UQモバイルに乗り換え

ドコモからUQモバイルに乗り換え・MNP手順やポイントまとめ

ドコモからUQモバイルに乗り換え・MNPするときの手順やポイントまとめ。

SIMカード/eSIMのみを契約すると、au PAY残高最大1万3000円相当還元!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します


楽天モバイルでお得なキャンペーン実施中!

  • 使った分だけ支払うお得なワンプラン
  • 初めての申し込み&スマホ購入で楽天ポイントが最大2万4000ポイント貰える
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話し放題
  • 楽天市場での買い物が常時ポイントアップ(ダイヤモンド会員なら最大16倍)

毎月大量にデータ通信するならデータ使い放題の楽天モバイルがオススメ!引っ越しや新居で光回線の開通までの固定回線代わり、旅行時・帰省時の固定回線代わりなどでもオススメですよ!

ドコモからUQモバイルに乗り換え手順を解説

【手順①】au IDを作成する(eSIMは申し込み時点で必須)

契約するものau IDが申込時に
SIMカード不要
eSIM必要
スマホセット不要

eSIMを契約する人はau IDをあらかじめ作成しておきましょう。新規登録 | au IDで作成できます。

UQモバイル公式オンラインショップではeSIMの申込時に、au IDへのログインを求められます。au IDにログインしないと申し込みが先に進みません。

SIMカードやスマホセットを申し込む場合は、「au IDをお持ちでない方」を選択しても申し込めますが、先にau IDを作成したい人は作成しておきましょう。

auやUQモバイルを契約していない人がau IDを作成する場合は、「au/UQ mobile携帯電話をご契約していない方」の、「スマートフォンで携帯電話番号を利用してau ID登録」、「PCでメールアドレスを利用してau ID登録」のどちらかを選びましょう。

【手順②】UQモバイルのSIMカード/eSIMを入れて使いたいスマホが動作確認されているか見る

  • UQモバイルでSIMカードのみ/eSIMのみ契約する
  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneは、UQモバイルに乗り換えても使い続ける
  • 自分で用意したSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを使う

場合は、動作確認端末一覧を見て、使いたいスマホの対応エリアが○になっているか確認してください。

対応エリアが○の場合はau回線に対応しています。対応エリアが△はau回線非対応です。△のスマホをUQモバイルで使うのはオススメしません。

UQモバイルでiPhoneを使う

SIMフリー版iPhone 6s以降のiPhone、SIMロックを解除したキャリア版iPhone 6s以降のiPhoneなら絶対にUQモバイルでも利用できます。ご安心ください。

SIMカードはiPhone 6s以降の全機種で、eSIMはiPhone XS/XS Max/XR以降の機種で利用できます。

UQモバイルでAndroidスマホを使う

対応エリア○の機種であれば、UQモバイルでも問題なく利用できます。

【手順③】ドコモスマホをUQモバイルでも使うなら、My docomo等でSIMロック解除手続きをする

ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneをUQモバイルで使う際は、SIMロック解除の要・不要を確認してください。

UQモバイルの動作確認情報の「SIMロック解除」の項目を見て、「要」と記載されていればSIMロック解除が絶対に必要です。UQモバイルを契約する前にMy docomo等でSIMロック解除手続きをしてください。

「SIMロック解除」の項目を見て、「不要」と記載されているスマホは、最初からSIMロック無しのSIMフリー状態で販売されているため、SIMロック解除は不要です。

SIMロックの解除は、パソコンやスマートフォンの「ドコモオンライン手続き」、電話(151)、ドコモショップで手続きが可能です。電話やドコモショップで手続きすると3300円かかるので、ドコモオンライン手続きをオススメします。

UQモバイルの回線切り替え手続きも完了している、APN設定をしているのにUQモバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

【手順④】ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときは、ドコモでMNP予約番号を発行する必要があります。

MNP予約番号を発行しただけでドコモが解約されることはありません。

ドコモでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からドコモに電話、②My docomoで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My docomoでMNP予約番号を取得することです。

24時間対応ですし、人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。面倒な引き止めとかアンケートも無いです。

