ワイモバイルでiPhoneを使う

ワイモバイルのeSIMをiPhoneで使う方法や設定手順を解説

ワイモバイルのeSIMをiPhoneで使う方法や設定手順を解説。

ワイモバイル公式でeSIMを契約で最大7000円相当還元!新どこでももらえる特典併用で合計最大1万円相当還元!

eSIM契約でPayPayボーナス7000円相当還元

ご存知でしたか?ワイモバイルでもeSIMで契約できるんです!新規契約でも他社から乗り換えでもeSIMで契約できます!

ワイモバイルオンラインストア(公式)で、eSIMをシンプルM/Lで新規契約またはMNP転入で契約すると、PayPayボーナス7000円相当還元されます。毎日24時間いつでも7000円相当還元です。

eSIMで契約すれば最短当日でワイモバイルが使えるようになります。SIMカードの到着を待ったり、SIMカードの入れ替えも不要です。

月末ギリギリの申し込みでも、eSIMであれば月末までの開通に間に合う可能性がありますよ。

シンプルSでの契約、ソフトバンク本家/LINEMO/格安SIMのソフトバンク回線プランから乗り換えは適用対象外です。

新どこでももらえる特典が併用できると合計最大1万円相当還元

「新どこでももらえる特典」に事前エントリーしてからSIMカードやeSIMを契約すると、シンプルSならPayPayボーナス500円相当、シンプルM/LはPayPayボーナス3000円相当還元されます。

ワイモバイルオンラインストア(公式)で契約するときでも新どこでももらえる特典は併用可能なので、2つのキャンペーンを併用するとSIMカードやeSIMを契約すると合計最大1万円相当のPayPayボーナスが還元されます。

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

 

ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!


UQモバイルでSIMのみ+MNP転入で契約すると最大1万円キャッシュバック!

ワイモバイルのeSIMの基礎知識

ワイモバイルではeSIMが提供されています

ワイモバイルでは、SIMカードとeSIMが提供されています。

eSIMとは。スマートフォン本体にあらかじめ埋め込まれている本体一体型のSIMです。

eSIM対応スマートフォンであれば従来のようにSIMカードを差し込むことなく、契約と設定のみでワイモバイル回線を利用できるようになります。

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

eSIMが申し込めるのはワイモバイルオンラインストア(公式)だけです

eSIMが申し込めるのはワイモバイルオンラインストア(公式)だけです。

ワイモバイルオンラインストアヤフー店ではeSIMを申し込むことはできません。

eSIMでできること

  • 物理SIMカードをメイン回線、ワイモバイルのeSIMをサブ回線として使う
  • メイン回線をワイモバイルに移行したいと考えているが、問題なく使えるかワイモバイル回線を試す

eSIMのメリット・デメリット

eSIMを選ぶメリット

  • 店舗に出向き順番を待つ、SIMカードの到着を待つといった時間的成約の軽減
  • SIMカードの交換、差し替え、SIMカードの種別変更といった物理的な手間の軽減
  • 国内では物理SIMカードを使い、海外旅行ではeSIMを使う
  • 物理SIMカードとeSIMでデュアルSIM環境の構築ができる
  • SIMカードの紛失や破損の心配がない

eSIMの一番のメリットは待ち時間の短縮です。

eSIMを選ぶデメリットや注意点

  • eSIMを利用するときでもSIMロック解除が必須
  • eSIMに対応しているスマホを用意する必要がある
  • eSIMに対応しているスマホはまだ少ない
  • eSIMがインストールされたスマホを無くすと、また別のeSIM対応スマホを用意する必要がある
  • SIMカードを差し替えて利用するのが手間・なれていないと時間がかかる(eSIMの再発行やインストールが必要)
  • eSIMから物理SIMカードに交換するとき、郵送などで手元に届くまでに時間がかかる

