ドコモ版Galaxy S20 5G SC-51A実機レビュー

ドコモ版Galaxy S20 5G SC-51A 実機レビュー。

     

ドコモ版Galaxy S20 5G フォトレビュー

ドコモ版Galaxy S20 5Gを試用する機会がありましたので、レビューを行いたいと思います。

ドコモ版Galaxy S20 5Gは2020年3月18日に発表、3月25日に発売されました。ドコモ初の5G対応スマホの1つでもあります。

外箱。

同梱品は以下の通り。

  • AKGチューニングマイク付き
  • 高音質イヤホン(USB Type-CT™)(試供品)
  • クリアケース(試供品)
  • 保護フィルム(試供品)本体貼付済み
  • SIM取り出し用ピン(試供品)
  • USBケーブル(CtoC)(試供品)

 

本体正面。

ディスプレイは6.2インチQuad HD+(3200×1440)/Dynamic AMOLED 有機ELディスプレイを採用。

OSはAndroid 10、プロセッサはSnapdragon 865(2.8GHz+1.7GHz、オクタコア)、メモリ12GB、ストレージ128GBを搭載しています。スペックはかなり良いです。申し分ないですね。

本体サイズは縦幅152mm×横幅69mm×厚さ7.9mm、重量は約163g。

本体背面。

背面カメラは、約6400万画素の望遠レンズ、約1200万画素の超広角レンズ、約1200万画素の広角レンズの3つを搭載。

約6400万画素の望遠レンズにより、3倍のハイブリット光学ズームや、最大30倍のズームが可能となっています。スーパー手ブレ補正やAIも搭載しています。

カメラは本体から出っ張っています。

本体上面。

SIMスロットが搭載されています。

本体底面。

スピーカーとUSB 3.2 Gen1 type-Cコネクタがあります。急速充電はPD3.0に対応しています。

本体右側面。

ボリュームキーとサイドキーが搭載されています。

本体左側面。ボタン類は何もありません。

SIMスロット。

nanoSIM1枚、microSDカード1枚が搭載可能です。

同梱品のクリアケースを装着してみました。

物はしっかりしているので、自分の好きなケースを買うまでのつなぎとして十分利用できますよ。むしろこのクリアケースを使い続けていいと思います。

Galaxy S20 5Gのスペック

機種名 Galaxy S20 5G SC-51A
カラー コスミックグレー
クラウドブルー
クラウドホワイト
OS Android 10
CPU Snapdragon 865
2.8GHz+1.7GHz オクタコア
ディスプレイ 約6.2インチ
Dynamic AMOLED 2X 有機EL
3200 x 1440 (Quad HD+)
メモリ 12GB
ストレージ 128GB
アウトカメラ 約1200万画素/超広角
約1200万画素/広角
約6400万画素/望遠
インカメラ 約1000万画素
防水/防塵 IPX5/IPX8 / IP6X
おサイフケータイ
NFC(Felica)
生体認証 指紋/顔
ワンセグフルセグ
ワイヤレス充電
バッテリー 4000mAh
サイズ (H×W×D) 約152mm×約69mm×約7.9mm
重さ 約163g

 

ベンチマークアプリを使ってベンチマーク

Galaxy S20 5Gは、Snapdragon 865、メモリ12GB、ストレージ128GBと圧倒的なスペックなので、普段の使用において処理速度や性能に不満を持つというのは考えられません。

