mineoに乗り換え

UQモバイルからmineo(マイネオ)に乗り換え(MNP)手順やメリット・デメリットを徹底解説!

UQモバイルからmineo(マイネオ)に乗り換え(MNP)手順やメリット・デメリット・注意点を徹底解説!

mineo(マイネオ)で契約事務手数料3300円無料&月額料金割引キャンペーン実施中!

mineo(マイネオ)
  • 1GB~20GBのどのコースでも最大6ヶ月間990円/月で使える「マイピタまるっと990円キャンペーン」が実施中!
  • 当サイト経由申込で「契約事務手数料3300円無料キャンペーン」が適用!上記キャンペーンと併用可能!
  • ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線が選べる
  • SIMカード/eSIMどちらも契約可能
  • 基本データ容量で選ぶ「マイピタ」、通信速度で選ぶ「マイそく」が選べる

※SIMカード発行手数料/eSIMプロファイル発行料440円は必要
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトを申し込みの場合は適用対象外

UQモバイルからmineo(マイネオ)に乗り換え(MNP)手順を解説

【手順①】mineoで使いたいスマホが動作確認されているかを見る

  • mineoではSIMカードのみe/SIM契約する
  • UQモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneを使う
  • 自分で用意したSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを使う

場合は、使いたいスマホがmineoで動作確認されていることを確認してください。

動作確認済み端末検索で、手持ちのAndroidスマホやiPhoneの対応しているプランとSIMカードの種類が確認できます。

なお、UQモバイルから販売されているAndroidスマホは動作確認されていません。

UQモバイルから販売されているiPhoneは、SIMロックを解除するとドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線すべて使えるようになるのでご安心ください。絶対にmineoでも使えます。

UQモバイルのAndroidスマホが対応している回線の確認方法

UQモバイルのAndroidスマホにドコモ回線/ソフトバンク回線のSIMを入れて利用したい場合は、UQ mobile携帯電話などの対応周波数帯一覧を見て、ドコモ回線/ソフトバンク回線に対応しているかどうか確認してください。

LTE Band 1/3/19に対応していれば理論上はドコモ回線に対応しています。

LTE Band 1/3/8に対応していれば理論上はソフトバンク回線に対応しています。

eSIMはどのスマホで使える?

mineoのeSIMで動作確認されているスマホは、動作確認済み端末検索|端末|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】から確認できます。

mineoのeSIMはau回線のみ提供されています。ドコモ回線は2023年年2月に提供開始予定、ソフトバンク回線の提供は未定です。

上記ページにアクセスすると、絞り込み条件で「スマートフォン」と「eSIM」が選択された状態の、mineoの動作確認情報の詳細検索結果が表示されます。

【手順②】UQモバイルでiPhoneのSIMロック解除手続きをする。一部Androidスマホは「利用設定」必要

2021年9月30日までに
発売された製品
2021年10月1日以降に
新たに発売された製品
AndroidスマホSIMロック無し
※一部Androidスマホは
「利用設定」必要
SIMロック無し
iPhoneSIMロックあり
SIMロック解除必須
SIMロック無し

購入時期によりますが、UQモバイルで購入したiPhoneにmineoのSIMカードを入れて利用する/eSIMをインストールして利用するときは、UQモバイル側でiPhoneのSIMロック解除手続きが絶対に必要です。

iPhoneについて

2021年10月1日以降に新たに販売されたiPhoneを購入した場合、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売されているため、SIMロック解除手続きは不要です。

2022年10月1日以降に対象のiPhone(※)を購入した場合、購入時にSIMロック解除手続きが実施された状態で製品が引き渡しされています。

  • iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone SE(第2世代)、iPhone 7、iPhone 6s、iPhone SE(第1世代)

Androidスマホについて

UQモバイルのAndroidスマホはSIMフリーですが、一部のAndroidスマホはmineoのSIMカードを入れた後にスマホ本体側で「利用設定」の操作・設定が必要です。

【手順③】UQモバイルでMNP予約番号を取得するかどうか決める(MNPワンストップ利用可能)

(MNP予約番号をお持ちでない場合)

UQモバイルからmineoに乗り換える場合、①UQモバイルでMNP予約番号を発行して申し込む方法、②MNPワンストップ方式を利用して申し込む方法、の2つの方法が利用できます。どちらを利用してもOKです。

MNPワンストップ方式とは、従来必要だったMNP予約番号の発行手続きが不要になる制度です。

UQモバイルとmineoはMNPワンストップ方式に対応しているため、UQモバイルでMNP予約番号を発行不要でmineoに乗り換えが可能です。

もちろん従来どおりに、UQモバイルでMNP予約番号を発行してからmineoに申し込みも可能です。

なお、あなたの契約状況によっては、「MNPワンストップ方式」を利用せずに申し込んだほうがスムーズに行く可能性があります。MNPワンストップでうまくいかない場合はMNP予約番号を発行しましょう。

UQモバイルでMNP予約番号を発行する方法

他社から乗り換えでmineoを申し込む場合、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている状態で申し込みが必要です。

MNP予約番号の有効期限は発行した当日を含めて15日間です。MNP予約番号を発行したらすぐに申し込むようにしましょう。

UQモバイルでMNP予約番号を発行する方法は、①UQお客さまセンターに電話、②my UQ mobileから発行、の2つの方法があります。

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話・一般電話0120-929-8189:00~21:00
WEBサイトMy UQ mobile24時間

my UQ mobileで発行するのがオススメです。人と喋る必要はないですし、複雑な操作は一切なく、簡単にMNP予約番号が発行できます。

電話でMNP予約番号の発行手続きをした場合は、手続き希望の電話番号宛に157よりSMSが送られてきます。

my UQ mobileの場合は、UQモバイルに登録されているメールアドレス宛にMNP予約番号が送られてきます。

【手順④】mineoの契約に必要なものを用意する

mineoの契約に必要なものを用意してください。 eSIMを契約する場合、利用できる本人確認書類が限られるので注意してください。

運転免許証やマイナンバーカードを持っている人は問題ありません。 GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを用意して申し込みましょう。

