*

LGA1151とLGA1150とLGA1155の違いについて

    [最終更新日]2016/05/17 00:22

LGA1150LGA1151とLGA1150とLGA1155の違いについてまとめました。それぞれが対応しているCPUやマザーボードの早見表もあり。

 LGA1151, LGA1150, LGA1155の違い早見表

世代的には… 最新世代 旧世代(1世代前) 旧世代(2世代前)
これからの自作に… 最適 適さない 適さない
ソケット形状 LGA1151 LGA1150 LGA1155
互換性 LGA1150との互換性なし
LGA1155との互換性なし
LGA1155との互換性なし
LGA1151との互換性なし
LGA1150との互換性なし
LGA1151との互換性なし
アーキテクチャ Skylake(第6世代) Broadwell(第5世代)
Haswell Refresh(新第4世代)
Haswell(第4世代)
Ivy Bridge(第3世代)
Sandy Bridge(第2世代)
対応しているCPU Core i7 6xxx
Core i5 6xxx
Core i3 6xxx
Pentium G4xxx
Celeron G39xx
Core i7 5775C
Core i5-5665C
Core i7 47xx
Core i5 4xxx
Core i3 4xxx
Pentium G 3xxx
Celeron G18xx
Xeon E3 12xx
Core i7 37xx/2xxx
Core i5 3xxx/2xxx
Core i3 3xxx/2xxx
Pentium G2100/G8xx~G6xx
Celeron G1600/G5xx~G4xx
Xeon E3 12xx
v2/12xx
対応しているメモリ DDR4(主流・普通はこれ)
DDR3L(仕様上サポート)
DDR3(一部がサポート)
DDR3 DDR3
CPUクーラー 互換性あり(ネジピッチが同じ)
対応チップセットおよび
マザーボード
Z170, H170, B150, H110 Z97, H97
(BroadwellはZ97, H97のみ)
Z87, H87, B85, H81
Z77, H77, B75
Z68, P67, H67, H61
コメント  Skylakeが最新世代。
これから1からパーツを揃えて自作PCに挑戦する人や、
Ivy Bridge世代よりも前世代からの乗り換えを検討している人にオススメ
Skylakeの登場により旧世代になりました
LGA1150の人が変える必要はなさそう
安くなったのであえてLGA1150で組む人も?
旧世代。
これから自作するのには適しません!

 

※DDR3-1600メモリは一部のマザーが対応。主流はあくまでDDR4-2100メモリ

ソケット形状と対応CPU(簡易版)

ソケット形状 対応CPU
LGA2011v-3 Haswell Intel Core i7 Extreme(5800/5900番代)
LGA2011 Sandy Bridge&Ivy Bridge世代Core i7 Extreme(3800/3900/4800/4900番代)
LGA1151 第6世代(Skylake)Core i7, Core i5, Core i5, Pentium G, Celeron G
LGA1150 第5世代(Broadwell)Core i7, Core i5
新第4世代(Haswell Refresh)Core i7, Core i5, Core i5, Pentium G, Celeron G
第4世代(Haswell)Core i7, Core i5, Core i5, Pentium G, Celeron G
LGA1155 第3世代(Ivy Bridge)Core i7, Core i5, Core i5, Pentium G, Celeron G
第2世代(Sandy Bridge)Core i7, Core i5, Core i5, Pentium G, Celeron G
LGA1156 第1世代(Nehalem)Core i7, Core i5, Core i5, Pentium G, Celeron G
LGA1366 NehalemのCore i7
LGA775 Pentium 4, Pentium D, Celeron D, Pentium Extreme Editionm, Pentium Dual Core,
Core 2 Duo, Core 2 Extreme, Celeron, Xeon 3000シリーズ, Core 2 Quad

 

おまけとしてソケット形状と対応CPUも掲載しておきます。

LGA1151とLGA1150とLGA1155は互換性はありません!

