追加される子回線の契約者氏名、電話番号および住所

【苗字または住所に相違がある場合】

お電話ではお申込みいただけません。お手数ですが、UQスポット/UQ mobile取扱店頭でお申し込みください。
親回線の契約者の本人確認書類、子回線の契約者の本人確認書類、ご家族であることを証明する書類が必要です。

UQモバイルのSIMやスマホの詳細はこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

eSIMのみ契約+Rakuten ○○などのeSIMのみ対応Androidスマホを使い続ける

  • 楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える
  • eSIMのみ契約する
  • eSIMのみ対応している、Rakuten Mini / Rakuten Hand / Rakuten BIG/BIG sをUQモバイルでも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

Rakuten ○○はeSIMのみ対応です。SIMカードスロットを搭載していません。

手順

  • au IDを作成する
  • 楽天モバイルでMNP予約番号を発行しておく
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンラインショップで、eSIMを他社から乗りかえ(MNP)】で契約する
  • 途中で決める「暗証番号」と「注文履歴確認用パスワード」は、忘れないようにしっかりメモしておくこと
  • あとは画面の指示に従ってUQモバイルの契約を完了させる
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を用意しておく
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する
  • eSIM開通手続き・eSIMプロファイルのダウンロードをする
  • スマホでAPN設定をする
    APN設定直後は繋がりづらいことがあるので、機内モードオンオフやスマホ再起動を行う
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • UQ mobileポータルアプリをインストールしておく。初期設定の手順の中でau IDが新規登録可能なので絶対にやること
  • キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たすために、au PAYのインストールをしてau PAYが使える状態にしておく
  • 自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

step
1
au IDを作成する

eSIMを申し込むときは、申し込み時点でau IDが必要になります。あらかじめ作成しておきましょう。

step
2
使いたいスマホがUQモバイルで動作確認されているか見る

Rakuten ○○系のスマホはau回線に対応しているので、UQモバイルでも問題なく使えます。全ての項目で○になっています。ご安心ください。

step
3
楽天モバイルでMNP予約番号を発行する

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるときは、楽天モバイルでMNP予約番号を発行する必要があります。

MNP予約番号を発行しただけで楽天モバイルが解約されることはありません。

step
4
eSIMを「他社から乗りかえ」で申し込む

クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意したら、UQモバイル公式オンラインショップからSIMカードを申し込んでください。

「au IDをお持ちでない方」を選んでも、SIMカードは問題なく契約できるのでご安心ください。UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中でau IDを新規登録できます。

UQモバイル公式オンラインショップで申し込む場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上必要となります。

申し込み及び本人確認終了後、本人確認書類に記載された住所宛に最短翌日でSIMカードが発送されます。

契約方法は「他社から乗りかえ」を選択

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるときは、契約方法は「他社から乗りかえ(MNP)」を選択してください。

4桁の「暗証番号」をメモする

申込画面で4桁の暗証番号を決める必要がありますが、これは各種手続き時、本人確認するときに必要な重要番号になるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中で、au IDを新規登録するときにも、途中でこの暗証番号の入力を求められます。

「ご注文内容確認用パスワード」が後で必要なのでメモしてください

申込画面で「ご注文内容確認用パスワード」を入力しますが、このパスワードはMNP転入時の回線切替手続きのときに入力を求められるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

UQモバイルのAndroidスマホやiPhoneを【SIMカード】とセットで契約

スマホとSIMカードとセットで申し込むときの手順や確認するポイント

  • 他社からUQモバイルに乗り換える
  • UQモバイルで販売されているAndroidスマホやiPhoneを契約する
  • SIM種別は「SIMカード」で契約する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • au IDを持っていない人は取得する
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する
    UQモバイル公式オンラインショップで申し込むときは、取得してから5日以内に申し込むこと
    au/povo1.0/povo2.0からUQモバイルに乗り換える場合は、MNP予約番号は絶対に発行しない
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンラインショップで、スマホを【他社から乗り換え(MNP)】または【au/povo1.0から乗りかえ】で契約する
  • 「ご利用SIM」は【SIMカード】を選ぶ
  • あとは画面の指示に従ってUQモバイルの契約を完了させる
  • 数日でスマホとSIMカードのセットが手元に届く
    届いたスマホはバッテリー残量が少なくなっている可能性が高いので、箱から出して充電しておくとよい
  • 新スマホにUQモバイルのSIMカードを入れて、初期設定・セットアップ、旧スマホから新スマホへデータ移行する
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を用意しておく
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する
    回線切替すると、UQモバイル回線が開通する
  • iPhoneは、iOSバージョンを最新バージョンにアップデートして、APN構成プロファイルをインストールする
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • 自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

step
1
au IDを持っていない人は取得する

UQモバイルを申し込むときはau IDが必要になります。au IDを持っていない人は新規登録 | au IDで取得してください。

au IDを持っていない人は、スマートフォンで携帯番号を利用してau IDを登録する方法と、PCでメールアドレスを利用してau IDを登録する方法のどちらで取得してください。

