解説

UQモバイルのメリット・デメリットまとめ

UQモバイルのメリット・デメリットまとめ。

SIMカード/eSIMのみを契約+増量オプションⅡに加入で、au PAY残高最大1万5000円相当還元!(SIMのりかえ特典)

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します


ワイモバイルのSIM契約で現金最大1万2000円キャッシュバック!&機種代金最大3万6000円値引き!

  • SIMカードのみ契約をタイムセール中にすると、現金最大1万2000円キャッシュバック(他社から乗り換え+シンプルLの場合)
  • eSIMのみ契約すると、現金最大1万円キャッシュバック
  • スマホを契約すると、機種代金から最大3万6000円値引き
  • ワイモバイルを家族で利用すると「家族割引サービス」が利用可能。2回線目以降は月額990円~!
  • 【2022年5月31日まで】ワイモバ親子割で5歳~18歳以下の子供は基本料が適用月から最大13ヶ月間割引!

UQモバイルに乗り換えるメリット

月額料金が安くなる。くりこしプランは1人でも月3GB/月額1628円から利用可能

UQモバイルに乗り換えることで、月額料金が圧倒的に安くなります。

2021年2月1日から提供されている新プラン「くりこしプラン」は、月額1628円から利用可能です。

でんきセット割が利用できると最安で月額990円に!

UQモバイルでは2021年6月10日から「でんきセット割」の提供がスタートしています。

UQモバイルでくりこしプランS/M/Lを契約していて、UQでんきまたはauでんきの新規加入または利用中の人が利用できます。

くりこしプランS/Mは638円割引、くりこしプランLは858円割引が適用されます。割引後はくりこしプランSが月額990円で利用できます。

UQでんきまたはauでんきの切り替えは思っているよりも簡単みたいなので、家族でUQモバイルにしたい人は切り替えを検討してみてはいかがでしょう。

 auでんきも、UQでんきも、ご契約いただけるとポイント還元分を含め、実質的な支出が下がる。とてもわかりやすいサービスなんです。今回、セット割を提供することで、より多くの方に知っていただきたいなと考えています。電力サービスの乗り換えもハードルが低いですし、「新しいUQ mobile」を示すには、一番いいものかなと。

――電力サービスへの切り替えについて、「面倒くさそう」と感じる人はそれなりにいそうです。

村元氏
 それが簡単なんですよ。実際、ワンストップで切り替えられます。お申し込みいただいて、住所やお名前などを登録いただければ、私どものほうで切り替えの手続きを進められます。

[UQ mobileをリードするKDDI村元氏に聞く、「でんきセット割」やショップ拡充の狙いとは] - ケータイ Watch

くりこしプランM/Lは制限時でも最大1Mbpsで通信できる

くりこしプランM/Lは、月間データ容量超過後の通信速度は最大1Mbpsになっています。超過後やデータ節約モード時でも1Mbpsで通信できます。

実は1Mbpsどころか1.5Mbpsくらい出ていることもあるようです。

auのサブブランドなので通信品質が良い。時間帯問わず安定している

UQモバイルはauのサブブランドなので、au回線を使用してサービスを提供している格安SIMのなかでは一番通信品質が良いです。

昼休みや通勤時間帯に通信速度が落ちることもありません。いつでも安定した通信が期待できます。

また、くりこしプランM/Lであれば月間データ容量を超過した後も最大1Mbpsで通信できます。LINE程度であれば問題なく利用できる速度です。

テザリングが無料

UQモバイルではテザリングが無料で利用できます。

iPhoneは2018年10月31日からテザリング機能の提供を開始しています。

データくりこしが可能

UQモバイルは当月余ったデータ容量を翌月に繰越できます。たとえば2月に3GB余ったら3月は余った3GBを繰り越して使えます。

高速通信と低速通信を切り替えられる

UQモバイルは高速通信と低速通信を切り替えて使用できます。高速低速の切替はUQ mobileポータルアプリでワンタッチで切替可能です。

低速通信時ならどれだけ通信してもデータ通信量にカウントされません。

くりこしプランSは低速通信時は受信時最大300kbps、くりこしプランM/Lは受信時最大1Mbpsで利用できます。このためくりこしプランMで契約する人もいます。

店舗でのサポートを受けられる

  • UQスポット(UQ専売ショップ)
  • au Style
  • auショップ

でUQモバイルの取り扱いを行っています。

店舗スタッフに対面で、UQ mobileのご相談や契約手続き、アフターサービスを受けることが可能な場所が増え、オンライン契約に不慣れな方でも安心して利用できます。