  • 契約者本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • 連絡用メールアドレスおよび電話番号

本人確認書類

音声通話、SMSを利用する人、端末割賦購入する人は本人確認書類が必要です。

下記の本人確認書類のいずれか1つを携帯電話のカメラ、デジタルカメラ、スキャナーなどで読み取り、申し込み時にそのデータをアップロードしてください。

オンライン本人確認(eKYC)では、運転免許証、個人番号カード、在留カードのみ利用できます。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(2012年4月1日以降のもの)
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 外交官等住居証明書

補助書類は、公共料金領収書(電気・ガス・水道)または住民票が必要です。

※1 デビットカード、プリペイドカードはご登録いただけない場合がございます。クレジットカードでのご登録をお願いします。

※2 MNPをご利用の場合、現在ご利用中の電話番号の契約名義が以下のいずれかの名義と一致している必要があります。
・mineoサービスお申し込み者の名義
・mineoサービスお申し込み者と同居しているご家族の名義
・いずれかが18歳未満の場合はお申し込みいただけません

※3 MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている状態でのお申し込みをお願いいたします。

【手順⑤】mineo公式サイトから「デュアルタイプ」で申し込む

mineo公式サイトにアクセスして、SIMカードやeSIMを申し込んでください。 SIMカードのみ/eSIMのみ契約するときの手順は以下の通り。

手順

  • mineo公式サイトにアクセスして「お申し込み手続きへ」ボタンを押す
  • 「端末購入の有無を選ぶ」では、【SIMのみを購入する】を選択する
  • 「SIM形状を選ぶ」では、【SIMカード】または【eSIM】を選択する
  • 「プランを選ぶ」では、自分の好きなプラン(回線)を選ぶ
  • eSIMのドコモ回線選択時のみ、「EIDを登録する」の入力欄が表示されるので、EIDをスマホで確認してコピペする
  • 「5G通信オプションの利用有無を選ぶ」では、どちらか好きな方を選ぶ
  • 「タイプを選ぶ」では、【デュアルタイプ(データ通信+音声通話)】を選ぶ
  • 「コースを選ぶ」では、自分の好きなコース数を選ぶ
  • 「データ使い放題サービスを選ぶ」では、パケット放題Plusに申し込むか申し込まないか選択する
  • 「通話サービスを選ぶ」は、どれか好きなものを選択する
  • 「お申し込み方法を選ぶ」では、【通常のお申し込み】を選択する
  • 「電話番号の引き継ぎ有無を選ぶ」では、【現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ】を選択する
  • 「現在ご利用中の電話番号の契約名義を選ぶ」では、当てはまる方を選択する
  • 「MNPの方法を選ぶ」では、【予約番号を入力する】か【MNPワンストップ】のどちらかを選択する
  • 【予約番号を入力する】を選択した場合は、MNP予約番号、携帯電話番号、MNP予約番号の有効期限を入力する
  • 【MNPワンストップ】を選択した場合は、【KDDI株式会社/沖縄セルラー電話株式会社】と【UQ mobile】を選択し、携帯電話番号を入力する
  • 後は画面の指示に従ってSIMの契約を完了させる

EIDを登録する

必須EIDを登録する(Dプランのみ)

eSIMドコモ回線を選択したときだけ、「EIDを登録する」という入力欄が表示されます。

EID確認手順|mineoユーザーサポートを参考にして、スマホのEIDを確認して入力してください。EID部分を長押しするとコピーできます。

「デュアルタイプ」を選択

タイプを選ぶ デュアルタイプ データ通信+音声通話

UQモバイルから乗り換えでmineoを契約する(=UQモバイルの携帯電話番号をmineoでも使う)場合は、「デュアルタイプ」を選択してください。デュアルタイプは他の格安SIMでいう「音声通話SIM」のことです。

「通常のお申し込み」を選択

当サイト【MINEONAIRE】を経由してmineo(マイネオ)を申し込むと、mineoで発生する初期費用のうち「契約事務手数料」の3300円が無料になる「mineo × 提携サイト限定事務手数料無料キャンペーン」を利用したい場合は、「通常のお申し込み」を選択してください。

こちらのボタンから申込で契約事務手数料無料!

mineo公式サイト

緑ボタンを押すとmineo公式サイトに移動します

お試し200MBコース、マイそくスーパーライトを申込の場合は契約事務手数料無料の適用対象外

mineoのSIMカードの開通手順

【手順①】MNP転入切り替え手続きを行う

mineoのSIMカードを他社から乗り換えで契約した場合は、SIMカードが手元に届いたら回線切替手続きが必要です。MNP転入切り替え手続きはマイページから行えます。

回線切替の受付時間帯はプランによって異なります。

 受付時間切り替えに
かかる時間
ドコモ回線
(Dプラン)
9時から21時まで約30分
au回線
(Aプラン)
9時から21時まで約30分
ソフトバンク回線
(Sプラン)
10時から19時まで約1時間

ドコモ回線とau回線は20時以降、ソフトバンク回線は18時以降にMNP転入切り替え手続きを実施した場合、切り替えが翌日になることがあります。

特に、月末日は申し込みの集中が予想されます。当日中の切り替えを希望の場合は、早めに手続きしたほうがいいでしょう。

手続き手順

  1. マイページにアクセス
  2. eoIDとeoパスワードを入力してログイン
  3. 〔登録情報の変更・サポート〕から〔MNP転入切替/回線切替手続き〕をタップ
  4. SIMカード台紙記載の[ICCID/製造番号]の下4ケタを入力後、〔回線切替〕をタップ
  5. 受付後、申し込みの際に登録したメールアドレスに「回線切替受付メール」が送られてくる

