【2020年1月】ドコモはSIMのみ契約できるかどうかまとめ

ドコモはSIMのみ契約できるかどうかまとめ。

現時点では、SIMのみ契約はドコモショップ実店舗でのみ可能です

ドコモショップ実店舗ならSIMカードのみ契約できます

2020年1月現在、ドコモショップ実店舗であればドコモのSIMカードを契約することができます。

以下のページで「ドコモショップにてお手続きになれます。」という記載があります。

ドコモオンラインショップではSIMカードのみ契約はできません

2020年1月現在、ドコモオンラインショップではドコモのSIMカードを契約することができません。

手持ちのスマホにドコモのSIMを挿して使えるかチェック

どのスマホが使える?

ドコモは、

  • SIMフリースマートフォン
  • ドコモのスマートフォン
  • au/ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルの他社製品のスマートフォン

にドコモのSIMを挿して利用できる、と今のスマホそのままで、おトクで快適なドコモの通信が使える! | 製品 | NTTドコモで案内しています。

ドコモのSIMを使うなら自己責任

ある程度のITリテラシーを持っている人なら大丈夫かと思いますが、ドコモのSIMのみを契約して使うときは自己責任でやりましょう。

ドコモは他社スマホの動作確認は実施していない

ドコモでは、FOMAカード/ドコモUIMカード/ドコモminiUIMカード/ドコモnanoUIMカードを他社携帯電話機に挿入して利用される場合について、原則、動作確認などを実施しておらず、一切の動作保証を行いません。他社携帯電話機の設定・操作方法については、お客様ご自身でご確認いただくか、販売元事業者などまでお問い合わせください。また、FOMAカード/ドコモUIMカード/ドコモminiUIMカード/ドコモnanoUIMカードを他社携帯電話機に挿入して利用される場合、ご利用いただけるサービス・機能・ダウンロードしたアプリケーションなどの利用が制限される場合があります。

他社製品の携帯電話機などをご使用される際のご注意 | お客様サポート | NTTドコモ

今のスマホそのままで、おトクで快適なドコモの通信が使える! | 製品 | NTTドコモでは、他社スマホでも利用できると記載しているのに、他社スマホの動作確認は実施しておらず、一切の動作保証をしない、という突っぱね具合になっています。

これはもちろん余計なトラブルを避けるためで、ここからも自己責任であることが伺えます。

よく分からない人がauやソフトバンクのAndroidスマホを使うのはトラブルの元

よく分かっていない人がauやソフトバンクから発売されたAndroidスマホ+ドコモのSIMの組み合わせで使うと絶対トラブルが起きるのでやめてください。

トラブルを起こす人は以下の通りです。

  • 使えると思ったのに使えなかった(下調べ不足)
  • 自分の下調べ不足を他人のせいにする人
  • ドコモでもXperiaは出てるじゃないか!どうしてauのXperiaがドコモでも使えないんだ!とかいう人
  • ソニーのiPhoneとか言う人

そういう人はSIMフリーのAndroidスマートフォンを買うか、SIMフリー版iPhoneを買ってください。

詳しい人は周波数帯で確認してください

ドコモで利用されている周波数帯は、LTE Band 1/3/19/21/28/42、W-CDMA Band 1/6/19です。

ドコモから発売されているスマホ(※ガラケー&らくらくスマホ除く)がすべて対応しているLTE周波数帯は、LTE Band 1/3/19になります。

つまり、スマホにドコモのSIMを挿して使いたいなら、最低でもLTE Band 1/3/19の3つに対応していればいいことが分かります。

LTE Band 21/28/42は、スマホやメーカーによってはすべて対応しているもの、一部だけ対応しているもの、全く対応していないものの3パターンがあります。

LTE Band 21/28/42に対応していないと問題が発生するのか?と言われたらそうではないです。安心してください。

もしも問題が発生するなら、ドコモ側が「LTE Band 21/28/42も対応させろ」という通達を出しますし、対応していないスマホは最初からドコモから発売されないです。トラブルのもとになるようなことは普通しません。

ドコモ以外のキャリアから発売されたスマホにドコモのSIMを挿すならSIMロック解除が必要

  • au/沖縄セルラー
  • ソフトバンク
  • ワイモバイル
  • UQモバイル

で購入したスマホにドコモのSIMを挿す場合は、ドコモ契約前にSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除はWebからやれば無料です。パソコンやスマートフォンからmy au, my SoftBank, My Y!mobile, my UQ mobileからSIMロック解除の手続きをすることをオススメします。

店舗だと本人確認書類必要、手数料や時間も取られる

どうしてもSIMロック解除方法がわからないという人は店舗でもSIMロック解除の手続きができますが、手数料として3000円かかります。

思っているよりかは遥かにカンタンなので、自分でSIMロック解除することをオススメします。わざわざ着替えて行って何分も何時間も待つ必要はないですよ。

au

ソフトバンク

ワイモバイル

UQモバイル

ドコモ回線契約時に必要になるもの

  1. MNP予約番号
  2. 契約者本人の本人確認書類
  3. 利用者の本人確認書類(契約者と利用者が異なる場合)
  4. 毎月の支払の手続きに必要なもの
  5. 必要な費用

MNP予約番号

au/ソフトバンク、格安SIMなどでMNP予約番号を発行してください。

MNP予約番号の有効期限は予約当日(発行当日)を含めて15日間です。

契約者本人の本人確認書類

  • ①運転免許証、②マイナンバーカード(個人番号カード)
  • ①も②も持っていない場合は、健康保険証、住民基本台帳カード、在留カードor外国人登録証明書のいずれか1点と補助書類を持参
  • コピー不可
  • 詳細は本人確認書類 | お客様サポート | NTTドコモ

運転免許証かマイナンバーカード(個人番号カード)を持っているとスムーズです。

利用者の本人確認書類(契約者と利用者が異なる場合)

毎月の支払の手続きに必要なもの

  • 契約者本人名義のクレジットカードorキャッシュカード
  • 預金通帳とお届け印

必要な費用

契約事務手数料3000円がかかります。3000円は翌月の利用料金と合わせて請求されます。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-NTTドコモ
-

Copyright© 公安9課 , 2020 All Rights Reserved.