ワイモバイルでiPhoneを使う

ワイモバイルでもiPhone 5sを利用可能!使う方法や乗り換え手順を解説

2020年12月10日

ワイモバイルでもSIMフリー版iPhone 5sを利用可能!使う方法や乗り換え手順を解説。

ワイモバイル公式でeSIMを契約で最大7000円相当還元!新どこでももらえる特典併用で合計最大1万円相当還元!

eSIM契約でPayPayボーナス7000円相当還元

ご存知でしたか?ワイモバイルでもeSIMで契約できるんです!新規契約でも他社から乗り換えでもeSIMで契約できます!

ワイモバイルオンラインストア(公式)で、eSIMをシンプルM/Lで新規契約またはMNP転入で契約すると、PayPayボーナス7000円相当還元されます。毎日24時間いつでも7000円相当還元です。

eSIMで契約すれば最短当日でワイモバイルが使えるようになります。SIMカードの到着を待ったり、SIMカードの入れ替えも不要です。

月末ギリギリの申し込みでも、eSIMであれば月末までの開通に間に合う可能性がありますよ。

シンプルSでの契約、ソフトバンク本家/LINEMO/格安SIMのソフトバンク回線プランから乗り換えは適用対象外です。

新どこでももらえる特典が併用できると合計最大1万円相当還元

「新どこでももらえる特典」に事前エントリーしてからSIMカードやeSIMを契約すると、シンプルSならPayPayボーナス500円相当、シンプルM/LはPayPayボーナス3000円相当還元されます。

ワイモバイルオンラインストア(公式)で契約するときでも新どこでももらえる特典は併用可能なので、2つのキャンペーンを併用するとSIMカードやeSIMを契約すると合計最大1万円相当のPayPayボーナスが還元されます。

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

 

ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!


UQモバイルでSIMのみ+MNP転入で契約すると最大1万円キャッシュバック!

iPhone 5sはワイモバイルでも使えます

ワイモバイルでは、SIMフリー版のiPhone 5sで動作確認を実施しています。

ワイモバイルを契約してもSIMフリー版であれば、手持ちのiPhone 5sを使い続けることができます。確信を持ってワイモバイルを申し込んでください。

ドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone 5sは利用できません。SIMロックが解除できないからです。

キャリア回線を利用するよりもワイモバイルは月額料金が圧倒的に安くなります。

ここでは、iPhone 5sでワイモバイルを利用する際の手順について解説します。

iPhone 5sを使うまでの手順

  1. iPhone 5sがワイモバイルで使えるか確認する
  2. 契約に必要なものを揃える。MNP転入ならMNP予約番号を発行しておく
  3. ワイモバイルに申し込む
  4. 数日で手元にワイモバイルのSIMが届く
  5. 今のスマホに刺さっている他社のSIMカードを抜く
  6. ワイモバイルのSIMカードを入れる
  7. ワイモバイルに回線を切り替える手続きを行う(MNP転入時のみ)
  8. APN設定(初期設定)をする
  9. ワイモバイルの利用開始

ワイモバイルでiPhone 5sを使うには

これからiPhoneを調達するならどこで買えばいい?

  • ゲオなどの中古端末販売店
  • ヤフオク
  • メルカリ

ワイモバイルでの動作確認状況

機種名動作確認
SIMフリー版iPhone 5s
ドコモ版iPhone 5s
au版iPhone 5s
ソフトバンク版iPhone 5s

ワイモバイルで利用できる組み合わせ

  • SIMフリー版iPhone 5sに、ワイモバイルのSIMを挿す

ワイモバイルで利用できない組み合わせ

  • ドコモ版iPhone 5sは利用不可
  • au版iPhone 5sは利用不可
  • ソフトバンク版iPhone 5sは利用不可

残念ながら、キャリア版であるドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone 5sはワイモバイルでは利用できません。

ドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone 5sは、SIMロック解除が義務化される2015年5月1日よりも前に発売されているので、そもそもSIMロック解除自体に対応していません。

ワイモバイルでiPhone 5sを使うならこのSIMで申し込み

  • nanoSIMで申し込み

もともとiPhone 5sのSIMカードスロットのSIMサイズは「nanoSIM」です。

iPhoneにワイモバイルの音声通話SIM挿して利用したいときは、「nanoSIM」で申し込んでください。

ワイモバイルのSIMを挿しても音声通話・データ通信・テザリングはできる?