【手順②】SIMカードを任意のサイズに切り取って、スマホにSIMカードを入れる

MNP転入切り替え手続きが完了したら、SIMカードを台紙から取り外してスマホにSIMカードを入れてください。

ほとんどの人は「nanoSIM」サイズに取り外すことになると思います。iPhoneはiPhone 5シリーズからずっとSIMサイズはnanoSIMです。

nanoSIMはSIMカードの中では一番小さいサイズなので、取り外しで失敗することは絶対にないです。取り外し方は以下のページをご覧ください。

ドコモ回線/ソフトバンク回線のSIMカード

ドコモ回線/ソフトバンク回線のSIMカードは、「マルチSIMカード」が提供されています。

マルチSIMカードは、1枚のSIMカード台紙から、①nanoSIM、②microSIM、③標準SIMの3つのサイズに切り離しできます。

au回線のSIMカード

au回線のSIMカードは、「au VoLTE対応SIMカード」が提供されています。「マルチSIMカード」です。

マルチSIMカードは、1枚のSIMカード台紙から、①nanoSIM、②microSIM、③標準SIMの3つのサイズに切り離しできます。

【手順③】他社APN構成プロファイルを削除する(iPhoneのみ)

mineoを契約する前に、UQモバイル/ワイモバイル/IIJmio/BIGLOBEモバイルなどを利用していて、iPhoneに他社APN構成プロファイルをインストールしている場合は削除してください。

iPhoneはAPN構成プロファイルを1つしかインストールできません。

APN構成プロファイルの削除手順

  • ホーム画面から、「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」または「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  • 他社APN構成プロファイルをタップ
  • 「プロファイルを削除」をタップ
  • パスコードの入力を求められた場合は、画面に従って入力
  • 「削除」をタップ
  • 削除完了

【手順④】スマホでネットワーク設定(APN設定)する

を参考にして、スマホでネットワーク設定(APN設定)を完了させてください。

Wi-Fiに接続するときにIDとパスワードが求められるように、スマホがmineo回線に接続するときにもIDとパスワードみたいなものが求められます。

APN設定をしないとmineo回線を使ってデータ通信ができないので、絶対にAPN設定してください。

Androidスマホのネットワーク設定(APN設定)について

iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールする手順

APN構成プロファイルのインストール手順

  • ネットワーク設定(iOS端末)|mineoユーザーサポートにあるQRコードを読み取る
  • ダウンロードの許可画面が表示されるので「許可」をタップ
  • プロファイルがダウンロードされたら「閉じる」をタップ
  • ホーム画面に戻り、「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」をタップ
  • 「ダウンロード済みプロファイル」をタップ
  • 「プロファイルをインストール」画面が開くので、「インストール」をタップ
  • パスコードを入力する
  • 警告画面を確認し、「インストール」をタップ
  • 「インストール」をタップ
  • 「完了」をタップ

【手順⑤】テストコールして正常に終了することを確認して利用開始

  • ドコモ回線とau回線は、テストコール「111」(通話無料)にダイヤルする
  • ソフトバンク回線は、テストコール「11112」にダイヤルする

正常に終了すればmineoが開通しています。

Wi-Fiをオフにして、ChromeやSafariなどでWebサイトにアクセスできるか確認してください。

mineo(モバイルデータ回線)につながらないときチェックすること

  • mineoでMNP転入切り替え手続きが完了しているか
  • AndroidスマホやiPhoneのSIMロックを解除しているか
  • AndroidスマホでAPN設定をしているか?
  • iPhoneにmineoのAPN構成プロファイルをインストールしているか?

データ移行は新スマホに機種変更したときだけ必要。SIMのみ契約して入れ替えるときは不要

mineoで販売されているスマホを購入している場合は、必要に応じて旧スマホから新スマホに写真・動画・アプリ・電話帳などのデータ移行やバックアップも実施してください。

新スマホへのデータ移行は、新スマホの初期設定時にも可能です。

LINEアカウントの引き継ぎについては、LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINEをご覧ください。

SIMのみ契約時

mineoでSIMカードのみ/eSIMのみ契約して手持ちのスマホを利用する場合はデータ移行不要です。

SIMカードには、写真・動画・書類・各種アプリ・連絡先・LINEアカウントやトーク履歴などのデータは保存されていません。

SIMの入れ替えでスマホ内のデータが絶対に消えることはありません。そのままです。

AndroidスマホからAndroidスマホへのデータ移行

スマホメーカーが提供しているデータ移行アプリを利用する方法や、スマホ同士をUSB type-Cケーブルで接続して有線でデータ移行する方法があります。気の利いたスマホメーカーであれば、今のスマホデータそのまま新しいスマホに移行できるでしょう。

電話帳はGoogleアカウントで同期する方法、SDカードを使用して移行する方法がありますが、たいていの人はGoogleアカウントで同期しているはずです。同期していない場合は機種変更前に同期するように設定すればいいです。

GmailやGoogleカレンダーなど、Google関連アプリのデータは、Googleアカウントの同期設定をすることで新しい端末でもログインしてデータを引き継げます。

使っているスマートフォンのコンテンツ、データ、設定は、Google アカウントにバックアップできます。バックアップした情報は、元のスマートフォンや他の Android スマートフォンに復元できます。

AndroidスマホからiPhoneにデータ移行

「iOSに移行」アプリを利用してください。詳細はAndroid から iPhone、iPad、iPod touch に移行する - Apple サポート (日本)をご覧ください。

iPhoneからiPhoneにデータ移行

iCloudでデータ移行・バックアップする方法もありますが、iOSの「クイックスタート機能」を利用すると簡単に新しいiPhoneにデータ移行できます。

iOS 11 以降を搭載している iPhone を新しい iPhone の近くに置くことで、新しい iPhone を素早くセットアップできます。また、新旧 iPhone それぞれが iOS 12.4 以降を搭載していれば、直接データ転送も行うことができます。

詳細は[iPhone]簡単にデータを移行する方法はありますか?(クイックスタート) | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンクをご覧ください。

 

mineoのeSIMの開通手順

開通の流れ

  • mineoのマイページからMNP転入切り替え手続きを行う
  • AndroidスマホやiPhoneにeSIMをインストールする(eSIMの初期設定を行う)
  • 【iPhoneのみ】他社APN構成プロファイルがある場合は削除する
  • AndroidスマホやiPhoneでネットワーク設定(APN設定)を行う
  • テストコールして正常に終了することを確認して利用開始

