【2018年12月】UQモバイルキャッシュバックキャンペーンまとめ

投稿日:2018/12/12 更新日:


UQ mobile(UQモバイル)キャッシュバックキャンペーンまとめ。SIMも格安スマホもiPhoneも対象。

UQモバイルキャッシュバックキャンペーン

UQモバイルでは、キャンペーン専用ページを経由してSIMやスマホをキャンペーン対象プランで契約すると、契約3ヶ月後に現金最大1万3000円がキャッシュバックされるキャンペーンを当サイト限定で実施しています。

キャッシュバック金額は選んだSIMやスマホではなく、契約するプラン(プランS/M/L部分)によって決まります。キャッシュバック金額の詳細は以下の通り。

キャッシュバック金額

  • データ高速+音声通話プランで契約→5000円CB
  • おしゃべり・ぴったりプランで契約S→1万円CB
  • おしゃべり・ぴったりプランMで契約→1万1000円CB
  • おしゃべり・ぴったりプランLで契約→1万3000円CB

SIMカードのみでも格安スマホでもiPhoneでも、キャンペーン対象プランで契約すれば5000円〜1万3000円キャッシュバックが貰えます。

1人で1回線契約しても最大1万3000円キャッシュバックですし、家族4人で契約すれば最大5万2000円キャッシュバックです。

キャッシュバックは契約3ヶ月後です。具体的に言うと2018年3月20日以降にUQモバイルから申し込み時に登録したメールアドレスにメールが送られてきます。

送られてきたメール内に記載されたURLのページから銀行口座情報を登録すると、最短で即日で登録した銀行口座にキャッシュバックが振り込まれます。

契約してからメールが送られ車での間に、解約・データ容量プラン変更・月額料金未払い・端末返品をするとキャッシュバックが貰えなくなります。普通に利用していれば何も問題ないです。

→UQモバイルキャッシュバックキャンペーン専用ページはこちらから!

現金最大1万3000円キャッシュバック!
UQモバイルの申し込みはこちらから!
(UQ mobileのキャンペーン専用ページに移動)

キャッシュバックキャンペーン適用条件

  1. キャンペーン専用ページから契約する
  2. キャンペーン対象SIM・スマホを購入する
  3. おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L、データ高速+音声通話プランのいずれかのプランで契約する
  4. 新規契約またはMNPで契約する
  5. 契約してから2019年3月20日~3月31日頃にUQモバイルからメールが送られてくるまで、キャンペーン適用対象外になることをしない

キャンペーン専用ページにはキャンペーン対象SIMやスマホしか掲載されていませんし、SIMやスマホ選択後の申込画面ではキャンペーン対象プランのみを表示します。

キャンペーン対象外のSIM・スマホ・プランを選んでしまっていた、ということは絶対に起こりません。

新規契約もMNPもキャンペーン対象。auやau系格安SIMからMNPも対象!

UQモバイルの契約方法は「新規契約」と「MNP」の2つがあります。

UQモバイルキャッシュバックキャンペーンは新規契約もMNPもキャンペーン対象です。

MNPはもっと具体的に言うと、ドコモ/au/ソフトバンクからのMNP、ドコモ系格安SIMからのMNP、au系格安SIMからのMNP、ソフトバンク系格安SIMからのMNPがキャンペーン対象になっています。

新規契約でもどのキャリアや格安SIMからMNPしてきてもキャンペーン対象です。

キャンペーン対象プラン

  • ぴったりプランS/M/L
  • おしゃべりプランS/M/L
  • データ高速+音声通話プラン

キャンペーン対象SIM

  • microSIM
  • nanoSIM
  • マルチSIM
  • nanoSIM(専用)

UQモバイルでは、microSIM, nanoSIM, マルチSIM, nanoSIM(専用)の4つのSIMカードが用意されています。4つ全てキャンペーン対象SIMです。