SIMフリー版iPhone 5sは、どの回線のSIMを挿しても音声通話・データ通信・テザリングが可能です。ワイモバイルが動作確認しています。

iPhone 5sの動作確認の最新情報は、他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する|その他のサービス|サービス|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルでをご覧ください。

ワイモバイルではiPhoneの保証サービスはある?

ワイモバイルでは、自分で調達してきたiPhone向けの保証サービスはありません。

Androidスマホのみ提供されています。

iPhone 5sは5G非対応

ワイモバイルでは2021年2月18日から5G通信サービスの提供が開始されていますが、iPhone 5sは5Gに対応していません。

SIMカードやプランが5Gに対応していても、スマホが5Gに対応していないと5Gで通信することはできません。

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルでSIMカード/eSIM契約でPayPayボーナス最大7000円相当還元!

ワイモバイルのオンラインストアは、ワイモバイルオンラインストア(公式)と、ワイモバイルオンラインストアヤフー店の2つのオンラインストアがあります。

ワイモバイルヤフー店はお得になるのは5のつく日・日曜日だけです。5のつく日・日曜日以外に契約するならワイモバイル公式が絶対にお得です。

ワイモバイル公式ではタイムセールを実施しているため、タイムセール中かどうかで特典額が異なります。

ワイモバイルヤフー店とワイモバイル公式の特典額を比較しました。青文字が一番お得です。

ワイモバイルでSIMカードを契約するとき

ワイモバイルでSIMカードを契約するときは、毎日夜9時から朝8時59分までタイムセール中にワイモバイル公式で契約するのが一番お得です。

 ワイモバイルヤフー店
5のつく日・日曜日
ワイモバイル公式
夜9時から朝8時59分まで
タイムセール中
ワイモバイル公式
朝9時から夜8時59分まで
タイムセール時間外
SIMのみ
+新規契約/MNP転入
+シンプルS
PayPayボーナス
還元無し
PayPayボーナス
還元無し
PayPayボーナス
還元無し
SIMのみ+
新規契約/MNP転入+
シンプルM
PayPayボーナス
5000円相当還元
PayPayボーナス
7000円相当還元
PayPayボーナス
5000円相当還元
SIMのみ+
新規契約/MNP転入+
シンプルL
PayPayボーナス
7000円相当還元
PayPayボーナス
7000円相当還元
PayPayボーナス
5000円相当還元
併用できる施策①事務手数料3300円無料
②新どこでももらえる特典
(PayPay500円~3000円相当還元)

ワイモバイルでeSIMを契約するとき

ワイモバイルでeSIMを契約するときは、シンプルMならいつでもワイモバイル公式、シンプルLなら5のつく日・日曜日のワイモバイルヤフー店がお得です。

 ワイモバイルヤフー店
5のつく日・日曜日
ワイモバイル公式
夜9時から朝8時59分まで
タイムセール中
ワイモバイル公式
朝9時から夜8時59分まで
タイムセール時間外
eSIMのみ+シンプルSPayPayボーナス
還元無し
PayPayボーナス
還元無し
PayPayボーナス
還元無し
eSIMのみ+シンプルMPayPayボーナス
5000円相当還元
PayPayボーナス
5000円相当還元
PayPayボーナス
5000円相当還元 
eSIMのみ+シンプルLPayPayボーナス
7000円相当還元
PayPayボーナス
5000円相当還元
PayPayボーナス
5000円相当還元
併用できる施策①事務手数料3300円無料
②新どこでももらえる特典
(PayPay500円~3000円相当還元)

 

「新どこでももらえる特典」が利用できると、SIMのみ契約時は最大1万円相当還元!

対象者のみ利用できる「新どこでももらえる特典」が利用できる人は、シンプルSを契約するとPayPayボーナス500円相当、シンプルM/Lを契約するとPayPayボーナス3000円相当還元されます。

ワイモバイル公式やワイモバイルヤフー店でSIMのみ契約するときは、合計最大1万円相当のPayPayボーナスがゲットできます。これはもうどう考えてもお得です。

新どこでももらえる特典は事前エントリー必須なので、絶対にエントリーしてから申し込みましょう。

ワイモバイルオンラインストアは事務手数料無料でいつでも申込可能

ワイモバイルオンラインストアや事務手数料3300円が無料で、店舗とは違って24時間いつでも契約可能です。

ワイモバイルショップはSIMのみ契約だとキャンペーンを実施していないことが多いので、SIMのみ契約するなら絶対にワイモバイルオンラインストアがオススメです。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルのSIMのみを契約するときの手順(SIMカード/eSIM共通)

