【2019年4月】UQモバイルキャッシュバックキャンペーンまとめ

投稿日:

 


【当サイト限定】UQ mobile(UQモバイル)キャッシュバックキャンペーンまとめ。申込から受取、キャッシュバックはいつになるか?など解説。SIMのみ、格安スマホ、iPhone、口座振込でも対象。

全てのSIMとスマホが対象!契約3ヶ月後に最大1万3000円キャッシュバック!

UQモバイルのキャンペーン専用ページを経由して、UQモバイルのSIMやスマホを契約すると、契約したプランに応じて現金最大1万3000円がキャッシュバックされます。

  1. 2019年4月にUQモバイルを契約→2019年4月が契約月
  2. 契約後から2019年7月20日~31日まで継続利用する
  3. 2019年7月20日~31日にUQモバイルからメールが送られてくる
  4. メール内に記載されているURLのページで銀行口座情報を登録
  5. 登録した銀行口座にキャッシュバックが振り込まれる

キャンペーン対象プランとキャッシュバック金額

キャンペーン対象プランはぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L、データ高速+音声通話プランで、契約するプランに応じてキャッシュバック金額が異なります。

キャッシュバック金額は以下の通り。

データ高速+
音声通話プラン
5000円
おしゃべりプランS1万円
おしゃべりプランM1万1000円
おしゃべりプランL1万3000円
ぴったりプランS1万円
ぴったりプランM1万1000円
ぴったりプランL1万3000円

 

どのSIMやスマホを選んでも、「データ高速+音声通話プラン」が5000円CB、「おしゃべり/ぴったりプランS」が1万円CB、「おしゃべり/ぴったりプランM」が1万1000円CB、「おしゃべり/ぴったりプランL」が1万3000円CBです。

新規契約・MNP転入でSIMだけ契約したい人も、スマホを契約したい人も、どんな人でもキャンペーン対象プランで契約すればキャッシュバックが貰えます。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

キャッシュバックで初期費用回収後手元に残る額

プラン名キャッシュバック金額初期費用手元に
残る金額
データ高速+
音声通話プラン
5000円3000円2000円
おしゃべりプランS
ぴったりプランS
1万円3000円7000円
おしゃべりプランM
ぴったりプランM
1万1000円3000円8000円
おしゃべりプランL
ぴったりプランL
1万3000円3000円1万円

新規契約、またはMNP転入(違約金なし)のときに手元に残るのは以上の金額になります。

キャッシュバックを料金還元にあてたときの割引額(1ヶ月あたり)

プラン名キャッシュバック金額1ヶ月あたり
データ高速+
音声通話プラン
5000円208円
おしゃべりプランS
ぴったりプランS
1万円416円
おしゃべりプランM
ぴったりプランM
1万1000円458円
おしゃべりプランL
ぴったりプランL
1万3000円541円

 