携帯電話番号を利用すると、将来携帯電話番号を変更するときとかに面倒なので、メールアドレスを利用してau IDを登録することをオススメします。

step
2
今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する

今契約している携帯電話会社・格安SIMで、MNP予約番号を発行してください。

格安SIMのなかには、MNP予約番号の発行に数日かかるようなところもあるので注意してください。

今契約している
携帯電話会社・格安SIM
MNP予約番号を発行する?しない?
ドコモ/ahamoMNP予約番号を発行する
povo2.0MNP予約番号を発行する
ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMOMNP予約番号を発行する
楽天モバイルMNP予約番号を発行する
格安SIM
IIJmio, BIGLOBEモバイル, mineo,
OCNモバイルONEなど
とにかく全部
MNP予約番号を発行する
au本家/povo1.0MNP予約番号を発行しない

step
3
スマホとSIMカードのセットを契約する

チェックリスト

  • 今契約している携帯電話会社・格安SIMで、MNP予約番号を発行した
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃えた

UQモバイル公式オンラインショップからスマホを申し込んでください。

UQモバイル公式オンラインショップで申し込む場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上必要となります。

申し込み及び本人確認終了後、本人確認書類に記載された住所宛に最短翌日でSIMやスマホが発送されます。

au本家やpovo1.0以外からUQモバイルに乗り換える人は、契約方法は「他社から乗りかえ(MNP)」を選択

ドコモ/ahamo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換えるときの契約方法は、「他社から乗りかえ(MNP)」を選択してください。

au本家やpovo1.0からUQモバイルに乗り換える人は、契約方法は「au/povo1.0から乗りかえ」を選択

au本家やpovo1.0からUQモバイルに乗り換える人は、契約方法は「au/povo1.0から乗りかえ」を選択してください。

ご利用SIMとSIMロック解除について

UQモバイルでAndroidスマホ/iPhoneとSIMカードのセットを契約する場合は、「ご利用SIM」では、【SIMカード】を選択してください。

iPhoneのSIMロック解除については、「SIMロック解除(ご希望の方)の右にある「+」を押すとメニューが展開され、「申し込む」「申し込まない」の選択肢が表示されるようになります。

契約時に申し込むと通常よりも手元に届くまでの日数がかかってしまうことがあるので、後からSIMロック解除をすることをオススメします。

UQモバイルの支払い方法がクレジットカードの場合は、購入当日からSIMロック解除が可能です。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

スマホとSIMカードとセットが手元に届いてから開通までの手順

手順

  • 数日でスマホが手元に届く
    届いたスマホはバッテリー残量が少なくなっている可能性が高いので、箱から出して充電しておくとよい
  • 新スマホにUQモバイルのSIMカードを入れて、初期設定・セットアップ、旧スマホから新スマホへデータ移行する
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を用意しておく
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する
    回線切替すると、UQモバイル回線が開通する
  • iPhoneは、iOSバージョンを最新バージョンにアップデートして、APN構成プロファイルをインストールする
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • 自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

AndroidスマホはUQモバイルのSIMカードを入れるだけでUQモバイル回線が使えるようになります。

iPhoneは、iOSバージョンを最新バージョンにアップデートして、APN構成プロファイルをインストールするとUQモバイル回線が使えるようになります。

iPhoneの機種やiOSバージョン次第では、iPhoneにSIMカードを入れるだけでUQモバイル回線が使えるようになるかもしれません。

先に回線切替をしてから、後から新スマホのセットアップすればよくない?と思った人はその通りにしてください。

  • 回線切替は思っているよりもすぐ終わる/すぐ切り替わる
  • 新スマホのセットアップやデータ移行にかかる時間のほうが長い
  • 回線切替をするまでは、今の携帯電話会社回線/今のスマホでデータ通信や音声通話ができる

以上の理由から、先に新スマホのセットアップを入れています。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

