UQモバイルに乗り換え

ドコモからUQモバイルに乗り換え手順やポイントまとめ

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときの手順やポイントまとめ。

ドコモからUQモバイルへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  • ドコモからUQモバイルに乗り換える
  • ドコモで購入した機種(スマホ)はそのまま使いたい

というときは、UQモバイルでSIMカードのみを契約すればOKです。

UQモバイル公式オンラインショップでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

UQモバイルではスマホを購入しなくてもOKです。SIMカードのみを契約しましょう。

SIMのみ契約+ドコモスマホを使い続ける

  1. ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneがUQモバイルで使えるか確認
  2. ドコモのスマホのSIMロックを解除する
  3. ドコモでMNP予約番号を発行する
  4. MNPでUQモバイルのSIMのみを申し込む
  5. SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  6. SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  7. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMのみ契約+SIMフリースマホを使う

  1. UQモバイルで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  2. ドコモでMNP予約番号を発行する
  3. MNPでUQモバイルのSIMのみを申し込む
  4. SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  5. SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  6. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

UQモバイルで販売されているスマホを契約

  1. ドコモでMNP予約番号を発行する
  2. UQモバイルのスマホを申し込む
  3. スマホが手元に届き次第。MNP開通手続きを行う
  4. スマホの初期設定・セットアップを完了させる
  5. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときの流れ

  • ドコモからUQモバイルに乗り換える
  • SIMのみ契約する
  • ドコモで購入したスマホをUQモバイルでも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

必要なものを用意する・事前準備をする

UQモバイルにスムーズに乗り換えるために、必要なものの用意、事前準備をしておきましょう。

必要なもの

  • 本人確認書類
  • 契約者名義のクレジットカード
  • フリーメールアドレス
  • UQモバイルで動作確認されているスマートフォン

事前準備

  • スマホを変えるならLINEのトーク履歴などのデータのバックアップ
  • 今使っているスマホのSIMロック解除
  • キャリアメールアドレスで利用しているWebサービスでフリーメールアドレスへの変更
  • iPhoneなら、古いiPhoneと新しいiPhoneでiOSバージョンを同じにする

SIMのみ契約するときは、スマホのデータが消えることはないです。ご安心ください。

データのバックアップなどが必要になるのはスマホを変えるときだけです。

【手順①】今使っているドコモのスマホがUQモバイルで動作確認されているかを確認

UQモバイルに乗り換えてもドコモで購入したスマホを使いたい場合は、UQモバイルでそのスマホが動作確認されているかチェックしましょう。

UQモバイルの動作確認情報ページは以下をご覧ください。

【手順②】UQモバイル契約前に、絶対にドコモでスマホのSIMロック解除手続きをする

ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneをUQモバイルで使う際は、UQモバイルを契約する前にドコモ側でAndroidスマホやiPhoneののSIMロック解除手続きが絶対に必要です。

SIMロック解除手続きの流れをもっと正しくいうと、

  1. My docomoなどでドコモのスマホのSIMロックの解除手続きをする
  2. AndroidスマホのみSIMロック解除コードが発行される
  3. ドコモのスマホにUQモバイルのSIMカードを挿す
  4. iPhoneならアクティベーション実施、AndroidスマホはSIMロック解除コード入力
  5. SIMロック解除完了

という流れになります。

スマホに契約したキャリアではないSIMカードを挿すことにより、SIMロック解除が正式に完了します。

UQモバイルの開通も完了している、APN設定をしているのにUQモバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

ドコモのスマホのSIMロック解除の条件

  • 2015年5月以降に発売されたスマホ
  • ネットワーク利用制限やおまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと
  • スマホを購入してから100日経過した場合
  • 当該回線において、過去SIMロック解除を行っており、その受付から100日経過した場合
  • スマホを一括払いで購した場合、または分割払いで購入して、その分割支払金/分割払金の精算をした場合
  • 当該回線(解約済み回線を含む)または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話料金の支払い方法をクレジットカードに設定している場合

2020年8月19日以降に新しくスマホを購入した場合は、条件を満たしていればドコモ側でSIMロック解除が実施されている

2020年8月19日以降にドコモでスマホを購入した人で、以下の条件のいずれかを満たしている場合は、SIMロック解除の手続きを実施した状態で渡されているので、ユーザー側がSIMロックを解除しなくてもいいようになっています。