キャッシュバック受け取りの流れを解説

step
1
UQモバイルからメールが送られてくる

2019年7月20日~31日頃になると、UQモバイル申し込み時に登録したメールアドレス宛にメールが送られてきます。

以下のメールアドレスとタイトルを使って送っています。

  • UQモバイルが使うメールアドレス→uq-cashback@dsg.uqc.jp
  • メールのタイトル→【UQmobile】 ご契約特典のご連絡」

このメールが届いて初めてキャッシュバックを貰える権利が確定します。

いつ送るかというのは決めていないので、7月20日以降は毎日メールチェックをしましょう。

メールの内容は以下の通りです。

UQ mobileのご利用ありがとうございます。
ご契約特典の受け取り方法についてご案内いたします。

【お受取内容】
受付番号 : xxxx-00000000(英字4桁+数字6~8桁)
振込金額 : 10,000円
受取期限 : 2018/*/**

~~~~~~~~~~~~中略~~~~~~~~~~~~~~

◇◆受取り手続き方法(銀行振込) ◆◇
------------------------
1.下記のURLにアクセスしてください。
URL~~~
2.受付番号を入力してください。
3.画面の案内に従い受取り手続きをしてください。

step
2
キャッシュバックを振り込んでほしい口座を登録する

UQモバイルから送られてくるメール内には、キャッシュバックの受取手続き=銀行口座情報を登録するためのページのURLが記載されています。

キャッシュバックの受け取りには、「キャッシュポスト(CASHPOST)」という送金サービスを利用します。

メール内やCASH POSTのページに記載されている手順に沿って銀行口座情報を登録してください。

銀行口座情報が間違っているとキャッシュバックが振り込まれないので注意してください。

step
3
振込先登録完了メールが送られてくる

銀行口座情報を登録すると、振り込み登録完了のお知らせといったタイトルのメールが送られてきます。

step
4
キャッシュバックが最短即日で振り込まれる

ジャパンネット銀行を指定した場合は、24時間以内に口座に振り込まれます。

ジャパンネット銀行以外の金融機関の口座を指定した場合は、平日15時までに登録すれば当日に、平日15時以降に登録すれば原則翌営業日までに口座に振り込まれます。

振込手数料はキャンペーン主催者が負担するので満額受け取れます。受け取り側の人は負担しません。

6月25日にメールが届いて銀行口座情報を登録し、6月26日に現金が口座に振り込まれた人が複数います。

メールを確実に受け取る工夫

  1. リマインダーやスケジュールアプリに「UQモバイルキャッシュバックメールチェック!」などと登録しておく
  2. 「uqmobile.jp」および「uqc.jp」ドメインの受信許可をしておく
  3. UQモバイルからのメールが迷惑メールに分類されるかもしれないので、迷惑メールフォルダもチェック

UQモバイルはきちんと義務を果たしています。契約者側もキャッシュバックが貰えることを忘れないでおくこと、メールに気づくこと、キャッシュバック受け取り手続きを忘れないことが重要です。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  • キャンペーン専用ページから申し込む
  • キャンペーン対象SIMやスマホをキャンペーン対象プランで新規契約(MNP転入含む)する
  • 契約してからUQモバイルからメールが送られてくるまで継続利用(2019年7月20日~31日頃送付)

キャンペーン専用ページから申し込んだ時点でほとんどキャンペーン適用条件を満たしています。

あとはキャンペーン適用対象外になる行為をしなければいいだけです。

キャンペーン対象プラン

  • ぴったりプランS/M/L
  • おしゃべりプランS/M/L
  • データ高速+音声通話プラン

キャンペーン対象SIMカード

  • microSIM
  • nanoSIM
  • マルチSIM
  • nanoSIM(専用)

キャンペーン対象スマートフォン

  • OPPO R17 Neo
  • AQUOS sense2
  • HUAWEI nova lite 3
  • HUAWEI P20 lite
  • AQUOS sense
  • Phone 7
  • iPhone 6s
  • おてがるスマホ01

キャンペーン適用対象外になる行為

キャンペーン適用対象外になる行為

  • UQモバイルの解約
  • データ容量プランの変更
  • 月額料金の未払い
  • 端末の返品

キャンペーン対象SIMやスマホを契約してから2019年7月20日~31日頃にUQモバイルからメールが送られてくるまでの間に、これらの行為をするとキャンペーン対象外になります。

特に注意しないといけないのはデータ容量プランの変更です。うっかりプランを変更するとキャッシュバックが貰えなくなることがあります。

プラン変更してもキャッシュバックが貰えるパターンと貰えなくなるパターンをまとめました。

プラン変更しても大丈夫なパターン

  • ぴったりプランS⇔おしゃべりプランS
  • ぴったりプランM⇔おしゃべりプランM
  • ぴったりプランL⇔おしゃべりプランL

同じデータ容量(プランS/M/L)を維持したままぴったりプランとおしゃべりプランを行き来するのはOKです。

プラン変更するとキャッシュバックが貰えなくなるパターン

  • プランSからプランM/プランLに変更
  • プランMからプランS/プランLに変更
  • プランLからプランS/プランMに変更
  • データ高速+音声通話プランからおしゃべりプラン・ぴったりプランへの変更

ダメなのは「プランS/M/L」を変更してしまうことです。

要は、「おしゃべりプランLで契約して1万3000円キャッシュバックを適用させ、契約後すぐにおしゃべりプランSに変更する」、ということを塞いでいるのです。

キャンペーン対象では”ない”プラン

  • データ高速プラン
  • データ無制限プラン
  • データ無制限+音声通話プラン

以上の3つのプランはキャンペーン対象プランではありません。

この3つのプランに申し込んでもキャッシュバックは貰えません。

そもそも申し込みページでは以上の3つのプランは選択できない・表示されないようになっています。元々表示されません。バグでもなんともありません。

新規契約もMNPもキャンペーン対象。auやau系格安SIMからMNPも対象!

UQモバイルの契約方法は「新規契約」と「MNP」の2つがあります。UQモバイルキャッシュバックキャンペーンは新規契約もMNPもキャンペーン対象です。

若干くどくなりますが、キャンペーン対象になる組み合わせを全てまとめました。

  • UQモバイルを新規契約+SIMカードのみ契約
  • UQモバイルを新規契約+スマホを契約
  • ドコモ/au/ソフトバンクからMNP転入+SIMカードのみ契約
  • ドコモ/au/ソフトバンクからMNP転入+スマホを契約
  • ドコモ系格安SIMからMNP転入+SIMカードのみ契約
  • ドコモ系格安SIMからMNP転入+スマホを契約
  • ソフトバンク系格安SIMからMNP転入+SIMカードのみ契約
  • ソフトバンク系格安SIMからMNP転入+スマホを契約
  • au系格安SIMからMNP転入+SIMカードのみ契約
  • au系格安SIMからMNP転入+スマホを契約

どんな契約方法でも大丈夫です。対象外になることは何もありません。

  • 今auを契約していて、UQモバイルへのMNPを検討している
  • 手持ちのiPhoneをSIMロック解除してUQモバイルでも利用したい
  • SIMカードのみ契約したい

こんな人ももちろんキャンペーン対象になるのでご安心ください。

キャンペーン対象の支払い方法

UQモバイルの月額料金支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替が選択可能です。

しかし。「新規契約+口座振替」はWebからの申し込みは全てキャンセルされてしまいます。どうしても新規契約*口座振替がいいという人は実店舗に行って契約しましょう。

MNP転入の場合は口座振替でも支払えるのでご安心ください。

  • 【Web申込可能】新規契約+クレジットカード払い→キャンペーン対象
  • 【Web申込可能】MNP転入+口座振替→キャンペーン対象
  • 【Web申込可能】MNP転入+クレジットカード払い→キャンペーン対象
  • 【Web申込不可】新規契約+口座振替→キャンペーン適用対象外

キャンペーンを利用した申し込みの流れ

step
1
キャンペーン専用ページにアクセスしてSIMやスマホを選択

UQモバイルキャッシュバックキャンペーン専用ページにアクセスし、SIMやスマホを選択します。

選択後は個別の申込画面になります。あとは手順に沿って手続きをしていきます。

step
2
本体カラーを選択

希望する本体カラーを選択。

step
3
契約方法を選択

契約を方法を選択します。なお、新規契約の場合は支払い方法がクレジットカード払い限定になります。新規契約で口座振替を選択してもUQモバイルから申し込みがキャンセルされます。

step
4
購入方法を選択

支払方法を選択します。24回払いか一括払いになります。どちらで購入してもキャンペーン対象なのでご安心ください。

step
5
料金プランを選択

料金プランを選択します。「データ高速+音声通話プラン」は、「その他のプラン+」を選択すると表示されます。

増量オプションは申し込みにチェックが入った状態になっています。増量オプション適用時にデータ容量・無料通話が最大2倍になります。

新規契約と同時に増量オプションを申し込むと2年間無料で利用できるのでぜひとも増量オプションを申し込みましょう。

step
6
オプションサービスを選択

任意でオプションサービスを選択します。

step
7
アクセサリー・オプション品を選択

アクセサリーなども任意で選択します。

step
8
利用者の年齢確認

年齢確認があるのでどちらかを選択。

step
9
明細(支払額)とキャッシュバック金額を確認

最後に明細(支払額)が表示されます。ここまで選択したものがきちんと表示されているか確認しましょう。

また、この明細部分でキャンペーンを適用されているかどうか確認できます。明細の最下部にて「キャッシュバック(口座振込) ◯円分の対象です。」と表示されていればOK。

キャンペーン専用ページからの申込であれば絶対に適用されているのでご安心ください。

step
10
同意事項や個人情報・支払い情報を選択して契約を完了させる

契約時の同意事項、個人情報、料金の支払方法および請求先情報を入力する画面になります。順番に入力していき契約を完了させましょう。

step
11
本人確認書類のアップロード

契約完了後は免許証などの本人確認書類のアップロードが必要になります。メールが送られてくるので、案内に従ってスマホで撮影した本人確認書類のデジタルデータをアップロードしてください。

本人確認書類は記載内容がはっきりと読み取れる画像になっているか確認してください。光って反射して文字が読み取れないとNGをくらう可能性があります。

また、免許証の裏面に記載がある場合、補助書類が必要な場合はそちらも用意してください。

step
12
商品の発送

申し込み手続きおよび本人確認が完了次第、最短即日でSIMやスマホが発送されます。

step
13
利用開始

届いたSIMやスマホで通信・通話をして利用開始します。UQモバイルの利用開始からオプション設定までをまとめたガイドが同梱されているのではじめての人でも安心です。

キャンペーンが適用されているかは申込画面の「明細」で確認できます

キャンペーン専用ページ内にあるSIMやスマホを選択すると申込画面に移動します。

契約方法や料金プランを選択していくと、最後に明細(支払額)が表示されます。

この明細部分でキャンペーンを適用されているかどうか確認できます。明細の最下部にて「キャッシュバック(口座振込) ◯円分の対象です。」と表示されていればOK。

この画像だとおしゃべりプランSを選択しているので、「キャッシュバック(口座振込) 10,000円分の対象です。」と表示されています。

申し込み前の最後の画面でも確認できます

個人情報や料金支払い方法を入力し、申し込み完了前に表示される最後の確認画面でも、キャンペーンが適用されているかどうかを確認できます。

「その他お申し込み内容」の「キャッシュバック」の項目で、「口座振込○円(4ヶ月目)」と表示されていることを確認してください。

この画像だとおしゃべりプランSを選択しているので、「口座振込10,000円(4ヶ月目)と表示されています。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

当サイトで紹介しているキャンペーンのメリット

キャンペーンのメリット

  • 最も安全・最もお得にUQモバイルを申し込める
  • どのSIMやスマホを選んでも現金最大1万3000円キャッシュバック
  • 口座振替でも契約できる(MNP転入限定)+キャンペーン対象
  • 契約3ヶ月後キャッシュバックと最速レベル
  • 不要なオプションやコンテンツをつけられることは一切無い
  • いつでも実施していて確実にキャンペーンを利用して申し込める

最も安全・最もお得にUQモバイルを申し込めてキャッシュバックも貰える

  • 【UQモバイル公式サイト】https://www.uqwimax.jp/
  • 【UQモバイル公式オンラインショップ】https://www.uqwimax.jp/shop_m/
  • 【キャンペーン専用ページ】https://www.uqwimax.jp/promotion/~

uqwimax.jpは、UQモバイル運営元のUQコミュニケーションズしか利用できないアドレスです。

キャンペーン専用ページから申し込んでも、公式オンラインショップから申し込んでも、申し込みを受け付けるのはUQモバイル運営元のUQコミュニケーションズです。

申し込みの受付から、本人確認書類のアップロード先、審査、SIMやスマホの発送、サポート、キャッシュバック業務、個人情報の管理などは、全てUQコミュニケーションズが担当しています。

UQコミュニケーションズ以外の第三者に個人情報が渡るようなことはありません。ご安心ください。

固定回線・モバイル回線では公式サイトに載っていないキャンペーンはよくあることです

「公式サイトのキャンペーン情報ページに載らないキャンペーンがある」というのは、固定回線系・WIMAX系・モバイル回線系サービスではよくあることで、決して珍しいことではないです。

具体例を出すと、ソニーネットワークコミュニケーションズの光ファイバーサービスの「NURO光」では、NURO 光 3.5万円キャッシュバック&割引キャンペーンが実施されています。

このキャンペーンは、キャンペーン一覧ページには掲載されておらず、公式サイトからアクセスできないように独立しています。こっそり実施していて、それに気づくかどうかでお得さが全然違ってきます。

当サイトで紹介しているキャッシュバックキャンペーンもこれと同じパターンです。

