UQモバイルでiPhoneを使う

UQモバイルでiPhone 12を使う方法・設定・乗り換え手順を解説

UQモバイルでiPhone 12を使う方法・設定・乗り換え手順を解説。

UQモバイル公式オンラインショップでSIMのみ契約でau PAY残高最大1万3000円相当キャッシュバック!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカードまたはeSIMをくりこしプラン+5GをプランS/M/Lで契約すると、au PAY残高最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンの詳細は【最新】UQモバイルキャッシュバックキャンペーンまとめを御覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

UQモバイルでSIMカードのみ契約して自分で用意したiPhone 12を使う手順

他社から乗り換え(povo2.0含む)+SIMカードのみ契約

  • ドコモ/ahamo、povo2.0、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換える
  • UQモバイルではSIMカードのみ契約する
  • SIMロックを解除したiPhone、SIMフリー版iPhoneを利用する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • au IDをあらかじめ作成してもいいが、UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中でau IDの新規登録ができるので、そっちでやるのがオススメ
  • SIMフリー版iPhone、またはSIMロック解除済みのキャリア版iPhoneを用意する
  • 今契約している携帯電話会社や格安SIMで、MNP予約番号を発行しておく
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンラインショップSIMカードを選び、「他社から乗りかえ(MNP)」を選択する
    povo2.0からUQモバイルに乗り換える人も「他社から乗りかえ(MNP)」を選択
  • あとは画面の指示に従ってUQモバイルの契約を完了させる
  • 数日でUQモバイルのSIMカードが手元に届く
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する
  • SIMカードを台紙から「nanoSIMサイズ」に取り外し、iPhoneにUQモバイルのSIMカードを入れて電源を入れる
  • iPhoneのアクティベーション(Apple IDとパスワードでログイン)を行う(無いときもある)
  • ホーム画面が表示されたら電源を切って再起動する
  • iOSバージョンが最新であることを確認する
  • iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は削除する
  • iPhoneにUQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールする
    iPhoneの機種によっては不要なことがある
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • UQ mobileポータルアプリをインストールしておく。初期設定の手順の中でau IDが新規登録可能なので絶対にやること
  • キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たすために、au PAYのインストールをしてau PAYが使える状態にしておく

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

step
1
au IDを先に作るか後に作るか決める

UQモバイルのSIMカードを申し込むときに、「au IDをお持ちでない方」、「au IDをお持ちの方」という選択肢が表示されますが、別にau IDを持っていなくてもUQモバイルは申し込めます。

「au IDをお持ちでない方」を選んでも、途中で「au IDに登録しろ!」なんて画面は表示されません。

au IDは、UQモバイルが開通してからUQ mobileポータルアプリをスマホにインストールして、アプリの初期設定の手順の中でau IDの新規登録ができます。

au IDをあらかじめ作成したい人向け解説

au IDはau未契約でも新規取得できますか?| よくあるご質問 | サポート | auや、au IDの新規登録手順ガイドを参考にして、au IDを新規登録してください。

step
2
iPhoneのSIMロックを解除する

ドコモ/ahamo、au、ソフトバンク/ワイモバイルなどのキャリアで購入したiPhoneをUQモバイルで利用する場合は、UQモバイル契約前にSIMロック解除手続きをしてください。

楽天モバイルのiPhoneはSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されているので、SIMロック解除は不要です。

UQモバイルはSIMフリー版iPhone、SIMロックを解除したキャリア版iPhoneであれば、絶対に利用できるのでご安心ください。

なお、2021年10月1日以降に新たに販売されるiPhoneは、どのキャリアもSIMロック無しのSIMフリー状態で販売されています。

これはなぜかというと、総務省のガイドラインで「2021年10月1日以降に新たに発売される端末は、正当な理由がない限り、SIMロックを設定せずに販売すること」を義務付けたからです。

iPhone 13シリーズは各キャリアから2021年9月24日に発売されましたが、このガイドラインを先取りして、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

step
3
今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する

ドコモ/ahamo、povo2.0、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換えるときは、MNP予約番号が必要です。

今契約している携帯電話会社や格安SIMで、MNP予約番号を発行してください。格安SIMのなかにはMNP予約番号の発行に数日かかるところがあるので注意してください。

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間あり、UQモバイル公式オンラインショップで申し込むときは、MNP予約番号の取得日から5日以内に申し込んでください。

step
4
SIMカードを「他社から乗りかえ」で申し込む

iPhoneのSIMロックを解除して、クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意したら、UQモバイル公式オンラインショップからSIMカードを申し込んでください。

「au IDをお持ちでない方」を選んでも、SIMカードは問題なく契約できるのでご安心ください。UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中でau IDを新規登録できます。

UQモバイル公式オンラインショップで申し込む場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上必要となります。

申し込み及び本人確認終了後、本人確認書類に記載された住所宛に最短翌日でSIMカードが発送されます。

チェックリスト

契約方法は「他社から乗りかえ」を選択

  • ドコモ/ahamo
  • povo2.0
  • ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO
  • その他格安SIM

からUQモバイルに乗り換えるときは、契約方法は「他社から乗りかえ(MNP)」を選択してください。

4桁の「暗証番号」をメモする

申込画面で4桁の暗証番号を決める必要がありますが、これは各種手続き時、本人確認するときに必要な重要番号になるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中で、au IDを新規登録するときにも、途中でこの暗証番号の入力を求められます。