【手順①】mineoのマイページからMNP転入切り替え手続きを行う

mineoのeSIMを他社から乗り換えで契約した場合は、届いたら回線切替手続きが必要です。MNP転入切り替え手続きはマイページから行えます。

回線切替の受付時間帯はプランによって異なります。

 受付時間切り替えに
かかる時間
ドコモ回線
(Dプラン)
9時から21時まで約30分
au回線
(Aプラン)
9時から21時まで約30分

ドコモ回線やau回線は20時以降にMNP転入切り替え手続きを実施した場合、切り替えが翌日になることがあります。

特に、月末日は申し込みの集中が予想されます。当日中の切り替えを希望の場合は、早めに手続きしたほうがいいでしょう。

手続き手順

  1. マイページにアクセス
  2. eoIDとeoパスワードを入力してログイン
  3. 「登録情報の変更・サポート」から【MNP転入切替/回線切替手続き】をタップ
  4. 各項目を確認・入力して、【回線切替】をタップ
  5. 受付後、申し込みの際に登録したメールアドレスに「回線切替受付メール」が送られてくる

【手順②】スマホにeSIMをインストールする(eSIMの初期設定を行う)

を参考にして、AndroidスマホやiPhoneにeSIMのインストールを行ってください。画像付きで解説されているので初心者も安心です。

【手順③】他社APN構成プロファイルを削除する(iPhoneのみ)

mineoを契約する前に、UQモバイル/ワイモバイル/IIJmio/BIGLOBEモバイルなどを利用していて、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしている場合は削除してください。

APN構成プロファイルの削除手順

  • ホーム画面から、「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」または「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  • 他社APN構成プロファイルをタップ
  • 「プロファイルを削除」をタップ
  • パスコードの入力を求められた場合は、画面に従って入力
  • 「削除」をタップ
  • 削除完了

【手順④】スマホでネットワーク設定(APN設定)をする

を参考にして、スマホでネットワーク設定(APN設定)を完了させてください。

Wi-Fiに接続するときにIDとパスワードが求められるように、スマホがmineo回線に接続するときにもIDとパスワードみたいなものが求められます。

APN設定をしないとmineo回線を使ってデータ通信ができないので、絶対にAPN設定してください。

Androidスマホのネットワーク設定(APN設定)について

iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールする手順

APN構成プロファイルのインストール手順

  • ネットワーク設定(iOS端末)|mineoユーザーサポートにあるQRコードを読み取る
  • ダウンロードの許可画面が表示されるので「許可」をタップ
  • プロファイルがダウンロードされたら「閉じる」をタップ
  • ホーム画面に戻り、「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」をタップ
  • 「ダウンロード済みプロファイル」をタップ
  • 「プロファイルをインストール」画面が開くので、「インストール」をタップ
  • パスコードを入力する
  • 警告画面を確認し、「インストール」をタップ
  • 「インストール」をタップ
  • 「完了」をタップ

【手順⑤】テストコールして正常に終了することを確認して利用開始

  • ドコモ回線とau回線は、テストコール「111」(通話無料)にダイヤルする
  • ソフトバンク回線は、テストコール「11112」にダイヤルする

正常に終了すればmineoが開通しています。

Wi-Fiをオフにして、ChromeやSafariなどでWebサイトにアクセスできるか確認してください。

こちらのボタンから申込で契約事務手数料無料!

mineo公式サイト

緑ボタンを押すとmineo公式サイトに移動します

お試し200MBコース、マイそくスーパーライトを申込の場合は契約事務手数料無料の適用対象外

UQモバイルとmineoの料金プランを比較

キャリア料金プラン名料金
UQモバイルくりこしプランS+5G
(基本データ容量 : 月3GB)
月額1,628円
UQモバイルくりこしプランM+5G
(基本データ容量 : 月15GB)
月額2,728円
UQモバイルくりこしプランL+5G
(基本データ容量 : 月25GB)
月額3,828円
UQモバイルコミコミプラン
(基本データ容量 : 月20GB)
月額3,278円
UQモバイルトクトクプラン
(基本データ容量 : 月15GB)
月額3,465円
UQモバイルミニミニプラン
(基本データ容量 : 月4GB)
月額2,365円
mineoデュアルタイプ
+マイピタ
【1GB】月額1,298円
【5GB】月額1,518円
【10GB】月額1,958円
【20GB】月額2,178円
mineoデュアルタイプ
+マイそく
【スタンダード】月額990円
【プレミアム】月額2,200円
【ライト】月額660円
【スーパーライト】月額250円
mineoシングルタイプ
+マイピタ
(乗り換え不可)
【1GB】月額880円
【5GB】月額1,265円
【10GB】月額1,705円
【20GB】月額1,925円

UQモバイルからmineoに乗り換えることで、毎月の通信費が節約できます。

UQモバイルはauひかりやauでんきなどをセットで契約して初めて安くなりますが、mineoは何もしなくても最初から安いです。

mineoは音声通話SIMにあたる「デュアルタイプ」と、データSIMにあたる「シングルタイプ」が提供されています。他社から乗り換えで契約できるのは「デュアルタイプ」です。

mineoに乗り換える前にシングルタイプ+eSIMで契約して使い勝手を確認してみるのもいいでしょう。

mineo(マイネオ)の料金プランまとめ

  • ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線が選べて、料金はどの回線を選んでも同じ
  • 基本データ容量で選ぶ料金プラン「マイピタ」
  • 通信速度で選ぶ料金プラン「マイそく」

ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線が選べて、料金はどの回線を選んでも同じ

au・ドコモ・ソフトバンク回線に対応しているので、今お使いのスマホそのままで使えます!

mineo(マイネオ)は、関西電力グループの「オプテージ」が運営している、全国で使える格安スマホサービスです。ちょっと難しいことを言うと「仮想移動体通信事業者」になります。