【手順①】UQモバイルのスマホとSIMカードのセットが手元に届く

数日後、UQモバイルのスマホとSIMカードのセットが手元に届きます。

届いたばかりのスマホは充電残量が非常に少なくなっている可能性があるので、すぐにスマホを充電してください。

スマホのバッテリーが完全に無くなった状態から充電すると少々時間がかかります。

【手順②】新スマホにUQモバイルのSIMカードを入れて、セットアップ・初期設定・データ移行を行う

新スマホにUQモバイルのSIMカードを入れて電源をオンにして、新スマホのセットアップ・初期設定、旧スマホから新スマホへのデータ移行を行ってください。

iPhoneの場合は、初めてUQモバイルのSIMカードを入れてiPhneの電源をオンにすると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

求められた画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力してサインインしてください。

ログイン後ホーム画面に移動したら、iPhoneの電源を切って再起動するとアクティベーション完了です。

先に新スマホのセットアップをさせる理由

  • 回線切替は思っているよりもすぐ終わる/すぐ切り替わる
  • 新スマホのセットアップやデータ移行にかかる時間のほうが長い
  • 回線切替をするまでは、今の携帯電話会社回線/今のスマホでデータ通信や音声通話ができる
  • 回線切替してから新スマホのセットアップをしていると電話に出られないなどの問題が発生したりする

以上の理由から、先に新スマホのセットアップを入れています。

【手順③】WEBサイトで回線切替を行う

今契約している携帯電話会社からUQモバイルの回線に切り替えるために、WEBサイト上で回線切替を行う必要があります。

この回線切替を行うと、今契約している携帯電話会社の回線からUQモバイルの回線に切り替わります。

今契約している携帯電話会社との契約は、この回線切替をした日に自動で解約されます。

回線切替の手順

  • 注文履歴表示ログイン分岐にアクセス
  • 上下で2つある選択肢のうち、下にある「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社から乗りかえ(MNP)~~~~と記載されているほうを選択
  • 「ご注文番号の入力へ進む」ボタンを押す
  • ご注文番号と商品購入時に設定したパスワードを入力して、「ご注文履歴を表示する」を選択
  • ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」ボタンを押す
  • 回線切替完了

 

【手順④】iOSバージョンをアップデートする(iPhoneのみ)

UQモバイルでiPhoneを契約した場合は、iOSバージョンを最新バージョンにアップデートしてください。

【手順⑤】発信用テスト番号(111)に電話して、アナウンスを最後まで聞く

iPhoneで発信テストをします。

111(通話料無料)に発信して、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえましたら正常終了です。

発信テストが成功しない場合は、回線切替が完了していません。WEBサイトで回線切替手続きを行ってください。

【手順⑥】UQモバイル回線で通信できることを確認して利用開始

Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリで適当なWebページが開けること、電話ができることを確認してください。

Androidスマホの場合

画面上部に「4G」や「5G]などと表示されていて、アンテナマークがついていればOKです。

機内モードをオン・オフしたり、Androidスマホの再起動をするとそのうち繋がります。

iPhoneの場合

iPhoneの画面の左上が「UQ mobile 4G」「UQ mobile 5G」「UQ mobile」などと表示されていて、アンテナマークがついていればOKです。

なお、APN構成プロファイルをインストールした直後はなかなか4G表示にならないときがあります。

機内モードをオン・オフしたり、iPhoneの再起動をしたりするとそのうち繋がります。

【手順⑦】自宅セット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

1人で複数回線契約している人、家族で複数回線契約している人がUQモバイルの自宅セット割のでんきコース/インターネットコースを利用する場合は、UQ家族割グループに加入する必要があります。

現在提供されているくりこしプラン+5Gは、UQ家族割グループを組んでもUQ家族割は適用されません。

UQ mobileお客さまセンター(電話)でのお申し込み
以下の内容をお電話で確認いたします。

【同一性・同一住所の場合】

親回線の契約者の本人確認情報
追加される子回線の契約者氏名、電話番号および住所

【苗字または住所に相違がある場合】

お電話ではお申込みいただけません。お手数ですが、UQスポット/UQ mobile取扱店頭でお申し込みください。
親回線の契約者の本人確認書類、子回線の契約者の本人確認書類、ご家族であることを証明する書類が必要です。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

UQモバイルに乗り換えるメリットまとめ

メリット

  • 毎月の通信費が安くなる。月額1628円から利用可能
  • 自宅セット割が利用できると月額990円から利用できる
  • かけ放題オプションも用意されている
  • auのサブブランドなので通信品質が良い
  • UQモバイルに乗り換えた後も、au IDやPontaポイントなどは使える
  • UQスポットでサポートがうけられる
  • テザリングが無料
  • データくりこしが可能
  • 高速通信と低速通信を切り替えられる
  • 店舗でのサポートを受けられる
  • スマホを安く購入できる
  • auかんたん決済が利用可能
  • LINEの年齢認証が可能に!(くりこしプラン5Gで可能)

