解説

ワイモバイルのメリット・デメリット、できること・できないことまとめ

ワイモバイルのメリット・デメリット、できること・できないことまとめ。

ワイモバイルでSIMのみ契約するときは、ワイモバイル公式とヤフー店の使い分けを!

ワイモバイルでSIMのみ契約するときは、契約する日によってワイモバイル公式とワイモバイルヤフー店を使い分けましょう。

結論から言います。

SIMのみをシンプルSで契約するなら、ワイモバイル公式もワイモバイルヤフー店もPayPayボーナス還元はありません。いつどこで契約してもいいです。

SIMのみをシンプルM/Lで契約するなら、ワイモバイル公式で夜9時から朝8時59分まで待って契約したほうがお得です。

 ワイモバイルヤフー店ワイモバイル公式
 5のつく日・日曜日の
申し込みのみ還元対象
毎日対象
SIMのみ
新規orMNP
シンプルS
PayPayボーナス
還元無し
PayPayボーナス
還元無し
SIMのみ
新規orMNP
シンプルM
PayPayボーナス
5000円相当還元
PayPayボーナス
5000円~7000円相当還元
SIMのみ
新規orMNP
シンプルL
PayPayボーナス
7000円相当還元
PayPayボーナス
5000円~7000円相当還元

ワイモバイル公式は、SIMのみをシンプルM/Lで契約するとPayPayボーナス5000円相当還元されます。夜9時から朝8時59分のタイムセール中は、PayPayボーナス7000円相当還元に増額します。

SIMを契約するならワイモバイル公式のタイムセール中に還元するのが一番お得です。ワイモバイルヤフー店なんてシカトしてOKです。

ワイモバイルヤフー店は、5のつく日・日曜日にSIMのみをシンプルM/Lで契約するとPayPayボーナス5000円~7000円相当還元されます。

ワイモバイルヤフー店は5のつく日・日曜日になるとお得そうに見えますが、5のつく日・日曜日まで待つのって不便ですし、待ってもワイモバイル公式と同じかそれ以下の還元額にしかならないですよ。

対象者のみ利用できる「新どこでももらえる特典」が利用できる人は、シンプルSを契約するとPayPayボーナス500円相当、シンプルM/Lを契約するとPayPayボーナス3000円相当還元されます。

ワイモバイル公式やワイモバイルヤフー店でSIMのみ契約するときは、合計最大1万円相当のPayPayボーナスがゲットできます。これはもうどう考えてもお得です。

新どこでももらえる特典は事前エントリー必須なので、絶対にエントリーしてから申し込みましょう。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します



ワイモバイル(公式)は毎日21時から9時までタイムセール中!SIMのみ契約で7000円相当還元に増額中!


UQモバイルでSIMのみ+MNP転入で契約すると最大1万円キャッシュバック!

ワイモバイルのメリット

他の格安SIMと比べて通信速度が高速

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、ソフトバンクがサービスを提供しています。

他の格安SIMと比べると通信速度が高速で、昼休みや通勤時間帯などの人の利用が増える時間帯であっても、かいてきにつうしんできます。

契約時の事務手数料無料、MNP転出手数料や契約解除料無し

ワイモバイルは契約時の事務手数料無料ですし、MNP転出手数料や契約解除料はありません。

月額無料・申込不要でテザリングが使える

ワイモバイルでも、月額無料・申込不要でテザリングが使えます。

テザリングとは、スマートフォン・タブレットをモバイルWi-Fiルーターとして利用できるようになるオプションサービスです。

テザリングを利用すると、Wi-Fiに対応したゲーム機やパソコンを自宅や外出先でインターネットに接続できるようになります。

ワイモバイルでもキャリア決済が使える

ワイモバイルでもキャリア決済が使えます。ワイモバイルでは「ワイモバイル まとめて支払い」というサービスが用意されています。

スマートフォンやパソコンなどで購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金、App Store、Apple Music、iTunes や、Play ストア™上のアプリケーションなどの購入分を、月々のワイモバイルの料金とまとめてお支払いいただける決済サービスです。
スマートフォンをお持ちのお客さまは、音楽・動画などのデジタルコンテンツやSNS・ゲームなどのアイテム購入、ショッピングサイトでの商品購入、その他各種サービスのお申し込みなども、とっても簡単、便利、そして安心してご利用いただけます。

ワイモバイルまとめて支払い|便利・お楽しみ|サービス|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルでは月額無料でキャリアメールが使える