eSIMのデメリットを挙げるとすれば、SIMカードを差し替えて利用するのが難しい点です。

eSIMをインストールするためのQRコードを表示させるためのデバイスが別途必要

eSIMを使いたいスマホにeSIMをインストールするときは、eSIMをインストールするスマホ以外の別のスマホやタブレット・パソコンが必要になります。

別のスマホやタブレット・パソコンにeSIMインストール用のQRコードを表示して、eSIMをインストールするスマホでQRコードを読み取る必要があります。

そのため、スマホを1台しか持っていない人は永遠にeSIMのインストールができません。会社のパソコンを使ったり、ネカフェに行ってeSIMをインストールしましょう。

eSIMでも5Gと4Gどちらも利用できます

iPhoneやAndroidスマホにワイモバイルのeSIMをインストールして、ワイモバイルの4G通信や5G通信が利用できます。

eSIMに対応しているプラン

  • シンプルS/M/L
  • スマホプラン
  • スマホベーシックプラン

SIMカードからeSIMに変更するときはワイモバイルショップに行かないとダメ

SIMカードを契約している人がeSIMに変更する場合は、ワイモバイルショップに行かないとダメです。有料です。e

eSIM再発行はMy Y!mobileから行えば無料

eSIMを再発行するときは事務手数料がかかりますが、My Y!mobileで手続きすれば事務手数料はかかりません。

ワイモバイルのeSIMをiPhoneで使う方法や設定手順を解説

eSIMを契約+eSIM対応iPhoneをワイモバイルで利用する際の手順(乗り換え編)

eSIMを使うまでの手順

  1. SIMフリー版またはSIMロック解除済みの、eSIM対応iPhoneを用意する
  2. クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  3. MNP転入ならMNP予約番号を発行しておく
  4. ワイモバイルのeSIMを申し込む
  5. eSIMプロファイルをインストールする
  6. 回線切替を行う
  7. APN設定(初期設定)をする
  8. ワイモバイルの利用開始

eSIMを契約+eSIM対応iPhoneをワイモバイルで利用する際の手順(新規契約編)

eSIMを使うまでの手順

  1. SIMフリー版またはSIMロック解除済みの、eSIM対応iPhoneを用意する
  2. クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  3. ワイモバイルのeSIMを申し込む
  4. eSIMプロファイルをインストールする
  5. APN設定(初期設定)をする
  6. ワイモバイルの利用開始

【手順①】eSIMに対応していて、ワイモバイルで動作確認されているiPhoneを用意する

  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone XR

以上のiPhoneはeSIMに対応しています。

【手順②】eSIMを使うときでもSIMロック解除が絶対に必要

ドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイルなどで販売されているiPhoneをワイモバイルで使うときは、SIMロック解除が絶対に必要です。

物理SIMカードで申し込むときも、eSIMで申し込むときも、SIMロック解除が絶対に必要です。

ワイモバイルを申し込む前にSIMロック解除手続きをしてください。

ワイモバイルで開通も完了していて、APN設定も完了しているのにワイモバイル回線に繋がらないときは、だいたいSIMロックを解除していません。

iPhone 6s以降の全てのiPhoneはSIMロック解除に対応しており、SIMロックを解除することでドコモ/au/ソフトバンク回線にフル対応します。

今後スマホを売るときにもSIMロックを解除しておけば、SIMロック未解除のものよりも少しは高く売れるでしょう。

SIMロック解除でかかる費用

Web上で解除ショップで解除
ドコモ無料 (My docomo)3000円
au無料 (My au)3000円
ソフトバンク無料 (My SoftBank)3000円

SIMロック解除にかかる費用は、Web上で行えばどのキャリアにおいても無料です。

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップでもSIMロック解除でも行うことは可能ですが、3000円の手数料がかかります。

また、キャリア解約後にSIMロック解除する場合、大抵がキャリアショップでしかSIMロック解除を受付していないので、キャリア解約・乗り換え前にSIMロック解除しましょう。

【手順③】今契約している携帯電話会社でMNP予約番号を取得する(eSIMは絶対必要)

今契約している携帯電話会社や格安SIMなどで、MNP予約番号を発行してください。

MNP予約番号の有効期限は15日間で、ワイモバイルに申し込むときは有効期限が10日以上残っていないとダメです。10日切っている時はMNP予約番号を再発行してください。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え+eSIMで申し込むときは、MNP予約番号が必要です!

