UQモバイルでAndroidスマホを使う

【最新】UQモバイルで使用できるAQUOSまとめ

【最新】UQモバイルで使用できるAQUOSまとめ。

SIMカード/eSIMのみを契約+増量オプションⅡに加入で、au PAY残高最大1万5000円相当還元!(SIMのりかえ特典)

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します


ワイモバイルのSIM契約で現金最大1万2000円キャッシュバック!&機種代金最大3万6000円値引き!

  • SIMカードのみ契約をタイムセール中にすると、現金最大1万2000円キャッシュバック(他社から乗り換え+シンプルLの場合)
  • eSIMのみ契約すると、現金最大1万円キャッシュバック
  • スマホを契約すると、機種代金から最大3万6000円値引き
  • ワイモバイルを家族で利用すると「家族割引サービス」が利用可能。2回線目以降は月額990円~!
  • 【2022年5月31日まで】ワイモバ親子割で5歳~18歳以下の子供は基本料が適用月から最大13ヶ月間割引!

SIMフリー版AUQOSもキャリア版AQUOSも使える可能性が割と高いです

UQモバイルのSIMを挿して利用
au版Xpeira推奨◎
SIMフリー版AQUOS推奨◎
楽天モバイル版AQUOS推奨◎
ドコモ版AQUOS製品による○
ソフトバンク版AQUOS製品による○
ワイモバイル版AQUOS製品による○

当サイトでは、au版AQUOS・SIMフリー版AQUOS・楽天モバイル版AQUOSととUQモバイルのSIMとの組み合わせを推奨しています。

au版/SIMフリー版/楽天モバイル版AQUOSがオススメ

auから販売されたスマートフォンは間違いなくau回線に対応していますし、UQモバイルはau回線を使用してサービスを提供しているからです。

SIMフリー版AQUOSもau回線に対応している可能性が高いです。

楽天モバイル版AQUOSはau回線に対応しています。楽天モバイルはauから回線を借りてサービスを提供しているからです。

ドコモ版/ソフトバンク版/ワイモバイル版は製品によってはau回線に対応

ドコモ版/ソフトバンク版/ワイモバイル版AQUOSは、発売された時期や製品によってはau回線に対応しているものがあります。

au回線に対応しているAQUOSの発売時期の目安としては、2017年~2018年以降に発売されたAQUOSです。

auのLTE周波数帯

auの使用しているLTE周波数帯はLTE Band 1, 11, 18, 26, 28, 42になります。参考資料 : 000489285.pdf

LTE Band 11は別に重要視されていません。

AQUOSを含む全てのauスマートフォンで確実に対応しているのがLTE Band 1, 18, 26の3つです。とにかくこの3つに対応していれば問題なく使えます。

AQUOSがLTE Band 1/18/26に対応している必要がある

動作確認端末一覧のページでは、「特にバンド1(2.0GHz帯)バンド18/26(800MHz帯)に端末が対応していない場合、場所によっては電波をつかみにくくなることがある」という記載があります。

このことから、手持ちのAQUOSにUQモバイルのSIMを挿して利用する場合には、少なくともLTE Band 1, 18/26に対応している必要があることが分かります。

LTE Band 26はLTE Band 18を内包しているため、LTE Band 26に対応していればLTE Band 18に対応していなくても大丈夫です。

その逆も同じで、LTE Band 18に対応していればLTE Band 26に対応していなくても大丈夫です。

LTE Band 1/18/26に対応しているかどうかをチェックする方法

ドコモ、au、ソフトバンクは、自社で販売しているスマホがどのLTE Band(周波数帯・電波)に対応しているかどうかの表を公開しています。

自分が使っているAQUOSがLTE Band 1/18/26に対応しているかどうかを確認してみましょう。

ドコモ

au

ソフトバンク

ドコモ/ソフトバンク/ワイモバイルのAQUOSはSIMロックが解除必須

ドコモ版/ソフトバンク版AQUOSにUQモバイルのSIMを挿して利用する場合は、AQUOSのSIMロック解除が必須です。

SIMロックを解除するとUQモバイルのSIMを認識するようになりますが、前述したとおりドコモ版/ソフトバンク版AQUOSはau回線に対応していないので使用は不便です。