<ドコモの回線契約を伴うお客さまの場合>

当該機種を一括払いでご購入された場合
当該回線または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話のお支払い方法をクレジットカード※1に設定いただいた場合
<ドコモの回線契約を伴わないお客さまの場合>

当該機種を一括払いでご購入された場合
「スマホおかえしプログラム」を適用し、当該機種の分割支払金のお支払い方法をクレジットカード※1に設定いただいた場合

簡単に言うと、スマホを一括払いで購入したか、ドコモの支払い方法やスマホを購入したときにクレジットカード払いであれば、ドコモ側でSIMロックが解除されています。

SIMロック解除の窓口は2つ

ドコモのスマホのSIMロック解除は、My docomoかドコモショップ実店舗で受け付けています。

My docomoで自分でSIMロックを解除すれば無料です。ドコモショップ実店舗だと手数料3000円と待ち時間が発生します。

SIMロックを解除する前に、スマホのIMEI番号をメモしておきましょう。

My docomoでSIMロック解除するときの手順

  1. SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモの「お手続きサイトへ」を選択
  2. dアカウントにログインする
  3. セキュリティーコードがSMSで送られてくるのでセキュリティーコードを入力してログイン
  4. メモしたIMEI番号を入力する
  5. 注意事項に同意する
  6. 受付確認メールの送信先を選ぶ
  7. 手続き確認内容になるので、確認して「手続きを完了する」を押す
  8. SIMロック解除手続きが完了
  9. Androidスマホの場合はIMロック解除コードが表示されるので、SIMロック解除コードもメモしておく
  10. SIMロック解除コードはメールでも送られてくるので安心

SIMロック解除コードはメールでも送られてくるので安心

SIMロック解除コードは、ドコモのスマホからドコモのSIMを抜いてUQモバイルのSIMを初めて挿したときに入力を求められます。

スマホ1台しか持っていないとSIMロック解除コードが見れないので詰みます。SIMロック解除コードはメモしときましょう。

iPhoneはSIMロック解除コードはありません。iPhoneからドコモのSIMを抜いてUQモバイルのSIMを初めて挿したときにiPhoneのアクティベーションが必要です。

【手順③】ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときは、ドコモでMNP予約番号を発行する必要があります。

MNP予約番号を発行しただけでドコモが解約されることはありません。

ドコモでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からドコモに電話、②My docomoで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My docomoでMNP予約番号を取得することです。

24時間対応ですし、人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。面倒な引き止めとかアンケートも無いです。

どうしてもやりかたが分からないという人はauに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

WebでMNP予約番号を発行するときの注意点

My docomoでMNP予約番号の発行をするとき、「MNP予約番号発行のお手続きに進む(推奨)」を選んでください。絶対にこっちを選んでください。

「MNP予約番号発行(即時解約)のお手続きに進む」のほうは上級者向きの手続きです。私でもやってことないです。

MNP予約番号の受付窓口

申込方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話151に電話9時~21時
一般電話0120-800-000に電話9時~21時
My docomoトップ→契約内容・手続き
→ドコモオンライン手続き
24時間対応

MNP予約番号を取得してもドコモは解約されません

ドコモでMNP予約番号を取得した時点では、ドコモが解約されることはありません。

また、MNP予約番号の有効期限が切れても、ドコモとの契約は継続しています。

ドコモが解約されるのは、UQモバイル申し込み後、手元にUQモバイルのSIMやスマホが届いてから行う「回線切替手続き」のときです。

回線切替手続きでは、ドコモからUQモバイルへ回線を切り替える手続きを行います。この回線切替手続きを行った日がドコモの解約日になります。

たとえば10月5日にSIMが手元に届いて、10月6日に回線切替手続きをすると、10月6日付でドコモの契約が自動解約されます。

【手順④】UQモバイルをMNPで申し込む。UQモバイルに乗り換えで最大1万円キャッシュバック!