毎月の通信費が安くなる。月額1628円から利用可能

UQモバイルは1人でもずっと月額1628円から利用できます。

1年目・2年目以降も基本料金はずっとそのままで2年縛りもありません。契約解除料も0円です。

格安SIMからの乗り換えの場合は、乗り換え元と比べると料金が高くなってしまうことがあるかもしれませんが、乗り換え元でいくらお金をかけてもUQモバイルと同じような通信速度にはなりません。

数百円プラスするだけで、昼休みや通勤時間帯などの混雑する時間帯でも快適に通信できるようになると考えたら安いものです。

自宅セット割が利用できると月額990円から利用できる

UQモバイルでは、でんきまたはネットとセットで家族全員スマホ料金がお得になる「自宅セット割」が提供されています。

  • auでんきまたはUQでんき
  • 「auひかり/auひかり ちゅら」など「ご自宅のインターネットサービス」(ネット+電話)
  • 「au ホームルーター 5G/auスマートポート」
  • 一部の対象ケーブルテレビ局を利用している人は「ネット+テレビ」「テレビ+電話」

は、自宅セット割を申し込むことで、くりこしプランS+5Gだと月額990円から、くりこしプランM+5Gだと月額2090円から、くりこしプランL+5Gだと月額2970円から利用できます。

auでんきまたはUQでんきは利用するハードルが高いですが、auひかりだと利用できる人も多いのではないでしょうか。

かけ放題オプションも用意されている

UQモバイルでは、通話料によって選べる通話オプションが用意されています。

  • 最大60分/月の国内通話が定額になる「通話パック(60分/月)
  • 国内通話が10分かけ放題になる「かけ放題(10分/回)
  • 国内通話がかけ放題になる「かけ放題(24時間いつでも)」

auのサブブランドなので通信品質が良い

UQモバイルはauのサブブランドなので、au回線を使用してサービスを提供している格安SIMのなかでは一番通信品質が良いです。

昼休みや通勤時間帯に通信速度が落ちることもありません。いつでも安定した通信が期待できます。

また、くりこしプランM/Lであれば月間データ容量を超過した後も最大1Mbpsで通信できます。LINE程度であれば問題なく利用できる速度です。

乗り換え後もau IDやPontaポイントなどは使える

解約・UQモバイルに乗り換えた後も、au ID、Ponta ポイント、Ponta ポイント(au PAY マーケット限定)は引き続き利用できます。

auからUQモバイルに乗り換える場合は、au IDをUQモバイル回線に紐付けて引き継ぐことができます。

UQモバイルの申込時に「au IDを引き継ぐ」を選択してください。また、auで利用していたau Walletポイントも引き続き利用できます。

テザリングが無料

UQモバイルではテザリングが無料で利用できます。

iPhoneは2018年10月31日からテザリング機能の提供を開始しています。

データくりこしが可能

UQモバイルは当月余ったデータ容量を翌月に繰越できます。たとえば2月に3GB余ったら3月は余った3GBを繰り越して使えます。

高速通信と低速通信を切り替えられる

UQモバイルは高速通信と低速通信を切り替えて使用できます。高速低速の切替はUQ mobileポータルアプリでワンタッチで切替可能です。

低速通信時ならどれだけ通信してもデータ通信量にカウントされません。

くりこしプランSは低速通信時は受信時最大300kbps、くりこしプランM/Lは受信時最大1Mbpsで利用できます。このためくりこしプランMで契約する人もいます。

店舗でのサポートを受けられる

  • UQスポット(UQ専売ショップ)
  • au Style
  • auショップ

でUQモバイルの取り扱いを行っています。

店舗スタッフに対面で、UQ mobileのご相談や契約手続き、アフターサービスを受けることが可能な場所が増え、オンライン契約に不慣れな方でも安心して利用できます。

ただし、UQモバイル公式オンラインショップで実施しているキャンペーンは、実店舗などでは実施していない可能性が高いです。

スマホを安く購入できる

UQモバイルでは、SIMとスマホをセットで契約するときに値引きが適用されます。

そのため、UQモバイルでも販売されていて、なおかつSIMフリーとしてもAmazonや家電量販店で販売されているスマホの場合は、UQモバイルで一括払いで契約したほうが安く済むことがありますよ。

auかんたん決済が利用可能

UQモバイルでは、auかんたん決済が利用可能です。

Google Play 、 App Store 、 Apple Music 、 iTunes Store 、 Apple Books で購入したアプリケーションやデジタルコンテンツ、ショッピング等の代金をUQ mobileの利用料金とまとめて支払いできる便利なサービスです。