MNP予約番号の発行方法

  • ドコモ : My docomo、ケータイなら151に電話、一般電話なら0120-800-000に電話
  • au : My au、ケータイ・一般電話なら0077-75470に電話
  • ソフトバンク : My SoftBank、ケータイなら*5533に電話、一般電話なら0800-100-5533に電話
  • 各格安SIM会社 : よくある質問で「MNP予約番号」「転出」とかで検索してください

【手順④】スマホでワイモバイル公式にアクセスしてeSIMを申し込む(PCからは申し込み不可)

クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスと電話番号、MNP予約番号などの必要なものを用意してワイモバイルの音声通話SIMを申し込みましょう。

eSIMはワイモバイルオンラインストア(公式)でのみ契約が可能で、スマホでアクセスしてeSIMを申し込みましょう。パソコンからはeSIMは申し込めないので注意してください。

ワイモバイルオンラインストアでeSIMをシンプルM/Lで新規契約またはMNP転入で契約すると、PayPayボーナス最大7000円相当還元されるキャンペーンを実施しています。

ワイモバイルの契約で必要なもの

必要なもの

  • 契約者本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレスと電話番号
  • MNP予約番号

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類の送付は、ワイモバイルに封筒とかで送るのではなく、インターネット上で画像ファイルのアップロードをする形になります。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

申し込み時に使える本人確認書類については、本人確認書類の送付についてをご覧ください。

【手順⑤】ワイモバイルからeSIM設定用メールが届く+QRコード(=アクティベーションコード)を表示する

メールを受け取る

ワイモバイルオンラインストアでeSIMの申込完了後に、「【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」の件名のメールが届きます。

メールに記載されたURLから「ご利用開始手続き」へ進んでください。

eSIMをインストールするときにはQRコード(アクティベーションコード)の表示が必要になりますが、このQRコードを表示するときはeSIMをインストールするiPhone以外の端末を用意してください。

ワンタイムパスワード受け取り方法の指定

eSIMをプロファイルをダウンロードするためのワンタイムパスワードの受け取り方法を選択してください。

「メールアドレス」「自動音声通話」から選択して6桁のワンタイムパスワードを受け取ってください。

QRコード(アクティベーションコード)を表示する

他のスマホ、パソコン、タブレットなどを用意して、そちらでeSIMインストール用のQRコード(アクティベーションコード)を表示してください。

eSIMをインストールするiPhoneでeSIMインストール用のQRコードを表示しても、そのiPhoneは画面に表示しているQRコードを読み取ることはできません。

アクティベーションコードは、My Y!mobileで再表示することができます。

QRコードを読み取れない環境でも、手入力で設定が可能ですが、めちゃくちゃ長い文字を打ち込まないといけないのでやめたほうがいいです。

【手順⑥】QRコード(アクティベーションコード)を読み取る

QRコード(アクティベーションコード)をeSIMをインストールしたいiPhoneで読み取ってください。このときWi-Fi環境が必要になります。

「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」をタップすると、カメラが起動してQRコード読み取り画面になります。

QRコードを読み取ると、「モバイル通信プランを追加」の画面になるので、「モバイル通信プランを追加」をタップしてください。

追加が完了したら、「設定」→「モバイル通信」の順に進み、「モバイル通信プラン」にプランが追加されたことをご確認ください。確認後、端末を再起動してプロファイルの設定は完了です。

物理SIMカードが挿入されている場合は、デフォルトで使うSIMを選択する必要があります。モバイルデータ通信で使うSIM、音声通話で使うSIMを選択できます。

確認コードは正しく入力を

確認コードを10回間違えるとeSIMプロファイルをダウンロードすることができなくなります。

確認コードは契約時に登録した4桁の暗証番号です。

【手順⑦】ワイモバイル回線へ切り替える(MNP転入時のみ)

