Intel CPU Core i9, i7, i5, i3の性能の違いと比較

【Comet Lake】【第10世代】IntelのCore i9とCore i7とCore i5とCore i3の性能の違いについてと比較。第10世代も追加しました。

     

Intel 第10世代Core iシリーズの性能の違いについてと比較

この記事ではデスクトップ版の第10世代Core i9, Core i7, Core i5, Core i3の機能の違いやスペックについてまとめています。

CPUは、人間で言うところの頭脳に当たる最も重要なパーツで、演算処理を行います。PC全体の処理能力を一番左右します。

はじめにCore i9/Core i7/Core i5/Core i3の用途など解説

Core i9について(超ハイエンド)

Core i9はCore i7の上位モデルであり、Intelの個人向けCPUでは最上位に位置するプロセッサになります。

なんでも最上位志向である、インテルで10コア20スレッドの世界を体験したい、インテル信者である、少しでもいい環境でゲームをプレイしたい、という人はいいかもしれません。

しかし、ネット上でCore i9の評判はひどいもので、ゴミ、高発熱、めちゃくちゃ電力消費する、そもそもRyzenのほうが良い、などと散々な言われようです。

Core i9-10900K+RTX2080 Superとかいう組み合わせで無限に金をかけたい人、これまでCore i3と使っていた人、第4世代くらいからそろそろ新しくしたくなった人にもよさそうです。

Core i7について(ハイエンド)

  • 動画のエンコード・RAW・Photoshopなどで画像編集・動画編集など高い処理能力が要求される
  • CPUの負荷の大きな作業をしたい
  • 最高画質+ヌルサクでゲームがしたい
  • オーバークロックして遊びたい
  • パソコン1台で何でもやりたい
  • Core i9を買う気にはならないけど、CPUにはお金をかけたい

と考えている人にCore i7がオススメです。

別にCore i9じゃないと動かないゲームやソフトウェアとかはないので、無理にCore i9を買う必要は全くありません。

Core i5について(ミドルレンジ)

Core i7までは予算を出せないけども、Core i7同様の用途でそこそこの処理能力が欲しいと考えている人にオススメ。

「Core i3よりもCore i5を!」と奮発してCore i5を買う人は満足しているイメージがあります。

しかし、Core i7じゃなくてもいいやと妥協してCore i5を買った人は、「あれこれゲームをプレイしたり色々な作業をやってみたりしたけど、やっぱりCore i7にすればよかった」というイメージがあります。

あのゲームは普通にプレイできるけど、このゲームだとカクカクするみたいなことがあります。

なんか不安になってきたら、もうちょっと奮発してCore i7を選んだほうがいいのではないでしょうか。

Core i3について(ローエンド)

ゲームや動画編集など重い作業をしない、ネットで動画を見たりWordやExcelを使う、DVD焼いたりする程度だという人ならCore i3がオススメ。

上記用途だとCore i3でも十分すぎるほどの性能です。第10世代ならCore i3-10100あたりを選ぶといいですよ。

CPUだけでなくメモリやSSDにもお金をかけるべき

CPUにお金をかけるのはもちろんですが、メモリやSSDにもお金をかけるべきです。

Core i9-10900Kを買うよりもCore i7の最上位モデルのCore i7-10700Kを買って、差額をメモリやM.2 SSDの費用に回すというのもアリです。

頭(CPU)だけがよくても、メモリ(机の広さ)やストレージ(机の引き出し)が少ないと、性能をしっかり発揮してくれません。

無限にパソコンにお金をかけられるなら、Core i9-10900K+メモリ32GB+NVMe M.2 SSD+2.5インチSSD+RTX2070 Superを積んで~とやっていっていいですね。

Coffee Lakeで1台自作しています

Core i7-8700Kで自作PCを1台組んでいます。詳細や構成はこちらから。この構成で今まで初期不良や相性問題など一切発生していません。ぜひとも参考にしてください。

第10世代Core iシリーズを購入する時はチップセットやソケット、内蔵GPUの有無に注意

第10世代CPU「Comet Lake」はIntel 400シリーズチップセット=LGA1200ソケットのみ対応!

