LGA1200, LGA1151, 1150, 1155,1156の違いについて

Intel CPUのソケット形状のLGA1200, LGA1151, LGA1150, LGA1155, LGA1156の違いについてまとめました。それぞれが対応しているCPUやマザーボードの早見表もあり。

     

LGA1200, LGA1151, LGA1150, LGA1155の違い早見表

ソケット形状対応アーキテクチャ対応CPU対応メモリ対応チップセット
LGA1200
Comet Lake(第10世代)
第10世代CPU
Core i9-10***
Core i7-10***
Core i5-10***など
DDR4
Z490, H470, B460, H410
LGA1151v2Coffee Lake(第9世代)第9世代CPU
Core i9 9xxx
Core i7 9xxx
Core i5 9xxxなど
DDR4Z390, B365
Z370, H370, B360, H310
LGA1151v2Coffee Lake(第8世代)第8世代CPU
Core i7 8xxx
Core i5 8xxx
Core i3 8xxxなど
DDR4Z390, B365
Z370, H370, B360, H310
LGA1151Kaby Lake(第7世代)Core i7 7xxx
Core i5 7xxx
Core i3 7xxxなど
DDR4Z270, H270, B250
Z170, H170, B150, H110
LGA1151Skylake(第6世代)Core i7 6xxx
Core i5 6xxx
Core i3 6xxxなど
DDR4
DDR3L
DDR3
Z270, H270, B250
Z170, H170, B150, H110
LGA1150Broadwell(第5世代)Core i7 5775C
Core i5-5665Cなど
DDR3Z97, H97
LGA1150Haswell Refresh(新第4世代)
Haswell(第4世代)
Core i7 47xx
Core i5 4xxx
Core i3 4xxx
Pentium G 3xxx
Celeron G18xx
Xeon E3 12xxなど
DDR3Z97, H97
Z87, H87, B85, H81
LGA1155Ivy Bridge(第3世代)
Sandy Bridge(第2世代)
Core i7 37xx/2xxx
Core i5 3xxx/2xxx
Core i3 3xxx/2xxx
Pentium G2100/G8xx~G6xx
Celeron G1600/G5xx~G4xx
Xeon E3 12xxなど
DDR3Z77, H77, B75
Z68, P67, H67, H61
LGA1156Lynnfield
Clarkdale
(第1世代)
Core i7 8xx
Core i5 7xx/6xx
Core i3 6xxx
Pentium G 6xx
Celeron G1101
Xeon L3xxx/X3xxx
DDR3P55, H55, H57, Q57

ソケット形状と対応CPU(簡易版)

ソケット形状対応CPU
LGA2011v-3Haswell Intel Core i7 Extreme(5800/5900番代)
LGA2011Sandy Bridge&Ivy Bridge世代Core i7 Extreme(3800/3900/4800/4900番代)
LGA1200第10世代(Comet Lake)Core i9, Core i7, Core i5, Core i3, Pentium G, Celeron G
LGA1151v2第9世代(Coffee Lake)Core i9, Core i7, Core i5, Core i3
第8世代(Coffee Lake)Core i7, Core i5, Core i3
LGA1151第7世代(Kaby Lake)Core i7, Core i5, Core i3, Pentium G, Celeron G
第6世代(Skylake)Core i7, Core i5, Core i3, Pentium G, Celeron G
LGA1150第5世代(Broadwell)Core i7, Core i3
新第4世代(Haswell Refresh)Core i7, Core i5, Core i5, Pentium G, Celeron G
第4世代(Haswell)Core i7, Core i5, Core i3, Pentium G, Celeron G
LGA1155第3世代(Ivy Bridge)Core i7, Core i5, Core i3, Pentium G, Celeron G
第2世代(Sandy Bridge)Core i7, Core i5, Core i3, Pentium G, Celeron G
LGA1156第1世代(Nehalem)Core i7, Core i5, Core i3, Pentium G, Celeron G
LGA1366NehalemのCore i7
LGA775Pentium 4, Pentium D, Celeron D, Pentium Extreme Editionm, Pentium Dual Core,
Core 2 Duo, Core 2 Extreme, Celeron, Xeon 3000シリーズ, Core 2 Quad

 

おまけとしてソケット形状と対応CPUも掲載しておきます。

今一番新しいCPUとマザーボードはどれ?

