【2019年6月】UQモバイル最大1万円キャッシュバックキャンペーンまとめ

投稿日:2019/06/16 更新日:

【当サイト限定】UQ mobile(UQモバイル)キャッシュバックキャンペーンまとめ。全SIM/スマホ、新規もMNPも、口座振替も対象。申込から受取、キャッシュバックはいつになるか?など解説。

条件が緩くてCBは3ヶ月後!UQモバイル最大1万円キャッシュバックキャンペーン

UQモバイルでは、キャンペーン専用ページを経由してSIMやスマホを契約すると、現金最大1万円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

2019年6月にUQモバイルを契約した場合は、2019年9月20日~30日がキャッシュバックが貰える目安になります。

新規契約またはMNP転入での契約がキャンペーン対象です。au本家やau系格安SIMからUQモバイルに乗り換えてもキャンペーン対象でキャッシュバックが貰えます。

SIMカードのみで申し込んでも、スマホで申し込んでもキャンペーン対象です。

キャンペーン対象SIM/スマホは、UQモバイルで販売されている全てのSIM/スマホです。キャンペーン対象SIM/スマホと、キャンペーン対象プランの組み合わせは自由です。

キャンペーン対象プランとキャッシュバック金額は以下の通り。

キャッシュバック金額

  • 「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」で申込→1万円キャッシュバック
  • 「おしゃべりプランM」「ぴったりプランM」で申込→9000円キャッシュバック
  • 「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」で申込→8000円キャッシュバック
  • 「データ高速+音声通話プラン」で申込→5000円キャッシュバック
  • データ高速プラン、データ無制限プラン、データ無制限+音声通話プランはキャンペーン対象外

どのSIMやスマホを選んでも、キャンペーン対象プランで契約すれば5000円~1万円キャッシュバックになります。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

申し込みからキャッシュバック受け取りまでの流れ

  1. キャンペーン専用ページから申し込む
  2. SIMやスマホを新規契約、MNP転入で契約する
  3. 2019年9月20日~30日頃にUQモバイルからキャッシュバック受け取りに関するメールが送られてくる
  4. メール内に記載されている手順にしたがってキャッシュバックの受け取り手続きをする
  5. キャッシュバックが指定した口座に振り込まれる

キャンペーン適用対象外になる行為

  • キャンペーン専用ページ以外からの申し込み
  • 契約後からメールが送られてくるまでの間に、解約、データ容量プラン変更、月額料金の未納、端末の返品
  • UQモバイルから送られてくるメールが受信出来なかった場合

キャッシュバックは3ヶ月後の20日~月末日

2019年6月にUQモバイルを契約した場合は、2019年9月20日~30日がキャッシュバックが貰える目安になります。

キャッシュバックの受け取り方は、「自分が指定した口座に振り込み」です。

2019年9月20日~30日になると、UQモバイルからキャッシュバック受け取りに関するメールが送られてきます。

メール内にはキャッシュバック受け取りの手順が記載されているので、手順にしたがってキャッシュバックの受け取り手続きをしましょう。

手続き後は、最短即時でキャッシュバックが指定した口座に振り込まれます。振込手数料などは発生しないので満額受け取ることができます。

6月3日からキャッシュバック金額が減額して継続しています

2019年6月3日にキャンペーン終了予告が出ていましたが、実際はキャッシュバック金額を「最大1万3000円」から「最大1万円」に減額しただけで、キャンペーンは継続して実施しています。

キャッシュバック金額が減額されただけで、その他のキャンペーン適用条件、キャッシュバック時期については変更はありません。

以下は2018年1月19日から2019年6月3日までのキャッシュバック金額になります。

キャンペーン対象プランキャッシュバック金額
データ高速+音声通話プラン5000円
おしゃべりプランS
ぴったりプランS
1万円
おしゃべりプランM
ぴったりプランM
1万1000円
おしゃべりプランL
ぴったりプランL
1万3000円

キャッシュバック金額が戻ったとき(増額したとき)を狙って、という人もいるかもしれませんが、おそらく次にキャッシュバック金額が戻るのはおそらく半年後になるでしょう。前の減額→増額のときもそれくらいかかりました。

 

このキャッシュバックキャンペーンは、キャンペーン専用ページから申し込んだ人だけに適用されます。絶対にキャンペーン専用ページから申し込んでください。

キャンペーン専用ページはこちら。もしくはこのページ内の赤いボタンからもキャンペーン専用ページに移動できます。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

【必読】キャッシュバックキャンペーンの適用条件は3つ。新規とMNPが対象、auからもOK、口座振替もOK

キャンペーン適用条件

  1. キャンペーン専用ページから申し込む
  2. SIMやスマホを新規契約、MNP転入で契約する
  3. 2019年9月20日~30日頃まで、キャンペーン適用対象外になることをせずに継続利用する
    • 解約、データ容量プラン変更、月額料金の未納、端末の返品は絶対ダメ

キャンペーン専用ページから申し込んだ時点でキャンペーン適用条件をほぼクリア

キャンペーン専用ページではキャンペーン対象SIM/スマホのみを表示しています。

申し込み時にキャンペーン対象外のSIMやスマホを選んでしまうことはありません。

キャンペーン専用ページからの申し込みの場合は、申込画面ではキャンペーン対象プランのみ表示しています。キャンペーン対象外のプランを選んでしまうことはありません。

なので、キャンペーン専用ページからの申し込みの場合は、絶対にキャンペーン対象SIMやスマホを選んでいて、キャンペーン対象プランで契約することになります。

つまり、キャンペーン適用条件はほぼクリアしています。

あとはUQモバイルからメールが送信されるまでキャンペーン適用対象外になることをせずに、2019年9月20日~30日まで継続利用すればいいだけです。

新規契約もMNP転入も対象

UQ mobileの新規契約、ドコモやSoftBankからのMNP転入、ドコモ系格安SIMからのMNP転入、Y!mobileなどのソフトバンク系格安SIMからのMNP転入での契約はもちろん、auからのMNP転入での契約、au系格安SIM(mineo, IIJmio等)からのMNP転入での契約もキャンペーン対象になっています(UQ mobileに確認済)。

つまり、新規契約でも、どのキャリアや格安SIMからUQ mobileに乗り換えてもキャンペーン対象です。

どんな契約方法でも大丈夫です。対象外になることは何もありません。

  • 今auを契約していて、UQモバイルへのMNPを検討している
  • 手持ちのiPhoneをSIMロック解除してUQモバイルでも利用したい
  • SIMカードのみ契約したい

こんな人ももちろんキャンペーン対象になるのでご安心ください。

MNP転入+口座振替でもSIMやスマホの契約OKでキャンペーン対象

UQモバイルの月額料金支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替が選択可能です。

ただし、Webからの申し込みの場合は、新規契約+口座振替で契約することはできません。MNP転入+口座振替で契約することはできます。

  • 【Web申込可能】新規契約+クレジットカード払い→キャンペーン対象
  • 【Web申込可能】MNP転入+口座振替→キャンペーン対象
  • 【Web申込可能】MNP転入+クレジットカード払い→キャンペーン対象
  • 【Web申込不可】新規契約+口座振替→キャンペーン適用対象外
auで口座振替で契約してて、UQモバイルに乗り換えても口座振替で払いたいんだけど大丈夫?

他社からUQモバイルに乗り換え(MNP転入)なら、口座振替でもUQモバイルを契約できます。月額基本料金や端末代金の支払いも口座振替で支払うことができます。

UQモバイルは口座振替で月額基本料金や端末代金の支払いができる貴重な格安SIMです。

他社だと「音声通話SIMはクレジットカード払いじゃないとダメ」、「スマホを購入するならクレジットカード払いじゃないとダメ」なところしかありません。

しかし、UQモバイルはMNP転入時であれば、口座振替で音声通話SIMやスマホを契約することができます。

新規契約するときに口座振替で契約できる?

できません。どうしても新規契約+口座振替で契約したい場合は実店舗に行って契約しましょう。

新規契約+口座振替はWeb申し込み自体が不可能なので、もちろんキャッシュバックキャンペーンも適用されません。

新規契約+口座振替で申し込んでも、UQモバイルから申し込みがキャンセルされます。

最も安全・最もお得にUQモバイルを申し込めてキャッシュバックも貰える

  • 【UQモバイル公式サイト】https://www.uqwimax.jp/
  • 【UQモバイル公式オンラインショップ】https://www.uqwimax.jp/shop_m/
  • 【キャンペーン専用ページ】https://www.uqwimax.jp/promotion/~

uqwimax.jpは、UQモバイル運営元のUQコミュニケーションズしか利用できないアドレスです。

キャンペーン専用ページから申し込んでも、公式オンラインショップから申し込んでも、申し込みを受け付けるのはUQモバイル運営元のUQコミュニケーションズです。

申し込みの受付から、本人確認書類のアップロード先、審査、SIMやスマホの発送、サポート、キャッシュバック業務、個人情報の管理などは、全てUQコミュニケーションズが担当しています。

UQコミュニケーションズ以外の第三者に個人情報が渡るようなことはありません。ご安心ください。

固定回線・モバイル回線では公式サイトに載っていないキャンペーンはよくあることです

「公式サイトのキャンペーン情報ページに載らないキャンペーンがある」というのは、固定回線系・WIMAX系・モバイル回線系サービスではよくあることで、決して珍しいことではないです。

具体例を出すと、ソニーネットワークコミュニケーションズの光ファイバーサービスの「NURO光」では、NURO 光 3.5万円キャッシュバック&割引キャンペーンが実施されています。

分かりにくい、不公平だ、など思う人もいるかと思いますが、だいたい隠されたキャンペーンがあるので探してみるといいですよ。

このキャンペーンは、キャンペーン一覧ページには掲載されておらず、公式サイトからアクセスできないように独立しています。こっそり実施していて、それに気づくかどうかでお得さが全然違ってきます。

当サイトで紹介しているキャッシュバックキャンペーンもこれと同じパターンです。

キャンペーン対象プラン

  • おしゃべりプランS/M/L
  • ぴったりプランS/M/L
  • データ高速+音声通話プラン

キャンペーン対象SIM

  • microSIM
  • nanoSIM
  • マルチSIM
  • nanoSIM(専用)

キャンペーン対象スマホ

  • Galaxy A30
  • AQUOS sense2
  • OPPO R17 Neo
  • HUAWEI nova lite 3
  • HUAWEI P20 lite
  • おてがるスマホ01
  • iPhone 7 32GB/128GB
  • iPhone 6s 32GB/128GB