「ご注文内容確認用パスワード」が後で必要なのでメモしてください

申込画面で「ご注文内容確認用パスワード」を入力しますが、このパスワードはMNP転入時の回線切替手続きのときに入力を求められるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

au本家/povo1.0から乗り換え+SIMカードのみ契約

  • au本家やpovo1.0から乗り換えでUQモバイルを契約する
  • UQモバイルではSIMカードのみ契約する
  • SIMロックを解除したiPhone、SIMフリー版iPhoneを利用する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • au IDでログインできるか確認する。そのau IDはauやpovo1.0と紐付いているか確認する
  • SIMフリー版iPhone、またはSIMロック解除済みのキャリア版iPhoneを用意する
  • auやpovo1.0からUQモバイルに乗り換える場合は、MNP予約番号を取得しないでください!
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンラインショップSIMカードを選び、「au/povo1.0から乗りかえ」を選択する
  • あとは画面の指示に従ってUQモバイルの契約を完了させる
  • 数日でUQモバイルのSIMカードが手元に届く
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する
  • SIMカードを台紙から「nanoSIMサイズ」に取り外し、iPhoneにUQモバイルのSIMカードを入れて電源を入れる
    nanoSIMは一番小さいサイズのSIMカードなので、切り取りに失敗するこは絶対に無い
  • iPhoneのアクティベーション(Apple IDとパスワードでログイン)を行う(無いときもある)
  • ホーム画面が表示されたら電源を切って再起動する
  • iOSバージョンが最新であることを確認する
  • iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は削除する
    機種によってはこの時点でUQモバイル回線で通信できるようになります
  • iPhoneにUQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールする
    iPhoneの機種によっては不要なことがある
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
    この発信テストをしないと開通しないようなので注意してください
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

step
1
au IDでログインできるか確認する

au IDでログインできるか確認してください。また、そのau IDがau回線やpovo1.0回線と紐付いているものかどうかも確認してください。

au本家/povo1.0からUQモバイルに乗り換えるときは、申し込み時点でau IDのログインを求められます。

au IDを1個しか持っていない人なら問題ないですが、au回線/povo1.0回線と紐付いていないau IDだとすごい面倒なことになります。

step
2
iPhoneのSIMロックを解除する

auでiPhoneを購入したiPhoneを利用する場合でも、UQモバイル契約前にSIMロック解除手続きをしてください。

UQモバイルはSIMフリー版iPhone、SIMロックを解除したキャリア版iPhoneであれば、絶対に利用できるのでご安心ください。

なお、2021年10月1日以降に新たに販売されるiPhoneは、どのキャリアもSIMロック無しのSIMフリー状態で販売されています。

これはなぜかというと、総務省のガイドラインで「2021年10月1日以降に新たに発売される端末は、正当な理由がない限り、SIMロックを設定せずに販売すること」を義務付けたからです。

iPhone 13シリーズは各キャリアから2021年9月24日に発売されましたが、このガイドラインを先取りして、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

step
3
auやpovo1.0でMNP予約番号を発行しない!

au本家/povo1.0からUQモバイルに乗り換えるときは、MNP予約番号を発行しないでください。

【auから乗りかえ、povo1.0から乗りかえの方について】​

・こちらからお手続きください。「他社から乗りかえ※povo2.0からUQへの乗りかえ含む」からお手続きはおこなわないでください。

※MNP予約番号を取得して契約してしまいますと、お客様情報の引き継ぎがなされず、各種キャンペーンが適用されなくなりますので、ご注意ください。​

step
4
SIMカードを「au/povo1.0からのりかえ」で申し込む

 

iPhoneのSIMロックを解除して、クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意したら、UQモバイル公式オンラインショップからSIMカードを申し込んでください。

契約方法は「au/povo1.0」を選ぶ

UQモバイル公式オンラインショップで契約するときの契約方法は、「au/povo1.0から乗りかえ」を選択してください。

MNP予約番号を取得して契約すると、お客さま情報の引き継ぎがなされず、各種キャンペーンが適用されなくなるのでご注意ください。​

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

新規契約+SIMカードのみ契約

  • UQモバイルのSIMカードを新規契約する
  • 今契約している携帯電話会社や格安SIMは解約して、UQモバイルのSIMカードを新規契約する
  • UQモバイルのSIMカードを2回線目・サブ回線として新規契約して、iPhoneに入れて使いたい
  • もう使わないiPhoneを子供用スマホとして持たせたい

ときの手順は以下の通り。

手順

  • au IDをあらかじめ作成してもいいが、UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中でau IDの新規登録ができるので、そっちでやるのがオススメ
  • SIMフリー版iPhone、またはSIMロック解除済みのキャリア版iPhoneを用意する
    iPhone 13シリーズはキャリア版でもSIMフリーの状態で販売しているのでSIMロック解除は不要
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカードを【新規ご契約】で契約する
  • あとは画面の指示に従ってUQモバイルの契約を完了させる
  • 数日でUQモバイルのSIMカードが手元に届く
  • SIMカードを台紙から「nanoSIMサイズ」に取り外し、iPhoneにUQモバイルのSIMカードを入れて電源を入れる
  • iPhoneのアクティベーション(Apple IDとパスワードでログイン)を行う(無いときもある)
  • ホーム画面が表示されたら電源を切って再起動する
  • iOSバージョンが最新であることを確認する
  • iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は削除する
  • iPhoneにUQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールする
    iPhoneの機種によっては不要なことがある
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • UQ mobileポータルアプリをインストールしておく。初期設定の手順の中でau IDが新規登録可能なので絶対にやること
  • キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たすために、au PAYのインストールをしてau PAYが使える状態にしておく

SIMカードを新規契約するときは、SIMカードが手元に届いたらiPhoneに入れてAPN構成プロファイルをインストールし、発信テストをすると利用できるようになります。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

step
1
au IDを先に作るか後に作るか決める

UQモバイルのSIMカードを申し込むときに、「au IDをお持ちでない方」、「au IDをお持ちの方」という選択肢が表示されますが、別にau IDを持っていなくてもUQモバイルは申し込めます。