  • 第10世代CPU(ソケットLGA1200)
  • Z490, H470, B460, H410マザーボード(ソケットLGA1200)

第10世代CPUからソケット形状が「LGA1200」になりました。第1世代~第9世代との互換性はありません

  • 第10世代「Comet Lake」 : LGA1200
  • 第9世代「Coffee Lake」 : LGA1151v2
  • 第8世代「Coffee Lake」 : LGA1151v2
  • 第7世代「KabyLake」 : LGA1151
  • 第6世代「Skylake」 : LGA1151

第10世代CPUではソケット形状がLGA1200になりました。

第10世代CPUを載せるにはIntel 400シリーズチップセットを搭載したマザーボードが必要です。

これまで使用されていたLGA1151, LGA 1150, LGA1156との互換性はありません。たとえばZ390マザーボードに第10世代CPUを載せることはできません。

第8世代と第9世代(LGA1151v2)は、第6世代と第7世代(LGA1151)との互換性はない

  • 第9世代「Coffee Lake」 : LGA1151v2
  • 第8世代「Coffee Lake」 : LGA1151v2
  • 第7世代「KabyLake」 : LGA1151
  • 第6世代「Skylake」 : LGA1151

第8世代と第9世代のソケット形状の「LGA1151v2」、第6世代と第7世代の「LGA1151」は互換性はありません。

第9世代/第8世代CPUは、Intel Z390, B365, Z370, H370, B360, H310チップセットを搭載するマザーボードにのみ搭載できます。

ここで特徴をまとめておきましょう。

コードネームCoffee Lake-SKaby Lake
世代第9世代
第8世代
第7世代
第6世代
ソケット形状LGA1151v2LGA1151
【対応しているチップセット】
Intel Z390×
Intel B365×
Intel Z370×
Intel H370×
Intel B360×
Intel H310×
Intel Z270×
Intel H270×
Intel B250×
Intel Z170×
Intel H170×
Intel B250×
Intel H110×
【互換性】第6世代/第7世代との互換性はない第8世代/第9世代との互換性はない

Coffee Lakeで1台自作しています

Core i7-8700Kで自作PCを1台組んでいます。詳細や構成はこちらから。この構成で初期不良や相性問題などは一切発生しておらず、今まで問題なく動いていますよ。ぜひとも構成の参考にしてください。

それぞれのソケットは互換性ありません。LGA1200のCPUをLGA1151のマザーボードに載せるとか絶対無理です

たとえば、Z77チップセット(ソケット形状がLGA1155)のマザーボードにCPUのソケット形状がLGA1150のCore i7-4790Kを搭載することは出来ません。

Z97チップセット(LGA1150)のマザーボードにソケット形状がLGA1155のCPUを搭載することは出来ません。もちろんLGA1156やLGA1366などとも互換性はありません。

また、Z170チップセット(LGA1151)のマザーボードにソケット形状がLGA1155, LGA1150のCPUを搭載することは出来ません。

絶対に搭載出来ないので諦めて新しいマザーボードとCPUを買いましょう。

ただしCPUクーラーはどれでも搭載できる

CCPUクーラーは互換性があるので、LGA1200でもLGA1151とかでも使い回しが可能です。

チップセットやマザーボードが新しくなっていっても、CPUクーラーを取り付けるための穴の位置は変わらないんですね。

ただし、使い回す前には一応CPUクーラーのメーカーのホームページや製品ページを見て、LGA1200に対応していることを確認してください。

2020年5月25日時点では、CPUクーラーを発売しているメーカーでLGA1200の動作確認を実施していないところが多いですが、サイズが動作確認結果を公表しています。

Skylake(LGA1151)からはDDR4メモリが主流に

SkylakeからDDR4メモリが主流になりました。Skylakeの中にはDDR3メモリ対応のマザーボードもありますが、あくまで主流はDDR4メモリです。

Kaby LakeからはDDR4メモリのみに対応するようになっています。

SkylakeでDDR3メモリに対応しているマザーボードについては以下の記事にてまとめています。

このマザーボードにはどのCPUが載るか?はマザーボードのページを見るのが一番

結局このマザーボードにはどのCPUが載せられるんだよ!という人は、マザーボードのページを見るのが一番です。

特に「CPUを交換したい・アップグレードしたい」という人は注意が必要です。

マザーボードの型番で検索して、メーカーのマザーボードのページを探し出してください。だいたい対応しているCPU、メモリのリストが存在するはずです。

ソケットってどこのことを言ってるのか教えて

CPUはここのこと

CPUの裏側はこうなっています。これがCPU側のCPUソケットです。

マザーボードはここのこと

マザーボード側のCPUソケットはここです。

CPU側のソケットとマザーボード側のソケットが一致していないとダメ

CPUをマザーボードに載せるためには、CPU側のCPUソケットとマザーボード側のCPUソケットが一致していないといけません。

CPUのソケット形状が「○」だったとすると、マザーボード側のソケット形状も「○」である必要があります。

  • CPUがLGA1200+マザーボードがLGA1200→搭載OK!
  • CPUがLGA1200+マザーボードがLGA1151→搭載NG!