当サイトで紹介しているキャッシュバックキャンペーンやキャンペーン専用ページが最も安全である根拠は先述しています。

どのSIMやスマホを選んでも現金最大1万3000円キャッシュバック

当サイト紹介の
キャッシュバックキャンペーン
公式オンラインショップの
キャッシュバックキャンペーン
データ高速+音声通話プラン5000円3000円
おしゃべりプランS1万円3000円
おしゃべりプランM1万1000円3000円
おしゃべりプランL1万3000円3000円
ぴったりプランS1万円3000円
ぴったりプランM1万1000円3000円
ぴったりプランL1万3000円3000円

公式オンラインショップで実施しているのはSIMのみを対象にした3000円キャッシュバックです。

当サイトのキャンペーンは、全てのSIMやスマホが対象で、5000円~1万3000円キャッシュバックです。公式オンラインショップから申し込むよりも圧倒的にお得です。

SIMカードも全種類対象で、スマホもiPhone 7、AQUOS sense2、HUAWEI nova 3 lite、OPPO R17 Neoなどを含む全てのスマホが対象です。

家電量販店や実店舗などではSIMカードのみの申し込みはキャンペーン対象外、もしくは良くても初期費用無料ということが多いですが、当サイトのキャンペーンではSIMだけ申し込んでも5000円~1万3000円貰えます。

口座振替でも契約できる(MNP転入限定)+キャンペーン対象

UQモバイルは口座振替で料金の支払いが可能な貴重な格安SIMですが、新規契約+口座振替はWebからの申し込みを一切受け付けていません。

  • ドコモ/au/ソフトバンクからUQモバイルにMNP転入+SIMやスマホを契約
  • ドコモ系/au系/ソフトバンク系格安SIMからUQモバイルに乗り換え+SIMやスマホを契約

であれば、支払い方法が口座振替でもWebからの申し込みOKで契約可能、なおかつ当サイトで紹介しているキャッシュバックキャンペーンの適用対象です。

どのSIMやスマホを申し込んでも最大1万3000円キャッシュバックが貰えます。

参考

  • auからUQモバイルに乗り換え+SIMカードのみ契約+口座振替 : キャンペーン対象
  • auからUQモバイルに乗り換え+iPhone 7契約+口座振替 : キャンペーン対象

どうしても新規契約+口座振替で契約したい場合はUQスポットや家電量販店などに行かないと契約できません。

契約3ヶ月後にキャッシュバックが貰える

契約3ヶ月後にキャッシュバックが貰えるのは、格安SIM会社が実施しているキャッシュバックキャンペーンのなかでは最速レベルです。

こんなに早く貰えるのはUQモバイルだけです。他社だと6~12ヶ月かかります。

不要なオプションやコンテンツに加入する必要がない

家電量販店や実店舗などでは、キャッシュバック条件として、「オプションやコンテンツに加入必要」という条件が設けられていることがありますが、当サイトのキャンペーンでは一切そのようなことはありません。

キャッシュバックを貰うためにオプションやコンテンツに加入する必要は一切ありません。

いつでも実施していて確実にキャンペーンを利用して申し込める

このキャッシュバックキャンペーンは、2016年10月から継続して実施しているものです。もう2年以上実施しているので、毎年予算を確保してキャンペーンを実施しているのは間違いないです。

また、いつでもどこでも、どこに住んでいても、誰でもこの条件で申し込めるのがこのキャッシュバックキャンペーンの一番のメリットであると考えています。

  • 家電量販店や街の携帯ショップでキャンペーンを探し回したけど無かった
  • あるにはあったけどキャンペーン内容がショボかった
  • そもそも家の近くに家電量販店や実店舗が無い
  • 家電量販店や実店舗があるにはあるけど遠くて行きづらい

などなどいろいろな事情があるかと思います。

そんな人は、確実に実施しているこのキャッシュバックキャンペーンを利用したほうが時間的にも体力的にもお得です。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

初回は1人最大2回線まで契約可能

UQモバイルは、初回契約から90日までは1人で2回線まで契約可能で、91日目以降からは1人で最大5回線まで契約可能です。

つまり、1人で2回線申し込むと最大2万6000円キャッシュバック、夫婦2人で4回線申し込むと最大5万2000円キャッシュバックになります。

家族でUQモバイルを契約するのもいいですし、親にスマホを持たせるためにおしゃべりプランSを2回線契約するのもいいですね。

キャッシュバックキャンペーンを利用してお得に契約しましょう

UQモバイルキャッシュバックが最もお得な理由・メリット

  • 契約3ヶ月後に現金キャッシュバックが貰える
  • キャッシュバック金額がau系MVNOでは一番高い
  • auやau系格安SIMからのMNP、口座振替での支払い、iPhone 7/6sも対象
  • 有料オプションやコンテンツ加入はキャンペーン適用条件に含まれていない
  • 午前中申込なら最短で即日発送。土日祝日も休まず発送
  • 謎の手数料を上乗せされることがない

UQモバイルの申し込みはこちらから!

 

申込時や契約後にやってはいけないこと・注意すること(キャンペーン適用対象外になる行為)

申し込み時に注意すること

  1. キャンペーン専用ページ以外から申し込みをしない
  2. Amazonなどで販売されているエントリーパッケージで申し込みをしない
  3. ビックカメラなどの家電量販店で申し込みをしない
  4. 使えなくなるメールアドレスを使って申し込みをしない
  5. 新規契約+口座振替はWeb契約不可。MNP転入+口座振替はWeb契約可能

このなかで特に注意するべきなのは、(4)と(5)になります。

契約後に注意すること

  • UQモバイルからメールが送られてくるまでの間に、解約・データ容量プランの変更・月額料金の未払い・端末の返品をしない

キャンペーン専用ページ以外から申し込みをしない

キャンペーン専用ページから絶対に申し込んでください。

UQモバイル公式オンラインショップや検索結果に表示されるUQモバイル正規代理店から申し込むと、当サイトで紹介しているキャッシュバックキャンペーンは適用されません。

エントリーパッケージや家電量販店で申し込みをしない

Amazonなどで販売されているエントリーパッケージや、ビックカメラなどの家電量販店からの申し込みでは、当サイトで紹介しているキャッシュバックキャンペーンは適用されません。

エントリーパッケージや家電量販店で実施しているキャンペーンと、当サイトで紹介しているキャッシュバックキャンペーンとの併用は不可能です。申し込んだ方で実施しているキャンペーンが適用されます。

使えなくなるメールアドレスを使って申し込まない!

UQモバイル申し込み時に登録したメールアドレスが無効になっていて、UQモバイルがキャッシュバックに関するメールを送信できなかった場合もキャッシュバックが貰えません。

ドコモ/au/ソフトバンクで使っている、@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpといったキャリアメールのメールアドレスは乗り換え・解約すると使えなくなります。

申し込みにはYahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスを利用してください。

Webからは新規契約+口座振替は申し込みできません

実はUQモバイルは、SIMやスマホを購入+新規契約+口座振替での契約はWebからの申し込みは一切受け付けていません。

つまり、新規契約+口座振替で契約を検討している人はキャッシュバックキャンペーンの対象外になります。

どうしても新規契約+口座振替で契約したい人はUQスポットや家電量販店に行って契約するしかないです。

以下の組み合わせなら申し込みできます

  • SIMやスマホを購入+新規契約+クレジットカード払いで契約
  • SIMやスマホを購入+MNP転入+クレジットカード払いで契約
  • SIMやスマホを購入+MNP転入+口座振替で契約

MNP転入(他社から乗り換え)なら口座振替でも契約できます。

【契約後】解約、データ容量プラン変更、月額料金の未払い、端末の返品をするとアウト

UQモバイルの解約、データ容量プランの変更、月額料金の未払い、端末の返品をするとキャッシュバックが貰えなくなります。

特に注意しないといけないのはデータ容量プランの変更です。うっかりプランを変更するとキャッシュバックが貰えなくなることがあります。

プラン変更してもキャッシュバックが貰えるパターンと貰えなくなるパターンをまとめました。

  • プラン変更してもキャッシュバックが貰えるパターン
    • ぴったりプランS⇔おしゃべりプランS
    • ぴったりプランM⇔おしゃべりプランM
    • ぴったりプランL⇔おしゃべりプランL

同じデータ容量(プランS/M/L)を維持したままぴったりプランとおしゃべりプランを行き来するのはOKです。

  • プラン変更するとキャッシュバックが貰えなくなるパターン
    • プランSからプランM/プランLに変更
    • プランMからプランS/プランLに変更
    • プランLからプランS/プランMに変更
    • データ高速+音声通話プランからおしゃべりプラン・ぴったりプランへの変更

ダメなのは「プランS/M/L」を変更してしまうことです。

要は、「おしゃべりプランLで契約して1万3000円キャッシュバックを適用させ、契約後すぐにおしゃべりプランSに変更する」、ということを塞いでいるのです。

これは申し込むプランによってキャッシュバック金額が変動するキャッシュバックキャンペーンではよくあることです。決して意地悪しているわけではありません。

データ容量プランを変更するなら、UQモバイルからメールが送られてきてから変更するのが一番です。

審査後申し込みNGにされてしまうこと

  • 本人確認書類の画像が見切れている・光が反射していて正しく読み取れない場合
  • 本人確認書類に記載の住所と、申し込み時に入力した住所が一致しない場合
  • UQモバイルの契約者名義と、申し込みで利用したクレジットカード名義が違う場合

本人確認書類の画像の不備、入力不備、名義違いはどの格安SIMでも申し込みNGになります。これはUQモバイルだけでなく、色々な格安SIMで申し込みNGにされてしまいます。

  • 契約者は妻、利用者も妻、クレジットカードの名義は夫→NG
  • 契約者は妻、利用者は子供、クレジットカードの名義は妻→OK
  • 契約者は夫、利用者は妻、クレジットカードの名義は夫→OK

キャッシュバックを確実に貰うための工夫

  1. UQモバイル申し込み時にメールアドレスを絶対に間違えない
  2. キャンペーン適用対象外になることをしない
  3. 2019年7月20日~31日にかけてリマインダーやスケジュールアプリに「UQモバイルキャッシュバックメールチェック!」などと登録しておく
  4. ドメイン受信許可をしておく
  5. UQモバイルからのメールが迷惑メールに分類されるかもしれないので、迷惑メールフォルダもチェック
  6. 銀行口座情報を登録時には口座番号や口座名義人の入力ミスに注意

UQモバイルはきちんと義務を果たしています。「キャンペーン対象外になることをしていないのにキャッシュバックが貰えない」、というのは絶対ありえません。

契約者側もキャッシュバックのことを忘れないでおくこと、手続きを忘れないことが重要です。

「UQモバイルからメールが来ない」「貰えない」という問題について

UQモバイルからメールが届かないというのは、

  • ①UQモバイル申込時入力したメールアドレスが間違っている
  • ②UQモバイル側でキャッシュバックの手続きが遅れている

の2つの可能性があります。

メールアドレスについては、申込完了後にUQモバイルからメールが来れば大丈夫です。もしもメールアドレスを間違えていたらUQモバイルからのメールが一切届きません。

UQモバイルは、「メールを何日に送る」というのは決めていません。「メールは月末最終日あたりに送られてくる」と思っておきましょう。それよりも前に送られてきたらラッキーです。

UQモバイル側でキャッシュバックの手続きが遅れた結果、月末の本当に最後の日にメールが送られてきたり、最も遅いパターンだと来月頭にメールが送られてきたりすることもあります。

対象なのにメールが来ないというときは問い合わせを

  • メールアドレスを間違えていない
  • キャンペーン対象外になることをしていない

にもかかわらず、UQモバイルからメールがいつになっても来ないというときはUQモバイルに問い合わせしてください。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

キャッシュバックキャンペーンを利用して複数回線契約するときの注意点

初回契約から90日以内は2回線まで申し込みOK

UQモバイルは契約してから90日までは2回戦まで、91日目以降は最大5回線まで契約できます。UQモバイルでは「回線追加」という概念はないので、1回線ごとに新規契約する必要があります。

夫婦と長男長女の4人家族で契約する場合は、夫+長男、妻+長女というように分けて契約するようにしましょう。家族4人で契約すれば最大1万3000円×4人=最大5万2000円キャッシュバックです。

契約者(契約する人)と利用者(利用する人)は別々にできます

  • 「契約するのも利用するのも自分」はもちろん、「契約するのは自分で利用するのは自分の子供や親」と設定もできます
  • 申し込み時に「利用者から見た契約者との関係」を設定できます。子・親・祖父母・孫・配偶者・ひ孫・甥・姪・その他が用意

複数回線を契約するときに一番簡単で手間がかからないのは、自分が契約者=利用者で2回線契約することです。これなら利用者の本人確認書類を用意せずに済みます。

夫・妻・長男・長女の4人家族でスマホ4台を契約する場合は、夫が契約者=利用者で2回線、妻も契約者=利用者で2回線契約すればOK。

複数回線申し込む場合はその都度キャンペーン専用ページを経由してください

複数回線契約する場合は、1回線ずつキャンペーン専用ページを経由して申し込むようにしてください。

UQモバイルはSIMカードの追加発行などはできないので、1回線ずつ契約するしかないです。

キャンペーン専用ページを経由して1回線目の契約が終わったら、もう一度キャンペーン専用ページを経由して2回線目を契約してください。

キャッシュバックキャンペーンと併用できるUQモバイル公式キャンペーン

UQモバイルで実施中キャンペーン

  • ファミゼロ学割
  • UQ家族割
  • イチキュッパ割
  • 増量オプション2年間無料キャンペーン
  • DIGNO Phoneメール無料キャンペーン
  • 下取りキャンペーン

当サイトで紹介しているキャッシュバックキャンペーンは、ファミゼロ学割やUQ家族割、イチキュッパ割、増量オプション2年間無料キャンペーン、DIGNO Phoneメール無料キャンペーン、下取りキャンペーンと併用可能です。

学生がいる家族にオススメしたいのはファミゼロ学割を併用して契約、複数回線契約するならUQ家族割を利用したほうがオススメです。