第10世代CPUは、Intel 400シリーズチップセット=Intel Z490, H470, B460, H410チップセットを搭載するマザーボードにしか搭載できません。

  • 第10世代CPU+Z490マザーボード→搭載OK
  • 第10世代CPU+Z390マザーボード→搭載NG。絶対使えません
コードネーム Comet Lake
世代 第10世代
ソケット形状 LGA1200
【対応しているチップセット】
Intel Z490
Intel H470
Intel B460
Intel H410
Intel Z390
Intel Z370
Intel H370
Intel B365
Intel B360
Intel H310
Intel Z270
Intel H270
Intel B250
Intel Z170
Intel H170
Intel B250
Intel H110

 

末尾に「F」がついたモデルは内蔵GPUありません。別途グラボ必須です

たとえば第10世代では、Core i9-10900KFなどの末尾に「F」がついたCPUが存在します。

この末尾にFがついたCPUには内蔵GPUが搭載されていないので、映像出力するためには別途グラボが必要になります。

Core i9-10900KはIntel UHD Graphics 630が搭載されているので、グラボ無しでもマザーボード側の映像出力端子と液晶ディスプレイをケーブルで繋げば映像が出ます。

しかし、Core i9-10900KFには内蔵GPUが搭載されていないので、グラボを搭載してグラボ側の映像出力端子と液晶ディスプレイをケーブルで繋ぐ必要があります。

スペック表の見方について

簡潔に言うと表内の各項目の数値が高ければ高いほど性能がいいです(TDP除く)

コア数

CPU内部に物理的に存在するプロセッサコアの数。コンピュータが計算などの処理を行う部分。コア数が多ければ多いほど早く処理できます

4コアのCPUだと同時に4つの計算を処理出来る。2人で作業するよりも4人で作業したほうが早く作業が終わるし、1人あたりの作業量も減ります。

スレッド数

CPUが同時に処理できる作業の数。スレッド数が多いほど並行作業できる数も増えます。

CPU定格/TB

定格時の動作周波数とターボ・ブースト・テクノロジーが有効になっている時の最大動作周波数。どちらも値が大きいほど処理速度は高速になります。

キャッシュ

L3キャッシュのこと。データを一時的に保存する場所。キャッシュの容量が大きいほど高機能です。

TDP

TDP(Thermal Design Power)とは、そのCPUがどれくらい発熱するかを示す数値のことです。TDPが125Wになっていたら、そのCPUは125W発熱すると思えばいいんじゃないでしょうか。

CPUクーラーを購入するときは、TDPに見合ったものを購入する必要があります。

TDPの数値が大きくなればなるほど、CPUクーラーの冷却性能を気にするべきです。Core i9-10900KなんてTDP125Wとかなので、空冷CPUクーラーじゃ冷やせ無さそう、なんて言われています。

どれにしようか悩んでいるときはPCパーツショップに行って店員に聞くのがオススメです。

【第10世代】Comet Lake

Core i9 性能比較

モデル名 Passmark コア数
スレッド数
定格周波数
TB時周波数
TVB周波数
iGPU キャッシュ TDP
i9-10900K 24144 10コア
20スレッド
3.7GHz
5.3GHz
5.3GHz
Intel UHD
Graphics 630
20MB 125W
i9-10900KF 23528 10コア
20スレッド
3.7GHz
5.3GHz
5.3GHz
なし 20MB 125W
i9-10900 19348 10コア
20スレッド
2.8GHz
5.2GHz
5.2GHz
Intel UHD
Graphics 630
20MB 65W
i9-10900F - 10コア
20スレッド
2.8GHz
5.2GHz
5.2GHz
なし 20MB 65W
i9-10900T - 10コア
20スレッド
1.9GHz
4.6GHz
-
Intel UHD
Graphics 630
20MB 25W

 

Core i9は「Thermal Velocity Boost」に対応

インテル® Thermal Velocity Boost (インテル® TVB) は、プロセッサーが最高温度未満で動作し、かつターボ機能に割り当てられる電力がある場合に、シングルコアとマルチコアのインテル® ターボ・ブースト・テクノロジーの動作周波数以上に、プロセッサーのクロック周波数を自動的に上昇させる機能です。周波数の上昇値とその持続時間は、ワークロード、プロセッサーの性能、冷却ソリューションに応じて変動します。

