Windows 10の最低メモリ容量・最大メモリ容量について

投稿日:2018/04/08 更新日:

Windows-10

Windows 10の最低メモリ容量・最大メモリ容量についてまとめました。

気になる人いるんじゃない?

Windows 10 の仕様とシステム要件 - マイクロソフトのシステム要件においては、メモリの項目は「32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB」としか記載されておらず、それはいいから最大でどれだけメモリを認識するのかを書けと思った人もいるのではないでしょうか。いや、いる。

ということで、Windows 10で要求されるメモリ容量と合わせて、Windows 10の各エディションでの認識する最大メモリ容量についてまとめておきました。

Windows 10 各エディションの最低メモリ容量

Windows 10の各エディションの最低限の動作を保証するメモリ容量は以下の通り。

OS最低限の動作を保証する
物理メモリ容量(32bit)
最低限の動作を保証する
物理メモリ容量(64bit)
Windows 10
Home
1GB2GB
Windows 10
Pro
1GB2GB
Windows 10
Enterprise
1GB2GB
Windows 10
Education
1GB2GB
Windows 10
Anniversary Update
2GB2GB

 

快適に動作させる場合のメモリ容量

32bit版の場合は快適に動作させる場合は2GB以上、64bit版の場合は4GB以上を推奨しています。

Windows 10 Pro以上のエディションでクライアントHyper-Vを有効にし、快適に動作させる場合は8GB以上を推奨しています。OSだけでメモリを1.1GB程度は消費するため、メモリ容量が2GBだとあれもこれも起動していたらあっという間にメモリが足りなくなります。

さらに、2016年8月2日より提供されている「Windows 10 Anniversary Update」では、32bit版でも最低2GBを要求するようになりました。

Windows 10 各エディションで認識する最大メモリ容量

 OS認識する最大の
物理メモリ容量(32bit)
認識する最大の
物理メモリ容量(64bit)
Windows 10
Home
4GB128GB
Windows 10
Pro
4GB2TB
Windows 10
Enterprise
4GB2TB
Windows 10
Education
4GB2TB

 

Windows 10 Home 64bitで128GB、Windows 10 Pro/Enterprise/Education 64bitでは最大2TBまでメモリを認識します。

なお、現在最新のIntel Z370, H370, B360チップセットを搭載したマザーボードではメモリを最大で64GBまでしか認識しません。

Windows 10 Educationは教育機関などがボリュームライセンス契約で利用する形態のため、一般では入手できません。

一方Windows 10 Enterpriseの場合は個人でもボリュームライセンス契約を行うことで利用が可能ですが、認識する最大メモリ容量という観点だけで見れば、Windows 10 Proと変わらないのでメリットはあまり無いかと思われます。

なお、搭載するメモリ容量でOSを選ぶのではなく、CPUにあわせてOSを選ぶようにしましょう。

Intel Kaby Lake, Coffee LakeやAMD RyzenではWindows 10 64bit版での利用が前提になっています。一部メーカーはRyzen向けにWindows 7用のドライバを配布していますけど…

これから自作PCを組むなら64bit版

これからOSを新規で導入するならば64bit版OSが絶対オススメです。Windows 10の場合は32bit版か64bit版のどちらをインストールするか選べるようになっています。

32bit版OSだと最大で4GBまでしか認識しないようになっていますが、64bit版OSはご覧の通りに最大で2TBまで認識してくれます。

最新環境ではWindows 10 64bitしかインストールできません

現在最新のIntel Z370, H370, B360, H310チップセットを搭載するマザーボードはWindows 10 64bitのみ対応でそれ以外のWindowsは導入できません。

絶対に32bit版をインストールするのはやめよう

どっちにすればいいかを誰かに相談して32bit版を勧められたら聞き流してください。64bit版を導入しましょう。後から絶対後悔しますよ。

Yahoo!知恵袋では「32bit版から64bit版に変える方法を教えてください」「64bitにしたいです。どうすればいいですか?」みたいな質問が山ほどあります。絶対64bit版がいいですよ。

ちなみに、32bit版をインストールした後にやっぱり64bit版にしたい!という場合はクリーンインストールするしかないです。

メモリ容量は多いほうが絶対に良い

メモリ容量が多いとフリーズしなくなったり、ブラウザでタブをいくつも開いたまま放置が出来るようになったり、PhotoshopやIllustratorなどの画像加工ソフトを同時に動かせるようになりますよ。

ちなみに、64bit版Windows XP, Windows Sever 2003, Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10には、64bit版Windows上において32bit向けソフトウェアを実行できるようにするエミュレータ「WOW64」が搭載されています。WOW64はOSに実装されているのでユーザーが有効無効などの操作をする必要はありません。

32bit版の呪縛から逃れられない人は32bit版を使ってください

  • 32bit版でしか動かないソフトウェアがある
  • 先祖代々使ってきた最新環境では動作しない秘伝ソフトウェアがある
  • これが動かないと絶対に業務で困るソフトウェアがある

という場合はこれまで通り32bit版をインストールして使えばいいと思います。32bitで困ってないという人も32bitのままでいいと思います。

メモリはこれくらい積んでおきたい

ETB-25

Windows 10 Home/Proは、32bit版の場合はメモリは4GB、64bit版の場合はメモリは8GBを最低限積んでおきたいですね。ちなみに私は8GB×4枚で32GB積んでます。

そのパソコンで何をするのかにもよりますが、基本的にはメモリは多ければ多いほどいいです。

 

以上。参考になれば幸いです。

 

 

情報元 : Memory Limits for Windows and Windows Server Releases (Windows)




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

Y!mobileでは音声SIM申し込みを対象に月額料金割引キャンペーンを実施中です!
  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-OS, 解説
-, ,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.