自社でネットワーク整備をせず、ドコモ/au/ソフトバンクにお金を払って回線を借りているため、キャリアよりも利用料金が安い・低価格でサービスが提供できています。

ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線のどの回線を利用しても料金は同じです。

サービスエリアはキャリアと同じです。たとえばドコモとmineo(ドコモ回線)で通信できるエリアは全く同じです。mineoだと圏外になるエリアは存在しません。

SIMカード契約時は、ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線のいずれかの回線で契約できます。料金はどの回線を選んでも同じです。

eSIM契約時は、ドコモ回線/au回線のいずれかの回線で契約できます。eSIM+ソフトバンク回線は提供開始未定です。

契約後に回線変更(プラン変更)が可能です

mineoは、利用開始後に一部契約内容(契約期間・現行の残容量・各種割引・各種端末保証サービス)を維持したまま、現在契約中の回線から別の回線に変更することができます。

たとえばドコモ回線で契約した人はau回線またはソフトバンク回線への変更が可能です。プラン変更はマイページから申し込みできます。

なお、回線変更時には変更事務手数料3300円、SIMカード発行料440円/eSIMプロファイル発行料440円がかかります。

  • ◯◯回線で契約したけど通信速度が微妙
  • 自分の活動エリア内だとなんか圏外になることがあるから別の回線に変更して様子を見たい
  • mineoへの乗り換え前に元々使っていた回線と同じに戻したい

という場合も安心です。

基本データ容量で選ぶ料金プラン「マイピタ」

mineo(マイネオ)の料金プラン「マイピタ」

マイピタは、2021年2月1日より提供されている新料金プランです。旧プランよりもより手頃な料金で利用できるように料金プランが見直しされました。

1GB、5GB、10GB、20GBの4つのデータ容量から選んで契約できます。デュアルタイプ1GBは月額1298円から、大容量の20GBも月額2178円から利用できます。シングルタイプは月額880円から利用可能です。

旧プランではドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線で料金が異なっていましたが、マイピタはどの回線を選んでも料金は同じです。

マイピタは余ったデータ容量は翌月に自動繰り越し可能で、翌月に繰り越したデータ容量が優先的に消費されます。

基本データ容量音声通話+データ通信
(デュアルタイプ)
データ通信のみ
(シングルタイプ)
1GB1,298円880円
5GB1,518円1,265円
10GB1,958円1,705円
20GB2,178円1,925円

 

通信速度で選ぶ料金プラン「マイそく」

マイそくプラン

マイそくは、通信速度で選ぶデータ通信が使い放題になるプランです。

なお、データ通信が使い放題になる代わりに、月曜から金曜の12時~13時、または直近3日間で10GB以上利用すると、通信速度が最大32kbpsになります。音声通話は制限時間中も問題なく利用できます。

通信速度の違いによって、スタンダード、プレミアム、ライト、スーパーライトのの4プランが用意されています。

 月額料金通信速度
スタンダード月額990円最大1.5Mbps
プレミアム月額2200円最大3Mbps
ライト月額660円最大300kbps
スーパーライト
(2023年2月22日提供開始)
月額250円最大32kbs

スタンダード・プレミアム・ライトの3プランは、シングルタイプ(データ通信のみ利用可能)でも、デュアルタイプ(データ通信+音声通話が利用可能)でも料金は同じです。

スーパーライトは「デュアルタイプ」のみ提供となり、シングルタイプでの提供はありません。

mineo(マイネオ)のメリット・特徴まとめ

メリット

  • ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線が選べる。サービスエリアは全く同じ
  • マイそくとマイピタは毎月変更可能
  • 「5G通信オプション」に加入すれば、5G対応スマホを持って5G対応エリアに行けば5Gデータ通信できる
  • パケット放題Plus/夜間フリーなどの使い放題オプションが用意されている
  • インターネット広告の表示で消費されるデータ通信量のカウントをフリーにする無料オプションサービス「広告フリー」オプションがある
  • 通話頻度に合わせた3つの通話オプションが用意されている
  • 2年縛りや契約解除料なし
  • mineoはLINEの年齢確認可能!(デュアルタイプは年齢認証ができて、ID検索が利用できる)
  • 全国のmineoユーザー同士で余ったデータ容量をやり取りできる(預ける・もらえる)「フリータンク」制度がある
  • 余ったパケットを友達や家族にギフトとして贈ることができる「パケットギフト」制度がある
  • 当月中に使い切れなかった基本データ容量やパケットチャージ容量等を翌月に繰り越し、そのパケットを最大10回線までシェアする「パケットシェア」制度がある
  • コミュニティサイト「マイネ王」があり、困ったことはだいたいここで解決できる

マイそくとマイピタは毎月変更可能

マイそくとマイピタは毎月プラン変更可能です。

毎月1日から25日にマイピタからマイそくにコース変更した場合、翌月からの適用となります。26日から月末までは申し込みできないので、翌月1日以降に申し込んでください。

マイピタからマイそくにコース変更した場合、使いきれなかったデータ容量は翌月に繰り越しされますが、マイそくは通信量の制限がないコースのため、繰り越したデータ容量が使用されることはありません。パケットギフトなどで利用できます。

繰り越しされたデータ容量の有効期限は、データ容量が付与された月の翌月末です。

なお、マイそくスーパーライトは契約時のみ選択可能です。スーパーライト契約者が契約後にプラン変更するとマイそくスーパーライトには戻ってこれません。

mineoの既存契約者はマイそくスーパーライトへのプラン変更不可です。

パケット放題Plus/夜間フリーなどの使い放題オプションが用意されている

  • 最大1.5Mbpsで24時間使い放題になる「パケット放題Plus」(月額385円)
  • 毎日22時30分から7時30分まで使い放題になる「夜間フリー」(月額990円)

の2つの使い放題オプションが用意されています。

使い放題オプションはWi-FiテザリングやBluetoothテザリング利用時も対象なのでご安心ください。

パケット放題Plusについて(月額385円)

パケット放題 Plusは、mineoスイッチONで最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になるサービスです。ネットやSNSはもちろん、動画の視聴もできます。

マイピタ専用サービスで、シングルタイプは5GB/10GB/20GBコース選択時、シングルタイプ契約時は1GB/5GB/10GB/20GBコース選択時に申し込めます。マイそく契約時は申し込みできません。

