ahamoに乗り換え

mineo(マイネオ)からahamo(アハモ)に乗り換え手順やポイントまとめ

mineo(マイネオ)からahamo(アハモ)に乗り換え時の手順やポイントまとめ。

9月30日まで!ahamoに乗り換え+SIMカード/eSIMのみ契約でdポイント7000ポイント還元!(エントリー不要)

2021年9月30日までに、ドコモ以外のキャリアや格安SIMからahamoに乗り換え+SIMカード/eSIMのみ契約して、2021年10月15日までにahamoの開通を完了させると、dポイント7000ポイントが貰えるキャンペーンが実施されています。

ahamoでは2021年9月8日からeSIMサービスの提供が開始されています。eSIMで契約してもdポイント7000ポイント貰えます。

このキャンペーンはエントリー不要で、契約して適用条件を満たすだけでdポイント7000ポイント還元です。

dポイント進呈は、進呈条件を満たした月の翌々月中旬頃を予定しています。なお、dポイント進呈時点でdポイントクラブ会員になっている必要があります。

キャンペーン詳細は【最新】ahamo(アハモ)キャンペーンまとめをご覧ください。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

mineo(マイネオ)からahamo(アハモ)に乗り換え+機種はそのままで契約したいときどうすればいい?

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  • mineoからahamoに乗り換える
  • mineoで購入したAndroidスマホやiPhoneはそのまま使いたい

というときは、ahamoでSIMカードのみを「他社から乗り換え」で契約すればOKです。

ahamoでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

SIMカードのみを「他社から乗り換え」で契約して、SIMロックを解除した手持ちのAndroidスマホやiPhoneに入れればOKです。

2021年9月8日からは、ahamoでもeSIMサービスの提供が開始されました。新規契約またはMNP転入で契約できます。

「これは新規契約?他社から乗り換え(MNP転入)?」まとめ

「新規契約」と「他社から乗り換え(MNP転入)」の違いは、「今使っている携帯電話番号を引き継ぐかどうか」です。

新規契約で契約すると、ahamoで携帯電話番号が発行されます。ahamoではその電話番号を使って電話やSMS送受信を行います。

これは「他社から乗り換え」です

「ahamoを契約したい。mineoの携帯電話番号はahamoに乗り換えても使いたい!この番号をずっと使い続ける!」という人は、mineoでMNP予約番号を発行してahamoを「他社から乗り換え」で契約してください。

mineoで使っている携帯電話番号がahamoに引き継がれて、ahamoでもmineoの携帯電話番号を使って音声通話やSMS送受信ができます。

「他社から乗り換え」で契約するときは、ahamoを申し込む前に絶対にmineoを解約しないでください。MNP予約番号を発行した後にmineoを解約しないでください。

これは「新規契約」です

「ahamoを契約したい。auの携帯電話番号は使えなくなってもいい」という人は、mineoを解約して、ahamoを「新規契約」で契約してください。

「ahamoをサブ回線として新しく契約したい」という人は、ahamoを「新規契約」で契約してください。

「ドコモのスマホが余ってるからahamoのSIMカードを入れて2台目として使いたい」という人は、ahamoを「新規契約」で契約してください。

SIMカードのみ契約+mineoで購入したAndroidスマホやiPhoneを使い続ける

  • mineoからahamoに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • mineoで購入したAndroidスマホやiPhoneは、ahamoに乗り換えてからも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

手順

  • dアカウントの発行、dポイントクラブへの入会、オンライン発行dポイントカード利用者登録を行う
  • 使いたいスマホがahamoで動作確認されていることを確認する
  • mineoでMNP予約番号を発行する
  • ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」ボタンを押す
  • 契約形態の選択画面では、「docomoを契約していない方」の【SIMカードで契約】を選択する
  • 「MNPか新規契約で契約されるかを選択してください」では【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • 後は画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  • 数日後SIMカードが手元に届く
  • ahamo側でMNP開通手続きを行う
  • ahamoのSIMカードをスマホに入れて電源をオン
  • APN設定をする(iPhoneは不要、Androidスマホは必要)
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMカードのみ契約+自分で新しいSIMフリースマホを購入して使う

