【SSD】PLEXTOR SSD M5PとM5Sのスペック比較

投稿日:2013/01/17 更新日:

d_210700399

PLEXTOR SSD M5PとM5Sのスペック比較
探しても出て来なかったのでPLEXTOR社の販売しているSSD、M5PとM5Sのシーケンシャル性能、ランダムアクセス性能などのスペックの違いについて比較、まとめました。

 


M5PとM5Sのスペック比較
128GBモデル256GBモデル
モデル
PX-128M5P

PX-128M5S

PX-256M5P

PX-256M5S
容量128GB128GB256GB256GB
インターフェイスSerial ATA 6Gb/sSerial ATA 6Gb/sSerial ATA 6Gb/sSerial ATA 6Gb/s
タイプMLCMLCMLCMLC
サイズ2.5インチ2.5インチ2.5インチ2.5インチ
DRAM キャッシュDDR3
256MB
DDR3
256MB
DDR3
512MB
DDR3
256MB
読込速度540 MB/s
520 MB/s540 MB/s 520 MB/s
書込速度340 MB/s 200 MB/s450 MB/s 390 MB/s
ランダムリード91,000 IOPS
71,000 IOPS
100,000 IOPS
73,000 IOPS
ランダムライト82,000 IOPS
51,000 IOPS
86,000 IOPS
70,000 IOPS
保証期間5年3年5年3年

※M5Sはコスト削減のために付属品は取扱説明書のみでマウンタは付属していないので注意

M5PシリーズはM3Proシリーズの後継となるハイエンドモデルSSDでMarvell製88SS9187コントローラ, 東芝製19nm NAND型フラッシュを採用。

M5Sシリーズは前期型はMarvell製88SS9174コントローラ, Micron製25nm NAND型フラッシュを採用。後期型はMarvell製88SS9187コントローラ, 東芝製19nm NAND型フラッシュを採用。後期型の登場により、M5SとM5Proとの違いがあまりないのではないかと言われています。

※M5Sシリーズの仕様が変更されました。

PLEXTORの「M5S」シリーズのハードウェアの仕様が変更

シーケンシャルリードはM5PもM5Sもほぼ同等の数値となっています。シーケンシャルライトでは「PX-128M5S」は「PX-128M5P」に比べると140MB、「PX-256M5S」は「PX-256M5P」と比べると60MBほど性能が低下しています。ランダムリードライト面ではM5PとM5Sとの性能差は明らかであることが分かると思います。

また、M5Pro, M5SともにPLEXTOR独自の機能として以下の機能を搭載しています。

http://www.goplextor.com/jp/images/stories/products/truespeed.jpg
  1. スペックシートの性能数値を実使用レベルで実現し、長期の使用後もパフォーマンスの低下を抑制する技術である「True Speed Technology」機能
  2. 各メモリーブロックに均一にデータを書き込むことでメモリーの損失を防ぎ、長時間の使用によるSSDの劣化とパフォーマンス低下を抑制する「Global Wear leveling」機能
  3. 各データが適切なフラッシュメモリーに格納されているかを監視、読み込みエラーを低減させ、効率性とパフォーマンスを向上させる「Bad Block Management」機能

などを搭載しています。もちろんTrimコマンドにも対応。

まとめ
PLEXTORのSSDが欲しいならば、スペック重視ならM5P, スペックより値段ならM5S

値段相応なシーケンシャル性能・ランダムアクセス性能の高さ、「True Speed Technology」など長期使用でパフォーマンスや速度低下を抑制する機能を備えたSSDであると思います





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-PCパーツ, 比較
-,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.