どうしてもやりかたが分からないという人はドコモに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

【手順⑤】UQモバイルを「他社から乗り換え(MNP)」で申し込む

クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃えたら、UQモバイル公式オンラインショップからSIMやスマホを申し込んでください。

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときは、契約方法は「他社から乗りかえ(MNP)」を選択してください。

4桁の「暗証番号」をメモする

申込画面で4桁の暗証番号を決める必要がありますが、これは各種手続き時、本人確認するときに必要な重要番号になるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中で、au IDを新規登録するときにも、途中でこの暗証番号の入力を求められます。

「ご注文内容確認用パスワード」が後で必要なのでメモしてください

申込画面で「ご注文内容確認用パスワード」を入力しますが、このパスワードはMNP転入時の回線切替手続きのときに入力を求められるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQモバイル契約後に必要な手続き、スマホの設定について解説

他社から乗り換え時に必要な「回線切替手続き」について

UQモバイルのSIMやスマホを他社から乗り換えで契約した場合、WEBサイトで「回線切り替え手続き」が必要です。手続き受付時間は9時から21時15分までです。

回線切り替え手続きには、UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と、契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」が必要です。あらかじめ用意しておきましょう。

回線切り替え手続きとは、そのまま文字通り、今契約している携帯電話会社・格安SIMからUQモバイルに回線を切り替えるための手続きのことです。

回線切り替え手続きが完了するとUQモバイル回線が開通します。また、同時に今契約している携帯電話会社・格安SIMとの契約が自動で解約されます。

たとえばUQモバイルからワイモバイルに乗り換えの場合、回線切り替え手続きが完了すると、UQモバイル回線が開通し、ワイモバイルとの契約が自動で解約されます。

手順

  • 注文履歴表示ログイン分岐にアクセス
  • 「UQ mobileオンラインショップ」を選択
  • 「新規契約、他社および~~~」の、「ご注文番号の入力へ進む」ボタンを押す
  • UQモバイルオンラインショップの「ご注文番号」と契約時に設定した「注文履歴確認用パスワード」を入力して、「ご注文履歴を表示する」を選択
  • ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」ボタンを押す
  • 回線切替が完了すると、UQモバイル回線でデータ通信・音声通話ができるようになる
  • 今契約している携帯電話会社との契約が自動で解約される

SIMのみ契約時にAndroidスマホやiPhone本体で必要な「APN設定」について

UQモバイルのSIMカードやeSIMを入れたAndroidスマホやiPhoneで「APN設定」が必要です。スマホセット契約時は不要です。

APN設定とは、スマホがUQモバイルの回線で通信できるようにするための設定のことです。Wi-FiのIDとパスワードと同じような感じです。

機種によっては、自動でAPN設定が完了するもの、手動でAPN設定が必要なものがあります。

iPhoneのAPN設定について

UQモバイルの動作確認情報の「プロファイル設定」を見て、「必要」と記載があればAPN構成プロファイルのインストールが必要です。

「不要」であれば、文字の通りAPN構成プロファイルのインストールは不要です。

「必要」だった場合、iOS製品の設定方法│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】を参考に、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしてください。

UQモバイルに乗り換える前にワイモバイルなどでiPhoneを利用していて、iPhoneに他社のAPN構成プロファイルをインストールしている場合はアンインストールしてからUQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールしてください。

AndroidスマホのAPN設定について

Androidスマホは、APN設定が必要なものと不要なものがあります。

SIMカード/eSIMを入れて使いたいAndroidスマホの動作確認情報のプロファイル設定を見て、「PDF」と記載があれば自分でAPN設定が必要です。

APN設定手順はPDFで画像付きで丁寧に解説されているので、そちらをご覧ください。

「設定不要」であればAPN設定は不要です。SIMカードを入れるだけでUQモバイルが利用できます。

「データ移行」はスマホを新しく購入した人だけ必要

  • UQモバイルで販売しているAndroidスマホやiPhoneを購入した
  • UQモバイルに乗り換えるついでにスマホを新しくしようと思い、Amazonや家電量販店で新しいスマホを購入した人