契約に必要なものを用意してUQモバイルをMNPで申し込みましょう。

MNP予約番号の有効期限は15日間ありますが、UQモバイルをWebで申し込む場合は、MNP予約番号の取得日から2日以内に申し込んでください。

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときは、「他社からののりかえ(MNP)」を選択してください。

ドコモからUQモバイルに乗り換え+SIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバックされるキャンペーンが実施されています。

UQモバイルの申し込みに必要なもの

  • メールアドレス(フリーメールアドレス推奨)
  • 本人確認書類(免許証など)
  • 本人名義のクレジットカード
  • MNP予約番号

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

au本家やpovo以外からUQモバイルに乗り換えると最大1万円キャッシュバック

UQモバイル公式オンラインショップでSIMのみをくりこしプランS/M/Lで契約すると、最大1万円がキャッシュバックされるキャンペーンが実施されています。

新規契約するかMNP転入で契約するかによってキャッシュバック金額が異なります。

契約方法キャッシュバック金額
SIMのみ+新規契約
+くりこしプランS
3000円キャッシュバック
UQ学割適用回線なら3000円増額
SIMのみ+新規契約
+くりこしプランS/M/L
3000円キャッシュバック
UQ学割適用回線なら7000円増額
SIMのみ+MNP転入
+くりこしプランS
6000円キャッシュバック
SIMのみ+MNP転入
+くりこしプランM/L
1万円キャッシュバック

注意点としては、au本家またはpovoからUQモバイルに乗り換えの場合はキャッシュバックキャンペーンの適用対象外になります。

BIGLOBEモバイルのau回線やmineoのau回線などの、au回線を使用した格安SIMからUQモバイルに乗り換えの場合は、キャッシュバックキャンペーンの対象です。

キャッシュバックキャンペーンが適用されているかどうかは、申込画面株の「明細」で確認できます。

auやpovoから乗り換えの場合でも「キャッシュバック(口座振込) ○円分の対象です。」と表示されますが対象外なので注意してください。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

【手順⑤】手元にSIMやスマホが到着次第回線切替手続きを行う

手元にSIMやスマホが届いたら、ドコモからUQモバイルに回線を切り替えるために、「回線切替手続き」が必要です。

回線切替手続きはmy UQ mobileからできます。電話ではできません。

回線切替手続きの流れ

  1. my UQ mobileにログインする
  2. 「お申し込み状況一覧」をクリックする
  3. 「回線切替」をクリックする
  4. 「実行」をクリックする
  5. 実行をクリックするとドコモがすぐ圏外になります
  6. 切り替え完了後、30分ほどでUQモバイルの回線に切り替わります。実際はそんなにかかりません

step
1
my UQ mobileにログイン

my UQ mobileにログインしてください。

なお、最初にmy UQ mobileログインするときはメール内に記載されている「受付番号」とUQモバイル申込時に決めた4桁の暗証番号を使ってログインします。

ログイン後に正規のログインIDとパスワードを決めてmy UQ mobileに登録するステップがあるのでご安心ください。

step
2
トップ画面の「お申し込み状況一覧」ボタンをタップ

スマホでmy UQ mobileにログインした場合は、右上の「メニュー」をタップすると各種メニューが表示されます。

メニューの中の「申込状況の確認」をタップしてください。

step
3
現在の申込状況が表示されるので、「回線切替」をタップ

タップすると「お申し込み状況一覧」と書かれたページに移動します。ここで回線切り替えができます。

ステータスが「回線切替待ち」になっていると思います。「回線切替」をタップしてください。

step
4
「実行する」ボタンをタップする

タップすると回線切替画面になり、「ご購入されたau ICカードの開通のため、回線切替を行います。」という画面になります。

画面下部にある「実行する」ボタンをタップしてください。タップすると「回線切替完了」の画面になります。

実行するボタンをタップすると、UQモバイル側で回線切替作業が行われます。あなたは実行するボタンをタップするだけでOKです。

step
5
回線切替受付完了

回線切替作業が完了するとUQモバイルから「MNP回線切替完了のご案内(自動送信メール)」といったタイトルでメールが送られてきます。

私の場合は実行するボタンをタップしてから1分後にはメールが送られてきましたよ。

【手順⑥】ドコモのスマホにUQモバイルのSIMカードを入れる(この時点でSIMロック解除が正式完了)

スマホに挿さっているドコモのSIMカードを取り出して、UQモバイルのSIMカードと入れ替えましょう。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

ドコモのスマホにUQモバイルのSIMカードを挿して、アクティベーションやSIMロック解除コードを入力して起動すると、SIMロック解除が正式に完了します。

iPhoneの場合

UQモバイルのSIMを挿して起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

Androidスマホの場合

ドコモで購入したAndroidスマホにUQモバイルのSIMを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、ドコモから送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

スマホが1台しかない、パソコンもない人はメールが見れないので注意してください。メモしときましょう。

【手順⑦】APN設定を行う

回線をドコモからUQモバイルに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「UQモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワード」のようなものです。

APN設定についてはこちらをご覧ください。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

iPhoneの場合

iPhoneは、APN設定プロファイルのインストールが必須です。

【手順⑧】開通していることを確認してUQモバイルの利用開始

  • 回線切替が完了
  • APN設定が完了
  • SIMカードを使いたいスマホに挿している
  • 使いたいスマホのSIMロックが解除されている

順番は前後してもいいので、この4つが完璧であればUQモバイルが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

ドコモで買ったスマホはUQモバイル(au回線)でも使える?