楽天モバイルのAQUOSはSIMフリー

楽天モバイルで販売されているスマホは全てSIMフリーです。SIMロックの解除は不要です。

au版AQUOSはSIMロック解除が必要・不要なものが混在

au版AQUOSは、2017年8月1日よりも前に発売されたAQUOSはSIMロック解除が必須です。

2017年8月1日以降に発売されたau版AQUOSであれば、SIMロックを解除しなくてもUQモバイルのSIMを利用できます。

SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤いボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

UQモバイルのAQUOSの動作確認情報まとめ(動作確認で○マークがついたもののみ掲載)

動作確認情報を見て、端末名の右上に「◯」がついていれば使用OK。△はNGと思っていい

動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)を見て、自分の使いたいスマホの右上に「◯」マークがついていればUQモバイルで問題なく使用できます。

使いたいスマホが△マークがついていたら、何かしらの問題があるのでやめておいたほうがいいです。

対応エリア、音声通話、データ通信、SMS送受信、テザリングなどの機能のうち、どれか1つでも問題があるとUQモバイルに判断されると、右上が「◯」マークになりません。

ドコモ版/ソフトバンク版AQUOSは、だいたい「データ通信」が△になっています。製品によってはau回線に対応していないからです。

【一例】SIMフリー版AQUOS sense4(◯マーク)

こちらはSIMフリー版AQUOS sense4の動作確認状況です。

対応エリア、音声通話、データ通信、SMS送受信、テザリングなどの機能で全て◯マークがついているので問題なく利用できます。

【一例】ドコモ版AQUOS R3の動作確認情報(△マーク)

こちらはドコモ版AQUOS R3動作確認情報です。△マークがついていますね。△マークがついていたら、そのスマホでUQモバイルを使うのはやめておいたほうがいいです。

対応エリアが△で、他の機能はすべて◯です。どれか1つでも問題があると右上が△になります。

ドコモ版AQUOS R3は、UQモバイルを使う上で必要なLTE Band 18/26に対応していないからです。なので対応エリアが△マークになっています。

【一例】ドコモ版AQUOS sense4の動作確認情報(○マーク)

こちらはドコモ版AQUOS sense4の動作確認情報です。

AQUOS R3とは違って○マークがついていますね。これは対応エリアが○=UQモバイルを使う上で必要なLTE Band 18/26にしているからです。

対応エリア、音声通話、データ通信、SMS送受信、テザリングなどの機能で全て◯マークがついているので問題なく利用できますね。

SIMフリー版AQUOS(○マークのみ掲載)

  • AQUOS sense5G SH-M17
  • AQUOS sense4 plus SH-M16
  • AQUOS sense4 SH-M15
  • AQUOS zero2 SH-M13
  • AQUOS sense3 SH-M12
  • AQUOS sense3 plus SH-M11
  • AQUOS zero SH-M10
  • AQUOS R2 compact SH-M09
  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • AQUOS SH-M04

上記のSIMフリー版AQUOSは、UQモバイルで動作確認されて問題なく使えると判断されて「○」マークがついたものです。

ドコモ版AQUOS(○マークのみ掲載)

  • AQUOS sense5G SH-53A
  • AQUOS sense4 SH-41A
  • AQUOS R5G SH-51A
  • AQUOS zero2 SH-01M
  • AQUOS sense3 SH-02M

上記のドコモ版AQUOSは、UQモバイルで動作確認されて問題なく使えると判断されて「○」マークがついたものです。

動作確認された結果△マークがついたドコモ版AQUOSは、UQモバイルで使うのはオススメしないのでこの記事では掲載していません。

au版AQUOS(○マークのみ掲載)