キャンペーン適用対象外になる行為

キャンペーン適用対象外になる行為

  • キャンペーン専用ページ以外からの申し込み
  • エントリーパッケージでの申し込み
  • 家電量販店やUQスポットなどの実店舗での申し込み
  • 契約成立後から2019年9月20日~30日までの間に、UQモバイルの解約、データ容量プランの変更、月額料金の未払い、端末の返品をしてしまう
  • 申込時に入力したメールアドレスが無効などの理由により、UQモバイルが送ってくるメールが受信できなかった場合
  • キャッシュバック有効期限である1ヶ月が経過した場合

絶対にキャンペーン専用ページから申し込んでください

当サイトで紹介しているキャッシュバックキャンペーンは、キャンペーン専用ページを経由した人だけに適用されるキャンペーンです。

UQモバイル公式オンラインショップからの申し込みはキャンペーン適用対象外です。

家電量販店やUQスポットでの申し込みは対象外になります。また、家電量販店や通販サイトで販売されているエントリーパッケージでの申し込みも対象外になっています。

キャンペーン専用ページはこちらから。この記事内にある赤いボタンからもキャンペーン専用ページに移動できます。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

申込時には「メールアドレス」に注意してください

ドコモ/au/ソフトバンクのキャリアメールアドレスは、UQモバイル乗り換え後はメールの送受信が一切できなくなります。UQモバイル申込時にはキャリアメールアドレスは使わないでください。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを使って申し込んでください。

申込時にはメールアドレスを正しく入力してください。メールアドレスが間違えているとUQモバイルからのメールが一切届きません。

キャッシュバックにはUQモバイルから送られてくるメールが絶対に必要なので、メールアドレスは正しく入力してください。

UQモバイルからメールが送られてくるまでに解約をしない

UQモバイルの契約が成立してから2019年9月20日~30日頃にUQモバイルからメールが送られてくるまでに、UQモバイルの解約をするとキャッシュバックが貰えなくなります。

よっぽどのことが無い限り解約することはないと思いますが、一応注意しておいてください。

UQモバイルからメールが送られてくるまでに月額料金のデータ容量プランを変更しない

特に注意しないといけないのはデータ容量プランの変更です。うっかりプランを変更するとキャッシュバックが貰えなくなることがあります。

プラン変更してもキャッシュバックが貰えるパターンと貰えなくなるパターンをまとめました。

プラン変更してもキャッシュバックが貰えるパターン

  • ぴったりプランS⇔おしゃべりプランS
  • ぴったりプランM⇔おしゃべりプランM
  • ぴったりプランL⇔おしゃべりプランL

同じデータ容量(プランS/M/L)を維持したまま、ぴったりプランとおしゃべりプランを行き来するのはOKです。

プラン変更するとキャッシュバックが貰えなくなるパターン

  • プランSからプランM/プランLに変更
  • プランMからプランS/プランLに変更
  • プランLからプランS/プランMに変更
  • データ高速+音声通話プランからおしゃべりプラン・ぴったりプランへの変更

ダメなのは「プランS/M/L」を変更してしまうことです。

要は、「おしゃべりプランLで契約して1万円キャッシュバックを適用させ、契約後すぐにおしゃべりプランSに変更する」、ということを塞いでいるのです。

これは申し込むプランによってキャッシュバック金額が変動するキャッシュバックキャンペーンではよくあることです。決して意地悪しているわけではありません。

データ容量プランを変更するなら、UQモバイルからメールが送られてきてから変更するのが一番です。

UQモバイルからメールが送られてくるまでに月額料金を未納しない

クレジットカード払いでも口座振替でも、月額料金の引き落としや決済に失敗するとキャッシュバックが貰えなくなります。

そもそも引き落としに失敗すると信用情報に傷がついて、将来住宅ローンなどの審査に通過せずにローンが借りられない可能性があります。

口座振替で契約する人、クレジットカードの口座とメイン口座を分けていて毎月メイン口座から資金を移している人などは要注意です。

UQモバイルからメールが送られてくるまでに端末の返品をしない

スマホを返品するとキャッシュバックが貰えなくなります。初期不良での交換は問題ないですが、契約者都合の返品はダメです。

UQモバイルで審査NGになってしまうことまとめ

UQモバイルに限ったことではないですが、審査NGになってしまうことをまとめました。

  • 入力された住所と身分証明証に記載されている住所が違う
  • マンション名や部屋番号などを入力していない
  • アップロードした本人確認書類の画像がぼやけている・反射している・全体を移していない・写真の一部を隠している
  • 免許証番号・旅券番号・保険者が間違っている
  • MNP予約番号が有効期限切れ

運転免許証には「1丁目123番地456」と書かれているのに、申し込み時には「1-123-456」と入力していたなどが該当するようです。

審査NGにならないように気をつけるべきこと

  • 個人情報入力時は運転免許証や保険証・パスポートなどの身分証明証に記載されている住所を入力する
  • 個人情報入力時はマンション名や部屋番号などをきちんと入力する
  • 本人確認書類のアップロード時に使う画像は、ピントが合っているもの・全体が映っているものを使う
  • 免許証番号・旅券番号・保険者番号を間違えずに入力する

キャッシュバックは2019年9月20日~30日頃に貰えます。流れや受け取り方を解説

UQモバイルのキャッシュバックは、2019年6月に契約した場合は2019年9月20日~30日頃が受け取りの目安になります。

キャッシュバック有効期限はメール送信日から1ヶ月間です。

step
1
UQモバイルからメールが送られてくる

2019年9月20日~30日頃になると、UQモバイル申し込み時に登録したメールアドレス宛にキャッシュバックの受け取り方法についてのメールが送られてきます。

UQモバイルがメールを送信する時点で①UQモバイルの解約、②データ容量プランの変更、③月額料金の未納、④端末の返品のどれか1つでもしているとキャッシュバックは貰えません。

UQモバイルは、「この日にメールを送る」というのは決まっていないので、しっかり利用しましょう。

step
2
キャッシュバックを振り込んでほしい口座を登録する

UQモバイルから送られてくるメール内には、キャッシュバックの受取手続き=銀行口座情報を登録するためのページのURLが記載されています。

キャッシュバックの受け取りには、「キャッシュポスト(CASHPOST)」という送金サービスを利用します。

メール内やCASH POSTのページに記載されている手順に沿って銀行口座情報を登録してください。

銀行口座情報が間違っているとキャッシュバックが振り込まれないので注意してください。口座名義人や口座番号、支店名などを間違えずにしっかり入力してください。

step
3
振込先登録完了メールが送られてくる

銀行口座情報を登録すると、振り込み登録完了のお知らせといったタイトルのメールが送られてきます。

step
4
キャッシュバックが最短即日で振り込まれる

ジャパンネット銀行を指定した場合は、24時間以内に口座に振り込まれます。

ジャパンネット銀行以外の金融機関の口座を指定した場合は、平日15時までに登録すれば当日に、平日15時以降に登録すれば原則翌営業日までに口座に振り込まれます。

振込手数料はキャンペーン主催者が負担するので満額受け取れます。受け取り側の人は負担しません。

6月25日にメールが届いて銀行口座情報を登録し、6月26日に現金が口座に振り込まれた人が複数います。

CASH POSTについて

CASH POSTとは、金融庁管轄の資金移動業者である株式会社イーコンテクスト(資金移動業者登録番号 関東財務局 第00030号)が運営する送金サービスです。

株式会社イーコンテクストはコンビニ決済でもよく使われている会社なので、一切怪しくありません。

コンビニで航空券の支払い、高速バス代の支払いなどをすると控えが貰えますよね。その控えに株式会社イーコンテクストの名前があります。見かけた事がある人も多いのではないでしょうか。

航空会社のスカイマークや家電量販店のビックカメラも利用しています。

UQモバイルが自社でキャッシュバックの振込をしようとすると、膨大な時間と手間がかかります。

こういう送金サービスを利用すれば、膨大な時間と手間が削減されますし、手続き上のミスもなくなります。

キャッシュバックを受け取る側も、「いつ受け取れるのか分からない」、「いつメールが来るんだ」という不満が解消されます。

キャッシュバックには有効期限があります

キャッシュバックの有効期限は、UQモバイルがメールを送った日から1ヶ月間です。それをすぎるとキャッシュバックが貰えなくなります。

たとえば、2019年6月25日にメールが送られてきた場合はその1ヶ月後の2019年7月25日が期限になります。

メールをしっかりチェックしてください

キャンペーン適用対象外になる行為をしなければメールは絶対に送られてきます。あとは送られてきたメールに気づくことが大事です。

また、受け取る工夫をするのも大事です。「忘れないようにしっかりメモしておく」のが一番ですよ。

  • 2019年9月20日~30日は毎日「キャッシュバックのメールをチェック」などの通知を設定しておく
  • カレンダーやスケジュール帳に、「キャッシュバックのメールをチェック」など書いておく
  • 迷惑メールに分類されるかもしれないので、迷惑メールフォルダもチェック
  • 指定したドメイン以外は受信しない、などの設定は絶対にダメ

UQモバイルの申し込みはこちらから!

キャッシュバックキャンペーンは複数回線申込OK。初回は1人2回線まで、1回線ごとにCB貰えます

複数回線契約できる?

UQモバイルは複数回線契約できます。ご安心ください。

UQモバイルは契約してから90日までは1人2回線まで、91日目以降は1人最大5回線まで契約できます。

複数回線契約するときはどうすればいい?

複数回線契約するときは1回線ずつ新規契約が必要です。

キャッシュバックキャンペーンを利用して複数回線契約する場合は、1回線ずつキャンペーン専用ページを経由して申し込むようにしてください。

1回線目の契約が終わったら、もう一度キャンペーン専用ページを経由して2回線目を契約してください。

複数回線契約してもキャッシュバックは貰える?