ソケット形状はインテルは数年で変わる

このソケット形状はインテルは数年で変わります。

たとえば2018年10月20日に発売されたIntel  第9世代CPU Core i9-9900Kのソケット形状はLGA1151 v2でしたが、2020年5月20日に発売されたIntel 第10世代CPU Core i9-10900Kのソケット形状はLGA1200になりました。

ソケット形状が変わるたびに買い替えが必要

ソケット形状は互換性がないので、ソケット形状が変わるたびに買い替えが必要です。

たとえば、

  • Intel Core i9-9900K(LGA1151 v2)
  • Z390 Phantom Gaming 4(LGA1151 v2)

という組み合わせで使っている人が、Core i9-10900K(LGA1200)への買い替えを検討する場合は、マザーボードもLGA1200のものを買う必要があります。

  • Core i9-10900K(LGA1200)
  • Z390 Phantom Gaming(LGA1151 v2)

というのは不可能です。

ソケット形状をコロコロ変えるインテルはケチか?

ケチといえばケチです。

じゃあAMDはケチじゃないのかと言うと、ソケット形状はSocket AM4から変わっていなくても、最新CPUを使うには最新マザーボードが必要とかいうのがあります。

【最新世代】LGA1200について(第10世代)

ソケット形状がLGA1200なCPU(Comet Lake)

Comet Lake(LGA1200)

  • Intel Core i9 10000番台
  • Intel Core i7 10000番台
  • Intel Core i5 10000番台
  • Intel Core i3 10000番台
  • Intel Pentium G6000番台
  • Intel Celeron G5900番台

ソケット形状がLGA1200なチップセット・マザーボード

  • Z490(オーバークロック可能)
  • H470
  • B460
  • H410

【旧世代】LGA1151v2について(第8世代、第9世代)

第8世代・第9世代CPUのソケット形状はLGA1151v2でした。

第6世代・第7世代CPUのソケット形状はLGA1151ですが、LGA1151v2との互換性はありません。

ソケット形状がLGA1151なCPU(Coffee Lake & Kaby Lake)

Coffee Lake-S(LGA1151v2)

  • Intel Core i9 9000番台
  • Intel Core i7 9000番台
  • Intel Core i5 9000番台

Coffee Lake-S(LGA1151v2)

  • Intel Core i7 8000番台
  • Intel Core i5 8000番台
  • Intel Core i3 8000番台

ソケット形状がLGA1151v2なCPU

Intel 300シリーズ(LGA1151v2)

  • Z390(オーバークロック可能)
  • Z370(オーバークロック可能)
  • H370(オーバークロック不可)
  • B360(オーバークロック不可)
  • H310(オーバークロック不可)

Intel 300シリーズはCoffee Lakeのみに対応。M.2スロットを最大3つ搭載し、3スロットともに32Gb/sに対応、Intel Optane Technologyに対応。Intel 200シリーズと比較して劇的な進化はありません。

【旧世代】LGA1151について(第6世代、第7世代)

第6世代・第7世代CPUのソケット形状はLGA1151でした。

第8世代・第9世代CPUのソケット形状はLGA1151v2ですが、LGA1151との互換性はありません。

ソケット形状がLGA1151なCPU

Kaby Lake(LGA1151)

  • Intel Core i7 7000番台(Kaby Lake)
  • Intel Core i5 7000番台(Kaby Lake)
  • Intel Core i3 7000番台(Kaby Lake)

Skylake(LGA1151)

  • Intel Core i7 6000番台
  • Intel Core i5 6000番台
  • Intel Core i3 6000番台
  • Intel Pentium G4000番台
  • Intel Celeron G3900番台

ソケット形状がLGA1151なチップセット・マザーボード

Intel 200シリーズ

  • Z270(オーバークロック可能)
  • H270(オーバークロック不可)
  • B250(オーバークロック不可)

Intel 100シリーズと比較すると、M.2スロットを最大3つ搭載し、3スロットともに32Gb/sに対応、Intel Optane Technologyに対応したくらいで、あまり進化したようには感じられません。

Intel 100シリーズ

  • Z170(オーバークロック可能)
  • H170(オーバークロック不可)
  • B150(オーバークロック不可)
  • H110(オーバークロック不可)