だけ、旧スマホから新スマホへのデータ移行が必要です。

SIMカードのみ/eSIMのみ契約して、今のスマホを使い続ける人は、データ移行は不要です。SIMを入れ替えただけでデータが消えることはないです。

UQモバイルで販売しているスマホを購入した場合は、スタートガイド・乗り換えガイドが同梱されています。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

UQモバイルのSIMカード/eSIM/スマホセットの開通手順を解説

SIMカードの開通手順(iPhoneで利用する場合)

手順

  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトで回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  • UQモバイルのマルチSIMを「nanoSIM」サイズに切り取り、iPhoneにSIMカードを入れる
  • iPhoneのアクティベーション(Apple IDとパスワードの入力)を行う
  • アクティベーション完了後、iPhoneを一度再起動させる
  • UQモバイルの前にワイモバイルなどの他社格安SIMを利用していた場合は、その他社APN構成プロファイルを削除する
  • iPhoneにUQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールする(不要なら不要)
  • 111(通話料無料)に発信し、ガイダンスを最後まで聞いて電源を切る
  • Wi-Fiをオフにして、ChromeやSafariなどのブラウザアプリで適当なWEBサイトにアクセスし、UQモバイル回線でデータ通信できることを確認して利用開始

アクティベーション完了後は再起動必須

UQモバイルのマルチSIMを「nanoSIM」に切り取り、iPhoneにSIMカードを入れてください。

ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイルなどで購入したiPhoneは、SIMカードを入れた後に電源をオンにすると、アクティベーション(Apple IDとパスワードの入力)を求められることがあります。

アクティベーション画面が表示されたら、画面の指示に従って操作・入力してください。

iPhoneのアクティベーションが完了したら、iPhoneを再起動してください。再起動をしないと通話が終了できなくなる可能性があります。必ず再起動してください。

SIMカードの開通手順(Androidスマホで利用する場合)

手順

  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトで回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  • 回線切替が完了すると、今契約しているキャリア・格安SIMからUQモバイルに回線が切り替わる
  • UQモバイルのマルチSIMを任意のサイズに切り取り、AndroidスマホにSIMカードを入れる
  • 「SIMロック解除コード」の入力画面が表示されたら、画面の指示に従って操作・入力する
  • AndroidスマホでAPN設定をする
  • 111(通話料無料)に発信し、ガイダンスを最後まで聞いて電源を切る
  • Wi-Fiをオフにして、Chromeなどのブラウザアプリで適当なWEBサイトにアクセスし、UQモバイル回線でデータ通信できることを確認して利用開始

AndroidスマホにSIMカードを入れる

UQモバイルのマルチSIMを任意のサイズに切り取り、AndroidスマホにSIMカードを入れてください。

ほとんどの人は「nanoSIM」サイズに切り取るはずです。最近のAndroidスマホは99%はnanoSIMです。nanoSIMサイズは一番小さいので、切り取りに失敗することは絶対にないです。

SIMサイズが全く分からないなら、Androidスマホから取り出したSIMカードと同じサイズに切り取ってください。

「SIMロック解除コード」入力画面について

ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイルなどのキャリアで購入したAndroidスマホに、初めてUQモバイルのSIMカードを入れると、SIMロック解除コード入力画面が表示されることがあります。

キャリアによっては、「SIMネットワークのロック解除PIN」(ドコモ)、「SIMネットワークサブセットロック解除PIN」(ソフトバンク)とも呼ばれています。

SIMロック解除コードは、SIMロック解除手続きの完了時に画面で表示されるか、メールで送られてきているはずです。

SIMロック解除コード入力画面が表示されたら、画面の指示に従って入力・操作してください。

eSIMの開通手順(iPhoneで利用する場合)

手順

  1. UQモバイル申し込みが完了すると、「ご注文内容の確認」メールが届く
  2. 最短10分~20分後に、「設定方法のお知らせ」メールが届く。このメールが届くと、eSIM開通手続きができるようになる
  3. 9時から21時15分までの間に、WEBサイトで回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  4. eSIM開通手続き・eSIMプロファイルのダウンロードをする
  5. iOSバージョンが最新であることを確認する
  6. iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は削除する
  7. iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールする(手順6~7の時点でUQモバイルにつながっている場合は不要)
  8. 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了(発信テストをしないと開通しない模様)
  9. Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始

eSIMのインストール時は、My UQ mobileを使うと便利です。eSIMを利用したいiPhoneがあれば手続きが完結します。

eSIMプロファイルのダウンロードの手順(iPhone編)