「au IDをお持ちでない方」を選んでも、途中で「au IDに登録しろ!」なんて画面は表示されません。

au IDは、UQモバイルが開通してからUQ mobileポータルアプリをスマホにインストールして、アプリの初期設定の手順の中でau IDの新規登録ができます。

特に理由が無いなら、UQ mobileポータルアプリ~でau IDを新規登録することをオススメします。

au IDをあらかじめ作成したい人向け解説

au IDはau未契約でも新規取得できますか?| よくあるご質問 | サポート | auや、au IDの新規登録手順ガイドを参考にして、au IDを新規登録してください。

step
2
iPhoneのSIMロックを解除する

ドコモ/ahamo、au、ソフトバンク/ワイモバイルなどのキャリアで購入したiPhoneをUQモバイルで利用する場合は、UQモバイル契約前にSIMロック解除手続きをしてください。

楽天モバイルのiPhoneはSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されているので、SIMロック解除は不要です。

UQモバイルはSIMフリー版iPhone、SIMロックを解除したキャリア版iPhoneであれば、絶対に利用できるのでご安心ください。

なお、2021年10月1日以降に新たに販売されるiPhoneは、どのキャリアもSIMロック無しのSIMフリー状態で販売されています。

これはなぜかというと、総務省のガイドラインで「2021年10月1日以降に新たに発売される端末は、正当な理由がない限り、SIMロックを設定せずに販売すること」を義務付けたからです。

iPhone 13シリーズは各キャリアから2021年9月24日に発売されましたが、このガイドラインを先取りして、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

step
3
SIMカードを「新規ご契約」で申し込む

iPhoneのSIMロックを解除して、クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを用意したら、UQモバイル公式オンラインショップからSIMカードを申し込んでください。

「au IDをお持ちでない方」を選んでも、SIMカードは問題なく契約できるのでご安心ください。UQ mobileポータルアプリの初期設定の手順の中でau IDを新規登録できます。

申し込み及び本人確認終了後、本人確認書類に記載された住所宛に最短翌日でSIMカードが発送されます。

契約方法は、「新規ご契約」を選ぶ

SIMカードを契約するときは、もちろん「新規ご契約」を選択してください。

UQモバイルでeSIMのみ契約して自分で用意したiPhone 12を使う手順

他社から乗り換え(povo2.0含む)+eSIMのみ契約

  • ドコモ/ahamo/ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO/楽天モバイル/格安SIMからUQモバイルに乗り換える
  • eSIMのみ契約する
  • SIMロックを解除したeSIM対応iPhone、SIMフリー版のeSIM対応iPhoneを利用する

ときの手順は以下の通り。

iPhoneのeSIM機能は、iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR以降のiPhoneで利用できます。UQモバイルで動作確認されていないiPhoneでも問題なく利用できます。

手順

  • au IDを作成する
  • eSIMに対応しているSIMフリー版iPhone、またはSIMロック解除済みのキャリア版eSIM対応iPhoneを用意する
  • 今契約している携帯電話会社や格安SIMで、MNP予約番号を発行しておく
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  • スマホからUQモバイル公式オンラインショップにアクセスする
  • eSIMを選んでau IDでログインし、契約方法は【他社から乗りかえ(MNP)】で契約する
    povo2.0からUQモバイルに乗り換える人も「他社から乗りかえ(MNP)」を選択
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  • UQ mobileポータルアプリをダウンロードして、au IDを使ってログインする
  • UQ moboleポータルアプリを使って、eSIM開通手続き・eSIMプロファイルのダウンロードをする
  • SIMカードとeSIMのデュアルSIMで使う場合は、「この回線をオンにする」をオンにする
  • iOSバージョンが最新であることを確認する
  • iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は削除する
  • iPhoneにUQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールする
    iPhoneの機種によっては不要なことがある
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始
  • キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たすために、au PAYのインストールをしてau PAYが使える状態にしておく

eSIMをiPhoneにインストールするときは、UQ mobileポータルアプリが便利です。eSIMをインストールしたいiPhone1台だけあれば作業が完結します。

なお、eSIMをインストールするときはWi-Fi環境が必須です。Wi-Fi環境が無い人はカフェとかコンビニに行ってください。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

step
1
au IDを作成する

eSIMを契約するときはUQモバイルを申し込むときにau IDが必要になります。au IDはau回線を契約していない人でも新規登録できます。

au IDはau未契約でも新規取得できますか?| よくあるご質問 | サポート | auや、au IDの新規登録手順ガイドを参考にして、au IDを新規登録してください。

step
2
iPhoneのSIMロックを解除する

ドコモ/ahamo、au、ソフトバンク/ワイモバイルなどのキャリアで購入したiPhoneをUQモバイルで利用する場合は、UQモバイル契約前にSIMロック解除手続きをしてください。

eSIMを利用する場合でも、SIMロック解除手続きは絶対に必要です。

楽天モバイルのiPhoneはSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されているので、SIMロック解除は不要です。

UQモバイルはSIMフリー版iPhone、SIMロックを解除したキャリア版iPhoneであれば、絶対に利用できるのでご安心ください。

なお、2021年10月1日以降に新たに販売されるiPhoneは、どのキャリアもSIMロック無しのSIMフリー状態で販売されています。

これはなぜかというと、総務省のガイドラインで「2021年10月1日以降に新たに発売される端末は、正当な理由がない限り、SIMロックを設定せずに販売すること」を義務付けたからです。

iPhone 13シリーズは各キャリアから2021年9月24日に発売されましたが、このガイドラインを先取りして、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

step
3
今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する

ドコモ/ahamo、povo2.0、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換えるときは、MNP予約番号が必要です。

今契約している携帯電話会社や格安SIMで、MNP予約番号を発行してください。格安SIMのなかにはMNP予約番号の発行に数日かかるところがあるので注意してください。