複数回線契約してもキャッシュバックは貰えます。1回線ごとにキャッシュバックが貰えます。

夫婦と長男長女の4人家族で契約する場合は、夫+長男、妻+長女というように分けて契約するようにしましょう。

家族4人で契約すれば最大1万円×4人=最大4万円キャッシュバックです。

契約者(契約する人)と利用者(利用する人)は別々にできます

  • 「契約するは自分、利用するのも自分」→できます
  • 「契約するのは自分だけど、利用するのは自分の子供や親」→できます

申し込み時に「利用者から見た契約者との関係」を設定できます。子・親・祖父母・孫・配偶者・ひ孫・甥・姪・その他が用意されています。

たとえば自分が契約して子供に利用させる場合は、「契約者=自分」「利用者=子供」にできます。

ただし、契約者と利用者が異なる場合は、利用者の本人確認書類も用意する必要があります。「契約者=自分」「利用者=子供」にする場合は自分と子供の本人確認書類が必要です。

ちなみに、複数回線を契約するときに一番簡単で手間がかからないのは、自分が契約者=利用者で2回線契約することです。これなら利用者の本人確認書類を用意せずに済みます。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

キャッシュバックキャンペーンの「この内容でちゃんとキャッシュバックが貰える?」等の質問まとめ

キャンペーン専用ページから申し込めばキャンペーンが絶対に適用されます。どのプランを選んでも、どのSIMやスマホを選んでもキャンペーン対象です。

  • SIMカードのみ欲しい。マルチSIM+おしゃべりプランSで契約→キャンペーン対象です
  • iPhone 7+おしゃべりプランMで契約→キャンペーン対象です
  • OPPO R17neo+おしゃべりプランLで契約→キャンペーン対象です
  • AQUOS sense2+データ高速+音声通話プランで契約→キャンペーン対象です

最初のまとめ

  • UQモバイルで販売中の全てのSIM/スマホがキャンペーン対象
  • キャンペーン対象プラン/SIM/スマホの組み合わせは自由
  • キャンペーン専用ページでは、キャンペーン対象SIM/スマホのみを表示する
  • キャンペーン専用ページからの申し込みの場合は、申込画面ではキャンペーン対象プランのみを表示する
  • キャンペーン対象外のSIMやスマホを選んでしまう可能性は絶対にない
  • キャンペーン対象外プランを選んでしまう可能性は絶対にない

キャンペーン専用ページ内に掲載されているSIMやスマホは全てキャンペーン対象です

キャンペーン専用ページ内に掲載されているSIMやスマホは、すべてキャンペーン対象のSIM/スマホです。

キャンペーン対象外のSIMやスマホが混じっていることは絶対にありません。キャンペーン対象外のSIM/スマホで申し込んでしまうことは絶対にありません。

どのSIMやスマホを選んでもキャンペーン対象プランで契約すればキャッシュバックが貰えます。

キャンペーン対象SIM/スマホとキャンペーン対象プランの組み合わせは自由です。

キャンペーン専用ページから申し込めば、SIMやスマホ、プランがどんな組み合わせであっても絶対に適用されます。

申込画面のプラン選択時はキャンペーン対象プランのみを表示しています

キャンペーン専用ページからの申し込みの場合は、SIMやスマホ選択後に表示される申込画面ではキャンペーン対象プランのみを表示しています。

キャンペーン対象プランは、おしゃべりS/M/L、ぴったりプランS/M/L、データ高速+音声通話プランです。これ以外のプランが表示されていることは絶対にありません。

どのプランを選んでもキャンペーン対象になります。安心してください。

申込画面のプラン選択時は、キャンペーン対象外のプランは最初から表示されません

キャンペーン専用ページからの申し込みの場合は、キャンペーン対象外のプランは最初から表示されません。絶対に表示されません。

キャッシュバックキャンペーンのキャンペーン対象外のプランは、データ高速プラン、データ無制限プラン、データ無制限+音声通話プランの3つです。

キャンペーン対象SIM/スマホを選んだけど、このキャンペーン対象外プランを選んでしまったせいでキャンペーン適用対象外になる、といったことは絶対に起こりません。

キャンペーン専用ページから申し込んでるなら絶対適用されています

キャンペーン専用ページから申し込めば確実に適用されますが、どうしても適用されているか不安な人は、①申込画面の明細部分、②申し込み前最期の画面、で適用されているかを確認できます。

申込画面の明細部分でキャンペーンが適用されているか確認

キャンペーン専用ページ内にあるSIMやスマホを選択すると申込画面に移動します。

契約方法や料金プランを選択していくと、最後に明細(支払額)が表示されます。

この明細部分でキャンペーンを適用されているかどうか確認できます。明細の最下部にて「キャッシュバック(口座振込) ◯円分の対象です。」と表示されていればOK。

この画像だとおしゃべりプランSを選択しているので、「キャッシュバック(口座振込) 8,000円分の対象です。」と表示されています。

申し込み前の最後の画面でもキャンペーンが適用されているか確認

個人情報や料金支払い方法を入力し、申し込み完了前に表示される最後の確認画面でも、キャンペーンが適用されているかどうかを確認できます。

「その他お申し込み内容」の「キャッシュバック」の項目で、「口座振込○円(4ヶ月目)」と表示されていることを確認してください。

この画像だとおしゃべりプランSを選択しているので、「口座振込8,000円(4ヶ月目)と表示されています。

UQモバイルキャッシュバックキャンペーン専用ページから申し込みの手順

キャンペーン専用ページからHUAWEI P20 liteを購入しておしゃべりプランSで契約、増量オプションと端末補償サービスに加入する場合の流れについて説明します。

Webからの申し込みは24時間申し込み可能で、家から出ずに全て完結できるのでオススメです。24時間申し込みできるので時間も縛られませんし、実店舗のように待たされることもありません。

ただし、他社からの乗り換え(MNP)の受付時間が9時~20時30分になるので、受付時間外の申し込みについては翌月の受付時間より順次審査となります。

UQモバイルキャッシュバックキャンペーンを利用して申し込む前に準備しておくもの

UQモバイルキャッシュバックキャンペーンを利用して申し込む場合は、①メールアドレス、②本人確認書類、③本人名義のクレジットカード、④MNP予約番号(MNP時)が必要です。

詳細はUQ mobileオンラインショップ お申し込みに必要なもの一覧をご覧ください。

①メールアドレスは申し込み後の連絡、UQモバイルからキャッシュバック適用の連絡メールを送るときに必要になります。

②本人確認書類は、運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳、特別永住者証明書、在留カード、健康保険証+補助書類(公共料金領収証・住民票・届出避難場所証明書・行政機関発行の領収証)が必要です。

③クレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Express、DINERSのクレジットカードが利用できます。デビットカードは利用できません。

④MNP予約番号は、ドコモ・au・ソフトバンクなどからUQモバイルに乗り換えする際(MNP転入)に必要になります。MNPしない新規契約の場合は必要ありません。

step
1
キャンペーン専用ページにアクセスしてSIMやスマホを選択

UQモバイルキャッシュバックキャンペーン専用ページにアクセスし、SIMやスマホを選択します。

選択後は個別の申込画面になります。あとは手順に沿って手続きをしていきます。

step
2
本体カラーを選択

希望する本体カラーを選択。

step
3
契約方法を選択

契約を方法を選択します。

新規契約とのりかえ(MNP転入)のどちらで契約してもキャンペーン対象になります。

なお、新規契約の場合は支払い方法がクレジットカード払い限定になります。新規契約で口座振替を選択してもUQモバイルから申し込みがキャンセルされます。

step
4
購入方法を選択

支払方法を選択します。24回払いか一括払いになります。どちらで購入してもキャンペーン対象なのでご安心ください。

step
5
料金プランを選択

料金プランを選択します。「データ高速+音声通話プラン」は、「その他のプラン+」を選択すると表示されます。

増量オプションは申し込みにチェックが入った状態になっています。増量オプション適用時にデータ容量・無料通話が最大2倍になります。

新規契約と同時に増量オプションを申し込むと2年間無料で利用できるのでぜひとも増量オプションを申し込みましょう。

step
6
ギガMAX月割の申し込み有無を選択

UQモバイルを契約するよりも前にWiMAXを契約している場合は、UQモバイルの契約と同時にギガMAX月割に申し込むことができます。

なお、ギガMAX月割は契約後にmy UQ mobileからの手続きが可能です。

step
7
オプションサービスを選択

任意でオプションサービスを選択します。

step
8
アクセサリー・オプション品を選択

アクセサリーなども任意で選択します。

UQモバイルに乗り換えの場合は下取りサービスの申し込み有無を選択

他社から乗り換えてUQモバイルを契約する場合は、下取りサービスに申し込むことができます。申し込むのも申し込まないのも自由です。

step
8
利用者の年齢確認

年齢確認があるのでどちらかを選択。

step
9
明細(支払額)とキャッシュバック金額を確認

最後に明細(支払額)が表示されます。ここまで選択したものがきちんと表示されているか確認しましょう。

また、この明細部分でキャンペーンを適用されているかどうか確認できます。明細の最下部にて「キャッシュバック(口座振込) ◯円分の対象です。」と表示されていればOK。

キャンペーン専用ページからの申込であれば絶対に適用されているのでご安心ください。

ギガMAX月割を申し込むときは各種情報入力が必要

MNPで申し込むときはMNP予約番号の入力が必要

step
10
同意事項や個人情報・支払い情報を選択して契約を完了させる

契約時の同意事項、個人情報を入力する画面になります。順番に入力していき契約を完了させましょう。

料金の支払方法および請求先情報を入力します。利用料金や購入商品の代金の支払方法を選択して支払いに必要な情報を入力してください。

なお、分割支払いで契約する場合の購入商品の代金の支払方法は、利用料金と同じ支払い方法になります。

たとえば、利用料金の支払い方法がクレジットカード払いなら端末代金の支払い方法もクレジットカード払いになります。

step
11
本人確認書類のアップロード

契約完了後は免許証などの本人確認書類のアップロードが必要になります。メールが送られてくるので、案内に従ってスマホで撮影した本人確認書類のデジタルデータをアップロードしてください。

本人確認書類は記載内容がはっきりと読み取れる画像になっているか確認してください。光って反射して文字が読み取れないとNGをくらう可能性があります。

また、免許証の裏面に記載がある場合、補助書類が必要な場合はそちらも用意してください。

step
12
商品の発送

申し込み手続きおよび本人確認が完了次第、最短で翌日に登録した住所に発送されます。

step
13
利用開始

届いたSIMやスマホで通信・通話をして利用開始します。UQモバイルの利用開始からオプション設定までをまとめたガイドが同梱されているのではじめての人でも安心です。

iPhone 7 32GBモデルを契約したときの料金モデルケースとキャッシュバック金額

UQモバイルでは、iPhone 7の32GBモデルと128GBモデルを販売しています。

どちらもキャンペーン対象機種になっているので、キャンペーン対象プランで契約すればキャッシュバックがもらえます。

Apple Care+ for iPhoneにも加入できるので、破損や故障などの保証面も問題ありません。

iPhone 7 32GBモデルの販売価格は6万7932円で、24回分割払いだと初回のみ3348円、残り23回は月額2808円になります。

おしゃべりプラン・ぴったりプランで契約するとマンスリー割という割引が2年間適用されます。プランSは毎月864円、プランM/Lは毎月1404円割引されます。

マンスリー割が適用された結果、毎月の実質負担額は、プランSは初回支払い2484円/残り23回は月額1944円、プランM/Lは初回支払いは1944円、残り23回は月額1404円になります。

データ高速+音声通話プランでの契約も可能ですが、マンスリー割が適用されないので、24回分割払いだと初回のみ3348円、残り23回は月額2808円になります。

マンスリー割でいくら割引されてるの?