  • AQUOS sense5G SHG03
  • AQUOS zero5G basic DX SHG02
  • AQUOS sense3 basic SHV48
  • AQUOS R5G SHG01
  • AQUOS zero2 SHV47
  • AQUOS sense3 SHV45
  • AQUOS sense3 plus サウンド SHV46
  • AQUOS sense2 かんたん
  • AQUOS R3 SHV44
  • AQUOS sense2 SHV43
  • AQUOS R2 SHV42
  • AQUOS R compact SHV41
  • AQUOS sense SHV40
  • AQUOS R SHV39
  • AQUOS SERIE mini SHV38
  • AQUOS U SHV37
  • BASIO2 SHV36
  • AQUOS U SHV35
  • AQUOS SERIE SHV34
  • AQUOS SERIE mini SHV33
  • AQUOS SERIE SHV32
  • AQUOS SERIE SHL25
  • AQUOS PHONE SERIE mini SHL24
  • AQUOS PHONE SERIE SHL23
  • AQUOS PHONE SERIE SHL22
  • AQUOS PHONE SERIE SHL21

上記のau版AQUOSは、UQモバイルで動作確認されて問題なく使えると判断されて「○」マークがついたものです。

au版AQUOSがau回線に対応しているわけがないので、動作確認されている全てのAQUOSがUQモバイルで利用できます。

ソフトバンク版AQUOS(○マークのみ掲載)

  • AQUOS sense5G A004SH
  • AQUOS zero5G basic A002SH
  • シンプルスマホ5 A001SH
  • AQUOS R5G 908SH
  • AQUOS zero2 906SH
  • AQUOS sense3 plus 901SH
  • AQUOS R3 808SH
  • AQUOS R2 compact 803SH
  • AQUOS R2 706SH

上記のソフトバンク版AQUOSは、UQモバイルで動作確認されて問題なく使えると判断されて「○」マークがついたものです。

△マークがついたソフトバンク版AQUOSは、UQモバイルで使うのはオススメしません。

ワイモバイル版AQUOS(○マークのみ掲載)

  • AQUOS sense4 basic A003SH
  • Android One S7
  • Android One S5
  • Android One X4

上記のワイモバイル版AQUOSは、UQモバイルで動作確認されて問題なく使えると判断されて「○」マークがついたものです。

△マークがついたワイモバイル版AQUOSは、UQモバイルで使うのはオススメしません。

楽天モバイル版AQUOS(○マークのみ掲載)

  • AQUOS sense4 plus SH-M16
  • AQUOS sense4 lite SH-RM15
  • AQUOS R5G SH-RM14
  • AQUOS sense3 plus
  • AQUOS sense3 lite

上記の楽天モバイル版AQUOSは、UQモバイルで動作確認されて問題なく使えると判断されて「○」マークがついたものです。

△マークがついた楽天モバイル版AQUOSは、UQモバイルで使うのはオススメしません。

SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤いボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

UQモバイルでSIMを申し込むときの手順

手順

  1. UQモバイルモバイルのSIMを挿して使いたいAQUOSが動作確認されていることを確認
  2. キャリア版AQUOSの場合は、UQモバイルを契約する前にSIMロックを解除しておく
  3. 今契約している携帯電話会社でMNP予約番号を取得する
  4. 本人確認書類などを用意してUQモバイルのSIMを申し込む
  5. 数日で手元にUQモバイルのSIMが届く

【手順1】UQモバイルで使いたいAQUOSが動作確認されているかを確認する

UQモバイルで使いたいAQUOSが動作確認されているかを、動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)を見てしっかり確認してください。

動作確認情報を見て、右上に○マークがついていればOKです。

【手順2】UQモバイルを契約する前に、AQUOSのSIMロックを解除しておく

UQモバイルで使いたいGalaxyが動作確認されていることを確認したら、AQUOSのSIMロックを解除しておきましょう。

UQモバイルを契約する前にAQUOSのSIMロックを解除してください。絶対にSIMロックを解除してください。

SIMロックを解除していないキャリア版AQUOSにUQモバイルのSIMカードを挿しても、AQUOSはUQモバイルのSIMカードを認識しません。

SIMロックを解除したキャリア版AQUOSにUQモバイルのSIMカードを挿すと、AQUOSはUQモバイルのSIMカードを認識します。

SIMロック解除でかかる費用

Web上で解除ショップで解除
ドコモ無料 (My docomo)3000円
au無料 (My au)3000円
ソフトバンク無料 (My SoftBank)3000円