ただし、UQモバイル公式オンラインショップで実施しているキャンペーンは、実店舗などでは実施していない可能性が高いです。

スマホを安く購入できる

UQモバイル公式オンラインショップでは、iPhoneやAndroidスマホのスマホ機種代金値引きを実施しています。

SIMフリー版を買ってくるよりもUQモバイルでスマホを購入したほうが大幅に安くなっていることもあります。

UQモバイルで販売されているiPhoneは機種代金値引きが適用されているおかげで、SIMフリー版を買ってきて使うよりも、UQモバイルでiPhoneを買ってSIMロックを解除して使ったほうが安く済みます。

auかんたん決済が利用可能

UQモバイルでは、auかんたん決済が利用可能です。

Google Play 、 App Store 、 Apple Music 、 iTunes Store 、 Apple Books で購入したアプリケーションやデジタルコンテンツ、ショッピング等の代金をUQ mobileの利用料金とまとめて支払いできる便利なサービスです。

口座振替で契約できる

UQモバイルは、クレジットカード払いか口座振替で契約できます。

ただし、UQモバイル公式オンラインショップで新規契約で契約するときの料金支払い方法は、クレジットカード払いのみになります。

他社からUQモバイルに乗り換えで契約するときは、SIMを契約するときもスマホを契約するときも、料金支払い方法は口座振替が利用できます。

キャリアメールアドレスは有料で使える

UQモバイルでは、「@uqmobile.jp」というキャリアメールアドレスが月額220円で提供されています。

UQモバイルのデメリット

au回線に対応しているスマホを用意する必要がある

UQモバイルはau回線を使用してサービスを提供しているので、今まで使っていたスマホをUQモバイルでも使いたいときは、そのスマホがau回線に対応しているか確認する必要があります。

auからUQモバイルに乗り換えるときは問題ないですが、ドコモやソフトバンクで販売されているAndroidスマホはau回線に対応していない可能性が非常に高いです。

SIMロック解除が必要

手持ちのスマホでUQモバイルを使うためには、スマホのSIMロック解除が必要です。

auからUQモバイルに乗り換えるときは、2017年8月1日以降にauから販売されたAndroidスマホやiPhoneであれば、SIMロックを解除しなくてもUQモバイルが利用できますが、

3G回線が使えない

UQモバイルは3G回線が使えないので、4G回線すら入らないような田舎や山の中では使えない可能性があります。もしも田舎や山の中に行くような人は注意が必要です。

ちなみに箱根の箱根登山鉄道は、途中ドコモ本家ですら3Gになったり圏外になります。

無制限プランは無いので、出先で動画を見るような人には合わない

UQモバイルでは無制限プランは提供されていないので、これまで無制限プランでガンガンデータ通信をしていた人はUQモバイルに乗り換えると、データ容量が足りなくなる可能性が高いです。

キャリアメールアドレスが使えなくなる

UQモバイルに乗り換えると、ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスが使えなくなります。

GmailやYahoo!メール、hotmailなどのフリーメールアドレスは使えるので、UQモバイルに乗り換えついでにメインのメールアドレスをフリーメールアドレスにすることをオススメします。