  • au/UQモバイル/povo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからahamoに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • Amazonなどの通販サイトや家電量販店で新しいSIMフリーAndroidスマホやiPhoneを用意して使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • dアカウントの発行、dポイントクラブへの入会、オンライン発行dポイントカード利用者登録を行う
  • ahamoで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行しておく
  • ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」ボタンを押す
  • 契約形態の選択画面では、「docomoを契約していない方」の【SIMカードで購入】を選択する
  • 「MNPか新規契約で契約されるかを選択してください」では【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • 後は画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  • 数日後SIMカードが手元に届く
  • 新スマホをセットアップ、古いスマホから新しいスマホにデータを移行して、新スマホを使える状態にする
  • ahamo側でMNP開通手続きを行う
  • 新スマホにahamoのSIMカードを入れて電源をオン
  • 新スマホでAPN設定をする(iPhoneは不要、Androidスマホは自動で設定されるものと手動設定が必要なものが混在)
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

eSIMのみ契約+eSIM対応iPhoneを使う

  • au/UQモバイル/povo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMからahamoに乗り換える
  • eSIMのみ契約する
  • eSIMに対応したSIMフリー版/SIMロック解除済みのキャリア版iPhoneを用意する
  • eSIMに対応したドコモ版iPhoneを用意して使う(ドコモのiPhoneにahamoのeSIMをインストールして使うときはSIMロック解除不要)

ときの手順は以下の通り。

申し込みの途中でスマホまたはPCのカメラで撮影した本人確認書類と顔の画像を送信する必要があるので、スマホからの申し込みを推奨します。

手順

  1. dアカウントの発行、dポイントクラブへの入会、オンライン発行dポイントカード利用者登録を行う
  2. SIMフリー版またはSIMロック解除済みの、eSIMに対応しているiPhoneを用意する
  3. 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行しておく
  4. クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  5. ahamo公式サイトにアクセスして、「docomoを契約していない方」の【eSIMで契約】を選択する
  6. 「他社からの乗り換え(MNP)」を選び、契約を進めていく
  7. スマホまたはPCのカメラで本人確認書類の撮影と顔の画像を送信する(eKYCによる本人確認)
  8. 画像の送信が完了したら、開かれたウィンドウを閉じて「次へ」を選択する
  9. iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」の真ん中らへんにある、32桁の数字の「EID」をコピーする
  10. 契約者情報の入力欄の次にある「SIM情報の入力」で32桁のEIDをペーストする
  11. あとは画面の指示に従ってeSIMの契約を完了させると、申し込み受付完了メールが届く
  12. 「eSIM利用開始手続きのご案内」というメールが届くと、eSIMでの各種手続きができるようになる
  13. MNP転入の人は、ahamoのお手続きサイトかahamoアプリを起動して、ahamoにログインして回線切替を行う
  14. eSIMを利用するiPhoneでWi-Fiに接続する
  15. プロファイルダウンロードのQRコードをiPhoneで読み取る
  16. 「モバイル通信プラン」にプランが追加されたことを確認して、端末を再起動する
  17. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認
  18. ahamoの利用開始

eSIMを新規契約するときも他社から乗り換えで契約するときも手順はほぼ同じです。MNP予約番号の発行、回線切り替えがいるかいらないかだけです。

eSIMプロファイルをダウンロードするためのQRコードは、eSIMの開通 | 申し込みの流れ | ahamoのSTEP2に掲載されています。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamoに乗り換え時にスマホをセット契約する、将来ahamo契約後に機種変更するときの手順

ahamoのAndroidスマホやiPhoneをSIMカードとセットで契約する(新規/MNP)

  • 新規契約またはMNP転入でahamoを契約する
  • ahamoで販売されているAndroidスマホやiPhoneを契約する
  • SIMカードで契約する(物理SIMカード/nanoSIM)

ときの手順は以下の通り。

手順

  1. dアカウントの発行、dポイントクラブへの入会、オンライン発行dポイントカード利用者登録を行う
  2. 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を取得する(MNP転入時のみ)
  3. クレジットカード、本人確認書類、連絡用メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  4. ahamo公式サイトにアクセスする
  5. 「docomoを契約していない方」の【スマホとSIMをセットで購入】を選択する
  6. 「スマホを選択してください」の画面では、iPhone 11を【新規契約】か【他社からの乗り換え(MNP)】のどちらかを選択する
  7. 後は画面の指示に従ってスマホの契約を完了させる
  8. スマホとSIMカードのセットが手元に届く
  9. SIMカードをスマホに入れる
  10. スマホを起動して、初期設定・アクティベーション、新スマホにデータを移行して、新スマホが使える状態にする
  11. ahamo側でMNP開通手続きを行う(MNP転入時のみ)
  12. APN設定は不要で自動でahamoが繋がる
  13. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認
  14. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

