UQモバイルに乗り換え

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換え手順やポイントまとめ

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えるときの手順やポイントまとめ。

UQモバイルでSIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!&くりこしプランが最大1ヶ月間無料!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMのみをくりこしプランで契約すると、最大1万円が貰えるキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

新規契約なら一律3000円キャッシュバック、MNP転入は6000円~1万円キャッシュバックです。(auやpovoから乗り換えは対象外)

また、くりこしプランを契約すると、8月中の月額料金が無料になる「くりこしプラン最大1ヶ月無料キャンペーン」が実施されています。月途中での契約は日割り計算されて無料になります。

1ヶ月間無料とキャッシュバックを併用してお得にUQモバイルを契約しましょう。

UQモバイルをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

LINEモバイルからUQモバイルへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  1. LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えたい
  2. LINEモバイルモバイルで購入した機種(スマホ)はそのまま使いたい

というときは、UQモバイルでSIMカードのみを契約すればOKです。

UQモバイルオンラインショップでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

UQモバイルではスマホを購入しなくてもOKです。SIMカードのみを契約しましょう。

SIMのみ契約+LINEモバイルのスマホを使い続ける

  1. LINEモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneがUQモバイルで使えるか確認
  2. LINEモバイルのスマホのSIMロックを解除する(iPhoneのみSIMロックあり)
  3. LINEモバイルでMNP予約番号を発行する
  4. MNPでUQモバイルのSIMのみを申し込む
  5. SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  6. SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  7. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMのみ契約+SIMフリースマホを使う

  1. UQモバイルで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  2. LINEモバイルでMNP予約番号を発行する
  3. MNPでUQモバイルのSIMのみを申し込む
  4. SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  5. SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  6. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

UQモバイルで販売されているスマホを契約

  1. LINEモバイルでMNP予約番号を発行する
  2. UQモバイルのスマホを申し込む
  3. スマホが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  4. スマホの初期設定・セットアップを完了させる
  5. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えるときの流れ(SIMのみ契約)

  • LINEモバイルからUQモバイルに乗り換える
  • SIMのみ契約する
  • LINEモバイルで購入したスマホをUQモバイルでも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

【手順①】今使っているLINEモバイルのスマホがUQモバイルで動作確認されているかを確認

LINEモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneをUQモバイルに乗り換えても使いたい場合は、動作確認端末一覧を見て、UQモバイルでそのスマホが動作確認されているかチェックしましょう。

動作確認情報を見て、使いたいスマホの右上に「○」がついていたら、UQモバイルでも問題なく使用できます。

もしも対応エリアや右上に「△」がついていたら、そのスマホはau回線に対応していません。そのスマホをUQモバイルで使うのはオススメしません。

iPnoneはiPhone 6s以降なら絶対に使えます。Androidスマホは使えない可能性が高いです。

UQモバイルの動作確認情報ページは以下をご覧ください。

SIMサイズの確認をしておきましょう

自分の使いたいスマホが動作確認されていて、右上「◯」マークがついていることを確認したら、SIM種別を見ておきましょう。

こちらはiPhone 12の動作確認情報のSIM種別ですが、「マルチSIM(nano)」と記載されています。

これは、「マルチSIM」で申し込んで、自分でnanoSIMサイズに切り取ると理解してください。

SIM種別はだいたい「マルチSIM(nano)」となっているはずです。

【手順②】iPhoneはUQモバイル契約前にSIMロック解除必須、AndroidはSIMフリー

LINEモバイルで販売されているiPhoneは、時期によってSIMロックの有無が異なります。

2020年4月6日以降にiPhoneを購入した人はSIMロックがかかっていませんが、それよりも前に購入した人はiPhoneのSIMロック解除が必要です。

AndroidスマホはSIMロックがかかっていません。

UQモバイルの開通も完了している、APN設定をしているのにUQモバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

【手順③】LINEモバイルでMNP予約番号を取得する

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えるときは、LINEモバイル側でMNP予約番号の発行が必要になります。

マイページから申し込み後、当日から3日程度で発行されます。日数に幅があるので、申し込むときは気をつけてください。狙った日に申し込めない可能性があります。

LINEモバイルでMNP予約番号の発行方法は、LINEモバイルのマイページから行えます。電話や店舗などではMNP予約番号の発行はしていません。

【手順④】UQモバイルをMNPで申し込む。UQモバイルに乗り換えで最大1万円キャッシュバック!