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間あり、UQモバイル公式オンラインショップで申し込むときは、MNP予約番号の取得日から5日以内に申し込んでください。

step
4
スマホからeSIMを「他社から乗りかえ」で申し込む

iPhoneのSIMロックを解除して、クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意してください。

用意できたら、スマホからUQモバイル公式オンラインショップにアクセスして、eSIMを申し込んでください。

eSIMはパソコンからは申し込みできません。スマホからアクセスしてください。

UQモバイル公式オンラインショップで申し込む場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上必要となります。

契約方法は「他社から乗りかえ」を選択

  • ドコモ/ahamo
  • povo2.0
  • ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO
  • その他格安SIM

からUQモバイルに乗り換えるときは、契約方法は「他社から乗りかえ(MNP)」を選択してください。

4桁の「暗証番号」をメモする

申込画面で4桁の暗証番号を決める必要がありますが、これは各種手続き時、本人確認するときに必要な重要番号になるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

「ご注文内容確認用パスワード」が後で必要なのでメモしてください

申込画面で「ご注文内容確認用パスワード」を入力しますが、このパスワードはMNP転入時の回線切替手続きのときに入力を求められるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

au本家/povo1.0から乗り換え+eSIMのみ契約

  • au/povoからUQモバイルに乗り換える
  • eSIMのみ契約する
  • SIMロックを解除したeSIM対応iPhone、SIMフリー版のeSIM対応iPhoneを利用する

ときの手順は以下の通り。

iPhoneのeSIM機能は、iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR以降のiPhoneで利用できます。UQモバイルで動作確認されていないiPhoneでも問題なく利用できます。

手順

  1. au IDを持っていない場合は取得する。au IDを持っている場合はちゃんとログインできるか確認する
  2. eSIMに対応しているSIMフリー版iPhone、またはSIMロック解除済みのキャリア版iPhoneを用意する
    iPhone 13シリーズ以降はキャリア版でもSIMフリーの状態で販売しているのでSIMロック解除は不要
  3. auやpovoではMNP予約番号を発行しない!絶対に発行しないでください!
  4. クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  5. UQモバイル公式オンラインショップで、eSIMを【au/povo1.0から乗りかえ】で契約する
  6. 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する(MNP転入時のみ)
  7. eSIM開通手続き・eSIMプロファイルのダウンロードをする
  8. SIMカードとeSIMのデュアルSIMで使う場合は、「この回線をオンにする」をオンにする
  9. iOSバージョンが最新であることを確認する
  10. iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は削除する
  11. iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールする(不要かも)
  12. 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了(発信テストをしないと開通しない模様)
  13. Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始

auやpovoから乗り換え時はMNP予約番号を取得すると、お客様情報の引き継ぎがされず、各種キャンペーンが適用されなくなるので注意してください。

また、auやpovoからUQモバイルに乗り換える場合は、UQモバイル公式オンラインショップで実施しているキャッシュバックキャンペーンの適用対象外になるので注意してください。

新規契約+eSIMのみ契約

  • UQモバイルのeSIMを新規契約する
  • SIMロックを解除したeSIM対応iPhone、SIMフリー版のeSIM対応iPhoneを利用する
  • UQモバイルのeSIMを2回線目・サブ回線として契約して、iPhoneにインストールして使う

ときの手順は以下の通り。

iPhoneのeSIM機能は、iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR以降のiPhoneで利用できます。UQモバイルで動作確認されていないiPhoneでも問題なく利用できます。

eSIMをiPhoneにインストールするときは、UQ mobileポータルアプリが便利です。eSIMをインストールしたいiPhone1台だけあれば作業が完結します。

なお、eSIMをインストールするときはWi-Fi環境が必須です。Wi-Fi環境が無い人はカフェとかコンビニに行ってください。

手順

  1. au IDを持っていない場合は取得する。au IDを持っている場合はちゃんとログインできるか確認する
  2. eSIMに対応しているSIMフリー版iPhone、またはSIMロック解除済みのキャリア版iPhoneを用意する
    iPhone 13シリーズ以降はキャリア版でもSIMフリーの状態で販売しているのでSIMロック解除は不要
  3. クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
  4. UQモバイル公式オンラインショップで、eSIMを【新規ご契約】で契約する
  5. eSIM開通手続き・eSIMプロファイルのダウンロードをする
  6. SIMカードとeSIMのデュアルSIMで使う場合は、「この回線をオンにする」をオンにする
  7. iOSバージョンが最新であることを確認する
  8. iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は削除する
  9. iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールする(不要かも)
  10. 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了(発信テストをしないと開通しない模様)
  11. Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

step
1
au IDを作成する

eSIMを契約するときはUQモバイルを申し込むときにau IDが必要になります。au IDはau回線を契約していない人でも新規登録できます。

au IDはau未契約でも新規取得できますか?| よくあるご質問 | サポート | auや、au IDの新規登録手順ガイドを参考にして、au IDを新規登録してください。

step
2
iPhoneのSIMロックを解除する

ドコモ/ahamo、au、ソフトバンク/ワイモバイルなどのキャリアで購入したiPhoneをUQモバイルで利用する場合は、UQモバイル契約前にSIMロック解除手続きをしてください。

eSIMを利用する場合でも、SIMロック解除手続きは絶対に必要です。

楽天モバイルのiPhoneはSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されているので、SIMロック解除は不要です。

UQモバイルはSIMフリー版iPhone、SIMロックを解除したキャリア版iPhoneであれば、絶対に利用できるのでご安心ください。

なお、2021年10月1日以降に新たに販売されるiPhoneは、どのキャリアもSIMロック無しのSIMフリー状態で販売されています。

これはなぜかというと、総務省のガイドラインで「2021年10月1日以降に新たに発売される端末は、正当な理由がない限り、SIMロックを設定せずに販売すること」を義務付けたからです。

iPhone 13シリーズは各キャリアから2021年9月24日に発売されましたが、このガイドラインを先取りして、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

step
3
スマホからeSIMを「新規ご契約で申し込む

iPhoneのSIMロックを解除して、クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを用意してください。