Galaxy S10のベンチマークスコアと比較すると、随分と性能が上がっていることが分かります。

Antutu Benchmark

Galaxy S20 5G

Galaxy S10

左がGalaxy S20 5Gのベンチマーク結果になります。543054を記録しました。

Galaxy S10は422860だったので、数字から見ても確実にスペックが進化していることが分かります。

Galaxy S20 5Gで撮った写真

ANAのラウンジで広角カメラで撮影。

ANAのラウンジで超広角カメラで撮影。

ANAのラウンジで望遠カメラで撮影。

夜の屋外で広角カメラで撮影。

夜の屋外で超広角カメラで撮影。

夜の屋外で望遠カメラで撮影。

屋外で広角カメラで撮影。

屋外で超広角カメラで撮影。

屋外で望遠カメラで3倍ズームで撮影。

屋外で望遠カメラで10倍ズームで撮影。

屋外で望遠カメラで20倍ズームで撮影。

屋外で望遠カメラで30倍ズームで撮影。

大戸屋でエフェクトオフで撮影。

大戸屋でフードモードで撮影。暖色が強めになりました。

八王子ラーメン。

セットのカレー。

横浜駅近くのアソビル内にある横浜丿貫のラーメン。上が牡蠣蕎麦で下がえびの和え玉です。

プランターに植えてあった花を寄って撮影。しっかり撮れてます。

こちらは草むらに生えていた花。フォーカスの当たり方が結構シビアというか、右の花はそこまでボケなくてもいいのに…という印象です。

カメラ設定について

Galaxy S20 5Gの便利機能やポイント

ディスプレイのリフレッシュレートが120Hzに設定可能。一番の進化ポイントはこれ

Galaxy S20 5Gでは、ディスプレイのリフレッシュレートが120Hzに設定可能です。

リフレッシュレートとは、簡単に言うとディスプレイが1秒間に画面を書き換える回数のことです。60Hzだと1秒間に60回書き換え、120Hzだと1秒間に120回書き換えします。

リフレッシュレートが高ければたかいほど画面の描画がなめらかになります。

実際にリフレッシュレートを120Hzにしてみると動きの滑らかさが全然違います。Galaxy S10やXperia 5と比べてみましたが雲泥の差です。リフレッシュレート120Hzだけでも進化を確実に感じられます。

ディスプレイ内指紋認証搭載

Galaxy S20 5Gはディスプレイ内指紋認証を搭載しています。

Galaxy S10と比べると精度はアップしたかな?と感じましたが、親指で指紋認証を解除する場合は、しっかりと指の腹をディスプレイに置かないと解除されないですね。

指紋認証だとちょっと指先を指紋センサーに載せるだけで解除してくれましたが、ディスプレイ内指紋認証はちょっとストレスに感じるかもしれません。

顔認証搭載

ディスプレイ内指紋認証加えて、顔認証機能も搭載しています。ディスプレイ内指紋認証との併用可能です。

眼鏡をかけている顔とかけていない顔、目が開いているときのみ認識、顔データの追加などが可能です。

画面録画が可能

Galaxy S20 5Gでは画面録画が可能です。ソシャゲのガチャ動画やプレイ動画をTwitterにアップするときに捗りそうです。

ディスプレイ設定

エッジパネルハンドル

他の端末を充電できる「ワイヤレスパワーシェア」

ワイヤレスパワーシェア機能はGalaxy S10で搭載され、Galaxy S20 5Gでも引き続き搭載されています。

Galaxy S20 5Gから別のスマホやデバイスに対してワイヤレスで給電できます。上の画像はGalaxy S20 5GからGalaxy S10に対して給電している様子です。

物理的なBixbyボタンがなくなりました

Galaxy S20 5Gでは、物理的なBixbyボタンがなくなりました。

スマホを横持ちしたり、ボリュームの調整をしようとしたときにうっかり押してしまって起動してしまうようなことはもうありません。

その他

初期ホーム画面

初期メモリ・ストレージ容量

youtubeで1時間動画再生してみました

再生前 40%

再生後 29%

Galaxy S20 5Gは5G通信に対応

Galaxy S20 5Gは、従来の4G通信に加えて新たに5G通信に対応しています。

5G 5G対応
最大受信速度 3.38Gbps
最大送信速度 182Mbps
4G(LTE ) 4G(LTE)対応
最大受信速度 1.7Gbps
最大送信速度 75Mbps

しかしながら、まだまだ5Gでの通信可能エリアはかなり限られていて、「この地域に行けば使える」というよりも「この地域のこの特定のスポットに行かないと使えない」という認識が正しいです。