契約に必要なものを用意してUQモバイルのSIMをMNPで申し込みましょう。

MNP予約番号は15日間の有効期限がありますが、UQモバイルを申し込む時は発行日から2日以内に申し込んでください。

LINEモバイルのドコモ回線/ソフトバンク回線からUQモバイルに乗り換えるときは、「他社からののりかえ(MNP)」を選択してください。

LINEモバイルのau回線からUQモバイルに乗り換えるときは、「au回線MVNOからののりかえ(MNP)を選択してください。

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換え+SIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバックされるキャンペーンが実施されています。

UQモバイルの申し込みに必要なもの

必要なもの

  • 契約者本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレスと電話番号
  • MNP予約番号

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

au本家やpovo以外からUQモバイルに乗り換えると最大1万円キャッシュバック!

UQモバイル公式オンラインショップでSIMのみをくりこしプランS/M/Lで契約すると、最大1万円がキャッシュバックされるキャンペーンが実施されています。

新規契約するかMNP転入で契約するかによってキャッシュバック金額が異なります。

契約方法キャッシュバック金額
SIMのみ+新規契約
+くりこしプランS/M/L
3000円キャッシュバック
SIMのみ+MNP転入
+くりこしプランS
6000円キャッシュバック
SIMのみ+MNP転入
+くりこしプランM/L
1万円キャッシュバック

注意点としては、au本家またはpovoからUQモバイルに乗り換えの場合はキャッシュバックキャンペーンの適用対象外になります。

BIGLOBEモバイルのau回線やmineoのau回線などの、au回線を使用した格安SIMからUQモバイルに乗り換えの場合は、キャッシュバックキャンペーンの対象なのでご安心ください。

UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンの詳細は【最新】UQモバイルキャッシュバックキャンペーンまとめを御覧ください。

キャッシュバックが適用されているか確認する方法

キャッシュバックキャンペーンが適用されているかどうかは、申込画面株の「明細」で確認できます。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

UQモバイルのSIMカードが手元に届いてからの手順

【手順①】手元にSIMやスマホが到着次第、回線切替手続きを行う

手元にSIMやスマホが届いたら、LINEモバイルからUQモバイルに携帯電話の回線を切り替えるために、「回線切替手続き」が必要です。

回線切替手続きはmy UQ mobileからできます。電話ではできません。

回線切替手続きの流れ

  1. my UQ mobileにログインする
  2. 「お申し込み状況一覧」をクリックする
  3. 「回線切替」をクリックする
  4. 「実行」をクリックする
  5. 実行をクリックするとLINEモバイルがすぐ圏外になります
  6. 切り替え完了後、30分ほどでUQモバイルの回線に切り替わります