  1. My UQ mobileアプリをインストールする
  2. au IDでログインして、My UQ mobileアプリの初期設定を完了させる
  3. 「各種設定」の中にある、「eSIMプロファイルをダウンロード」をタップ
  4. 「eSIMプロファイルのダウンロード」ボタンをタップする
  5. iPhoneが「モバイル通信プランのインストール」の画面になるので「続ける」をタップ
  6. 「モバイル通信プランを追加」の画面になるので「モバイル通信プランを追加」をタップ
  7. eSIMプロファイルのダウンロードの完了

eSIMの開通手順(Androidスマホで利用する場合)

手順

  1. UQモバイル申し込みが完了すると、「ご注文内容の確認」メールが届く
  2. 最短10分~20分後に、「設定方法のお知らせ」メールが届く。このメールが届くと、eSIM開通手続きができるようになる
  3. 9時から21時15分までの間に、WEBサイトで回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  4. eSIM開通手続き・eSIMプロファイルのダウンロードをする
  5. AndroidスマホでAPN設定を行う
  6. 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了(発信テストをしないと開通しない模様)
  7. Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始

My UQ mobileアプリを使えば、eSIMを利用したいAndroidスマホ1台で手続きが完結します。

eSIMプロファイルのダウンロードの手順(Androidスマホ編)

  1. My UQ mobileアプリをインストールする
  2. au IDでログインして、My UQ mobileアプリの初期設定を完了させる
  3. 画面下部にある「サポート」の【eSIMプロファイルをダウンロード】をタップ
  4. 「eSIMプロファイルをダウンロード」ボタンをタップ
  5. ダウンロード中の画面が表示される
  6. eSIMプロファイルのダウンロード完了

UQモバイルのiPhoneを新しく購入した人

手順

  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトで回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  • SIMの設定を行う
  • クイックスタート機能などを利用して、新iPhoneにデータを移行する
  • iPhoneのiOSバージョンが最新ではない場合、最新バージョンにアップデートする
  • 111(通話料無料)に発信し、ガイダンスを最後まで聞いて電源を切る
  • iCloudやiOSに移行アプリを利用して、新iPhoneにデータを移行する

SIMカードとiPhoneのセットを契約している場合

回線切り替え手続き完了後、iPhoneにUQモバイルのSIMカードを入れてください。

電源をオンにして、クイックスタート機能などを利用して、新iPhoneにデータを移行してください。

eSIMとiPhoneのセットを契約している場合

回線切り替え完了後、iPhoneの初期設定を行ってください。

初期設定手順の中で、自動でUQモバイルのeSIMのプロファイルのダウンロードが行われます。

あとは画面の指示に従って操作してください。クイックスタート機能などを利用して、新iPhoneにデータを移行してください。

UQモバイルのAndroidスマホを新しく購入した人

手順

SIMカードとAndroidスマホのセットを契約している場合

回線切り替え完了後、AndroidスマホにUQモバイルのSIMカードを入れて、初期設定やデータ移行をしてください。

eSIMとAndroidスマホのセットを契約している場合

まずは新しいAndroidスマホで初期設定やデータ移行を完了させてください。

その後、同梱されている納品書に記載されているプロファイルダウンロード用QRコード(eSIM専用QRコード)が印字されているので、手元に準備してください。

スマホでQRコードを読み取り、AndroidスマホにeSIMをインストールしてください。

  1. AndroidスマホをWi-Fiなどのネットワークに接続する
  2. 「設定」→「ネットワークとインターネット」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク」をタップ
  4. 「モバイルネットワークへの接続」で、「SIMカードをお持ちでない場合(代わりにSIMをダウンロード」をタップ
  5. 「SIMのダウンロード」で「次へ」をタップ
  6. 「ネットワークのQRコードをスキャン」画面になるので、プロファイルダウンロード用QRコードを読み取る
  7. 「まもなくSIMがダウンロードされます」画面になるので、「OK」をタップ
  8. 「KDDIを使用しますか?」で「有効化」をタップ
  9. 設定完了

UQモバイルのSIMカード/eSIM/スマホセットが手元に届くまで、使えるようになるまで何日かかる?

