UQモバイルに乗り換え

ドコモからUQモバイルに乗り換え手順やポイントまとめ

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときの手順やポイントまとめ。

UQモバイルでSIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!&くりこしプランが最大1ヶ月間無料!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMのみをくりこしプランで契約すると、最大1万円が貰えるキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

新規契約なら一律3000円キャッシュバック、MNP転入は6000円~1万円キャッシュバックです。(auやpovoから乗り換えは対象外)

また、くりこしプランを契約すると、8月中の月額料金が無料になる「くりこしプラン最大1ヶ月無料キャンペーン」が実施されています。月途中での契約は日割り計算されて無料になります。

1ヶ月間無料とキャッシュバックを併用してお得にUQモバイルを契約しましょう。

UQモバイルをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

ドコモからUQモバイルへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  • ドコモからUQモバイルに乗り換える
  • ドコモで購入した機種(スマホ)はUQモバイルでもそのまま使いたい

というときは、UQモバイルでSIMカードのみを契約すればOKです。

UQモバイル公式オンラインショップでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

UQモバイルではスマホを購入しなくてもOKです。SIMカードのみを契約しましょう。

SIMのみ契約+ドコモスマホを使い続ける

  1. ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneがUQモバイルで使えるか動作確認端末一覧を見て確認
  2. ドコモのスマホのSIMロックを解除する
  3. ドコモでMNP予約番号を発行する
  4. UQモバイル公式オンラインショップで、SIMのみを「他社からののりかえ」で契約する
  5. SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  6. SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  7. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMのみ契約+自分で新しく買ってきたSIMフリースマホを使う

  1. SIMフリーAndroidスマホやiPhoneがUQモバイルで使えるか動作確認端末一覧を見て確認
  2. ドコモでMNP予約番号を発行する
  3. UQモバイル公式オンラインショップで、SIMのみを「他社からののりかえ」で契約する
  4. SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  5. SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  6. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

UQモバイルで販売されているスマホを契約

  1. LINEなどのデータのバックアップを行う
  2. ドコモでMNP予約番号を発行する
  3. UQモバイル公式オンラインショップで、スマホを「他社からののりかえ」で契約する
  4. スマホが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  5. スマホの初期設定・セットアップを完了させる
  6. データを新スマホに移行する
  7. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

ドコモからUQモバイルに乗り換えるために、ドコモでやること

ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneのSIMロック解除手続きをする

ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneをUQモバイルで使う際は、UQモバイルを契約する前にドコモ側でAndroidスマホやiPhoneののSIMロック解除手続きが絶対に必要です。

SIMロックを解除していないドコモのAndroidスマホやiPhoneはUQモバイルでは絶対に利用できません。絶対にSIMロック解除手続きをしてください。

SIMロック解除手続きの流れをもっと正しくいうと、

  1. My docomoなどでドコモのスマホのSIMロックの解除手続きをする
  2. AndroidスマホのみSIMロック解除コードが発行される
  3. ドコモのスマホにUQモバイルのSIMカードを挿す
  4. iPhoneならアクティベーション実施、AndroidスマホはSIMロック解除コード入力
  5. SIMロック解除完了

という流れになります。

スマホに契約したキャリアではないSIMカードを挿すことにより、SIMロック解除が正式に完了します。

UQモバイルの開通も完了している、APN設定をしているのにUQモバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

ドコモのスマホを購入した時期やドコモの料金の支払方法によっては、すでにSIMロック解除手続きが実施されていることがありますが、絶対にSIMロック解除手続きをしているかチェックしてください。

ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときは、ドコモでMNP予約番号を発行する必要があります。

MNP予約番号を発行しただけでドコモが解約されることはありません。

ドコモでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からドコモに電話、②My docomoで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My docomoでMNP予約番号を取得することです。

24時間対応ですし、人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。面倒な引き止めとかアンケートも無いです。

どうしてもやりかたが分からないという人はauに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNP予約番号を取得してもドコモは解約されません

