Windows 10の無償アップグレード期間も残り約1ヶ月、改めて要点をおさらい

logo-Windows-10

Windows 10の無料アップグレード期間も残り約1ヶ月、改めて要点をおさらい。

無償アップグレードは2016年7月28日まで

2015年7月29日からWindows 7, Windows 8.1ユーザーに向けて提供されている無償アップグレードは、2016年7月28日に終了します。それ以降のWindows 10へのアップグレードは有料となります。期間の延長は絶対にないとのこと。

とはいえ、「Windows 10にアップグレードしたら周辺機器が動かなくなった!」という情報を受け、ここまで頑張ってWindows 7, 8.1をキープしてきた人はもうアップグレードしないのも手ではないでしょうか。

Skylake+Windows 7, 8.1のサポート期間が1年間延長

米マイクロソフトは2016年3月18日に、Intelの第6世代CPU「Skylake」を搭載し、Windows 7/8.1がインストールされたPCのサポート期間を「2017年7月17日まで」から「2018年7月17日まで」に延長すると発表しました。1年間延長される形となります。

なお、2018年7月17日以降も重要なセキュリティ更新プログラムは提供されます。サポート期間は以下の通り。

世代販売開始日Windows 7のサポート期間Windows 8.1のサポート期間
第1世代Nehalem 2008~2011年2020年1月14日2023年1月10日
第2世代Sandy Bridge2011年1月9日2020年1月14日2023年1月10日
第3世代Ivy Bridge 2012年4月29日2020年1月14日2023年1月10日
第4世代Haswell2013年6月2日2020年1月14日2023年1月10日
新第4世代Haswell Refresh2014年5月11日2020年1月14日2023年1月10日
第5世代Broadwell2015年6月18日2020年1月14日2023年1月10日
第6世代Skylake2015年8月5日2018年7月17日2018年7月17日

 

Windows 7/8.1のサポート期間が2018年7月17日に短縮されるのは、Skylakeを搭載しWindows 7/8.1がインストールされたPCですSkylake以前のCPUを搭載し、Windows 7/8.1がインストールされたPCのサポート期間は従来通りです。サポート期間が~と騒いでいる大抵の人は関係ないのではないでしょうか?

以前の記事に対して「会社のパソコンで混在している可能性が~」とコメントする人がいましたが、Skylakeは2015年8月5日より発売されている最新世代のCPUですし、Skylakeは以前の世代のCPUおよびマザーボードと互換性はないので混在している可能性は一切ありません

Skylakeの発売スケジュールは以下の通り。

  • 2015年8月5日 : 「Core i7-6700K」「Core i5-6600Kの」2モデルが発売
  • 2015年9月2日 : 上記2モデル以外のCore i7, Core i5が発売
  • 2015年10月6日 : Core i3, Pentiumが発売
  • 2016年1月29日 : Celeronが発売

発売日前にSkylake搭載パソコンが出回るわけがありませんね?だから2015年8月5日以降と断定しているのです。

ハードウェア構成変更時の認証問題が改善

2016年夏提供予定のWindows 10 Anniversary Updateにて、マザーボーやSSD, HDDを交換するとOSの再認証が必要になるという問題が改善されます。

Windows 7, 8.1→Windows 10にアップグレード後のエディションはどうなる?

Windows 7からアップグレードした場合

Windows 7Windows 10
このエディションからアップグレードするとこのエディションになる
Windows 7 StarterWindows 10 Home
Windows 7 Home Basic
Windows 7 Home Premium
Windows 7 ProfessionalWindows 10 Pro
Windows 7 Ultimate

Windows 7 Enterpriseは対象外となります。

Windows 8からアップグレードした場合

Windows 8Windows 10
このエディションからアップグレードするとこのエディションになる
Windows 8.1 ***Windows 10 Home
Windows 8.1 ProWindows 10 Pro
Windows 8.1 Pro Student
Windows 8.1 Pro WMC
Windows Phone 8.1 ***Windows 10 Mobile

Windows 8/8.1 Enterprise、Windows RT/RT8.1の各エディションは対象外となります。

アップグレードをキャンセルする方法

手順は上記ページ(動画)を見たほうが早いんですが、アップグレードのキャンセル方法の流れは以下の通り。

  1. 「Windowsをアップグレードしています」という黒画面ではWindows 10へのアップグレードが開始されておりキャンセルは不可能。完了するまではPCの電源を切らずに待つ
  2. 「Widows 10にようこそ」という青画面になったら右下の「次へ」ボタンをクリック
  3. 元のWindows OSに戻す場合は、「これは法的文書です」画面右下の「拒否」をクリック
  4. すると「いいえ、Windows 10への無料アップグレードを行いません」という画面が出るので、再度「拒否」をクリック
  5. 「以前のバージョンのWindowsを復元しています...」という黒画面になる
  6. 復元したら終了

アップグレードを抑止する(案内が出ないようにする)方法

同じく詳細は上記ページを参照してください。

  1. トラブルシューティング ツールを実行する
  2. 「Windows 10 を入手する」の通知アイコンを非表示にする
  3. Windows Update 経由のアップグレードをブロックする
  4. パソコンを再起動する

 

以上。参考になれば幸いです。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • 2021年12月3日からUQ応援割実施中!くりこしプランM/L契約で18歳以下の子供や家族がお得に
  • SIMカードやeSIMのみ契約でau PAY残高最大1万円相当還元
  • スマホ契約時は最大2万2000円割引あり!他社に乗り換えならSIMフリー版を購入するよりも安い
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!

ahamoを他社から乗り換え+SIMカードで契約するとdポイント(期間・用途限定)7000pt還元還元!

ahamoに他社からのお乗り換えキャンペーン実施中!のページキャンペーンにエントリーして、ahamo公式サイトからドコモ以外の他社からahamoに乗り換えで、SIMカードまたはスマホを契約すると、dポイント(期間・用途限定)が7000ポイントが貰えるキャンペーンが実施されています。

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-OS, 解説
-, ,