  • プランS選択時→2年間で2万736円割引される
  • プランM選択時→2年間で3万3696円割引される
  • プランL選択時→2年間で3万3696円割引される
  • データ高速+音声通話プラン選択時→0円(マンスリー割は非適用)

マンスリー割が適用されることによって、2年間で総額2万736円~3万3696円割引されています。

iPhone 7 32GBモデルの実質的な価格は?

  • プランS選択時→実質4万7196円
  • プランM選択時→実質3万4236円
  • プランL選択時→実質3万4236円
  • データ高速+音声通話プラン→6万7932円

キャッシュバックももちろん貰えます

  • おしゃべりプランS/ぴったりプランS選択時→8000円キャッシュバック
  • おしゃべりプランM/ぴったりプランM選択時→9000円キャッシュバック
  • おしゃべりプランL/ぴったりプランL選択時→1万円キャッシュバック
  • データ高速+音声通話プラン選択時→5000円キャッシュバック

キャッシュバック金額は契約するプランによって決まります。iPhone 7をキャンペーン対象プランで契約すれば5000円~1万円キャッシュバックが貰えます。

2万736円/3万3696円の割引が適用されて、さらに最大1万円キャッシュバックも貰えるのでお得です。

月額基本料金+iPhone 7の本体代金を合わせた毎月の支払い例

おしゃべりプランS/ぴったりプランSは、初回支払い時のみ4622円、2~13ヶ月目は4082円、14ヶ月目以降は月額5162円になります。

おしゃべりプランM/ぴったりプランMは、初回支払い時のみ5162円、2~13ヶ月目は4622円、14ヶ月目以降は月額5702円になります。

おしゃべりプランL/ぴったりプランLは、初回支払い時のみ7322円、2~13ヶ月目は6782円、14ヶ月目以降は月額7862円になります。

データ高速+音声通話プランは、24回分割払いだと初回のみ3348円、残り23回は月額2808円になります。

14ヶ月目以降はイチキュッパ割の適用が終了するため、月額基本料金が+1000円増えています。

Apple Care+for iPhoneに加入する場合は666円が毎月プラスされます。加入をオススメします。

UQモバイルでiPhoneを買うことのメリット

  1. UQモバイルで用意されているApple Care+に加入できる
  2. 新品のiPhone 7を手に入れられる
  3. iPhone 7でもテザリングができる
  4. MNP転入の場合は口座振替でiPhoneが買える

UQモバイルは口座振替でも契約できる貴重な格安SIMですが、Webからの申し込みの場合は、MNP転入時のみ口座振替で月額基本料金や端末代金の支払いが可能になっています。

口座振替で契約できる格安SIMを会社はかなり少ないです。口座振替で契約可能!となっていても、「端末を購入するなら口座振替はNG、クレジットカード払いのみ」ということがほとんどです。

そんな中例外なのがUQモバイルです。MNP転入であれば口座振替でSIMカードまたはスマホを契約できるようになっています。もちろんここで紹介しているiPhone 7も契約できますよ。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

キャンペーン対象スマホのなかには実質108円/540円になるスマホあり!仕組みを解説

キャンペーン対象スマホのなかには、端末代金の支払いが実質108円/540円になるスマホがあります。実質108円/540円になる仕組みを説明します。

UQ mobileではぴったりプラン・おしゃべりプランを契約して同社指定のスマートフォンを購入すると「マンスリー割」という独自の割引が24ヶ月間適用されます。

スマホやプランにもよりますが、「月々の端末代金の支払いの金額」-「マンスリー割で割引される金額」=0円、つまり毎月の端末代金の支払いが実質0円になるスマホがあります。

また、実質108円にはならなくてもマンスリー割が適用されるおかげで、毎月の端末代金の負担が軽くなります。

この項で説明すること

  • マンスリー割概要
  • 実質108円/540円になるスマホ、実質108円にならないスマホ
  • 2年間しっかり利用することで実質108円/540円になる
  • 初回支払時は108円/540円支払いが発生
  • AQUOS senseを例に挙げて「実質108円になるまで」を説明
  • 一括払いで購入しても分割払いで購入してもお得

マンスリー割の概要

  • 【適用条件】対象プランの契約と同時にスマホを購入
  • 【対象プラン】おしゃべりプラン・ぴったりプラン
  • 【対象スマホ】UQモバイルで販売中のすべてのスマホ
  • 【割引内容】24ヶ月間、UQモバイル側が設定した金額が月額料金から割引される
  • 【割引金額】プランS/M/Lのどれを選んだか、選んだスマホによって金額が異なる
  • 【対象外プラン】データ高速プラン、データ高速+音声通話プラン、データ無制限プラン、データ無制限+音声通話プラン

マンスリー割の金額はすべてのスマホで統一されているのではなく、UQモバイル側によって細かく設定されています。

実質108円/540円になるスマホ、ならないスマホを紹介

実質108円になるキャンペーン対象スマホ

  • AQUOS sense
  • HUAWEI P20 lite

実質108円になるのはこの2機種です。

おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L、どのプランを選んでも実質108円になります。

初回に108円を支払って、2年間しっかり利用することで実質108円になります。

実質540円になるキャンペーン対象スマホ

  • HUAWEI nova lite 3

実質540円になるのはこの1機種です。

おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L、どのプランを選んでも実質540円になります。

初回に540円を支払って、2年間しっかり利用することで実質540円になります。

実質108円にならないキャンペーン対象スマホ

  • OPPO R17 Neo
  • AQUOS sense2
  • Phone 7
  • iPhone 6s
  • おてがるスマホ01

実質108円にならないのはこの5機種です。

おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L、どのプランを選んでも実質108円/540円にはなりません。

ただし、マンスリー割が適用されるおかげで毎月の端末代金の支払いの負担は軽くなります。

2年間しっかり利用することで実質108円/540円になる

購入した時点で実質108円/540円になるのではなく、2年間しっかり利用することで実質108円/540円になります。

毎月の端末代金の支払いが実質0円になっているだけで、実際には24ヶ月間端末代金の支払いが発生しているんです。

なので、途中で解約したり機種変更すると端末代金の支払いが丸々発生することになります。

たとえば、端末代金の支払いが毎月1000円×24ヶ月、マンスリー割が1000円×24ヶ月のスマホがあったとして、20回目の支払いで機種変更や解約をすると残り4回分、つまり4000円分の支払いが発生します。

初回支払い時は108円/540円支払いが発生

ただし、初回支払時は実質0円にはならず、「月々の端末代金の支払いの金額」-「マンスリー割で割引される金額」=108円/540円の支払いが発生します。

実質108円/540円って?そんな額なら0円にすればいいじゃん?

最初に108円/540円の支払いを発生させる理由は、総務省が「実質0円」で販売することを禁止しているからです。

少しでも支払いを発生させないと総務省から指導を受けてしまう可能性があります。

AQUOS senseを例に挙げて、「実質108円になるまで」を説明します

たとえば実質108円になるAQUOS senseは、24回払いの場合は初月のみ1404円、残り23回は1296円、マンスリー割はプランS/M/L問わず1296円になっています。

初月はマンスリー割が適用されて1404円-1296円=108円、残り23回は1296円-1296円=0円になります。初月のみ108円多い金額が請求されるようになっています。

分割支払金マンスリー割実質負担額最終的な
支払い金額
初回支払い1404円-1296円108円29808円
2回目支払い1296円-1296円0円28512円
3回目支払い1296円-1296円 0円27216円
4回目支払い1296円-1296円 0円25920円
5回目支払い1296円-1296円 0円24624円
6回目支払い1296円-1296円 0円23328円
7回目支払い1296円-1296円 0円22032円
8回目支払い1296円-1296円 0円20736円
9回目支払い1296円-1296円 0円19440円
10回目支払い1296円-1296円 0円18144円
11回目支払い1296円-1296円 0円16848円
12回目支払い1296円-1296円 0円15552円
13回目支払い1296円-1296円 0円14256円
14回目支払い1296円-1296円 0円12960円
15回目支払い1296円-1296円 0円11664円
16回目支払い1296円-1296円 0円10368円
17回目支払い1296円-1296円 0円9072円
18回目支払い1296円-1296円 0円7776円
19回目支払い1296円-1296円 0円6480円
20回目支払い1296円-1296円 0円5184円
21回目支払い1296円-1296円 0円3888円
22回目支払い1296円-1296円 0円2592円
23回目支払い1296円-1296円 0円1296円
24回目支払い1296円-1296円 0円0円

初回支払時だけは108円を支払いますが、残り23回は毎月の実質負担額、つまり毎月の端末代金の支払いは実質0円になります。

ただし、マンスリー割のおかげで分割支払金が相殺されて0円になっているだけなので、端末代金の支払い自体は行っていることに注意してください。

たとえば12回目の支払いのときに機種変更すると、残り1万5552円(月額1296円×12ヶ月)の支払いが発生します。

一括払いで購入しても分割払いで購入してもお得

マンスリー割は月額料金に対して適用されるので、一括払いで購入しても分割払いで購入してもお得になります。

  • 一括払いで購入→月額料金がマンスリー割の金額分安くなる
  • 分割払いで購入→毎月の端末代金の支払いの負担が軽くなる

データ高速+音声通話プランはマンスリー割は適用されない

UQモバイルの申し込みはこちらから!