学生や学生と同時に契約する家族が対象!「ファミゼロ学割」

UQモバイルでは、5歳~18歳以下の人を対象にした「ファミゼロ学割」が2018年12月1日から2019年5月31日まで実施します。

キャンペーン内容は、①月額基本使用料が最大3~5ヶ月間無料に、②次の機種変更までデータ増量が無料=増量オプションの利用料金が無料になる、という内容です。

  • 5歳~18歳が契約
    • 月額料金が最大3ヶ月無料
    • 次の機種変更までデータ増量が無料(増量オプションの利用料金が無料)
  • 新中高生が契約(2003年4月2日から2004年4月1日までおよび2006年4月2日から2007年4月1日まで)が契約
    • 月額料金が最大5ヶ月無料
    • 次の機種変更までデータ増量が無料(増量オプションの利用料金が無料)
  • 期間中に新規契約とUQ家族割の申し込みをした家族
    • 月額料金が最大3ヶ月無料
    • 大人はもともとデータ増量が2年間無料(増量オプションの利用料金が無料)

学割シーズンは子供にスマホをもたせるなら絶好のタイミングで、各社様々なキャンペーンを展開します。子供にスマホを持たせたい人はこの機会に契約しちゃいましょう。

夫婦で契約するとき、1人で2回線契約するとき、UQモバイルのSIMやスマホを契約して親に渡したりするときにはファミゼロ学割は一切関係ないです。

ファミゼロ学割の適用の流れ(学生の場合)

  1. 20歳以上の契約者(親権者)の利用者として申し込む
    つまり親が契約者、子供が利用者にして申し込みます
  2. 本人確認書類のアップロード時に以下の2つをアップロードしてください
    「契約者(親権者)の本人確認書類」
    「利用者(子供)の本人確認書類」
  3. 契約完了でファミゼロ学割が自動で適用されます

ファミゼロ学割を適用させるために、店舗や電話での申し込みをする必要はありません。

キャンペーン実施期間中に対象年齢の人が新規契約すると自動的に適用されます。

ファミゼロ学割の適用の流れ(家族の場合)

  • UQモバイルを申し込む
  • 学生回線と家族回線でUQ家族割に加入する
  • UQ家族割に加入したと同時にファミゼロ学割が自動適用

複数回線契約すると2台目以降は毎月500円割引!「UQ家族割」

  • 【名称】UQ家族割
  • 【契約対象プラン】おしゃべりプラン・ぴったりプラン
  • 【適用条件】対象プランを家族や1人で複数回線(2回線以上)を契約
  • 【適用される内容】2回線目以降は月額500円割引。1回線目(親回線)は割引されない
  • 【適用期間】対象プランを契約している間ずっと有効
  • 【申し込み】店頭の場合は適用には申し込みと家族であることを証明する書類が必要

UQ家族割はおしゃべりプラン・ぴったりプランを契約&UQ家族割を組んでいる間はずっと500円割引が適用されます。親回線も子回線もおしゃべりプラン・ぴったりプランを契約している必要があります。

なお、1回線目(親回線)は適用されないので注意。適用されるのは子回線のみです。

UQ家族割が適用されたときのおしゃべりプラン・ぴったりプランの料金イメージは以下の通り。

プラン名初月~13ヶ月目14ヶ月目以降
おしゃべりプランS月額1480円月額2480円
おしゃべりプランM月額2480円月額3480円
おしゃべりプランL月額4480円月額5480円
ぴったりプランS月額1480円月額2480円
ぴったりプランM月額2480円月額3480円
ぴったりプランL月額4480円月額5480円

キャッシュバックとファミゼロ学割やUQ家族割を併用するとお得

最大1万3000円キャッシュバックキャンペーンとファミゼロ学割やUQ家族割は併用可能です。

キャッシュバックキャンペーンを利用して申し込むからといって、他のキャンペーンや割引が適用されないということは絶対にないのでご安心ください。

ファミゼロ学割の内容

  • 5歳~18歳の学生が対象
  • おしゃべりプラン・ぴったりプラン契約が条件
  • 最大3ヶ月間または5ヶ月間基本使用料が無料
  • 次の機種変更までデータ増量が無料(増量オプションの利用料金が無料

おしゃべりプランSを契約したとすると1980円×3ヶ月=5940円無料!

増量オプションは月額500円ですが、ファミゼロ学割が適用されているなら機種変更するまでずっと無料です。

UQ家族割の内容

  • 複数回線契約すると適用できる
  • 2回線目(子回線)以降は毎月500円割引
  • 1回線目(親回線)は適用されない
  • 親回線も子回線もおしゃべりプラン・ぴったりプラン契約が条件
  • 親回線と子回線が同一性・同一住所であれば電話でも申し込み可能!

UQ家族割は解約するまでずっと適用されます。

子供2人のスマホを親が契約してファミゼロ学割を適用、さらに2回戦を使ってUQ家族割を組むこともできます。

たとえば、家族バラバラでキャッシュバックキャンペーンを利用してUQモバイルを契約したとしても、全員が同一性で同一住所、つまり同じ家に住んでいる家族であればUQ家族割を適用できます。

苗字や住所に相違があると本人確認書類や戸籍謄本などを用意する必要があって面倒なので注意。

店に行かなくてもUQ家族割が適用できる(同一性・同一住所に限る)

そもそもUQスポットや家電量販店が近くにないというときはUQお客さまセンターに電話すれば申し込みできます。

◆UQお客さまセンター(電話)でのお申込み
【同一姓・同一住所の場合】
・親回線の契約者のご本人確認情報
・追加される子回線のご契約者それぞれの氏名、電話番号および住所
【苗字・住所に相違がある場合】
電話ではお申込みいただけません。

データ容量最大2倍!2年間無料キャンペーン

【名称】データ容量最大2倍!2年間無料キャンペーン
【契約対象プラン】おしゃべりプラン・ぴったりプラン
【適用条件】対象プラン契約と同時に増量オプションに加入
【適用される内容】オプション料金(500円/月)が最大25ヶ月間無料、データ容量が最大2倍
【申し込み】必要。契約時にデフォルトでチェックが入っている
【適用対象外プラン】データ高速+音声通話プラン

DIGNO Phoneメール無料キャンペーン

【名称】DIGNO Phoneメール無料キャンペーン
【契約対象プラン】おしゃべりプラン・ぴったりプラン
【適用条件】DIGNO Phoneを購入して対象プランで契約
【適用される内容】UQモバイルの月額200円の有料メールサービス(@uqmobile.jp)が無料で利用可能
【申し込み】不要。自動で適用
【適用対象外プラン】データ高速+音声通話プラン

DIGNO Phone限定でUQモバイルの有料メールサービスが無料になります。DIGNO Phoneは一切オススメしませんが、どうしてもガラケーがいいという人向けです。

下取りキャンペーン

MNP新規や機種変をした人を対象に、今まで利用していたスマホを下取りし、下取り対象機種によって毎月の基本使用料から割引します。

対象なのはGalaxyとiPhoneとXperiaだけです。それ以外のスマホを使っている人は下取りは利用できません。なのであまりオススメはしません。

下取り対象機種と割引額のpdfはこちらから。下取りに出さずに売ったほうが下手したら儲かりますし、2017年に発売されたスマホもまだまだ現役で使えるので下取りに出すのはやめたほうがいいです。

AQUOS sense2購入&応募で電子マネーギフト3000円分プレゼント

キャンペーン期間中にUQモバイルのAQUOS sense2を購入して応募すると、電子マネーギフト3000円分がプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

購入期間は2019年2月20日から2019年3月31日まで、応募期間は2019年2月20日から2019年4月7日までです。

このキャンペーンはシャープが実施しているキャンペーンです。

HUAWEI P20 lite購入&応募で3000円分の商品券プレゼント

キャンペーン期間中にHUAWEI P10 liteを購入して応募すると、3000円分の商品券がプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

購入期間は2019年3月1日から3月31日まで、応募期間は2019年3月1日から4月10日までです。

商品券は2019年4月下旬以降順次発送されます。

このキャンペーンはファーウェイ・ジャパンが実施してえるキャンペーンです。

電子マネーギフトについて

電子マネーギフトはEJOICAセレクトギフトになります。

さまざまな提携先(カード等)の中からお好きな電子マネー等を選択し、各電子マネー等の登録サイトにてギフトIDを登録することで、ギフト金額をお持ちの電子マネー等に交換することができます。

NTTカードソリューションのオリジナルサービスです。

登録可能な提携先

  • nanaco
  • Rakuten Edy
  • Amazonギフト券
  • WAONポイント
  • 出光キャッシュプリカ
  • カエトクカード
  • HMV Gift Card
  • NET CASH

UQモバイルとUQ WiMAXセットで契約すると「ギガMAX月割」適用で毎月300円割引

UQ mobileとWiMAX 2+を同一名義で対象の料金プランに加入の上、ギガMAX月割に申し込むと、UQ mobile回線の月額基本使用料から毎月300円を割引します。

Webからでも申し込みは可能です。

対象のプラン

  • UQ mobileの対象料金プラン:おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L
  • WiMAX 2+の対象料金プラン:UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)、UQ Flatツープラス(3年/4年)
    • ハート割の3年/4年プランも対象
    • ギガMAX月割の対象となるWiMAX提供事業者と料金プランは別途ホームページで案内

注意事項

  • WiMAX 2+契約1回線につき、UQ mobile契約1回線申し込みが可能。申込月の翌月利用分から割引を適用
  • UQ mobileとWiMAX 2+の両方ともギガMAX月割の対象料金プランが適用されている場合に割引。また、UQ mobileとWiMAX 2+が同一名義で契約されている場合に適用。法人契約は対象外
  • UQ家族割の子回線でギガMAX月割を申し込みした場合、そのUQ家族割グループの親回線から300円/月を割引
    • この場合、子回線は割引されません。なお、同一のUQ家族割グループ内で複数の申し込んだ場合でも割引額は300円
  • UQ mobileが解約された場合またはギガMAX月割が解約された場合、解約月の前月ご利用分をもって割引を終了
    • また、WiMAX 2+が解約された場合またはギガMAX月割の適用対象外の料金プランへのプラン変更があった場合、解約月またはプラン変更のお申し込みをされた月をもって割引を終了
  • UIMカードの変更を伴うWiMAX 2+の機種変更等によりWiMAX 2+の電話番号が変更になった場合でも、ユーザーよる手続きは不要

UQモバイルの申し込みはこちらから!

iPhone 7 32GBモデルを契約したときの料金モデルケース

iPhone 7 32GBモデルの販売価格は6万7932円で、24回分割払いだと初回のみ3348円、残り23回は月額2808円になります。

おしゃべりプラン・ぴったりプランで契約するとマンスリー割という割引が2年間適用されます。プランSは毎月864円、プランM/Lは毎月1404円割引されます。

マンスリー割が適用された結果、毎月の実質負担額は、プランSは初回支払い2484円/残り23回は月額1944円、プランM/Lは初回支払いは1944円、残り23回は月額1404円になります。

最終的なiPhone 7 32GBモデルの実質価格は、プランSは実質4万7196円、プランM/プランLは実質3万4236円になります。

データ高速+音声通話プランでの契約も可能ですが、マンスリー割が適用されないので、24回分割払いだと初回のみ3348円、残り23回は月額2808円になります。

マンスリー割でいくら割引されてるの?

  • プランS選択時→2年間で2万736円割引される
  • プランM選択時→2年間で3万3696円割引される
  • プランL選択時→2年間で3万3696円割引される
  • データ高速+音声通話プラン選択時→0円(マンスリー割は非適用)

マンスリー割が適用されることによって、2年間で総額2万736円~3万3696円割引されています。

iPhone 7の端末代金+料金プランを合わせた毎月の支払い例

おしゃべりプラン・ぴったりプランのプランSは、初回支払い時のみ4622円、2~13ヶ月目は4082円、14ヶ月目以降は月額5162円になります。

おしゃべりプラン・ぴったりプランのプランMは、初回支払い時のみ5162円、2~13ヶ月目は4622円、14ヶ月目以降は月額5702円になります。

おしゃべりプラン・ぴったりプランのプランLは、初回支払い時のみ7322円、2~13ヶ月目は6782円、14ヶ月目以降は月額7862円になります。

14ヶ月目以降はイチキュッパ割の適用が終了するため、月額基本料金が+1000円増えています。

Apple Care+for iPhoneに加入する場合は666円が毎月プラスされます。加入をオススメします。

データ高速+音声通話プランは、24回分割払いだと初回のみ3348円、残り23回は月額2808円になります。

最大1万3000円キャッシュバックを貰ったときの実質的な端末価格

  • プランS選択時→実質4万7196円-1万円キャッシュバック=実質3万7196円
  • プランM選択時→実質3万4236円-1万1000円キャッシュバック=実質2万6196円
  • プランL選択時→実質3万4236円-1万3000円キャッシュバック=実質2万4196円
  • データ高速+音声通話プラン選択時→6万7932円-5000円キャッシュバック=実質6万2932円

最大1万3000円キャッシュバックを貰うと、最安で実質2万4196円になります。

UQモバイルでiPhoneを買うことのメリット

  1. UQモバイルで用意されているApple Care+に加入できる
  2. 新品のiPhone 7を手に入れられる
  3. iPhone 7でもテザリングができる
  4. MNP転入の場合は口座振替でiPhoneが買える

UQモバイルは口座振替でも契約できる貴重な格安SIMですが、Webからの申し込みの場合は、MNP転入時のみ口座振替で月額基本料金や端末代金の支払いが可能になっています。

口座振替で契約できる格安SIMを会社はかなり少ないです。口座振替で契約可能!となっていても、「端末を購入するなら口座振替はNG、クレジットカード払いのみ」ということがほとんどです。

そんな中例外なのがUQモバイルです。MNP転入であれば口座振替でSIMカードまたはスマホを契約できるようになっています。もちろんここで紹介しているiPhone 7も契約できますよ。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