先にスマホを使える状態にしてから回線切り替えしたほうがいいです。

回線切り替えにかかる時間よりもセットアップにかかる時間のほうが長いです。

ahamoを契約した後に、ドコモオンラインショップで最新iPhoneなどを購入する(iPhone 13シリーズなど)

  • ahamoをすでに契約している
  • ドコモオンラインショップで販売されているiPhoneやAndroidスマホを契約したい

ときの手順は以下の通り。

手順

  • ドコモオンラインショップにアクセス
  • ドコモオンラインショップで販売中の申し込みたいiPhoneやAndroidスマホを選ぶ
  • 分割払いか一括払いか分割払いを選ぶ。分割払いは支払回数を選ぶ
  • 一括払い時は、ショッピングカート画面で「ahamoを継続する」を選択する
    分割払い時は「ahamoを継続するかどうか」みたいなメッセージが一切出てこないけど、ahamoで継続されるので大丈夫です
  • 【カートに入れる】を選択して、あとは画面の指示に従って機種変更の注文を完了させる

手順はドコモオンラインショップで機種変更で申し込みするときと同じです。

ドコモオンラインショップはこちらから!

ドコモオンラインショップ

ボタンを押すとドコモオンラインショップに移動します

カンタン手続き+分割払い選択時

「カンタン手続き」を使用して分割払い購入するときは、「ahamoを継続しますか?」みたいなメッセージが一切出てこないので不安になるかと思いますが、「内容確認」の画面の下の方にある、「月々の支払額」を見るとちゃんとahamoの月額料金の2970円が表示されているのでご安心ください。

一括払い選択時

一括払いを選択してカートに入れるとショッピングカート画面に移動しますが、このときに「料金プランを選択してください」という選択肢が表示されるので、もちろん「ahamoを継続する」を選択してください。

ドコモオンラインショップはこちらから!

ドコモオンラインショップ

ボタンを押すとドコモオンラインショップに移動します

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

mineo(マイネオ)からahamo(アハモ)に乗り換えるときの流れ(SIMのみ契約時)

  • mineoからahamoに乗り換える
  • SIMのみ契約する
  • mineoで購入したAndroidスマホやiPhoneをahamoでも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

【手順①】dアカウントの発行、dポイントクラブへの入会、オンライン発行dポイントカード利用者登録を行う

ahamoを契約する際には、dアカウントの発行、dポイントクラブへの入会、オンライン発行dポイントカード番号の登録が必要になります。

どれも必要になるのでしっかり用意してください。

①dアカウントを発行する(発行必須)

ahamoを利用する際にはdアカウントが必要になります。dアカウントを持っていない人は事前に取得するとスムーズにahamoを申し込めます。

dアカウントとは、スマートフォン、タブレット、パソコンなどでdアカウント対応のサービスやdポイントを利用するときに必要なお客様IDです、

ドコモの契約の有無にかかわらず、誰でも無料で取得できます。dアカウントの作成はdアカウントから。特に難しい操作を求められることはないのでご安心ください。

②新たにdアカウントを取得すると「dポイントクラブ」にも自動入会

新たにdアカウントを取得すると、dポイントクラブにも自動で入会されます。

dポイントクラブに関しては、【dポイントクラブ】dポイントクラブとは - ご利用ガイドをご覧ください。おそらく自動でdアカウントの取得時にポイントクラブに入会しているはずです。

③「オンライン発行dポイントカード番号」を登録する

ahamoを契約する場合は、dアカウントの発行とdポイントクラブの入会に加えて、必ず「オンライン発行dポイントカード番号」の登録が必要です。

dポイントクラブ会員情報をすでに登録している場合、ahamoに申し込んだ際にdポイントクラブ会員情報がahamo契約回線の利用者情報に更新されます。

 

