IntelのNVMe M.2 SSD「600p」シリーズスペックまとめ。3D TLC NAND採用でコスパ良

intel-600p

Intelの3D TLC NAND採用のNVMe M.2 SSD「600p」シリーズスペックまとめ。

600pシリーズスペック

製品名-SSDPEKKW512G7X1SSDPEKKW256G7X1SSDPEKKW128G7X1
容量1024GB512GB256GB128GB
フォームファクタM.2 type2280
インターフェースPCIe NVMe 3.0x4
NANDフラッシュ3D TLC NAND
コントローラSIM SM2260
シーケンシャルリード1800MB/s1775MB/s1570MB/s770MB/s
シーケンシャルライト560MB/s560MB/s540MB/s450MB/s
ランダムリード155000 IOPS128500 IOPS71000 IOPS35000 IOPS
ランダムライト128000 IOPS128000 IOPS112000 IOPS91500 IOPS
TBW576TBW288TBW144TBW72TBW
MTBF160万時間
保証期間5年間
製品公式Intel® SSD 600p Series

 

small_intel-600p-bundle

Intel 600pシリーズは128GB、256GB、512GB、1024GBの4つの容量が展開され、フォームファクタはM.2 type 2280、インターフェースはPCIe NVMe 3.0x4。30Gb/sのM.2スロットと組み合わせることで性能をフルに発揮出来ます。NANDフラッシュに3D TLC NANDに採用していること、全体的にスペックが抑えてあるということでコスパの良いSSDになっています。

128GBモデルのシーケンシャルリードは770MB/s、シーケンシャルライト450MB/s、ランダムリード35000 IOPS、ランダムライト91500 IOPS、TBWは72TBW。価格は7000円前後。

256GBモデルのシーケンシャルリードは1570MB/s、シーケンシャルライト540MB/s、ランダムリード71000 IOPS、ランダムライト112000 IOPS、TBWは144TBW。価格は1万1000円前後。

512GBモデルのシーケンシャルリードは1775MB/s、シーケンシャルライト560MB/s、ランダムリード128500 IOPS、ランダムライト128000 IOPS、TBWは288TBW。価格は2万円前後。

1024GBモデルのシーケンシャルリードは1800MB/s、シーケンシャルライト560MB/s、ランダムリード155000 IOPS、ランダムライト128000 IOPS、TBWは576TBW。

全てのモデルでMTBFが160万時間、保証期間は5年間。

 

 

競合製品としては、Samsungの950 PRO M.2 SSDやPLEXTORのM8Peシリーズがありますが、これらよりもスペックは低くなっている代わりに価格が安くなっていますし、SATA SSDよりも確実に速いです。なんだかんだで普及しそうです。

 

Intel製ですしそのうち潤沢に流通するでしょう。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイルオンラインストアSIMを契約すると5000円相当還元!毎日21時から朝8時59分までのタイムセール中は7000円相当還元に増額中!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, ニュース
-,