ドコモでMNP予約番号を取得した時点では、ドコモが解約されることはありません。

また、MNP予約番号の有効期限が切れても、ドコモとの契約は継続しています。

ドコモが解約されるのは、UQモバイル申し込み後、手元にUQモバイルのSIMやスマホが届いてから行う「回線切替手続き」を実施した日です。

回線切替手続きでは、ドコモからUQモバイルへ回線を切り替える手続きを行います。この回線切替手続きを行った日がドコモの解約日になります。

たとえば10月5日にSIMが手元に届いて、10月6日に回線切替手続きをすると、10月6日付でドコモの契約が自動解約されます。

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときは、SIMもスマホも「他社からののりかえ」で契約

 

UQモバイルのSIMカードやスマホが手元に届いてからやること

【手順①】my UQ mobileで回線切替手続きを行う

手元にSIMやスマホが届いたら、ドコモからUQモバイルに回線を切り替えるために、「回線切替手続き」が必要です。

回線切替手続きはmy UQ mobileからできます。電話ではできません。

回線切替手続きの流れ

  1. my UQ mobileにログインする
  2. 「お申し込み状況一覧」をクリックする
  3. 「回線切替」をクリックする
  4. 「実行」をクリックする
  5. 実行をクリックするとドコモがすぐ圏外になります
  6. 切り替え完了後、30分ほどでUQモバイルの回線に切り替わります。実際はそんなにかかりません

【手順②】ドコモのスマホにUQモバイルのSIMカードを入れる

スマホに挿さっているドコモのSIMカードを取り出して、UQモバイルのSIMカードと入れ替えましょう。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

ドコモのスマホにUQモバイルのSIMカードを挿して、アクティベーションやSIMロック解除コードを入力して起動すると、SIMロック解除が正式に完了します。

iPhoneの場合

UQモバイルのSIMを挿して起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

Androidスマホの場合

ドコモで購入したAndroidスマホにUQモバイルのSIMを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、ドコモから送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

スマホが1台しかない、パソコンもない人はメールが見れないので注意してください。メモしときましょう。

【手順③】APN設定を行う

回線をドコモからUQモバイルに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「UQモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワード」のようなものです。

APN設定についてはこちらをご覧ください。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

iPhoneの場合

iPhoneは、APN設定プロファイルのインストールが必須です。

【手順④】開通していることを確認してUQモバイルの利用開始

  • 回線切替が完了
  • APN設定が完了
  • SIMカードを使いたいスマホに挿している
  • 使いたいスマホのSIMロックが解除されている

順番は前後してもいいので、この4つが完璧であればUQモバイルが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

【手順⑤】でんきセット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

1人で複数回線契約している人、家族で複数回線契約している人がUQモバイルのでんきセット割を利用する場合は、UQ家族割グループに加入する必要があります。

UQ家族割の割引対象となる料金プランは、2021年1月31日をもって新規受付終了しました。

UQモバイルでくりこしプランを契約している人がUQ家族割を組んでも、UQ家族割の割引が適用されることはありません。

UQ mobileお客さまセンター(電話)でのお申し込み
以下の内容をお電話で確認いたします。

【同一性・同一住所の場合】

親回線の契約者の本人確認情報
追加される子回線の契約者氏名、電話番号および住所

【苗字または住所に相違がある場合】

お電話ではお申込みいただけません。お手数ですが、UQスポット/UQ mobile取扱店頭でお申し込みください。
親回線の契約者の本人確認書類、子回線の契約者の本人確認書類、ご家族であることを証明する書類が必要です。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

ドコモのAndroidスマホやiPhoneはUQモバイルでも使える?

LTE Band 1/18/26に対応しているスマホであれば、理論上はUQモバイルが利用できる

  • LTE Band 1/18/26
  • LTE Band 1/18
  • LTE Band 1/26

のいずれかに対応しているスマホを用意すれば、理論上はUQモバイルが利用できます。LTE Band 18/26はどちらか対応していればOKです。

LTE Band 18/26はauのプラチナバンドです。この2つの周波数帯に対応していないスマホをUQモバイル(au回線)で使うのはかなり厳しいです。

  • ご利用になりたい機種の対応周波数帯については、機種を購入された事業者に事前にご確認ください。 特にバンド1(2.0GHz帯)とバンド18/26(800MHz帯)に端末が対応していない場合、場所によっては電波をつかみにくくなることがありますのでご注意ください。