SIMロック解除にかかる費用は、Web上で行えばどのキャリアにおいても無料です。

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップでもSIMロック解除でも行うことは可能ですが、3000円の手数料がかかります。 Web上でのSIMロック解除をオススメします。

【手順3】現在契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を取得する

ドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイル/楽天モバイルなどでMNP予約番号を取得してください。MNP予約番号の有効期限は15日間です。

UQモバイルでは、MNP予約番号の取得日から2日内に申し込むことを推奨しています。MNP予約番号を発行したらすぐに申し込めるようにしておきましょう。

また、現在契約中の名義とUQモバイルで契約する名義が同一である必要があります。名義が事な場合は現在の携帯電話会社で名義変更をした後に、MNP予約番号を取得してください。

MNP予約番号の発行方法

Webで発行電話で発行
NTTドコモMy docomo携帯なら151
一般電話は0120-800-800
auMy au携帯電話/一般電話
0077-75470
SoftBankMy SoftBank携帯電話/一般電話
0800-100-5533
ワイモバイルMy Y!mobile携帯電話/一般電話
0570-039-151
UQモバイル無し携帯電話/一般電話
0120-929-818

【手順4】UQモバイルのSIMを申し込む

本人確認書類などの必要なものを用意してUQモバイルを申し込みましょう。

なお、GalaxyにUQモバイルのSIMを挿して利用したい人は「マルチSIM」で申し込んでください。

申し込み及び本人確認終了後、本人確認書類に記載された住所宛に最短即日でSIMやスマホが発送されます。

申し込みで必要なもの

  • 契約者本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレスと電話番号
  • MNP予約番号(MNP転入時は必要)

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。

フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤いボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

UQモバイルのSIMが手元に届いてからの手順

手順

  1. AQUOSにUQモバイルのSIMを挿す
  2. SIMロック解除コードを入力する
  3. 現在契約している携帯電話会社からUQモバイルに回線を切り替える
  4. APN設定をする

【手順①】AQUOSから他社のSIMを抜いてUQモバイルのSIMを挿す

UQモバイルのSIMが手元に届いたら、AQUOSから他社のSIMを抜いてUQモバイルのSIMを挿してください。

スマートフォンにSIMカードを挿すときどうればいいのかわからない人も中にはいるかと思いますが、思っているよりはるかに簡単なものです。

カメラのSDカードを入れ替えるときと同じです。本当に何も難しいことはないです。

【手順②】AQUOSを起動してSIMロック解除コードを入力する

SIMロックを解除したAndroidスマホにUQモバイルのSIMを挿して初めて起動したときに、SIMロック解除コードの入力が必要になります。

SIMロック解除コードは、SIMロックを解除した際に表示されるページか、SIMロック解除後に送られてくるメールで確認できます。

スマホを1台しか持っていない、パソコンを持っていない人はSIMロック解除コードをメモしておきましょう。

【手順③】my UQ mobileにログインして、回線切替作業を行う(UQモバイルに回線を切り替える)

今契約している携帯電話会社からUQモバイルの回線に切り替えるために、my UQ mobileにログインして「回線切替」という作業が必要になります。

もしも自分で回線切替を実施しない場合は、出荷日+7日で自動的に回線切替が完了します。

回線切替完了後は携帯電話会社の圏外および自動解約されます。

たとえばドコモからUQモバイルに乗り換えるためにUQモバイルのSIMを申し込み、12月25日に回線切替をした場合は、回線切替完了後にドコモが圏外になり、12月25日付でドコモが自動解約されます。