動作確認情報を見て、端末名の右上に「◯」がついていればOK。△はやめておいたほうがいい

動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)を見て、自分の使いたいスマホの右上に「◯」マークがついていればOKです。

使いたいスマホが△マークがついていたら、何かしらの問題があるのでやめておいたほうがいいです。

対応エリア、音声通話、データ通信、SMS送受信、テザリングなどの機能のうち、どれか1つでも問題があるとUQモバイルに判断されると、右上が「◯」マークになりません。

【一例】SIMフリー版iPhone 12(◯マーク)

こちらはSIMフリー版iPhone 12の動作確認状況です。◯マークがついているので問題なく利用できます。

【一例】ドコモ版Galaxy S20 5Gの動作確認情報(△マーク)

こちらはドコモ版Galaxy S20 5Gの動作確認情報です。△マークがついていますね。△マークがついていたら、そのスマホでUQモバイルを使うのはやめておいたほうがいいです。

対応エリアが△で、他の機能はすべて◯です。どれか1つでも問題があると△になります。

ドコモやソフトバンクから販売されたスマホは、対応エリアが△マークになっていることが多いです。

GalaxyやXperiaは確実に対応エリアが△マーク、AQUOSであれば2018年~2019年以降のAQUOSであれば◯マークがついていることが多いです。

これはなぜかというと、UQモバイルを使う上で必要なLTE Band 18/26に対応していないからです。なので対応エリアが△マークになっています。

SIMサイズの確認をしておきましょう

自分の使いたいスマホが動作確認されていて、右上「◯」マークがついていることを確認したら、SIM種別を見ておきましょう。

こちらはiPhone 12の動作確認情報のSIM種別ですが、「マルチSIM(nano)」と記載されています。

これは、「マルチSIM」で申し込んで、自分でnanoSIMサイズに切り取ると理解してください。

SIM種別はだいたい「マルチSIM(nano)」となっているはずです。

UQモバイルの「マルチSIM」について

UQモバイルでは、2019年10月1日からは「マルチSIM」というSIMカード1種類のみを提供しています。

マルチSIMは、自分で任意のSIMサイズに切り取って使用するタイプのSIMカードです。

標準SIM、microSIM、nanoSIMの3サイズで切り取ることができます。

UQモバイルは2021年3月4日時点で619件の動作確認が実施されていますが、マルチSIM(nano)では526件実施されています。

ほとんどの人はマルチSIMで申し込み、nanoSIMサイズに切り取って使用することになるでしょう。nanoSIMはSIMカードのサイズのなかでは一番小さいので、切り取りで失敗することは絶対にありません。

あまりにも古いスマホは使えません

「microSIM」「nanoSIM」「nanoSIM(専用)」というSIMカードで動作確認されているスマホは、UQモバイルでは使えません。もうこの3つのSIMカードは2019年9月30日で提供終了したからです。

まあこの3つのSIMカードで動作確認されているスマホはかなり古い化石みたいなスマホなので、使っている人のほうが少ないでしょう。

ドコモのAndroidスマホはほとんどau回線に対応していない

UQモバイルはau回線を使用してサービスを提供している格安SIMです。

ドコモで販売されているAndroidスマホは、ドコモ回線には確実に対応していますが、au回線には対応していないものがかなり多いです。

詳しい人向けに言うと、ドコモで販売されているAndroidスマホはUQモバイル(au回線)で使われているLTE Band 18/26に非対応のものがかなり多いです。

ドコモのスマホが対応している周波数は以下のドコモのページをご覧ください。

SIMロックを解除したiPhone 6s以降のiPhoneであれば絶対使える

ドコモから販売されたiPhoneは、SIMロック解除に対応したiPhone 6s以降であれば、SIMロックを解除すればUQモバイル回線が利用できるようになります。

ドコモ/au/ソフトバンクで販売されているiPhoneは、SIMロックを解除していないときは購入したキャリアでしか使えません。ドコモで購入したiPhoneならドコモ回線しか対応していません。

