Intel CPUのCore i7, Core i5, Core i3の世代の一覧・見分け方のまとめ

投稿日:

Intel-6th-core

Intelのデスクトップ向けCPU、Core i7, Core i5, Core i3の世代の一覧・見分け方のまとめ。

Core i7, Core i5, Core i3の世代一覧

初めて知る人も多いと思いますが、IntelのCore i7, Core i5, Core i3には「世代」というものが存在します。

日本でも生まれた年によって「バブル世代」とか「団塊の世代」とか言われますよね。それと同じでCPUも発売された時期によって世代が異なります。まずはCPUの世代の一覧を見ていきましょう。

世代アーキテクチャソケット販売開始日
第1世代NehalemLGA1366
LGA1156
 2008~2011年
第2世代Sandy BridgeLGA11552011年1月9日
第3世代Ivy BridgeLGA1155 2012年4月29日
第4世代HaswellLGA11502013年6月2日
新第4世代Haswell RefreshLGA11502014年5月11日
第5世代BroadwellLGA11502015年6月18日
第6世代SkylakeLGA11512015年8月7日
第7世代Kaby LakeLGA11512017年1月6日
第8世代Coffee Lake-SLGA11512017年11月2日
第9世代Coffee Lake-SLGA11512018年10月20日前後

第8世代のプロセッサはLGA1151ソケットの使用を継続しています。ただし、Intel Z370, H370, B360, H310マザーが必要になります。第8世代のプロセッサは、Intel 200シリーズやIntel 100シリーズのチップセットを搭載したマザーボードでは使用できません。

詳しくはLGA1151, LGA1150, LGA1155, LGA1156の違いについてをご覧ください。

Coffee Lakeで1台自作しています

Core i7-8700Kで自作PCを1台組んでいます。詳細や構成はこちらから。この構成で今まで問題なく動いていますよ。ぜひとも参考にしてください。

Core i7, Core i5, Core i3の世代の見分け方

第1世代から第8世代まで8つの世代が存在するということが分かったところで、世代の見分け方について見ていきましょう。

世代見分け方
第1世代NehalemCore i7, Core i5, Core i3の
後ろの数字が3
Core i7-880
Core i5-650K
Core i3-560
第2世代Sandy BridgeCore i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が2
Core i7-2700K
Core i5-2500K
Core i3-2130
第3世代Ivy BridgeCore i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が3
Core i7-3770K
Core i5-3570K
Core i3-3250
第4世代HaswellCore i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が4
Core i7-4770K
Core i5-4670K
Core i3-4340
新第4世代Haswell RefreshCore i7-4790K
Core i5-4690K
Core i3-4370
第5世代BroadwellCore i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が5
Core i7-5775C
Core i5-5675C
第6世代SkylakeCore i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が6
Core i7-6700K
Core i5-6600K
第7世代Kaby LakeCore i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が7
Core i7-7700K
Core i5-7600K
第8世代Coffee Lake-sCore i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が8
Core i7-8700K
Core i5-8600K
Core i3-8350K
第9世代Coffee Lake-sCore i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が9
Core i9-9900K
Core i7-9700K
Core i5-9600K

世代を見分けるためには、4桁ある数字(プロセッサー・ナンバー)の先頭の数字を見て判別します。

たとえばCore i7-8700Kは「8700」がプロセッサー・ナンバーに当たり、その先頭の数字は「8」になります。ということは第8世代ってことですね。

Core i5-6600Kだと「6600」がプロセッサー・ナンバーで、先頭の数字は「6」。ということは第6世代ってことです。

ここでややこしいのが第4世代「Haswell」と新第4世代「Haswell Refresh」の2つですが、Haswell RefreshはHaswellよりも動作周波数が+100Mhzとわずかに上昇した程度で、見分け方やTDPやキャッシュなどその他のスペックは全て同じです。

なお、ノートパソコンなどのモバイル向けCore i7, Core i5, Core i3においても世代の見分け方は同じです。数字の末尾に「m」「U」などがついています。

Pentium, Celeronの世代の見分け方

PentiumおよびCeleronの世代の見分け方については以下の記事をご覧ください。

CPU末尾のアルファベットについて

Intel のCore iシリーズには、Core i7-6700K, Core i5-4690S, Core i5-6600Tなど末尾に「K」「S」「T」といったアルファベットが付与されているCPUがありますが、それぞれにちゃんとした意味があります。詳細は以下の記事をご覧ください。

第7世代以降はWindows 10しかインストールできません

  • 第7世代CPU + Z270, H270, B250チップセットを搭載するマザーボード
  • 第8世代CPU + Z370, H370, B360, H310チップセットを搭載するマザーボード
  • 第9世代 + Z370, H370, B360, H310チップセットを搭載するマザーボード
  • 第9世代 +Z390チップセットを搭載するマザーボード

は、Windows 10 64bit版しかインストールできないようになっています。

ただし、Z270, H270, B250マザーボードに第6世代CPU「Skylake」を搭載する場合は、 Windows 10 64bitに加えて、Windows 8.1 64bit、Windows 7 32bit、Windows 7 64bitをインストールすることができます。

第6世代/Skylakeは前世代のCPUおよびマザーボードとの互換性はありません

以前の記事に対して「会社のパソコンでCPUが混在している可能性が~」とかいう人間がいました。

  • Skylakeは2015年8月7日より発売されているCPUです
  • 2015年8月7日以前に購入したパソコンに搭載されているCPUがSkylakeであることは絶対にありません
  • なぜそう言い切れるのかというと、SkylakeからCPUやマザーボードのソケット形状が【LGA1151】に変更されたからです
  • CPUとマザーボードのソケット形状が一致していないと搭載することはできません
  • 2015年8月7日以前に発売されたパソコンに搭載されているCPUやマザーボードのソケット形状は、だいたい【LGA1366】【LGA1156】【LGA1155】【LGA1150】です

上司に説明してください。

搭載されているCPUを確認する方法

windows7-cpu-check

  • メーカー製デスクトップパソコン・ノートパソコンはメーカーのHPなどで品番で検索して確認する
  • スタートメニュー→コンピューターの上で右クリック→プロパティで表示される画面で確認する(Windows 7)
  • スタートメニュー(Windowsロゴ)の上で右クリック→システムで表示される画面で確認する(Windows 10)
  • CPU-Z | Softwares | CPUIDをインストールして確認する

 

以上シンプルにまとめました。参考になれば幸いです。

インテル® プロセッサー・ナンバー:ノートブック PC、デスクトップ PC、モバイルデバイス




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-CPU/プロセッサ, まとめ/比較
-, , , ,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.