step
1
my UQ mobileにログイン

my UQ mobileにログインしてください。

なお、最初にmy UQ mobileログインするときはメール内に記載されている「受付番号」とUQモバイル申込時に決めた4桁の暗証番号を使ってログインします。

ログイン後に正規のログインIDとパスワードを決めてmy UQ mobileに登録するステップがあるのでご安心ください。

step
2
トップ画面の「お申し込み状況一覧」ボタンをタップ

スマホでmy UQ mobileにログインした場合は、右上の「メニュー」をタップすると各種メニューが表示されます。

メニューの中の「申込状況の確認」をタップしてください。

step
3
現在の申込状況が表示されるので、「回線切替」をタップ

タップすると「お申し込み状況一覧」と書かれたページに移動します。ここで回線切り替えができます。

ステータスが「回線切替待ち」になっていると思います。「回線切替」をタップしてください。

step
4
「実行する」ボタンをタップする

タップすると回線切替画面になり、「ご購入されたau ICカードの開通のため、回線切替を行います。」という画面になります。

画面下部にある「実行する」ボタンをタップしてください。タップすると「回線切替完了」の画面になります。

実行するボタンをタップすると、UQモバイル側で回線切替作業が行われます。あなたは実行するボタンをタップするだけでOKです。

step
5
回線切替受付完了

回線切替作業が完了するとUQモバイルから「MNP回線切替完了のご案内(自動送信メール)」といったタイトルでメールが送られてきます。

私の場合は実行するボタンをタップしてから1分後にはメールが送られてきましたよ。

【手順④】AQUOS側でAPN設定する

AQUOSでUQモバイル回線で音声通話、データ通信できるようにするためには、AQUOSでAPN設定が必要になります。

APN設定とは、スマホがUQモバイル回線に接続できるようにするために必要な設定のことです。WiFiのIDとパスワードを入力するのと同じ感じです。

UQモバイルの動作確認情報に「APN手順書」があります。

こんな感じでUQモバイルがAPN設定の手順を画像つきで解説してくれているので、これを参考にしてAPN設定を完了させてください。

【手順⑥】Wi-FiをオフにしてUQモバイルにつながることを確認して利用開始

  • 回線切替が完了している
  • APN設定が完了している
  • AQUOSのSIMロックを解除している

純場はどうでもいいので、上記の作業がしっかりできていれば、AQUOSがUQモバイル回線に繋がっているはずです。

Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリで適当なWebページが開けること、電話ができることを確認してください。

なお、APN設定した直後はなかなか4G表示にならないときがあります。

機内モードをオン・オフしたり、Galaxyの再起動をしたりするとそのうち繋がります。

SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤いボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

 

SIMカード/eSIMのみを契約+増量オプションⅡに加入で、au PAY残高最大1万5000円相当還元!(SIMのりかえ特典)

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

UQモバイルではiPhone 11, iPhone SE(第2世代), iPhone 12, iPhone 12 mini販売中。最大2万2000円値引きで購入可能!

UQモバイルのiPhoneのポイント

  • 最大2万2000円割引でお得に購入できる
  • SIMカードかeSIMのセット契約ができる
  • 故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入できる
  • SIMロックは即解除可能

UQモバイルオンラインショップでは、iPhone 11, iPhone SE(第2世代), iPhone 12, iPhone 12 miniを販売しています。

SIMカードとiPhoneのセット、eSIMとiPhoneのセットで契約できます。

UQモバイルの契約と同時にiPhoneを購入&増量オプションⅡに加入することで、UQ mobile オンラインショップ おトク割が適用されて最大2万2000円割引でお得に購入できます。

増量オプションⅡは1年間無料キャンペーンを実施しているので、割引額を増やすために毎月のコストが増えてしまうこともありません。

故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入できる

UQモバイルのiPhoneを契約するときに、故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入できます。

Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesの製品保証が提供されます。

また、更に紛失・盗難時に電話またはWEBで申し込むと新品同等品をお届けする補償もあわせて提供されます。

Apple Careに加入している場合は、画面修理3700円、背面ガラス修理3700円、その他修理1万2900円かかります。

ちなみに、Apple Careに加入していない状態でiPhone 12の画面修理をしようとすると、3万6680円かかります。よくiPhoneをぶっ壊す人は加入しておいたほうがいいでしょう。

紛失盗難補償お届けサービスは、利用中のiPhoneが紛失・盗難に遭われた場合、新品同等品を1万2900円で届けてくれるサービスです。万が一紛失したときも安心です。

SIMロックがあるが、即時解除可能

UQモバイルで2021年9月30日までに販売されたiPhoneを購入した場合は、SIMロック解除の手続きが必要です。

SIMロック解除手続きの条件はいくつかありますが、UQモバイルの支払い方法がクレジットカードの場合は、購入したその日からSIMロック解除手続きが可能です。

UQモバイル申し込み時にSIMロック解除の申し込みも可能ですが、UQモバイル側でSIMロック解除対応後の発送となるため、商品のお届けに通常よりも時間がかかる場合があります。

SIMロック解除は後から自分でやればいいだけなので、申し込まなくてもいいです。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

UQモバイルでもeSIMが利用できます!申し込みから最短45分でUQモバイルが開通!

