OPPO R17 Neo実機レビュー。ディスプレイ指紋認証、メモリ4GB/ストレージ128GBの高コスパスマホ

投稿日:

OPPO R17 Neoをレビュー。日本初、ディスプレイ上に指紋認証センサーが搭載された高コスパスマートフォンです。

OPPO R17 Neoの実機をお借りしています

今回UQ mobile(UQコミュニケーションズ)様よりOPPO R17 Neoのブルーを貸与していただきましたのでレビューを行いたいと思います。

OPPO R17 Neoは2018年11月22日よりUQ mobileのみが独占販売しているスマートフォンです。

販売価格は3万8988円。マンスリー割適用後の毎月の端末代金の支払額は1080円(初回支払い時のみ1188円)で、実質2万6028円になります。

また、最大1万3000円キャッシュバックキャンペーンの対象機種でもあります。キャンペーンを利用することでお得に契約できます。

OPPOについて

OPPOというメーカーを聞いたことがないという人も多いかと思いますが、OPPOは2018年7月~9月の世界におけるメーカー別スマートフォン出荷数ランキングの第5位にランクインしているメーカーです。

OPPOは中国の大手電子機器メーカーの部門を分社化して2003年に設立されました。スマートフォン部門とオーディオビジュアル部門があり、世界的には単に「OPPO」というとスマートフォン部門をいうことが多いです。

日本法人であるOPPO Japanは2017年11月に設立され、2018年1月31日には日本市場参入第一弾のスマートフォン「OPPO R11s」を発表しています。

その後もSIMフリースマートフォンを継続的に市場に投入しており、楽天モバイルやIIJmioなどの格安SIM他社でも販売されています。

フォトレビュー

OPPO R17 Neoは、CPUに Snapdragon 660、メモリ4GB、ストレージ128GBを搭載しています。バッテリーは3600mAh。

付属品はクイックガイド、安全ガイド、保護フィルム(貼り付け済み)、イヤホン、ACアダプタ、マイクロUSBケーブル、SIMピン、スマホケースと充実。

スマホケースが付属し、保護フィルムがすでに貼り付け済みというのは嬉しいですね。

本体前面。上部には水滴状のノッチ(切り欠き)が搭載。設定でもノッチを隠すこと(上部の黒幅を広げる)はできないようです。

画面占有率は約91%。ディスプレイは6.4インチ(2340 x 1080)の有機ELです。インカメラは2500万画素。

本体背面。アウトカメラは200万画素と1600万画素のデュアルレンズを搭載。背面は3Dグラデーションカラーにより、青から赤紫へのグラデーションや独特な縦模様が映し出されます。

背面はツルツルテカテカしているので指紋が目立ちやすいです。カメラ部分はボディから出っ張っています。

本体上部。カメラが出っ張っているのがわかります。

本体左側。電源ボタン。

本体右側、音量ボタンとSIMスロット。

SIMスロットはトリプルスロットを採用しています。nanoSIMカード2枚とmicroSDカード1枚を搭載可能です。

本体下部。イヤホンジャックとスピーカー。充電端子は惜しくもmicroUSBです。

付属のクリアケースをつけてみました。出っ張っているカメラ部分はケースによって平らになります。ボタン部分は覆う形。

OPPO R17 Neo スペック

寸法(高さ×幅×厚さ)約158.3×75.5×7.4mm
質量約156g
ディスプレイ
(サイズ/タイプ/解像度)
6.4インチ/AMOLED/2340x1080
カメラメイン1,600万+200万画素
サブ2,500万画素
電池容量3,600mAh
OSColorOS 5.2
(Based on Android8.1)
チップセットSnapdragon 660(SDM660)
クロック数/コア数1.95GHz/4コア+1.8GHz/4コア
本体メモリ容量ROM128GB
RAM4GB
対応外部メモリ
(規格/最大容量)
microSD、microSDHC、microSDXC、最大256GB
防水×
防塵×
対応言語日本語を含む65カ国
ネットワーク
最大下り速度
下り最大279Mbps
国際ローミング
データ通信はできません
BluetoothBluetooth5.0
Wi-Fi規格a/b/g/n/ac
テザリング
緊急地震速報
津波速報/災害・避難情報

 

OPPO R17 Neoのメリット

  • 日本初!ディスプレイの中に指紋センサーを搭載
  • 6.4インチで画面占有率91%の水滴型ノッチスクリーンを採用
  • アウトカメラは2500万画素のカメラを搭載
  • AIがシーンを自動認識して理想的な写真を簡単に撮影できる
  • Snapdragon 660+メモリ4GB+ストレージ128GBを搭載して3万8988円という異常なコスパの良さ
  • microSDカードも最大256GBまで認識するので容量不足に困ることはまず無い