用意できたら、スマホからUQモバイル公式オンラインショップにアクセスして、eSIMを申し込んでください。

eSIMはパソコンからは申し込みできません。スマホからアクセスしてください。

契約方法は「新規ご契約」を選択

eSIMを新規契約するときは、「新規ご契約」を選択してください。

4桁の「暗証番号」をメモする

申込画面で4桁の暗証番号を決める必要がありますが、これは各種手続き時、本人確認するときに必要な重要番号になるので、忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

「ご注文内容確認用パスワード」もメモする

申込画面で「ご注文内容確認用パスワード」を入力しますが、こちらも忘れないようにしっかりメモをしておきましょう。

UQモバイルの詳細はこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

UQモバイルのSIMやスマホの詳細はこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

UQモバイルでiPhone 12を使うときの基礎知識

UQモバイルではiPhone 12を販売しています

UQモバイルではiPhone 12を販売しています。iPhone 12をSIMカードまたはeSIMとのセットで契約することができます。

故障紛失サポート with AppleCare Servicesも提供されているので保証面も安心です。

Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesの製品保証を4年間提供。
更に紛失・盗難時に電話またはWEBでお申し込みいただくと新品同等品をお届けする補償もあわせて提供。

※本サービスの加入はiPhoneのご購入時のお申し込みに限ります。退会された場合、次回のiPhone購入時まで再加入できません。

故障紛失サポート with AppleCare Services│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

iPhone 12はSIMカードとeSIMでデータ通信・音声通話・SMS送受信・テザリングが使えます

データ通信音声通話
SMS
テザリング
SIMフリー版
iPhone 12
ドコモ版
iPhone 12
au版
iPhone 12
ソフトバンク版
iPhone 12
ワイモバイル版
iPhone 12
楽天モバイル版
iPhone 12

SIMフリー版/ドコモ版/au版/ソフトバンク版/ワイモバイル版/楽天モバイル版iPhone 12は、UQモバイルのSIMカードやeSIMで音声通話・データ通信・SMS送受信・テザリングが可能です。

2018年10月31日より、すべてのiPhoneでテザリングができるようになっています。また、テザリングを利用するための月額料金は無料です。

一昔前までは、「UQモバイルに乗り換えるとiPhoneでテザリングができない!」と怒っておられる方もいらっしゃいましたが、今はテザリングOKです。

iPhone 12は5Gに対応

iPhone 12は5G通信に対応しています。

UQモバイルの5Gサービスを利用するためには、2021年9月2日から提供開始されている「くりこしプラン 5G」での契約が必要です。

くりこしプラン5Gを契約して、5Gに対応したスマホを用意することで、初めてUQモバイルで5Gで通信できるようになります。

iPhone 12はeSIM対応。UQモバイルのeSIMが利用可能

iPhone 12はeSIMに対応しています。

UQモバイルでは2021年9月2日からeSIMサービスの提供が開始されています。iPhone 12は同日時点でeSIMの動作確認が実施されています。

なお、動作確認はされていないeSIM対応iPhoneであっても、SIMロックを解除していればiPhoneにeSIMをインストールして利用できるのでご安心ください。

UQモバイルで提供されている有料メールアドレス「○○○@uqmobile.jp」が利用可能

iPhone 12は、UQモバイルで有料で提供されているメールアドレス「○○○@uqmobile.jp」が利用可能です。

もちろんGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスも利用できます。

UQモバイルでは自分で調達したiPhoneに対してかけられる補償サービスはありません

SIMカードのみを契約する人は契約時のみ端末補償サービスに加入することができますが、その端末補償サービスはiPhoneは補償の対象外になっています。

SIMフリー版iPhoneを購入してUQモバイルを契約するなら、Apple Storeなどで購入するときにApple Care+に加入しておくことをオススメします。

iPhoneのSIMサイズは「nanoSIM」です。SIMカードは「nanoSIM」サイズに切り取って使います

UQモバイル公式オンラインショップでは「SIMカード」を選んで契約してください。

契約時にSIMカードの大きさの選択肢はありません。

UQモバイルで提供されているSIMカードは「マルチSIM」といって、1枚のSIM台紙から複数のSIMサイズに切り取って使えるようになっています。

SIMカードが手元に届いたら、「nanoSIM」サイズに切り取ってiPhoneに入れてください。

iPhoneのSIMサイズは、iPhone 5シリーズからずっとnanoSIMです。

nanoSIMはSIMカードのなかでは一番小さいSIMサイズなので、SIMカードを切り取るときに失敗することは絶対にありません。

UQモバイルのAPN構成プロファイルのインストールが必要

iPhone 12は、UQモバイルの動作確認情報を見ると、iOS 15.2ではAPN構成プロファイルのインストールは「必要」と書かれています。(2022年1月2日時点)

UQモバイルのAPN構成プロファイルをインストールしてください。

APN構成プロファイルのインストールはインターネット経由で行います。Wi-Fiなどに接続してからおこなってください。

なお、今後iOSバージョンやキャリア設定アップデートにより、APN構成プロファイルのインストールをしなくても利用できるようになる可能性があります。

UQモバイル開通後、iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがインストールされているなら削除

もしもUQモバイルの前に、

  • ワイモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • BIGLOBEモバイルなどの格安SIM

などを利用していて、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしている場合は、APN構成プロファイルを削除してください。

「○○からUQモバイルに乗りかえたけどiPhoneが圏外になる!」とか、「○○では問題なく使えたのにUQモバイルでは使えなくなった!」とか言ってる人は、確実に他社のAPN構成プロファイルがiPhoneに残っています。