しかし、SIMロックを解除すると、ドコモ/au/ソフトバンク回線にフル対応します。iPhoneは無敵です。

UQモバイルモバイルが動作確認しているドコモのiPhoneは以下の通り。

  • ドコモ版iPhone 6s
  • ドコモ版iPhone 6s Plus
  • ドコモ版iPhone SE(第1世代)
  • ドコモ版iPhone 7
  • ドコモ版iPhone 7 Plus
  • ドコモ版iPhone 8
  • ドコモ版iPhone 8 Plus
  • ドコモ版iPhone X
  • ドコモ版iPhone XS
  • ドコモ版iPhone XS Max
  • ドコモ版iPhone XR
  • ドコモ版iPhone 11
  • ドコモ版iPhone 11 Pro
  • ドコモ版iPhone 11 Pro Max
  • ドコモ版iPhone SE(第2世代)
  • ドコモ版iPhone 12
  • ドコモ版iPhone 12 mini
  • ドコモ版iPhone 12 Pro
  • ドコモ版iPhone 12 Pro Max

ドコモからUQモバイルに乗り換えるメリット

月額料金が安くなる。1人でも月額1628円から利用可能

ドコモからUQモバイルに乗り換えることで、月額料金が圧倒的に安くなります。

2021年2月1日から提供されている新プラン「くりこしプラン」は、最安月額1628円から利用可能です。

auのサブブランドなので通信品質が良い

UQモバイルはauのサブブランドなので、au回線を使用してサービスを提供している格安SIMのなかでは一番通信品質が良いです。

昼休みや通勤時間帯に通信速度が落ちることもありません。いつでも安定した通信が期待できます。

また、くりこしプランM/Lであれば月間データ容量を超過した後も最大1Mbpsで通信できます。LINE程度であれば問題なく利用できる速度です。

テザリングが無料

UQモバイルではテザリングが無料で利用できます。

iPhoneは2018年10月31日からテザリング機能の提供を開始しています。

ドコモからUQモバイルに乗り換えの注意点やデメリット

UQモバイルに乗り換えるためにドコモでやったらダメなこと

ドコモの契約はUQモバイル開通後に自動で解約されます。開通するまではドコモが使えます。

「ネットでMNPで手続きすると使えなくなる期間がある」などという古い情報をいつまでたっても掲載しているサイトがありますが、今は使えなくなる期間はありません。

  • ドコモショップに行ってドコモを解約する
  • 解約してからUQモバイルを申し込む

といた行為は絶対にしないでください。

ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、ドコモで提供されているキャリアメールアドレスが利用できなくなります。

なお、UQモバイルではキャリアメールアドレスと判別される有料メールアドレスが月額200円で提供されています。

LINEのID検索や年齢認証ができなくなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、LINEのID検索や年齢認証ができなくなります。

ドコモからUQモバイルにSIMのみ乗り換えるときは、ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneでLINEの年齢認証をしておけば、UQモバイルに乗り換えた後もLINEでID検索ができるようになります。

LINEの年齢認証はスマホ単位なので、SIMだけ乗り換えるときは影響ありません。

UQモバイルでスマホを契約するときは、残念ながらLINEのID検索や年齢認証はできません。

回線セット割や家族割などが利用できなくなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、ドコモ光とのセット割引や各種家族割引サービスが利用できなくなります。

くりこしプランS/M/Lは家族割や回線セット割が適用されない

UQモバイルではUQ家族割がありますが、2021年2月1日から提供されているくりこしプランS/M/LはUQ家族割の対象外です。

UQモバイルでは「ギガMAX月割」というセット割がありますが、021年2月1日から提供されているくりこしプランS/M/LはギガMAX月割の対象外です。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

【必見】UQモバイルではキャッシュバックor本体代金割引(スマホ値引き)実施中

UQモバイル公式オンラインショップでは、SIMやスマホを契約する人を対象にしたキャッシュバックキャンペーンやスマホ本体代金割引キャンペーンを実施しています。

申し込み窓口公式オンラインショップ
SIM+新規契約3000円キャッシュバック
SIM+MNP転入1万円キャッシュバック
スマホ+新規契約本体代金割引(値引き)
(全スマホ対象)
スマホ+MNP転入本体代金割引(値引き)
(全スマホ対象)
キャンペーン対象プランくりこしプランS/M/L

キャンペーンの詳細や申し込みはUQモバイルのキャンペーン記事を御覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

-UQモバイルに乗り換え