OPPO R17 Neoのデメリット

  • おサイフケータイを搭載してない
  • 防水・防塵に対応していない
  • USB type-CではなくmicroUSBを搭載

おサイフケータイに対応していないのは、PayPay、楽天Pay、LINE Payなどの決済サービスを利用すれば代替できそうですが、使える店が限られるのが難点です。

microUSBを採用しているのでこれはちょっとマイナスポイントです。同時に発売されたAQUOS sense2ではUSB type-Cを採用しています。

AnTuTu Benchmarkでベンチマークしてスコアを計測

AnTuTu Benchmark v7.1.1で計測。スコアは133421。

AQUOS sense2やHUAWEI P20 liteと比較

AQUOS sense2

HUAWEI P20 lite

AQUOS sense2のスコアは71840で、HUAWEI P20 liteのスコアは87176です。OPPO R17 Neoよりも低いですね。

カメラレビュー

カメラについては申し分なく、非常にキレイに撮ることができているなと感じます。

ポートレートモードははっきりと背景と区別がつく被写体にはよかったですが、曖昧だと難しいですね。

夜景もぼけることなくとても綺麗に撮れています。拡大すると若干のノイズはあります。

カメラの満足度は非常に高いですね。

ディスプレイ指紋認証の認証速度は遅め

日本初のディスプレイ指紋認証が搭載されています。

画面下部の特定位置に指を置くことで認識されますが、置いてから認証されるまで1秒ほどかかってしまいます。サクサクとはいかないかも。

顔認証は素早いです!

「ゲームスペース」でゲーム中の通知などを阻止!

OPPOのスマートフォンには「ゲームスペース」という機能が搭載されます。

この機能は、ゲームアプリを登録(自動登録も可能)することで、ゲームプレイ中にいくつかの機能を付加することができます。

ゲームスペースがもたらしてくれるものは以下の通り。

  • グラフィック加速 : ゲーム表示構成を最適化し、グラフィックを向上
  • スムーズ動作 : システムリソースを効率よく割り当て、ゲーム動作をスムーズに
  • ゲームエンジン : ゲームと電話を最適化し、ゲーム動作をスムーズに
  • ネットワーク保護 : バックグラウンドアプリのネットワーク通信を制限し、ゲームの通信を安定化
  • 邪魔防止 : 着信拒否、通知を非表示

ゲーム中に通知が出てきて邪魔!なんてことはよくあると思います。この機能によってそれらを阻止することができます。音ゲーみたいなゲームにはとても便利かと思います。

UQ mobileのアプリがプリインストール

UQ mobileのアプリがいくつかプリインストール。

UQ mobileでの価格

端末代金

端末代金は3万8988円。

マンスリー割はプランS/M/L問わず540円で、24回分割払い時は初回が1188円、残り23回は1080円になります。(おしゃべりプラン・ぴったりプラン選択時)

2年間の利用が前提ですが、マンスリー割が適用された結果実質2万6028円で購入可能です。

24回払いで購入したときの料金イメージ

月額基本料金+本体代金の月々の支払い例は、おしゃべりプラン・ぴったりプランのプランS選択時は月額3218円~、プランM選択時は月額4298円~、プランL選択時は月額6458円~です。

一括払いで購入したときの料金イメージ

端末代金を一括で支払いった場合は、プランS選択時は月額1598円~、プランM選択時は月額2678円、プランL選択時は月額4838円~になります。

OPPO R17 Neoまとめ

日本初というディスプレイ上での指紋認証に対応し、4万円以下という手頃な価格でスペックもよさげなスマートフォンとなっています。

ゲームも非常に重い動作のものでなければ遊べますし、iPhone Xのようにホームボタンなし、画面占有率が非常に高いなど、今どきというかんじの見た目です。

ただ充電端子がmicroUSBなのが非常に惜しい。また、防水防塵非対応、おサイフケータイ/NFCは搭載されていません。ここらを重視するかたには向かないかもしれません。

カメラは個人的に非常に満足できるものでしたし、メモリは4GB、ストレージ128GBと、大容量のストレージも搭載しており、値段から考えても非常に高コスパであると思います。

AQUOS sense2もレビューしています

OPPO R17 Neoと同時にUQ mobileのラインナップに加わり、現時点での最新機種であるAQUOS sense2のレビューも行っています。

OPPO R17 Neoは最大1万3000円キャッシュバックキャンペーン対象機種です!

UQ mobile(UQモバイル)のキャンペーン専用ページを経由してOPPO R17 Neoを購入してキャンペーン対象プランで契約し、キャッシュバックに関する連絡メール(契約から4ヶ月目)が送付されるまで継続利用した人に現金最大1万3000円が銀行口座にキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの詳細についてはUQモバイルのキャッシュバックキャンペーンのまとめ記事をご覧ください

【6/3で終了!】UQモバイルキャッシュバックキャンペーンまとめ

→UQ mobileのキャンペーン専用ページはこちらから!(キャンペーン専用ページからの申込で適用です)

現金最大1万3000円キャッシュバック!
UQ mobileの申し込みはこちらから!
(UQ mobileのキャンペーン専用ページに移動します)」

 





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, レビュー
-, ,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.