【劣化?】PLEXTORの「M5S」シリーズのハードウェアの仕様が変更

2013/02/21

PLEXTORの「M5S」シリーズのハードウェアの仕様が変更
PLEXTORの2.5インチSSD「M5S」シリーズ「PX-128M5S」「PX-256M5S」の2製品について仕様が変更されたと販売代理店のリンクスインターナショナルより発表されました。詳細は続きを読むから。

劣化が確定しました。
【PLEXTOR SSD】M5Sもページサイズとブロックサイズが変更されていた【性能劣化】

mineo(マイネオ)契約時の事務手数料になるキャンペーン実施中!

mineo(マイネオ)
  • 契約事務手数料3300円無料キャンペーン実施中!
  • 1GBプランは月額770円、5GBプランは月額990円から利用可能!
  • ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線が選べる
  • SIMカード/eSIMどちらも契約可能
  • 基本データ容量で選ぶ「マイピタ」、通信速度で選ぶ「マイそく」が選べる

※SIMカード発行手数料/eSIMプロファイル発行料440円は必要
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトを申し込みの場合は適用対象外



変更された点

製品番号がPX-128M5Sが「PX-0128M5S」に、PX-256M5Sが「PX-0256M5S」というようにように容量を示す数字の前に0がつくように変更されました。

そして肝心なハードウェア面での変更点ですが、コントローラがMarvell製「88SS9174」から「88SS9187」へ、NANDフラッシュがMicron製から東芝製ヘと変更されました。
Marvell製コントローラの88SS9187はM5Pro/Xtremeシリーズに搭載されているものと同一で、NANDフラッシュについては東芝製の19nmのものではないかと言われています。

前期型後期型の見分け方

製品番号バーコード下のPNナンバーで見分けられます。

製品番号PNナンバー
PX-128M5S3C01110125 または記載なし
PX-0128M5S3C01110183
PX-256M5S3C01120095 または記載なし
PX-0256M5S3C01120173

数字の頭にゼロがついているかいないかで判断するのが一番分かりやすいですね。

なんとこのM5Sに関してもM5Pと同様に中身が改悪された劣化品ということが判明。
【PLEXTOR SSD】M5Sもページサイズとブロックサイズが変更されていた【性能劣化】

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-PCパーツ, ニュース
-,