たとえば、Z77チップセット(ソケット形状がLGA1155)のマザーボードにCPUのソケット形状がLGA1150のCore i7-4790Kを搭載することは出来ませんし、Z97チップセット(LGA1150)のマザーボードにソケット形状がLGA1155のCPUを搭載することは出来ません。

また、Z170チップセット(LGA1151)のマザーボードにソケット形状がLGA1155, LGA1150のCPUを搭載することは出来ません。絶対に搭載出来ないので諦めて新しいマザーボードとCPUを買いましょう。

LGA1151とLGA1150とLGA1155はランド(ピン)の数が違う

LGA1155

LGAはLand Grid Array(ランドグリッドアレイ)の略で、ランドというのが陸、平たい接点のこと。要はこの画像の金属のピンのことです。

LGA1155はこのランドが1155個あります。暇なら数えてみましょう。LGA1150ならランドが1150個、LGA1151ならランドが1151個あります。どう頑張ってもピン数が異なるCPUは搭載出来ませんし壊れます。諦めてください。

でもCPUクーラーは互換性がある(ネジピッチが同じ)

LGA1151とLGA11500とLGA1155のCPUとマザーボードは互換性はありませんが、CPUクーラーだけはネジピッチが同じなので互換性があり、GA1151でもLGA1150, LGA1155のCPUクーラーが使用出来ます。

LGA1150, LGA1155, LGA1156, LGA1366までは大抵のCPUクーラーが対応しています。

Skylake世代のCPUやマザーボードは基板が薄く、運搬時に曲がる可能性がある」という記事が出ていますが、これは重量のある大型CPUクーラーでの話です。国内でCPUクーラーを製造・販売しているメーカーの現行のCPUクーラーについては特にアナウンスはされていないのでその心配はなさそうです。

Skylake(LGA1151)ではDDR4メモリが主流に

SkylakeではDDR4メモリが主流になりました。中にはDDR3メモリ対応のマザーボードもありますが、あくまで主流はDDR4メモリです。

DDR3メモリに対応しているマザーボードについては以下の記事にてまとめています。

メモリの選択肢ユーザーはない

ユーザーは使うメモリを選択することは出来ません。マザーボード次第です。マザーボードがDDR4メモリしか搭載出来なければもちろんDDR4メモリしか使えません。

LGA1151, もといSkylakeでDDR3メモリを使うとなると選択肢が狭まります。DDR4メモリを持っていないなら素直にDDR4メモリを買いましょう。DDR4メモリに対応しているマザーボードが少なく流通量や製品数も少なかったせいで値段が高かった昔と違って、今はDDR4メモリとDDR3メモリの価格差はそこまでありません。

PCパーツを1つも持っていない状態で自作するなら最新世代を

長い目で見ると結局は最新世代で組む必要が出てきますので、1つも持っていない状態で自作するなら最新世代のCPUとマザーボードを揃えることをオススメします。

確かに前世代のマザーボードのほうが価格が安いですが、最新世代のマザーボードが発売されてしばらく経つと旧世代マザーボードはメーカーが生産を終了します。

生産を終了すると市場での旧世代マザーボードの流通量が減少し、店頭では売り場がどんどん縮小されてじわじわと姿を消します。数年後マザーボードが原因のトラブルが発生したので代理店に問い合わせてみたら、「マザーボードの在庫が存在しない」「修理受付自体が終了している」と言われた場合貴方はどうしますか?オークションなどで状態がよく分からない、動作確認のされていない中古品を調達しますか?

誰かからCPUとマザーボードを譲り受けたならひとまずは旧世代で組んでみて、性能に不満が出てきたら最新世代に乗り換えるのもいいかもしれませんが、最新世代で組み直したくなったら結局はCPUとマザーボードとメモリを新規で調達しないといけないのでトータルコストは変わらないと思いますよ。

LGA1151について(新世代)

LGA1151はIntel製CPUソケット。LGA1150とLGA1155の後継にあたる規格で、LGA1150とLGA1155との互換性はありません。

対応しているCPUはSkylake世代のCPU。Skylake世代のCPUが搭載できるマザーボードはZ170マザーボードが現在発売されています。

ソケット形状がLGA1151なCPU(Skylake)

  • Intel Core i7 6000番台
  • Intel Core i5 6000番台
  • Intel Core i3 6000番台
  • Intel Pentium G4000番台
  • Intel Celeron G3900番代