動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)を見ると上記の記載があります。

ドコモのAndroidスマホは、LTE Band 18/26に対応していない可能性が非常に高いのでオススメしない

ドコモのSIMロック解除対応機種および対応周波数帯を見て、ドコモのAndroidスマホがLTE Band 18/26に対応しているかを確認してください。対応していたら○がついています。

 

もうこの表を見たら分かると思いますが、ドコモで販売されているAndroidスマホは、UQモバイル(au回線)で使われているLTE Band 18/26に非対応のものがかなり多いので、UQモバイル(au回線)で使うのはオススメしません。

LTE Band 18/26はauのプラチナバンドです。この2つの周波数帯に対応していないスマホをUQモバイル(au回線)で使うのはかなり厳しいです。

AQUOSだけは2019年モデルくらいからLTE Band 18/26に対応するようになりましたが、それ以外のXperiaやGalaxyなどは一切対応していません。

キャリアのAndroidスマホは周波数帯の縛りがある

もともとドコモ/au/ソフトバンクから販売されているAndroidスマホは、販売しているキャリア以外で使われているLTE Bandに対応していないことが多いです。

たとえばドコモのAndroidスマホであれば、ドコモで使用している周波数帯は完璧に対応していますが、auやソフトバンクで使用している周波数帯は対応していないことが多いです。

ドコモのスマホが対応している周波数

SIMロックを解除したiPhone 6s以降のiPhoneであれば絶対使える

ドコモから販売されたiPhoneは、SIMロック解除に対応したiPhone 6s以降であれば、SIMロックを解除すればUQモバイル(au回線)が利用できるようになります。

ドコモ/au/ソフトバンクで販売されているiPhoneは、SIMロックを解除していないときは購入したキャリアでしか使えません。ドコモで購入したiPhoneならドコモ回線しか対応していません。

しかし、SIMロックを解除すると、ドコモ/au/ソフトバンク/ドコモ回線にフル対応します。iPhoneは無敵です。

UQモバイルが動作確認しているドコモのiPhoneは以下の通り。

  • ドコモ版iPhone 6s
  • ドコモ版iPhone 6s Plus
  • ドコモ版iPhone SE(第1世代)
  • ドコモ版iPhone 7
  • ドコモ版iPhone 7 Plus
  • ドコモ版iPhone 8
  • ドコモ版iPhone 8 Plus
  • ドコモ版iPhone X
  • ドコモ版iPhone XS
  • ドコモ版iPhone XS Max
  • ドコモ版iPhone XR
  • ドコモ版iPhone 11
  • ドコモ版iPhone 11 Pro
  • ドコモ版iPhone 11 Pro Max
  • ドコモ版iPhone SE(第2世代)
  • ドコモ版iPhone 12
  • ドコモ版iPhone 12 mini
  • ドコモ版iPhone 12 Pro
  • ドコモ版iPhone 12 Pro Max

ドコモからUQモバイルに乗り換えの注意点やデメリット

チェックリスト

  • UQモバイルはau回線なので、au回線不毛地帯は注意が必要
  • ドコモで契約解除料や端末代金の残債の支払いなどが発生する
  • 月間データ容量が少なく感じるかも
  • ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる
  • LINEのID検索や年齢認証ができなくなる
  • ドコモの回線セット割や家族割などが利用できなくなる
  • くりこしプランS/M/Lは家族割や回線セット割が適用されない

UQモバイルはau回線なので、au回線不毛地帯は注意が必要

UQモバイルはau回線を使用してサービスを提供しています。ドコモとはサービスエリアが微妙に異なります。

クソ田舎、山の中、河川といった僻地によく行くという人は、ドコモのほうが電波が強い可能性があります。ドコモからUQモバイルに乗り換えると同じ場所でも電波が繋がりにくくなる可能性があります。