ワイモバイルでは月額無料でキャリアメールが使えます。キャリア用に使えるメールアドレス「@ymobile.ne.jp」が用意されています。

ネットバンキングの取引や学校や会社の連絡網など重要な場面では現在でも重宝されているキャリアメール。格安スマホだと提供していなかったり、利用が有料という場合もありますが、ワイモバイルは、お申込み不要、月額無料でキャリアメールがお使いいただけます。そのほか、ブラウザやタブレット、パソコンなどでWebメールとしても扱えるメールアドレス「@yahoo.ne.jp」や、電話番号で使えるSMSと合計3種類お使いいただけるので、用途に合わせて使い分けできてとても便利です。

ワイモバイル(Y!mobile)のメールアドレスってどうなるの? | Y!mobile乗り換えガイド | Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルはLINEのID検索が使える

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという立ち位置もあり、ワイモバイルに乗り換えてもLINEのID検索が使えます。

LINEのID検索を利用するには、NTTドコモのdアカウントや、ソフトバンクのMy Softbankなどとの連携による「年齢確認」が必須となっています。
ほとんどの格安スマホではこの「年齢確認」ができないため、LINEのID検索ができません。でもワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、「My Softbank」を利用して「年齢確認」ができ、LINEのID検索がご利用いただけます。

格安スマホのデメリットは? | Y!mobile乗り換えガイド | Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

おサイフケータイが使える

おサイフケータイはキャリアに依存しているサービスではないので、ワイモバイルに乗り換えてもおサイフケータイは利用できます。

ワイモバイルで販売されているスマートフォンの中にもおサイフケータイに対応しているものがあります。

かけ放題オプションが用意されている

ワイモバイルでは、1回10分以内の国内通話がかけ放題になる「だれとでも定額」(月770円)と、24時間国内通話かけ放題になる「スーパーだれとでも定額(S)」(月額1870円)の2つの通話オプションが用意されています。

ほぼ通話をしない人も、頻繁に通話をする人もお得に利用できるようになっています。

60歳以上だとスーパーだれとでも定額(S)の月額料金が毎月1100円割引される「60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン」が実施されているので、もっとお得に利用できます。

家族割引サービスがあるので家族で利用するとお得

ワイモバイルのシンプルS/M/Lを複数回線契約すると、2台目(2回線目)以降は毎月1188円割引になる「家族割引サービス」が適用されます。

割引が適用されることにより、シンプルSだと月額990円から利用可能です。

なお、家族割引サービスと固定回線セット割の併用はできません。

固定回線セット割がある

SoftBank AirやSoftBank光を契約している人がワイモバイルのシンプルS/M/Lを契約すると、毎月1188円割引になる「おうち割 光セット(A)」が適用されます。

割引が適用されることにより、シンプルSだと月額990円から利用可能です。

店舗でのサポートが受けられる

「どの機種が良いか教えて欲しい」「どの料金プランが自分に合っているかがわからない」といったスマホを購入する時のお悩みだけでなく、「使い方が分からない」「故障してしまったかもしれない」といった購入後のお悩みにも対面でしっかりとサポートするショップが全国に約1000店舗あります。

さらにワイモバイルショップでは便利な来店予約ができるので、待ち時間なく利用することができます。

対応エリアであれば5Gで通信可能

ワイモバイルでは2021年2月18日から5Gサービスの提供を開始しています。

5Gサービスは限定エリアでの提供となり、5G通信の利用には5G対応端末が必要です。

Yahoo!プレミアム会員になれる

ワイモバイルを契約して、Y!mobileサービスの初期登録を済ませていると、Yahoo!プレミアム for Y!mobileが追加料金無しで使えるようになります。

Yahoo!プレミアム会員は、PayPayモール・Yahoo!ショッピングでのお買い物が通常よりおトク! 最大3%相当が貰えます。

1年間無料データ増量できる(1年間データ増量オプションが無料)

初めてデータ増量オプション(月550円)を申し込むと、1年間無料で利用できるキャンペーンが実施されています。

 

ワイモバイルのデメリットや注意点

データくりこしが不可→2021年8月(予定)から繰越可能に!

ワイモバイルは当月余った月間データ容量の翌月繰り越しができません。

なお、2021年8月(予定)から当月余った月間データ容量が直月に繰越できるようになります!

ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、“ワイモバイル”の料金プラン「シンプルS/M/L」について、余ったデータ容量を翌月にくりこしできるように2021年8月(予定)から改定します。同時に「シンプルS/M/L」の場合、「データ増量オプション」で追加されるデータ容量を増加します。いずれも月額料金に変更はなく、よりお得にご利用いただけるようになります。すでに「シンプルS/M/L」および「データ増量オプション」に加入されているお客さまは、改定後に順次適用されます。

データ容量使い放題のプランがない

2021年6月時点では、ワイモバイルにはデータ使い放題プランは提供されていません。

通信速度の切り替えが不可能

ワイモバイルでは、高速通信と低速通信を切り替える機能は提供されていません。

月間データ容量を使い果たした後は低速通信になりますが、自分で好きなタイミングで高速通信から低速通信に切り替えることはできません。

他社の格安SIMだと、「低速通信時は月間データ容量としてカウントしない」というものがありますが、残念ながらワイモバイルは低速通信への切り替えはできません。

ただし、ワイモバイルのシンプルM/Lは月間データ容量を超過後は最大1Mbpsで通信できるようになっています。シンプルMで契約したほうがいい

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるときキャンペーンがほぼ利用できない

ワイモバイルでは毎月お得なキャンペーンを実施していますが、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるときは、実施されているキャンペーンがほぼ利用できません。

特にSIM向けに実施されているキャンペーンは、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるときはほぼ全てのキャンペーンが利用できません。

1人で利用するならUQモバイルのほうが安い

  • 1人で複数回線契約しない
  • 家族で契約しない
  • 1人で1回線だけ利用する

というときは、ワイモバイルよりもUQモバイルのほうがお得です。UQモバイルのくりこしプランSは月額1628円から利用できます。

「専用アプリを使うと通話料が半額」などは無い

ワイモバイルでは、「専用アプリを使うと通話料が半額」とか、「専用アプリを使うと通話料やSMSが無料」といったサービス・アプリは提供されていません。

スマホのSIMロック解除が必須。ソフトバンクのスマホであってもSIMロック解除が必要です!

ドコモ/au/ソフトバンクで購入したスマホをワイモバイルで使う場合は、ワイモバイル契約前にスマホのSIMロック解除が絶対に必要になります。

ソフトバンクで購入したiPhoneやAndroidスマホであってもSIMロック解除が絶対に必要です。

ワイモバイル公式やヤフー店でお得なキャンペーン実施中!

ワイモバイルヤフー店は5のつく日・日曜日限定でキャンペーン実施中!

ワイモバイルオンラインストアヤフー店では5のつく日・日曜日にSIMカードを契約するとPayPayボーナス最大7000円相当、スマホを契約するとPayPayボーナス最大5555円相当還元されます。

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイル公式でタイムセール実施中!iPhone 12/12 miniが2万1600円値引き!SIMはPayPayボーナス7000円相当還元!

ワイモバイルオンラインストア(公式)では、毎日夜9時から朝8時59分までタイムセールを実施しています。

SIMのみ+シンプルMを契約するならワイモバイル公式のタイムセール中に契約が絶対にお得です。また、iPhone 12/iPhone 12 miniもお得ですよ。

オススメポイント

  • iPhone 12/iPhone 12 miniが2万1600円値引きで購入可能。SIMフリー版を買うよりも安い
  • SIMのみをシンプルM/Lで契約するとPayPayボーナス最大7000円相当還元。プランMで契約するなら公式がお得
  • 対象者限定の「新どこでももらえる特典」が利用できるとPayPayボーナス最大3000円相当還元。SIMのみ契約なら合計最大1万円相当還元!
  • 事務手数料3300円が無料、24時間いつでも申し込み可能!

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

「新どこでももらえる特典」が併用できればSIMのみ契約でPayPayボーナス最大1万円相当還元!

対象者のみ利用できる「新どこでももらえる特典」が利用できる人は、シンプルSを契約するとPayPayボーナス500円相当、シンプルM/Lを契約するとPayPayボーナス3000円相当還元されます。

対象者かどうかは新どこでももらえる特典のページにアクセスしてYahoo! JAPAN IDでログインすると分かります。

風のうわさで聞いたんですが、どうやら新どこでももらえる特典の対象者が増えているとかなんとか・・・・。

ワイモバイル公式やワイモバイルヤフー店でSIMのみ契約するときは、合計最大1万円相当のPayPayボーナスがゲットできます。これはもうどう考えてもお得です。

新どこでももらえる特典は事前エントリー必須なので、絶対にエントリーしてから申し込みましょう。

ワイモバイルは事務手数料無料&24時間いつでも申し込み可能!

ワイモバイルオンラインストア公式も、ワイモバイルオンラインストアヤフー店も、どちらも事務手数料3300円無料で24時間いつでも申し込み可能です。

自分で何でもできるITリテラシーの高い人、待つのが嫌な人、なかなかワイモバイルショップに行けない人、ショップに行っても待ち時間があるのが苦痛な人はワイモバイルオンラインストアがオススメですよ。

自分の好きなタイミングで申し込めますし、家で開通手続きもできます。SIMのみ向けキャンペーンはワイモバイルショップだと実施していないことが多いですよ。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

  • この記事を書いた人

ymobileinfo

-解説