キャリアからUQモバイルへの乗り換えの流れ

UQモバイルを申し込んでから回線を切り替えるまでは、今利用しているキャリアの回線が利用できます。

たとえばauからUQモバイルに乗り換えるとき、UQモバイルを申し込んで手元にSIMが届いて回線切替を行うまではau回線が使えます。

回線切替は、9時から20時30分の間であれば自分の好きなタイミングでできます。回線切替には30分くらいかかります。この30分以外にauが使えなくなることはありません。

step
1
使いたいスマホがUQモバイルで動作確認されているか確認

UQモバイルで使いたいスマホがUQモバイルで動作確認されているかを、動作確認端末一覧で事前に確認してください。

auから販売されたiPhoneやAndroidスマートフォン、ドコモ/au/ソフトバンクから販売されたiPhoneは間違いなく動作確認されています。

ドコモやソフトバンクから販売されたAndroidスマートフォンは、au回線に対応していないものが多いので使えません。

step
2
スマホのSIMロックを解除しておく(Webで可能・無料)

今使っているドコモ/au/ソフトバンクで購入したiPhoneやAndroidスマホを、UQモバイルに乗り換えても使いたい人は、UQモバイルへの乗り換え前にスマホのSIMロックを解除しておきましょう。

SIMロック解除手続きはWebから無料でできます。ドコモはMy docomoで、auはMy auで、ソフトバンクはMy SoftBankからSIMロックの解除手続きができます。

店舗でやると3000円かかります。SIMロック解除手続きはとても簡単なので、Webで自分で手続きしましょう。

step
3
乗り換え元でMNP予約番号を取得する(Webや電話で可能・無料)

ドコモ/au/ソフトバンクでMNP予約番号を取得してください。MNP予約番号の発行手数料は無料です。MNP予約番号を発行した時点ではキャリアは解約されません。

ドコモはMy docomoで、auはMy auで、ソフトバンクはMy SoftBankからMNP予約番号の取得が可能です。もちろん電話からの申し込みでも大丈夫です。

MNP予約番号の発行方法

  • ドコモ : My docomo、ケータイなら151に電話、一般電話なら0120-800-000に電話
  • au : My au、ケータイ・一般電話なら0077-75470に電話
  • ソフトバンク : My SoftBank、ケータイなら*5533に電話、一般電話なら0800-100-5533に電話
  • MNP予約番号の発行受付は9時から20時まで

step
4
UQモバイルを契約する

メールアドレス、本人確認書類、本人名義のクレジットカード、MNP予約番号を用意してUQモバイルを契約してください。

step
5
初期設定をして利用開始

UQモバイルの初期設定

  • ドコモ/au/ソフトバンクからUQモバイルに回線を切り替える手続きをする
  • スマートフォンにUQモバイルのSIMカードを挿してAPN設定をする
  • UQモバイルのスマホで回線切り替え手続きをする

ドコモ/au/ソフトバンクの回線から、UQモバイルに回線を切り替える手続きを行います。

回線を切り替える手続きはボタンを押すだけなので簡単です。

回線が切り替わったあとはUQモバイルの回線が使えるようになり、UQモバイルの回線でインターネットや音声通話ができるようになります。

UQモバイルのSIMカードのみを契約した場合は、回線切替手続きと同時にAPN設定を行う必要があります。簡単に言うと、UQモバイルの回線に接続するために必要なIDとパスワードを入力する作業のことです。

SIMカードのみを契約した場合はAPN設定も行わないとUQモバイルの回線に繋がりません。

UQモバイルのスマホを購入した場合は、すでにAPN設定が終了しているので、回線切替手続きが終了すればUQモバイルの回線に繋がります。

auからUQモバイルに乗り換えるときの手順はこちら

ここに書かれていることを丁寧に解説しているのがこちらの記事です。

乗り換え時のポイント

  • UQモバイルに乗り換えるとき、あなたは「キャリアの解約」は絶対にしないでください
  • UQモバイルを申し込んでから
  • UQモバイルに乗り換えるとき、あなたはキャリアのショップに行って解約手続きをする必要はありません
  • UQモバイル乗り換え後にキャリアは自動で解約されます

UQモバイルは契約初月の月額料金は日割り計算+MNPで○月○日までに契約したい人向け解説

初月の料金は日割り+データ容量は丸々利用OK

利用開始した月=初月の月額料金は日割り計算となります。月間データ容量は日割り計算されません。

たとえば6月15日におしゃべりプランSを契約したなら、月額料金は日割り計算でだいたい半額になりますが、月間データ容量は日割りされないので最大3GB利用できます。

○月○日までにUQモバイルに乗り換えたいんだけど?→完璧な準備と早めの申し込みが必要

MNP転入でよくある質問です。○月○日までに乗り換えたいなら事前準備を完璧に行い、あなたが思っているよりも早めに申し込んでください。

開通したい日の7日前~10日前までに余裕を持って申し込んでおくのがベストです。

Webからの申し込みの場合は、申込時になにか不備が見つかると審査が止まります。

申込時に入力した住所と本人確認書類に記載されている住所が違う、本人確認書類の提出忘れがある、本人確認書類に不備がある、などの問題があると審査が止まり、予定以上の時間がかかることがあります。

審査が止まると○月○日に間に合わない可能性が高くなります。不安な人は余裕を持って申し込んでください。

月末に申し込むのがオススメ!とは書いてあっても鵜呑みにしないでください。間に合わなくてもそれは自己責任です。

利用開始日は指定できる?

ご利用の開始日を指定することはできません。
ご利用の開始日については、以下をご確認ください。

【UQ mobile オンラインショップ】
■新規申込みの場合
商品到着後、通話・通信をご利用された当日から料金が発生します
※商品出荷日から7日経過すると自動的に料金が発生します
■MNP新規申込みの場合
商品到着後、回線切替及び通話・通信をご利用された当日から料金が発生します
※商品出荷日から7日経過すると自動的に回線切替が完了し料金が発生します

【即時開通店】
新規申込み・MNP新規申込みに関わらず、店舗にてご契約されたその日からご契約が開始となり料金が発生します

利用開始日を指定することはできますか | よくあるご質問|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

利用開始日は、①自分で回線切替をしてネットや通話を利用した日か、②商品出荷日から7日後、の2パターンあります。

手元にSIMやスマホが届いたら、届いたその日に回線切替をするのもいいですし、商品出荷日から7日以内の日であればいつ回線切替をしても大丈夫なわけです。

自動的に回線切替されるまで7日間あるので、その期間内であれば利用開始日のコントロールはある程度可能

  • SIMやスマホが出荷された日の7日後に、自動的に回線切替が実行される
  • ということは、出荷日から7日以内であれば、利用開始日をある程度コントロールできる
  • ドコモを契約している人がUQモバイルに乗り換えるとする
  • 6月25日にUQモバイルをMNP転入で申し込む
  • 6月26日にSIMやスマホが発送される
  • 6月26日の7日後は7月3日。7月3日までは回線切替が実行されない
  • 6月28日にSIMやスマホが手元に届く
  • 6月30日に利用開始したいので、6月30日まで放置しておく
  • 6月30日に回線切替をする=6月30日がUQモバイルの利用開始日になる
  • ドコモも6月30日に自動的に解約される

ここで書いてあることがなんのことだか分からない人はスルーしてください。

更新月の最終月の月末ギリギリに申し込むのは危ない

特に注意するべきなのは、更新月の最終月の月末ギリギリでの申し込みです。

日割り計算されるから月末がお得!とか、解約するときにはこのタイミングがお得!とかいうアドバイスに載せられてはダメです。

本来払わなくてもいい無駄なお金を払いたくないなら、もっと早くUQモバイルを申し込むべきです。

「月末ギリギリに申し込んでも大丈夫っしょ(笑)なにが問題なわけ?(笑)」と思う人もいるかと思いますので、具体例を出して説明します。

  • ドコモを契約している人がUQモバイルに乗り換える
  • 解約しても違約金がかからないのが4月、5月、6月の3ヶ月とする
  • 7月1日からまた2年縛りがスタートする
  • 6月29日にあわててUQモバイルをMNP転入で申し込む
  • 6月30日にUQモバイルからSIMカードが発送される
  • 7月1日にSIMカードが手元に到着する=ドコモ側では2年縛りがスタートしている
  • 7月1日にドコモからUQモバイルに回線を切り替える手続きを行う
  • 7月1日がUQモバイルの利用開始日になり、ドコモの解約日も7月1日になる
  • 7月1日にはドコモ側で2年縛りがスタートしているので、ドコモ側で違約金が発生する
  • もっと早く申し込んでおけば発生しなかった違約金およそ1万円を支払うことになる

ということです。申し込むのはお早めに。

まとめ

  • 余裕を持って申し込むこと
  • 本人確認書類をしっかり用意すること

キャッシュバックが貰えない?審査に通りにくい?などと不安を煽るサイトに注意

限定サイト、当サイトキャンペーンで、

  • キャッシュバックが貰えない
  • 初期費用がかかる
  • 申し込み時に勤務先を聞かれる(のが嫌だから懸念)
  • 正規代理店のほうが審査に通りやすい
  • 審査に落ちる可能性がある

といった落とし穴・罠・懸念点があると書くところがありますが、実際はそのようなことはありません。

どこの格安SIMであっても、キャッシュバックキャンペーンで起こりうる問題を、鬼の首を取ったように喜んで書いているだけです。

キャッシュバックが貰えない?→どんなキャンペーンでもしっかり貰う人と貰えない人がいる

キャッシュバックが貰えないというのは、

  • メールはきちんと届いているが、迷惑メールフォルダなどに入ってしまってメールの存在に気づいていない
  • キャッシュバック受け取り手続きをしなかった
  • キャンペーン適用対象外になることをした
  • 申し込み時に入力したメールアドレスが無効になっている

の4つの理由が考えられます。

自分で受け取り手続きをするキャッシュバックキャンペーンでは、間違いなくメールの存在やキャッシュバックの存在を忘れて受け取れない人がいます。

メールが迷惑メールフォルダに入るのは、フィルタリングが強い弱い、許可したドメインだけ受信する設定、などなどの利用者側の設定・環境によるので、UQモバイルが引き起こしている問題ではないです。

メールに気づいてちゃんと受け取っている人がいるので、受け取らせたくないわけではまったくないです。

どの格安SIMでも初期費用はかかる

UQモバイルだけでなく、どの格安SIMでも基本的に初期費用として3000円かかります。格安SIMによってはSIMカード準備金として300円追加でかかることもあります。

UQモバイルでは初期費用として3000円(3240円)かかります。新規もMNPも初期費用3000円で、それ以上の金額が初期費用でかかることはありません。

ドコモでもauでもソフトバンクでも、どの格安SIMでも初期費用=契約手数料がかかります。これを「UQモバイル公式の落とし穴」と書いて鬼の首を取ったように大喜びするのはいかがなものでしょうか。

申し込み時に勤務先を入力するのが嫌?→無職や自営業にしても審査は通る

UQモバイル申し込み時の「お客様情報入力」画面で、「職業を会社員にすると、勤務先名・電話番号を入力しないといけないからダメ」とあります。

まあ確かに勤務先まで入力するのはどうかと思うんですが、入力したいなら入力して、どうしても勤務先を入力するのが嫌なら無職や自営業で申し込めばいいだけです。

ちなみに格安SIMの申し込み時において、職業を選ぶならまだしも勤務先まで入力しないといけないこと自体が珍しいです。UQモバイルだけが特殊です。

大多数の格安SIMでは申し込み時に職業や勤務先を聞いてきません。ということは、職業が会社員であっても無職であっても格安SIM契約時の審査には影響しないんですね。

ちなみに私はUQモバイルの申し込み時には「自営業」か「無職」にして申し込みましたが、何事もなく審査通過して1年以上利用UQモバイルを利用しています。

正規代理店だと審査が緩い?