step
1
my UQ mobileにログイン

my UQ mobileにログインしてください。

なお、最初にmy UQ mobileログインするときはメール内に記載されている「受付番号」とUQモバイル申込時に決めた4桁の暗証番号を使ってログインします。

ログイン後に正規のログインIDとパスワードを決めてmy UQ mobileに登録するステップがあるのでご安心ください。

step
2
トップ画面の「お申し込み状況一覧」ボタンをタップ

スマホでmy UQ mobileにログインした場合は、右上の「メニュー」をタップすると各種メニューが表示されます。

メニューの中の「申込状況の確認」をタップしてください。

step
3
現在の申込状況が表示されるので、「回線切替」をタップ

タップすると「お申し込み状況一覧」と書かれたページに移動します。ここで回線切り替えができます。

ステータスが「回線切替待ち」になっていると思います。「回線切替」をタップしてください。

step
4
「実行する」ボタンをタップする

タップすると回線切替画面になり、「ご購入されたau ICカードの開通のため、回線切替を行います。」という画面になります。

画面下部にある「実行する」ボタンをタップしてください。タップすると「回線切替完了」の画面になります。

実行するボタンをタップすると、UQモバイル側で回線切替作業が行われます。あなたは実行するボタンをタップするだけでOKです。

step
5
回線切替受付完了

回線切替作業が完了するとUQモバイルから「MNP回線切替完了のご案内(自動送信メール)」といったタイトルでメールが送られてきます。

私の場合は実行するボタンをタップしてから1分後にはメールが送られてきましたよ。

【手順②】スマホにUQモバイルのSIMカードを入れる

スマホに挿さっているLINEモバイルのSIMカードを取り出して、UQモバイルのSIMカードと入れ替えましょう。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

iPhoneの場合

UQモバイルのSIMを挿して起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

【手順③】APN設定を行う

携帯電話の回線をLINEモバイルからUQモバイルに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要ああります。

APN設定とは、簡単に言えば「UQモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワード」のようなものです。

APN設定についてはこちらをご覧ください。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

iPhoneの場合

iPhoneは、APN設定プロファイルのインストールが必須です。

【手順④】開通していることを確認してUQモバイルの利用開始

  • 回線切替が完了
  • APN設定が完了
  • SIMカードを使いたいスマホに挿している
  • 使いたいスマホのSIMロックが解除されている

順番は前後してもいいので、この4つの作業が完璧であればUQモバイルが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

【手順⑤】でんきセット割を利用するならUQ家族割グループに加入する

1人で複数回線契約している人、家族で複数回線契約している人がUQモバイルのでんきセット割を利用する場合は、UQ家族割グループに加入する必要があります。

UQ家族割の割引対象となる料金プランは、2021年1月31日をもって新規受付終了しました。

UQモバイルでくりこしプランを契約している人がUQ家族割を組んでも、UQ家族割の割引が適用されることはありません。

UQ mobileお客さまセンター(電話)でのお申し込み
以下の内容をお電話で確認いたします。

【同一性・同一住所の場合】

親回線の契約者の本人確認情報
追加される子回線の契約者氏名、電話番号および住所

【苗字または住所に相違がある場合】

お電話ではお申込みいただけません。お手数ですが、UQスポット/UQ mobile取扱店頭でお申し込みください。
親回線の契約者の本人確認書類、子回線の契約者の本人確認書類、ご家族であることを証明する書類が必要です。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

LINEモバイルで買ったスマホはUQモバイル(au回線)でも使える?

LTE Band 1/18/26に対応しているスマホを用意すれば、理論上はUQモバイルが利用できる

  • LTE Band 1/18/26
  • LTE Band 1/18
  • LTE Band 1/26

のいずれかに対応しているスマホを用意すれば、理論上はUQモバイルが利用できます。LTE Band 18/26はどちらか対応していればOKです。

LTE Band 18/26はauのプラチナバンドです。この2つの周波数帯に対応していないスマホをUQモバイル(au回線)で使うのはかなり厳しいです。

  • ご利用になりたい機種の対応周波数帯については、機種を購入された事業者に事前にご確認ください。 特にバンド1(2.0GHz帯)とバンド18/26(800MHz帯)に端末が対応していない場合、場所によっては電波をつかみにくくなることがありますのでご注意ください。

動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)を見ると上記の記載があります。

動作確認情報を見て、端末名の右上に「◯」がついていればOK。△はやめておいたほうがいい

動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)を見て、自分の使いたいスマホの右上に「◯」マークがついていればOKです。

使いたいスマホが△マークがついていたら、何かしらの問題があるのでやめておいたほうがいいです。対応エリア、音声通話、データ通信、SMS送受信、テザリングなどの機能のうち、どれか1つでも問題があるとUQモバイルに判断されると、右上が「◯」マークになりません。

【一例】SIMフリー版iPhone 12(◯マーク)

