Intel CPUのCore i7, Core i5, Core i3の世代の一覧・見分け方のまとめ

投稿日:

Intel-6th-core

Intelのデスクトップ向けCPU、Core i7, Core i5, Core i3の世代の一覧・見分け方のまとめ。

Core i7, Core i5, Core i3の世代一覧

初めて知る人も多いと思いますが、IntelのCore i7, Core i5, Core i3には「世代」というものが存在します。

世代 アーキテクチャ プロセスルール ソケット 販売開始日
第1世代 Nehalem 32nm LGA1366
LGA1156
 2008~2011年
第2世代 Sandy Bridge 32nm LGA1155 2011年1月9日
第3世代 Ivy Bridge 22nm LGA1155  2012年4月29日
第4世代 Haswell 22nm LGA1150 2013年6月2日
新第4世代 Haswell Refresh 22nm LGA1150 2014年5月11日
第5世代 Broadwell 14nm LGA1150 2015年6月18日
第6世代 Skylake 14nm LGA1151 2015年8月7日
第7世代 Kaby Lake 14nm LGA1151 2017年1月6日
第8世代 Coffee Lake-S 14nm++ LGA1151 2017年11月2日

 

Nehalem世代のCPUは上位製品と下位製品に分離されており、上位製品はCore i7 Extreme EditionでソケットはLGA1366、下位製品は普通の(?)Core i7でソケットはLGA1156が採用されています。

なお、ソケットはそれぞれ互換性はありません。LGA1151, LGA1366, LGA1156, LGA1155, LGA1150は互換性がありません。

性能に不満が出てきたので、数年前に購入したマザーボードやデスクトップパソコンのマザーボードはそのままで、CPUを最新世代にアップグレードしたいという人は多いですがほぼ無理です。たとえば、Core i3-2130(LGA1155)→Core i5-6500(LGA1151)なんてのは絶対に無理です。出来ません。

同じソケットであれば、UEFI BIOSをアップデートすることで搭載できるようになることもあります。たとえば、Skylake(LGA1151)に対応しているZ170, H170, B150, H110マザーボードはUEFI BIOSを更新することでKaby Lake(LGA1151)世代のCPUを搭載できるようになります。

ソケットは下手したら1年程度で変わります。CPUのアップグレードを諦めるかSSDの導入を検討してみてはいかがでしょう。

第6世代・第7世代と第8世代はどちらもLGA1151だが互換性はない

第8世代CPU「Coffee Lake」は、第8世代と同時に投入されるIntel Z370チップセットじゃないと使えません。他にもチップセットが投入される可能性がありますが、今のところはIntel Z370チップセットだけです。

また、Intel Z370チップセットは第7世代CPUは対応してません。

第6世代・第7世代と第8世代のソケット形状はLGA1151ですが、第8世代CPUでは電源設計が異なるので、Z170, H170, B150, H110マザーボードとZ270, H270, B250マザーボードでは利用できません。

コードネーム Coffee Lake-S Kaby Lake Skylake
世代 第8世代 第7世代 第6世代
ソケット形状 LGA1151 LGA1151 LGA1151
【対応しているチップセット】
Intel Z370 × ×
Intel Z270 ×
Intel H270 ×
Intel B250 ×
Intel Z170 ×
Intel H170 ×
Intel B250 ×
Intel H110 ×

 

Pentium, Celeronの世代の見分け方

PentiumおよびCeleronの世代の見分け方については以下の記事をご覧ください。

 

Core i7, Core i5, Core i3の世代の見分け方

世代 見分け方
第1世代 Nehalem Core i7, Core i5, Core i3の後ろの数字が3 Core i7-880
Core i5-650K
Core i3-560
第2世代 Sandy Bridge Core i7, Core i5, Core i3の後の先頭の数字が2 Core i7-2700K
Core i5-2500K
Core i3-2130
第3世代 Ivy Bridge Core i7, Core i5, Core i3の後の先頭の数字が3 Core i7-3770K
Core i5-3570K
Core i3-3250
第4世代 Haswell Core i7, Core i5, Core i3の後の先頭の数字が4 Core i7-4770K
Core i5-4670K
Core i3-4340
新第4世代 Haswell Refresh Core i7-4790K
Core i5-4690K
Core i3-4370
第5世代 Broadwell Core i7, Core i5, Core i3の後の先頭の数字が5 Core i7-5775C
Core i5-5675C
第6世代 Skylake Core i7, Core i5, Core i3の後の先頭の数字が6 Core i7-6700K
Core i5-6600K
第7世代 Kaby Lake Core i7, Core i5, Core i3の後の先頭の数字が7 Core i7-7700K
Core i5-7600K
第8世代 Coffee Lake-s Core i7, Core i5, Core i3の後の先頭の数字が8 Core i7-8700K
Core i5-8600K
Core i3-8350K