簡単な流れ

  • dポイント利用者情報登録|NTTドコモにアクセス
  • 「登録する」を選択
  • 「オンライン発行dポイントカード番号」を選択
  • 必要な情報を入力
  • 入力内容を確認
  • dポイント利用者情報登録/オンライン発行dポイントカード番号の発行が完了

【手順②】使いたいmineoのスマホがahamoで動作確認されているか確認

ahamoで使いたいLINEモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneがahamoで動作確認されているかを確認してください。

なお、ahamoで提供されているSIMカードのサイズはnanoSIMのみです。ahamoでの正式名称は「ahamo UIMカード GD01」です。

【手順③】mineoのスマホはSIMフリーなのでSIMロック解除不要

mineoで販売されているスマホは、AndroidスマホもiPhoneもSIMロックがかかっていないSIMフリーの状態で販売されているので、SIMロック解除は不要です。

mineoで販売されているiPhoneは海外版SIMフリーか国内版SIMフリーです。

【手順④】mineoでMNP予約番号を取得する

mineoからahamoに乗り換えるときは、mineo側でMNP予約番号の発行が必要になります。MNP予約番号は無料で発行できます。

MNP予約番号は、mineoメールアドレス宛に送られてきます。普段使っていない人は注意してください。

ahamoをMNPで申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。MNP予約番号を取得したらすぐにahamoに申し込むようにしましょう。

mineoのMNP予約番号の発行はmineoのマイページから行えます。詳細はMNP予約番号の発行方法について教えてください。をご覧ください。

  1. マイページ」にログインし、下にスクロール
  2. 各種サポート〕の〔解約・MNP予約番号の発行〕をタップ
  3. 解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ〕画面から、いずれかをタップ
  4. 一番下にスクロールし、〔MNP予約番号照会の方はこちら〕をタップ
  5. ご利用番号を選択し、〔決定〕をタップ

【手順⑤】ahamoのSIMカードやeSIMを「他社からの乗り換え(MNP)」で申し込む

必要なものを用意してahamoをMNP転入で申し込みましょう。

ahamoをMNPで申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。MNP予約番号を取得したらすぐにahamoに申し込むようにしましょう。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

docomoを契約していない方の「SIMカードで契約」か「eSIMで契約」を選択

mineoからahamoに乗り換えでSIMカードで契約するるときは、「契約形態の選択」画面で、「docomoを契約していない方」の「SIMカードで契約」を選んで、「次へ」を選択してください。

eSIMで契約するときは、「docomoを契約していない方」の「eSIMで契約」を選んで、「次へ」を選択してください。

契約形態・オプションを選択

「契約形態・オプションの選択」の項目になるので、「他社からの乗り換え(MNP)」を選択してください。

後は画面の指示に従って手続きを進めていってください。

お客さま情報入力の開始画面でdアカウントにログインが必要なので、あらかじめdアカウントを取得しておきましょう。

MNP予約番号は申込時に入力

dアカウントにログインするとMNP予約番号の入力画面になり、MNP予約番号、MNP予約番号予約番号有効期限、MNPで引き継ぎ電話番号の入力を求められます。

この入力欄のすぐ下にある「MNP予約番号を取得されていない方」というのは、これはキャリア別にMNP予約番号の発行方法を案内するだけのものです。契約に必要な選択肢ではありません。

たとえばワイモバイルを選ぶと、ただワイモバイルのMNP予約番号の発行方法を案内してくれます。ただそれだけです。

【おまけ】eSIM契約時の「EID」の確認方法

eSIMを契約するときに、手続きの途中で途中でEIDの入力を求められます。

EIDは、iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」の真ん中らへんにあります。このEIDはコピーできるようになっています。コピーして貼り付ければOKです。

ahamo申し込みで必要なもの

  1. 本人確認書類
  2. クレジットカード
  3. 通帳やキャッシュカードなどの銀行口座の分かるもの
  4. MNP予約番号
  5. キャリアメールアドレス以外の連絡用メールアドレス
  6. カメラ付きスマホ(eKYC用)