こちらはSIMフリー版iPhone 12の動作確認状況です。◯マークがついているので問題なく利用できます。

【一例】ドコモ版Galaxy S20 5Gの動作確認情報(△マーク)

こちらはドコモ版Galaxy S20 5Gの動作確認情報です。△マークがついていますね。△マークがついていたら、そのスマホでUQモバイルを使うのはやめておいたほうがいいです。

対応エリアが△で、他の機能はすべて◯です。どれか1つでも問題があると△になります。

ドコモやソフトバンクから販売されたスマホは、対応エリアが△マークになっていることが多いです。GalaxyやXperiaは確実に対応エリアが△マーク、AQUOSであれば2017年~2018年以降のAQUOSであれば◯マークがついていることが多いです。

これはなぜかというと、UQモバイルを使う上で必要なLTE Band 18/26に対応していないからです。なので対応エリアが△マークになっています。

AndroidスマホはUQモバイルでも使える可能性が高い

LINEモバイルで販売されているAndroidスマホは、au回線に対応している可能性が高いです。

もしもLINEモバイルのau回線をスマホとセットで契約しているなら、UQモバイルに乗り換えても絶対にそのスマホが使えます。

iPhoneはUQモバイルでも使える

LINEモバイルでは、

  • iPhone SE(第1世代/第2世代)
  • iPhone 6s
  • iPhone 7

を販売していましたが、SIMロックを解除すればUQモバイルに乗り換えても買ったiPhoneが使えます。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

SIMカードのみ契約するときのよくある誤解

UQモバイルに乗り換え+SIMのみ契約+今のスマホを使うときは、データ移行などは一切不要

  • 他社からUQモバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • 他社で購入してSIMロックを解除したAndroidスマホやiPhoneをUQモバイルでも使い続ける

というときは、電話帳やらのデータ移行やバックアップなどは一切不要です。やらなくていいです。

SIMカードに各種データは保存されていないし、UQモバイルのSIMを挿してもデータは消えない

そもそもSIMカードに写真や動画やアプリなどのデータは保存されていません。スマホ本体のストレージやmicroSDカードに保存されています。

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えて、LINEモバイルで使っていたスマホにUQモバイルのSIMカードを挿したからといって、スマホのデータが消えることは絶対にありません。

連絡先情報なんて今どきGoogleアカウントかiCloudで紐付けられているはずで、ガラケーみたいに連絡先をSIMカードにどうたらこうたらする必要は無いです。

データのバックアップやアプリのアカウント引き継ぎどうたらこうたらは、それは機種変更とかスマホを新しく買うとかのスマホ自体を変えるときの話です。

SIMカード入れ替えだけする場合は全く関係ありません。だってスマホは変わらないんですから。

私はワイモバイルやUQモバイルなど色々契約していて、スマホでSIMカードをよく入れ替えて使っていますが、スマホのデータが消えたことなんて一度もありません。

海外に行ったときに現地のプリペイドSIMカードを購入して、LINEのインストールされたメインスマホに挿して使いましたが、スマホのデータはそのまま、写真も動画もアプリもそのままで、LINEのトーク履歴もそのままでした。消えるわけがないんです。

スマホを新しくするなら古いスマホからデータ移行が必要です

  • LINEモバイルからUQモバイルに乗り換える
  • UQモバイルで販売されているスマホを購入する

というときは、古いスマホで写真や動画やアプリなどのデータのバックアップや、アプリのアカウントの引き継ぎ作業が必要です。

古いスマホから新しいスマホにデータを移行しても、古いスマホのデータが消えることはありません。古いスマホのデータはそのまま残ります。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

UQモバイルに乗り換えるときの「解約・MNP予約番号の発行」周りでよくある誤解

チェックリスト

  • UQモバイル側で「回線切替」した時点で、LINEモバイルとの契約が自動解約されます
  • MNP予約番号を発行した時点でLINEモバイルが解約されることは無い
  • 「UQモバイルに乗り換えるからLINEモバイルを解約する」は間違いです
  • LINEモバイルの解約後に、MNP予約番号を発行することはできません
  • MNP予約番号の発行後にLINEモバイルを解約しないでください
  • 「解約」と「MNP予約番号の発行」は全く違う