「正規代理店はUQモバイル公式と違って、勤務先を聞いてきません!だから審査に通りやすいです!」という考えはもはやオカルトのレベルでしょう。

むしろ審査に落ちるのは入力ミスや本人の信用情報が問題

審査に落ちたという人はUQモバイルだけでなくいろいろな格安SIMで確認されています。全くもって落とし穴ではありません。

別に契約させたくなくて弾いてるわけではなく、何かしらの問題があるから弾かれるんです。無職がダメなら私は申し込みNGになってますね。

住宅ローンやカーローンなどの金融機関が絡んでくるタイプの審査や、クレジットカードの入会審査ならまだしも、格安SIMの審査程度では「自営業だから」「無職だから」といって審査で落とされることはまずないです。

よくあるのは、本人確認書類の有効期限切れ、申し込み時に文字数字の入力ミス、本人確認書類に書いてある住所と入力した住所が違う(片方はマンション名が入っているのにもう片方は入ってないなど)、MNP予約番号が有効期限切れのパターンです。

料金の滞納をしていると契約できないかもしれません

たまに、スマホを分割払いで契約しようとしたら、過去に料金を滞納していたとかで本人の信用情報がダメ→UQモバイルの審査NGになるパターンもあります。

これは契約者の問題なのでUQモバイルが悪いわけではないです。スマホ代金の分割払いも立派なローンの一種です。

料金の未納・滞納とかしていると信用情報に傷がついて、格安SIMの審査だけでなく住宅ローンやマイカーローンなどの審査にも通りません。

過去に滞納していると「この人にお金を貸しても毎月きちんと返してくれなさそう」って判断されるからです。

他社からの乗り換えの場合は口座振替で支払いも可能です。auからUQモバイルに乗り換えても口座振替で支払いたい、という人は大丈夫です。

しかしながら、UQモバイルは基本はクレジットカード払い限定と思ったほうがいいでしょう。クレジットカード払いのほうが手続きが早く完結します。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

限定サイト/正規代理店キャッシュバックキャンペーンの内容・条件まとめ

キャンペーン内容

UQモバイル限定サイトBIGLOBE UQ mobile正規代理店リンクライフ
キャッシュバック時期3ヶ月後3~5ヶ月後7ヶ月後
SIMのみ申込
スマホ申込
iPhone取扱
口座振替

 

キャンペーン対象プランの比較

  • おしゃべりプランS/M/L
  • ぴったりプランS/M/L
  • データ高速+音声通話プラン(限定サイトやBIGLOBEのみ対象)
おしゃべりプラン
ぴったりプラン
プランSプランMプランLデータ高速+
音声通話プラン
UQモバイル限定サイト対象対象対象対象
BIGLOBE UQ mobile対象対象対象対象
正規代理店リンクライフ対象対象対象対象外

 

キャッシュバック金額の比較

おしゃべりプラン
ぴったりプラン
プランSプランMプランLデータ高速+
音声通話プラン
UQモバイル限定サイト8000円9000円1万円5000円
BIGLOBE UQ mobile8000円9000円1万円5000円
正規代理店リンクライフ8000円9000円1万円対象外

 

キャッシュバック受け取りまでの目安を比較

キャッシュバック受け取りの目安
UQモバイル限定サイト3ヶ月後
BIGLOBE UQ mobile3~5ヶ月後
正規代理店リンクライフ7ヶ月後

 

キャッシュバックキャンペーン対象になる支払い方法の比較

クレジットカード口座振替
UQモバイル限定サイトキャンペーン対象キャンペーン対象
BIGLOBE UQ mobileキャンペーン対象キャンペーン対象
正規代理店リンクライフキャンペーン対象キャンペーン対象外

 

キャッシュバックキャンペーン対象になる契約方法での比較

ドコモ
au
ソフトバンク
格安SIM他社から
UQモバイルに転入
UQモバイル限定サイト対象対象
BIGLOBE UQ mobile対象対象
正規代理店リンクライフ対象対象

 

SIMの取扱

UQモバイル限定サイトmicroSIM
nanoSIM
マルチSIM
nanoSIM(専用)
BIGLOBE UQ mobilemicroSIM
nanoSIM
マルチSIM
nanoSIM(専用)
正規代理店リンクライフマルチSIMのみ

 

iPhoneの取扱

iPhoneの取扱
UQモバイル限定サイトあり
BIGLOBE UQ mobileあり
正規代理店リンクライフなし

 

BIGLOBE UQ mobileは限定サイトとほぼ同じ

BIGLOBE UQ mobileは、BIGLOBEが正規代理店のようなことをしている申込窓口になります。なお、キャンペーン条件はUQモバイル限定サイトとほぼ同じなので、BIGLOBE UQ mobileで申し込むメリットは全くありません。

BIGLOBE UQ mobileの申し込みシステムもUQモバイル公式とほぼ同じ仕組みを採用しています。

最大2万2000円キャッシュバックは大嘘

UQモバイルの契約は最大1万円キャッシュバック、Broad WiMAXを同時契約で+1万2000円キャッシュバック=最大2万2000円キャッシュバックというからくりです。

UQモバイルだけ契約しても最大2万2000円は貰えません。

正規代理店は土日祝は発送しない

正規代理店は土日祝も発送する、などと大嘘を書いているサイトがありますが、正規代理店は土日祝は発送を行っていないと申し込みページで書いています。

UQモバイル限定サイトからの申し込みは毎日発送

UQモバイル限定サイトからの申し込みは、SIMやスマホを最短即日で発送しますし、土日祝でも休まずに発送業務を行っています。

限定サイト/正規代理店リンクライフのキャッシュバックキャンペーンのメリット・デメリット

限定サイトのキャッシュバックキャンペーンのメリット

  • キャッシュバックが3ヶ月後に貰える
  • iPhoneもキャンペーン対象
  • MNP転入+口座振替もキャンペーン対象
  • キャッシュバック受け取り手続き後は最短即日でキャッシュバックが貰える
  • すべてのSIMとスマホがキャンペーン対象

限定サイトのキャッシュバックキャンペーンのデメリット

  • 初期費用がかかる

正規代理店リンクライフのキャッシュバックキャンペーンのメリット

  • 初期費用が無料になる

正規代理店リンクライフのキャッシュバックキャンペーンのデメリット

  • 口座振替での申し込みはキャンペーン対象外
  • クレジットカード払いのみがキャンペーン対象
  • 受け取りまでの時間が長い
  • 受け取り手続きと振込まで1ヶ月間ラグがある
  • iPhoneを販売していないしキャンペーン対象外
  • マルチSIMのみ取扱
  • 正規代理店としての契約後の問い合わせ窓口はない
  • 正規代理店キャッシュバックキャンペーンは正規代理店が勝手に実施しているものなので、UQコミュニケーションズは一切関与していない

正規代理店はiPhoneの取扱は無し

正規代理店ではiPhoneを販売することはできません。

もしも正規代理店がiPhoneを販売していたら、それはどこかから白ロムなどを購入してきて勝手に抱き合わせ販売しているだけです。

正規代理店のキャッシュバックキャンペーンはUQ本家は一切関与していない

正規代理店のキャッシュバックキャンペーンは、正規代理店が契約を獲得するために勝手に実施しているキャンペーンです。

「正規代理店でもキャッシュバックを実施してください」、なんて命令は出してません。

ネットでもよく「光回線契約で○万円キャッシュバック!」とかいうのありますよね。あれも正規代理店が契約を獲得するために勝手に実施しています。

なので、「正規代理店のキャッシュバックキャンペーンを利用して申し込んだけどキャッシュバックが貰えなかった!」などと、UQモバイル運営元のUQコミュニケーションズに苦情を言っても無駄です。

UQコミュニケーションズが正規代理店の代わりにキャッシュバックをしてくれるようなことも絶対にありません。

どちらかのキャッシュバックキャンペーンを利用すると損するの?

普通に公式サイトから申し込むと貰えても3000円程度ですが、キャッシュバックキャンペーンを利用すればそれ以上の金額でキャッシュバックされるので、どちらかのキャンペーンで申し込むと損をするということはありません。

限定サイトで申し込むと損する?

限定サイトで申し込むと100%損するというのは、どうしても正規代理店のほうを勧めて自分のサイトでの売上を上げたいから「限定サイトで申し込むと損する」と記載しています。

○○公式って何?

そのWebサイトはUQモバイルの公式サイトでもなんでもないです。一切無関係の第三者が運営しています。

UQモバイルの公式サイト、UQモバイル公式となにか関係がありそうに誤認させるようなサイト名やURLを使っているだけで、UQモバイル/UQコミュニケーションズとは一切関係ありません。

uqwimax.jp以外のアドレスは全て偽物と思って大丈夫です。uqmobile-***.com、uqmobile-***.jpといったアドレスはすべて偽物です。

月額料金はどこで申し込んでも変わらない

月額料金は、UQモバイル公式、UQモバイル限定サイト、BIGLOBE、リンクライフなどの正規代理店のどこで申し込んでも一緒です。変わりません。

キャッシュバックが受け取りやすいのはどこ?

限定サイトと正規代理店どちらで申し込んだとしても、キャッシュバックの存在を忘れないようにする人はしっかりキャッシュバックを受け取ります。

キャッシュバックの存在をすぐに忘れるような人はキャッシュバックを受け取れません。

代理店の手口をまとめた記事まとめ



【結論】当サイトで紹介しているUQモバイルキャッシュバックキャンペーンをオススメします

条件などを総合評価した結果、当サイトではキャッシュバックが一番早く貰えるUQモバイルキャッシュバックキャンペーンをオススメしています。

どこのサイトもUQモバイルキャッシュバックキャンペーンをオススメしていますよ。

3ヶ月後にキャッシュバックを貰えて、SIMもスマホも豊富、iPhoneや口座振替もキャンペーン対象、サポートや対応はUQモバイルが行うので信頼性も抜群でお得です。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

UQ mobileのオススメポイントやメリットまとめ

UQ mobileを運営しているUQコミュニケーションズ株式会社は、東京都港区に本社を置く無線データ通信事業を行うKDDIグループの電気通信事業者です。2007年8月29日に設立されました。

UQコミュニケーションズは主たる事業のWiMAXルーター事業(MNO)に加えて、UQモバイル事業(MVNO)を営んでいます。

UQコミュニケーションズは、WiMAXモバイルルーターサービスにおいて快適な通信速度を最も重要視しており、格安スマホを選択する人にとっても「快適な通信速度」は重要な要因であることから、一定の通信速度を確保することがUQコミュニケーションズのポリシーであると表明しています。

月額1000円を下回る「いわゆる格安SIM」よりも高い料金プランを設定することで、収益を確保しながら快適な通信環境を提供しています。

お客様満足度ナンバーワン

UQモバイルは自社調べのお客様満足度は90%、J.D.パワー2018年格安スマートフォン/SIMサービス顧客満足度調査第1位、RBB TODAY 格安SIMアワード2017下半期総合部門第1位を獲得しています。

