【UQ mobile】AQUOS senseとarrows M04 PREMIUMのスペック比較

投稿日:2017/11/28 更新日:

AQUOS senseとarrows M04 PREMIUMのスペック比較。





AQUOS senseとarrows M04 PREMIUMのスペック比較

製品名AQUOS sensearrows M04 PREMIUM
OSAndroid 7.1Android 7.1
プロセッサSnapdragon 430
1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
Snapdragon 410
1.2GHz(クアッドコア)
ディスプレイ約5.0インチ
フルHD(1080×1920)
IGZOディスプレイ
約5.0インチ
HD(720×1280)
IPS液晶
メインメモリ3GB3GB
ストレージ32GB32GB
カメラメイン:約1310万画素
サブ:約500万画素
メイン:約1310万画素
サブ:約500万画素
外部メモリmicroSD/microSDHC/microSDXC
(最大256GB)
microSD/microSDHC/microSDXC
(最大256GB)
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/nIEEE802.11 a/b/g/n
BluetoothBluetooth 4.2Bluetooth 4.1
SIMタイプnanoSIMnanoSIM
寸法約H144×W72×D8.6mm約H144×W71×D8.0mm
質量約148g約148g
バッテリー容量2700mAh2580mAh
端子USB type-CmicroUSB
製品公式AQUOS sensearrows M04 PREMIUM

 

AQUOS senseとarrows M04 PREMIUMの違いは、大雑把に言うと搭載しているプロセッサ、ディスプレイの解像度、搭載している端子、ワンセグの搭載有無になります。

プロセッサの違い

AQUOS senseはSnapdragon 430、arrows M04 PREMIUMはSnapdragon 410を搭載しています。

こちらはAQUOS senseのGeekbenchのベンチマーク結果。SHARP SHV40 - Geekbench Browser

arrows M04 PREMIUMのベンチマーク結果は見つからなかったので、Snapdragon 430/メモリ3GB/ストレージ32GBを搭載しているarrows M04 PREMIUMとほぼ同等なスペックのZenFone 3 Max ZC553KLのベンチマーク結果。asus ZC553KL - Geekbench Browser

この2つのベンチマーク結果を見比べてみる限りでは、Snapdragon 430だろうがSnapdragon 410だろうがそこまで体感性能に差は無いかなぁと思います。メモリとストレージが同容量だからでしょうか。

ディスプレイの解像度の違い

AQUOS senseは約5.0インチFullHD IGZOディスプレイ、arrows M04 PREMIUMは5.0インチ液晶を搭載しています。

arrows M04 PREMIUMはarrows M04のスペックを引き上げたモデルですが、残念ながらディスプレイの解像度はそのまま据置です。

USB type-Cか否か

AQUOS senseはUSB type-Cコネクタを搭載していますが、arrows M04 PREMIUMはmicroUSBを搭載しています。

USB type-Cは表裏がないリバーシブルなコネクタになっているため、ケーブルの向き関係なく挿すことが出来ます。

ワンセグを搭載しているか否か

AQUOS senseはワンセグ非搭載、arrows M04 PREMIUMはワンセグ搭載。arrows M04 PREMIUMのワンセグは珍しくTVアンテナ付きです。

AQUOS sense

AQUOS senseは5.0インチFullHD IGZOディスプレイ、Snapdragon 430、メモリ3GB、ストレージ32GB、防水防塵、おサイフケータイをを搭載していながらも、本体価格が3万1212円というかなりコスパの高いスマートフォンになります。

docomoやauからは2017年冬モデルとして販売されています。他のMVNOでは販売されていません。

残念ながらAQUOS senseはSIMフリースマートフォンとしては販売されていませんが、この価格とスペックはシャープが出したarrows M04対抗機種だなぁという印象を受けます。

透過率が高くノイズの少ないIGZOディスプレイを搭載。IGZOディスプレイは濡れても誤動作しにくく、手が濡れたままでも快適に操作ができます。

前面には指紋センサーを搭載しており、タッチするだけでロック解除が可能。指紋センサーはホームキーとしても使えます。

 

arrows M04 PREMIUM

arrows M04 PREMIUMはarrows M04をベースにしており、arrows M04からメモリ2GB→3GB、ストレージ16GB→32GBにスペックを強化したモデル。

UQ mobileでは2017年10月26日より販売が開始されています。他のMVNOでは販売されておらず、UQ mobile専売モデルになっています。

富士通によると、「スマートフォンを洗って清潔に保ちたい、汚れたら洗えたら便利」と約80%が回答しているとのことで、その気持に応えて液体タイプの食器用洗剤や泡タイプのハンドソープでも洗えるようになっています。

また、米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の落下、衝撃、浸漬、粉塵など23項目に準拠した試験を実施。防水・防塵にも対応しているので堅牢性も売りにしています。

UQ mobileによる紹介記事

arrows M04 PREMIUMを実際に洗っている様子やAQUOS senseの指紋センサーについて触れています。

【新機種紹介】arrows M04 PREMIUM & AQUOS sense使ってみた / UQコミュニケーションズ

 

結局のところワンセグがほしいかどうか

色々見比べてみましたが、結局のところはワンセグがほしいならarrows M04 PREMIUM、いらないならAQUOS senseという選び方になるんじゃないでしょうか。

arrows M04 PREMIUMの本体価格は3万6396円、AQUOS senseの本体価格は3万1212円。ワンセグに5000円の価値があるかで判断していきましょう。

AQUOS senseは、プランM/L契約時は端末の分割支払金と同額のマンスリー割が適用されるので実質0円になります。ただし初回のみ+108円多く請求されるので実質108円になります。

マンスリー割とは、おしゃべりプランやぴったりプランを契約し、マンスリー割の端末を同時購入すると適用される割引のこと。月々の端末代金の支払いによる負担を軽減するものです。

arrows M04 PREMIUMは、プランS契約時は毎月の実質負担額は1080円、プランM/L契約時は540円になります。ただし初回のみ+108円多く請求されます。

 

現金最大1万3000円分キャッシュバック対象機種です!

UQ mobileが管理・運営をしているキャンペーン専用ページを経由してUQ mobileを申し込むと、申し込んだプランに応じて現金最大1万3000円分がキャッシュバックされるキャンペーンを当サイト限定で実施しています。

キャッシュバック金額は対象プランに応じて異なります。詳細は以下の通り。

  • 「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」で申込→1万3000円キャッシュバック
  • 「おしゃべりプランM」「ぴったりプランM」で申込→1万円キャッシュバック←オススメ
  • 「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」で申込→8000円キャッシュバック
  • 「データ高速+音声通話プラン」で申込→5000円キャッシュバック
  • それ以外のプランはキャンペーン対象外

 

キャッシュバックが適用されることにより、さらにお得にスマートフォンを購入することができます。UQ mobileで人気なのはプランM。

AQUOS senseはプランMで契約すると実質108円端末になりますし、arrows M04 PREMIUMはプランMで契約すると毎月の実質負担額が540円になります。

データ容量は意外と足りなくなるものなので、プランSよりもプランMをオススメします。

 

UQ mobileのAQUOS senseやarrows M04 PREMIUMの申込は以下から。

→UQ mobileのキャンペーン専用ページはこちらから!

現金最大1万3000円分キャッシュバック!
申し込みはこちらから!
(UQ mobileのキャンペーン専用ページに移動します)

UQモバイル関連記事

 

  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, まとめ/比較
-, ,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.