スマートフォンによって使えるSIMカードが異なります。詳細は動作確認端末一覧をご覧ください。

動作確認端末一覧ページでは「SIM種別」の項目を見てください。ここにSIMカードが記載されています。

たとえばiPhone XのSIM種別は「マルチSIM(nano)」になっています。マルチSIMで申し込みましょう。

microSIM, nanoSIMは、2015年5月以前に発売されたスマートフォンで使えるSIMです。

マルチSIMは、2015年5月以降に発売されたauスマートフォン、iPhone(SIMフリー版/キャリア版iPhone 6s以降の全てのiPhone)、au VoLTE対応SIMフリースマートフォン向けのSIM向けのです。

UQモバイルでは、iPhone 6s以降の全てのiPhoneはマルチSIMで動作確認しています。

nanoSIM(専用)は、iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus専用に提供されているSIMです。3機種以外では使えません。

キャンペーン対象スマホ

  • OPPO R17 Neo
  • AQUOS sense 2
  • AQUOS sense
  • HUAWEI P20 lite
  • HUAWEI nova2
  • DIGNO A
  • arrows M04 PREMIUM
  • iPhone SE, iPhone 6s
  • 【ガラケー】DIGNO Phone

UQモバイルで販売中のスマホ全てがキャンペーン対象スマホです。

どのスマホを選んでも、キャンペーン専用ページを経由してキャンペーン対象プランで契約すれば5000円~1万3000円貰えます。

UQ mobileは幅広いラインナップを用意しています。実質108円になる機種もあるので維持費を抑えたい人にもオススメですよ。

  • スペックで選ぶなら→ダントツでOPPO R17 Neo
  • コスパの良いスマホ→HUAWEI P20 lite, HUAWEI nova2
  • 日本メーカーのスマホがいい人→AQUOS sense 2一択
  • おサイフケータイが欲しい人→今から買うならAQUOS sense2一択

私がオススメしているのはOPPO R17 NeoとAQUOS sense2です。

UQモバイルキャッシュバックキャンペーン専用ページはこちらから!

現金最大1万3000円キャッシュバック!
UQモバイルの申し込みはこちらから!
(UQ mobileのキャンペーン専用ページに移動)

初回契約から90日以内は2回線まで申し込みOK

UQモバイルは契約してから90日までは2回線まで、91日目以降は最大5回線まで契約できます。

UQモバイルでは「回線追加」という概念はないので、1回線ごとに新規契約する必要があります。

夫婦と長男長女の4人家族で契約する場合は、夫+長男、妻+長女というように分けて契約するようにしましょう。

家族4人で契約すれば最大1万3000円×4人=最大5万2000円キャッシュバックです。

どこが申し込みを受け付けてるの?

キャンペーン専用ページから申し込んだ後の受け付け、本人確認、審査、SIMやスマホの発送、サポートはUQモバイル運営元のUQコミュニケーションズが行っています。

SIMやスマホの発送は神奈川県川崎市にある物流センターからで、最短だと申し込んだ日に即日発送されます・配送業者は佐川急便を使っています。

関東から中部地方にかけては発送後1日で到着するようです。Amazonなどの通販サイトで出荷されてから届くまでの日数と同じと考えていいでしょう。

キャンペーン適用対象外になる行為まとめ

キャンペーン適用対象外になる行為は以下の3つです。

  • キャンペーン専用ページ以外からの申し込み
  • UQモバイルを契約してからメールが届くまでの間に、解約・データ容量プラン変更・月額料金未払い・端末の返品
  • UQモバイル申し込み時に登録したメールアドレスが無効

データ容量プラン変更は絶対ダメ

特に注意しないといけないこととしては、「データ容量プランの変更」をするとキャンペーン適用対象外になることが挙げられます。

  • おしゃべりプランS⇔ぴったりプランS→変更しても大丈夫
  • おしゃべりプランM⇔ぴったりプランM→変更しても大丈夫
  • おしゃべりプランL⇔ぴったりプランL→変更しても大丈夫

この変更は大丈夫です。同じデータ容量プランを維持して「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」を行き来するのはOKです。

  • 今おしゃべりプランSを契約している人が、おしゃべりプランM/プランLに上げる→アウト
  • 今おしゃべりプランMを契約している人が、プランSに下げたりプランLに上げる→アウト
  • 今おしゃべりプランLを契約している人が、おしゃべりプランS/プランMに下げる→アウト
  • 今データ高速+音声プランを契約している人が、おしゃべりプラン・ぴったりプランに変える→アウト

