解説

OPPO Reno5 AとLibero 5Gの比較

2021年7月2日

OPPO Reno5 AとLibero 5Gの比較。

OPPO Reno5 AとLibero 5Gの比較

製品名OPPO Reno5 ALibero 5G
メーカーOPPOZTE
搭載OSAndroid 11(ColorOS 11)Android 11
ディスプレイ約6.5インチTFT
2400×1080
フルHD+
約6.5インチTFT
2340×1080
フルHD+
CPUQualcomm Snapdragon 765G
オクタコア
2.4GHz+2.2GHz+1.8GHz×6
Qualcomm Snapdragon 690 5G
オクタコア
メモリ容量6GB4GB
ストレージ容量128GB64GB
対応外部メモリと
最大容量
microSDXC
最大1TB
microSDXC
最大512GB
背面カメラ約6,400万画素 + 約800万画素
+ 約200万画素 + 約200万画素
約1,600万画素 + 約800万画素+ 約200万画素
前面カメラ約1,600万画素約800万画素
無線LANIEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.1Bluetooth 5.1
バッテリー容量4000mAh3900mAh
サイズ縦幅162mm×横幅75mm×厚さ8.2mm縦幅166mm×横幅77mm×厚さ9.2mm
重量約182g約201.7g

↑OPPO Reno5 A

↑Libero 5G

ライトユーザーならどっちでも満足できる

スマホの用途は電話やLINE、出先でちょっと調べ物をしたり乗換案内アプリを使うとかそれくらいだ、という人はどっちを選んでもいいです。どっちを選んでも満足できるでしょう。

ゲームアプリなどをたくさん遊びたいという方はOPPO Reno5 Aのほうがいいかと思います。

対応している周波数帯

製品名OPPO Reno5 ALibero 5G
5Gn3/28/77n3/28/77
4G(LTE)Band 1/3/8/18/19/26/28/41/42Band 1/3/8/28/41/42
3GBand 1/6/8/19Band 1/8

どちらの端末も5Gに対応しています。

Libero 5Gでの4G通信はワイモバイルで使用されている周波数帯のみ対応しているため、ドコモ回線やau回線で使用するのは向いていません。

OPPO Reno5 Aであればまんべんなく対応しているため、どこの回線でも利用できるでしょう。

5G通信に関しては、n3とn28は実質4G(LTE)を転用したものです。n77は純粋な5Gで、5G対応回線ならば利用することができます。

OPPO Reno5 AのほうがCPUの性能が良い

製品名OPPO Reno5 ALibero 5G
CPUQualcomm Snapdragon 765G
オクタコア
2.4GHz+2.2GHz+1.8GHz×6
Qualcomm Snapdragon 690 5G
オクタコア

OPPO Reno5 AはSnapdragon 765Gを搭載しています。こっちのほうがスペックが良いです。

メモリ容量、ストレージ容量はOPPO Reno5 Aが多い

製品名OPPO Reno5 ALibero 5G
メーカーOPPOZTE
メモリ容量6GB4GB
ストレージ容量128GB64GB

搭載しているメモリ容量やストレージ容量はOPPO Reno5 Aのほうが多いです。

メモリ容量は机の広さ、ストレージ容量は引き出しの大きさに例えられます。この理論で行くとOPPO Reno5 Aのほうがよいです。

OPPO Reno5 Aはクアッドカメラ、Libero 5Gはクアッドカメラ搭載

OPPO Reno5 Aは約6400万画素のメインカメラ、約800万画素の超広角カメラ、約200万画素のモノクロカメラ、約200万画素のマクロカメラを搭載しています。

マクロカメラでは被写体に4cmまで近づけて撮影することができます。超高解像度モードでは1億800万相当の画素数で撮影することができ、遠くの景色などを細部までクリアに撮影することが可能です。

Libero 5Gは約1600万画素のメインカメラと、約800万画素の広角カメラ、約200万画素の被写界深度カメラのトリプルカメラを搭載しています。

Libero 5Gには被写界深度カメラが搭載しているため、ポートレート撮影が可能となっています。

対応している便利機能

機能OPPO Reno5 ALibero 5G
おサイフケータイ
NFC
防水IPX8IPX5, IPX8
防塵IP6XIP6X
テレビ
生体認証顔認証○
指紋認証○
顔認証✕
指紋認証○

OPPO Reno5 AはLibero 5Gよりも若干防水性能が劣っています。

Libero 5Gは指紋認証のみで顔認証が利用できません。

PayPayやLINE PayなどのQRコード決済はどちらでも利用できます。QRコード決済は画面を見せて決済するので、NFCやおサイフケータイは一切関係ないです。

値段で見ればLibero 5G、スペックで見ればOPPO Reno5 A

ワイモバイルオンラインストアではOPPO Reno5 Aは1万8000円から、Libero 5Gは4320円から購入できます。

スペック面から見ると圧倒的にOPPO Reno5 Aのほうがよいです。

スペックをそこまで考慮せず値段で求めるならLibero 5Gを選ぶとよいでしょう。

  • この記事を書いた人

ワイモバイルinfo編集部

ワイモバイルinfoでは、ワイモバイルに関する最新情報やキャンペーン情報・セール情報を丁寧に分かりやすく解説しています。特にキャンペーン情報は2016年10月から現在に至るまでウォッチを続けています。キャンペーン情報はお任せください。

-解説