これらのCPUがBroadwellやHaswell Refreshに変わり発売されるCPUです。2016年4月18日現在Core i7からCeleronまで全て発売されています。

ソケット形状がLGA1151なチップセット・マザーボード

Intel 100シリーズ

  • Z170(オーバークロック可能)
  • H170(オーバークロック不可)
  • B150(オーバークロック不可)
  • H110(オーバークロック不可)

Intel 9シリーズと比較するとSATA Expressコネクタ数やM.2スロット数が増え、帯域も9シリーズでは10Gb/sしか無かったM.2スロットが30Gb/sになったり、SATA Expressコネクタが16Gb/sになったりと増強しました。

どれだけ増強したかはマザーボードメーカーによります。また、M.2ストレージでのRAID構成も可能になったり、NVMe SSDを標準でサポートしているなど結構な進化を遂げています。

LGA1150について(旧世代)

LGA1150はIntel製CPUソケット。LGA1155の後継にあたる規格で、LGA1151とLGA1155との互換性はありません。

対応しているCPUは, Broadwell世代, Haswell Refresh, Haswell世代のCPU。Broadwell, Haswell Refresh, Haswell世代のCPUが搭載できるマザーボードはZ97, H97マザーボードで、Haswell Refresh, Haswell世代のCPUが搭載出来るマザーボードはZ87, H87, B85, H81マザーボードです。

ソケット形状がLGA1150なCPU(Broadwell, Haswell Refresh, Haswell)

  • Intel Core i7 4700番台
  • Intel Core i5 4000番台
  • Intel Core i3 4000番台
  • Pentium G 3000番台
  • Intel Celeron G 1800番台
  • Xeon E3 1200番台

これらのCPUが2015年現在メインとして販売されています。CPUに関しては以下の記事にて詳しくまとめています。

【Haswell Refresh】デスクトップ版CPUスペックまとめと比較!
デスクトップ版Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeronのスペック/性能まとめと比較。CPUの選び方についても解説しています。

ソケット形状がLGA1150なチップセット・マザーボード

Intel 9シリーズ

  • Z97(オーバークロック可能)
  • H97(オーバークロック不可)

Intel 8シリーズとの違いはM.2スロット・SATA Expressコネクタに対応していること、第5世代CPU「Broadwell」に対応していることです。

チップセットによって搭載されている機能やSATAポート数、USB3.0ポート数などが異なるためよく調べましょう。Intel 9シリーズおよびZ97, H97チップセットに関しては以下の記事にて詳しくまとめています。

 Intel 8シリーズ

  • Z87(オーバークロック可能)
  • H87(オーバークロック不可)
  • B85(オーバークロック不可)
  • H81(オーバークロック不可)

Intel 8シリーズはM.2スロット・SATA Expressコネクタが無く、Broadwellに対応しないと言われています。Haswell RefreshはBIOSを対応しているバージョンへと更新することによって搭載可能になります。

チップセットによって搭載されている機能やSATAポート数、USB3.0ポート数などが異なるためよく調べましょう。Intel 8シリーズおよびZ87, H87, B85, H81チップセットに関しては以下の記事にて詳しくまとめています。

【Intel Haswell】Z87, H87, B85, H81チップセットの違いについて
Intelの第4世代CPU「Haswell」に対応したIntel 8シリーズ、Z87, H87, B85, H81チップセットの違いについて対応している機能・項目ごと...

LGA1155について(旧世代)

LGA1155はIntel製CPUソケット。LGA1156の後継にあたる規格。このLGA1155の更に後継となる現在の主流のLGA1151とLGA1150との互換性はありません。

対応しているCPUはIvy Bridge, Sandy Bridge世代。Ivy Bridge, Sandy Bridge世代のCPU搭載できるマザーボードはZ77, H77, B75マザーボード、Z67, P67, H67, H61マザーボードです。

詳細は省略しますが、今からパーツを揃えて自作PCに挑戦しよう!という人にはLGA1155は絶対にオススメしません。

ソケット形状がLGA1155なCPU(Ivy Bridge, Sandy Bridge)