UQモバイルでは実質108円/540円になるスマホあり!仕組みを解説

UQ mobileではぴったりプラン・おしゃべりプランを契約して同社指定のスマートフォンを購入すると「マンスリー割」という独自の割引が適用されます。

スマホやプランにもよりますが、「月々の端末代金の支払いの金額」-「マンスリー割で割引される金額」=0円、つまり毎月の端末代金の支払いが実質0円になるスマホがあります。

マンスリー割について

マンスリー割は、対象機種に応じてUQ mobile指定の金額を契約2ヶ月目から25ヶ月目までの間、月額料金を上限として割引する割引サービスのことです。

ドコモの「月々サポート」、auの「毎月割」、ソフトバンクの月月割」と仕組みは全く同じです。それのUQモバイル版だと思えばOKです。

マンスリー割は端末代金に対してではなく、月額基本料金に対して適用されます。

また、マンスリー割によって割引される金額はスマートフォンによって異なりますし、プランS/M/Lでも金額が異なります。

初回支払い時は108円/540円支払いが発生

ただし、初回支払時は実質0円にはならず、「月々の端末代金の支払いの金額」-「マンスリー割で割引される金額」=108円/540円の支払いが発生します。

実質108円/540円って?そんな額なら0円にすればいいじゃん?

最初に108円/540円の支払いを発生させる理由は、総務省が「実質0円」で販売することを禁止しているからです。

少しでも支払いを発生させないと総務省から指導を受けてしまう可能性があります。

実質108円/540円になるのは2年間しっかり利用したときです

なお、実質108円または540円になるのは、24回払いをしっかり完了したときだけになります。

端末代金の支払いは毎月発生していて、それがマンスリー割によって相殺/割引されているだけです。

途中で機種変更をしたり解約したりすると、分割支払金の残債を支払うことになるので注意してください。

実質108円/540円になるスマホ、実質108円にならないスマホ

実質108円/540円になるスマホ、実質108円にならないスマホは以下の通り。

実質108円になるスマホ

  • AQUOS sense
  • HUAWEI P20 lite
  • DIGNO A
  • arrows M04 PREMIUM
  • DIGNO Phone

実質540円になるスマホ

  • HUAWEI nova lite 3

実質108円にならないスマホ

  • OPPO R17 Neo
  • AQUOS sense2
  • Phone 7
  • iPhone 6s
  • おてがるスマホ01

AQUOS senseを例に上げて説明

たとえば実質108円になるAQUOS senseは、24回払いの場合は初月のみ1404円、残り23回は1296円、マンスリー割はプランS/M/L問わず1296円になっています。

初月はマンスリー割が適用されて1404円-1296円=108円、残り23回は1296円-1296円=0円になります。初月のみ108円多い金額が請求されるようになっています。

分割支払金マンスリー割実質負担額残りの
支払い金額
初回支払い1404円-1296円108円29808円
2回目支払い1296円-1296円0円28512円
3回目支払い1296円-1296円 0円27216円
4回目支払い1296円-1296円 0円25920円
5回目支払い1296円-1296円 0円24624円
6回目支払い1296円-1296円 0円23328円
7回目支払い1296円-1296円 0円22032円
8回目支払い1296円-1296円 0円20736円
9回目支払い1296円-1296円 0円19440円
10回目支払い1296円-1296円 0円18144円
11回目支払い1296円-1296円 0円16848円
12回目支払い1296円-1296円 0円15552円
13回目支払い1296円-1296円 0円14256円
14回目支払い1296円-1296円 0円12960円
15回目支払い1296円-1296円 0円11664円
16回目支払い1296円-1296円 0円10368円
17回目支払い1296円-1296円 0円9072円
18回目支払い1296円-1296円 0円7776円
19回目支払い1296円-1296円 0円6480円
20回目支払い1296円-1296円 0円5184円
21回目支払い1296円-1296円 0円3888円
22回目支払い1296円-1296円 0円2592円
23回目支払い1296円-1296円 0円1296円
24回目支払い1296円-1296円 0円0円

初回支払時だけは108円を支払いますが、残り23回は毎月の実質負担額、つまり毎月の端末代金の支払いは実質0円になります。

ただし、マンスリー割のおかげで分割支払金が相殺されて0円になっているだけなので、端末代金の支払い自体は行っていることに注意してください。

たとえば12回目の支払いのときに機種変更すると、残り1万5552円(月額1296円×12ヶ月)の支払いが発生します。

24回払いで購入する場合【プランM/L選択で実質108円になる端末】

たとえばarrows M04 PREMIUMのように、プランSを選ぶと実質108円にはならず、プランM/Lを選ぶと実質108円になる機種があります。

これはもちろんマンスリー割の金額がプランSとプランM/Lで異なるからです。

24回払いで購入する場合【実質108円にならない端末】

たとえば、2019年3月12日時点では実質108円にならないAQUOS sense2は、マンスリー割が適用されるおかげで一括払いで購入するよりも1万368円安くなり、実質2万6028円になっています。

分割支払金マンスリー割実質支払額残りの
支払い金額
初回支払い1620円-432円1188円1188円
2回目支払い1512円-432円1080円2268円
3回目支払い1512円-432円1080円3348円
4回目支払い1512円-432円1080円4428円
5回目支払い1512円-432円1080円5508円
6回目支払い1512円-432円1080円6588円
7回目支払い1512円-432円1080円7668円
8回目支払い1512円-432円1080円8748円
9回目支払い1512円-432円1080円9828円
10回目支払い1512円-432円1080円1万908円
11回目支払い1512円-432円1080円1万1988円
12回目支払い1512円-432円1080円1万3068円
13回目支払い1512円-432円1080円1万4148円
14回目支払い1512円-432円1080円1万5228円
15回目支払い1512円-432円1080円1万6308円
16回目支払い1512円-432円1080円1万7388円
17回目支払い1512円-432円1080円1万8468円
18回目支払い1512円-432円1080円1万9548円
19回目支払い1512円-432円1080円2万628円
20回目支払い1512円-432円1080円2万1708円
21回目支払い1512円-432円1080円2万2788円
22回目支払い1512円-432円1080円2万3868円
23回目支払い1512円-432円1080円2万4948円
24回目支払い1512円-432円1080円2万6028円

 

一括払いで購入する場合

一括払いの場合は、端末代金の支払いがない場合は月額基本料金に対してマンスリー割が適用されます。

UQmobile-AQUOS-L2-newprice2

UQmobile-AQUOS-L2-newprice4

たとえばAQUOS senseを例に挙げて説明すると、一括払いだともちろん毎月の負担額なんてものはないですから、月額基本料金に大してマンスリー割が適用されます。

プランSの場合は13ヶ月間限定ではありますが、毎月842円だけで済みます。14ヶ月目以降は毎月1922円になります。

データ高速+音声通話プランで【割賦契約対象端末】を購入してもマンスリー割は適用されない

割賦契約対象端末をデータ高速+音声通話プランで契約する場合、マンスリー割はどの機種であっても、一括払いだろうが24回払いだろうが適用されません。

UQmobile-data-voice-plan

この通り。端末代金の実質負担額が0円になったり、維持費が安くなったりすることはありません。AQUOS L2の場合は毎月1296円請求されます。

UQモバイルのおしゃべりプラン/ぴったりプランについて解説

ここではキャンペーン対象プランであるおしゃべりプラン・ぴったりプランについて解説します。

UQモバイルでは、1回あたり5分以内の国内通話が何度でもかけ放題がついたおしゃべりプランと、最大180分の無料通話分が毎月付与されるぴったりプランの2つの通話プランが用意されています。

自分の利用スタイルに合った通話プランを選ぶことができます。おしゃべりプラン・ぴったりプランは毎月変更可能です。

月間データ容量はプランS/M/Lの3プランが用意されています。プランS/M/Lは毎月変更可能です。

プラン名無料通話月間データ容量
おしゃべりプランS5分かけ放題最大3GB
おしゃべりプランM5分かけ放題最大9GB
おしゃべりプランL5分かけ放題最大21GB
ぴったりプランS最大60分の無料通話分最大3GB
ぴったりプランM最大1200分の無料通話分最大9GB
ぴったりプランL最大180分の無料通話分最大21GB

プランSは料金を抑えたい人に、プランMはネットも通話もちょうどいいバランスで、プランLはたっぷりネットを楽しみたい人におすすめです。

先述した通りおしゃべりプラン・ぴったりプランとプランS/M/Lは毎月変更可能です。はじめはプランMとかで様子を見て、後からプランSに引き下げるかプランLに引き上げるか考えるのもいいですね。

増量オプションの加入が必須

増量オプションを申し込むことで、おしゃべりプラン・ぴったりプランの月間データ容量が最大3GB/9GB/21GBになり、ぴったりプランS/M/Lの無料通話分2倍(60分/120分/180分)になります。

増量オプションに加入して増えたデータ容量は、自分で毎月増量オプション分のデータ容量をチャージする必要があります。

参考

  • プランSは、基本データ容量2GB+増量オプション1GB=最大3GB利用可能
  • プランMは、基本データ容量6GB+増量オプション3GB=最大9GB利用可能
  • プランLは、基本データ容量14GB+増量オプション7GB=最大21GB利用可能

増量オプションのオプション料金は毎月500円ですが、新規契約時や機種変更時にオプション料金が2年間無料になるキャンペーンが適用されます。最初の2年間は無料です。

UQモバイルは、500MBのデータチャージ料金は500円なので、500MBのデータチャージを1回行うだけで元が取れます。

節約モードならデータ消費ゼロ

UQモバイルでは、受診時最大225Mbpsで高速通信できる高速モードと、送受信最大300kbpsの低速で通信する「節約モード」の2つのモードが通信モードが用意されています。

節約モード時はTwitterやFaceBook、音楽ストリーミングサービスをどれだけ使ってもデータ消費はゼロになります。

通信モードはUQ mobileポータルアプリでワンタッチ・簡単に切り替えることができます。

解除料について

契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月間を契約期間とします。25ヵ月目の翌月を「更新月」といいます。

更新月以外に解約すると契約解除料として9500円が発生します。

更新月に解約の申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。

契約して2年後もUQモバイルに残るか、それともMVNO他社に移動するかは完全に自由ですが、個人的には更新月にMNPしてY!mobileを契約して、2年後にまたUQモバイルに戻ってくるのが賢い利用法であると考えています。

おしゃべりプラン・ぴったりプラン契約で適用される料金割引施策

おしゃべりプラン・ぴったりプランを契約すると、イチキュッパ割・スマトク割・長期利用割引の3つの割引施策が適用されます。

イチキュッパ割

イチキュッパ割は、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lを契約した人に対して、課金開始月から起算して13ヶ月間月額料金から1000円を割引します。

スマトク割

スマトク割は、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lを契約した人に対して、課金開始月から起算して25ヶ月間月額料金から1000円を割引します。

長期利用割引

ぴったりプラン・おしゃべりプランを契約している人が26ヶ月目以降も継続して利用する場合、長期利用割引として月額料金から1000円を割引します。

なお、最初の更新月に解約の申し出がない場合に自動で適用になります。

  • ぴったりプランS、おしゃべりプランS約約の場合:割引後2980円
  • ぴったりプランM、おしゃべりプランM契約の場合:割引後3980円
  • ぴったりプランL、おしゃべりプランL契約の場合:割引後5980円

新規でぴったりプラン、おしゃべりプランを契約の場合は26ヶ月目が最初の更新月になります。

データ高速+音声通話プラン、データ無制限+音声通話プランからぴったりプラン・おしゃべりプランにプラン変更場合は、その変更が適用となった月から25ヶ月目が、最初の更新月となります。

【注意】おしゃべりプラン・ぴったりプランが月額1980円~で利用できるのは13ヶ月目まで

UQモバイルが月額1980円~で利用できるのは13ヶ月目までです。14ヶ月目以降は月額2980円~になります。

1~13ヶ月目(~1年目)の月額基本料金

1~13ヶ月目まではイチキュッパ割とスマトク割の2つの割引が適用されることによって、月額1980円~で利用できます。

イチキュッパ割は13ヶ月目で終了します。スマトク割は25ヶ月目まで継続します。

キャンペーン対象プラン月額基本料金適用される割引
ぴったりプランS
おしゃべりプランS
月額1980円イチキュッパ割(▲1000円)
スマトク割(▲1000円)
ぴったりプランM
おしゃべりプランM
月額2980円
ぴったりプランL
おしゃべりプランL
月額4980円

14~25ヶ月目(~2年目)の月額基本料金

14~25ヶ月目まではスマトク割が適用されることによって、月額2980円~で利用できます。スマトク割は25ヶ月目で終了します。

26ヶ月目以降は長期利用割引(-1000円)が適用されます。

キャンペーン
対象プラン
月額基本料金適用される割引
ぴったりプランS
おしゃべりプランS
月額2980円スマトク割(▲1000円)
ぴったりプランM
おしゃべりプランM
月額3980円
ぴったりプランL
おしゃべりプランL
月額5980円

 

【注意】「月額1480円」は2回線目以降の話+契約13ヶ月目まで

月額1480円~で利用できるのは、

  • おしゃべりプラン・ぴったりプラン2回線以上契約している
  • UQ家族割が適用できている
  • 1回線目以降は適用対象外で、2回線目以降が500円割引になる