UQモバイル側で「回線切替」した時点で、LINEモバイルとの契約が自動解約されます

UQモバイルのSIMカードやスマホが手元に届いて、my UQ mobileにログインして「回線切替手続き」をするまでは、LINEモバイルの回線を使ってデータ通信・音声通話・テザリングが利用できます。

回線切替手続きをすると、LINEモバイルからUQモバイルに回線が切り替わり、LINEモバイルの契約が自動で解約されます。

  • 6月1日にLINEモバイルでMNP予約番号を発行して、UQモバイルでは「他社からののりかえ」でSIMカードを申し込む
  • 6月4日にUQモバイルのSIMカードが手元に届く
  • 6月4日にUQモバイルで回線切替手続きをする
  • 6月4日にLINEモバイルからUQモバイルに回線が切り替わる
  • 6月4日付けでLINEモバイルが自動で解約される

「ネットでMNPで手続きすると使えなくなる期間がある」といつまでも記載しているページがありますが、使えなくなる期間は一切ありません。

MNP予約番号を発行した時点でLINEモバイルが解約されることは無い

LINEモバイルでMNP予約番号を発行した時点でLINEモバイルが解約されることはありません。

LINEモバイルが解約されるのは、UQモバイルで回線切替手続きしたときです。

「UQモバイルに乗り換えるからLINEモバイルを解約する」は間違いです

  • LINEモバイルからUQモバイルに乗り換える
  • LINEモバイルで使っている携帯電話番号は、UQモバイルでも使いたい
  • LINEモバイルを解約する
  • UQモバイルを契約する

という考えは間違っています。これはMNPとは言いません。

この認識で解約や契約をすると、LINEモバイルの携帯電話番号が使えなくなって、UQモバイルでは新しい携帯電話番号を使うことになりますよ。

LINEモバイルを解約するとLINEモバイルで使っている携帯電話番号が使えなくなりますよ。それでいいならLINEモバイルを解約してください。

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えても、LINEモバイルで使っている携帯電話番号を使いたいなら、LINEモバイルを解約せずにMNP予約番号を発行して、UQモバイルを「他社からののりかえ」で申し込んでください。

LINEモバイルの解約後に、MNP予約番号を発行することはできません

LINEモバイルを解約するとMNP予約番号は発行できません。

UQモバイルに乗り換えてもLINEモバイルの携帯電話番号を使いたいなら、LINEモバイルを絶対に解約しないでください。

MNP予約番号の発行後にLINEモバイルを解約しないでください

LINEモバイルでMNP予約番号を発行した後に、LINEモバイルを解約しないでください。絶対にやめてください。

「解約」と「MNP予約番号の発行」は全く違う

何をどうやったらそうなるのかは分かりませんが、「MNP予約番号の発行手続き」をしようとして、「LINEモバイルを解約してしまう」人がいます。

LINEモバイルを解約すると、LINEモバイルの携帯電話番号が使えなくなります。

LINEモバイルをうっかり解約してしまった後に、お客様センターなどに電話してもLINEモバイルは何もできません。

貴方がLINEモバイルのスタッフにキレてもゴネても解約したLINEモバイルの携帯電話番号は戻ってきません。解約とMNP予約番号の発行を間違えた貴方が100%悪いからです。

UQモバイルに乗り換えるメリット

  • 1人でも月3GB/月額1628円から利用可能
  • でんきセット割が利用できると最安で月額990円に!
  • auのサブブランドなので通信品質が良い
  • テザリングが無料
  • データくりこしが可能
  • 高速通信と低速通信を切り替えられる
  • 店舗でのサポートを受けられる
  • スマホを安く購入できる
  • auかんたん決済が利用可能

1人でも月3GB/月額1628円から利用可能

2021年2月1日から提供されている新プラン「くりこしプラン」は、最安月額1628円から利用可能です。

でんきセット割が利用できると最安で月額990円に!