この変更はダメです。おしゃべりプランM→ぴったりプランSとかもダメなので注意してください。

とにかく、「プランS」「プランM」「プランL」の部分を変更するとダメです。データ容量プランの見直しはキャッシュバックを貰ってからにしましょう。

なぜダメなのかというと、「1万3000円貰えるプランLで契約して、その後すぐプランSにして維持費を抑える」ということを塞いでいるからです。

プランS/M/Lのどれにする人は、とりあえずプランMで契約して、キャッシュバックを貰ってから好きなプランに変更しましょう。足りなかったらプランLに、プランSでも十分そうならプランSに変えましょう。

メールアドレスが無効でもダメ

UQモバイルからのメールは申し込み時に入力したメールアドレスに送られてきます。このメールが受信できない場合もキャンペーン適用対象外になります。

キャリアのメールアドレスは解約すると使えなくなるので、Gmailなどのフリーメールアドレスを使ってください。

→UQモバイルキャッシュバックキャンペーン専用ページはこちらから!

現金最大1万3000円キャッシュバック!
UQモバイルの申し込みはこちらから!
(UQ mobileのキャンペーン専用ページに移動)

キャッシュバックは契約3ヶ月後。キャッシュバック受け取りの流れ解説

  1. 2019年3月20日~3月31日頃にUQモバイルからメールが送られてくる
  2. メール内にはキャッシュバックを受け取るための手続きをするページのURLが記載されている
  3. ページにアクセスして自分の銀行口座情報を登録する
  4. 口座情報の登録後は金融機関の翌営業日までに口座にキャッシュバックが振り込まれる

CASH POSTのページにアクセスして受け取り手続きを行います

メール内記載のURLからCASH POSTのページにアクセスし、「受付番号」と画像認証キー(不正登録防止のため)を入力します。あとは画面の案内に従って受け取り手続きを行います。

キャッシュバックの受け取り方は、「銀行口座での受け取り」か「ローソン受け取り」になります。受け取り手続きの流れは以下を参照してください。なお、ほとんどの人が銀行口座で受け取っています。

受付番号の打ち間違いや口座番号の打ち間違いには細心の注意を払うようにしてください。受取内容の確認画面に表示される内容で振り込みを行うので、内容に誤りがないか十分確認してください。

銀行口座情報登録後は、原則翌営業日までに登録した銀行口座に現金が振り込まれます。振込手数料はキャンペーン主催者が負担するので満額受け取れます。

6月25日にメールが届いて銀行口座情報を登録し、6月26日に現金が口座に振り込まれた人が複数います。

キャッシュバックを確実に貰うための工夫

  1. UQモバイル申し込み時にメールアドレスを絶対に間違えない
  2. キャンペーン適用対象外になることをしない
  3. 2019年3月20日~3月31日にかけてリマインダーやスケジュールアプリに「UQモバイルキャッシュバックメールチェック!」などと登録しておく
  4. ドメイン受信許可をしておく
  5. UQモバイルからのメールが迷惑メールに分類されるかもしれないので、迷惑メールフォルダもチェック
  6. 銀行口座情報を登録時には口座番号や口座名義人の入力ミスに注意

UQモバイルはきちんと義務を果たしています。「キャンペーン対象外になることをしていないのにキャッシュバックが貰えない」、というのは絶対ありえません。

契約者側もキャッシュバックのことを忘れないでおくこと、手続きを忘れないことが重要です。

「UQモバイルからメールが来ない」「貰えない」という問題について

UQモバイル公式からメールが届かないというのは、

  • ①UQモバイル申込時入力したメールアドレスが間違っている
  • ②UQモバイル側でキャッシュバックの手続きが遅れている
  • ③キャンペーン適用対象外になることをした

の3つの可能性があります。

メールアドレスについては、申込完了後にUQモバイルからメールが来れば大丈夫です。もしもメールアドレスを間違えていたらUQモバイルからのメールが一切届きません。

UQモバイルは、「メールを何日に送る」というのは決めていません。「メールは月末最終日あたりに送られてくる」と思っておきましょう。それよりも前に送られてきたらラッキーです。