APN構成プロファイルの削除手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  4. 他社のAPN構成プロファイルをタップ
  5. 「プロファイルを削除」をタップ
  6. パスコードの入力を求められた場合は、画面に従って入力
  7. 「削除」を選択
  8. 削除完了

UQモバイルのSIMカードを初めて入れると「アクティベーション」を求められることがある

ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイルなどのキャリアで購入して、SIMロックを解除手続きをしたiPhoneに、UQモバイルのSIMカードを入れて初めて電源をオンにしたとき、「アクティベーション」を求められることがあります。

アクティベーションを求められた画面の指示に従ってらApple IDとパスワードを入力してサインインしてください。サインイン後ホーム画面に移動したら、iPhoneの電源を切って再起動するとアクティベーション完了です。

再起動しないと通話が終了できなくなる可能性があるので、必ず実施してください。

UQモバイルのSIMやスマホの詳細はこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

キャリアで購入したiPhoneはSIMロック解除は必要?

購入したキャリアSIMロックの解除が必要?不要?
SIMフリーSIMフリーなので不要
ドコモ/ahamo絶対に必要
auSIMロック解除不要だが
契約前に解除を強く推奨
ソフトバンク絶対に必要
ワイモバイル絶対に必要
楽天モバイルSIMフリーなので不要

SIMカードを使うときも、eSIMを使うときSIMロック解除は絶対に必要です!

UQモバイルのeSIMを契約してiPhoneにインストールして使うときでも、SIMロック解除は絶対に必要です。

物理SIMカードではなくeSIMだからSIMロック解除はしなくていい、なんてことはありません。絶対にSIMロック解除してください。

SIMフリー版/楽天モバイル版は、SIMロック解除しなくてもUQモバイルのSIMが利用可能

  • SIMフリー版iPhone 12
  • 楽天モバイル版iPhone 12

に、UQモバイルのSIMカードを入れて利用する/eSIMをインストールして利用する場合は、SIMロック解除不要で利用できます。

楽天モバイル版iPhone 12は、最初からSIMロックなしのSIMフリーの状態で販売されています。

au版はSIMロックを解除しなくてもUQモバイルが利用できるが、UQモバイル契約前にSIMロック解除を強く推奨

2017年8月1日以降に販売されたauスマートフォンにau回線系格安SIMを挿して使う場合は、iPhoneのSIMロックを解除しなくてもau系格安SIMが利用できます。

iPhone 12は2020年10月14日に発売されています。UQモバイルはau回線を使用した格安SIMです。

ですが、私はUQモバイルを契約する前にiPhoneのSIMロック解除を強く推奨します。

それはなぜかというと、iPhone XSのSIMロックを解除すればドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線/楽天モバイル回線にフル対応するからです。

将来UQモバイルからワイモバイル、楽天モバイルなどの他社に乗り換えたくなったときにスムーズに乗り換えられます。キャリア解約後にSIMロック解除をしようとすると面倒なので、解約しているうちにSIMロックを解除しましょう。

ドコモ/ソフトバンク/ワイモバイル版は、UQモバイル契約前にSIMロックの解除が絶対に必要

  • ドコモ版iPhone 12
  • ソフトバンク版iPhone 12
  • ワイモバイル版iPhone 12

に、UQモバイルのSIMカードを入れて利用する/eSIMをインストールして利用する場合は、UQモバイルを契約する前にiPhoneのSIMロック解除が絶対に必要です。

UQモバイルを契約する前に、My docomoやMy SoftBankでiPhoneのSIMロックを解除してください。

SIMロックを解除していないドコモ版/ソフトバンク版/ワイモバイル版iPhoneにUQモバイルのSIMカードを入れても、「SIMが無効です」と表示されます。

UQモバイルのiPhoneを【SIMカード】とセットで契約するときの手順

iPhoneをSIMカードとセットで契約+他社から乗り換えで契約(povo2.0含む)

  • ドコモ/ahamo/、povo2.0、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換える
  • UQモバイルで販売しているiPhone 11, iPhone SE(第2世代), iPhone 12, iPhone 12 miniを契約する
  • SIMカードで契約する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • au IDを持っていない場合は取得する。au IDを持っている場合はちゃんとログインできるか確認する
  • 今の携帯電話会社でMNP予約番号を発行しておく
    格安SIMのなかにはMNP予約番号の発行に数日かかるところもあるので注意
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを揃える
    povo2.0はMNP予約番号の発行が必要です
  • UQモバイル公式オンライショップにアクセスして、契約したいiPhoneの「お申し込み」ボタンを押す
  • 容量とカラーは好きなものを選び、契約方法は【他社から乗りかえ(MNP)】を選択する
    povo2.0からUQモバイルに乗り換える人も「他社から乗りかえ(MNP)」を選択
  • 「ご利用SIM」では、【SIMカード】を選択する
  • 申し込み時点でSIMロック解除もできるので、SIMロック解除を申し込んでおく
  • 数日でUQモバイルのSIMカードとiPhoneのセットが手元に届く
  • SIMカードを台紙から「nanoSIMサイズ」に取り外し、iPhoneにUQモバイルのSIMカードを入れて電源を入れる
    nanoSIMは一番小さいサイズのSIMカードなので、切り取りに失敗するこは絶対に無い
  • iPhoneのアクティベーション・初期設定・データ移行を行い、iPhoneが使える状態にする
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する
  • 回線切り替えが完了すると、iPhoneが圏外表示から「UQ mobile」と表示されるようになる
  • APN構成プロファイルをインストールする(不要かも)
  • iOSバージョンが最新であることを確認する
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
    この発信テストをしないと開通しないようなので注意してください
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始