また、有料オプションで○○○@uqmobile.jpメールアドレスを利用することができます。

乗り換え時に違約金が発生する可能性がある

UQモバイルに乗り換えると契約解除料などが発生する可能性があります。

しかしながら、多くの人が毎月3000円程度安くなることを考えると、約3~5ヶ月でもとが取れる計算になるので、早めの乗り換えがオススメです。

どうするか悩んでいるうちに数ヶ月過ぎていくよりも、乗り換えすることを決めているならサクッと乗り換えたほうがお得です。

データ容量のシェアができない

UQモバイルでは、1つのデータ容量を複数のSIMで分け合って使用することはできません。1回線ごとにUQモバイルを契約する必要があります。

LINEのID検索が使えなくなる

UQモバイルに乗り換えると、LINEのID検索が使えなくなってしまいます。

LINEの年齢確認は、大手携帯電話会社とLINE株式会社が協力して行っており、連携していない格安SIMでは年齢確認をすることができません。

UQモバイルは提携していないので、LINEのID検索ができません。

抜け道としては、あらかじめLINEの年齢認証をクリアしてからUQモバイルに乗り換える、という手があります。

一度LINEの年齢認証をクリアすれば、ソフトバンクのSIMカードを抜いてUQモバイルのSIMカードを挿しても、LINEのID検索ができます。

そもそもLINEのID検索ができる人はもう年齢認証をクリアしています。

かけ放題オプションは有料

UQモバイルではかけ放題は有料オプションとして提供されています。

ワイモバイルで2021年2月から提供されるシンプルS/M/Lでもかけ放題は有料オプションになるので、これは大したデメリットではないでしょう。

ドコモ/au/ソフトバンクなどの固定回線セット割や家族割などが利用できなくなる

UQモバイルに乗り換えると、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光などの固定回線とのセット割引や、家族割引サービスが利用できなくなる、適用対象外になる可能性があります。

くりこしプランS/M/Lは家族割や回線セット割が適用されない

UQモバイルではUQ家族割がありますが、2021年2月1日から提供されているくりこしプランS/M/LはUQ家族割の対象外です。

UQモバイルでは「ギガMAX月割」というセット割がありますが、021年2月1日から提供されているくりこしプランS/M/LはギガMAX月割の対象外です。

SIMカード/eSIMのみを契約+増量オプションⅡに加入で、au PAY残高最大1万5000円相当還元!(SIMのりかえ特典)

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

UQモバイルではiPhone 11, iPhone SE(第2世代), iPhone 12, iPhone 12 mini販売中。最大2万2000円値引きで購入可能!

UQモバイルのiPhoneのポイント

  • 最大2万2000円割引でお得に購入できる
  • SIMカードかeSIMのセット契約ができる
  • 故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入できる
  • SIMロックは即解除可能

UQモバイルオンラインショップでは、iPhone 11, iPhone SE(第2世代), iPhone 12, iPhone 12 miniを販売しています。

SIMカードとiPhoneのセット、eSIMとiPhoneのセットで契約できます。

UQモバイルの契約と同時にiPhoneを購入&増量オプションⅡに加入することで、UQ mobile オンラインショップ おトク割が適用されて最大2万2000円割引でお得に購入できます。

増量オプションⅡは1年間無料キャンペーンを実施しているので、割引額を増やすために毎月のコストが増えてしまうこともありません。

故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入できる

UQモバイルのiPhoneを契約するときに、故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入できます。

Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesの製品保証が提供されます。

また、更に紛失・盗難時に電話またはWEBで申し込むと新品同等品をお届けする補償もあわせて提供されます。

Apple Careに加入している場合は、画面修理3700円、背面ガラス修理3700円、その他修理1万2900円かかります。

ちなみに、Apple Careに加入していない状態でiPhone 12の画面修理をしようとすると、3万6680円かかります。よくiPhoneをぶっ壊す人は加入しておいたほうがいいでしょう。

紛失盗難補償お届けサービスは、利用中のiPhoneが紛失・盗難に遭われた場合、新品同等品を1万2900円で届けてくれるサービスです。万が一紛失したときも安心です。

SIMロックがあるが、即時解除可能

UQモバイルで2021年9月30日までに販売されたiPhoneを購入した場合は、SIMロック解除の手続きが必要です。

SIMロック解除手続きの条件はいくつかありますが、UQモバイルの支払い方法がクレジットカードの場合は、購入したその日からSIMロック解除手続きが可能です。

UQモバイル申し込み時にSIMロック解除の申し込みも可能ですが、UQモバイル側でSIMロック解除対応後の発送となるため、商品のお届けに通常よりも時間がかかる場合があります。

SIMロック解除は後から自分でやればいいだけなので、申し込まなくてもいいです。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

UQモバイルでもeSIMが利用できます!申し込みから最短45分でUQモバイルが開通!