LINEの年齢認証が可能に

2021年9月2日から提供されている「くりこしプラン +5G」は、LINEの年齢認証が可能になっています。

LINEの年齢認証はできますか?
LINEの年齢認証の可否は、ご契約中の料金プランにより異なります。

■「くりこしプラン +5G」をご契約中のお客さま
 LINEの年齢認証が可能です。

■「くりこしプラン +5G」以外のプランをご契約中のお客さま(「くりこしプラン」「スマホプラン」「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」、その他プラン)
 LINEの年齢認証に対応しておりません。

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるときの注意点・デメリット

  • 最安0円維持ができなくなる
  • データ使い放題じゃなくなる
  • 通話料がかかるようになる
  • UQモバイルに乗り換えるときに発生する手数料などまとめ
  • くりこしプランS/M/Lは家族割や回線セット割が適用されない

最安0円維持ができなくなる

楽天モバイルは月のデータ通信量が1GB以下だと、その月の月額料金が無料になりますが、UQモバイルではそのような施策はありません。

楽天モバイルとは違ってデータ使い放題じゃなくなる

楽天モバイル Rakuten UN-LIMITは楽天回線エリアであればデータ使い放題ですが、UQモバイルでは使い放題プランはありません。

UQモバイルの月間データ容量が最も大きいのはくりこしプランL(月25GB)です。

節約モードをオンにして最大1Mbpsでゆるゆる垂れ流すという方法もありますが、おそらく楽天モバイルで使い放題で使っているときと比べてストレスが溜まるでしょう。

通話料がかかるようになる

UQモバイルは22円/30秒の通話料がかかります。国内SMS送信料は3円~/通です。(受信は無料)

楽天モバイル Rakuten UN-LIMITのRakuten Linkのようなアプリは無いので、通話料やSMS送信料が都度かかります。

なお、UQモバイルでは3つの通話オプションが用意されています。

UQモバイルに乗り換えるときに発生する手数料などまとめ

事務手数料(UQモバイルで発生)

UQモバイルは契約時に「SIMパッケージ代金」として3300円かかります。

違約金/解約手数料(楽天モバイルで発生)

楽天モバイル(ドコモ回線/au回線)は、料金プランによっては最低利用期間が設定されており、最低利用期間内に解約すると違約金が発生します。

自分が契約している料金プランがどれなのか、契約してからどれくらい経過しているか、違約金/解約手数料が発生するかどうかをしっかり確認してください。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMITは、違約金/解約手数料はありません。

解約した当月の楽天モバイルの月額料金

楽天モバイル Rakuten UN-LIMITは、解約月の月額料金は日割り計算されて請求されます。

MNP転出手数料は無し

楽天モバイル(ドコモ回線/au回線)も、楽天モバイル Rakuten UN-LIMITもMNP転出手数料はかかりません。

端末代金の支払いの残り・残債(楽天モバイルで発生)

楽天モバイルでスマホを分割払いで購入していて、まだ支払いが残っている場合は、UQモバイルに乗り換えても端末代金の支払いは継続します。

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えたからといって、端末代金の支払いの残りがチャラになるようなことは絶対にありません。

たとえばr楽天モバイルでスマホを24回払いで購入して、20回目の支払月(20ヶ月目)にUQモバイルに乗り換えたとすると、UQモバイルに乗り換えた後も残り4回分(4ヶ月分)の支払いは必要です。

SIMカードの返却費用(楽天モバイルで発生)

楽天モバイルは、解約時にはSIMの返却が必要です。返却費用は契約者負担で、着払いの場合は受け付けていません。

くりこしプランS/M/Lは家族割や回線セット割が適用されない

UQモバイルではUQ家族割がありますが、2021年2月1日から提供されているくりこしプランS/M/LはUQ家族割の対象外です。

UQモバイルでは「ギガMAX月割」というセット割がありますが、021年2月1日から提供されているくりこしプランS/M/LはギガMAX月割の対象外です。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

UQモバイル公式オンラインショップでSIMのみ契約でau PAY残高最大1万3000円相当キャッシュバック!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカードまたはeSIMをくりこしプラン+5GをプランS/M/Lで契約すると、au PAY残高最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンの詳細は【最新】UQモバイルキャッシュバックキャンペーンまとめを御覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

-UQモバイルに乗り換え