申し込むもの使えるようになるまで
eSIM最短45分
SIMカード最短で2~4日程度
配達日時指定も可能
スマホセット最短で2~4日程度
配達日時指定も可能

他社から乗り換えの場合は回線切替手続きの時間に注意

UQモバイルを他社から乗り換えで契約した場合、回線切替手続きが必要になります。

受付時間は9時から21時15分までです。受付時間外での回線切替手続きは一切受け付けていないので、21時15分までに間に合わなければ翌日9時以降に手続きが必要です。

eSIMの場合

eSIMは申し込みから最短45分で利用可能になります。審査受付時間は10時から20時までです。

回線切替手続きの時間に注意して、午前中~夕方くらいまでにeSIMを申し込めば、うまくいけば申し込んだ当日にeSIMが開通するでしょう。

SIMカード/スマホセットの場合

2022年2月24日から、UQモバイルオンラインショップで日時指定配送が利用できるようになりました。

「最短でお届け」を指定すると、申し込みから2日~4日程度で届くようになっています。

日時指定を利用する場合はその指定した日時に届きます。

ずっと在宅勤務している人、家に誰かが絶対にいる人は最短でお届けを選ぶといいでしょう。

詳細は、お手続きについて|格安sim・格安スマホ UQ mobile オンラインショップの「商品の発送」をご確認ください。

  • お申し込みから2~4日程度でお届けします。
    ただしお届けに要する日数はあくまで目安であり、ご注文時間やお届け先の地域によって異なります。
    また、商品発送後のキャンセルや配送先の変更は対応致しかねます。ご了承ください。
  • 出荷の翌日→ 東北・関東・中部・近畿・中国・四国
  • 出荷の翌々日以降→ 北海道・九州・沖縄・その他離島

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

ドコモからUQモバイルに乗り換えるメリット

ドコモよりも料金が安くなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、料金がauよりも確実に安くなります。

UQモバイルは1人でもずっと月額1628円から利用できます。1年目・2年目以降も基本料金はずっとそのままで2年縛りもありません。契約解除料も0円です。

UQモバイルは、au回線を使用した格安SIMのなかでは料金が少し高めです。

しかしながら、そういう格安SIMの月額料金に数百円プラスするだけで、昼休みや通勤時間帯などの混雑する時間帯でも快適に通信できるようになると考えたら安いものです。

キャリア料金プラン名料金
ドコモ5Gギガホプレミア【3GB~無制限】月額7315円
【3GBまで】月額5665円
ドコモ5Gギガライト【7GBまで】月額6765円
【5GBまで】月額5665円
【3GBまで】月額4565円
【1GBまで】月額3465円
UQモバイルくりこしプランS+5G
(月3GB)
月額1628円
UQモバイルくりこしプランM+5G
(月15GB)
月額2728円
UQモバイルくりこしプランL+5G
(月25GB)
月額3828円

auでんきやauのインターネットサービスを利用していると「自宅セット割」が利用できる

UQモバイルでは、でんきまたはネットとセットで家族全員スマホ料金がお得になる「自宅セット割」が提供されています。

  • auでんきまたはUQでんき
  • 「auひかり/auひかり ちゅら」など「ご自宅のインターネットサービス」(ネット+電話)
  • 「au ホームルーター 5G/auスマートポート」
  • 一部の対象ケーブルテレビ局を利用している人は「ネット+テレビ」「テレビ+電話」