UQモバイルでは、2021年9月2日からeSIMサービスの提供を開始しています。

eSIMに対応しているスマホを使っている人であれば、UQモバイルでeSIMを他社から乗り換えで申し込めば最短45分でUQモバイルが開通します。

eSIMとは埋め込み型のSIMで、プロファイルと呼ばれるデータをダウンロードして利用します。オンラインで開通手続きが可能なため、SIMカード配送の待ち時間や、SIMカード挿入の作業なく、すぐに利用できるようになります。

なぜ最短45分で開通するの?

なぜ最短45分でUQモバイルが開通するのかというと、「デジタル本人確認(撮影による本人確認)」を導入しているからです。(LIQUID eKYC)

本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)の撮影、契約者本人の顔を撮影して、本人かどうかをAIが判定・オペレーターが目視確認することで、本人確認のスピードがかなり向上しています。

仕組みを知りたい人は、【 eKYC国内シェアNo.1 】本人確認なら LIQUID eKYC - 株式会社Liquid(リキッド)をご覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

eSIM対応スマホってどれ?

iPhoneは、iPhone XS, XS Max, XR以降のiPhoneがeSIMに対応しています。

Androidスマホは、Google Pixelシリーズ、一部のAQUOSスマホがeSIMに対応しています。

動作確認端末(スマートフォン対応機種)一覧│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】にアクセスして、「eSIM」を選択するとeSIM対応スマホのみ表示されます。

デュアルSIM環境を構築できる

UQモバイルのeSIMと他社の物理SIMカード/eSIMで「デュアルSIM」環境を構築できます。

メイン回線がドコモ回線やソフトバンク回線なら、UQモバイル(au回線)のeSIMをサブ回線として契約するのもいいでしょう。

eSIM契約の簡単な流れ

  • eSIMを新規契約または他社から乗り換えで契約する
  • 回線切替手続きを行う(他社から乗り換え時のみ)
  • UQ mobileポータルアプリか、QRコードを読み取って、スマホにeSIMプロファイルをダウンロードする
  • 他社APN構成プロファイルを削除する
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかける
  • 無事に開通したことを確認して利用開始

eSIMのメリット・デメリット

  • キャリアショップに行って順番を待つ、SIMカードの到着を待つといった時間的制約の軽減
  • うまくいけば、UQモバイルを申し込んだその日のうちに契約成立する。最短45分でUQモバイルのeSIMが使えるようになる
  • SIMカードの交換、差し替え、SIMカードの種別変更といった物理的な手間の軽減
  • 国内では物理SIMカードを使い、海外旅行ではeSIMを使う、といった使い分けができる
  • 物理SIMカードとeSIMでデュアルSIM環境の構築ができる
  • SIMカードの紛失や破損の心配がない

eSIMの一番のメリットは待ち時間の短縮です。

eSIMを選ぶデメリットや注意点

  • eSIMを利用するときでもSIMロック解除が必須
  • eSIMに対応しているスマホを用意する必要がある
  • eSIMに対応しているスマホはまだ少ない
  • eSIMがインストールされたスマホを無くすと、また別のeSIM対応スマホを用意する必要がある
  • SIMカードは入れ替えるだけでいいが、eSIMは再発行・再インストールが必要になる
  • eSIMから物理SIMカードに交換するとき、郵送などで手元に届くまでに時間がかかる

eSIMのデメリットを挙げるとすれば、SIMカードを差し替えて利用するのが難しい点です。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

  • この記事を書いた人

ユキナビ

ユキナビでは、UQモバイルに関するあらゆる情報を分かりやすく解説しています。特にキャンペーン記事は、2016年9月から最新情報を常に追い続けています。他の人には絶対に負けない自信があります。

-解説