手順

  1. SIMフリー版iPhoneかSIMロック解除済みiPhoneを用意する
  2. eSIMを契約して使うならeSIM対応iPHoneが必要
  3. 今契約している携帯電話会社でMNP予約番号を取得する
  4. 本人確認書類などを用意してワイモバイルのSIMを申し込む

【手順①】SIMフリー版/SIMロック解除済みキャリア版iPhoneを用意する

ワイモバイルのSIMカードやeSIMを契約してiPhoneを使いたい場合は、動作確認されているSIMフリー版・SIMロック解除済みキャリア版iPhoneを用意してください。

iPhoneの最新の動作確認情報はSIMカード単体のご契約(他社の販売する携帯電話をワイモバイルで利用する)をご覧ください。

eSIMを契約する場合は、自分の使っているiPhoneがeSIMに対応しているかどうかを確認してください。eSIMはiPhone XS/XS Max/XR以降が対応しています。

ドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイルなどから販売されているiPhoneにはSIMロックがかかっています。SIMロックを解除しないとワイモバイルが利用できません。

【注意】ワイモバイルのeSIMを契約するならeSIM対応iPhoneが必要

ワイモバイルのeSIMを契約してiPhoneで使う場合は、eSIMに対応しているiPhoneを用意する必要があります。

eSIMに対応していないiPhoneなのにeSIMを契約しないようにしてください。

eSIMはワイモバイルオンラインストア(公式)で契約できます。ワイモバイルオンラインストアヤフー店でeSIMは契約できません。

eSIMとSIMカードどちらも利用できるiPhone

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

eSIM非対応、SIMカードのみ利用できるiPhone

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone X

【手順②】今契約している携帯電話会社でMNP予約番号を取得する

今契約している携帯電話会社や格安SIMなどで、MNP予約番号を発行してください。

MNP予約番号の有効期限は15日間で、ワイモバイルに申し込むときは有効期限が10日以上残っていないとダメです。10日切っている時はMNP予約番号を再発行してください。

SIMカードを契約+ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える時は、MNP予約番号の発行は不要です。

eSIMを契約+ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える時は、MNP予約番号の発行が必要です。

MNP予約番号の発行方法

  • ドコモ : My docomo、ケータイなら151に電話、一般電話なら0120-800-000に電話
  • au : My au、ケータイ・一般電話なら0077-75470に電話
  • ソフトバンク : My SoftBank、ケータイなら*5533に電話、一般電話なら0800-100-5533に電話
  • 各格安SIM会社 : よくある質問で「MNP予約番号」「転出」とかで検索してください

【手順③】必要なものを用意してワイモバイルのSIMを申し込む

クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスと電話番号、MNP予約番号などの必要なものを用意してワイモバイルの音声通話SIMを申し込みましょう。

iPhoneで使えるのは「nanoSIM」です

iPhoneで使えるのは「nanoSIM」です。nanoSIMで申し込んでくださいね。

ワイモバイルの契約で必要なもの

必要なもの

  • 契約者本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレスと電話番号
  • MNP予約番号

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類の送付は、ワイモバイルに封筒とかで送るのではなく、インターネット上で画像ファイルのアップロードをする形になります。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

申し込み時に使える本人確認書類については、本人確認書類の送付についてをご覧ください。

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルのSIMカードが手元に届いてからの作業・手順まとめ

手順

  1. 数日後にSIMカードが手元に届く
  2. 現在契約している携帯電話会社からワイモバイルに回線を切り替える
  3. iPhoneにワイモバイルのSIMを挿す
  4. iPhoneのアクティベーションを行う(無いこともある)
  5. ワイモバイルの利用開始

【手順①】手元にSIMやスマホが到着次第、回線切替手続きを行う(Webで可能)

ワイモバイルのSIMやスマホは、審査に問題がなければ17時までの申し込みは、最短翌日発送・翌々日到着で発送されます。

ただし、本人確認書類が必要な申し込みで書類に不備があった場合や、商品出荷元倉庫や交通事情などにより遅れる場合があります。

数日後に手元にでワイモバイルのSIMやスマホが届きます。届いたら次は「回線切替手続き」が必要になります。

現在契約している携帯電話会社からワイモバイルに回線を切り替えは、オンラインでできるようになっています。切り替え手続き受付時間は午前9時から午後8時30分までです。

