OPPOからSIMフリースマホ「R15 Pro」「R15 Neo」発表

投稿日:

OPPOからSIMフリースマホ「R15 Pro」「R15 Neo」が発表されました。



OPPO Japanは2018年8月14日、日本市場向けにSIMフリースマホ「R15 Pro」「R15 Neo」を発売することを発表しました。発売日は価格は不明。

各機種のスペックは以下の通り。

端末名R15 ProR15 Neo
OSColorOS 5.1(Android 8.1ベース)
CPUSnapdragon 660Snapdragon 450
ディスプレイ6.28インチ
フルHD+(1080×2280)
有機EL
6.2インチ
HD+(720×1520)
TFT液晶
メモリ6GB3GB/4GB
ストレージ128GB64GB
外部メモリmicroSD 最大256GB
アウトカメラ約1600万画素CMOS+2000万画素CMOS約1300万画素CMOS+200万画素CMOS
インカメラ約2000万画素
CMOS
約800万画素
CMOS
Wi-FIIEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
おサイフケータイ
防水IPX7
VoLTE
対応バンドFDD-LTE:Band 1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28
TD-LTE:Band 38、39、40、41
W-CDMA:Band 1、2、4、5、6、8、19
バッテリー3430mAh4230mAh
サイズ(幅×高さ×厚さ)75.2×156.5×8mm75.6×156.2×8.2mm
重さ約180g約168g
SIMnanoSIM×2(DSDV対応)

R15 Pro

R15 Neo

「R15 Pro」はAIカメラなどを搭載した上位モデルで、「R15 Neo」はコスパに優れたミドルレンジモデル。

R15 ProはCPUにSnapdragon 660、ディスプレイは狭額縁に6.28インチでフルHD+(1080×2280)の有機EL。メモリは6GB、ストレージ128GBを搭載しています。アウトカメラは1600万画素+2000万画素のデュアルレンズ、インカメラは2000万画素。

アウトカメラにはAIインテリジェンス機能が搭載されシーンに応じて最適な撮影が可能になっています。デュアルレンズによって背景をぼかすことができるAIポートレート機能も搭載。通常撮影では1600万画素のレンズ、暗い場所では2000万画素のレンズに切り替わるようになっています。

IPX7の防水、おサイフケータイを搭載しています。発売時点ではモバイルSuica、楽天Edy、iD、QUICPay、WAON、マクドナルド、nanacoに対応。

 

R15 NeoはCPUにSnapdragon 450、ディスプレイは6.2インチでHD+(720×1520)のTFT液晶。メモリは3GBまたは4GB、ストレージ64GBを搭載しています。

アウトカメラは1300万画素+200万画素のデュアルレンズで、インカメラは800万画素。Proと違い、アウトカメラの200万画素は深度測定用としてだけの役割を担っています。

どちらの機種においても、nanoSIM2枚のどちらも3キャリアのVoLTEが使えるDSDVに対応。またnanoSIM2枚とmicroSDは同時利用できます。また、ディスプレイ上部にはノッチ(切り抜き)が採用されています。

OPPO JapanのR11sに次ぐ2弾のスマホということで、ProのほうはSIMフリーで、かつおサイフケータイに対応しているなど、より日本向けの仕様となってきました。




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。 なんで二次元キャラのヘッダーなんですかね。PCやスマホ関係ないですね。

-スマートフォン, ニュース, 未分類
-, ,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.