1回線だけ契約する場合は月額1480円になることは絶対にありません。

契約期間ぴったりプランS
おしゃべりプランS
ぴったりプランM
おしゃべりプランM
ぴったりプランL
おしゃべりプランL
~1年目月額1480円月額2480円月額4480円
~2年目月額2480円月額3480円月額5480円
2年目以降~月額2480円月額3480円月額5480円

月額1480円になるのは、ぴったりプランS・おしゃべりSを2回線目(2台目以降)を契約して13ヶ月目までになります。ずっと月額1480円で利用できるわけではありません。

14ヶ月目以降は月額2480円になります。

キャンペーン対象スマホの価格まとめとオススメのスマホを紹介

Androidスマホの販売価格とマンスリー割金額と毎月の実質負担額

製品名端末代金プランマンスリー割毎月の
実質負担額
実質価格
HUAWEI nova lite 33万1644円
(初回1836円)
(23回;月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-1296円0円実質540円
OPPO R17 Neo3万8988円
(初回1728円
(23回:月額1620円)
プランS
プランM
プランL
-540円1080円/月実質2万5920円
AQUOS sense 23万6396円
(初回1620円)
(23回:月額1512円)
プランS
プランM
プランL
-432円1080円/月実質2万5920円
HUAWEI P20 lite3万1212円
(初回1404円)
(23回;月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-1296円0円実質108円
AQUOS sense3万1212円
(初回1404円)
(23回:月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-1296円0円実質108円
DIGNO A3万1212円
(初回1404円)
(23回:月額1296円)
プランS-972円324円/月実質7884円
プランM
プランL
-1296円0円実質108円
おてがるスマホ013万6828円
(初回2052円)
(23回:月額1512円)
プランS
プランM
プランL
-648円864円実質2万1276円
DIGNO Phone2万844円
(初回972円)
(23回:月額864円)
プランS
プランM
プランL
-864円0円実質108円

 

iPhoneの販売価格とマンスリー割金額と毎月の実質負担額

製品名販売価格プランマンスリー割毎月の
実質負担額
実質価格
iPhone 7 32GB6万7932円
(初回3348円)
(23回;月額2808円)
プランS-864円1944円/月実質4万7196円
プランM-1404円1404円/月実質3万4776円
プランL-1404円1404円/月実質3万4776円
iPhone 7 128GB8万892円
(初回3888円)
(23回;月額3348円)
プランS-864円2484円/月実質6万156円
プランM-1404円1944円/月実質4万7196円
プランL-1404円1944円/月実質4万7196円
iPhone 6s 32GB5万9724円
(初回2592円)
(23回:月額2484円)
プランS
プランM
プランL
-2052円432円/月実質1万476円
iPhone 6s 128GB7万2684円
(初回3132円)
(23回:月額3024円)
プランS
プランM
プランL
-2052円972円/月実質2万3436円

オススメスマホ①OPPO R17 Neo

OPPO R17 Neoは、OPPO製として国内初のUQモバイル独占販売モデルになります。2018年のトレンドであるノッチ、デュアルカメラ、指紋認証機能を搭載。HUAWEI P20 liteよりもスペックはかなり上です。

メモリ4GB/ストレージ128GB搭載しているのも特徴で、さらにmicroSDが最大256GBまで対応しているので、よっぽどのことがなければ容量不足に陥ることはないかと思います。

プロセッサはSnapdragon 660を採用。UQモバイルのAndroidスマホの中ではスペックはダントツでナンバーワンです。スペックを重視するならOPPO R17 Neoを買うのが一番いいです。

ディスプレイの中に指紋センサーを内蔵した最先端の技術を搭載。指先でディスプレイに触れるだけですばやく正確に指紋を認識して、画面ロックを解除できます。iPhoneのTouch IDのような感じで指紋を登録していきます。

画面は水滴型ノッチスクリーンとベゼルを狭くすることで、画面占有率91%を達成。カメラはAI機能を搭載した「A.I.インテリジェントカメラ」を採用。A.I.が被写体を、風景、料理、動物というように120のシーンを識別して、シャッターを押した瞬間に最適な写真映りに補正します。

オススメスマホ②AQUOS sense2

AQUOS sense2は、AQUOS senseの後継モデル。

AQUOS senseと比べると、プロセッサSnapdragon 430からSnapdragon 450に強化され、WiFiはIEEE802.11 b/g/nからIEEE802.11 a/b/g/n/acとフル対応させてきました。

おサイフケータイを搭載しているので、これからおサイフケータイを搭載したスマートフォンを買いたいという人はAQUOS sense一択です。

AQUOS sense2は、見やすく高精細の約5.5インチフルHD+ IGZOディスプレイは、18:9の縦長大画面で、広い範囲を表示できるので、長文サイトも快適に閲覧できます。

キャップレス防水構造を採用し、水回りでも安心して使える防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)に対応。

水濡れに強いIGZOディスプレイとタッチパネルで、画面に水滴が付いていてもスムーズな動作を実現し、お風呂タイムやお料理をしながらでも快適に操作できます。

メインカメラでは、AQUOS sense比で明るさが約50%アップし、屋内などの薄暗いシーンでも被写体のリアルな質感や色が残せます。また、メインカメラは「AIオート機能」を搭載しており、撮影するシーンに合わせてAIが撮影モードを自動でセレクトします。

オススメスマホ③HUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3はHUAWEIとしてははじめてのしずく型ノッチを搭載したSIMフリースマートフォン。MVNO専売となっています。

CPUにはオクタコアのKirin710(4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)、メモリ3GB、ストレージ32GBを搭載しています。

ディスプレイは6.21インチのフルHD+(2340×1080)で、しずく型ノッチを搭載することで89%の高い画面占有率となっています。

アウトカメラは1300万画素と200万画素のデュアルレンズとなっており、200万画素のレンズは深度測定用。背景をボカすことのできる「アパーチャモード」が搭載。インカメラは1600万画素。

アウトカメラ・インカメラともにAIが搭載されています。アウトカメラは22シーン、インカメラは8シーンを認識し、自動的に最適化してくれます。

顔認証と指紋認証が搭載。

バッテリー容量は3400mAhで、充電速度はHUAWEI nova lite 2と比較して22%アップ。本体サイズ(縦×幅×厚さ)は約155.2×73.4×7.95 mm、重さは約160g。

充電端子はmicroUSBと、USB type-Cでないのが惜しいところ。NFCは搭載されていないので、おサイフケータイなどは利用できません。イヤホンジャックは搭載。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

月額基本料金や端末代金はクレジットカードと口座振替(MNP時限定)で支払い可能

UQモバイルの月額基本料金や端末代金の支払方法は、

  • クレジットカード払い
  • 口座振替(銀行・郵便局)

の2つが用意されています。

キャッシュバックキャンペーンはクレジットカード払いでも口座振替でもキャンペーン対象ですが、新規契約か他社から乗り換えかで選択できる支払い方法が変わります。

新規契約の場合はクレジットカード払いのみ

  • 新規契約+クレジットカード払い→OK
  • 新規契約+口座振替→NG

注意しないといけないのは、UQモバイルを新規契約する場合の月額基本料金や端末代金の支払方法はクレジットカード払いのみに限定されていることです。

2018年6月12日までは、新規契約でも口座振替が選択可能でしたが、6月13日以降は、オンラインからの申し込みでは「新規契約はクレジットカード払いのみ」となってしまいました。

新規契約+口座振替で申し込んだとしても、UQモバイルから申し込みがキャンセルされます。

新規契約+口座振替で契約したい場合はUQスポット(実店舗)に行って契約しないといけません。

キャッシュバックキャンペーンはWeb限定で実施しているものなので、UQスポットや家電量販店などで契約した場合は適用されません。

他社から乗り換え(MNP転入)はクレジットカード払いか口座振替を選べる

  • 他社から乗り換え+クレジットカード払い→OK
  • 他社から乗り換え+口座振替→OK

他社から乗り換え(MNP転入)の場合の月額基本料金や端末代金の支払い方法は、クレジットカード払いまたは口座振替が選択可能です。

他社からの乗り換えの場合は口座振替OKなのは、「すでに口座振替で支払いっている人はUQモバイルに乗り換えても問題なく支払えるだろう」というある程度の信頼性があるからだと思います。

クレジットカード払いから口座振替にもできます

クレジットカードで契約したけど、どうしても口座振替にしたいという場合は、あとからmy UQ mobileで支払い方法をクレジットカードから口座振替に変更することができます。

端末代金の支払い方法について

UQモバイルの新規契約や乗り換えと同時にスマートフォンを購入する場合の支払い方法は、

  • 月額基本料金の支払いと同じクレジットカード
  • 代金引換
  • 別のクレジットカード

のいずれかで支払うことになります。ただし、24回払いで購入する場合は、購入したスマホの支払い方法は月額基本料金と同じ支払い方法のみに限定されます。

つまり、

  • 月額基本料金の支払い方法が口座振替=端末代金の支払い方法も口座振替になる
  • 月額基本料金の支払い方法がクレジットカード払い=端末代金の支払い方法もクレジットカード払い

ということです。

SIMのみ欲しい人でも実質108円になるスマホを購入するとお得かも

  • UQモバイルのSIMを挿したいスマホが、「マルチSIM(nano)」で動作確認されている人
  • SIMカードのみ契約して絶対にUQモバイルを2年間利用する人
  • おしゃべりプラン・ぴったりプランで契約する人

以上の条件に全て当てはまる人は、SIMカードのみを契約するよりも実質108円スマホを購入したほうがお得かもしれません。

実質108円スマホを契約して、スマホに同梱されているSIMカードを抜いて、自分の好きなスマホに挿して使えばいいんです。

UQモバイルでは、2年間利用すると端末代金の支払いが「マンスリー割」によって相殺され、端末代金が実質108円になるスマホがあります。108円なんてほとんどタダみたいなものです。

デメリットもある

ただし、実質108円になるのを狙うなら2年間利用しないといけない=2年間はUQモバイルから逃れられないというのも難点ではあります。

私ならSIMカードのみを契約しますが、「SIMカードのみを契約すると◯円損する!」という考え方も存在するということを覚えていただければ幸いです。

もともとおしゃべりプラン・ぴったりプランは2年縛り

おしゃべりプラン・ぴったりプランは2年縛りのプランで、更新月以外に解約すると違約金が発生するようになっています。

絶対に違約金を払うのは嫌だ!更新月に乗り換えるか継続するか考える!という人

UQモバイルのスマホは全てマルチSIM(nano)

UQモバイルで販売中のスマホに挿してあるSIMは「マルチSIM(nano)」です。全機種マルチSIM(nano)が同梱してあります。

Androidスマホであっても、iPhoneであっても同梱されているのはマルチSIM(nano)です。

UQモバイルで動作確認されている、2015年5月以降に発売されたiPhoneやAndroidスマートフォンはほとんど「マルチSIM(nano)」です。

iPhone 6s以降の全てのiPhoneはマルチSIM(nano)ですし、Androidスマホも、たとえばXperia Z4以降もすべてマルチSIM(nano)です。

「契約したスマホに同梱されているSIMは、そのスマホでしか使えない」という仕組みはない

1枚のUQモバイルのSIMカードを複数のスマートフォンで使うことができます。

契約したスマホじゃないとSIMカードが使えない!ということは絶対にないです。

たとえば、

  1. 実質108円になるAQUOS senseを契約
  2. 手元にAQUOS senseが届く。SIMカードは「マルチSIM(nano)」が同梱されている
  3. AQUOS senseにはマルチSIM(nano)を最初から挿さない
  4. 手持ちのiPhone 7にマルチSIM(nano)を挿して利用する

ということもできます。

AQUOS senseとiPhone 7のSIMタイプはどちらもマルチSIM(nano)です。SIMタイプが一緒ならお得ですよ。

実質108円スマホは予備として持っておく。支払完了後は売却

UQモバイルで購入した実質108円のスマホは予備のスマホとして持っておくのがいいです。いらないなら2年後に売却しましょう。

売却するときに注意しないといけないのは、端末代金支払いが終了する前=2年間しっかり利用して実質108円になる前にスマホを売ってしまうとダメってことです。

UQモバイルのSIMカードについて解説

SIMカードのみを契約する場合は、以下の3つを動作確認端末一覧でチェックしましょう。SIMカードを間違えると交換手数料が発生するので注意してください。

  1. 自分が今使っている/購入を検討しているスマホがUQモバイルで動作確認されているか
  2. スマホのSIM種別はmicroSIM, nanoSIM, マルチSIM, nanoSIM(専用)のどれになるか
  3. SIMロック解除が必要かどうか(docomo, au, SoftBankで購入したスマホの場合)

マルチSIMとmicroSIMとnanoSIMって何が違うの

  • microSIM, nanoSIM→データ通信をLTE、音声通話を3Gで行う
  • マルチSIM→データ通信をLTE、音声通話をLTEで行う

見た目は同じでも全然違うので、マルチSIMで申し込むべきなのにmicroSIMやnanoSIMで申し込んでしまう人がたくさんいるので注意してください。

使いたいスマホのSIMカードのサイズや種別、SIMロック解除が必要かどうかの調べ方

  • nanoSIM (=au VoLTE非対応端末用SIM)