KDDI(au)から十分すぎるほどの帯域(回線)を購入・確保

UQモバイルは日々トラフィックやユーザー数の動向を監視し、前もって帯域幅を拡大することなどにより常時快適な通信を確保できるように努力しています。

簡単に言うと、通信速度が遅くなってから回線を増強しているのではなく、先に先に回線を増強しているということです。

その努力のおかげで、mineoやIIJmioなどの他のau回線を使用して格安SIMを提供している企業よりも通信速度が高速になっています。

UQ mobileは通信速度が他MVNOと比べて圧倒的速さ

UQモバイルはau 4G LTE回線を使用しているので、高速・快適に繋がりやすくなっています。

こちらは2018年7月に横浜と羽田空港でスピードテストをした結果です。昼休みのじ簡単でも十分な速度が出ているのが分かりますね。

通信速度の安定・速さ・通信品質を重視する人、遅さでイライラしたくない人はUQ mobileがオススメです。

キャリアメールと判別されるメールアドレスが持てます

UQ mobileでは月額料金200円と有料ではありますが、キャリアメールと判別されるメールアドレス「****@uqmobile.jp」を持つことができます。

なお、メールアドレスを利用できる・対応している機種はUQ mobileが提供する端末やiPhoneなどごく一部の機種に限られます。

様々な理由で「キャリアメールのメールアドレスは持ち続けたい」という人がいますが、そんな人でも安心です。

自動受信
メールサイズ最大3MB/通
サーバ保存期間
受信していないメールのみ対象
30日間
再送期間3日間を超えたメールについては、
設定ページの新着問い合わせにより受信可能
添付ファイル
絵文字
海外での利用×
Wi-Fi送受信×
設定用ページへのアクセスも不可
迷惑メールフィルタ

auかんたん決済が利用可能

UQモバイルではauかんたん決済が利用可能です。申し込みは不要で、auかんたん決済自体利用料金は無料。

iTunesやGoogle Playストアでアプリやコンテンツの購入代金をUQモバイルの利用料金と一緒に支払えます。

UQモバイルのおしゃべりプラン/ぴったりプランについて解説

ここではキャンペーン対象プランであるおしゃべりプラン・ぴったりプランについて解説します。

UQモバイルでは、1回あたり5分以内の国内通話が何度でもかけ放題がついたおしゃべりプランと、最大180分の無料通話分が毎月付与されるぴったりプランの2つの通話プランが用意されています。

自分の利用スタイルに合った通話プランを選ぶことができます。おしゃべりプラン・ぴったりプランは毎月変更可能です。

月間データ容量はプランS/M/Lの3プランが用意されています。プランS/M/Lは毎月変更可能です。

プラン名無料通話月間データ容量
おしゃべりプランS5分かけ放題最大3GB
おしゃべりプランM5分かけ放題最大9GB
おしゃべりプランL5分かけ放題最大21GB
ぴったりプランS最大60分の無料通話分最大3GB
ぴったりプランM最大1200分の無料通話分最大9GB
ぴったりプランL最大180分の無料通話分最大21GB

プランSは料金を抑えたい人に、プランMはネットも通話もちょうどいいバランスで、プランLはたっぷりネットを楽しみたい人におすすめです。

先述した通りおしゃべりプラン・ぴったりプランとプランS/M/Lは毎月変更可能です。はじめはプランMとかで様子を見て、後からプランSに引き下げるかプランLに引き上げるか考えるのもいいですね。

増量オプションの加入が必須

増量オプションを申し込むことで、おしゃべりプラン・ぴったりプランの月間データ容量が最大3GB/9GB/21GBになり、ぴったりプランS/M/Lの無料通話分2倍(60分/120分/180分)になります。

増量オプションに加入して増えたデータ容量は、自分で毎月増量オプション分のデータ容量をチャージする必要があります。

参考

  • プランSは、基本データ容量2GB+増量オプション1GB=最大3GB利用可能
  • プランMは、基本データ容量6GB+増量オプション3GB=最大9GB利用可能
  • プランLは、基本データ容量14GB+増量オプション7GB=最大21GB利用可能

増量オプションのオプション料金は毎月500円ですが、新規契約時や機種変更時にオプション料金が2年間無料になるキャンペーンが適用されます。最初の2年間は無料です。

UQモバイルは、500MBのデータチャージ料金は500円なので、500MBのデータチャージを1回行うだけで元が取れます。

節約モードならデータ消費ゼロ

UQモバイルでは、受診時最大225Mbpsで高速通信できる高速モードと、送受信最大300kbpsの低速で通信する「節約モード」の2つのモードが通信モードが用意されています。

節約モード時はTwitterやFaceBook、音楽ストリーミングサービスをどれだけ使ってもデータ消費はゼロになります。

通信モードはUQ mobileポータルアプリでワンタッチ・簡単に切り替えることができます。

解除料について

契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月間を契約期間とします。25ヵ月目の翌月を「更新月」といいます。

更新月以外に解約すると契約解除料として9500円が発生します。

更新月に解約の申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。

契約して2年後もUQモバイルに残るか、それともMVNO他社に移動するかは完全に自由ですが、個人的には更新月にMNPしてY!mobileを契約して、2年後にまたUQモバイルに戻ってくるのが賢い利用法であると考えています。

UQモバイルの割引サービス

イチキュッパ割

イチキュッパ割は、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lを契約した人に対して、課金開始月から起算して13ヶ月間月額料金から1000円を割引します。

スマトク割

スマトク割は、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lを契約した人に対して、課金開始月から起算して25ヶ月間月額料金から1000円を割引します。

長期利用割引

ぴったりプラン・おしゃべりプランを契約している人が26ヶ月目以降も継続して利用する場合、長期利用割引として月額料金から1000円を割引します。

なお、最初の更新月に解約の申し出がない場合に自動で適用になります。

  • ぴったりプランS、おしゃべりプランS約約の場合:割引後2980円
  • ぴったりプランM、おしゃべりプランM契約の場合:割引後3980円
  • ぴったりプランL、おしゃべりプランL契約の場合:割引後5980円

新規でぴったりプラン、おしゃべりプランを契約の場合は26ヶ月目が最初の更新月になります。

データ高速+音声通話プラン、データ無制限+音声通話プランからぴったりプラン・おしゃべりプランにプラン変更場合は、その変更が適用となった月から25ヶ月目が、最初の更新月となります。

複数回線契約すると2台目以降は毎月500円割引!「UQ家族割」

  • 【名称】UQ家族割
  • 【契約対象プラン】おしゃべりプラン・ぴったりプラン
  • 【適用条件】対象プランを家族や1人で複数回線(2回線以上)を契約
  • 【適用される内容】2回線目以降は月額500円割引。1回線目(親回線)は割引されない
  • 【適用期間】対象プランを契約している間ずっと有効
  • 【申し込み】店頭の場合は適用には申し込みと家族であることを証明する書類が必要

UQ家族割はおしゃべりプラン・ぴったりプランを契約&UQ家族割を組んでいる間はずっと500円割引が適用されます。親回線も子回線もおしゃべりプラン・ぴったりプランを契約している必要があります。

なお、1回線目(親回線)は適用されないので注意。適用されるのは子回線のみです。

UQ家族割が適用されたときのおしゃべりプラン・ぴったりプランの料金イメージは以下の通り。

プラン名初月~13ヶ月目14ヶ月目以降
おしゃべりプランS月額1480円月額2480円
おしゃべりプランM月額2480円月額3480円
おしゃべりプランL月額4480円月額5480円
ぴったりプランS月額1480円月額2480円
ぴったりプランM月額2480円月額3480円
ぴったりプランL月額4480円月額5480円

 

キャンペーン対象SIMカードの選び方

UQモバイルでは4種類のSIMが提供、全てキャンペーン対象

  • microSIM
  • nanoSIM
  • マルチSIM
  • nanoSIM(専用)

UQモバイルでは、以上の4種類のSIMカードが提供されています。キャッシュバックキャンペーンでは4種類全てがキャンペーン対象になっています。

SIMカードのみを契約する場合のチェックすること3つ

SIMカードのみを契約する場合は、以下の3つを動作確認端末一覧でチェックしましょう。

  1. 自分が今使っている/購入を検討しているスマホがUQモバイルで動作確認されているか?
  2. スマホのSIM種別はmicroSIM, nanoSIM, マルチSIM, nanoSIM(専用)のどれなのかを確認
  3. SIMロック解除が必要かどうか?(docomo, au, SoftBankで購入したスマホの場合)

もしも申し込むSIMカードを間違えてしまうと、SIMカード交換手数料として3000円かかります。

UQモバイルで動作確認されているスマホ

  • auから販売されたiPhoneやAndroidスマートフォン
  • SIMフリー版iPhone
  • ドコモ/ソフトバンクから販売されたiPhoneやAndroidスマートフォン
  • au回線に対応したSIMフリースマートフォン

スマホのSIM種別はここを見てください

一例として、モトローラ製SIMフリースマートフォン「Moto G5S Plus」の動作確認結果を見てみましょう。

このSIM種別を見ると「マルチSIM」と記載されています。つまりMoto G5S PlusにUQモバイルのSIMを挿して利用したいときに申し込むべきSIMは「マルチSIM」になります。

UQモバイルのSIMを挿して利用するときにSIMロック解除が必要かどうか?