UQモバイル側でキャッシュバックの手続きが遅れた結果、月末の本当に最後の日にメールが送られてきたり、最も遅いパターンだと来月頭にメールが送られてきたりすることもあります。

対象なのにメールが来ないというときは問い合わせを

  • メールアドレスを間違えていない
  • キャンペーン対象外になることをしていない

にもかかわらず、UQモバイルからメールがいつになっても来ないというときはUQモバイルに問い合わせしてください。

UQモバイルは店頭でキャッシュバックを実施しているか?

これは完全に時期や店舗によります。

そもそも、ネットで「家電量販店やUQスポットのキャッシュバックをチェックしました」なんて記事があったとしても一切参考になりません。

都内の◯◯ではキャッシュバックをやっていました!条件は~なんて書かれていても、そもそも情報が古いかったり、誰でもそこに行けるわけではないですし、条件なんてコロコロ変わります。

地方在住の人は、「キャンペーンをやっているか確認しにUQスポットやヤマダ電機ベスト電器などの家電量販店行ってみたけど何もやってなかった」なんてザラです。

MNPで札束が飛び交っていた時期もそうでした。地方はキャンペーン内容がしょっぱいですよ。

それならキャッシュバック金額も適用条件も最初から分かっていて、24時間365日いつでも、日本全国どこからでも申し込めるUQモバイルキャッシュバックキャンペーンを利用して契約したほうが圧倒的にお得です。

おしゃべりプラン・ぴったりプランについて

自分の通話スタイルに合わせて以下の2つの通話プランが用意されています。自分の利用スタイルに合った通話プランを選ぶことができます。

  • 5分以内の国内通話が何度でも無料になる「おしゃべりプラン」
  • 無料通話分が毎月最大180分付与される「ぴったりプラン」

UQ mobileでは、以下の3つの月間データ容量が用意されています。自分の利用スタイルに合った月間データ容量を選ぶことができます。

  • 月額料金1980円でデータ容量最大3GBの「プランS」
  • 月額料金2980円でデータ容量最大7GBの「プランM」
  • 月額料金4980円でデータ容量最大21GBの「プランL」

データ高速+音声プランについて

データ高速+音声プランは、月額1814円で月間データ通信量3GBまで利用できる無料通話分がついていないプランです。

「SIMカードのみがほしい」「無料通話分はいらないからとにかく安く運用したい」という人向けに提供されています。

月間データ通信量3GBを超えると速度制限され、送受信時最大200kbpsになります。通話料は30秒ごとに21円かかります。

さらに、データ高速+音声通話プランは、端末代金の値引き、月額料金の割引、マンスリー割などが一切適用されません。

SIMカードのみを契約する場合のチェックすること3つ

SIMカードのみを契約する場合は、以下の3つを動作確認端末一覧でチェックしましょう。

  1. 自分が今使っている/購入を検討しているスマホがUQモバイルで動作確認されているか?
  2. スマホのSIM種別はmicroSIM, nanoSIM, マルチSIM, nanoSIM(専用)のどれになるか?
  3. SIMロック解除が必要かどうか?(docomo, au, SoftBankで購入したスマホの場合)

ドコモ・au・ソフトバンクで販売されていたiPhoneやAndroidスマートフォンにUQモバイルのSIMを挿して利用する場合は、スマートフォンのSIMロック解除が必須です。

auのAndroidスマートフォンやiPhone1のSIMロック解除方法は以下の記事で解説しています。とても簡単ですよ。

なお、2015年5月以降に発売されており、UQモバイルで動作確認されているスマートフォンのSIM種別は全てマルチSIMです。iPhone 6s以降のiPhoneは全てマルチSIMです。

マルチSIMについて

UQモバイルのマルチSIMは、この画像のように「自分で任意のSIMサイズに切り取る」ようになっています。

SIMの大きさは、標準SIM→microSIM→nanoSIMの順で小さくなっていきます。nanoSIMは一番小さいサイズのSIMなので、切り取りは絶対失敗しません。

