公安9課

*

Windows 10の最低メモリ容量・最大メモリ容量について

   

Windows-10

Windows 10の最低メモリ容量・最大メモリ容量についてまとめました。

気になる人いるんじゃない?

Windows 10 の仕様とシステム要件 – マイクロソフトのシステム要件においては、メモリの項目は「32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB」としか記載されておらず、それはいいから最大でどれだけメモリを認識するのかを書けと思った人もいるのではないでしょうか。いや、いる。

ということで、Windows 10で要求されるメモリ容量と合わせて、Windows 10の各エディションでの認識する最大メモリ容量についてまとめておきました。

Windows 10 各エディションの最低メモリ容量

Windows 10の各エディションの最低限の動作を保証するメモリ容量は以下の通り。

OS 最低限の動作を保証する
物理メモリ容量(32bit)
最低限の動作を保証する
物理メモリ容量(64bit)
Windows 10 Home 1GB 2GB
Windows 10 Pro 1GB 2GB
Windows 10 Enterprise 1GB 2GB
Windows 10 Education 1GB 2GB
Windows 10 Anniversary Update 2GB 2GB

 

快適に動作させる場合のメモリ容量

32bit版の場合は快適に動作させる場合は2GB以上、64bit版の場合は4GB以上を推奨しています。

Windows 10 Pro以上のエディションでクライアントHyper-Vを有効にし、快適に動作させる場合は8GB以上を推奨しています。OSだけでメモリを1.1GB程度は消費するため、メモリ容量が2GBだとあれもこれも起動していたらあっという間にメモリが足りなくなります。

さらに、2016年8月2日より提供されている「Windows 10 Anniversary Update」では、32bit版でも最低2GBを要求するようになりました。

Windows 10 各エディションで認識する最大メモリ容量

 OS 認識する最大の
物理メモリ容量(32bit)
認識する最大の
物理メモリ容量(64bit)
Windows 10 Home 4GB 128GB
Windows 10 Pro 4GB 2TB
Windows 10 Enterprise 4GB 2TB
Windows 10 Education 4GB 2TB

 

Windows 10 Home 64bitで128GB、Windows 10 Pro/Enterprise/Education 64bitでは最大2TBまでメモリを認識します。

なお、現在最新のIntel Z270, H270, B250チップセットを搭載したマザーボードではメモリを最大で64GBまでしか認識しません。

Windows 10 Educationは教育機関などがボリュームライセンス契約で利用する形態のため、一般では入手できません。

一方Windows 10 Enterpriseの場合は個人でもボリュームライセンス契約を行うことで利用が可能ですが、認識する最大メモリ容量という観点だけで見れば、Windows 10 Proと変わらないのでメリットはあまり無いかと思われます。

なお、搭載するメモリ容量でOSを選ぶのではなく、CPUにあわせてOSを選ぶようにしましょう。

Intel Kaby LakeやAMD RyzenではWindows 10での利用が前提になっています。一部メーカーはRyzen向けにWindows 7用のドライバを配布していますけど…

これから買うなら64bit版を

これからOSを新規で導入するならば64bit版OSが絶対オススメです。Windows 10の場合は32bit版か64bit版のどちらをインストールするか選べるようになっています。

32bit版OSだと最大で4GBまでしか認識しないようになっていますが、64bit版OSはご覧の通りに最大で2TBまで認識してくれます。

メモリ容量が多いとフリーズしなくなったり、ブラウザでタブをいくつも開いたまま放置が出来るようになったり、PhotoshopやIllustratorなどの画像加工ソフトを同時に動かせるようになりますよ。

ちなみに、64bit版Windows XP, Windows Sever 2003, Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10には、64bit版Windows上において32bit向けソフトウェアを実行できるようにするエミュレータ「WOW64」が搭載されています。WOW64はOSに実装されているのでユーザーが有効無効などの操作をする必要はありません。

その32bit向けソフトウェアが不具合無く動作するかどうかは別ですが。

32bit版でしか動かない」「これが動かないと絶対に業務で困る」という業務用ソフトウェアがあるならどうぞこれからも32bit版で使ってください。

あと本当に今も64bit版では動かないのかを業務用ソフトウェアの公式HPを見て確認してみましょう。よろしくお願いします。

メモリはこれくらい積んでおきたい

ETB-25

Windows 10 Home/Proは、32bit版の場合はメモリは4GB、64bit版の場合はメモリは8GBを最低限積んでおきたいですね。ちなみに私は8GB×4枚で32GB積んでます。

 

以上。参考になれば幸いです。

 

情報元 : Memory Limits for Windows and Windows Server Releases (Windows)




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!

公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
移行手順もあり。SSDからSSDにOSやデータを移行させました。
NEXT
メモリのデュアルチャネルのやり方・効果について

コメント

  1. くれりあ より:

    Windows 10 各エディションで認識する最大メモリ容量
    の左側は32bit版ですね。

  2. 匿名 より:

    わかりやすくて助かります
    でも64bitの最大2Tバイト(2000GB)ですか
    こんなにメモリ挿せるマザーボードいつになったら
    発売されるんでしょうか???

  3. Win10導入中 より:

    メモリを64GBなど搭載した場合のデメリットはありますか?
    起動時のメモリチェックに時間がかかるとか、ダンプ出力を始めると事実上全く使えなくなるとか?

    • 公安9課 公安9課 より:

      デメリットがあったらメーカー告知しているでしょうし、そのような告知も見たことがないので特に無いと思います。

  4. 匿名 より:

    500GBx4枚で2TB積んでいますとかいう時代が来るんだろうか。
    1枚いくらなんだろう…。

  5. Aki より:

    今更ですが。
    メモリを大量に積むと、ハイブリッドスタンバイを有効にした状態でのスタンバイや、休止状態への遷移が大変なことになります。
    64GBのメモリ積んで使ってますが、メモリ使用率が高い状態になるとスリープに1分以上かかります。復帰も同様です。
    メモリを大量に積んだ場合はハイブリッドスタンバイや休止状態をあきらめ、通常のスリープ使うしかないですね。

  6. PAPA より:

    >Windows 10で動作しなかった32bit向けソフトウェア

     マイクロソフトの「エクセル」を利用したプログラムは、
     64ビットでは動作しないケースが「非常に多い」ですよ。

    >メモリ容量が多いとフリーズしなくなったり、ブラウザでタブをいくつも
    >開いたまま放置が出来るようになったり、PhotoshopやIllustratorなどの
    >画像加工ソフトを同時に動かせるようになりますよ。

     これは間違いですよ。

     OSが未成熟なんで、メモリをたくさん積んでも、フリーズは多いし
     CPUが遅くなったり、トラブル多発です。

     32ビットを動かすエミュレーターなんかの不具合も多いですね。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。