詳細は以下のページをご覧ください。

【手順②】iPhoneから他社のSIMを抜いてワイモバイルのSIMを挿す

回線切替窓口に電話をした後、現在契約している携帯電話会社の電波が圏外になります。

圏外になったことを確認したら、iPhoneから他社のSIMカードを抜いてワイモバイルのSIMカードを挿してください。

スマートフォンにSIMカードを挿すときどうればいいのかわからない人も中にはいるかと思いますが、思っているよりはるかに簡単なものです。

カメラのSDカードを入れ替えるときと同じです。本当に何も難しいことはないです。

SIMカードを挿して起動した後にiPhoneのアクティベーションを求められることがあります

  • iPhoneのSIMカードを入れ替えたとき
  • iPhoneを探すを有効にしているとき
  • iPhoneを初めて起動したとき

などのときに、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。求められたらApple IDとパスワードを入力してください。

アクティベーションロックは、「お前SIMカード入れ替えたな!ホンマに持ち主か確認するで!」という機能です。

【手順③】iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールする(機種によっては不要)

SIMフリー版/SIMロックを解除したiPhoneの場合は、iOSを最新バージョンにアップデート&キャリア設定アップデートを最新にすると、APN設定不要でワイモバイルが利用できるようになります。

ワイモバイルから販売されているiPhone 12/iPhone 12 miniの場合は、APN構成プロファイルのインストールが必要です。

【手順④】開通したことを確認してワイモバイルの利用開始

  1. iPhoneにワイモバイルのSIMを挿す
  2. iPhoneのアクティベーションを行う
  3. 現在契約している携帯電話会社からワイモバイルに回線を切り替える
  4. SIMロックが解除できている

順番はどうでもいいので、以上の4つの作業がしっかりできれいれば、ワイモバイルの回線に繋がっているはずです。

iPhoneの画面左上が「Y!mobile」か「Y!mobile 4G」になっていて、アンテナマークが立っていたら繋がっています。

Wi-Fiをオフにして、4Gでデータ通信ができること、電話ができることを確認したら設定は終わりです。

ワイモバイルでの生活をお楽しみください。

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルのeSIMを申し込んだ後の手順

簡単な流れ

  • 【手順①】ワイモバイルからeSIM設定用メールが届く+QRコードを表示する
  • 【手順②】QRコードをeSIMをインストールしたいスマホで読み取ってeSIMをインストールする
  • 【手順③】ワイモバイル回線へ切り替える(MNP転入時のみ)
  • 【手順④】スマホでAPN設定をする
  • 【手順⑤】ワイモバイルの利用開始

【手順①】ワイモバイルからeSIM設定用メールが届く+QRコードを表示する

簡単な流れ

  • ワイモバイルから送られてくるメールを受け取り、「ご利用開始手続き」に進む
  • ワンタイムパスワードの受け取り方法を選択する
  • QRコード(アクティベーションコード)を表示する

メールを受け取る

ワイモバイルオンラインストアでeSIMの申込完了後に、「【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」の件名のメールが届きます。

メールに記載されたURLから「ご利用開始手続き」へ進んでください。

eSIMをインストールするときにはQRコード(アクティベーションコード)の表示が必要になりますが、このQRコードを表示するときはeSIMをインストールするiPhone以外の端末を用意してください。

ワンタイムパスワード受け取り方法の指定

eSIMをプロファイルをダウンロードするためのワンタイムパスワードの受け取り方法を選択してください。

「メールアドレス」「自動音声通話」から選択して6桁のワンタイムパスワードを受け取ってください。

QRコード(アクティベーションコード)を表示する

受け取ったワンタイムパスワードを入力して、eSIMインストール用のQRコード(アクティベーションコード)を表示してください。

eSIMをインストールするiPhoneでeSIMインストール用のQRコードを表示しても、そのiPhoneは画面に表示しているQRコードを読み取ることはできません。

アクティベーションコードは、My Y!mobileで再表示することができます。

QRコードを読み取れない環境でも、手入力で設定が可能ですが、めちゃくちゃ長い文字を打ち込まないといけないのでやめたほうがいいです。

【手順②】QRコードをeSIMをインストールしたいスマホで読み取ってeSIMをインストールする

QRコード(アクティベーションコード)をeSIMをインストールしたいスマホで読み取ってください。このときWi-Fi環境が必要になります。

iPhoneの場合

「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」をタップすると、カメラが起動してQRコード読み取り画面になります。

