IntelのCPUの末尾にあるK, S, T, Uなどのアルファベットについてまとめ

IntelのCPUの末尾についているK, S, T, U, Xなどのアルファベット(サフィックス)についてのまとめ。

Core i以降のCPUで末尾についているアルファベットのまとめ

Core i5-4690K CPU-Z

IntelのCore iシリーズには、Core i7-6700K, Core i5-4690S, Core i5-6600Tなど末尾に「K」「S」「T」といったアルファベットが付与されており、それぞれにちゃんとした意味があります。

この末尾についているアルファベットがCPUの世代を示しているわけではありません。アルファベットはCPUの種類を示しています。

デスクトップ向けCPUの末尾についているアルファベットまとめ

デスクトップ向けCPUのアルファベット一覧表

2022年現在、比較的一般的な末尾についているアルファベットは、K、F、Tです。

Core i9-12900KSは、Core i9-12900Kよりも動作クロック数が引き上げられたモデルになります。

末尾のアルファベット説明
アルファベットなし通常版CPU
Core i7-9700とか
X倍率ロックフリー
Core Xシリーズのほう
Core i7-9800Xとか
K倍率ロックフリー
Core Xシリーズのほう
Core i7-6900Kとか
K倍率ロックフリー
通常版の1つ上のモデル
Core i9-10900Kなど
末尾Kはこっちがメジャー
KS末尾Kよりも動作クロックがアップ
Core i9-12900KSなど
F内蔵GPUが無効のモデル
映像出力はグラボが必須
Core i7-10700KFなど
C末尾X, Kと同様に倍率ロックフリー
第5世代だけで登場
Core i7-5775Cなど
S(第3世代まで)省電力版CPU
通常版CPUよりも性能ダウン
第3世代までの話
T末尾Sよりも更に省電力CPU
Sよりも性能ダウン
Core i5-10500Tとか
第10世代でも存在
P内蔵GPUが無効のモデル
映像出力はグラボ必須
RCPU単体では販売されていない
第5世代だけ存在

末尾にアルファベットがついていない(Core i7-9700など)

  • 通常版CPU

Core i7-9700、Core i7-8700などの、末尾にアルファベットがついていないのは通常版CPUになります。

末尾に「X」がついている(Core i7-5960Xなど) ※Core i7 Extreme Edition

  • Xは倍率ロックフリーを示す
  • オーバークロックが可能
  • Core i7 Extreme Editionの最上位モデルに付与されている
  • 性能も価格もExtreme

末尾に「K」がついている(Core i7-4930Kなど) ※Core i7 Extreme EditionのKモデル

  • 倍率ロックフリーを示す
  • オーバークロックが可能
  • ※Core i7 Extreme Editionの方のKモデル

こちらは一般的ではないほうのKモデルです。

末尾に「K」がついている(Core i9-9900Kなど) ※通常版の1つ上のKモデル

  • 倍率ロックフリーを示す
  • オーバークロックが可能
  • 末尾なしの通常版CPUよりも1つ上のグレードに位置

Core i9-9900K、Core i7-9700Kなどが該当します。

末尾に「F」がついている(Core i7-10700KFなど)

  • iGPU(Intel UHD Graphics 630とか)が無効になっているモデル
  • グラフィックボードがないと映像出力できません
  • 第9世代で新登場したアルファベット

末尾に「F」がついているのは、iGPU(内蔵グラフィックス、Intel UHD Graphics 630など)が無効になっているモデルです。

たまにすごい勘違いをする人がいるんですが、無効になっているiGPUは自分で有効にすることはできません。有効にするための裏コマンドとかそういうのは無いので、面倒に感じるなら末尾にFがついていないCPUを買ってください。

この末尾FのCPUを使うときはグラフィックボードが絶対に必要です。グラフィックボード側に搭載されているHDMI端子やDisplayPort端子を使って映像出力することになります。

たとえばCore i7-10700KFとZ490マザーボードを使って自作する場合は、Z490マザーボード側に搭載されているHDMI端子やDisplayPort端子では映像出力ができません。

末尾に「C」がついている(Core i7-5775Cなど)

  • 末尾X, Kと同様に倍率ロックフリーを示す
  • オーバークロックが可能
  • 末尾Cは第5世代CPU「Broadwell」のこの2つのCPUのみ

末尾に「S」がついている(Core i7-4770Sなど)