  • ドコモから販売されたiPhoneやAndroidスマホ→SIMロック解除が必要
  • ソフトバンクから販売されたiPhoneやAndroidスマホ→SIMロック解除が必要
  • auから販売されたiPhoneやAndroidスマホ→時期によって必要・不要が混じっている

2017年7月31日までにauから販売されたiPhoneやAndroidスマホはSIMロックの解除が必要です。

2017年8月1日以降にauから販売されたiPhoneやAndroidスマホはSIMロックの解除が不要です。

SIM種別にこれが書かれてたらこれで申し込みます

自分がUQモバイルで使いたいスマホの動作確認結果を見てみると、SIM種別に

  • マルチSIM(nano)と書いてあった→マルチSIMで契約。自分でnanoSIMサイズに切り取って使う
  • マルチSIM(micro)と書いてあった→マルチSIMで契約。自分でmicroSIMサイズに切り取って使う
  • microSIMと書いてあった→microSIMで契約
  • nanoSIMと書いてあった→nanoSIMで契約
  • nanoSIM(専用)と書いてあった→nanoSIM(専用)で契約

ほとんどの人はマルチSIM(nano)で契約することになります。それ以外で契約するのはもう古いスマホを使い続けるような人だけです。

マルチSIMについて

 

UQモバイルのマルチSIMは、この画像のようにSIMカードの台紙から「自分で任意のSIMサイズに切り取る」ようになっています。

マルチSIMのSIMカードの台紙からは、通常SIM(大)>microSIM(中)>nanoSIM(小)の3つの大きさに切り取ることができます。

最近のスマートフォンのSIMサイズは「nanoSIMサイズ」が主流ですし、2015年5月以降に発売されたスマートフォンのSIM種別は、ほぼ全てマルチSIM(nano)になっています。

つまり、「マルチSIM(nano)」と書いてあるときは、「マルチSIMで申し込んでnanoSIMサイズに切り取って使ってください」ということです。

中華SIMフリースマホには要注意

  • よく分からないメーカーである
  • スペックを見るとau回線対応と書かれている
  • UQモバイルで動作確認されていないスマホ

これに当てはまった場合は要注意です。UQモバイルで動作確認されていないスマホにSIMを挿して通信できない!ってキレる人がいます。

SIMフリースマートフォンを利用するなら、UQモバイルで動作確認されたものだけを調達するのが一番良いです。

キャンペーン対象スマホの価格まとめとオススメのスマホを紹介

UQモバイルで販売されているスマホは、一括払いか24回分割払いで購入することができます。

スマートフォンのスペックにこだわりが無い人、維持費を安くしたい人、一括払いできる余裕がない人は、実質108円になるスマホを購入することをオススメします。

Androidスマホの販売価格とマンスリー割金額と毎月の実質負担額

製品名端末代金プランマンスリー割毎月の
実質負担額
実質価格
Galaxy A303万1644円
(初回1836円)
(23回;月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-216円1080円/月実質2万6460円
HUAWEI nova lite 33万1644円
(初回1836円)
(23回;月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-1296円0円実質540円
OPPO R17 Neo3万8988円
(初回1728円
(23回:月額1620円)
プランS
プランM
プランL
-540円1080円/月実質2万5920円
AQUOS sense 23万6396円
(初回1620円)
(23回:月額1512円)
プランS
プランM
プランL
-432円1080円/月実質2万5920円
HUAWEI P20 lite3万1212円
(初回1404円)
(23回;月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-1296円0円実質108円
AQUOS sense3万1212円
(初回1404円)
(23回:月額1296円)
プランS
プランM
プランL
-1296円0円実質108円
おてがるスマホ013万6828円
(初回2052円)
(23回:月額1512円)
プランS
プランM
プランL
-648円864円実質2万1276円

 

iPhoneの販売価格とマンスリー割金額と毎月の実質負担額

製品名販売価格プランマンスリー割毎月の
実質負担額
実質価格
iPhone 7 32GB6万7932円
(初回3348円)
(23回;月額2808円)
プランS-864円1944円/月実質4万7196円
プランM-1404円1404円/月実質3万4776円
プランL-1404円1404円/月実質3万4776円
iPhone 7 128GB8万892円
(初回3888円)
(23回;月額3348円)
プランS-864円2484円/月実質6万156円
プランM-1404円1944円/月実質4万7196円
プランL-1404円1944円/月実質4万7196円
iPhone 6s 32GB5万9724円
(初回2592円)
(23回:月額2484円)
プランS
プランM
プランL
-2052円432円/月実質1万476円
iPhone 6s 128GB7万2684円
(初回3132円)
(23回:月額3024円)
プランS
プランM
プランL
-2052円972円/月実質2万3436円

オススメスマホ①OPPO R17 Neo

OPPO R17 Neoは、OPPO製として国内初のUQモバイル独占販売モデルになります。2018年のトレンドであるノッチ、デュアルカメラ、指紋認証機能を搭載。HUAWEI P20 liteよりもスペックはかなり上です。

メモリ4GB/ストレージ128GB搭載しているのも特徴で、さらにmicroSDが最大256GBまで対応しているので、よっぽどのことがなければ容量不足に陥ることはないかと思います。

プロセッサはSnapdragon 660を採用。UQモバイルのAndroidスマホの中ではスペックはダントツでナンバーワンです。スペックを重視するならOPPO R17 Neoを買うのが一番いいです。

ディスプレイの中に指紋センサーを内蔵した最先端の技術を搭載。指先でディスプレイに触れるだけですばやく正確に指紋を認識して、画面ロックを解除できます。iPhoneのTouch IDのような感じで指紋を登録していきます。

画面は水滴型ノッチスクリーンとベゼルを狭くすることで、画面占有率91%を達成。カメラはAI機能を搭載した「A.I.インテリジェントカメラ」を採用。A.I.が被写体を、風景、料理、動物というように120のシーンを識別して、シャッターを押した瞬間に最適な写真映りに補正します。

オススメスマホ②AQUOS sense2

AQUOS sense2は、AQUOS senseの後継モデル。

AQUOS senseと比べると、プロセッサSnapdragon 430からSnapdragon 450に強化され、WiFiはIEEE802.11 b/g/nからIEEE802.11 a/b/g/n/acとフル対応させてきました。

おサイフケータイを搭載しているので、これからおサイフケータイを搭載したスマートフォンを買いたいという人はAQUOS sense一択です。

AQUOS sense2は、見やすく高精細の約5.5インチフルHD+ IGZOディスプレイは、18:9の縦長大画面で、広い範囲を表示できるので、長文サイトも快適に閲覧できます。

キャップレス防水構造を採用し、水回りでも安心して使える防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)に対応。

水濡れに強いIGZOディスプレイとタッチパネルで、画面に水滴が付いていてもスムーズな動作を実現し、お風呂タイムやお料理をしながらでも快適に操作できます。

メインカメラでは、AQUOS sense比で明るさが約50%アップし、屋内などの薄暗いシーンでも被写体のリアルな質感や色が残せます。また、メインカメラは「AIオート機能」を搭載しており、撮影するシーンに合わせてAIが撮影モードを自動でセレクトします。

オススメスマホ③HUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3はHUAWEIとしてははじめてのしずく型ノッチを搭載したSIMフリースマートフォン。MVNO専売となっています。

CPUにはオクタコアのKirin710(4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)、メモリ3GB、ストレージ32GBを搭載しています。

ディスプレイは6.21インチのフルHD+(2340×1080)で、しずく型ノッチを搭載することで89%の高い画面占有率となっています。

アウトカメラは1300万画素と200万画素のデュアルレンズとなっており、200万画素のレンズは深度測定用。背景をボカすことのできる「アパーチャモード」が搭載。インカメラは1600万画素。

アウトカメラ・インカメラともにAIが搭載されています。アウトカメラは22シーン、インカメラは8シーンを認識し、自動的に最適化してくれます。

顔認証と指紋認証が搭載。

バッテリー容量は3400mAhで、充電速度はHUAWEI nova lite 2と比較して22%アップ。本体サイズ(縦×幅×厚さ)は約155.2×73.4×7.95 mm、重さは約160g。

充電端子はmicroUSBと、USB type-Cでないのが惜しいところ。NFCは搭載されていないので、おサイフケータイなどは利用できません。イヤホンジャックは搭載。

UQモバイルの申し込みはこちらから!

UQモバイルで使えるiPhoneまとめ

  • ◎ : SIMロックを解除しなくてもUQモバイルのSIMを利用可能
  • ○ : SIMロックをあらかじめ解除すればUQモバイルのSIMを利用可能
  • ✕ : SIMロック解除に対応していないので利用不可
SIMフリー版au版ドコモ版
ソフトバンク版
適合するSIM
iPhone XS MaxマルチSIM(nano)
iPhone XSマルチSIM(nano)
iPhone XマルチSIM(nano)
iPhone 8 PlusマルチSIM(nano)
iPhone 8マルチSIM(nano)
iPhone 7 PlusマルチSIM(nano)
iPhone 7マルチSIM(nano)
iPhone SEマルチSIM(nano)
iPhone 6s PlusマルチSIM(nano)
iPhone 6sマルチSIM(nano)
iPhone 6 PlusnanoSIM(専用)
iPhone 6nanoSIM(専用)
iPhone 5snanoSIM(専用)

 

iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 PlusはUQモバイルで利用できる?

SIMフリー版とau版ならUQモバイルでも利用できます。

ソフトバンク版/ドコモ版はSIMロック解除に対応していないので利用できません。

SIMカードは、「nanoSIM(専用)」で申し込んでください。

iPhone 6s/6s Plus, iPhone 7/7 PlusはUQモバイルで利用できる?

SIMフリー版はもちろんUQモバイルのSIMを利用できます。

ドコモ/au/ソフトバンク版を利用するためにはSIMロック解除が必要です。UQモバイル契約前にSIMロックを解除しておきましょう。

SIMカードは「マルチSIM」で申し込んでください。

iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone XはUQモバイルで利用できる?

SIMフリー版はもちろんUQモバイルのSIMを利用できます。

ドコモ/ソフトバンク版を利用するためにはSIMロック解除が必要です。UQモバイル契約前にSIMロックを解除しておきましょう。

au版はSIMロックを解除しなくてもUQモバイルのSIMを利用できます。

なぜかというと、2017年8月1日以降に発売されるスマートフォンは、販売されたキャリアと同じ回線のSIMであればSIMロックを解除しなくても利用できるようになったからです。

  • auで購入したiPhone 8に、au回線の格安SIMを挿す→SIMロックを解除しなくても利用可能
  • auで購入したiPhone 8に、ドコモ回線の格安SIMを挿す→SIMロックを解除すれば利用可能
  • auで購入したiPhone 8に、ソフトバンク回線の格安SIMを挿す→SIMロックを解除すれば利用可能

SIMカードは「マルチSIM」で申し込んでください。

iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XRはUQモバイルで利用できる?

SIMフリー版はもちろんUQモバイルのSIMを利用できます。

ドコモ/ソフトバンク版を利用するためにはSIMロック解除が必要です。UQモバイル契約前にSIMロックを解除しておきましょう。

au版はSIMロックを解除しなくてもUQモバイルのSIMを利用できます。

SIMカードは「マルチSIM」で申し込んでください。

iPhoneを使うならSIMロックを解除しておくべき

au版iPhoneは、iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XRはSIMロックを解除しなくてもUQモバイルのSIMを利用できますが、それでもSIMロックを解除しておくべきです。

iPhoneはドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線にフル対応しているので、UQモバイルから他の格安SIMに乗り換えたくなったときに選択肢がぐっと広がります。

キャリアのスマートフォンは、解約から100日経過するとSIMロックを解除してもらえなくなります。

ずっとUQモバイル(au回線の格安SIM)を利用し続けるなら問題ないですが、将来ワイモバイルに移ろうかな~と検討している人はSIMロックを解除しておくことをオススメします。

 

UQモバイルの申し込みはこちらから!

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-UQ mobile, キャンペーン
-,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.