  • microSIM (=au VoLTE非対応端末用SIM)
  • マルチSIM(mini/micro/nano) (au VoLTE対応端末用SIM)
  • nanoSIM(専用)

UQモバイルで販売中のSIMカード全てがキャンペーン対象になっています。なお、大抵の人はマルチSIMになります。動作確認端末一覧をご確認ください。

自分の使いたいスマホがUQモバイルに対応しているか、どのSIMなのか、SIMロックの解除が必要かどうか動作確認端末一覧でチェックしましょう。

携帯会社を選択、メーカーを選択、端末種別を選択、SIMの種類を選択、キーワードを入力など様々な探す方法が用意されています。ちなみに。大抵の人は「マルチSIM」になります。

iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE以降の全てのiPhoneのSIMは全て「マルチSIM」になります。

iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 PlusのSIMは「nanoSIM(専用)」になります。SIMフリー版/au版のみUQモバイルで利用できます。docomo/SoftBank版はSIMロックの解除に対応していないので利用できません。

2015年5月以降に発売されたAndroidスマートフォン、au VoLTEに対応しているSIMフリースマートフォンも「マルチSIM」になります。

なお、2017年8月以降に発売されたauスマートフォンをUQモバイルで使用する場合はSIMロックの解除は不要です。Galaxy Note 8やiPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone Xなどがそうです。

詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

【UQ mobile】2017年8月以降のauスマホはSIMロック解除不要で利用可!

最も申し込まれているのはマルチSIM

UQモバイルで最も多く申し込まれているのはスマホでもiPhoneでもなく「マルチSIM」です。

マルチSIMはiPhone 6s以降の全てのiPhone、2015年5月以降に発売されたAndroidスマートフォンで利用できるSIMです。

  • iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SEにUQモバイルのSIMを挿したい人→マルチSIM
  • iPhone 7, iPhone 7 PlusにSIMを挿したい人→マルチSIM
  • iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone XにSIMを挿したい人→マルチSIM
  • iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XRにSIMを挿したい人→「マルチSIM」

UQモバイルでもiPhoneは使えます

  • auからUQモバイルにMNP転入を検討している
  • 手持ちのiPhoneにSIMカードを挿して使いたい

という人も多いと思いますが、UQモバイルでもiPhoneはばっちり使えるのでご安心ください。

ただし、ドコモ版/ソフトバンク版iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plusは使えません。これらの機種はSIMロック解除に対応していないからです。

UQモバイルではiPhone 7やiPhone 6sも販売しています。型落ちではありますが、どうしてもiPhoneが欲しい人は購入してみてはいかがでしょうか。

UQモバイルのSIMを挿して使うときに、SIMロック解除が「必要」なiPhone

  • ドコモ版/ソフトバンク版iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE以降の全てのiPhone
  • au版iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus

以上のiPhoneは、UQモバイルの契約前・乗り換え前・キャリアの解約前にSIMロック解除が必要です。

UQモバイルのSIMを挿して使うときに、SIMロック解除が「不要」なiPhone

  • SIMフリー版iPhone全機種
  • au版iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus
  • au版iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR

UQモバイルのSIMを挿しても絶対に使えないiPhone

  • ドコモ版/ソフトバンク版iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus
  • キャリア版/SIMフリー版iPhone 4s, iPhone 5, iPhone 5c
  • などの、UQモバイルで動作確認されていない全てのiPhone

UQモバイルで使えるiPhoneまとめ(au版)

  • iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR

Phone 5s, iPhone 6, iPhone 6 PlusはnanoSIM(専用)を、iPhone 6s以降の全てのiPhoneはマルチSIMを契約しましょう。

なお、キャリア版iPhoneは解約・乗り換える前にSIMロックを解除しないとUQモバイルで使えないので注意してください。

SIMロック解除適合するSIM
au版iPhone XR不要マルチSIM(nano)
au版iPhone XS Max不要マルチSIM(nano)
au版iPhone XS不要マルチSIM(nano)
au版iPhone X不要マルチSIM(nano)
au版iPhone 8 Plus不要マルチSIM(nano)
au版iPhone 8不要マルチSIM(nano)
au版iPhone 7 Plus必要マルチSIM(nano)
au版iPhone 7必要マルチSIM(nano)
au版iPhone SE必要マルチSIM(nano)
au版iPhone 6s Plus必要マルチSIM(nano)
au版iPhone 6s必要マルチSIM(nano)
au版iPhone 6 Plus不要nanoSIM(専用)
au版iPhone 6不要nanoSIM(専用)
au版iPhone 5s不要nanoSIM(専用)

UQモバイルで使えるiPhoneまとめ(SIMフリー版)

  • iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR

Phone 5s, iPhone 6, iPhone 6 PlusはnanoSIM(専用)を、iPhone 6s以降の全てのiPhoneはマルチSIMを契約しましょう。

SIMロック解除適合するSIM
iPhone XR不要マルチSIM(nano)
iPhone XS Max不要マルチSIM(nano)
iPhone XS不要マルチSIM(nano)
iPhone X不要マルチSIM(nano)
iPhone 8 Plus不要マルチSIM(nano)
iPhone 8不要マルチSIM(nano)
iPhone 7 Plus不要マルチSIM(nano)
iPhone 7不要マルチSIM(nano)
iPhone SE不要マルチSIM(nano)
iPhone 6s Plus不要マルチSIM(nano)
iPhone 6s不要マルチSIM(nano)
iPhone 6 Plus不要nanoSIM(専用)
iPhone 6不要nanoSIM(専用)
iPhone 5s不要nanoSIM(専用)

UQモバイルで使えるiPhoneまとめ(ドコモ版/ソフトバンク版)

  • iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR

iPhone 6s以降の全てのiPhoneはマルチSIMを契約しましょう。

なお、キャリア版iPhoneは解約・乗り換える前にSIMロックを解除しないとUQモバイルで使えないので注意してください。

SIMロック解除適合するSIM
iPhone XR必要マルチSIM(nano)
iPhone XS Max必要マルチSIM(nano)
iPhone XS必要マルチSIM(nano)
iPhone X必要マルチSIM(nano)
iPhone 8 Plus必要マルチSIM(nano)
iPhone 8必要マルチSIM(nano)
iPhone 7 Plus必要マルチSIM(nano)
iPhone 7必要マルチSIM(nano)
iPhone SE必要マルチSIM(nano)
iPhone 6s Plus必要マルチSIM(nano)
iPhone 6s必要マルチSIM(nano)
iPhone 6 Plus利用不可利用不可
iPhone 6利用不可利用不可
iPhone 5s利用不可利用不可

Androidスマートフォンはau VoLTEに対応しているものを推奨

AndroidスマートフォンにUQモバイルのSIMを挿して利用する場合は、

  • auから販売されたスマートフォン
  • au VoLTEに対応しているSIMフリーのAndroidスマートフォン

をオススメします。UQモバイルはau回線を使用してサービスを提供しています。ドコモやソフトバンクから販売されたAndroidスマートフォンはau回線に高確率で対応していません。

auから販売されたスマートフォンはau回線に間違いなく対応しているので安全・安心です。

au VoLTEに対応しているSIMフリースマートフォンは、代表的なものだとASUSのZenFoneシリーズが挙げられます。動作確認端末一覧でご確認ください。

格安スマホ(Androidスマホ)も用意

UQモバイルではAndroidスマホも販売しています。販売価格は大体3万円~4万円程度です。一括払いか24回払いで購入できます。

おしゃべりプラン・ぴったりプランを契約してスマホを購入すると、「マンスリー割」という独自の割引が適用されます。

このマンスリー割が適用されると端末代金の2年間の支払い総額が実質108円になるものもあります。

気に入るスマホがなければ自分で調達してもOK

UQモバイルで販売しているスマホの中で使いたいものがなければ、自分でAmazonなどの通販サイトでAndroidのSIMフリースマートフォンを購入したり、Apple StoreでSIMフリー版iPhoneを購入しましょう。

なおスマートフォンを購入する際は、動作確認端末一覧で動作確認されているかを確認してから購入しましょう。

UQ mobileのオススメポイントやメリットまとめ

UQ mobileを運営しているUQコミュニケーションズ株式会社は、東京都港区に本社を置く無線データ通信事業を行うKDDIグループの電気通信事業者です。2007年8月29日に設立されました。

UQコミュニケーションズは主たる事業のWiMAXルーター事業(MNO)に加えて、UQモバイル事業(MVNO)を営んでいます。

UQコミュニケーションズは、WiMAXモバイルルーターサービスにおいて快適な通信速度を最も重要視しており、格安スマホを選択する人にとっても「快適な通信速度」は重要な要因であることから、一定の通信速度を確保することがUQコミュニケーションズのポリシーであると表明しています。

月額1000円を下回る「いわゆる格安SIM」よりも高い料金プランを設定することで、収益を確保しながら快適な通信環境を提供しています。

お客様満足度ナンバーワン

UQモバイルは自社調べのお客様満足度は90%、J.D.パワー2018年格安スマートフォン/SIMサービス顧客満足度調査第1位、RBB TODAY 格安SIMアワード2017下半期総合部門第1位を獲得しています。

KDDI(au)から十分すぎるほどの帯域(回線)を購入・確保

UQモバイルは日々トラフィックやユーザー数の動向を監視し、前もって帯域幅を拡大することなどにより常時快適な通信を確保できるように努力しています。

簡単に言うと、通信速度が遅くなってから回線を増強しているのではなく、先に先に回線を増強しているということです。

その努力のおかげで、mineoやIIJmioなどの他のau回線を使用して格安SIMを提供している企業よりも通信速度が高速になっています。

UQ mobileは通信速度が他MVNOと比べて圧倒的速さ

UQモバイルはau 4G LTE回線を使用しているので、高速・快適に繋がりやすくなっています。

こちらは2018年7月に横浜と羽田空港でスピードテストをした結果です。昼休みのじ簡単でも十分な速度が出ているのが分かりますね。

通信速度の安定・速さ・通信品質を重視する人、遅さでイライラしたくない人はUQ mobileがオススメです。

キャリアメールと判別されるメールアドレスが持てます

UQ mobileでは月額料金200円と有料ではありますが、キャリアメールと判別されるメールアドレス「****@uqmobile.jp」を持つことができます。

なお、メールアドレスを利用できる・対応している機種はUQ mobileが提供する端末やiPhoneなどごく一部の機種に限られます。

様々な理由で「キャリアメールのメールアドレスは持ち続けたい」という人がいますが、そんな人でも安心です。

自動受信
メールサイズ最大3MB/通
サーバ保存期間
受信していないメールのみ対象
30日間
再送期間3日間を超えたメールについては、
設定ページの新着問い合わせにより受信可能
添付ファイル
絵文字
海外での利用×
Wi-Fi送受信×
設定用ページへのアクセスも不可
迷惑メールフィルタ

auかんたん決済が利用可能

UQモバイルではauかんたん決済が利用可能です。申し込みは不要で、auかんたん決済自体利用料金は無料。

iTunesやGoogle Playストアでアプリやコンテンツの購入代金をUQモバイルの利用料金と一緒に支払えます

限定サイト/当サイトキャンペーンはキャッシュバックが貰えない?審査に通りにくい?→そんなことはありません

限定サイト、当サイトキャンペーンで、

  • キャッシュバックが貰えない
  • 初期費用がかかる
  • 申し込み時に勤務先を聞かれる(のが変だから懸念)
  • 審査に落ちる可能性がある

といった落とし穴・罠・懸念点があると書くところがありますが、実際はそのようなことはありません。

どこの格安SIMやキャンペーンでも起こりうる問題を、鬼の首を取ったように喜んで書いているだけです。

○○公式って何?

そのWebサイトはUQモバイルの公式サイトでもなんでもないです。一切無関係の第三者が運営しています。

UQモバイルの公式サイト、UQモバイル公式となにか関係がありそうに誤認させるようなサイト名やURLを使っているだけで、UQモバイル/UQコミュニケーションズとは一切関係ありません。

uqwimax.jp以外のアドレスは全て偽物と思って大丈夫です。

キャッシュバックが貰えない?→どんなキャンペーンでもしっかり貰う人と貰えない人がいる

キャッシュバックが貰えないというのは、

  • メールはきちんと届いているが、迷惑メールフォルダなどに入ってしまってメールの存在に気づいていない