は、自宅セット割を申し込むことで、くりこしプランS+5Gだと月額990円から、くりこしプランM+5Gだと月額2090円から、くりこしプランL+5Gだと月額2970円から利用できます。

auでんきまたはUQでんきは利用するハードルが高いですが、auひかりだと利用できる人も多いのではないでしょうか。

auのサブブランドなので通信品質が良い。格安SIMのなかでは通信速度が高速

UQモバイルはauのサブブランドなので、au回線を使用してサービスを提供している格安SIMのなかでは一番通信品質が良いです。

昼休みや通勤時間帯に通信速度が落ちることもありません。いつでも安定した通信が期待できます。

また、くりこしプランM/Lであれば月間データ容量を超過した後も最大1Mbpsで通信できます。LINE程度であれば問題なく利用できる速度です。

余ったデータ容量の翌月繰越が可能。高速通信と低速通信を切替可能

UQモバイルは当月余ったデータ容量を翌月に繰越できます。たとえば2月に3GB余ったら3月は余った3GBを繰り越して使えます。

UQモバイルは高速通信と低速通信を切り替えて使用できます。高速低速の切替はUQ mobileポータルアプリでワンタッチで切替可能です。

低速通信時ならどれだけ通信してもデータ通信量にカウントされません。

くりこしプランSは低速通信時は受信時最大300kbps、くりこしプランM/Lは受信時最大1Mbpsで利用できます。このためくりこしプランMで契約する人もいます。

UQモバイルショップ実店舗でサポートを受けられる

  • UQスポット(UQ専売ショップ)
  • au Style
  • auショップ

でUQモバイルの取り扱いを行っています。

店舗スタッフに対面で、UQ mobileのご相談や契約手続き、アフターサービスを受けることが可能な場所が増え、オンライン契約に不慣れな方でも安心して利用できます。

ただし、UQモバイル公式オンラインショップで実施しているキャンペーンは、実店舗などでは実施していない可能性が高いです。.

ドコモからUQモバイルに乗り換えの注意点やデメリット

チェックリスト

  • 販売しているAndroidスマホやiPhoneが少ない・ハイスペックスマホが無い
  • UQモバイルはau回線なので、au回線不毛地帯は注意が必要
  • 月間データ容量が少なく感じるかも
  • ドコモのキャリアメールアドレスが無料で使えなくなる
  • ドコモの回線セット割や家族割などが利用できなくなる

販売しているAndroidスマホやiPhoneが少ない・ハイスペックスマホが無い

UQモバイルは他社と比べると取り扱っているAndroidスマホやiPhoneが少ないです。

また、ハイスペックな製品も取り扱っていません。性能は上中下でいうと中~下のものばかりです。

ハイスペックスマホを使いたい人は、自分でAmazonなどの通販サイト、ヨドバシカメラなどの家電量販店で購入しましょう。

UQモバイルはau回線を使用。ドコモのAndroidスマホと相性が悪い

UQモバイルはau回線を使用してサービスを提供しています。ドコモとはサービスエリアが微妙に異なります。

田舎、山の中、河川といった僻地によく行くという人は、ドコモのほうが電波が強い可能性があります。ドコモからUQモバイルに乗り換えると同じ場所でも電波が繋がりにくくなる可能性があります。

また、ドコモから販売されているAndroidスマホは、ドコモ回線での使用を前提としているため、au回線やソフトバンク回線に対応していない物が多いです。

動作確認情報を見て、対応エリアが○になっているものはau回線に対応しています。△はau回線非対応です。

対応エリアが△のAndroidスマホをUQモバイルで利用する場合は自己責任となります。

月間データ容量が少なく感じるかも

UQモバイルの月間データ容量が最も大きいのはくりこしプランL(月25GB)です。

これまでドコモで大容量プランや無制限プランを使用していたような人は、UQモバイルに乗り換えると後悔するかもしれません。

月1~3GB程度しか使っていないような人は絶対に安くなります。ご安心ください。

ドコモのキャリアメールアドレスが無料で使えなくなる(継続使用するなら有料)

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、ドコモで提供されているキャリアメールアドレスが利用できなくなります。

どうしてもドコモのキャリアメールアドレスから変更したくない人は、ドコモからUQモバイルに乗り換えて回線切替完了後から31日以内に、ドコモメール持ち運び | サービス・機能 | NTTドコモを申し込んでください。

なお、UQモバイルではキャリアメールアドレスと判別される有料メールアドレスが月額220円で提供されています。

ドコモの回線セット割や家族割などが利用できなくなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、ドコモ光とのセット割引や各種家族割引サービスが利用できなくなります。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

 

ドコモからUQモバイルに乗り換え・MNPでよくある質問

ドコモで購入したスマホ、自分で購入したSIMフリースマホは使える?

