解説

ドコモからワイモバイルに乗り換えのデメリット・発生する費用まとめ

2022年3月9日

ドコモからワイモバイルに乗り換えるときのデメリットや発生する費用まとめ。

25GB以上使うなら月額3278円でデータ使い放題の楽天モバイルがオススメ!

楽天モバイルでオトクなキャンペーン実施中!

  • 使った分だけ支払うお得なワンプラン
  • 10月31日までプラン料金1GBまで実質無料で使える
  • 初めての申し込み&スマホ購入で楽天ポイントが最大2万4000ポイント貰える
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話し放題
  • 楽天市場での買い物が常時ポイントアップ(ダイヤモンド会員なら最大16倍)

毎月大量にデータ通信するならデータ使い放題の楽天モバイルがオススメ!引っ越しや新居で光回線の開通までの固定回線代わり、旅行時・帰省時の固定回線代わりなどでもオススメですよ!

メリットは見たら分かるから、デメリットを教えろ人向け記事です

この記事は、

  • ワイモバイルのメリットは見たら分かる
  • ドコモからワイモバイルに乗り換えるときのデメリット
  • ドコモからワイモバイルに乗り換えるときに発生する費用を教えろ

【誤解①】dポイントは、乗り換え前にdアカウントを発行すればずっと使えます

ドコモからワイモバイルに乗り換えるとdポイントが失効するとかいう間違った情報を吹聴しているWebサイトがありますが、それは間違いです。

ドコモ解約前にdアカウントを発行すればいいだけです。

dポイントおよび、dポイント(期間・用途限定)については、ドコモ回線解約前にその回線に対するdアカウントを発行していれば、引き続きご利用になれます(dアカウントにて本サイトにログインされますと、履歴確認なども引き続きご利用になれます)。
また、ドコモ回線解約前に利用者情報登録していたdポイントカードも引き続きご利用になれます。

ただし、ドコモ回線解約前にdアカウントを発行していない場合、ポイントは失効し、利用者情報登録していたdポイントカードもご利用になれなくなりますので、必ず解約前にはdアカウントを発行されますよう、お願いいたします。

また、ポイント共有グループをご利用になっている場合、dアカウントをお持ちであれば、解約後もポイント共有グループとして引き続きご利用になれます。ただし解約される回線が代表回線であった場合、解約前に代表変更のお手続きが必要となります。

さらに、dポイントを送る機能により、他のdポイントクラブ会員に送ることもできます。詳しくは、dポイントを送る機能とはでご確認ください。

 

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル 新どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

ドコモからワイモバイルに乗り換えるときに発生する費用

  • 【ドコモ】契約解除料や解約金留保は無い
  • 【ドコモ】MNP転出手数料 : 2200円かかるかも
  • 【ドコモ】ドコモからワイモバイルに乗り換えた月のドコモの利用料金
  • 【ドコモ】スマホの分割払いの残りの支払い
  • 【ドコモ】SIMロック解除手数料(Webなら無料、店舗や電話だと3300円)
  • 【ワイモバイル】事務手数料3300円無料
  • 【ワイモバイル】契約した月の利用料金(日割り計算)

【ドコモ】契約解除料や解約金留保は2021年10月1日から廃止!

ドコモの解約金や解約金留保は2021年10月1日で廃止されたので、いつワイモバイルに乗り換えても契約解除料は無いです。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」について、2021年10月1日(金曜)から廃止12します。また、料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで、解約金が留保される「解約金留保」の制度についても2021年10月1日(金曜)から廃止1します。
今回の変更に伴い、現在提供している2年定期契約プランについては、2021年9月30日(木曜)に新規受付を終了します。