Galaxy S20 5Gに4G契約のSIMを刺しました

Galaxy S20 5Gに4G契約のSIM(iPhone X契約時のもの)を挿したところ、4Gでの通信は問題なくできました。

しかし、Galaxy S20 5G+4G契約のSIMでは5Gでの通信はできませんでした。

ちなみにドコモでは、4G契約のSIMカードで5Gスマホを利用する場合、5G契約のSIMカードで4Gスマホを利用する場合は動作保証対象外としています。

残念ながら5G契約のSIMを持っていなかったので5Gの電波を浴びることができませんでした。後日自分でGalaxy S20 5Gを契約して電波を浴びた様子を追記しようと思います。

5Gギガホプランはデータ量無制限キャンペーン実施中

5Gで通信可能なエリアはまだまだ整備されていないのに、5G対応スマホに変えるメリットってあるの?と思う人もいるかと思います。

5Gスマホを契約した場合は5G専用プランの「5Gギガホ」プランを契約することになりますが、5Gギガホを利用中の人を対象にした「データ量無制限キャンペーン」を実施しています。

もともと5Gギガホの月間データ容量は100GBですが、それがデータ量無制限になって使い放題という強烈なメリットがあります。固定回線代わりにも利用できるでしょう。

5Gデータプラスと組み合わせるとよい

ドコモでは、タブレット・ルーター・2台目のスマホを持つとき、ペアとなる「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」の利用可能データ量をシェアできる「データプラス」という料金プランが用意されています。月額1000円で利用できます。

なんか難しく見えますが、

  • 子回線としてデータ通信専用SIMカードを追加できる
  • 月額1000円で追加できる
  • データ容量はペアになるプランと同じ
  • 「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」 1回線につき「5Gデータプラス」もしくは「データプラス」1回線のお申込みが可能

ということです。

1000円で超高品質なデータ通信専用SIMカードがゲットできます。

なお、5Gデータプラスはペアとなる回線が「5Gギガホ」の場合は、利用可能データ容量の上限は30GBとなるので注意してください。

5Gギガホ親回線は100GB(キャンペーン中は無制限)、5Gデータプラスは30GB利用できます。

5Gスマホ向けのお得なキャンペーン実施中

5G WELCOME割

Galaxy S20 5Gを新規契約またはMNPで契約するとdポイント2万ポイント還元、契約変更で契約すると5500円割引が適用されます。

5500円割引だと販売価格が10万円以下になるので、10万円以下でなんとしても購入したい人にオススメ。

5Gギガホ割

5Gギガホに加入すると最大6ヶ月間、対象料金プランの月額料金から1000円割引が適用されます。

5Gギガホ音声割

5Gギガホの契約と同時に、かけ放題オプションまたは5分通話無料オプションに加入すると、初回適用月から最大12ヶ月間オプション料金から700円割引されます。

ドコモオンラインショップのメリット

  • 事務手数料が無料(0円)、分割支払時の頭金が無料(0円)
  • 気軽にチャットサポートを利用可能
  • 1回の注文金額の合計が2750円以上の場合は全国どこでも送料無料
  • dポイントの利用は1ポイント=1円として1ポイント単位で利用可能
  • 自宅やコンビニ、ドコモショップでの受取が可能
  • 24時間自分の好きな時間に購入可能
  • 待ち時間がない
  • 最短2日で自宅へお届け、東京23区なら即日配送もOK!
  • ※オンラインショップで購入した端末をドコモショップで初期設定サポートを受ける場合は有料(3300円)です

ドコモオンラインショップは様々なメリットがあります。ドコモショップに行かなくても自分で全て出来るよ、という人はドコモオンラインショップを使った方がお得です。

スマートフォンの購入はドコモオンラインショップから!


ドコモオンラインショップに移動します

ドコモオンラインショップの関連記事

 

ドコモオンラインショップのキャンペーン・セール情報はこちら

ドコモオンラインショップでは、スマホを契約する人を対象にしたお得なキャンペーンを実施しています。

最新のキャンペーン・セール情報はこちらから!

ドコモオンラインショップの関連記事



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-NTTドコモ, レビュー
-,

© 2020 公安9課