 

世代を見分けるためにはまず、4桁ある数字の上1桁を見て判別します。

ここでややこしいのが第4世代「Haswell」と新第4世代「Haswell Refresh」の2つですが、Haswell RefreshはHaswellよりも動作周波数が+100Mhzとわずかに上昇した程度で、見分け方やTDPやキャッシュなどその他のスペックは全て同じです。

なお、ノートパソコンなどのモバイル向けCPUにおいても世代の見分け方は同じです。数字の末尾に「m」「U」などがついています。

Core i7

動画のエンコードやゲーム、動画の編集など高い処理能力が要求される・CPUの負荷の大きな作業をしたい・パソコン1台で何でもやりたいと考えている人にオススメ。

Core i5

Core i7までは予算を出せないけども、動画のエンコードやゲーム、動画の編集でそこそこの処理能力が欲しいと考えている人にオススメ。

Core i3

Webブラウジングや動画鑑賞、ブラウザゲームをプレイする程度で性能が求められるような作業をしない・普通にPCを使う人ならばこれでも十分すぎるほどです。

CPU末尾のアルファベットについて

Intel のCore iシリーズには、Core i7-6700K, Core i5-4690S, Core i5-6600Tなど末尾に「K」「S」「T」といったアルファベットが付与されているCPUがありますが、それぞれにちゃんとした意味があります。詳細は以下の記事をご覧ください。

第7世代「KabyLake」+Intel 200シリーズマザーはWindows 10しかインストールできません

Intel 200シリーズチップセットを搭載したマザーボード、つまりZ270, H270, B250マザーボードに第7世代CPU「Kaby lake」を搭載する場合は、Windows 10 64bitのみインストールすることができます。Windows 8.1やWindows 7をインストールすることはできません。

Z270, H270, B250マザーボードに第6世代CPU「Skylake」を搭載する場合は、 Windows 10 64bitに加えて、Windows 8.1 64bit、Windows 7 32bit、Windows 7 64bitをインストールすることができます。

第6世代「Skylake」+Windows 7, Windows 8.1のサポート期間について

Skylakeを搭載し、Windows 7, Windows 8.1がインストールされたパソコンのサポート期間が短縮される!と話題になりましたが、その件については2016年8月11日に撤回されました。

Windows 7は2020年1月14日まで、Windows 8.1は2023年1月10日までに変更されました。もともとのサポート期間に戻りました。

Skylake以前のCPUを搭載し、Windows 7, Windows 8.1がインストールされたパソコンのサポート期間は変更はありません。

なお、Microsoftがサポートを行うのはOEMメーカーのパソコンに搭載されているSkylake+Windows 7/Windows 8.1です。

Skylake+DSP版Windows 7/Windows 8.1を使用した自作PCなどはすでにサポート対象外です。

 

第6世代/Skylakeは前世代のCPUおよびマザーボードとの互換性はありません

以前の記事に対して「会社のパソコンでCPUが混在している可能性が~」とかいう人間がいました。

  • Skylakeは2015年8月7日より発売されているCPUです
  • 2015年8月7日以前に購入したパソコンに搭載されているCPUがSkylakeであることは絶対にありません
  • なぜそう言い切れるのかというと、SkylakeからCPUやマザーボードのソケット形状が【LGA1151】に変更されたからです
  • CPUとマザーボードのソケット形状が一致していないと搭載することはできません
  • 2015年8月7日以前に発売されたパソコンに搭載されているCPUやマザーボードのソケット形状は、だいたい【LGA1366】【LGA1156】【LGA1155】【LGA1150】です

上司に説明してください。

搭載されているCPUを確認する方法

windows7-cpu-check

  • メーカー製デスクトップパソコン・ノートパソコンはメーカーのHPなどで品番で検索して確認する
  • スタートメニュー→コンピューターの上で右クリック→プロパティで表示される画面で確認する(Windows 7)
  • スタートメニュー(Windowsロゴ)の上で右クリック→システムで表示される画面で確認する(Windows 10)
  • CPU-Z | Softwares | CPUIDをインストールして確認する

 

以上シンプルにまとめました。参考になれば幸いです。

インテル® プロセッサー・ナンバー:ノートブック PC、デスクトップ PC、モバイルデバイス





Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!

関連記事




  「Intel CPUのCore i7, Core i5, Core i3の世代の一覧・見分け方のまとめ」をSNSでシェア

-CPU/プロセッサ, まとめ/比較
-, , , ,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.