他社からのりかえ、または、ソフトバンク/LINEMOからのりかえのお客さまは、eSIM利用開始のお手続き画面の案内に従い、回線の切り替え手続きを行ってください。

手続き申込後、1~2分ほどで切り替えが完了します。

【手順⑧】APN設定をする

eSIMのインストールが完了したら、iPhone側でAPN設定が必要です。

UQモバイルなどの他社でiPhoneを利用していてAPN構成プロファイルをインストールしていた場合は、そのAPN構成プロファイルをアンインストールしてください。

なお、iOSバージョンがiOS 14.5以降の場合は、APN設定が不要ですぐにワイモバイル回線が利用可能な状態になってます。

eSIMをインストール後にWi-Fiを切ってみて、ブラウザで適当なWebサイトを開いてみて、データ通信ができるか確認してください。

Wi-Fiを切るとデータ通信ができない場合は、iOSを最新バージョンにアップデートしましょう。

SIMフリー版/SIMロック解除済みiPhone+iOS 14.5以降ならAPN設定不要

ワイモバイルで販売されているiPhone 12/iPhone 12 miniはAPN設定が必要ですが、SIMフリー版/SIMロックを解除したiPhoneであれば、iOSバージョンが14.5以降であればAPN設定不要でワイモバイルが利用できます。

IOSをアップデートしましょう

もしも最新バージョンを使用していない場合は、最新バージョンへのアップデートをしてください。

「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」をタップして、最新バージョンのダウンロードができるか確認しましょう。

また、キャリア設定アップデートのポップアップが表示されたら「アップデート」をタップしてください。左上の表示が「Y!mobile」になっていれば完了です。

アップデート完了後、Wi-Fiを切ってみて、ブラウザで適当なWebサイトを開いてみて、データ通信ができるか確認してください。

APN構成プロファイルの削除方法

もしも他社のAPN構成プロファイルをインストールしている場合は、あらかじめAPN構成プロファイルを削除してください。

APN構成プロファイルをインストールしたことがない場合は、「プロファイル」がそもそも表示されません。

  1. 「設定」→「一般」→「プロファイル」をタップ
  2. 他社のAPN構成プロファイルの表示を確認してタップ
  3. プロファイルの画面が表示されるので、「プロファイルの削除」をタップ
  4. パスコードを求められた場合は、画面に従ってパスコードを入力
  5. 「削除」をタップ
  6. プロファイルの削除完了

ワイモバイルのAPN構成プロファイルをインストール

iOSを最新バージョンにしてもどうしても通信できない場合は、APN構成プロファイルをインストールしてください。

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

eSIM利用時の注意点やポイント

eSIMに対応していないiPhoneにeSIMはインストールできません

これは当たり前の話ですが、eSIMに対応していないiPhoneにeSIMはインストールできません。

eSIMに対応していないiPhoneは物理SIMカード(nanoSIM)で申し込んでください。

Wi-FiをオフにすればMy Y!mobileに自動ログイン可能です

eSIMの設定時やアクティベーションコードを紛失したときなどにMy Y!mobileにログインするときは、Wi-FiをオフにすればMy Y!mobileに自動ログインすることができます。

パスワードを忘れていても大丈夫ですよ。

物理SIMからeSIMに変更する場合は実店舗に行かないとダメで3300円かかる

ワイモバイルの物理SIMカードからeSIMに変更する場合は、ワイモバイルショップにて有料の手続きが必要になります。3300円かかります。

eSIM再発行手数料3300円がかかる(My Y!mobileで再発行すれば不要)

eSIMプロファイルを削除してしまったとき、再度eSIMを発行するときはeSIM再発行手数料が必要になります。

なおい、My Y!mobileにてeSIm再発行の手続きをした場合は、eSIM再発行手数料は無料です。

eSIMで利用する人はITリテラシーが比較的高い人だと思うので、eSIM再発行手数料がかかることはまず無いかと思います。

eSIMの消去=契約の解約ではない

iPhoneにインストールされているeSIMを消去する=ワイモバイルの契約の解約ではありません。

ワイモバイルの解約や他社への転出をする場合は、以下のページをご覧ください。

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイル公式やヤフー店でお得なキャンペーン実施中!

ワイモバイルオンラインストア(公式)やワイモバイルオンラインストアヤフー店では、SIMを契約する人はPayPayボーナスが貰えるキャンペーン、スマホを契約する人は機種代金値引きやPayPayボーナスが貰えるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの最新情報はワイモバイルキャンペーンまとめ記事を御覧ください。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!
  • この記事を書いた人

ymobileinfo

-ワイモバイルでiPhoneを使う