ドコモで購入したAndroidスマホ、SIMフリー版Androidスマホは、動作確認情報を見て対応エリアが○になっていればau回線対応です。UQモバイルでも問題なく使えます。

iPhoneは、SIMロックを解除したiPhone 6s以降の機種、SIMフリー版iPhone s6以降の機種は、UQモバイルでは絶対に使えます。ご安心ください。

ドコモからUQモバイルに乗り換えるとき、ベストなタイミングはいつ?

ドコモは2021年10月1日から契約解除料が撤廃されているので、更新月などを気にする必要は一切ないです。

しかし、ドコモを解約した月やドコモからUQモバイルに乗りかえた月のドコモの利用料金は、日割り計算されずに1ヶ月分の支払いが必要になります。

UQモバイルは、契約した月の利用料金は日割り計算されます。

SIMカードを契約する場合は毎月25日くらいまでに申し込むといいでしょう。SIMカードが手元に届くまでに数日がかかりますし、書類に不備や問題があると手続きがストップしていまいます。

eSIMを申し込む場合は月末日の3日前くらいまでに申し込むといいでしょう。eSIMは最短45分で開通しますが、書類に不備や問題があると手続きがストップします。

ドコモで購入したスマホの分割払い・機種代金が残っている状態でもUQモバイルに乗り換えできます。

 乗り換え時の注意点

ドコモからUQモバイルへの回線切替が月をまたいでしまった場合は、翌月のドコモの月額料金の支払いが必要になります。

たとえば、

  • ドコモからUQモバイルに乗り換える
  • 1月29日にUQモバイルのSIMカードを「他社から乗り換え」で申し込んだ
  • 2月1日にSIMカードが届いた
  • 2月1日にmyUQモバイルでMNP開通手続きをした

場合は、2月1日付けでドコモが自動解約されて、UQモバイルが開通します。1月分だけでなく、2月分のドコモの月額料金の支払いが必要です。

ドコモで契約解除料やMNP転出手数料は発生する?

契約解除料は2021年10月1日に廃止されました。

MNP転出手数料は2021年4月1日に廃止されましたが、2019年9月30日までに提供している料金プランを契約しているとMNP転出手数料が2200円かかります。

ドコモからUQモバイルに乗り換えで発生する費用は?

発生する費用

  • 【ドコモ】契約解除料 : 2021年10月1日から廃止、無料
  • 【ドコモ】MNP転出手数料 : 2021年4月1日に廃止されたが、2019年9月30日までに提供している料金プランを契約していると2200円かかる
  • 【ドコモ】ドコモからUQモバイルに乗り換えた月のドコモの利用料金(いつ解約しても1ヶ月分満額で請求)
  • 【ドコモ】分割払いで購入したスマホの残りの支払い(分割払いを完済していない場合)
  • 【ドコモ】SIMロック解除手数料(電話や店舗だと3300円、Webなら無料)

ドコモからUQモバイルに乗り換える場合、契約しているプランによってはMNP転出手数料が発生します。

何年も料金プランを変更していない人は要注意です。

ドコモでスマホを分割払いで購入していて、その支払が終わっていない場合は、UQモバイルに乗り換えても支払いは続きます。分割払いで支払い続けてもいいですし、残額を一括払いして精算も可能です。

dアカウントやdポイントはUQモバイルに乗り換えても使える?

dアカウントやdポイントはドコモからUQモバイルに乗り換えても利用できます。

不安な人は解約する前にdポイントを全部使っておけば安心です。

dアカウントについて

そのままご利用になれます。
ドコモのメールアドレスをIDに設定しているお客様はIDの変更をおすすめします。

dポイントについて

dポイントおよび、dポイント(期間・用途限定)については、ドコモ回線解約前にその回線に対するdアカウントを発行していれば、引き続きご利用になれます(dアカウントにて本サイトにログインされますと、履歴確認なども引き続きご利用になれます)。
また、ドコモ回線解約前に利用者情報登録していたdポイントカードも引き続きご利用になれます。

ただし、ドコモ回線解約前にdアカウントを発行していない場合、ポイントは失効し、利用者情報登録していたdポイントカードもご利用になれなくなりますので、必ず解約前にはdアカウントを発行されますよう、お願いいたします。

また、ポイント共有グループをご利用になっている場合、dアカウントをお持ちであれば、解約後もポイント共有グループとして引き続きご利用になれます。ただし解約される回線が代表回線であった場合、解約前に代表変更のお手続きが必要となります。

さらに、dポイントを送る機能により、他のdポイントクラブ会員に送ることもできます。詳しくは、dポイントを送る機能とはでご確認ください。

どうしてもドコモのキャリアメールアドレスを使い続けたいんだけど?