最近のスマートフォンのSIMサイズは「nanoSIMサイズ」が主流ですし、2015年5月以降に発売されたスマートフォンはほぼ全てマルチSIM(nano)で動作確認されています。

UQモバイルで使えるiPhoneまとめ

UQモバイルで使えるiPhoneまとめ(au版)

SIMロック解除適合するSIM
au版iPhone XR不要マルチSIM(nano)
au版iPhone XS Max不要マルチSIM(nano)
au版iPhone XS不要マルチSIM(nano)
au版iPhone X不要マルチSIM(nano)
au版iPhone 8 Plus不要マルチSIM(nano)
au版iPhone 8不要マルチSIM(nano)
au版iPhone 7 Plus必要マルチSIM(nano)
au版iPhone 7必要マルチSIM(nano)
au版iPhone SE必要マルチSIM(nano)
au版iPhone 6s Plus必要マルチSIM(nano)
au版iPhone 6s必要マルチSIM(nano)
au版iPhone 6 Plus不要nanoSIM(専用)
au版iPhone 6不要nanoSIM(専用)
au版iPhone 5s不要nanoSIM(専用)

UQモバイルで使えるiPhoneまとめ(SIMフリー版)

SIMロック解除適合するSIM
iPhone XR不要マルチSIM(nano)
iPhone XS Max不要マルチSIM(nano)
iPhone XS不要マルチSIM(nano)
iPhone X不要マルチSIM(nano)
iPhone 8 Plus不要マルチSIM(nano)
iPhone 8不要マルチSIM(nano)
iPhone 7 Plus不要マルチSIM(nano)
iPhone 7不要マルチSIM(nano)
iPhone SE不要マルチSIM(nano)
iPhone 6s Plus不要マルチSIM(nano)
iPhone 6s不要マルチSIM(nano)
iPhone 6 Plus不要nanoSIM(専用)
iPhone 6不要nanoSIM(専用)
iPhone 5s不要nanoSIM(専用)

UQモバイルで使えるiPhoneまとめ(ドコモ版/ソフトバンク版)

SIMロック解除適合するSIM
iPhone XR必要マルチSIM(nano)
iPhone XS Max必要マルチSIM(nano)
iPhone XS必要マルチSIM(nano)
iPhone X必要マルチSIM(nano)
iPhone 8 Plus必要マルチSIM(nano)
iPhone 8必要マルチSIM(nano)
iPhone 7 Plus必要マルチSIM(nano)
iPhone 7必要マルチSIM(nano)
iPhone SE必要マルチSIM(nano)
iPhone 6s Plus必要マルチSIM(nano)
iPhone 6s必要マルチSIM(nano)
iPhone 6 Plus利用不可利用不可
iPhone 6利用不可利用不可
iPhone 5s利用不可利用不可

キャンペーン対象スマートフォンの価格まとめ

格安スマホの販売価格とマンスリー割金額と毎月の実質負担額

製品名端末代金プランマンスリー割毎月の
実質負担額
実質価格
OPPO R17 Neo3万8988円
(初回1728円
(23回:月額1620円)
プランS
プランM
プランL
-540円1080円/月実質2万5920円
AQUOS sense 23万6396円
(初回1620円)
(23回:月額1512円)
プランS
プランM
プランL
-432円1080円/月実質2万5920円
HUAWEI P20 lite3万1212円
(初回1404円)
(23回;月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-756円540円/月実質1万3068円
AQUOS sense3万1212円
(初回1404円)
(23回:月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-1296円0円実質108円
DIGNO A3万1212円
(初回1404円)
(23回:月額1296円)
プランS-972円324円/月実質7884円
プランM
プランL
-1296円0円実質108円
arrows M04
PREMIUM
3万1212円
(初回1404円)
(23回:月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-1296円0円実質108円
HUAWEI nova 23万1212円
(初回1404円)
(23回:月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-1296円0円実質108円
DIGNO Phone2万844円
(初回972円)
(23回:月額864円)
プランS
プランM
プランL
-864円0円実質108円