他社からUQモバイルに乗り換えはMNP予約番号が必要、契約方法は「他社から乗りかえ(MNP)」を選択

  • ドコモ/ahamo、povo2.0、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからUQモバイルに乗り換える人

は、今契約している携帯電話会社・格安SIMでMNP予約番号を発行してください。

UQモバイル公式オンラインショップで契約するときの契約方法は、「他社から乗りかえ(MNP)」を選択してください。

ご利用SIMとSIMロック解除について

UQモバイルでiPhoneとSIMカードのセットを契約する場合は、「ご利用SIM」では、【SIMカード】を選択してください。

iPhoneのSIMロック解除については、「SIMロック解除(ご希望の方)の右にある「+」を押すとメニューが展開され、「申し込む」「申し込まない」の選択肢が表示されるようになります。

契約時に申し込むと通常よりも手元に届くまでの日数がかかってしまうことがあるので、後からSIMロック解除をすることをオススメします。

UQモバイルの支払い方法がクレジットカードの場合は、購入当日からSIMロック解除が可能です。

iPhoneをSIMカードとセットで契約+au本家/povo1.0から乗り換えで契約

  • au本家やpovo1.0からUQモバイルに乗り換える
  • UQモバイルで販売しているiPhone 11, iPhone SE(第2世代), iPhone 12, iPhone 12 miniを契約する
  • SIMカードで契約する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • au IDを持っていない場合は取得する。au IDを持っている場合はちゃんとログインできるか確認する
  • auやpovo1.0ではMNP予約番号を絶対に発行しないでください!
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンライショップにアクセスして、契約したいiPhoneの「お申し込み」ボタンを押す
  • 容量とカラーは好きなものを選び、契約方法は【auから乗りかえ】を選択する
  • 「ご利用SIM」では、【SIMカード】を選択する
  • 申し込み時点でSIMロック解除もできるので、SIMロック解除を申し込んでおくのもよい
    UQモバイルの支払い方法がクレジットカードの場合は、購入当日からSIMロック解除が可能
  • 数日でUQモバイルのSIMカードとiPhoneのセットが手元に届く
  • SIMカードを台紙から「nanoSIMサイズ」に取り外し、iPhoneにUQモバイルのSIMカードを入れて電源を入れる
    nanoSIMは一番小さいサイズのSIMカードなので、切り取りに失敗するこは絶対に無い
  • iPhoneのアクティベーション・初期設定・データ移行を行い、iPhoneが使える状態にする
  • 9時から21時15分までの間に、WEBサイトまたは電話で回線切替を実施する
  • 回線切り替えが完了すると、iPhoneが圏外表示から「UQ mobile」と表示されるようになる
  • APN構成プロファイルをインストールする(不要かも)
  • iOSバージョンが最新であることを確認する
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
    この発信テストをしないと開通しないようなので注意してください
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始

au/povo1.0からUQモバイルに乗り換えはMNP予約番号は不要、契約方法は「au/povo1.0」を選ぶ

auやpovo1.0からUQモバイルに乗り換える場合は、MNP予約番号の発行は不要です。

UQモバイル公式オンラインショップで契約するときの契約方法は、「au/povo1.0から乗りかえ」を選択してください。

MNP予約番号を取得して契約すると、お客さま情報の引き継ぎがなされず、各種キャンペーンが適用されなくなるのでご注意ください。​

ご利用SIMとSIMロック解除について

UQモバイルでiPhoneとSIMカードのセットを契約する場合は、「ご利用SIM」では、【SIMカード】を選択してください。

iPhoneのSIMロック解除については、「SIMロック解除(ご希望の方)の右にある「+」を押すとメニューが展開され、「申し込む」「申し込まない」の選択肢が表示されるようになります。

契約時に申し込むと通常よりも手元に届くまでの日数がかかってしまうことがあるので、後からSIMロック解除をすることをオススメします。

UQモバイルの支払い方法がクレジットカードの場合は、購入当日からSIMロック解除が可能です。

iPhoneをSIMカードとセットで契約+新規契約

手順

  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  • UQモバイル公式オンライショップにアクセスして、契約したいiPhoneの「お申し込み」ボタンを押す
  • 容量とカラーは好きなものを選び、契約方法は【新規ご契約】を選択する
  • 「ご利用SIM」では、【SIMカード】を選択する
  • 申し込み時点でSIMロック解除もできるので、SIMロック解除を申し込んでおくのもよい
    UQモバイルの支払い方法がクレジットカードの場合は、購入当日からSIMロック解除が可能
  • 数日でUQモバイルのSIMカードとiPhoneのセットが手元に届く
  • iPhoneのアクティベーション・初期設定・データ移行を行い、iPhoneが使える状態にする
  • SIMカードを台紙から取り外し、iPhoneにSIMカードを入れて電源を入れる
  • APN構成プロファイルをインストールする(不要かも)
  • iOSバージョンが最新であることを確認する
  • 発信テスト用番号(111)へ発信し、「接続試験は終了です、ありがとうございました。」とアナウンスが聞こえたら正常に終了
    この発信テストをしないと開通しないようなので注意してください
  • Wi-Fiをオフにして、電話やWebサイトが見れることを確認して利用開始

新規契約するときは回線切替手続きは不要ですが、発信用テスト番号に発信しないと開通しないようなので注意してください。

ご利用SIMとSIMロック解除について

UQモバイルでiPhoneとSIMカードのセットを契約する場合は、「ご利用SIM」では、【SIMカード】を選択してください。

iPhoneのSIMロック解除については、「SIMロック解除(ご希望の方)の右にある「+」を押すとメニューが展開され、「申し込む」「申し込まない」の選択肢が表示されるようになります。

契約時に申し込むと通常よりも手元に届くまでの日数がかかってしまうことがあるので、後からSIMロック解除をすることをオススメします。

UQモバイルの支払い方法がクレジットカードの場合は、購入当日からSIMロック解除が可能です。

 

UQモバイルやApple Storeなどで新しく購入したiPhoneを使うときのポイント

  • UQモバイルから2021年9月30日までに販売されたiPhoneはSIMロックあり
  • データ移行はクイックスタート機能を使えばめちゃくちゃ簡単。iPhoneだけで完結
  • クイックスタート機能は新旧iPhoneのiOSバージョンを揃える必要がある
  • ほとんどのデータは移行されるが、LINEのトーク履歴、2段階認証アプリ(Google Authenticator等)、銀行アプリ、Suicaやウォレット等は注意!

