Intelのデスクトップ向け第8世代CPU「Coffee Lake-S」はLGA1151ながらも互換性は無し、旧世代からの載せ替えは不可

投稿日:2017/09/25 更新日:

Intel

Intelのデスクトップ向け第8世代CPU「Coffee Lake-S」はLGA1151ながらも互換性は無し、旧世代からの載せ替えは不可。

ソケットはLGA1151だけど互換性はない

Intelのデスクトップ向け第8世代CPU「Coffee Lake-S」は、第7世代CPU「Kaby Lake」および第6世代CPU「Skylake」と同様に、CPUソケットがLGA1151ですが、電源設計が刷新されており、既存のIntel 200シリーズのチップセットを搭載するマザーボード、Intel 100シリーズのチップセットを搭載するマザーボードとの互換性はありません。

Coffee Lake-SはIntel Z370, H370, B360, H310チップセットを搭載するマザーボードにだけ搭載できます。ここで特徴をまとめておきましょう。

コードネームCoffee Lake-SKaby LakeSkylake
世代第8世代第7世代第6世代
ソケット形状LGA1151LGA1151LGA1151
【対応しているチップセット】
Intel Z370××
Intel H370××
Intel B360××
Intel H310××
Intel Z270×
Intel H270×
Intel B250×
Intel Z170×
Intel H170×
Intel B250×
Intel H110×
【互換性】Kaby Lake, Skylakeとの互換性は無いSkylakeとの互換性はある
Coffee Lake-Sとの互換性はない
Kaby Lakeとの互換性はある
Coffee Lake-Sとの互換性はない

 

こんな感じ。参考になれば幸いです。




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

Y!mobileでは音声SIM申し込みを対象に月額料金割引キャンペーンを実施中です!
  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-CPU/プロセッサ, ニュース
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.