  • キャッシュバック受け取り手続きをしなかった
  • キャンペーン適用対象外になることをした
  • 申し込み時に入力したメールアドレスが無効になっている

の4つの理由が考えられます。

自分で受け取り手続きをするキャッシュバックキャンペーンでは、間違いなくメールの存在やキャッシュバックの存在を忘れて受け取れない人がいます。

メールが迷惑メールフォルダに入るのは、フィルタリングが強い弱い、許可したドメインだけ受信する設定、などなどの利用者側の設定・環境によるので、UQモバイルが引き起こしている問題ではないです。

メールに気づいてちゃんと受け取っている人がいるので、受け取らせたくないわけではまったくないです。

どの格安SIMでも初期費用はかかる

UQモバイルだけでなく、どの格安SIMでも基本的に初期費用として3000円かかります。格安SIMによってはSIMカード準備金として300円追加でかかることもあります。

UQモバイルでは初期費用として3000円(3240円)かかります。新規もMNPも初期費用3000円で、それ以上の金額が初期費用でかかることはありません。

ドコモでもauでもソフトバンクでも、どの格安SIMでも初期費用=契約手数料がかかります。これを「UQモバイル公式の落とし穴」と書いて鬼の首を取ったように大喜びするのはいかがなものでしょうか。

申し込み時に勤務先を入力するのが嫌?→無職や自営業にしても審査は通る

UQモバイル申し込み時の「お客様情報入力」画面で、「職業を会社員にすると、勤務先名・電話番号を入力しないといけないからダメ」とあります。

まあ確かに勤務先まで入力するのはどうかと思うんですが、入力したいなら入力して、どうしても勤務先を入力するのが嫌なら無職や自営業で申し込めばいいだけです。

ちなみに格安SIMの申し込み時において、職業を選ぶならまだしも勤務先まで入力しないといけないこと自体が珍しいです。UQモバイルだけが特殊です。

大多数の格安SIMでは申し込み時に職業や勤務先を聞いてきません。ということは、職業が会社員であっても無職であっても格安SIM契約時の審査には影響しないんですね。

ちなみに私はUQモバイルの申し込み時には「自営業」か「無職」にして申し込みましたが、何事もなく審査通過して1年以上利用UQモバイルを利用しています。

正規代理店だと審査が緩い?

勤務先を聞いてこないから審査に通りやすいという考えはもはやオカルトのレベルでしょう。

むしろ審査に落ちるのは入力ミスや本人の信用情報が問題

審査に落ちたという人はUQモバイルだけでなくいろいろな格安SIMで確認されています。全くもって落とし穴ではありません。

別に契約させたくなくて弾いてるわけではなく、何かしらの問題があるから弾かれるんです。無職がダメなら私は申し込みNGになってますね。

住宅ローンやカーローンなどの金融機関が絡んでくるタイプの審査や、クレジットカードの入会審査ならまだしも、格安SIMの審査程度では「自営業だから」「無職だから」といって審査で落とされることはまずないです。

よくあるのは、本人確認書類の有効期限切れ、申し込み時に文字数字の入力ミス、本人確認書類に書いてある住所と入力した住所が違う(片方はマンション名が入っているのにもう片方は入ってないなど)、MNP予約番号が有効期限切れのパターンです。

UQモバイルで審査NGになってしまうことまとめ

UQモバイルに限ったことではないですが、審査NGになってしまうことをまとめました。

  • 入力された住所と身分証明証に記載されている住所が違う
  • マンション名や部屋番号などを入力していない
  • アップロードした本人確認書類の画像がぼやけている・反射している・全体を移していない・写真の一部を隠している
  • 免許証番号・旅券番号・保険者が間違っている
  • MNP予約番号が有効期限切れ

運転免許証には「1丁目123番地456」と書かれているのに、申し込み時には「1-123-456」と入力していたなどが該当するようです。

審査NGにならないように気をつけるべきこと

  • 個人情報入力時は運転免許証や保険証・パスポートなどの身分証明証に記載されている住所を入力する
  • 個人情報入力時はマンション名や部屋番号などをきちんと入力する
  • 本人確認書類のアップロード時に使う画像は、ピントが合っているもの・全体が映っているものを使う
  • 免許証番号・旅券番号・保険者番号を間違えずに入力する

料金の滞納をしていると契約できないかもしれません

たまに、スマホを分割払いで契約しようとしたら、過去に料金を滞納していたとかで本人の信用情報がダメ→UQモバイルの審査NGになるパターンもあります。

これは契約者の問題なのでUQモバイルが悪いわけではないです。スマホ代金の分割払いも立派なローンの一種です。

料金の未納・滞納とかしていると信用情報に傷がついて、格安SIMの審査だけでなく住宅ローンやマイカーローンなどの審査にも通りません。

過去に滞納していると「この人にお金を貸しても毎月きちんと返してくれなさそう」って判断されるからです。

他社からの乗り換えの場合は口座振替で支払いも可能です。auからUQモバイルに乗り換えても口座振替で支払いたい、という人は大丈夫です。

しかしながら、UQモバイルは基本はクレジットカード払い限定と思ったほうがいいでしょう。クレジットカード払いのほうが手続きが早く完結します。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

【結論】お得なのは当サイトで紹介しているUQモバイルキャンペーン

UQモバイルでは、UQモバイル運営元のUQコミュニケーションズと、UQコミュニケーションズと代理店契約を締結した第三者の「正規代理店」が実施しているキャッシュバックキャンペーンが存在します。

キャッシュバック金額キャッシュバック時期
UQモバイル限定サイト
キャッシュバックキャンペーン
【SIMのみ】最大1万3000円
【スマホ】最大1万3000円
契約3ヶ月後
BIGLOBE UQ mobile
キャッシュバックキャンペーン
【SIMのみ】最大1万3000円
【スマホ】最大1万3000円
契約3~5ヶ月後
代理店
キャッシュバックキャンペーン
【SIMのみ】最大1万3000円
【スマホ】最大1万3000円
契約7ヶ月後

 

UQモバイル限定サイトキャッシュバックキャンペーン

キャッシュバック金額最大1万3000円
キャッシュバック時期契約3ヶ月後
キャンペーン対象プランおしゃべりプランS/M/L
ぴったりプランS/M/L
データ高速+音声通話プラン
キャンペーン対象SIM全てのSIM
キャンペーン対象スマホ
(Android)
全て
iPhoneキャンペーン対象
口座振替キャンペーン対象
(MNP転入時のみ対象)
auからの乗り換え対象
(au本家もau系MVNOもOK)

 

BIGLOBE UQ mobile キャッシュバックキャンペーン

キャッシュバック金額最大1万3000円
キャッシュバック時期契約3~5ヶ月後
キャンペーン対象プランおしゃべりプランS/M/L
ぴったりプランS/M/L
データ高速+音声通話プラン
キャンペーン対象SIM全てのSIM
キャンペーン対象スマホ
(Android)
全て
iPhoneキャンペーン対象
口座振替キャンペーン対象
(MNP転入時のみ対象)
auからの乗り換え対象
(au本家もau系MVNOもOK)

おしゃべりプラン・ぴったりプランは契約3ヶ月後にキャッシュバックされます。

データ高速+音声通話プランは契約5ヶ月後にキャッシュバックされます。

基本的に限定サイトのキャッシュバックキャンペーンと条件はほぼ変わらないので、それなら限定サイトのキャッシュバックキャンペーンを利用して申し込んだほうがお得です。

正規代理店リンクライフキャッシュバックキャンペーン

キャッシュバック金額最大1万3000円
キャッシュバック時期契約6ヶ月後
キャンペーン対象プランおしゃべりプランS/M/L
ぴったりプランS/M/L
キャンペーン対象SIMマルチSIMのみ
キャンペーン対象スマホ
(Android)
全て
iPhone対象外
口座振替キャンペーン対象外
auからの乗り換え対象
(au本家もau系MVNOもOK)

正規代理店はWebで新規契約でもMNP転入でも口座振替でも契約できますが、限定サイトやUQモバイル公式では請求されない「預託金1万円」が請求されることがあります。

預託金は半年後に返金されますが、気分がいいものではないのは確かです。

正規代理店スマセレクトキャッシュバックキャンペーン

キャッシュバック金額最大1万3000円
キャッシュバック時期契約6ヶ月後
キャンペーン対象プランおしゃべりプランS/M/L
ぴったりプランS/M/L
キャンペーン対象SIM記載なし
キャンペーン対象スマホ
(Android)
一部機種
iPhone対象外
口座振替キャンペーン対象外
auからの乗り換え対象外

スマセレクトはauからの乗り換えは対象外、口座振替は対象外、iPhoneの取扱はありません。

UQモバイル公式サイト

キャッシュバック金額3000円
キャッシュバック時期契約6ヶ月後
キャンペーン対象プランおしゃべりプランS/M/L
ぴったりプランS/M/L
データ高速+音声通話プラン
データ無制限+音声通話プラン
キャンペーン対象SIM全て
キャンペーン対象スマホ
(Android)
対象外
(SIMのみ対象のため)
iPhone対象外
(SIMのみ対象のため)
口座振替キャンペーン対象
(MNP転入時のみ対象)

UQモバイル公式サイトでは、SIMのみを対象にした3000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。どのプランを選んでも3000円キャッシュバックです。

限定サイトキャッシュバックキャンペーンでは対象ではないデータ無制限+音声通話プランが対象になっています。

しかしながら、おしゃべりプラン・ぴったりプラン・データ高速+音声通話プランで契約するなら限定サイトキャッシュバックキャンペーンを利用したほうが圧倒的にお得です。

別に代理店で申し込んで損するわけではない

ここで触れて起きますが、別にUQモバイル正規代理店で申し込んで損するわけではありません。

  1. 25000円キャッシュバック
  2. 16000円キャッシュバック
  3. 本来契約しなくていいものを契約させようとする

(1)はUQモバイルだけ契約しても25000円/16000円は絶対に貰えません。

UQモバイルだけ契約すると最大1万3000円キャッシュバックで、Broad WiMAXを契約すると+1万2000円=最大2万5000円というからくりです。

「UQモバイル25000円キャッシュバックは嘘じゃない」とか書いて一生懸命擁護しても一切信頼できませんね。UQモバイルだけ契約しても25000円貰えないですから。

UQモバイルだけ契約して25000円貰えるなら堂々と書けばいいんです。誰も文句は言いません。そうじゃないから批判しているんです。

(2)は、端末代金を一括で払うと誰でも月額780円で1年間利用できるものを、「端末代金の一括支払いと同時にBroad WiMAXを契約すると780円!」と最初から騙してきているものです。

こういった手口を多用しているのでUQモバイル正規代理店は一切勧めていません。

限定サイトで申し込むと損する?

限定サイトで申し込むと100&損するというのは、どうしても正規代理店のほうを勧めて自分のサイトでの売上を上げたいから「限定サイトで申し込むと損する」と記載しています。

○○公式って何?

そのWebサイトはUQモバイルの公式サイトでもなんでもないです。一切無関係の第三者が運営しています。

UQモバイルの公式サイト、UQモバイル公式となにか関係がありそうに誤認させるようなサイト名やURLを使っているだけで、UQモバイル/UQコミュニケーションズとは一切関係ありません。

uqwimax.jp以外のアドレスは全て偽物と思って大丈夫です。uqmobile-***.com/jpといったアドレスはすべて偽物です。

【結論】当サイトで紹介しているUQモバイルキャッシュバックキャンペーンをオススメします

条件などを総合評価した結果、当サイトではキャッシュバックが一番早く貰えるUQモバイルキャッシュバックキャンペーンをオススメしています。

どこのサイトもUQモバイルキャッシュバックキャンペーンをオススメしていますよ。

3ヶ月後にキャッシュバックを貰えて、キャッシュバック金額も高く、SIMもスマホも豊富、iPhoneや口座振替もキャンペーン対象でお得です。

正規代理店は、キャッシュバック金額が1000円~2000円程度高いパターンがありますが、SIMカードは1種類のみ、iPhoneの取扱なし、口座振替は対象外、サポートや対応力も劣るので条件面に不安があります。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

25000円キャッシュバックはUQモバイルだけ契約しても絶対に貰えません

  • UQモバイル単体契約は最大1万3000円キャッシュバック
  • WiMAXを追加で契約すると+1万2000円キャッシュバック
  • 合計「最大25000円キャッシュバック」と表記
  • この手口はUQモバイル正規代理店だけが行う

UQモバイルだけ申し込んでも25000円は貰えません。

ここでミソになっているのは「最大」という表記です。最大25000円を受け取るためにはUQモバイルと同時にWiMAXを契約しないといけません。「嘘はついていない」といって逃げるのが特徴です。

WiMAXを契約すると毎月2700円かかります。4~5ヶ月利用すればもう1万2000円なんて消し飛びますね。

そもそも、WiMAXはGMOとくとくBBやBIGLOBEなどが3万円~4万円の高額キャッシュバックを実施しているので、WiMAXがほしいならそっちを契約するべきです。こんな1万2000円程度しか貰えないような正規代理店で申し込むべきではないです。

 

SIMやスマホはいつ届く?→最短で申し込み翌日に発送です

UQモバイルのSIMやスマホはいつ届くのか、どれくらいで届くのか気になる人も多いと思います。

UQモバイルのオンラインショップでの申し込み手続きおよび本人確認が完了次第、最短で翌日に登録した住所に発送されます。配送は佐川急便が担当しています。

配送状況は、出荷完了時に送付される「配送手配完了のご案内」メールに記載のお問い合わせ番号より貨物追跡サービスを利用できます。

住んでいる地域にもよりますが、月曜日に申し込んで火曜日に発送、水曜日に手元にSIMやスマホが届く人もいます。九州だと木曜日に届くでしょう。北海道沖縄だと金曜日くらいには届くんじゃないでしょうか。

私が以前UQモバイルを申し込んだときは、2017年9月18日に申し込み、9月19日に申し込み手続き完了・配送手続完了、9月21日に手元に届きました。

UQモバイル関連記事

オススメのスマートフォン

当サイトで行った端末レビュー

端末ごとの維持費や料金プラン

SIMカードについて

APN設定

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-UQ mobile, キャンペーン
-,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.