ドコモからUQモバイルに乗り換え後、どうしてもドコモのキャリアメールアドレスを使い続けたい人は、UQモバイルに乗り換えてから31日以内に、ドコモメール持ち運び | サービス・機能 | NTTドコモを申し込んでください。

ドコモメール持ち運びは、ドコモでMNP予約番号の発行と同時に申し込むのではなく、UQモバイルに乗り換えからお手続きサイトで申し込むことになります。

ドコモメール持ち運びは月額330円、1年で合計3960円かかります。

ドコモで購入したスマホの分割払い途中でもUQモバイルに乗り換えできる?

購入したスマホの分割払いが終わっていなくても、

  • ドコモでMNP予約番号を発行できます
  • ドコモからUQモバイルに乗り換えできます
  • ドコモを解約できます

分割払いが終わっていないという理由で、MNP予約番号の発行、ドコモから他社への乗り換え、ドコモの解約ができませんよ、なんて言われることは絶対にありません。

ドコモからUQモバイルに乗り換えたからといって、ドコモの分割払いがチャラになることは絶対にありません。

ドコモでスマホを分割払いで購入していて、その支払が終わっていない場合は、UQモバイルに乗り換えても支払いは続きます。分割払いで支払い続けてもいいですし、残額を一括払いして精算も可能です。

分割払いが残っている状態でも乗り換えは可能ですが、UQモバイルでスマホセットを購入する場合は、そちらの支払いも必要になるため、ドコモとUQモバイルで二重で端末代金を支払うことになります。

どのタイミングまでドコモ回線が使える?UQモバイルの課金開始タイミングは?

UQモバイル側で「回線切替」をするまでドコモ回線が使えます。

UQモバイル側で回線切替手続きを実行した瞬間にドコモ回線が圏外になり、ドコモとの契約が自動で解約されます。

遅くとも30分後までにUQモバイル回線が開通します。UQモバイルが開通した日に、UQモバイル側で課金が開始します。

  • 8月20日にUQモバイルで回線切り替えを実施した
  • 8月20日付でドコモとの契約が自動で解約される
  • 8月20日付でUQモバイルの課金が開始する。利用開始月の利用料金は日割り計算

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

SIMカード/eSIMのみを契約すると、au PAY残高最大1万3000円相当還元!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

SIMのみ契約時の端末補償は、月700円で年間10万まで保証する「モバイル保険」がオススメ

モバイル保険とは、モバイル端末が壊れたときの修理費用を10万円まで保障する保険です。スマホ、タブレット、ノートパソコン、ゲーム機までWi-Fiに繋がる機器全般が対象です。

モバイル保険のポイント

  • 月額保険料700円
  • 年間10万円まで補償(主端末が10万円、副端末が2台あわせて最大3万円まで、合計で10万円まで)
  • 自己負担金なし
  • 1契約で3端末まで補償可能

通信キャリアに制限はないので、他社に乗り換えてもそのまま継続して利用できます。サブブランドや格安SIMを渡り鳥のように利用している人にオススメです。

スマホを買い替えた場合や保証対象とする機器を追加・変更したい場合は、マイページからいつでも簡単に手続きできます。

壊れたスマホの写真を撮って修理に出して、修理報告書・領収書またはレシートの写真を撮影して、マイページから保険金申請を行うと、最短5営業日で保険金が振り込まれます。

   

  • この記事を書いた人

ユキナビ

ユキナビでは、UQモバイルに関するあらゆる情報を分かりやすく解説しています。特にキャンペーン記事は、2016年9月から最新情報を常に追い続けています。他の人には絶対に負けない自信があります。

-UQモバイルに乗り換え