  • Intel Core i7 3700/2000番台
  • Intel Core i5 3000/2000番台
  • Intel Core i3 3000/2000番台
  • Pentium G2100/G800~G600番台
  • Celeron G1600/G500~G400番台
  • Xeon E3 1200番台 v2/1200番台

ソケット形状がLGA1155なチップセット・マザーボード

  • Z77
  • H77
  • B75
  • Z68
  • P67
  • H67
  • H61

まとめ

今から自作するならLGA1151です。Z170,H170マザーボードを買ったほうが将来的にお得です。

チップセットによって搭載されている機能やポート数が異なるためよく調べましょう。参考になれば幸いです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ドスパラのスティックPC「DG-STK2S」「DG-STK2F」が値下げ
NEXT
MSIマザー購入で総額10万円分のQUOカードが当たるキャンペーン実施中

コメント

  1. 匿名 より:

    自作初心者は、LGA1155対応のパーツ余らせてる奴からタダ同然でいろいろもらって揃えるのが一番コスパがいい。
    安い上にいろいろサポートまでやってもらえる。

    • 公安9課 Daisuke Aramaki より:

      まぁそれもアリですね

    • 自作派です。 より:

      まぁっ、最初から、それなりの投資が出来て自作の知識が豊富な人なら、最新のパーツ構成でも良いとは思います。
      ですが、自作の経験も知識も乏しく、試しに作ってみたい人には、LGA1155で安く組むのも良いかと・・・。
      それに、万一不具合が起きても、対処策が多く出てますからね。

      あと、とあるパソコンショップでの実験では、古いタイプのパソコンにミドルクラス以上のグラフィックボードを載せて重そうなゲームをやってみたら、結構遊べてましたね。

      マニアやオタクでもない限り、後々、余裕ができたら、最新パーツにすれば良い話です。

      • 公安9課 Daisuke Aramaki より:

        それもそうですね、私は初めての自作の時は色々なことを全力で調べて当時の最新の環境で組みましたけど…。

  2. Z67 より:

    Z68

  3. 匿名 より:

    LGA1155はこのランドが1155個あります。暇なら数えてみましょう。LGA1150ならランドが1151個、LGA1151ならランドが1151個あります。
    この文章
    LGA1150ならランドが1150個なのでわ?

  4. 匿名 より:

    なんで、「まとめ」でLGA1150を押しているのか意味が分かりません。
    「今から自作するなら」という点で観ればLGA1151かLGA2011-v3だと思いますけど。(歴代Xシリーズは製品寿命が長い)
    余っているパーツがあるからということでいうと「今から自作するなら」という言葉と矛盾しますし、余っているなら、無価値なゴミになる前に売り払って、世代超えをした方がいいでしょう。
    LGA1150を押すのは何の理由なんでしょう?

    • 公安9課 Daisuke Aramaki より:

      わざわざ長文でどうもありがとうございます。ただの書き換え忘れです^^

  5. 匿名 より:

    2011は分かるけど1150とか1151とか微妙に変えるのやめてほしわな。
    そこんところはamdを見習ってほしいわ

  6. 匿名 より:

    LGA1155はPCIサポート最後の製品という事で、
    今も根強い需要があったりするんだよね

  7. kog. より:

    最近の流れがうまくまとめられていて、良いエントリーですね!最近自作をはじめまして、四苦八苦の末Skylakeで1台組みました。最後まで1150の中古パーツで組もうか悩んだのですが、今後のことを考えての結論でした。でもこうやって見ると案外1150って期間的に長かったんですね。その分中古パーツも豊富でしたが、状態も玉石混交でした。

    ところで「LGA1151について(新世代)」で「ソケット形状がLGA1150なCPU(Skylake)」は1151、では?

  8. 匿名 より:

     ここんとこ、古めのデュアルコアノートで満足してたら、ディスクトップのほうがわからなくなってしまった。友人から第二世代のi7付きのマザーをもらったのだけどどうしたものか、確かに速いんだろうし、USB3もあるのも魅力だが消費電力がノートの5倍ぐらいあるような、ゲームもしないし、回線遅いし、こっそり売ってしまうか、でも売りに行く交通費のほうが高くなるな、んー

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。