月額料金は385円で、10GB/20GBコースで申し込む場合は無料で利用できます。

パケット放題 Plusに加入すると、データ容量を消費せずすべてのコンテンツを利用できる「mineoスイッチ」ONの通信速度を、通常最大200kbpsのところ最大1.5Mbpsに増速されます。

容量超過後だけでなく、好きなタイミングで容量消費無しの最大1.5Mbpsの通信に切り替えることが可能です。

対象サービスに制限なくどんなサービスにも対応しています。また、mineoを契約している人は誰でも利用できます。

なお、3日間で10GB以上利用すると混雑回避のための速度制限にひっかかるので注意してください。

・mineoスイッチをONにした状態で直近3日間で10GB以上のご利用があった場合、スイッチON/OFFに関わらず通信速度を最大200kbpsに制限する場合がございます。
・通信速度制限は超過日の翌日に実施し、超過日の翌々日の朝に解除いたします。
・通信速度制限の実施時、解除時はメールにて通知いたします。

夜間フリー

夜間フリー

夜間フリーオプションは、毎日22時30分から7時30分までの間、通常のmineo回線速度でパケット消費せず使い放題になるサービスです。

マイピタ(1GB/5GB/10GB/20GB)、マイそく(スタンダード/プレミアムコース)を利用中の人のみ申し込めます。

月額料金は990円です。「特定のコースを契約していると割引」はありません。

夜間フリー対象時間にアプリ更新・OSアップデートなどを行いたい人、少し早めに通勤する人に最適とされています。

通話頻度に合わせた3つの通話オプションが用意されている

10分かけ放題月額550円
時間無制限かけ放題月額1210円
10分通話パック月額110円
通話料22円/30秒
mineoでんわ10円/30秒

10分かけ放題、時間無制限かけ放題、10分通話パックは、専用アプリ不要で、端末にもともとついている通話アプリから利用可能です。

10分通話パックは使わなかった文は翌月に繰越できる(最大10分間繰越可能)なので、まれな長電話にも対応できます。

なお、通話オプション未加入でも専用アプリ「mineoでんわ」から電話を発信すると10円/30秒でかけることもできます。(mineoでんわは申し込みが必要)

通話オプション未加入状態でmineoでんわ以外から発信(もともとついている通話アプリから発信)した場合は、22円/30秒の通話料がかかります。

2年縛りや契約解除料なし

mineoは、2年縛り(最低利用期間・契約期間の縛り)や契約解除料、MNP転出手数料はありません。

2015年7月1日から最低利用期間および解約清算金(違約金・契約解除料)が撤廃されています。シングルタイプもデュアルタイプも気軽に試すことができます。

2021年4月1日よりMNP転出手数料が一律無料になっています。将来mineoから他社に乗り換えたくなったときも安心です。

mineo(マイネオ)契約時に利用できるキャンペーンまとめ

マイピタまるっと990円キャンペーン(最大6ヶ月間料金割引)

マイピタまるっと990円キャンペーン(最大6ヶ月間料金割引)

2024年2月1日から6月3日までにデュアルタイプ+マイピタを契約すると、1GB~20GBのどのコースでも最大6ヶ月間月額990円で利用できる「マイピタまるっと990円キャンペーン」が実施されています。

基本データ容量月額基本料金キャンペーン適用
(最大6ヶ月間)
1GB1,298円990円
5GB1,518円
10GB1,958円
20GB2,178円

端末価格割引キャンペーン(スマホ機種代金割引)

端末価格割引キャンペーン(スマホ機種代金割引)

mineoを他社から乗り換えで申込と同時に対象の端末を一括払いで購入すると端末価格が最大26,400円割引されるキャンペーンが実施されています。

mineo契約中の人は、端末追加購入の際に対象の端末を一括払いで購入すると端末価格が最大16,500円割引されます。

キャンペーン対象端末

機種名割引前価格割引後価格割引価格
iPhone SE(第3世代)
(64GB)
70,224円54,824円15,400円
Xperia 10 V66,000円46,750円19,250円
iPhone SE(第3世代)
(128GB)
77,880円62,480円15,400円
AQUOS sense750,952円35,552円15,400円
AQUOS wish332,472円17,072円15,400円
AQUOS R8129,624円114,224円15,400円
AQUOS sense853,856円36,256円17,600円
moto g1321,384円10,010円11,374円
moto g53j 5G32,208円16,808円15,400円
OPPO A55s 5G22,704円10,010円12,694円
OPPO A7719,800円10,010円9,790円
OPPO Reno7 A35,640円20,240円15,400円
OPPO Reno9 A40,656円24,156円16,500円
OPPO Reno10 Pro 5G77,880円62,480円15,400円
Redmi Note 11 Pro 5G37,488円22,088円15,400円
Redmi 12 5G
4GB/128GBモデル
27,720円10,120円17,600円
Redmi 12 5G
8GB/256GBモデル
32,472円14,872円17,600円
Xiaomi 13T Pro101,376円74,976円26,400円
Mode1 RETROⅡ26,664円11,264円15,400円
iPhone 13(128GB)105,336円89,936円15,400円
iPhone 13(256GB)120,912円105,512円15,400円
iPhone 13(512GB)151,800円136,400円15,400円
iPhone 14(128GB)122,760円107,360円15,400円
iPhone 14(256GB)138,072円122,672円15,400円
iPhone 14(512GB)168,696円153,296円15,400円
moto g52j 5G SPECIAL38,016円11,616円26,400円

 

U-NEXT 最大3カ月分プレゼントキャンペーン

U-NEXT 最大3カ月分プレゼントキャンペーン

期間中にmineoオプション「U-NEXT」に契約完了すると、利用開始から3カ月間、毎月2,079円がキャッシュバックされます。

キャンペーン期間2023年12月4日(月)~2024年3月31日(日)
特典内容利用開始から最大3カ月間、U-NEXTの月額料金である2,189円からmineoとのセット割引である110円を差し引いた2,079円をキャッシュバック
適用条件キャンペーン期間中にmineo通信サービスのオプションサービスとして「U-NEXT」を申し込んだ人