UQモバイルでは、2021年9月2日からeSIMサービスの提供を開始しています。

eSIMに対応しているスマホを使っている人であれば、UQモバイルでeSIMを他社から乗り換えで申し込めば最短45分でUQモバイルが開通します。

eSIMとは埋め込み型のSIMで、プロファイルと呼ばれるデータをダウンロードして利用します。オンラインで開通手続きが可能なため、SIMカード配送の待ち時間や、SIMカード挿入の作業なく、すぐに利用できるようになります。

なぜ最短45分で開通するの?

なぜ最短45分でUQモバイルが開通するのかというと、「デジタル本人確認(撮影による本人確認)」を導入しているからです。(LIQUID eKYC)

本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)の撮影、契約者本人の顔を撮影して、本人かどうかをAIが判定・オペレーターが目視確認することで、本人確認のスピードがかなり向上しています。

仕組みを知りたい人は、【 eKYC国内シェアNo.1 】本人確認なら LIQUID eKYC - 株式会社Liquid(リキッド)をご覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

eSIM対応スマホってどれ?

iPhoneは、iPhone XS, XS Max, XR以降のiPhoneがeSIMに対応しています。

Androidスマホは、Google Pixelシリーズ、一部のAQUOSスマホがeSIMに対応しています。

動作確認端末(スマートフォン対応機種)一覧│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】にアクセスして、「eSIM」を選択するとeSIM対応スマホのみ表示されます。

デュアルSIM環境を構築できる

UQモバイルのeSIMと他社の物理SIMカード/eSIMで「デュアルSIM」環境を構築できます。

メイン回線がドコモ回線やソフトバンク回線なら、UQモバイル(au回線)のeSIMをサブ回線として契約するのもいいでしょう。

eSIM契約の簡単な流れ

  • eSIMを新規契約または他社から乗り換えで契約する
  • 回線切替手続きを行う(他社から乗り換え時のみ)
  • UQ mobileポータルアプリか、QRコードを読み取って、スマホにeSIMプロファイルをダウンロードする
  • 他社APN構成プロファイルを削除する
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかける
  • 無事に開通したことを確認して利用開始

eSIMのメリット・デメリット

  • キャリアショップに行って順番を待つ、SIMカードの到着を待つといった時間的制約の軽減
  • うまくいけば、UQモバイルを申し込んだその日のうちに契約成立する。最短45分でUQモバイルのeSIMが使えるようになる
  • SIMカードの交換、差し替え、SIMカードの種別変更といった物理的な手間の軽減
  • 国内では物理SIMカードを使い、海外旅行ではeSIMを使う、といった使い分けができる
  • 物理SIMカードとeSIMでデュアルSIM環境の構築ができる
  • SIMカードの紛失や破損の心配がない

eSIMの一番のメリットは待ち時間の短縮です。

eSIMを選ぶデメリットや注意点

  • eSIMを利用するときでもSIMロック解除が必須
  • eSIMに対応しているスマホを用意する必要がある
  • eSIMに対応しているスマホはまだ少ない
  • eSIMがインストールされたスマホを無くすと、また別のeSIM対応スマホを用意する必要がある
  • SIMカードは入れ替えるだけでいいが、eSIMは再発行・再インストールが必要になる
  • eSIMから物理SIMカードに交換するとき、郵送などで手元に届くまでに時間がかかる

eSIMのデメリットを挙げるとすれば、SIMカードを差し替えて利用するのが難しい点です。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

  • この記事を書いた人

ユキナビ

ユキナビでは、UQモバイルに関するあらゆる情報を分かりやすく解説しています。特にキャンペーン記事は、2016年9月から最新情報を常に追い続けています。他の人には絶対に負けない自信があります。

-UQモバイルでAndroidスマホを使う