公安9課

*

MSIよりIntel B250搭載ゲーミングマザー「B250M MORTAR」発売

   

B250M MORTAR

MSIよりIntel B250搭載ゲーミングマザー「B250M MORTAR」が発売されます。

MSIは2017年3月16日、Intel B250チップセットを搭載したゲーミングマザーボード「B250M MORTOR」を3月18日より発売することを発表しました。市場想定価格は税抜1万980円。

B250M MORTORのスペックは以下の通り。

製品名 B250M MORTAR
チップセット Intel B250チップセット
対応CPU LGA1151(Intel第7世代Coreプロセッサ対応)
フォームファクター microATX
CPUチョーク チタン製チョーク
コンデンサ Dark CAP
メモリソケット DDR4 DIMM×4(最大64GB)
DDR4-2400対応
拡張スロット PCI Express 3.0 x16スロット×2
PCI Express 3.0 x1スロット×2
インターフェース PS/2 mouse & keyboard combo port×1
USB 2.0 ports×2
DVI-D port×1
DisplayPort×1
HDMI port×1
LAN (RJ45) port×1
USB 3.1 Gen1 Type-A ports×3
USB 3.1 Gen1 Type-C port×1
OFC audio jacks×6
ストレージ SATA 6Gbps×6
M.2 32Gbps×1(SATAデバイスを搭載した場合、SATA 1と排他使用)
LAN Intel I219V
オーディオ Realtek ALC892
製品公式 B250M MORTAR | MSI Global | Motherboard

 

B250M MORTAR-1

B250M MORTARは、Arsenal GAMINGシリーズのエントリーモデルにあたり、黒い基板に装甲車のキャタピラ跡を模したパターンをあしらった独特の外観に、ゲームに必要とされる基本機能を詰め込んだMicroATXマザーボード。部品には各種保護機能に対応したMSI独自の高品質部品を採用。

基板背面に赤色LEDを搭載するほか、主要ゲーミングデバイスベンダー製のRGB LED搭載デバイスの色や発光パターンなどもGAMING APPからコントロールできるようにするMystic Light Syncに対応。自分だけのゲームシステムを構築する手助けをします。

ギガビットLANコントローラにIntel I219Vを採用することで、安定性にすぐれ、かつレイテンシの低い接続を実現。さらに、IntelとMSIが共同開発したMSI GAMING LAN MANAGERにより、ゲームに優先的に帯域を割り振ることも可能です。

エントリーモデルではありますが、USB3.1 type-A/CポートやM.2スロットを搭載しているので最近のトレンドは抑えています。

 

 

ところで、AMDが「B350チップセット」を先に使いはじめてしまったので、Intelは第8世代で「B350チップセット」を使えるのかが気になります。適当にリネームして回避するんでしょうか…。




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!


  「MSIよりIntel B250搭載ゲーミングマザー「B250M MORTAR」発売」をSNSでシェア



  関連記事



PREV
HUAWEI novaにau VoLTE対応ソフトウェアアップデート提供開始
NEXT
MSIより堅牢性を強化したIntel Z270ゲーミングマザー「Z270 MPOWER GAMING TITANIUM」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。