QRコードを読み取ると、「モバイル通信プランを追加」の画面になるので、「モバイル通信プランを追加」をタップしてください。

追加が完了したら、「設定」→「モバイル通信」の順に進み、「モバイル通信プラン」にプランが追加されたことをご確認ください。確認後、端末を再起動してプロファイルの設定は完了です。

物理SIMカードが挿入されている場合は、デフォルトで使うSIMを選択する必要があります。モバイルデータ通信で使うSIM、音声通話で使うSIMを選択できます。

Androidスマホの場合

  • 「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」を選択
  • 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」から次の画面に進む
  • 起動したカメラでQRコードを読み取る
  • QRコードが読み取れたら「SoftBankの有効化」を選択して、プロファイルをダウンロードする
  • 有効化を確認して、再起動して設定完了

確認コードは正しく入力を

確認コードを10回間違えるとeSIMプロファイルをダウンロードすることができなくなります。

確認コードは契約時に登録した4桁の暗証番号です。

【手順③】ワイモバイル回線へ切り替える(MNP転入時のみ)

他社からのりかえ、または、ソフトバンク/LINEMOから乗り換えの人は、eSIM利用開始のお手続き画面の案内に従い、回線の切り替え手続きを行ってください。

手続き申込後、1~2分ほどで切り替えが完了します。

【手順④】スマホでAPN設定をする(iPhoneは不要)

iPhoneの場合

なお、iOSバージョンがiOS 14.5以降の場合は、APN設定が不要ですぐにワイモバイル回線が利用可能な状態になってます。

eSIMをインストール後にWi-Fiを切ってみて、ブラウザで適当なWebサイトを開いてみて、データ通信ができるか確認してください。

Wi-Fiを切るとデータ通信ができない場合は、iOSを最新バージョンにアップデートしましょう。

ワイモバイルを契約する前に、UQモバイル、IIJmio、mineoなどの他社を利用していて、iPhoneに他社のAPN構成プロファイルをインストールしている場合は、あらかじめAPN構成プロファイルを削除してください。

APN構成プロファイルをインストールしたことがない場合は、「プロファイル」がそもそも表示されません。

Androidスマホの場合

Androidスマホの場合はAPN設定が必要です。

名前Y!mobile APN
※APN一覧に表示される名称です。任意の名称に変更可能
APN(アクセスポイント)plus.acs.jp
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri

IOSをアップデートしましょう

もしもiPhoneでiOS最新バージョンを使用していない場合は、最新バージョンへのアップデートをしてください。

「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」をタップして、最新バージョンのダウンロードができるか確認しましょう。

また、キャリア設定アップデートのポップアップが表示されたら「アップデート」をタップしてください。左上の表示が「Y!mobile」になっていれば完了です。

アップデート完了後、Wi-Fiを切ってみて、ブラウザで適当なWebサイトを開いてみて、データ通信ができるか確認してください。

APN構成プロファイルの削除方法

  1. 「設定」→「一般」→「プロファイル」をタップ
  2. 他社のAPN構成プロファイルの表示を確認してタップ
  3. プロファイルの画面が表示されるので、「プロファイルの削除」をタップ
  4. パスコードを求められた場合は、画面に従ってパスコードを入力
  5. 「削除」をタップ
  6. プロファイルの削除完了

ワイモバイルのAPN構成プロファイルをインストール

iOSを最新バージョンにしてもどうしても通信できない場合は、APN構成プロファイルをインストールしてください。

【手順⑤】ワイモバイルの利用開始

  • 端末の再起動
  • eSIMプロファイルのダウンロードとインストール
  • SIMロックの解除
  • 回線切替(MNP転入時のみ)

手順はどうでもいいので、以上4つの手順が確実にできていれば、ワイモバイルが開通しているはずです。

Wi-Fiをオフにして、ChromeやSafariなどのブラウザアプリを起動して、適当なWebページが見れることを確認してください。

 

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイル公式やヤフー店でお得なキャンペーン実施中!

ワイモバイルオンラインストア(公式)やワイモバイルオンラインストアヤフー店では、SIMを契約する人はPayPayボーナスが貰えるキャンペーン、スマホを契約する人は機種代金値引きやPayPayボーナスが貰えるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの最新情報はワイモバイルキャンペーンまとめ記事を御覧ください。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!
  • この記事を書いた人

shinachiku

-ワイモバイルでiPhoneを使う