  • 省電力版CPU
  • 省電力になることと引き換えに、通常版CPUよりも動作周波数がダウン

末尾に「T」がついている(Core i7-4770Tなど)

  • 超省電力版CPU
  • 末尾SのCPUよりも省電力かつ動作周波数がダウン

末尾に「P」がついている(Core i5-2450Pなど)

  • iGPU(内蔵グラフィックス)を搭載していないモデル

末尾に「R」がついている(Core i7-5775Rなど)

  • CPU単体では販売されていないモデル
  • GIGABYTEの小型PCに搭載されている

モバイル向けCPUの末尾についているアルファベットまとめ

末尾に「B」がついている

  • 第8世代「Coffee Lake」から登場
  • スペック等はデスクトップ向けのB通常版モデルと同一
    (Core i7-8700BはCore i7-8700とほぼ同じ)
  • ソケット形状がノートパソコン向けになってるだけ

末尾に「G」がついている

  • AMD GPUをパッケージ上で統合したCPU
  • Core i7-7700HQ+GeForce GTX1060を上回る性能を実現
  • 8th Gen Core Processors with RADEON RX Vega M Graphics

末尾に「H」がついている

  • ハイパフォーマンス・グラフィックス

末尾に「HK」がついている

  • ハイパフォーマンス・グラフィックス
  • 倍率ロックフリー
  • DELLやMSIのゲーミングノートPCに搭載

オーバークロック可能な高性能なノートパソコン向けCPUです。価格や性能の高いゲーミングノートパソコンによく搭載されています。

末尾に「HQ」がついている

  • ハイパフォーマンス・グラフィックス・クアッドコア
  • ただただハイスペック
  • ハイエンドノートパソコンに搭載されている

末尾に「MK」がついている

  • モバイル・エクストリーム・エディション
  • 第4世代CPU「Haswell」まで存在
  • 第5世代「Broadwell」以降は末尾MのCPUは無い

末尾に「MQ」がついている

  • クアッドコア・モバイル
  • 第4世代CPU「Haswell」まで存在
  • 第5世代「Broadwell」以降は末尾MのCPUは無い

末尾に「MX」がついている

  • モバイル・エクストリーム・エディション

末尾に「M」がついている

  • モバイル
  • ちょっと前のノートパソコンに搭載されていたのがこれ
  • 第4世代CPU「Haswell」まで存在
  • 第5世代「Broadwell」以降は末尾MのCPUは無い

末尾に「U」がついている(ノートパソコンで最もよく見るのがこれ)

  • 超低消費電力CPU
  • ゲーミングノートパソコン以外の普通のノートパソコンではこれが搭載されています

末尾に「Y」がついている

  • 極低消費電力CPU
  • Surface Goなどに搭載されています

末尾に「QM」がついている

  • クアッドコア・モバイル
  • 第3世代CPU「IvyBridge」まで存在
  • 第4世代CPU「Haswell」以降は末尾QMのCPUは無い

搭載されているCPUを確認する方法

windows7-cpu-check

  • メーカー製デスクトップパソコン・ノートパソコンは品番で検索する
  • スタートメニュー→コンピューターの上で右クリック→プロパティで表示される画面で確認する
  • CPU-Z | Softwares | CPUIDをインストールして確認する
  • 【Windows】Windowsキー+Pauseキー同時押し

Coffee Lakeで1台自作しています

Core i7-8700Kで自作PCを1台組んでいます。詳細や構成はこちらから。この構成で今まで問題なく動いていますよ。ぜひとも参考にしてください。

 

以上。参考になれば幸いです。

 

情報元 : インテル® プロセッサー・ナンバー:ノートブック PC、デスクトップ PC、モバイルデバイス

Intel CPUのまとめ記事



格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • 2021年12月3日からUQ応援割を実施中!くりこしプランM/L契約で18歳以下の子供や家族がお得に
  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万5000円相当還元!(2022年5月11日まで増額中)
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!

ahamoを他社から乗り換え+SIMカードで契約するとdポイント(期間・用途限定)1万pt還元還元!

ahamoに他社からのお乗り換えキャンペーン実施中!のページキャンペーンにエントリーして、ahamo公式サイトからドコモ以外の他社からahamoに乗り換えで、SIMカードまたはスマホを契約すると、dポイント(期間・用途限定)が1万ポイントが貰えるキャンペーンが実施されています。

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-CPU/プロセッサ, 解説
-,