【ドコモ】MNP転出手数料 : 2200円かかるかも

2019年10月1日以降に提供している料金プランを契約している場合は、MNP転出手数料は無料です。5Gギガホプレミアとかを契約している人は問題ないです。

2019年9月30日までにていきょうしている料金プランを契約している場合は、MNP転出手数料2200円が、ドコモからワイモバイルに乗り換えた後に発生します。

むかーーーーーーーーーーーーーしのプランをずっと契約している、もう何年も料金プランを変更していないような人は注意が必要です。

【ドコモ】解約当月の利用料金

ドコモからワイモバイルに乗り換えた当月のドコモの利用料金も請求されます。

利用料金は解約するときは日割り計算されません。満額請求されます。

料金プランの月額料金、インターネット接続サービス料、オプションサービスの月利用料金、通話料・データ通信量、ユニバーサルサービス料、コンテンツの購入代金などが請求されます。

【ドコモ】SIMロック解除手数料

WebでSIMロックを解除すれば無料なんですが、ドコモショップ実店舗でやると3300円かかります。

どうしてもどうしてもやり方が分からないときはドコモショップ実店舗に行きましょう。

【ドコモ】ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払いは必要!

ドコモからワイモバイルに乗り換えても、ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払いは続きます。分割払いの残額を一括で支払うことも可能です。

たとえば、ドコモで24回払いでiPhone 12を契約していて、18回目まで支払っているときにワイモバイルに乗り換えた場合は、残り6回の支払いがワイモバイルに乗り換えても継続します。

ドコモからワイモバイルに乗り換えたからといって、ドコモで購入したスマホの代金の残りの支払いがチャラになることは絶対にありません。

解約のお申込み時に、分割支払金残額/分割払金残額がある場合は引き続きお支払いいただきます。解約されますと、月々サポートが終了し、割引前の料金でお支払いいただくことになります。
なお、分割支払金残額/分割払金残額の全額を一括でお支払いいただき、ドコモの分割払い契約(個別信用購入あっせん契約/割賦販売契約)を終了させることも可能です。

【ワイモバイル】事務手数料は無料

ワイモバイルオンラインストアでSIMカード/eSIM/スマホを契約する場合は、事務手数料3300円は無料です。

【ワイモバイル】契約した月の利用料金

ワイモバイルを新規契約/他社に乗り換えで契約/契約変更したときは、基本使用料は日割り計算となります。

基本使用料だけが日割り計算されます。月間データ容量は日割りされずに丸々使えるのでご安心ください。

ドコモからワイモバイルに乗り換えるときの注意点やポイント

注意点

  • ワイモバイルはソフトバンク回線なので、ソフトバンク回線不毛地帯は注意が必要
  • ドコモのAndroidスマホはソフトバンク回線との相性が悪い
  • ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる
  • 回線セット割や家族割などが利用できなくなる
  • ワイモバイルの月間データ容量は最大月25GB(オプション加入で最大月30GB)
  • スマホを返却すると端末代金の支払いが軽減するような仕組みはない
  • ドコモのキャリアメールアドレスを使って登録しているWebサービスのメールアドレスを変更する(Apple IDなど)
  • dポイントは、乗り換え前にdアカウントを発行すればずっと使えます

ワイモバイルはソフトバンク回線なので、ソフトバンク回線不毛地帯は注意が必要

LINEMOはソフトバンク回線を使用しています。

そのため、ドコモ回線では問題なくつながったけどソフトバンク回線だと部屋の中や奥まった場所に行くと電波が悪くなるとか、人里離れた場所、山間部や川だと電波が悪くなる、といった問題が発生する可能性があります。

まあ人が住んでいないエリアについては、だいたいドコモもauもソフトバンクも電波状況が悪いと思います。

箱根登山鉄道とか山の中を走りますけど、何にもないところだとドコモでも全くデータ通信できない状態になってましたよ。ドコモがダメならauもソフトバンクもダメでしょう。