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamo(アハモ)のSIMカードが手元に届いてからの手順

簡単な流れ

  • 新スマホの初期設定・セットアップ、データ移行を行い、新スマホが使える状態にする
  • ahamoのWEBサイトで開通手続きをする
  • 回線が今の携帯電話会社からahamoに切り替わる
  • 今の携帯電話会社のSIMカードを挿しているスマホが圏外表示になる
  • スマホにahamoのSIMカードを入れる
  • スマホでAPN設定をする(Androidスマホのみ)
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、正常に利用できることを確認
  • Wi-Fiをオフにして、ahamoの利用開始

【手順①】新スマホのセットアップ、データ移行を行って新スマホが使える状態にする(乗り換えと同時に新スマホを使うとき)

他社からahamoに乗り換えるついでに、新しいスマホを用意してahamoのSIMカードを入れて使うときは、ここらへんで新スマホのセットアップ、古いスマホから新しいスマホへのデータ移行を行いましょう。

SIMカードを入れていなくても新スマホのセットアップやデータ移行はできます。大丈夫です。

昔と比べて、iPhoneもAndroidスマホもデータ移行が簡単になっています。だいたいの人はスマホだけで完結するでしょう。

【手順②】ahamoで開通手続きをする(午前9時から午後9時まで)

今の携帯電話会社からahamoに回線を切り替えるために、ahamo側で開通手続きをする必要があります。

他社から乗り換え時は電話での開通手続きができないので、WEBサイトから開通手続きしてください。

この開通手続きをした瞬間に携帯電話会社との契約が自動解約され、ahamoの利用・課金が開始します。

たとえばauからahamoに乗り換えるときの回線切替手続きの流れには以下のようになります。

  1. ahamoのWEBサイトで開通手続きをする
  2. auのSIMカードを挿しているスマホの電波表示が圏外になる
  3. 回線がauからahamoに切り替わり、ahamoが開通する
  4. auとの契約が自動解約される

他社から乗り換えの場合は、午前9時から午後9時まで

他社から乗り換えでahamoを契約している場合は、事業者間でシステムを連携する都合上、開通手続きの受付時間は午前9時から午後9時までとなります。

受付時間外での手続きの場合はエラーとなるのでご注意ください。

24時間受け付けているのは機種変更・新規契約したときだけです。

ahamoは毎週火曜日の22時から翌日8時30分時まで定期メンテナンスを実施

毎週火曜日の22時から翌日8時30分までは定期メンテナンスを実施しているため、新規契約・乗り換え・プラン変更の手続きができなくなります。

Webでの開通手続き

WEBでの開通手続き

  • ahamoの手続きサイトまたはahamoアプリを起動してログインページを開く
  • 「受付番号でログイン」を選択
  • 「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  • 商品が出荷されると「切り替え(開通)」手続きのボタンが表示される
  • 開通情報を確認して、問題がなければ「開通する」ボタンをクリックする
  • 開通処理完了画面が表示されたら完了

「受付番号でログイン」を選択

受付番号、連絡先電話番号、ネットワーク暗証番号を入力してログイン

【手順③】スマホにahamoのSIMカードを入れて、スマホを再起動

回線切替手続きをすると、今契約している携帯電話会社のSIMカードを挿しているスマホの電波が圏外表示になっているはずです。

スマホに挿さっている今の携帯電話会社のSIMカードを取り出して、ahamoのSIMカードを入れてください。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

スマホにahamoのSIMカードを入れて起動したら、いったんスマホを再起動させてください。

iPhoneの場合

ahamoのSIMカードをiPhoneに入れて起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

Androidスマホの場合

auやソフトバンクなどで購入したAndroidスマホにahamoのSIMカードを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、SIMロック解除手続完了後にauから送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

スマホが1台しかない、パソコンもない人はメールが見れないので注意してください。メモしときましょう。

【手順④】スマホでAPN設定を行う(Androdスマホのみ、iPhoneにある他社APN構成プロファイルは削除)

SIMカードをスマホに入れたら、次はAPN設定が必要になります。

APN設定とは、簡単に言うとスマホがahamoの回線に接続できるようにするための設定のことです。

iPhoneの場合

iPhoneの場合はAPN設定が不要です。SIMカードをiPhoneに挿して開通手続きが完了すると、APN設定が自動で完了します。

iPhoneにUQモバイルやワイモバイルなどのahamo以外のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は、あらかじめ削除しておいてください。

