解説

Android One S8とAndroid One S7の比較

2021年4月19日

Android One S8とAndroid One S7の比較。

Android One S8とAndroid One S7の比較

製品名Android One S8Android One S7
メーカー京セラSHARP
搭載OSAndroid 11Android 10
ディスプレイ6.26インチ
2280×1080
フルHD+
5.5インチIGZO
2160×1080
フルHD+
CPUMediaTek M6768
オクタコア
2.0GHz+1.7GHz
SDM630
オクタコア
2.2GHz+1.8GHz
メモリ容量4GB3GB
ストレージ容量64GB32GB
対応外部メモリと
最大容量
microSDXC
最大1TB
microSDXC
最大512GB
背面カメラ1600万画素+800万画素1200万画素
前面カメラ800万画素800万画素
無線LANIEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.1Bluetooth 5.0
バッテリー容量4100mAh4000mAh
サイズ縦幅162mm×横幅76mm×暑さ8.7mm縦幅147mm×横幅70mm×暑さ8.9mm
重量約169g約167g

Android One S8

Android One S7

値段が安いので割とどっちもどっち。片方がが特に性能が秀でているわけではない

身も蓋もないことをいいますが、Android One S8もS7も販売価格が安いので、性能的にはどんぐりの背比べです。

どちらかが特に秀でているわけでもないです。どっちもどっちです。

このメーカーのスマホがいいですよと言ったら、「このメーカーはオススメしない」「このメーカーは他のメーカーと比べてうんたらかんたら~」という意見が出やすいのがこの価格帯の特徴です。

ライトユーザーならどっちでも満足できる

スマホの用途は電話やLINE、出先でちょっと調べ物をしたり乗換案内アプリを使うとかそれくらいだ、という人はどっちを選んでもいいです。どっちを選んでも満足できるでしょう。

ゲームをめちゃくちゃプレイする人はどっちのスマホも向いてません。OPPO Reno3 Aをオススメします。

Android Oneとは

Android OneとはGoogleが展開しているAndroid搭載スマートフォンのブランドのことです。

Android Oneと名前のついたスマートフォンは、最大2年間のOSアップグレードの保証、発売から3年間は毎月のセキュリティアップデートを実施することを保証しています。

対応している周波数帯

製品名Android One S8Android One S7
5G非対応非対応
4G(LTE)Band 1/3/8/28/41Band 1/3/8/18/19/28
3GBand 1/8Band 1/8

どちらも5Gは非対応です。

Android One S8はワイモバイルで使用されている周波数帯のみ対応しているため、ドコモ回線やau回線で使用するのは向いていません。

Android One S7はワイモバイルで使用されている周波数帯だけでなく、ドコモ回線やau回線にも対応しているので、将来乗り換えたく鳴ったときも引き続き利用できます。

メモリ容量とストレージ容量が多いほうがオススメ

スマートフォンはメモリ容量とストレージ容量が多いほうがオススメです。

メモリ容量は机の広さ、ストレージ容量は引き出しの大きさと思えばOKです。どちらも小さいより大きいほうがいいですよね。スマートフォンも同じです。

この理論で行くと、Android One S8のほうがオススメです。

Android One S8は広角カメラ搭載

Android One S8は1600万画素の標準カメラと135度の広角ワイドカメラを搭載しています。広角ワイドカメラがあると風景を映すときに広い範囲を写せて便利です。

Android One S7は1200万画素の標準カメラのみ搭載しています。

対応している便利機能

機能Android One S8Android One S7
おサイフケータイ
NFC
防水IPX5, IPX8IPX5, IPX8
防塵IP6XIP6X
テレビ
生体認証顔認証○

Android One S8は顔認証に対応しています。Android One S7は生体認証は対応していません。

Android One S8は耐衝撃に対応

Android One S8は耐衝撃に対応しています。よくスマホを落とす人やアウトドア好きな人はこっちを選んだほうがいいかもしれないですね。

 

ワイモバイルでお得なキャンペーン実施中!

ワイモバイルでは、SIMやスマホを契約する人を対象にしたお得なキャンペーンを実施しています。

ワイモバイルの申し込み窓口は2つあり、それぞれで独自キャンペーンを実施

ワイモバイルの申し込み窓口は、

  • ワイモバイルオンラインストア(公式、ソフトバンクが運営)
  • ワイモバイルオンラインストアヤフー店(代理店、ヤフーが運営)

の2つあります。

どちらで申し込んでも事務手数料3300円は無料になりますが、それぞれの窓口で独自のキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの詳細については、【最新】ワイモバイルキャンペーンまとめを御覧ください。

音声通話SIMを新規契約またはMNP転入で契約すると最大7000円相当還元!

ワイモバイルオンラインストア(ワイモバイル)またはワイモバイルオンラインストアヤフー店(Yahoo!モバイル)で、音声通話SIMを新規契約またはMNP転入で契約すると、最大7000円相当のPayPayボーナスが還元されます。

お得になる金額と比較表は以下の通り。

 ワイモバイルヤフー店
5のつく日
毎週日曜日
ワイモバイルヤフー店
通常日
ワイモバイル公式
いつでも
音声通話SIM
新規契約orMNP転入
シンプルS
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
還元なし
音声通話SIM
新規契約orMNP転入
シンプルM
PayPayボーナス
5000円
相当還元
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
5000円
相当還元
音声通話SIM
新規契約orMNP転入
シンプルL
PayPayボーナス
7000円
相当還元
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
5000円
相当還元

※ソフトバンク本家/LINEMO/ソフトバンク系からワイモバイルに乗り換えはPayPayボーナス還元無し

音声通話SIMをシンプルSで契約するときはどっちでもOKです。

音声通話SIMをシンプルMで契約するときは、いつでもワイモバイルオンラインストアのほうが便利です。

音声通話SIMをシンプルLで契約するときは、5のつく日・毎週日曜日にワイモバイルオンラインストアヤフー店で契約するのがお得です。

スマホを新規契約またはMNP転入で契約すると最大5555円相当還元!

ワイモバイルオンラインストアヤフー店で、5のつく日・毎週日曜日にスマホを新規契約またはMNP転入で契約すると、合計最大5555円相当のPayPayボーナスが還元されます。

5のつく日・毎週日曜日まで待てるなら絶対に待ったほうがいいです。

 Yahoo!モバイル
5のつく日
毎週日曜日
Yahoo!モバイル
通常日
ワイモバイル
いつでも
スマホ
新規契約orMNP転入
シンプルS/M/L
PayPayボーナス
5555円
相当還元
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
還元なし

※ソフトバンク本家/LINEMO/ソフトバンク系からワイモバイルに乗り換えはPayPayボーナス還元無し

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

  • この記事を書いた人

ymobileinfo

-解説