ドコモのAndroidスマホはソフトバンク回線との相性が悪い

ドコモから販売されているAndroidスマホは、ドコモでの使用を前提としているため、au回線やソフトバンク回線に対応していない物が多いです。

これはauやソフトバンクでも同様で、auやソフトバンクから販売されているAndroidスマホは、ドコモ回線に対応していないものが多いです。

GalaxyやXperiaは確実に対応していません。AQUOSであれば2019年以降にドコモから発売されたモデルはソフトバンク回線に対応しているものが多いです。

後述していますが、ドコモで購入したAndroidスマホがLTE Band 1/3/8に対応していることを確認してください。

ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる

ドコモからワイモバイルに乗り換えると、ドコモのキャリアメールアドレス(@docomo.ne.jp)が使えなくなります。

キャリアメールアドレスを使ってWebサービスを登録している人は、ワイモバイルに乗り換える前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスに全部変えるようにしましょう。

Apple IDにドコモのキャリアメールアドレスを使っている場合も変更しておきましょう。

【補足】ドコモのキャリアメールアドレスを使い続けたいなら「ドコモメール持ち運び」に申し込むとよい(月額330円/1年で3960円)

どうしてもドコモのキャリアメールアドレスから変更したくない人は、ドコモメール持ち運び | サービス・機能 | NTTドコモを利用してください。

ドコモメール持ち運びは月額330円、1年で合計3960円かかります。

  1. 本当に1年で3960円かけて維持するべきものなのか?
  2. ここ1年間でキャリアメールアドレスを使ってメールをやり取りしたか?
  3. キャリアメールアドレス宛には迷惑メールしか来ていないし、そもそも人からもメールは来ないのではないか?
  4. もうキャリアメールアドレスを使ってメールをやり取りする人間はいないのではないか?
  5. みんなLINEに移動していないか?
  6. 連絡を取ること事態が稀な人間なら、キャリアメールアドレスではなくSMSを送ればいいのではないか?

をよく考えてから申し込みましょう。キャリアメールアドレスを使うのをやめれば1年で3960円お得になりますよ。

ドコモ回線解約後やahamoへのプラン変更後も、ドコモメールを引き続きご利用になれます。クラウドで保管されているメールデータも、そのまま残すことができます!
ご利用には、ドコモ回線の解約日から31日以内のお申込みが必要です。ahamoへのプラン変更の場合は、プラン変更と同時のお申込みが必要です。

お申込み:必要ドコモ回線の解約日から31日以内。
ahamoへのプラン変更の場合は、プラン変更と同時のみ受付。
月額使用料:330円(税込)※1

初回お申込み日から31日間は月額使用料が無料!※2
(31日経過後は自動継続となり、その月から1か月分の料金がかかります)

回線セット割や家族割などが利用できなくなる

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、ドコモ光とのセット割引や各種家族割引サービスが利用できなくなります。

各種家族割引サービスは、加入している回線数が減るので割引額が減額されたり消滅する可能性もあります。1人で使っているなら何も問題ないです。

ワイモバイルの月間データ容量は最大月25GB(オプション加入で最大月30GB)

2021年10月1日現在、ワイモバイルで月間データ容量が一番大きいプランはシンプルLの月25GBです。データ増量オプションに加入すると5GB増えて合計月30GBになります。

ドコモで大容量プラン・無制限プランを使っていた人は要注意です。ギガライトとか使っている人は大丈夫でしょう。

スマホを返却すると端末代金の支払いが軽減するような仕組みはない

ワイモバイルでは、ドコモで提供されていたスマホおかえしプログラムやいつでもカエドキプログラムのような、分割払いの途中でスマホを返却すると端末代金の支払いが不要になる、といった仕組みは提供されていません。

 

 

ワイモバイル公式やヤフー店でお得なキャンペーン実施中!

ワイモバイルオンラインストア(公式)やワイモバイルオンラインストアヤフー店では、SIMを契約する人はPayPayポイントが貰えるキャンペーン、スマホを契約する人は機種代金値引きやPayPayポイントが貰えるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの最新情報はワイモバイルキャンペーンまとめ記事を御覧ください。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!
  • この記事を書いた人

ワイモバイルinfo編集部

ワイモバイルinfoでは、ワイモバイルに関する最新情報やキャンペーン情報・セール情報を丁寧に分かりやすく解説しています。特にキャンペーン情報は2016年10月から現在に至るまでウォッチを続けています。キャンペーン情報はお任せください。

-解説