古いAPN構成プロファイルがahamoでの通信を邪魔してしまいます。プロファイルがインストールされていないならOKですl。

Androidスマホの場合

手動でAPN設定が必要になります。

auから販売されたAndroidスマホは、確実に手動でAPN設定が必要になります。

SIMフリーのAndroidスマホは、ドコモのAPN設定があらかじめ導入されていて、SIMカードを挿して「spmode.ne.jp」を選ぶだけで設定が完了するものもあります。

APN設定については以下を御覧ください。

名前好きな名前を設定(ahamoなど)
APNspmode.ne.jp

【手順⑤】発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認

スマホにSIMカードを入れてAPN設定をしたら、発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、正常に利用できることを確認してください。

【手順⑥】開通していることを確認してahamoの利用開始

Wi-Fiをオフにして、電話ができること、SafariやChromeなどのブラウザアプリでWebサイトが見れることを確認してください。

【繋がらない時チェック】発信テストしましたか?他社APN構成プロファイルを削除しましたか?

ahamoの開通手続きのときによくあるのが、

  • 発信テスト用番号に発信していない
  • iPhoneで他社APN構成プロファイルを削除していない
  • スマホのSIMロックを解除していない
  • APN設定をしていない
  • 機内モードが知らないうちにオンになっている
  • データ通信が知らないうちにオフになっている

です。データ通信や音声通話ができないときはまずこれを確認してください。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

mineoで購入したAndroidスマホやiPhoneをahamoで使うときの注意点

mineoで販売されているiPhoneを購入している場合

mineoで販売されているiPhoneはSIMフリー版なので、ahamoに乗り換えてもiPhoneは問題なく利用できます。

iPhoneはドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線/楽天モバイル回線に対応しています。

mineoで販売されているAndroidスマホを購入している場合

mineoでは2015年9月からドコモ回線を利用したプランの提供を開始しているため、少なくともそれ以降に販売開始したスマホは間違いなくドコモ回線に対応しています。

ただし、ahamoで提供されているSIMカードサイズはnanoSIMだけです。スマートフォンのSIMスロットのSIMサイズがnanoSIMではないスマホは使えません。

だいたい2015年~2016年くらいからnanoSIMに切り替わっています。

ahamo(アハモ)のメリット

メリット

  • 安心と信頼のドコモ回線を使用
  • 月間データ容量20GB、超過後は最大1Mbpsで通信できる
  • 5分以内の通話が無料、かけ放題オプションもあり
  • SIMとスマホのセットで契約できる
  • スマホ購入時はケータイ補償サービスやAppleCare + for iPhoneに加入できる
  • 2年縛りや解約金は無い、各種事務手数料が無料

安心と信頼のドコモ回線を使用

ahamoではドコモの高品質な回線を利用できます。

4Gネットワークだけでなく5Gネットワークにも対応しているので、高速・大容量のドコモの瞬速5Gをahamoでも体験できます。

  • ドコモからahamoに移行すると速度が遅くなった
  • ahamoは遅い

とかいう人がたまにいますが、そもそもドコモからahamoに移行するときは「料金プラン変更」扱いです。遅くなること自体がありえません。

どのキャリアや格安SIMでもそうですが、契約した当初・乗り換えた当初は通信速度を測定するアプリを使って速い遅いとか言いますが、ちょっとしたらすぐにそんなこと忘れます。