Intel 9シリーズと比較するとSATA Expressコネクタ数やM.2スロット数が増え、帯域も9シリーズでは10Gb/sしか無かったM.2スロットが30Gb/sになったり、SATA Expressコネクタが16Gb/sになったりと増強しました。

どれだけ増強したかはマザーボードメーカーによります。また、M.2ストレージでのRAID構成も可能になったり、NVMe SSDを標準でサポートしているなど結構な進化を遂げています。

【旧世代】LGA1150について(第4世代、第5世代)

LGA1150はIntel製CPUソケット。LGA1155の後継にあたる規格で、LGA1151とLGA1155との互換性はありません。

対応しているCPUは, Broadwell世代, Haswell Refresh, Haswell世代のCPU。

Broadwell, Haswell Refresh, Haswell世代のCPUが搭載できるマザーボードはZ97, H97マザーボードで、Haswell Refresh, Haswell世代のCPUが搭載出来るマザーボードはZ87, H87, B85, H81マザーボードです。

ソケット形状がLGA1150なCPU(Broadwell, Haswell Refresh, Haswell)

  • Intel Core i7 5000番台(Broadwell)
  • Intel Core i5 5000番台(Broadwell)
  • Intel Core i7 4700番台
  • Intel Core i5 4000番台
  • Intel Core i3 4000番台
  • Pentium G 3000番台
  • Intel Celeron G 1800番台
  • Xeon E3 1200番台

CPUに関しては以下の記事にて詳しくまとめています。

ソケット形状がLGA1150なチップセット・マザーボード

Intel 9シリーズ

  • Z97(オーバークロック可能)
  • H97(オーバークロック不可)

Intel 8シリーズとの違いはM.2スロット・SATA Expressコネクタに対応していること、第5世代CPU「Broadwell」に対応していることです。

チップセットによって搭載されている機能やSATAポート数、USB3.0ポート数などが異なるためよく調べましょう。Intel 9シリーズおよびZ97, H97チップセットに関しては以下の記事にて詳しくまとめています。

 Intel 8シリーズ

  • Z87(オーバークロック可能)
  • H87(オーバークロック不可)
  • B85(オーバークロック不可)
  • H81(オーバークロック不可)

Intel 8シリーズはM.2スロット・SATA Expressコネクタが無く、Broadwellに対応しないと言われています。Haswell RefreshはBIOSを対応しているバージョンへと更新することによって搭載可能になります。

チップセットによって搭載されている機能やSATAポート数、USB3.0ポート数などが異なるためよく調べましょう。Intel 8シリーズおよびZ87, H87, B85, H81チップセットに関しては以下の記事にて詳しくまとめています。

【旧世代】LGA1155について(第2世代、第3世代)

LGA1155はIntel製CPUソケット。LGA1156の後継にあたる規格。このLGA1155の更に後継となる現在の主流のLGA1151との互換性はありません。

対応しているCPUはIvy Bridge, Sandy Bridge世代。Ivy Bridge, Sandy Bridge世代のCPUが搭載できるマザーボードはZ77, H77, B75マザーボード、Z67, P67, H67, H61マザーボードです。

ソケット形状がLGA1155なCPU(Ivy Bridge, Sandy Bridge)

  • Intel Core i7 3700/2000番台
  • Intel Core i5 3000/2000番台
  • Intel Core i3 3000/2000番台
  • Pentium G2100/G800~G600番台
  • Celeron G1600/G500~G400番台
  • Xeon E3 1200番台 v2/1200番台

ソケット形状がLGA1155なチップセット・マザーボード

  • Z77
  • H77
  • B75
  • Z68
  • P67
  • H67
  • H61

【旧世代】LGA1156について(第1世代)

LGA1156はIntel製CPUソケット。LGA775の後継にあたる規格。このLGA1156の更に後継の規格になるLGA1155, LGA1150, LGA1151との互換性はありません。

対応しているCPUはLynnfield, Clarkdale世代。Lynnfield, Clarkdale世代のCPUが搭載できるマザーボードはP55, H55, H67, Q57マザーボードです。

ソケット形状がLGA1156なCPU(Lynnfield, Clarkdale)

  • Intel Core i7 800 番台 (Lynnfield)
  • Intel Core i5 700/600番台 (Lynnfield/Clarkdale)
  • Intel Core i3 500 番台 (Clarkdale)
  • Intel Pentium G 6000 番台 (Clarkdale)
  • Intel Celeron G1101 (Clarkdale)
  • Xeon L3000/X3000 番台

ソケット形状がLGA1156なチップセット・マザーボード

  • P55
  • H55
  • H57
  • Q57

 


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-マザーボード, まとめ/比較
-, , , ,

© 2020 公安9課