 

Core i7 性能比較

モデル名 PassMark コア数
スレッド数
定格周波数
TB時周波数
iGPU キャッシュ TDP
i7-10700K 19819 8コア
16スレッド
3.8GHz
5.1GHz
Intel UHD
Graphics 630
16MB 125W
i7-10700KF 19857 8コア
16スレッド
3.8GHz
5.1GHz
なし 16MB 125W
i7-10700 17490 8コア
16スレッド
2.9GHz
4.8GHz
Intel UHD
Graphics 630
16MB 65W
i7-10700F - 8コア
16スレッド
2.9GHz
4.8GHz
なし 16MB 65W
i7-10700T - 8コア
16スレッド
2.0GHz
4.5GHz
Intel UHD
Graphics 630
16MB 65W

 

Core i5 性能比較

モデル名 PassMark コア数
スレッド数
定格周波数
TB時周波数
iGPU キャッシュ TDP
i5-10600K 15113 6コア
12スレッド
4.1GHz
4.8GHz
Intel UHD
Graphics 630
12MB 95W
i5-10600KF - 6コア
12スレッド
4.1GHz
4.8GHz
なし 12MB 95W
i5-10600 13583 6コア
12スレッド
3.3GHz
4.8GHz
Intel UHD
Graphics 630
12MB 65W
i5-10600T - 6コア
12スレッド
2.4GHz
4.0GHz
Intel UHD
Graphics 630
12MB 25W
i5-10500 13225 6コア
12スレッド
3.1GHz
4.5GHz
Intel UHD
Graphics 630
12MB 65W
i5-10500T - 6コア
12スレッド
2.3GHz
3.8GHz
Intel UHD
Graphics 630
12MB 35W
i5-10400 13058 6コア
12スレッド
2.9GHz
4.3GHz
Intel UHD
Graphics 630
12MB 65W
i5-10400F - 6コア
12スレッド
2.9GHz
4.3GHz
なし 12MB 65W
i5-10400T - 6コア
12スレッド
2.0GHz
3.6GHz
Intel UHD
Graphics 630
12MB 35W

 

Core i3 性能比較

モデル名 PassMark コア数
スレッド数
定格周波数
TB時周波数
iGPU キャッシュ TDP
i3-10320 - 4コア
8スレッド
3.8GHz
4.8GHz
Intel UHD
Graphics 630
8MB 65W
i3-10300 9381 4コア
8スレッド
3.7GHz
4.4GHz
Intel UHD
Graphics 630
8MB 65W
i3-10300T - 4コア
8スレッド
3.0GHz
3.9GHz
Intel UHD
Graphics 630
8MB 35W
i3-10100 8932 4コア
8スレッド
3.6GHz
4.3GHz
Intel UHD
Graphics 630
6MB 65W
i3-10100T - 4コア
8スレッド
3.0GHz
3.8GHz
Intel UHD
Graphics 630
6MB 25W

 

 

オーバークロックとは

オーバークロックとは、CPUを定格時/TB時の動作周波数よりも高い動作周波数で動作させること。オーバークロックすることにより高い処理能力を得られます。

ただしオーバークロックをすると通常時よりもCPUの発熱が増えるというデメリットもあります。

Skylakeの場合は、Core i7-6700KまたはCore i5-6600KとZ170チップセットを搭載したマザーボードでオーバークロックが可能です。

Core i7-6700Kの定格動作周波数は4.0GHzですが、Z170マザーボードなどの設定を変更することにより4.5GHzで動作させることが出来ます。

設定に寄ってはそれ以上も可能ですが、発生する熱を逃がすためにより高性能なCPUクーラーを用意する必要があります。

ソフトウェアで簡単なオーバークロックが可能

マザーボードメーカー各社が独自のソフトウェアを提供し、ソフトウェア上で簡単なオーバークロックを出来るようにするソフトウェアを提供しています。ちょっと試してみたいとかいう人向けのカジュアルなやつです。

環境がある人もない人も興味が湧いた人は試してみましょう。

 

AMD Ryzenはこちら

 

以上。参考になれば幸いです。



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-CPU/プロセッサ, まとめ/比較
-, , ,

© 2020 公安9課