自分のいる場所、人の混雑具合、時間帯によっていくらでも通信速度はコロコロ変わります。他人の言う速い遅いは当てにしないほうがいいですよ。

月間データ容量20GB、超過後は最大1Mbpsで通信できる

ahamoの月間データ容量は20GBで、超過後は最大1Mbpsで通信できます。

もしも20GBを超えた場合は1GBを550円で追加できます。

海外ローミングは20GBまで無料です。15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。

5分以内の通話が無料、かけ放題オプションもあり

ahamoは5分以内の通話が無料になります。料金に含まれています。ちょっとした電話や店の予約であれば5分以内で終わるでしょう。

家族や友達と長電話をするなら今ならLINEの通話を利用すればいいだけです。

5分じゃ足りないという人は、月額1100円でかけ放題オプションも用意されています。

SIMとスマホのセットで契約できる

ahamoではSIMとスマホのセットが契約できます。スマホ代の支払いは一括払いか36回払いを選択できます。

2021年8月31日時点では、iPhone 11、Xperia 1 II SO-51A、Galaxy S20 5G SC-51Aの3機種が販売されています。

スマホ購入時はケータイ補償サービスやAppleCare + for iPhoneに加入できる

ahamoでは、ケータイ補償サービスとAppleCare + for iPhoneが用意されています。スマホ購入時のみ加入できます。

他社からahamoに乗り換えてSIMカードのみ契約する場合は加入できません。

ケータイ補償サービス

ahamoで端末を購入してケータイ補償サービスに加入した人が利用できます。料金は機種によって異なり、550円~1100円となっています。

スマートフォンの故障・水濡れ・盗難・紛失など、もしものときにあらゆるトラブルをサポートします。

万一、トラブルに遭われた場合には交換電話機が提供されます。その他、故障した機種をお預かりして修理する場合の代金もサポートします。

AppleCare + for iPhone

iPhoneを使っている人はおなじみのAppleCare + for iPhoneにも加入できます。

2年縛りや解約金は無い、各種事務手数料が無料

ahamoは2年縛りや解約金はありません。途中で解約すると契約解除料が求められる、なんてことは絶対にありません。

また、

  • 新規契約事務手数料
  • 機種変更手数料
  • MNP転出手数料

も無料です。気軽にahamoを試すことができます。

なお、解約した月や他社に転出した月は、その月の月額基本料金、通話料、オプション料金などの支払いは必要です。

mineoからahamoに乗り換えるデメリットや注意点

mineoよりも月額料金が高くなる

ahamoは月20GBで月額2980円、mineoは月20GBで月額2178円なので、mineoよりも確実に月額料金が高くなりますが、ahamoはmineoよりも確実に通信が快適になります。

ahamoはドコモ本家回線を使用しているので、mineoと比べると遥かに高速で安定した通信が期待できます。

mineoのように昼休みや通勤時間帯などの混雑する時間帯に通信速度が低下するようなこともないでしょう。

mineoは契約解除料はないが、スマホの分割払いは継続

  • 音声通話サービス契約解除料 : なし
  • MNP転出手数料 : なし
  • スマホの分割払いの残りは継続
  • 乗り換えた当月の月額料金、通話料、オプション料金

音声通話サービス契約解除料

mineoの音声通話SIMを解約するとき、違約金・契約解除料などは発生しません。

MNP転出手数料

mineoから他社に転出するとき、MNP転出手数料はかかりません。

スマホの分割払いの残りは継続

mineoでスマホを分割払いで契約していて、端末代金の支払いがまだ残っている場合は、ahamoに乗り換えても端末代金の支払いは継続されます。

ahamoに乗り換えたからといって、端末代金の支払いがすべてチャラになるということは絶対にありません。

乗り換えた当月の月額料金、通話料、オプション料金

mineoの乗り換えた当月の月額料金、通話料、オプション料金の支払いは当然必要です。

ahamoに乗り換えたからといって、mineoの月額料金がチャラになることはありません。

ahamoでスマホを販売しているが、安いスマホは無い

ahamoでは値段の安いスマホは販売されていません。販売しているスマホが高いと思ったらSIMフリー版Androidスマホを自分で買いましょう。

専用電話アプリが無い

ahamoではmineoでんわのような専用アプリは提供されていません。通話料は30秒ごとに22円かかります。

電話サポートが無い

mineoではmineoサポートダイヤルというものがありましたが、ahamoでは電話サポートは無くチャットサポートのみです。

電話じゃないとダメ、みたいな人はahamoに向いてません。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

 

9月30日まで!ahamoに乗り換え+SIMのみ契約でdポイント7000ポイント還元!(エントリー不要)

2021年9月30日までに、ドコモ以外のキャリアや格安SIMからahamoに乗り換え+SIMのみ契約して、2021年10月15日までにahamoの開通を完了させると、dポイント7000ポイントが貰えるキャンペーンが実施されています。

このキャンペーンはエントリー不要で、契約して適用条件を満たすだけでdポイント7000ポイント還元です。

dポイント進呈は、進呈条件を満たした月の翌々月中旬頃を予定しています。なお、dポイント進呈時点でdポイントクラブ会員になっている必要があります。

キャンペーン詳細は【最新】ahamo(アハモ)キャンペーンまとめをご覧ください。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

-ahamoに乗り換え