解説

ワイモバイルで4G/LTEに繋がらないときの対処法

2020年11月19日

ワイモバイルで4Gにならない・繋がらないときの対処法まとめ。

どこでももらえる特典の見直しが決定!2021年5月31日までだと3000円相当還元なのでお早めに!

ワイモバイルでは、シンプルS/M/LでSIMやスマホを契約するとPayPayボーナス3000円相当が貰える「どこでももらえる特典」というキャンペーンを実施していますが、このキャンペーンの改悪が決定しました。

2021年5月31日までにどこでももらえる特典にエントリーして申し込めば、シンプルS/M/Lどれで契約してもPayPayボーナス3000円相当が貰えます。

2021年6月1日からは、シンプルSはPayPayボーナス500円相当、シンプルM/LはPayPayボーナス3000円相当が貰えます。シンプルSが2500円減額されています。

2021年5月31日までにどこでももらえる特典にエントリーして、2021年6月1日以降に申し込んだ場合は、2021年6月1日時点のキャンペーン内容が適用されます。

シンプルSで契約するなら5月31日までに契約することをオススメします。1日違うだけで2500円損しますよ!

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイルオンラインストアはこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストアTOPページに移動します

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

ワイモバイルで4G/LTEにならない・繋がらないときの対処法

AndroidスマホやiPhone再起動してみてください

ワイモバイルのSIMを挿しているAndroidスマホやiPhoneを再起動してみてください。

ワイモバイル側で回線切替をしていますか?

MNP転入でワイモバイルを契約しているとき、ワイモバイル側で回線切替(回線切替窓口に電話)を実施していますか?

SIMやスマホを受け取った後に回線切替を実施することにより、今契約している携帯電話会社からワイモバイルに回線が切り替わります。

AndroidスマホやiPhoneのSIMロックは解除していますか?

  • キャリア版スマホにワイモバイルのSIMを入れた
  • ワイモバイル側で回線切替を実施した
  • スマホでAPN設定もしている

のに繋がらないときは、だいたいキャリア版スマホのSIMロックを解除していません。キャリア版スマホのSIMロックを解除してください。

SIMスロットが2つある場合は4G/LTEに対応しているスロットにSIMカードを挿していますか?

SIMスロットを2つ搭載しているいわゆる「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」に対応しているSIMフリースマートフォンは、大体以下のような仕様になっています。

  1. SIMスロット1は4G/LTEに対応しているけど、SIMスロット2は3G/2Gまでしか対応していない
  2. SIMスロット1/SIMスロット2どちらも4G/LTEに対応しているけど、SIMカードを2枚使用して4G/LTEを同時に使用はできない

特に2の場合は注意が必要です。ちゃんとLTEに対応しているSIMスロットにSIMカードを挿すようにしましょう。

DSDV対応スマホの場合はどちらのスロットも4G対応なので気にする必要はありません。

AndroidスマホやiPhoneでAPN設定していますか?

ワイモバイルのSIMを挿しているAndroidスマホやiPhoneでAPN設定をしていますか?

APN設定を手動で実施したとき、文字の打ち間違いをしていませんか?入力する欄を間違えていませんか?しっかり確認してみましょう。

そのスマホはソフトバンク回線に対応していますか?

ワイモバイルのSIMを挿しているスマホはソフトバンク回線に対応していますか?

スマホがソフトバンク回線に対応していない場合、電波が繋がりにくかったり圏外になることがあります。

ワイモバイル(ソフトバンク)は、LTE Band 1, 3, 8, 11, 28, 42を使ってサービスを提供しています。特にプラチナバンドにあたるLTE Band 8に対応していないスマホは

機内モードがオンになっていませんか?

画面上部のステータスバーに飛行機マーク「✈」がついていないことを確認してください。

飛行機マークがついていたら機内モードがオンになっているのでオフにしてください。

データ通信がオフになっていませんか?

何かの表紙にデータ通信がオフになってしまっている可能性があります。

Androidはクイック設定パネルを、iPhoneはモバイルデータ通信がオンになっていることを確認してください。

【iPhone向け】アプリごとのモバイルデータ通信のオン・オフも確認を

Mobiledata-onoff

LINEを例に挙げて説明します。

  • 「LINEが4G/LTE環境下だと使えない」
  • 「LINEはWiFi環境下だと問題なく使える」
  • 「他のアプリは4G/LTE環境下だろうがWiFi環境下だろうが問題なく使える」

という問題が発生している人は、LINEだけモバイルデータ通信がオフになっている可能性があります。

iPhoneの場合は、「設定」→「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信を使用」の項目でチェックしてみましょう。

赤がオフ(=モバイルデータ通信が出来ない)の状態、青がオン(=モバイルデータ通信が出来る)の状態です。

 

  • この記事を書いた人

ymobileinfo

-解説