UQモバイルでは2021年6月10日から「でんきセット割」の提供がスタートしています。

UQモバイルでくりこしプランS/M/Lを契約していて、UQでんきまたはauでんきの新規加入または利用中の人が利用できます。

くりこしプランS/Mは638円割引、くりこしプランLは858円割引が適用されます。割引後はくりこしプランSが月額990円で利用できます。

UQでんきまたはauでんきの切り替えは思っているよりも簡単みたいなので、家族でUQモバイルにしたい人は切り替えを検討してみてはいかがでしょう。

 auでんきも、UQでんきも、ご契約いただけるとポイント還元分を含め、実質的な支出が下がる。とてもわかりやすいサービスなんです。今回、セット割を提供することで、より多くの方に知っていただきたいなと考えています。電力サービスの乗り換えもハードルが低いですし、「新しいUQ mobile」を示すには、一番いいものかなと。

――電力サービスへの切り替えについて、「面倒くさそう」と感じる人はそれなりにいそうです。

村元氏
 それが簡単なんですよ。実際、ワンストップで切り替えられます。お申し込みいただいて、住所やお名前などを登録いただければ、私どものほうで切り替えの手続きを進められます。

[UQ mobileをリードするKDDI村元氏に聞く、「でんきセット割」やショップ拡充の狙いとは] - ケータイ Watch

auのサブブランドなので通信品質が良い

UQモバイルはauのサブブランドなので、au回線を使用してサービスを提供している格安SIMのなかでは一番通信品質が良いです。

昼休みや通勤時間帯に通信速度が落ちることもありません。いつでも安定した通信が期待できます。

また、くりこしプランM/Lであれば月間データ容量を超過した後も最大1Mbpsで通信できます。LINE程度であれば問題なく利用できる速度です。

テザリングが無料

UQモバイルではテザリングが無料で利用できます。

iPhoneは2018年10月31日からテザリング機能の提供を開始しています。

データくりこしが可能

UQモバイルは当月余ったデータ容量を翌月に繰越できます。たとえば2月に3GB余ったら3月は余った3GBを繰り越して使えます。

高速通信と低速通信を切り替えられる

UQモバイルは高速通信と低速通信を切り替えて使用できます。高速低速の切替はUQ mobileポータルアプリでワンタッチで切替可能です。

低速通信時ならどれだけ通信してもデータ通信量にカウントされません。

くりこしプランSは低速通信時は受信時最大300kbps、くりこしプランM/Lは受信時最大1Mbpsで利用できます。このためくりこしプランMで契約する人もいます。

店舗でのサポートを受けられる

  • UQスポット(UQ専売ショップ)
  • au Style
  • auショップ

でUQモバイルの取り扱いを行っています。

店舗スタッフに対面で、UQ mobileのご相談や契約手続き、アフターサービスを受けることが可能な場所が増え、オンライン契約に不慣れな方でも安心して利用できます。

ただし、UQモバイル公式オンラインショップで実施しているキャンペーンは、実店舗などでは実施していない可能性が高いです。

スマホを安く購入できる

UQモバイル公式オンラインショップでは、iPhoneやAndroidスマホのスマホ機種代金値引きを実施しています。

SIMフリー版を買ってくるよりもUQモバイルでスマホを購入したほうが大幅に安くなっていることもあります。

auかんたん決済が利用可能

UQモバイルでは、auかんたん決済が利用可能です。

Google Play 、 App Store 、 Apple Music 、 iTunes Store 、 Apple Books で購入したアプリケーションやデジタルコンテンツ、ショッピング等の代金をUQ mobileの利用料金とまとめて支払いできる便利なサービスです。

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えの注意点やデメリット

  • UQモバイルに乗り換えるためにLINEモバイルでやったらダメなこと
  • LINEモバイルと比べると高い
  • 契約解除料などが発生する可能性があります
  • 月の途中で解約しても日割り計算はされません
  • 解約後SIMカードの返却が必要です
  • LINEのID検索や年齢認証ができなくなる

