公安9課

*

MSIよりGTX1050 Ti搭載カード「GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G」発売

   

geforce-gtx-1050-ti-gaming-x-4g-1

MSIよりGTX1050 Ti搭載カード「GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G」など2製品が発売されます。

GTX1050 Ti搭載の2製品発売

MSIは2016年10月25日22時より、NVIDIA GeForce GTX1050 Tiを搭載したMSIオリジナル設計のメインストリームグラフィックスカード「GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G」と、下位モデル「GeForce GTX 4G OC」を発売しています。

市場想定価格は前者が税抜1万9980円、後者が税抜1万7800円。

スペックは以下の通り。

GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G

製品名 GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G
GPU NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
CUDAコア 768ユニット
メモリ GDDR5 4GB
メモリインターフェース 128ビット
コアベースクロック 1379MHz(OCモード時)
ブーストクロック 1493MHz(OCモード時)
メモリクロック 7108MHz(データレート、OCモード時)
バスインターフェース PCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力端子 Displayport1.4×1、HDMI2.0b×1、DL-DVI-D×1
補助電源 6ピン×1
消費電力 75W
外形寸法 約229×131×39mm
付属品 ドライバCD、インストールガイド
製品公式 GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G

 

geforce-gtx-1050-ti-gaming-x-4g

GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4Gは、MSIオリジナルファンを搭載するグラフィックスカード。

従来型ファンブレードと、よりひねりの大きな分散型ファンブレードを組み合わせることで風圧を2%高め、冷却性を向上させた「トルクスファン2.0」、エアフローコントロールに優れたヒートシンクを備えた独自GPUクーラー「Twin Frozr VI」を搭載。

また、低負荷時にはファンの動作を停止するZero Frozrもサポートしており、静音性に優れたゲーム環境を構築することが可能です。

動作モードは3つ用意されており、それぞれでクロック数が異なります。

  • OCモードのベースクロック1379MHz、メモリクロック7108MHz
  • ゲーミングモードのベースクロック1354MHz、メモリクロック7008MHz
  • サイレントモードのベースクロック1290MHz、メモリクロック7008MHz

GeForce GTX 1050 Ti 4G OC

製品名 MSI GeForce GTX 1050 Ti 4G OC
GPU NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
CUDAコア 768ユニット
メモリ GDDR5 4GB
メモリインターフェース 128ビット
コアベースクロック 1341MHz
ブーストクロック 1455MHz
メモリクロック 7000MHz(データレート)
バスインターフェース PCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力端子 Displayport1.4×1、HDMI2.0b×1、DL-DVI-D×1
補助電源 なし
消費電力 75W
外形寸法 約177×118×34mm
付属品 ドライバCD、インストールガイド
製品公式 GeForce GTX 1050 Ti 4G OC

 

geforce-gtx-1050-ti-4g-oc

GeForce GTX 1050 Ti 4G OCはシングルファン設計を採用するショートサイズのグラフィックスカード。

全長を177mmに抑えたシングルファン構成のOCモデルで、電源まわりにMilitary Class 4対応コンポーネントを採用することで、オーバークロックモデルながら安定した動作を実現しています。

ベースクロックは1341MHz、ブーストクロック1455MHz、GDDR5 4GBビデオメモリを搭載。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ZOTACよりGeForce GTX1050 Ti/1050搭載グラボ3製品発売
NEXT
ECS「LIVA PC SET」発売。LIVAに液晶・マウス・キーボードが同梱のセットモデル

コメント

  1. しりこだま より:

    購入したことがないのでグラフィックボードについてよくわからないので教えていただきたいのですが
    リンク先の公式の製品スペックではそのあたりが明確ではないので

    GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4Gは消費電力75Wで補助電源が必要となっていますが
    これは負荷がかかると75W枠を超えて補助電源からも更に供給されるということでしょうか?

    であればランニングコストの面では今あえてこれを買わなくとも
    少しお金を足して1060を買う方がいいですよね?
    1060だって負荷をかけなければそんなに電力は消費しないでしょうから

    つまらない質問で申し訳ありません

    • 公安9課 公安9課 より:

      マザーボードのPCI Expressスロットからも電力は供給されますが、
      性能の高いグラフィックスボードは消費電力が高いのでそんなのでは足りません。

      足りない電力をグラフィックスボードに給電するために補助電源が必要になります。
      補助電源とは電源ユニットのPCI Express用コネクタのことです。
      この電源ユニットのPCI Express用コネクタをグラフィックスボードに接続して給電します。

      そもそもこのグラフィックスボードは、補助電源がないと駆動しません。
      補助電源から75Wがグラフィックスボードに給電されます。
      負荷がかかって75Wを超えても補助電源から問題なく給電されます。

      1060のほうが良いと思いますが、そこは予算と相談です。

      • しりこだま より:

        お手数をおかけして申し訳ありませんでした

        自作したもののゲームはしないので必要ないかと思ってはいますしたが
        もう少し値段が下がるようであれば一つ購入してみようかと思っていましたもので
        大変勉強になりました

        ありがとうございました

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。