都会に住んでいる人は何も気にしなくていいです。

ドコモで契約解除料や端末代金の残債の支払いなどが発生する

ドコモからUQモバイルに乗り換えるときは、タイミングによっては契約解除料などの費用が発生します。

【ドコモで発生】MNP転出手数料 : 2021年4月1日からは0円

従来ではドコモでMNP転出手数料3300円が発生していましたが、2021年4月1日からはMNP転出手数料が0円になりました。

【ドコモで発生】解約金/契約解除料

ドコモからUQモバイルに乗り換えた月が3ヶ月間設けられている「更新期間」以外の場合、解約金が発生します。

2019年10月以前に契約した場合は、契約解除料は1万450円かかります。2019年10月以降に契約した人、2019年10月以降に提供開始したプランを契約している人は契約解除料は1100円になります。

【ドコモで発生】端末代金の支払いの残り

ドコモからUQモバイルに乗り換えても、端末代金の支払いの残りの支払いは必要です。

たとえばドコモでiPhoneを24回払いで購入して、20回目の支払いでドコモからUQモバイルに乗り換えたときは、残り4回の支払いが必要です。

ドコモからUQモバイルに乗り換えたからといって、端末代金の支払いがチャラになることは絶対にありません。

引き続き分割払いで支払いを続けるか、解約とともに一括で返済するか、どちらかの方法で残金の支払いを行います。

【ドコモで発生】契約月の月額料金(日割りにならないもの多数)

ドコモからUQモバイルに乗り換えた月のドコモの月額料金の支払いが発生します。日割りになるものとならないものがあります。

日割り計算されないのは、料金プランの月額料金、オプションサービスの月額料金、ユニバーサルサービス料、コンテンツの購入代金などです。

日割り計算されるのは、インターネット接続サービス料(spモードなど)、通話料・データ通信料です。

UQモバイルに乗り換えたのに最後のドコモの料金がなんか高い!ってときは、だいたいこれが原因です。

ドコモからUQモバイルに乗り換えたからといって、ドコモの料金がチャラになることは絶対にありません。

月間データ容量が少なく感じるかも

UQモバイルの月間データ容量が最も大きいのはくりこしプランL(月25GB)です。

これまでソフトバンクで大容量プランや無制限プランを使用していたような人はUQモバイルに乗り換えると後悔するかもしれません。

月1~3GB程度しか使っていないような人は絶対に安くなります。ご安心ください。

ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、ドコモで提供されているキャリアメールアドレスが利用できなくなります。

なお、UQモバイルではキャリアメールアドレスと判別される有料メールアドレスが月額220円で提供されています。

LINEのID検索や年齢認証ができなくなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、LINEのID検索や年齢認証ができなくなります。

ドコモからUQモバイルにSIMのみ乗り換えるときは、ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneでLINEの年齢認証をしておけば、UQモバイルに乗り換えた後もLINEでID検索ができるようになります。

LINEの年齢認証はスマホ単位なので、SIMだけ乗り換えるときは影響ありません。

UQモバイルでスマホを契約するときは、残念ながらLINEのID検索や年齢認証はできません。

ドコモの回線セット割や家族割などが利用できなくなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、ドコモ光とのセット割引や各種家族割引サービスが利用できなくなります。

くりこしプランS/M/Lは家族割や回線セット割が適用されない

UQモバイルではUQ家族割がありますが、2021年2月1日から提供されているくりこしプランS/M/LはUQ家族割の対象外です。

UQモバイルでは「ギガMAX月割」というセット割がありますが、021年2月1日から提供されているくりこしプランS/M/LはギガMAX月割の対象外です。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

【必見】UQモバイルではキャッシュバックor本体代金割引(スマホ値引き)実施中

UQモバイル公式オンラインショップでは、SIMやスマホを契約する人を対象にしたキャッシュバックキャンペーンやスマホ本体代金割引を実施しています。

申し込み窓口公式オンラインショップ
SIM+新規契約3000円キャッシュバック
SIM+MNP転入6000円~
1万円キャッシュバック
スマホ+新規契約本体代金割引(値引き)
(全スマホ対象)
スマホ+MNP転入本体代金割引(値引き)
(全スマホ対象)
キャンペーン対象プランくりこしプランS/M/L

キャンペーンの詳細や申し込みはUQモバイルのキャンペーン記事を御覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

-UQモバイルに乗り換え