UQモバイルに乗り換えるためにLINEモバイルでやったらダメなこと

LINEモバイルの契約はUQモバイル開通後に自動で解約されます。開通するまではLINEモバイルが使えます。

「ネットでMNPで手続きすると使えなくなる期間がある」などという古い情報をいつまでたっても掲載しているサイトがありますが、今は使えなくなる期間はありません。

  • LINEモバイルを解約する
  • MNP予約番号を発行してからLINEモバイルを解約する
  • LINEモバイルを解約してからUQモバイルを申し込む

といた行為は絶対にしないでください。

LINEモバイルと比べると高い

LINEモバイルの音声通話SIMは5GBプランで月額1628円で、UQモバイルのくりこしプランS(月3GB)は月額1628円なので、UQモバイルのほうが割高になってしまいます。

しかしながら、UQモバイルになると高品質の回線が利用できて、昼休みや通勤時間帯でも快適に通信ができるようになります。LINEモバイルでいくら頑張っても高品質の回線はゲットできないですよ。

契約解除料などが発生する可能性があります

LINEモバイルを契約した時期にもよりますが、LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えるときに1000円~9800円の違約金が発生する可能性があります。

■ベーシックプランをご利用の場合

最低利用期間:なし

SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。

解約事務手数料:1,000円

※LINEフリー、コミュニケーションフリー、MUSIC+プランからベーシックプランに変更したお客様も対象です。

 

■LINEフリー、コミュニケーションフリー、MUSIC+プランをご利用の場合

⋅音声通話SIM

-2019/4/30までにお申し込みのお客様

最低利用期間:課金開始日から起算し、課金開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

例)2019/1/1が課金開始日だった場合、2020/1/31までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかります。

2020/2/1以降ですと解約手数料はかかりません。

 

-2019/5/1以降に申し込み~2019/9/30までに課金開始日を迎えたお客様

最低利用期間:課金開始日から起算し、課金開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

例)2019/6/1が課金開始日だった場合、2020/5/31までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかります。

2020/6/1以降ですと解約手数料はかかりません。

 

-2019/10/1以降に課金開始日を迎えたお客様

最低利用期間:課金開始日から起算し、課金開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:1,000円

例)2019/10/1が課金開始日だった場合、2020/9/30までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかります。

2020/10/1以降ですと解約手数料はかかりません。

 

⋅データSIM⋅データSIM(SMS付き)

最低利用期間⋅解約手数料は発生しません。

月の途中で解約しても日割り計算はされません

LINEモバイルを月の途中で解約する場合、利用料金は日割りになりません。MNP転出時もこれは同じです。

月の途中で解約手続きを行っても、解約日は末日付けとなります。

解約後SIMカードの返却が必要です

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えた後(解約後)は、SIMカードを送料自己負担でLINEモバイルに返却する必要があります。

LINEのID検索や年齢認証ができなくなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えると、LINEのID検索や年齢認証ができなくなります。

ドコモからUQモバイルにSIMのみ乗り換えるときは、ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneでLINEの年齢認証をしておけば、UQモバイルに乗り換えた後もLINEでID検索ができるようになります。

LINEの年齢認証はスマホ単位なので、SIMだけ乗り換えるときは影響ありません。

UQモバイルでスマホを契約するときは、残念ながらLINEのID検索や年齢認証はできません。

 

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

【必見】UQモバイルではキャッシュバックor本体代金割引(スマホ値引き)実施中

UQモバイル公式オンラインショップでは、SIMやスマホを契約する人を対象にしたキャッシュバックキャンペーンやスマホ本体代金割引を実施しています。

申し込み窓口公式オンラインショップ
SIM+新規契約3000円キャッシュバック
SIM+MNP転入6000円~
1万円キャッシュバック
スマホ+新規契約本体代金割引(値引き)
(全スマホ対象)
スマホ+MNP転入本体代金割引(値引き)
(全スマホ対象)
キャンペーン対象プランくりこしプランS/M/L

キャンペーンの詳細や申し込みはUQモバイルのキャンペーン記事を御覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

-UQモバイルに乗り換え