Xiaomiのスマホ「Redmi Note 9S」発売。価格は2万4800円~

Xiaomiのスマホ「Redmi Note 9S」が発売されます。

     

Redmi Note 9Sが発売

Xiaomiは2020年6月2日、Androidスマートフォン「Redmi Note 9S」を6月9日に発売することを発表しました。

販売価格は、メモリ4GB+ストレージ64GBモデルが2万4800円、メモリ6GB+ストレージ128GBモデルが2万9800円です。

スペック

OS MIUI 11(Android 10ベース)
ディスプレイ 6.67インチ
(2400×1080, FHD+)
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 720G
メモリ/ストレージ 4GB/64GB
6GB/128GB
microSD 512GBまで対応
背面カメラ 4800万画素プライマリカメラ
800万画素超広角カメラ
500万画素マイクロカメラ
200万画素深度カメラ
前面カメラ 1600万画素
バッテリー容量 5020mAh
18W有線急速充電に対応
USB type-C
SIMスロット nanoSIM+nanoSIM
デュアルSIMデュアルVoLTE対応
ネットワークと接続性 GSM: B2/3/5/8
WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
TDD LTE:B38/40/41
FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
ワイヤレスネットワーク 対応プロトコル:802.11a/b/g/n/ac
2.4G Wi-Fi / 5G Wi-Fi 対応
Wi-Fi Direct / Wi-Fi Display
Bluetooth 5.0 対応
本体サイズ 縦幅165.75mm
横幅76.68m
厚さ8.8mm
重さ 209g

本体カラーはインターステラーグレー、オーロラブルー、グレイシャーホワイトの3カラーが用意されています。

 

Redmi Note 9Sのいいところ

  • 2万4800円でこのスペックは異常。とにかくこれは安い
  • nanoSIMカードスロットとmicroSDカードスロットが排他仕様ではないので、nanoSIMを2枚入れてもmicroSDカードが使える
  • 2万4800円~でもSnapdragon 720Gを搭載
  • メモリ4GB/ストレージ64GBは合格点。あと5000円出せばメモリ6GB/ストレージ128GBを買えるのでこっちがオススメ
  • クアッドカメラ(カメラ4つ)搭載。広角カメラは119°撮影可能
  • USB type-Cを搭載。2020年にもなってmicroUSBはありえない
  • 5020mAhの大容量バッテリー搭載
  • ドコモ/au/ソフトバンク回線で使える。各プラチナバンドに対応
  • 楽天モバイル回線のLTE Bandも一応対応はしているが、実際に使えるかどうかは不明

Redmi Note 9Sのダメなところ・気になるところ

  • FeliCa/おサイフケータイを搭載していない
  • おそらくNFCも搭載していない
  • 防水と防塵は非対応
  • 縦長でデカイ。縦サイズはiPhone 11 Proよりもデカイ
  • パンチホールカメラは好みが分かれる
  • 背面カメラの出っ張りも気になる人は気になる


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-スマートフォン
-,

© 2020 公安9課