MSIからAMD X399マザー「MEG X399 CREATION」発売。第2世代AMD Ryzen Threadripper WXシリーズに最適化

投稿日:

MSIから第2世代AMD Ryzen Threadripper WXシリーズに最適化されたAMD X399マザー「MEG X399 CREATION」が発売されます。

MSIは2018年8月10日、、AMDの最新デスクトップ向けフラグシップCPUとなる第2世代AMD Ryzen Threadripper WXシリーズに最適化したAMD X399チップセット搭載Socket TR4マザーボード「MEG X399 CREATION」を8月13日に発売することを発表しました。市場想定価格は税抜き6万2800円。

MEG X399 CREATIONのスペックは以下の通り。

製品名MSI MEG X399 CREATION
チップセットAMD X399チップセット
対応CPUSocket TR4(AMD第1・2世代Ryzen Threadripperプロセッサ対応)
フォームファクターExtended ATX
CPUチョークチタン製チョーク
コンデンサDark CAP
メモリソケットDDR4 DIMM×8(最大128GB)
Quadチャネル DDR4-3600(OC)対応
拡張スロットPCI Express 3.0 x16スロット×4
PCI Express 2.0 x1スロット×1
インターフェースUSB 3.1×1(内部ポート×1)
USB 3.0×14(バックパネル×10、ヘッダピン×4)
USB 2.0×4(ヘッダピン×4)
ALC1220 HD Audio(8ch)
オプティカル S/PDIFポート×1
Intel I211 ギガビットイーサネット×2
Wi-Fiアンテナ用ポート×2
映像出力なし
無線機能802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi、Bluetooth 5
ストレージSATA 6Gbps×8
M.2 32Gbps×3
対応RAIDRAID 0,1,10
製品公式Overview for MEG X399 CREATION

MEG X399 CREATIONは、AMDがクリエイター向けと位置づける最大32コア/64スレッドを実現するフラグシップCPU、Ryzen Threadripper WXシリーズに最適化したマザーボード。

250WのTDPを支えるとともに安定したブースト動作を可能にすべく、CPU電源まわりに19フェーズのデジタルPWM回路を採用し、8ピン電源×2による十分な電力供給を確保。

さらに、ヒートパイプを備えたヒートシンクにより効率的な冷却を可能にすることで、CPUの性能を最大限に引き出せるようにしています。

複数のグラフィックスカードやM.2 SSDを搭載しても、ケース内部の効率的な排熱を実現できるように、マザーボード上には10個のPWMファンコネクタを装備し、それぞれのファン回転数などを制御することができます。

ネットワーク機能には、信頼性にすぐれたIntel I211ギガビットLANコントローラを2基搭載するほか、無線LAN機能としてデュアルバンドIEEE 802.11acとBluetooth 5に対応したIntel Dual Band Wireless-AC 9260モジュールを装備し、柔軟な帯域管理が可能。

ストレージ機能は、オンボードでPCI Express 3.0 x4接続のM.2スロット×3を備え、M.2 Shield FROZRによる冷却機能をサポート。また、本製品には最大4基のM.2 SSDを搭載可能な拡張カード「M.2 Xpander-AERO」も同梱され、複数のM.2 NVMe SSDでRAID0環境を構築し、高速なストレージ環境を整えることも可能です。

ビデオやCG制作など、グラフィックス負荷の高いクリエイターの要求を満たすべく、本製品はマルチグラフィックス機能として、NVIDIA 3-Way SLIとAMD 3-Way CrossFireをサポートするほか、より高速なGPU連係を可能にするNVIDIA 2-Way SLI HB ブリッジMも同梱しており、最新のハイエンドグラフィックスカードの性能をフルに引き出すことができます。

 




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.