バスケット110円割引キャンペーン

バスケット110円割引キャンペーン

期間中にパスケットを申し込むと、パスケットの月額料金を利用開始月から最大6カ月の間110円割引されます。

バスケットは有料サービスで、手持ちのパケットを貯めることができます。パスケットの中に入っているパケットは無期限で繰り越しされます。初回申し込みに限り、パスケットの中に1GBプレゼントされます。

申し込み期間2024年2月1日(木)~2024年6月3日(月)
特典内容パスケットの月額料金を利用開始月から最大6カ月の間110円割引
適用条件申し込み期間中にパスケットを申し込んだ人

UQモバイルからmineoに乗り換えるデメリット・注意点まとめ

UQモバイルよりも確実に通信速度が遅くなる

UQモバイルからmineoに乗り換えると、確実に通信速度が遅くなります。

特に、利用する人が増える昼休み(12時~13時)や朝夕の通勤時間帯に通信速度が低下する傾向にあります。

mineo側も回線設備を増強するなどして対策を講じていますが、劇的に改善されることはまず無いです。これはmineoだけでなく、格安SIMサービスではよくあることで、格安SIMサービスはこの問題から逃れられることはありません。

速度制限後の通信速度が遅い

UQモバイルでくりこしプラン+5GのプランM/Lを契約している場合、速度制限後でも最大通信速度1Mbpsで利用できましたが、mineoで速度制限されると、最大通信速度が200kbpsに制限されます。

パケット放題Plusは、3日で10GB以上利用すると混雑回避のための速度制限が実施されます。最大通信速度が200kbpsに制限されます。

マイそくは、すべてのコースで月曜~金曜(祝日含む)の12時台の通信速度が、最大32kbpsに制限されます。通信速度最大32kbpsは何もできないと言っていいです。

なお、音声通話やSMS送受信は速度制限の対象外です。問題なく利用できます。

自宅セット割が利用できなくなる

UQモバイルでは、対象のauひかりなどの光回線、WiMAX 2+サービス、ホームルーターなどのインターネットサービス、またはauでんきに加入すると、家族全員の利用料金が割引される「自宅セット割」がありますが、当然UQモバイルからmineoに乗り換えると、自宅セット割の適用条件外になります。

60歳以上通話割が利用できなくなる

UQモバイルは、利用者の年齢が60歳以上の場合、

  • くりこしプランへの加入で通話オプション」かけ放題(24時間いつでも)」の月額料金が1,100円割引
  • UQモバイルのメールサービスが無料になる

「60歳以上通話割」がありますが、当然UQモバイルからmineoに乗り換えると、60再通話割の適用条件外になります。

mineoの支払い方法はクレジットカードのみ

UQモバイルの料金支払い方法はクレジットカードまたは口座振替が利用できましたが、mineoの料金支払い方法はクレジットカードのみです。

UQモバイルのメールアドレスが使えなくなる

UQモバイルで有料メールアドレスサービスを使っていた人は、mineoに乗り換えるとUQモバイルのメールアドレスが利用できなくなります。

また、UQモバイルのメールアドレスはメール持ち運びサービスの対象外なので、完全にメールアドレスが利用できなくなります。

UQモバイルからmineoに乗り換えでよくある質問

UQモバイルからmineoに乗り換えるベストタイミングは?

月末ギリギリのUQモバイルからmineoに乗り換えはやめたほうがいいです。

それはなぜかというと、UQモバイルからmineoへの回線切替が月をまたいでしまった場合は、翌月のUQモバイルの月額料金の支払いが必要になるからです。

たとえば、

  • UQモバイルからmineoに乗り換える
  • 1月29日にmineoのSIMカードを「他社から乗り換え」で申し込んだ
  • 2月1日にSIMカードが届いた
  • 2月1日にmineoでMNP開通手続きをした

場合は、2月1日付でUQモバイルとの契約が自動解約されて、mineoが開通します。

1月29日ではなく2月1日です。ということは1月分と2月分のUQモバイルの月額料金の支払いが必要です。

あなたはUQモバイルを2月1日時点で契約しているので、2月分のUQモバイルの月額料金も支払わないといけないんです。

これは新規契約?他社から乗り換え(MNP転入)?

「新規契約」と「他社から乗り換え(MNP転入)」の違いは、「今使っている携帯電話番号を引き継ぐかどうか」です。

これは「他社から乗り換え」です

  • mineoを契約したい
  • UQモバイルの携帯電話番号はmineoに乗り換えても使いたい!
  • 将来mineoから他社に乗り換えるときも、この携帯電話番号をずっと使い続ける!

という人は、UQモバイルでMNP予約番号を発行してmineoを「他社から乗り換え」(現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ)で契約してください。

UQモバイルで使っている携帯電話番号がmineoに引き継がれて、mineoに乗り換えてもUQモバイルと同じ携帯電話番号を使って音声通話やSMS送受信ができます。

「他社から乗り換え」で契約するときは、mineoを申し込む前に絶対にUQモバイルを解約しないでください。MNP予約番号を発行した後にUQモバイルを解約しないでください。

これは「新規契約」です

  • mineoを契約したい
  • UQモバイルの携帯電話番号は使えなくなってもいい

という人は、UQモバイルを解約して、mineoを「新規契約」(新しい電話番号を利用する)で契約してください。

「mineoをサブ回線として新しく契約したい」という人は、mineoを「新規契約」で契約してください。

「UQモバイルのスマホが余ってるからmineoのSIMカードを入れて2台目として使いたい」という人は、mineoを「新規契約」で契約してください。

UQモバイルスマホそのままで乗り換えできる?

  • UQモバイルからmineo(マイネオ)に乗り換える
  • UQモバイルで購入した機種(スマホ)はそのままmineoでも使いたい

というときは、mineoではSIMカードのみ/eSIMのみを他社から乗り換えで契約すればOKです。

UQモバイルはau回線なので、mineoでもau回線SIMカードを契約すれば使えます。

UQモバイルで①iPhoneのみSIMロック解除手続き、②MNP予約番号の発行が完了したら、mineoを他社から乗り換えで申し込み、mineoで回線切替手続き完了後、UQモバイルスマホからUQモバイルのSIMカードを抜いて、mineoのSIMカードを入れるだけでOKです。

mineoではスマホを購入しなくてもOKです。SIMカードのみ/eSIMのみを契約しましょう。

SIMの入れ替えでデータが消える?