iPhoneの販売価格とマンスリー割金額と毎月の実質負担額

製品名販売価格プランマンスリー割毎月の
実質負担額
実質価格
iPhone SE 32GB4万4172円
(初回1944円)
(23回:月額1836円)
プランS
プランM
プランL
-864円432円/月実質1万576円
iPhone 6s 32GB5万9724円
(初回2592円)
(23回:月額2484円)
プランS-864円1620円/月実質3万8988円
プランM-1404円1080円/月実質2万6028円
プランL-1404円1080円/月実質2万6028円
iPhone 6s 128GB7万2684円
(初回3132円)
(23回:月額3024円)
プランS-864円2160円/月実質5万1948円
プランM-1404円1620円/月実質3万8988円
プランL-1404円1620円/月実質3万8988円

UQモバイルのオススメスマホを紹介

OPPO R17 Neo

OPPO R17 Neoは、OPPO製として国内初のUQモバイル独占販売モデルになります。2018年のトレンドであるノッチ、デュアルカメラ、指紋認証機能を搭載。HUAWEI P20 liteよりもスペックはかなり上です。

メモリ4GB/ストレージ128GB搭載しているのも特徴で、さらにmicroSDが最大256GBまで対応しているので、よっぽどのことがなければ容量不足に陥ることはないかと思います。

プロセッサはSnapdragon 660を採用。UQモバイルのAndroidスマホの中ではスペックはダントツでナンバーワンです。スペックを重視するならOPPO R17 Neoを買うのが一番いいです。

ディスプレイの中に指紋センサーを内蔵した最先端の技術を搭載。指先でディスプレイに触れるだけですばやく正確に指紋を認識して、画面ロックを解除できます。iPhoneのTouch IDのような感じで指紋を登録していきます。

画面は水滴型ノッチスクリーンとベゼルを狭くすることで、画面占有率91%を達成。カメラはAI機能を搭載した「A.I.インテリジェントカメラ」を採用。A.I.が被写体を、風景、料理、動物というように120のシーンを識別して、シャッターを押した瞬間に最適な写真映りに補正します。

AQUOS sense2

AQUOS sense2は、AQUOS senseの後継モデル。AQUOS senseと比べると、プロセッサSnapdragon 430からSnapdragon 450に強化され、WiFiはIEEE802.11 b/g/nからIEEE802.11 a/b/g/n/acとフル対応させてきました。

おサイフケータイを搭載しているので、これからおサイフケータイを搭載したスマートフォンを買いたいという人はAQUOS sense一択です。

AQUOS sense2は、見やすく高精細の約5.5インチフルHD+ IGZOディスプレイは、18:9の縦長大画面で、広い範囲を表示できるので、長文サイトも快適に閲覧できます。

キャップレス防水構造を採用し、水回りでも安心して使える防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)に対応。

水濡れに強いIGZOディスプレイとタッチパネルで、画面に水滴が付いていてもスムーズな動作を実現し、お風呂タイムやお料理をしながらでも快適に操作できます。

メインカメラでは、AQUOS sense比で明るさが約50%アップし、屋内などの薄暗いシーンでも被写体のリアルな質感や色が残せます。また、メインカメラは「AIオート機能」を搭載しており、撮影するシーンに合わせてAIが撮影モードを自動でセレクトします。

【高コスパ・2018年を代表する格安スマホ】HUAWEI P20 lite

ファーウェイ製スマートフォン。HUAWEI P10 liteの後継機種。超狭額縁ディスプレイ、Kirin 659、メモリ4GB、ストレージ32GB、ノッチ(切り欠き)、デュアルカメラ、顔認証機能を搭載した2018年を代表すると言っても過言ではないスマホ。

メインカメラは約1600万画素+約200万画素のダブルレンズで、一眼レフのような美しいボケ味を演出。インカメラにも約1600万画素のカメラを搭載。

→UQモバイルキャッシュバックキャンペーン専用ページはこちらから!

現金最大1万3000円キャッシュバック!
UQモバイルの申し込みはこちらから!
(UQ mobileのキャンペーン専用ページに移動)

 

  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-UQ mobile, キャンペーン
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.