UQモバイルから2021年9月30日までに販売されたiPhoneはSIMロックあり

UQモバイルから2021年9月30日までに発売されたiPhoneは、SIMロックがかかっています。他社SIMカードを入れて利用する場合はSIMロック解除手続きが必要です。

2021年10月1日以降に新たに発売されるiPhoneは、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売されているので、SIMロック解除手続きは不要です。

データ移行はクイックスタート機能を使えばめちゃくちゃ簡単。iPhoneだけで完結

古いiPhoneから新しいiPhoneのデータ移行は難しいと思っていませんか?そんなことはないんです。めちゃくちゃ簡単になりました。

iOSの機能として用意されている「クイックスタート機能」を使うことで、いちいちパソコンを使ったりせずにiPhoneだけでデータ移行が完了します。

クイックスタート機能はiOS 12.4から登場した新しいデータ移行方法です。

新しいiPhoneの電源を入れて、古いiPhoneの近くに置くと、古いiPhoneの画面に「新しいiPhoneを設定」という画面が表示されます。あとは画面の指示に従って初期設定していけばOKです。

私も昔はパソコンとiTunesを使ってバックアップを取ってから新しいiPhoneにデータ移行していましたが、クイックスタート機能が出てきてからはもうクイックスタート機能しか使っていません。

クイックスタート機能は新旧iPhoneのiOSバージョンを揃える必要がある

クイックスタート機能を使うときの注意点としては、古いiPhoneと新しいiPhoneでiOSバージョンを揃える必要があります。

  • 今使っているiPhoneのiOSバージョンがiOS 15.2
  • 新しいiPhoneのiOSバージョンがiOS 15.1

だと、クイックスタートを使ってデータ移行している途中でiOSのソフトウェア・アップデートが始まってしまいます。

このソフトウェア・アップデートがウンザリするくらい長いです。一生終わらないんじゃないかってレベルで長いです。

この問題を回避するときは、以下の方法が有効です。

  1. 新iPhoneは、一度データ移行などをせずに全く新しいiPhoneとして設定を完了させる
  2. ソフトウェア・アップデートをして最新バージョンにする
  3. iPhoneをリセットする。データなどはリセットされるが、iOSバージョンはリセットされず最新バージョンのまま

ほとんどのデータは移行されるが、LINEのトーク履歴、2段階認証アプリ(Google Authenticator等)、銀行アプリ、Suicaやウォレット等は注意!

LINEのトーク履歴

LINEのトーク履歴をバックアップしてください。このとき、LINEのアカウント画面でメールアドレスやパスワードを登録していない人は登録してください。

端末のキャリアが使っても使い続けられるYahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスを使って登録することをオススメします。

2段階認証アプリ

Google Ahthenticatorなどの2段階認証アプリは手動でアカウントのエクスポートが必要なようです。

古いiPhoneで「アカウントのエクスポート」を選択してQRコードを表示させて、新しいiPhoneでQRコードをスキャンする必要があります。

銀行アプリ

銀行アプリの中には、古いiPhoneで「で引き継ぎ用ID」とか、「再発行用パスワード」の発行が必要なことがあります。

「銀行名 アプリ 機種変更」とかで検索して確認してください。

Suica/ウォレット類

Suicaを引き継ぐときは手動で作業が必要です。

ウォレットに登録されているクレジットカードなども、セキュリティコードの再入力を求められます。

Apple PayのSuicaは、同じApple IDでサインインした別のiOS/watchOS端末(Suica対応機種)に移行できます。この操作において、ご不明な点やお困りの場合は、Apple Careにてサポートをお受けください。
【手順⓪端末の変更・交換操作の前にご確認いただくこと】
  • 新旧端末が、同じApple IDでサインインされていること。
【手順①Suicaの移行手順】
  1. 旧端末(iPhone又はApple Watch)でWalletアプリを起動し、移行したいSuicaを削除(サーバに退避されます)
  2. 新端末(iPhone)でWalletアプリを起動し、サーバに退避されたSuicaを再設定
  3. Apple Watchに設定の場合は、Watchアプリを起動し移行操作
  4. 新端末でSuicaアプリケーションを起動し、Suicaパスワードでログイン ※パスワードを忘れた方はコチラ
故障・紛失等により、手順1.でSuicaをサーバ退避できない場合、代わりにSuicaの再発行登録を行います(再発行登録を行った場合、新端末でSuicaを再設定できるのは翌日5時以降です)。
エクスプレス予約連携サービスをご利用の場合は、エクスプレス予約連携サービスの再設定もお済ませください。

 

UQモバイルのSIMやスマホの詳細はこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

UQモバイル公式オンラインショップでSIMのみ契約でau PAY残高最大1万3000円相当キャッシュバック!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカードまたはeSIMをくりこしプラン+5GをプランS/M/Lで契約すると、au PAY残高最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンの詳細は【最新】UQモバイルキャッシュバックキャンペーンまとめを御覧ください。

対象SIMやスマホをチェック!

UQモバイル公式

ボタンを押すと【公式オンラインショップ】TOPページに移動します

-UQモバイルでiPhoneを使う