  • UQモバイルからmineoに乗り換える
  • UQモバイルで購入したスマホや、UQモバイル本家SIMカードを入れて使っていたSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneをmineoでも使いたい
  • mineoではSIMカードのみ契約して、SIMカードを入れ替えて使いたい
  • UQモバイルではSIMカードを契約していたが、mineoではeSIMを契約して使いたい

など、「今のスマホはそのままmineoで使いたい」とき、SIMの入れ替えだけでデータが消えることはありません。

SIMカードには、写真・動画・アプリ・LINEのトーク履歴などのデータは一切保存されていません。

UQモバイルからmineoに乗り換えで発生する費用は何円?

発生する費用

  • 【UQモバイル】解約手数料無料(2022年4月1日から無料)
  • 【UQモバイル】MNP転出手数料(2021年4月1日から無料)
  • 【UQモバイル】mineoに乗り換えた当月の利用料金、オプション料金
  • 【UQモバイル】スマホを分割払いで購入した残りの支払い(残債、機種代金の分割払い)
  • 【UQモバイル】iPhoneのSIMロック解除手数料(WEBは無料、店舗は3300円)
  • 【mineo】契約事務手数料3300円
  • 【mineo】SIMカード発行料/eSIMプロファイル発行料440円
  • 【mineo】契約した月の利用料金(日割り計算)

UQモバイルは解約手数料(違約金)やMNP転出手数料は発生しません。無料です。

UQモバイルからmineoに乗り換えるときに発生する費用は、最も安く済む人だとUQモバイルの利用料金のみ発生します。

UQモバイルの利用料金は、「5G対応料金プラン」契約中の人は月額料金が日割りされずに満額請求されます。「4G LTE対応料金プラン」の人は月額料金が日割り計算されて請求されます。契約しているプランはMy UQ mobileから確認できます。

UQモバイルでスマホを分割払いで購入していて、その支払が終わっていない場合は、mineoに乗り換えてもUQモバイルから端末代金の請求は続きます。

■「5G対応料金プラン」
・ミニミニプラン
・トクトクプラン
・コミコミプラン
・くりこしプラン +5G S/M/L
(くりこしプラン +5G S/M/Lは2023年5月31日に新規のお申し込み受付を終了しています)

■「4G LTE料金プラン」
・くりこしプラン S/M/L
・スマホプラン S/R
・おしゃべりプラン S/M/L
・ぴったりプラン S/M/L
・データ高速+音声通話プラン
・データ無制限+音声通話プラン
(上記プランはいずれも新規のお申し込み受付を終了しています)

スマホの分割払い途中でも、MNP予約番号の発行、mineoへの乗り換え、解約は可能です

購入したスマホの分割払いが終わっていなくても、

  • UQモバイルでMNP予約番号を発行
  • UQモバイルからmineoに乗り換え
  • UQモバイルの解約(乗り換えずに純粋に解約する)

は可能です。

分割払いが終わっていないという理由で、MNP予約番号の発行、UQモバイルから他社への乗り換え、UQモバイルの解約ができませんよ、なんて言われることは絶対にありません。

なお、UQモバイルからmineoに乗り換えたからといって、UQモバイルの分割払いがチャラになることは絶対にありません。

分割払いが残っている状態でも乗り換えは可能ですが、mineoでスマホセットを購入する場合は、そちらの支払いも必要になるため、UQモバイルとmineoで二重で端末代金を支払うことになります。

こちらのボタンから申込で契約事務手数料無料!

mineo公式サイト

緑ボタンを押すとmineo公式サイトに移動します

お試し200MBコース、マイそくスーパーライトを申込の場合は契約事務手数料無料の適用対象外

【当サイト経由申し込みで適用】mineo × 提携サイト限定事務手数料無料キャンペーン

2022年7月1日から終了日未定で、当サイト【MINEONAIRE】を経由してmineoを申し込むと、契約事務手数料3300円が無料になる「mineo × 提携サイト限定事務手数料無料キャンペーン」が適用されます!(※SIMカード発行手数料440円は支払い必要)

キャンペーンが適用されているかどうかは、mineo申し込み中のステップ5「お支払い情報入力」の【キャンペーン等適用状況】で確認できます。

「提携サイト限定事務手数料無料キャンペーン」が適用されていることを確認してください。

​---------------キャンペーン概要---------------
【mineo × 提携サイト限定 事務手数料無料キャンペーン】

【キャンペーン期間】
2022年7月1日~終了日未定

【特典内容】
通常3,300円(税込)の契約事務手数料を無料といたします。

【適用条件】
キャンペーン期間内に当サイトのリンクからキャンペーン専用ページに遷移して新規お申込みされた方

【注意事項】
・特典適用にはご利用のWebブラウザのCookieおよびJavaScriptのご利用を有効にしていただく必要がございます。
・キャンペーン専用お申し込みサイト(当ページ)以外からのお申し込みは適用対象外となります。
・キャンペーンの適用はお申し込み後の契約内容通知書をもってお知らせいたします。
・お支払いの状況によっては、特典が適用されない場合があります。
・法人名義の方は適用対象外となります。
・お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。
・本キャンペーンは予告なく内容の全部または一部を変更・終了、もしくは延長させていただく場合があります。
------------------------------------------------------

こちらのボタンから申込で契約事務手数料無料!

mineo公式サイト

緑ボタンを押すとmineo公式サイトに移動します

お試し200MBコース、マイそくスーパーライトを申込の場合は契約事務手数料無料の適用対象外

  • この記事を書いた人

荒巻大輔

みねおねあは、関西電力グループオプテージが運営するドコモ/au/ソフトバンクのマルチキャリアに対応した格安SIMサービス「mineo(マイネオ)」の情報を分かりやすく解説しています。 全てのコンテンツを荒巻大輔が執筆・監修しています。適当な外注ライターの記事は1つもありません。

-mineoに乗り換え